ke-ta-f (@waradutoya)


参加する勉強会



過去の勉強会

3/26 (土)

7bfe62f3200b8b2e5ef436798dd21810 日本を元気に・革新コンソーシアム
『チーム改革のスイッチ』&『革新コンソーシアム』の事例等を共有するイベントデーです。
2020/6/18発刊『チーム改革のスイッチ』(三井伸行・著、戸田孝一郎・監修)と関連する「日本を元気に・革新コンソーシアム」の勉強会イベントです。 Teams会議のアドレスは当日までに、本ページ上部の「参加者への情報」でお知らせします。 タイムテーブル(予定) セッション 予定時間   内  容      1 11:00~ 全体進行説明 2 11:05~ DX認定制度システム開発裏話で講演していただきました谷口さん、そのプロジェクトでPOを務めていた半田さん そしてこの現場改善会議の主催者である三井の三人が『アジャイル暴れん坊三銃士』としてタッグを組みました。タッグを組んだ第三弾として『日本でアジャイルが普及しない理由として、企業活動を評価・守る側にアジャイル思考が行き届かず、従来目線で評価・監査している現状があるのでは?』という仮説を立てて議論を展開します。過激な内容もあるかと思います・・・ 3 11:55~ ふりかえり・次回予定等 時間は延長する場合があります。 途中参加・退出可能です。 お願い 当イベントは録画し、登壇部分を中心に、一部再編集後YouTubeに配信する場合があります。参加者の方の表示名等が画面に入ることがありますが了解の上ご参加ください。 LTや登壇等募集中です。主催者への個別連絡等でお問い合わせください。 個人で運営するコミュニティで主催も参加者の方も、何らかプラスがあったな、と楽しめることを目指しています。 チーム内での許可のない個別営業など、一般的なマナー違反等と主催者が考える場合、グループへの参加をご遠慮いただく場合があります。 本の著者/全体リード 三井伸行 66歳既婚 子供3 孫2 筆者の三井伸行は日経コンピュータ誌に2017年4月~2021年3月連載を執筆。連載記事では紙面の都合で元原稿から圧縮されて掲載されています。『チーム改革のスイッチ』本は圧縮されていない元原稿を新たな編集者としてマナスリンクの野口さまに協業頂き、元原稿の情報量はそのままに、読みやすく構成しています。その本の内容はチームビルディンといった現場の改革からW/Fの可視化、Agile開発、DevOps2.0、VeriSMまでの広範囲に及んでいます。そのすべてが実施例を基にしていますので、机上論ではない現地・現物の内容ですので、読者へ多くの気づきやヒントを提供しています。広範囲な本の自分流のカスタマイズの方法をご紹介します。 <主たる職歴> 数値制御装置・ロボット系でのU/Iと言語自動生成・グラフィック系の  設計・製造に従事(1978年~1987年) 製造メーカーのシステム部門でツールを使用した  モックアップ・アプローチを実施(1987年~1990年) 非鉄金属大手のシステム開発手順・手法の棚卸と  ツール適応性の評価を実施(1991年) 外資企業にて開発支援ツールの導入コンサル、  プロジェクト立上支援を実施(1992年~2004年) 自治体全システム再開発プロジェクトに  PMとして参画(2005年~2007年) NPO法人(ドットNET分散開発ソフトピアセンター)立上と  運営に参画 (2007年~2010年) アジャイルプロジェクトの実施 SCRUM MASTERとして従事 アジャイルドットNET研修の開発 アジャイル開発導入支援指導&  アジャイル開発プロジェクト・マネジメント(2007年~現在) TPS検定協会のTMS塾講師(2013年~現在) <執筆活動> これまでの、現場経験をベースに日経コンピュータ誌(2017年4月)より連載中 第一期【現場を元気にするチーム運営術】2017年4月13日号~2017年8月17日号(全10回) 第二期【現場を元気にするDevOps 2.0】2017年9月14日号~2018年2月1日号(全11回) 第三期【現場を元気にする組織変革術】2018年4月12日号~2018年12月6日号(全17回) 特別編(第四期)【現場を元気に!カブコム現場改革の軌跡】2019年1月24日号~2019年10月3日号(隔号:全10回) 特別編(第五期)【大企業でも待ったなしSOMPOに学ぶ組織改革】2020年5月14日号~隔号で掲載中 今回の『チーム改革のスイッチ』本は、第一期、第二期、第四期(特別編)のVeriSM導入事例から構成されている。 <主たる実績(直近10年)> ソフトウェア生産技術力向上の為のコンサルテーション Agile開発の導入指導・プロジェクト支援  (プロジェクトレスキューも含む)   基幹系、生産管理、等 TMS(TOYOTA way Management System)の導入指導  (TPSのコア・マネジメント)   TPS : Toyota Production System:Lean、 Agile開発の源流 働きかた改善の指導(コーチ) W/Fプロジェクト現場の見える化現場指導 DevOps2.0の普及活動と導入支援 Executive Designer for DevOps Certification 様々な業界の現場を指導 保険金融・メーカー次期開発基盤・ゲームソフト・通信業営業部門・ 通信網建設業(国際事業部)・コンテンツ提供企業・運輸倉庫業・ ネット証券・二輪メーカー・四輪メーカー・重工業・Sier 等 『チーム改革のスイッチ』関連のホームページ等 『チーム改革のスイッチ』販売サイト 『チーム改革のスイッチ』の推薦文|manaslink|pixivFANBOX メイキングオブ『チーム改革のスイッチ』 「日本を元気に・革新コンソーシアム」facebookグループ 日本を元気に・革新コンソーシアム コミュニティ - YouTube

