Atsuhiko Yamanaka (@ymnk)


参加する勉強会

2/16 (水)

183da87fc201d552e4e7fd1da84c3453 ラクス
フロントエンド(HTML/CSS/JS、Node.js、TypeScrip等)のLT大会!
テーマは「フロントエンド」のLT会(ライトニングトーク:1人5分~10分程度) 今回のLT会はフロントエンドをテーマにしたフロントエンドLT会のvol.6です。 LT初心者・未経験者、大歓迎です! LT発表希望の方は、LT発表枠より申込み登録をお願い致します! もちろん見学だけもOK! 【発表テーマ例】 フロントエンドとは UIデザインとは 真のJavaScript入門 Vue.jsを使ってSPAを構築してみた ES2020を試してみた TypeScriptを書いてみた などなど 【過去イベントと発表テーマ】 フロントエンドLT会 vol.1 -2020夏祭り- フロントエンドLT会 vol.2 - 2020冬まつり docker-compose × Firebase Emulator でローカル環境構築 Reactを使ってMixPanelでユーザーの行動を可視化してプロダクトカイゼンに生かす フロントエンドLT会 - vol.3 新規開発を止めないフロントエンドReactリプレイスの進め方とTips Next.js × Nest.js × Prisma2 でWebサービスつくってみました。 SVGでボーンアニメーションできない世界に絶望しないためのLT VSCode Remote Containersを使ったAngular開発 フロントエンドLT会 - vol.4 React.js&Next.js超入門 第2版を読んでReactをどこまでマスターできたかを報告する Vue.jsプロジェクトにscss-stylelintを導入した話 VS Code 上で HTML からクラス名などを抽出する拡張を作ってみた Vue OptionsAPIからCompositionAPIに変換するツールを作ってみた フロントエンドLT会 - vol.5 ESLintの独自ルール作成にチャレンジした話 Graph CMSとNext.jsでブログを作ってみました などなど こちらにて、過去の発表をまとめております! ぜひご参考ください。 ゆるくオープンなイベントですので、興味をもった方はどなたでもご参加下さい! 関連イベントの様子 雰囲気の参考にしてください。 UI/UXデザイナーLT会 -vol.1 まとめ UI/UXデザイナーLT会 -vol.1 ブログ フロントエンドLT会 vol.1 -2020夏祭り- まとめ 開催概要 日時: 2022/02/16(水) 19:00-22:00 Zoomへの入室は10分前からとなります。 途中参加・退室OKです。 会場: オンライン(Zoom) Connpassのメッセージ機能で開催前にURLを通知いたします。 参加費: 無料 ※イベント参加人数が少ない場合など、中止とする場合がございますのでご了承ください。 募集枠 LT発表枠 ライトニングトークを行っていただきます。 申込時に仮でもいいので発表タイトルと希望の発表順をご回答ください。 申込時に回答し忘れた方はConnpassイベントページのコメントにてご連絡ください。 なお、発表順序はご相談させていただく場合があります。 唯一無二のLTのはじめ方 準備やネタの用意よりも先にまずは申し込みましょう。 ネタではなく申し込まないと永遠に発表する機会は訪れません。最初の一歩の「えいやっ」が大事。 参考:ライトニングトーク準備の参考資料まとめ 注意事項 発表練習はありませんので、ご自身の発表時間前にはZoomへご入室をお願いします。 事前の資料共有は不要です。当日に向けてご準備をお願いします! 一般参加枠 賑やかしをお願いします。 アウトプットしてもいいんですよ。 Twitterでの実況 Togetterへのツイートまとめ Qiitaやブログでのイベントレポート その他 いずれかのどれかでもいいですし、複数やっていただけると感謝で涙が流れます。 LTのレギュレーション 発表時間 5分or10分 お申込み時に発表時間を回答ください。 内容はフロントエンドに関連していること 公序良俗に反する内容ではないこと 機器トラブルなどの場合は順序を入れ替えて対応いたします。落ち着いて対処していきましょう。 発表テーマ No. 