yak_ex (@yak_ex)


参加する勉強会



過去の勉強会

11/16 (火)

No image 108x72 g coqtokyo
2020年の名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html ページ毎にその場で当てられた人が音読します。 第4回講義資料 3 帰納的な定義 > 帰納的述語 > 練習問題3.1 から読み始めます。 開催場所 google meetによるオンライン開催です。 URLは参加者と発表者に公開されます。 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 タイムテーブル 19:00 - 20:30 ssreflectの講義資料を読む 5分休憩 20:35 - 21:00 自由発表 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqban というもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 Slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

10/19 (火)

No image 108x72 g coqtokyo
2020年の名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html ページ毎にその場で当てられた人が音読します。 第4回講義資料の冒頭 帰納的な定義と多相性 から読み始めます。 開催場所 google meetによるオンライン開催です。 https://meet.google.com/ffg-wujr-gnd 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 タイムテーブル 19:00 - 20:30 ssreflectの講義資料を読む 5分休憩 20:35 - 21:00 自由発表 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqban というもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 Slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

10/5 (火)

No image 108x72 g coqtokyo
2020年の名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html ページ毎にその場で当てられた人が音読します。 次回は第3回講義資料の 2 帰納法による証明 から読み始めます。 開催場所 オンライン勉強会です。 今日のMeetingの接続先URLは勉強会開始直前に、slack上およびconnpassのイベントメッセージにて連絡します。 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 タイムテーブル 19:00 - 20:30 ssreflectの講義資料を読む 5分休憩 20:35 - 21:00 自由発表 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqban というもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 Slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

10/3 (日)

0d20255b02398d19001c093b6e1dff56 VR Creators Labs
初心者対象の入門編です:VTuber講師、瀬戸先生とBlenderの超基本を楽しく学びましょう!
【初心者対象】初めてのBlender~マグカップをモデリングしよう~ 日程:10月3日(日)10時~12時 形態:オンライン 対象レベル:初心者 Blenderって何だろう? 3Dモデリングができる統合3DCGソフト『Blender』。 オープンソースソフトウェアとなっており、誰でも無償で公式サイトからダウンロードできます。 Blenderは3Dオブジェクトを作成することができる他、アニメーション制作機能も搭載されているので、 作成した3Dモデルに動きを付けることもできます。 制作したモデルはUnityなどのゲームエンジンにインポートすることも可能です。 こんな方におすすめ ・これからBlenderを学んでみたいとお考えの方 ・独学でちょっとやってみたけれど挫折した方 ・Unityを学んでいて、これから3Dモデリングを学ぼうとお考えの方 ・VR Creators Labsで開催するBlender講座(キャラモデル制作)への参加をご検討中の方 担当講師:瀬戸愛子(VTuber講師) VR Creators Labsで、VRクリエイターのためのblender講座を担当。 広島県出身、 趣味:モデリング、アニメ、漫画、映画 使用ツール:blender、substance painter、zbrush モデリング大好きのVTuber講師が担当します☆ お願いとご注意 この体験会は定員制となりますので、開催直前及び当日のキャンセルはご遠慮ください。 日程調整の上ご予約頂きますようお願い致します VR Creators Labsについて VR Creators LabsはVRやAR、MRなどXR開発を行う一方、 企業研修や講師派遣、VRクリエイタの育成を行うスクール事業を展開。 UnityやXR、関連スキルとなるBlenderやAIなどを各専門分野の講師が指導し次世代のクリエイター育成を行っています。 HP:https://www.vr-creators-labs.com/ FB:https://www.facebook.com/vrcreatorslabs/

8/3 (火)

No image 108x72 g coqtokyo
名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html 第1回講義メモの5ページ目「恒真色々」からです。 開催場所 オンライン勉強会です。Google meetを使っています。 ミーティングへのリンクは以下のとおりです。 https://meet.google.com/ffg-wujr-gnd 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 タイムテーブル 19:00 - 20:30 ssreflectの講義資料を読む 5分休憩 20:35 - 21:00 自由発表 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqbanというもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

7/21 (水)