2/26 (土)

7bfe62f3200b8b2e5ef436798dd21810 日本を元気に・革新コンソーシアム
『チーム改革のスイッチ』&『革新コンソーシアム』の事例等を共有するイベントデーです。
2020/6/18発刊『チーム改革のスイッチ』(三井伸行・著、戸田孝一郎・監修)と関連する「日本を元気に・革新コンソーシアム」の勉強会イベントです。 イベントに初めて参加される方へ Forms から Teams の参加申請をお願いします。イベント終了前後も招待されたチーム内で必要に応じてやりとり可能です。 http://bit.ly/jpinnova-forms Teams会議のアドレスは当日までに、本ページ上部の「参加者への情報」でお知らせします。 タイムテーブル(予定) セッション 予定時間   内  容      1 11:00~ 全体進行説明 2 11:05~ DX認定制度システム開発裏話で講演していただきました谷口さん、そのプロジェクトでPOを務めていた半田さん そしてこの現場改善会議の主催者である三井の三人が『アジャイル暴れん坊三銃士』としてタッグを組みました。今回はタッグを組んだ第一弾として『アジャイル開発の価値とは? 何故、従来手法にこだわってしますのか?』をテーマに議論を展開します。過激な内容もあるかと思います・・・ 3 11:55~ ふりかえり・次回予定等 時間は延長する場合があります。 途中参加・退出可能です。 お願い 当イベントは録画し、登壇部分を中心に、一部再編集後YouTubeに配信する場合があります。参加者の方の表示名等が画面に入ることがありますが了解の上ご参加ください。 LTや登壇等募集中です。主催者への個別連絡等でお問い合わせください。 個人で運営するコミュニティで主催も参加者の方も、何らかプラスがあったな、と楽しめることを目指しています。 チーム内での許可のない個別営業など、一般的なマナー違反等と主催者が考える場合、グループへの参加をご遠慮いただく場合があります。 本の著者/全体リード 三井伸行 65歳既婚 子供3 孫2 筆者の三井伸行は日経コンピュータ誌に2017年4月~2021年3月連載を執筆。連載記事では紙面の都合で元原稿から圧縮されて掲載されています。『チーム改革のスイッチ』本は圧縮されていない元原稿を新たな編集者としてマナスリンクの野口さまに協業頂き、元原稿の情報量はそのままに、読みやすく構成しています。その本の内容はチームビルディンといった現場の改革からW/Fの可視化、Agile開発、DevOps2.0、VeriSMまでの広範囲に及んでいます。そのすべてが実施例を基にしていますので、机上論ではない現地・現物の内容ですので、読者へ多くの気づきやヒントを提供しています。広範囲な本の自分流のカスタマイズの方法をご紹介します。 <主たる職歴> 数値制御装置・ロボット系でのU/Iと言語自動生成・グラフィック系の  設計・製造に従事(1978年~1987年) 製造メーカーのシステム部門でツールを使用した  モックアップ・アプローチを実施(1987年~1990年) 非鉄金属大手のシステム開発手順・手法の棚卸と  ツール適応性の評価を実施(1991年) 外資企業にて開発支援ツールの導入コンサル、  プロジェクト立上支援を実施(1992年~2004年) 自治体全システム再開発プロジェクトに  PMとして参画(2005年~2007年) NPO法人(ドットNET分散開発ソフトピアセンター)立上と  運営に参画 (2007年~2010年) アジャイルプロジェクトの実施 SCRUM MASTERとして従事 アジャイルドットNET研修の開発 アジャイル開発導入支援指導&  アジャイル開発プロジェクト・マネジメント(2007年~現在) TPS検定協会のTMS塾講師(2013年~現在) <執筆活動> これまでの、現場経験をベースに日経コンピュータ誌(2017年4月)より連載中 第一期【現場を元気にするチーム運営術】2017年4月13日号~2017年8月17日号(全10回) 第二期【現場を元気にするDevOps 2.0】2017年9月14日号~2018年2月1日号(全11回) 第三期【現場を元気にする組織変革術】2018年4月12日号~2018年12月6日号(全17回) 特別編(第四期)【現場を元気に!カブコム現場改革の軌跡】2019年1月24日号~2019年10月3日号(隔号:全10回) 特別編(第五期)【大企業でも待ったなしSOMPOに学ぶ組織改革】2020年5月14日号~隔号で掲載中 今回の『チーム改革のスイッチ』本は、第一期、第二期、第四期(特別編)のVeriSM導入事例から構成されている。 <主たる実績(直近10年)> ソフトウェア生産技術力向上の為のコンサルテーション Agile開発の導入指導・プロジェクト支援  (プロジェクトレスキューも含む)   基幹系、生産管理、等 TMS(TOYOTA way Management System)の導入指導  (TPSのコア・マネジメント)   TPS : Toyota Production System:Lean、 Agile開発の源流 働きかた改善の指導(コーチ) W/Fプロジェクト現場の見える化現場指導 DevOps2.0の普及活動と導入支援 Executive Designer for DevOps Certification 様々な業界の現場を指導 保険金融・メーカー次期開発基盤・ゲームソフト・通信業営業部門・ 通信網建設業(国際事業部)・コンテンツ提供企業・運輸倉庫業・ ネット証券・二輪メーカー・四輪メーカー・重工業・Sier 等 『チーム改革のスイッチ』関連のホームページ等 『チーム改革のスイッチ』販売サイト 『チーム改革のスイッチ』の推薦文|manaslink|pixivFANBOX メイキングオブ『チーム改革のスイッチ』 「日本を元気に・革新コンソーシアム」facebookグループ 日本を元気に・革新コンソーシアム コミュニティ - YouTube