時間目安 発表時間 登壇者 タイトル - - 司会 オープニング 1 19:10 10分 kajiさん (仮)小規模 Vue.js アプリケーションをリファクタした話 2 10分 sy20151201さん 考え中 3 10分 toaruさん MDX関連で考え中 4 19:55 10分 Suguru Ohki(スー)さん (仮)Nuxt.js -> Next.jsの置き換えを決断した話 5 10分 nishikichi244さん Amplify Studioを使ってみた 6 10分 so_soさん 考え中 - 20:45 - 司会 スポンサートーク 7 10分 rs_tukkiさん はじめてのTypeScript × はじめてのChrome-extension 8 10分 akkie76さん vuetify のメジャーアップデートで苦労した話 9 10分 RyoKawamataさん 最近作ったChrome Extensions or Slack Botの話 10 10分 rivartenさん 考え中 - - 司会 クロージング 登壇者情報 詳細 No1. kajiさん/株式会社ラクス 2017年に現職へ新卒入社。 自社サービス(楽楽労務)の開発を担当している。 主な利用言語はJava。1-2年前まではPHPがメインで、その時のvar_dumpの便利さが忘れられない。 趣味はスポーツ観戦。 ようやくエアコンを導入し、在宅ワーク環境が快適になった。 No4. Suguru Ohki(スー)さん/株式会社TechBowl TechTrain 茨城大学工学部卒業。 大学3年次より3社ほどエンジニアの長期インターンを経験し、 2017/10〜Hamee株式会社に新卒でバックエンドエンジニアとしてジョイン。 技術負債を解消していく職務を経験。 2020/08 からは、プロのエンジニアを目指すエンジニアコミュニティTechTrainを運営する株式会社TechBowlに1人目の正社員エンジニアとしてジョインし、エンジニア(テックリード)として活動。 最近はなんちゃってプロダクトマネジメントも兼任。 No6. so_soさん/株式会社Gemcook 2018年に株式会社Gemcookに入社。 現在リードフロントエンドエンジニアをしています。 React, Next.js, React Native, GraphQLを使用した開発に携わることが多いです。 最近Rust始めました。 No7. rs_tukkiさん/株式会社ラクス 東海大学情報通信学部卒業後、2017年に現職へ新卒入社。 自社サービス(楽楽精算)のバックエンド開発に2年携わった後、 2019年からは主に同サービスのAndroidアプリの開発・運用を行っている。 旅行と野球観戦が趣味…だったが、コロナ禍で徐々にインドア派に移行中。最近はYoutubeがズッ友。 No.8 akkie0076さん/株式会社ラクス 楽楽精算開発 Lead Engineer BtoB、BtoB の様々なプロダクト開発に携わり、2021年株式会社ラクス入社。 チームでは、モバイル開発中心を担当している。 No10. rivartenさん/ 株式会社malimos おふっち/代表取締役兼エンジニア。 地方シード期スタートアップ2社でバックエンド系エンジニア経験後、フリーランス独立。2年後法人成り。 案件こなしつつ、創業者として、構想4年個人開発始めて4年メンバー募って2年の「おふっち」を開発運営している。 世の中全てJS/TSワールドになれば良いと思っている。一人でBAR巡りが趣味。 注意事項 ・当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。 ・他の参加者の方の妨げになるような行為は禁止、運営側の判断でご退出をお願いする場合があります。 ・ブログやSNS等で当イベントに関する発信を行う際は、公序良俗に反する内容のないよう、ご協力をお願いします。 ・当イベントはオンライン開催のため、通信状況によって音声や映像の乱れがある場合がございます。 ・配信トラブル時のアナウンスはTwitterより行います。 ・当日のイベント風景を録画させていただいております。内容は後日レポート記事やSNS掲載又は、会員限定の動画配信される場合がありますのでご了承ください。 🔶 RAKUS Tech Conference 2022 株式会社ラクスの初となる技術カンファレンスを2/8(火)14:00~開催! お申込みは以下リンクからよろしくお願いいたします。 https://rakus.connpass.com/event/232286/ 🔶 エンジニア中途採用サイト ラクスでは、エンジニア・デザイナーの中途採用を積極的に行っております! ご興味ありましたら是非ご確認をお願いします。 https://career-recruit.rakus.co.jp/career_engineer/ 🔶 カジュアル面談 どの職種に応募すれば良いかわからないという方は、カジュアル面談も随時行っております。 以下フォームよりお申込みください!