No image 108x72 g DBSJ presents 最強データベース講義シリーズ
DBSJ presents 最強データベース講義 #7
日時・講演内容 日時:2021年7月21日(水) 18:30-19:30 開催場所:オンライン(URL等は参加者に通知いたします) タイトル:パーソナルデータマーケットの基礎 講師:吉川正俊先生(京都大学 教授) 講義概要: 我々の日常生活は,サーチエンジン,Web広告,レストラン検索などパーソナル データを提供することによる対価として享受するサービス無しでは成り立たなく なっており,巨大データプラットフォーマーは収集した大量のパーソナルデータ から価値を創造し莫大な利益を得ている.この構図に対し政府側による巨大デー タプラットフォーマーに対するGDPRやCPRAなどの法的規制が行われている.パー ソナルデータは有用な資源であり,個人がパーソナルデータを自分の制御下に置 きながら個人と社会全体の効用を最大にするようなデータ生態系を構築すること は今後の社会における重要な課題である.パーソナルデータマーケットはその データ生態系における一つの構成要素であり近年急速に注目を集めているが,そ の実現のためには経済学,法学,心理学,計算機科学など多くの学問分野にまた がる学際的なアプローチを必要とする.この講義ではパーソナルデータマーケッ トの基礎として重要と思われる概念を紹介する. 講師紹介: 吉川正俊 先生(京都大学 教授) 1985年京都大学大学院博士後期課程修了.博士論文のタイトルは"Studies on Query Processing in Relational Database Systems".その後,京都産業大学, 奈良先端科学技術大学院大学,名古屋大学を経て2006年から京都大学大学院情報 学研究科社会情報学専攻教授.最近は,プライバシ保護技術,パーソナルデータ マーケットなどの研究を行っている.現在,IEEE ICDE Steering Committee及び International Conference on Big Data and Smart Computing (BigComp) Steering Committeeのメンバー.また,The First International Conference on AI-ML Systems (https://www.aimlsystems.org/2021/)のGeneral Co-Chairを 務めている.日本データベース学会理事.日本学術会議連携会員.著書として 「データベースの基礎」(オーム社, 2019年)がある. 最強データベース講義について 日本データベース学会(DBSJ)が取り組む 「最強データベース講義プロジェクト」 は、データベース関連分野の幅広いトピックについて第一人者として最先端の研究をリードされている教授陣による講義動画を無償で提供しています。 参照:本プロジェクトの開催趣旨(by 喜連川先生) https://www.youtube.com/watch?v=oA2bg0qUiUA 本プロジェクトでは、リアルタイムなオンライン講義として公開収録したものを再編集し、後日講義動画として提供します。 講義動画は個人でのご聴講に加えて大学での講義など機関の利用もウェルカムです。その際には、DBSJにもご連絡頂けますと幸いです。これまでの開催と講義動画につきましては 本ページ下の「過去の開催と講義動画」をご覧ください。 過去のイベントと動画 第1回 クラウドソーシング(森嶋厚行先生) 第2回 RDFストア(天笠俊之先生) 第3回 データベース四方山話(増永良文先生) 第4回 いつでもどこでも秘密計算の時代へ(山名早人先生) 第5回 Web情報検索(田中克己先生) 第6回 異文化統合データベースと意味計算(清木康先生)

7/20 (火)

No image 108x72 g coqtokyo
名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html 開催場所 オンライン勉強会です。Google meetを使っています。 ミーティングへのリンクは以下のとおりです。 https://meet.google.com/ffg-wujr-gnd 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqbanというもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

6/23 (水)

E3add2f2a9284bf4e38f82a5989d863a M&Aクラウド
Nuxt.js力を高めるために知見共有を行う道場です
ようこそNuxt道場へ Nuxt.jsに関する知見共有を行い、Nuxt.js力を高める道場です。 門下生(視聴者)となり知識をつけるもよし、道場破り(ゲストスピーカー)となって知見共有するもよし、 Nuxt.jsを現在使っている・使いたい・興味があるという同志の皆さんで切磋琢磨できる環境になれば良いと思います。 視聴方法 zoomでの配信を検討しています。詳細は別途ご案内します。 Youtube Liveで配信 https://www.youtube.com/watch?v=urM3JbiZU2Q 登壇について 道場破り(登壇)枠として1人20分設けています。 公募1枠と招待枠2、師範(弊社)枠1の系4枠です。 ※公募枠の方は発表タイトルをコメントしてください。 発表内容 Nuxt.jsに関係することであれば内容は問いません。 師範・道場破りの紹介 M&AクラウドでのNuxt.js利用事例 株式会社M&Aクラウド 久保田賢二朗 2019年11月にジョイン。Nuxt.jsの導入を担当。趣味ではSvelteをよく利用する。 失敗から学ぶNuxt.jsプロジェクトでの作り込み事例 株式会社Hajimari 三宅祐介 2018年からWEBエンジニアとして転職し、サーバーサイドLaravel、フロントNuxt.jsの社内プロジェクトを複数経験。 最近は音声系プログラミングを楽しんでます。 レアジョブでの導入事例と大変だったところ(仮) 株式会社 レアジョブ 田原一樹 2018年にジョイン フロントエンド領域を担当。 WebRTCのサービスにも触れております。 時間割 time about 19:30 開始の挨拶 19:40 M&AクラウドでのNuxt.js利用事例 20:05 失敗から学ぶNuxt.jsプロジェクトでの作り込み事例 20:30 レアジョブでの導入事例と大変だったところ(仮) 20:55 道場破り枠 21:20 終了の挨拶 21:30 終了 諸注意事項 イベントの内容や時間は予告なく変更される可能性がありますのでご留意ください 運営の妨害と判断できる行為があった場合はご退出をお願いすることがあります 当日のイベント風景(スクリーンショット)などをSNS等で掲載する可能性があります 行動規範 私たちは勉強会に参加されるみなさんがジェンダー、性的指向、障碍、身体的外観、身体の大きさ、人種、宗教その他のいかなる自由に関わらずハラスメントフリーであることに注力したいと思っており、参加者間でのいかなる形のハラスメントも容認しません。 性的表現および画像については本勉強会におけるいずれの発表においても許容いたしません。 当規則に違反する参加者は主催者の裁量により退出を命じられる可能性があります。

4/14 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Pepper Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で7回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT M5StickCをobniz化してリモートから電源操作できるシリアルコンソールを作ってみた そーたメイ 最強&究極ブロックプログラミング環境つくるっち 榎本 陽祐 Node-REDで作る、電子ロッカー! 楠川技研 ラズパイで測定器を料理しよう〜テスター編〜 勝 純一 enebularのプライベートノードとDiscoverについて 杉山 寛幸 EnOceanシリアル送信モジュールを試してみた 豊田陽介(@youtoy) KittenBot KOI - AIモジュールとKittenblockでIoTをやってみる  田中正吾 Power Automate Desktop + Azure 画像認識 + obniz 連携!  参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

11/27 (金)