過去の勉強会

9/6 (月)

A84ce77911d45a3828306a7b7d63859b IIJ Technical Seminar
IIJ Technical NIGHT vol.11 【オンライン開催】
11回目のIIJ Technical NIGHTもオンライン開催! IIJ Technical NIGHTは、平日の夕方にオンラインで開催しているカジュアルな勉強会です。 今回のテーマは「スクラム」。IIJ 名古屋支社 技術部4課のチームでは、2年ほど前から受託開発にアジャイル・スクラムを取り入れています。公式ガイド「スクラムガイド」に沿ってどのように実践しているのか──2年間の生々しい体験談とともに、チームで大切にしていることやこれまでアジャイル・スクラムを実践してて良かったと思うことなどをコアメンバーが座談会形式で発表します。 これからスクラムをはじめてみようと思っている方、スクラムって何?という方も大歓迎ですので、ぜひご参加ください。どなたでも無料でご参加いただけます。 開催概要 日時 2021年09月06日(月)18:30~19:30 ※進行によっては、最大で15分程度延長する可能性がございます。 会場 オンライン開催につき、当日こちらのページで中継します。 費用 無料 定員 なし アンケート回答ページ 今後のイベントをよりよくするため、本イベント終了後、アンケートにご協力ください。 アンケートフォームはこちら 参加登録締切 2021年09月06日(月)18:30 ハッシュタグ #iij_its 本イベントのハッシュタグです。 #iij_q 講演中の質問はこちらで受け付けます。 プログラム 時間 講演概要 18:30 ~ 18:35 オープニング 司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆 18:35 ~ 18:50 【解説】アジャイル・スクラムってどんな開発手法なの? 「“チームみ”を大切にした私たちの“受託アジャイル・スクラム”体験談」を話す前に、まずはアジャイル・スクラムについて、私たちがどのように実践しているか具体例を交えて説明します。 18:50 ~ 19:25 【座談会】私たちが実践している“チームみ”あふれる“受託アジャイル・スクラム”を語ります。 登壇者・IIJ 中日本事業部 名古屋支社 技術部 技術4課  ・佐藤 信 ・天沼 佑一 ・北河 直樹 ・伊藤 綾夏 ・樋口 創太 私たちIIJ 名古屋支社 技術部4課のチームでは、2年ほど前から受託開発にアジャイル・スクラムを取り入れています。座談会では、「スクラムガイド」との向き合い方にはじまり、私たちが大切にしている“チームみ”(なぜチームを大切にしているのか、具体的なチームの作り方とは)について、また受託アジャイル・スクラムで苦労したことなど、この2年間で実践してきたことをコアメンバーでお話します。さらに、その中で工夫してきたことやアジャイル・スクラムをやっててよかったなと思うことを参加者の皆さんと共有したいと思います。 講演内容についてご質問や感想などありましたら、Twitterで #iij_its・#iij_qをつけてつぶやいてください。座談会の中で答えていきたいと思います。#iij_its 本イベントのハッシュタグです。#iij_q 講演中の質問はこちらで受け付けます。 19:25 ~ 19:30 クロージング 司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆 注意事項 講演内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください オンライン開催のため音声や映像が一時的に不安定になる可能性もあります 当日利用する資料は事前に公開予定で、Twitterアカウント @IIJ_ITS にてお知らせします 配信時にトラブル等があった場合も @IIJ_ITS にてお知らせします BLOG IIJ Engineers Blog IIJ技術者の開発/技術動向ブログ「てくろぐ」 お問い合わせ先 IIJ Technical NIGHT 事務局:its@iij.ad.jp ※取材をご希望のメディアの方は、IIJ広報部(press@iij.ad.jp)までご連絡ください

5/25 (火)