4ea9090e5a7f5ed744b0b1bb378a949d Node-RED User Group Japan
更新履歴 日時 内容 2020/11/25 好評につき増員 40→60 2020/11/3 イベント公開 日時 2020-11-27(金)19:00 - 20:30 イベントについて ハードウェアデバイス/APIおよびオンラインサービスを接続するためのツール、Node-RED。 今回はオンラインで少し早い年末LTパーティを開催します! 対象 Node-REDのいろいろな可能性を知りたい方 Node-REDで自分も実装しているけど他の人の事例を見たい方 最近、Node-REDという名前を聞いてどんなものか見てみたい方 Twitterハッシュタグ #noderedjp です。 イベント後、Twitterのタイムラインを上記タグでまとめる予定です。スピーカーの方々への質問や、「おもしろい!」といった当日の気持ちをツイートください。 コミュニティ情報   URL Twitterハッシュタグ #noderedjp 公式ページ https://nodered.jp/ Facebookページ https://www.facebook.com/groups/noderedjp/ 会場 イベントは Youtube Live での配信を予定しております イベント後に軽めのオンライン懇親会を予定しております(Zoomなど) タイムテーブル LT登壇ご希望の方は、Facebookグループのこちらの投稿で登壇したい!とコメントよろしくお願いします! 時間 内容 19:00 開場/受付開始 19:05 ごあいさつ UG 19:20 LT x 8~10 LT 1 商業雑誌連動企画!Jetson & Pi 電力測定ボードを発売してオリジナルノードを公開した話 野良ハックチームざっきー @Zakkiea LT 2 LTやったら世界の見え方がちょっと変わった 富士フイルム高山英俊 @typeR_Anonymous LT 3 OpenWeatherMapの観測場所をworldmap上にアイコン置きました。 ものづくり学緑つばめ杉山寛幸 @lirevo1 LT 4 Node-REDのためだけにVM買うのイヤ! みんみん(民田雅人) LT 5 コロナ禍での「地方」Node-REDコミュニティ活動を考えてみた コドポ(中京テレビ)上田茂雄 @ueponx LT 6 TeleWorkerを使った気象観測ステーション KK.YES矢野泰弘 LT 7 Node-Pad 使ってみました(仮) akitam LT 8 2020年のコミュニティ活動でのNode-RED関連の活動・開発を振り返る ビジュアルプログラミング交流会豊田陽介 @youtoy LT 9 Dockerで動かすNode-RED ワンダープラネット三浦耕生 @k_miura_io 20:50 中締め 21:00-21:30 またイベント後に軽めのオンライン懇親会を行いますのでイベント中に Zoom の URL をご案内します。 連絡事項・注意事項 お問い合せはTwitter ハッシュタグ #noderedjp にご連絡ください。

11/3 (日)

34dfa58d86a43a33fc3dcbb96f28eef1 yapcjapan
YAPC::Japanが名古屋に初登場! 2016年から北海道、大阪、福岡、沖縄、東京で開催してきたYAPC::JapanがTinyとなって名古屋に登場です! YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で草の根的に始まったPerlのカンファレンスです。私達YAPC::Japanは一般社団法人JPAが主催する、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。 Perlだけにとどまらない多様な分野のトークセッションを通じ、情報交換や交流を行っていただくことで、JPAのミッションである「日本におけるPerlコミュニティを脈々と続くものとして」盛り上げていくことが目標です。 ☆ 懇親会についても開催を予定しております。詳細が決まり次第、順次お知らせいたします。 【運営】一般社団法人Japan Perl Association 公式サイト 懇親会申し込み https://yapcjapan.connpass.com/event/151828/ LT募集 LT募集を開始しました。LT募集フォームからご応募ください。 ゲストスピーカー 伊奈 林太郎 伊奈 林太郎(いな・りんたろう) 京都大学大学院情報学研究科修了。日本学術振興会特別研究員を経て、2013年株式会社はてな入社。2015年よりテックリードとして「はてなブックマーク」リニューアルプロジェクトを主導する。 YAPC::Nagoya::Tiny 2019のゲストに、株式会社はてな から伊奈 林太郎氏をお迎えいたします! はてなブックマークがScalaを使ってリニューアルされたのはみなさんご存知でしょうか? 開発言語の置き換えを始めたという話はよく聞きますが、置き換えた、という話はほとんど聞きません。 そんな中リニューアルプロジェクトを主導された伊奈 林太郎氏をお呼びしてお話していただきます。 タイトルは「10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方」です! スポンサー スポンサーメニュー スポンサーお申し込みフォーム スケジュール 20分もしくは40分枠のトーク 5分枠のLT を予定しています 時間 内容 発表者 10:30 開場 11:00-11:10 開会の挨拶 11:10-11:30 PerlウェブサービスにDocker, ECS, CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう Windymelt 11:35-11:55 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 hkoba 12:00-12:20 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; Dan Kogai 12:20-13:30 昼休憩 - 13:30-13:50 Makefile生活 azumakuniyuki 13:55-14:35 10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方 ゲスト: 伊奈 林太郎 14:35-14:45 休憩 - 14:45-15:05 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ うたがわきき 15:10-15:50 40分で学ぶPerl入門 木本裕紀 15:55-16:15 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて ybrliiu 16:15-16:25 休憩 - 16:25-16:45 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 hitode909 16:50-17:30 2019年のらくらくPerl6入門 八雲アナグラ 17:35-17:55 LT - 18:00-18:10 クロージング トーク内容 PerlウェブサービスにDocker,ECS,CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう / Windymelt はてなで開発しているマンガビューワ(GigaViewer)にDocker,ECS,CDKを導入していった手順を共有します。 お手元のPerlアプリケーションの環境構築に時間がかかったり,チーム内で環境を揃えるのに困っていませんか。 このトークを聴くことで,お手元のPerlアプリケーションの環境構築が職種を問わず簡潔に行えるようになり,AWSの各種サービスとの統合も簡単になります。 秘伝の開発サーバをコツコツと壊さないようにいじっていませんか。 このトークを聴くことで,検証環境を1コマンドでデプロイできるようになり、実行の記録もAWSのCloudwatch LogsやX-Rayといったグッズを使って眺められるようになります。 スキマ時間でも大丈夫! [このトークのゴール] * Perlで書かれたWebアプリケーションをDocker化し,チームの負荷を軽減できるようになる * WorkerManager/TheSchwartzといったジョブキューをECSで動かし,X-Rayで動作を追跡できるようになる * CDKを用いて多要素からなるインフラストラクチャををコード化し,実験環境を素早く作れるようになる [想定聴衆] * 開発環境が古びている人 * 手元の開発を楽にしたい人 * チーム開発の環境構築が大変な人 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 / hkoba 皆さんは、日常の業務で使うプログラミング言語と、 技術者界隈の流行のギャップに悩むことって、ありませんか? 私も仕事では主に Perl のコードを書き保守していますが、 ニュースやツイッターに流れる『学ぶべきでない言語ランキング』的なものに心を痛める毎日です。 そんな私ですが、 Rust なら * 自前の GC を持たない分、既存の C言語ベースのライブラリ群と組合せやすいらしい、 * 特に bindgen というツール兼ライブラリを使えば、C言語で書かれた関数を叩くための Rust の型宣言のコード(FFI bindings)を自動で作ってくれるらしい と知りました。 それなら、Perl の実行時エンジンである libperl を bindgen してみたらどうなるかしら? Rust を勉強する入り口にもなるし… そうして今夏に書き始めたライブラリが libperl-rs です。