Ecf2486de392c5817a13f87dd93018b5 Sansan株式会社
Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント
Sansan Technical View~Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント~ Sansanは「ビジネスインフラになる」べく、SansanやEight、新規プロダクトの開発に邁進しています。 自分たちが創り出すプロダクトの価値を訴求し、これまで無かった価値を生み出す。 なくてはならないものに変える。 このように "未来の当たり前" を創り出そうとする開発の現場では、どのようなチャレンジが行われているのでしょうか。 本イベントでは「挑戦」をテーマに、新規事業・モバイル・研究開発など様々な切り口から、Sansanエンジニア達のサービス開発における取り組みや、その過程で得た技術的知見を発表します。 ■こんな方におすすめ ・技術的な知識を共有、吸収したい方 ・サービス開発に携わる社会人の方 ・サービス開発技術を専攻されている学生の方 ・Sansanのエンジニアリングに興味がある方 ■ご参加方法・会場 ・connpassにてお申込みを受け付けます。右側の「このイベントに申し込む」よりご登録ください。 ・ご参加方法は、開催前日までに、お申込みされた方のみを対象にメールでご案内し、 上記「参加者への情報」欄にも記載します。ㅤ※直前にお申込みいただいた方にはメールが配信されません。上記「参加者への情報」欄よりご確認ください ・オンライン開催となります。配信はZoomもしくはYouTubeを予定しております。 ■Timetable 2021年5月25日(火) 19:00~21:15(受付開始 18:50) 時間 コンテンツ スピーカー 18:50 - 19:00(10分) 受付 19:00 - 19:05(05分) Introduction 19:05 - 19:15(10分) Opening Talk CTO 藤倉 成太 19:15 - 19:35(20分) XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み Sansan事業部 プロダクト開発部相川 健太 19:35 - 19:55(20分) ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み Eight事業部齊藤 実 19:55 - 20:00(05分) 休憩 20:00 - 20:20(20分) 新規事業でもマイクロサービスに挑戦する Bill One事業部加藤 耕太 20:20 - 20:40(20分) エンジニアリングが支える研究開発 DSOC 研究開発部高橋 寛治 20:40 - 21:15(35分) Ask the Speakers ※タイムスケジュールや内容は変更になる可能性があります。 ■Speaker Profile 相川 健太 / Sansan事業部 プロダクト開発部 iOS アプリエンジニア 発表テーマ:『XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み』 iOSアプリ開発の現場では、開発メンバーが増えれば増えるほどコンフリクトを解消することが難しくなりがちなファイルが存在しています。弊チームでも開発メンバーが増え開発スピードが上がるにつれ、その問題に悩むことが増えていました。 本セッションでは、その問題を XcodeGen というツールを用いて解決した話と、開発効率を改善すべく行っているマルチモジュール化の取り組みについてご紹介します。 プロフィール:@kalupas0930 公立はこだて未来大学大学院1年時に中退後、2020年にSansan株式会社へ入社。入社後はSansanのiOSアプリケーションエンジニアとして従事している。アプリの主要な機能の開発だけではなく、開発効率を改善するために XcodeGen を導入したりビルド時間を改善するためのマルチモジュール化などの業務も行っている。 齊藤 実 / Eight事業部 WEBエンジニア 発表テーマ:『ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み』 コロナ禍の影響によりオンラインでのイベント実施が定番となりつつある今、オフラインでしか得られないユーザ体験を、どのようにしたらオンラインでも感じてもらえるかと試行錯誤した結果生まれた参加型オンラインイベント「Meets Online Live」の開発の裏側と、それを支えたチーム体制についてご紹介します。 プロフィール: Sier・ベンチャー企業を経て、2020年にSansan株式会社へ入社、名古屋支店に配属。Eight事業部で主にビジネスイベント「Meets」や、Eightの広告事業に関する開発・運用に携わる。最近では、参加型オンラインイベント 「Meets Online Live」の立ち上げに関わり、技術調査、インフラ構築からフロントエンド開発までを担当。 加藤 耕太 / Bill One事業部 ソフトウェアエンジニア 発表テーマ:『新規事業でもマイクロサービスに挑戦する』 一般に、開発チームが小さい開発初期からマイクロサービスに分割することは、マイクロサービスアーキテクチャのアンチパターンとされています。一方で、弊社の新規事業である「Bill One」では開発チームが3人の頃からサービスを3つに分割し、コードベースをシンプルに保ち、独立してデプロイできるメリットを享受し、開発スピードを維持できています。本セッションではBill Oneにおけるマイクロサービスへの取り組みをご紹介します。 プロフィール: SIerを経て、2018年にSansan株式会社へ入社。Sansanのサーバーサイド開発を経験後、2019年から新規事業であるクラウド請求書受領サービス「Bill One」の立ち上げに関わる。Bill Oneではフロントエンド・バックエンド両方の開発に従事しつつ、アーキテクトとして技術選定や全体的な設計を担当。 高橋 寛治 / DSOC 研究開発部 研究員 発表テーマ:『エンジニアリングが支える研究開発』 DSOC は、あらゆるビジネスデータを集約し、出会いの未来を描く組織です。研究開発により出会いの未来を描き、その未来をエンジニアリングにより現実のものへとしていきます。本講では、研究開発結果の紹介とともにどのように本番運用されているかを説明します。また、運用や改善をより強固なものへとする MLOps に関する取り組みについても紹介します。 プロフィール:@kanji250tr 長岡技術科学大学大学院 工学研究科修士課程 電気電子情報工学専攻修了。在学中は、解析ツールの研究開発や機械翻訳の評価手法の考案など、自然言語処理の研究開発に取り組む。現在は、キーワード抽出など自然言語処理に関連する研究開発に従事。 ■ご注意事項 ・参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。 ・イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 ・参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 ■個人情報のお取り扱いについて 本イベントで取得する個人情報のお取り扱い方針については、以下内容をご確認、ご同意の上でお申込みください。 Sansan株式会社の個人情報のお取り扱い方針 ■アンチハラスメントポリシー 本イベントはアンチハラスメントポリシーを定めております。参加者は内容をご確認、ご同意の上でご参加をお願いします。 本イベントでは、特定の社会的属性――ジェンダー・性自認・性的指向、障がい、外見・身体的特徴、エスニシティ・国籍、年齢、宗教、特定のツールやプログラミング言語、専門とする学問領域、教育的バックグラウンドなど――に基づく差別的言動を、一切許容しません。 加えて、参加者による以下のような行為を、SNS、イベント会場等問わず禁止します。 ・攻撃的な発言 ・脅迫行為 ・ストーキング行為 ・つきまとい ・不適切な接触 ・性的な画像の掲示などを含む不適切な情報の開示 ・その他、事務局が不適切と判断した行為 参加者がこれらの行為に加担した場合、事務局側は当該参加者に対し必要な処分を行うことができます。この処分には、当該参加者への勧告、今後のイベントに聴講者・登壇者として関わることの禁止などを含みます。また、今後のよりよい運営のために、事態の詳細をレポートとして公開する場合があります。 本イベントの中で、「これはハラスメントではないか?」と感じたり、他の誰かがハラスメントを受けていることに気が付いた場合、または事務局側の体制がこれらのポリシーを満たさないと感じることがあった場合には、以下までご連絡ください。 mail:33tech@sansan.com 以上、イベントの健全な運営のため、ご協力をお願いします。