まだ Proof-of-Concept レベルですが、現段階で Perl 5.22〜5.30 (thread 有り/なし) の binding を 生成できています。 このトークでは、Rust 未経験者だった私が Rust に入門する時に辿ったプロセスを 一つの具体例として紹介します。それを通して、これから Rust に入門しようか 迷っている方の背中を押すことが出来ればと考えています。 想定する視聴層は - Rust は興味が有るけれど、使い始める理由・切っ掛けを探している 方々です。 C 言語で書かれたライブラリーや動的言語の内部実装に多少の知識が有る方が、楽しいかもしれません。 あと Perl の内部実装の話が好きな人にもウケるかもしれません。 逆に - Rust の歴史やより良い使い方について、最新の正確な話が知りたい方 には不向きな話になるでしょう。 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; / Dan Kogai というわけで Perl 6 は Perl ではなくなり、Perl 5がただのPerlとなることとあいなりましたが[^0]、そうなるとどうなるかをトーク時間いっぱい考察します。 * @TimToady「今、楽にしてやる」 * YAPCからYARCがフォーク? * ラクダは楽だがRakuは落下? * Python 3 の災難 * 他 [^0]: https://github.com/perl6/problem-solving/pull/89 Makefile生活 / azumakuniyuki 信頼と実績、歴史と伝統に裏打ちされたMakefileは現代でも、そしてコンパイル以外でも充分に活躍できる枯れた技術です。長いコマンドをたくさんの引数とともに書いておく、複数のコマンドをまとめてmakeコマンド一発で実行できるようにする、などのタスクランナーとしての用途やタスクの自動化、特にディレクトリの位置に依存した処理の効率化においては一日の長があります。 本演目では$HOMEやリポジトリ、サーバの特定ディレクトリで使うMakefileで便利な用例を、演者が実際に使っているMakefileをとりあげて紹介します。 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ / うたがわきき 私はふだんPythonを書いているのですが、このたび業務でPerlを書くこととなりました。このトークでは、業務でPerlを書くにあたって気になったこと、おもしろかったことについて、主にPythonとの比較を交えつつお話しします。 例として以下のようなトピックを取り上げる予定です: - Perlのデータ構造とリファレンス - サブルーチンとbless - DESTROYメソッド - CPANというエコシステム 40分で学ぶPerl入門 / 木本裕紀 Perlを知らない人向けと、Perlを学び始めて少したった人向けの Perlの入門的な内容をトークします。 Perlを知らない方向けに 正規表現 フィルタプログラミング ワンライナー Linuxコマンドとの組み合わせ Perlを学び始めて少したった人向けに パッケージ オブジェクト指向 CPANリリース方法 を40分を前半・後半に分けて、20分づつ、お話します。 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて / ybrliiu Perlでは他の言語と比べ、言語の柔軟性や文化的により動的にモジュールロードされることが多いと思います。 動的なモジュールロードは拡張性や実装の手間と言った面で多大な恩恵をもたらしますが、それと引き換えに様々なデメリットももたらします。 このトークでは、そういったPerlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて発表します。 また、どういうときに動的なモジュールロードを行うといいか、動的なモジュールロードを行わず実装するにはどうすればいいのかについても触れます。 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 / hitode909 はてなマンガチームで開発しているGigaViewerは、マルチテナント型アーキテクチャを採用しており、複数の漫画サイトのコードベースを共通化して、集約して開発しつつも、柔軟なカスタマイズを可能にしているプロダクトです。 本発表では、GigaViewerで配信しているサイト同士の微妙な差異=似ているけどちょっと違うものたち、をどのようにモデリングしてきたか、について語ります。 * アジェンダ - 似ているけどちょっと違うものたちの紹介 -- 無料のマンガ配信だけのサイトから、ユーザー登録、課金のあるサイトまで -- 現状の構成や、検討したけど採用しなかった設計の紹介 - 似ているけどちょっと違うものたちに立ち向かうための設計 -- サイトごとの差異を前提としたネームスペース -- 重要なオブジェクトをみつけて知識を集約する - サイトごとの機能リストを宣言し、ありとあらゆることに使う -- 画面の出し分けに利用する -- メソッド呼び出し時の権限チェックに利用する -- ルーティングにも利用する -- フィーチャートグルとの関係性 - 似ているけどちょっと違うものがある前提の暮らし -- パターン集をドキュメント化する -- ループを避け、ルールベースで共通化する -- 値置き場を定義ファイルに追い出す - 困っていることを紹介して会場の識者の皆様にアドバイスを頂くコーナー -- 困りごとベスト3を共有する * この発表のゴール - 似ているけどちょっと違うものたちに対面したときにうろたえなくなる - 似ているけどちょっと違うものに立ち向かうためのリファクタリングができるようになる 2019年のらくらくPerl6入門 / 八雲アナグラ このトークではPerl6の歴史を含めた基礎から現在の最新情報、そして実際にプログラムを書いて見るにはどうしたらいいのかについてお話します。 Perl6を勉強するにはどうしたら良いのか、実際にプログラムを書くには何が良いのか、そしてPerl6自体はどのように作られているのか、海外では? などなど、Perl6の様々な話題を勢いで話していこうと思いますので、あなたとPerl6今すぐダウンロード! ## アジェンダ(仮) - Perl6とは - 書籍情報 - Perl6の歴史 - Perl6の実行方法 - Perl6とOOP - モジュールとPerl6 - WebAppをPerl6で - Perl6の海外の動向 - Perl6そのものの構成 注意事項 受付にてconnpassの受付票をご提示ください 行動規範(CoC)を遵守してください