5/29 (金)

A884ef5d351e9e6bbccd0dd650295c52 OSPN(Open Source People Network)
OSCの前夜祭はLTで盛り上がろう
LT発表者募集 Linuxに限らずオープンソース・オープンデータ・オープンハードのことまで、どんな発表でもOKです。 本ページにて、事前に申し込みを行っていただけるとありがたいです。 ※飛び入り参加も基本OKですが、人数次第で受付不可となる場合もあります。予めご了承ください。 名古屋飯・酒を取り寄せよう せっかくの名古屋開催ですから、名古屋飯・酒を取り寄せて楽しみましょう。 お取り寄せ可能な名古屋グルメリスト https://docs.google.com/document/d/1ePjYr7pQPzKVOx_DUOV0R6Jph0wvkNQJEG-dBiFraWc/edit?usp=sharing 東海地方のお酒 https://docs.google.com/document/d/1JlNdKg-01UXclCijgH3yS93EmVuNr5K6ZTn2t8vJMVw/edit?usp=sharing OSC2020 Online/Nagoya 本番もちゃんと登録してね このイベントはあくまで前夜祭です。 翌日5月30日(土)開催予定の本番もきちんと参加登録をお願いします。 https://ospn.connpass.com/event/174340/ ご参加の方へ:注意事項のご案内 connpassアカウントのメールアドレスが最新のアドレスになっているかどうかご確認ください。 古いメールアドレスなどでご登録されていますと、参加用URLのお知らせが届けられません。 5月29日(金)18:00までに、当ページにて参加登録をお願いします。 参加方法 Zoomミーティングを利用して参加していただきます。 当ページ(connpass)にてお申し込みいただいた方に、事前にconnpassのシステムを通じたメール送信にて、イベント参加者用の招待URLをお送りします。 connpass申込み締め切り:5月29日(金) 18:00 Zoom招待URLの送信予定:締め切り後に送信予定 YouTube Liveのチャンネル登録をお願いします! 参加者が多くなったこと、またZoomを使用できない方のためにYouTube Liveでの同時配信も行います。 OSPN.jpチャンネルにアクセスしていただければ、ライブ中継がご覧になれます。 あらかじめチャンネル登録しておいていただくよう、お願いします。 OSPN.jpチャンネル https://www.youtube.com/c/OSPNjp 4月24日(金)25日(土)に開催されたOSC2020 Online/Springのセミナー動画も配信中です。 OSC2020 Online/Nagoya 前夜祭 開催概要 日時:2020年5月29日(金) 20時〜 会場:Zoomミーティング 内容:ライトニングトーク大会