1/26 (水)

9b3bd9c42a83bee40bc5adb0444bfaa8 TECH Street
プライベートでエンジニアスキルを活かしてみたシリーズ。今回は年末年始休暇中の成果を共有します!
【※重要※】参加用URLについて 本ページ上部の「参加者への情報」欄をご確認ください!イベント申し込み完了後に参加用URLが表示されます。 こんな方におすすめ ・ITエンジニア※仕事もプライベートも全力投球!エンジニアリングスキルを活かし常に工夫や創作に打ち込んでいる方 エンジニアスキルを活かした本気の自由研究発表会vol.5 業務外でエンジニアリングスキルを活かし、本気で取り組んだ内容を発表いたします。※内容は順次公開しております 第1弾:エンジニアの夏休みの自由研究発表会 第2弾:エンジニアの冬休みの自由研究発表会第3弾:エンジニアの春の自由研究発表会 第4弾:エンジニアの秋の自由研究発表会 タイムテーブル 時間 内容 19:30 イベント開始 19:30〜19:40 オープニング 19:40〜21:00 コンテンツ〈自由研究発表会🔥〉冬休みの宿題、「異能vationプログラム:魚拓型ビデオカメラ」「製品化しちゃおう、カスタムキーボード(CIcreator)」発明家の小栗さん トイレペーパーIoT 「誰が芯を変えてないか戦争 終結」 ニッチほそかわさんメイカーにあこがれてコンテストにハマったお話airpocketさんIoT冷蔵庫に挑戦してみたななみんさん日本一簡単操作のLINEアルバムアプリ『のこるん』沖中がいこつさんJavaScript+ビジュアルプログラミング+ガジェット=?豊田 陽介さん 21:00 イベント終了 ※イベント内容は当日予告なく変更になる可能性がございます。 登壇者 発明家の小栗 ロボットから始まりゲーム、医療、障碍者電子機器と挙動不審な開発渡世。企画&ハーフスタック+αくらいのエンジニア。自称、発明家。さらにあやしい...。 ニッチほそかわ 無人島生活をしてみたりニッチな人を見つけて取材したりとにかくマニアックなことがすきなライター。 プログラミングに興味をもちプログラマーアイドルのメンバーに! 卒業後はITライターとしてIoTエンジニアを取材したり電子工作系YouTubeに出演。 YouTube『ツクレル』" rel="nofollow">https://youtu.be/R6l7-VUsf0Q 個人メディア『Nicheっち、』https://niche-chi.com/ airpocket 友達探しをしている新米メイカー(兼プラスチック部品の開発など) いい年をした非IT系エンジニアが、メイカーにあこがれてモノづくりを始めました。 IT素人ですが、メイカーし始めたら会社でもIoTを担当させてもらえるようになりました。 ななみん 通信会社に勤務し、自転車シェアサービスの立ち上げ、スマートフォンの開発、Fintechサービスの立ち上げなどを経験。好きなものは、新しいガジェット、ネコ。好きな人は、アインシュタイン、ショパン。引っ越しをきっかけに自宅のIoT化に挑戦中(「ななみんのIoTおうちハック」で連載中)。 沖中がいこつ 某有名スーパーで働いている、1歳 6歳 娘のパパ。「思い出が消えない未来」を作りたくて、去年の8月から全く未経験ながら、プログラミングを始めました! 作品の中では、納豆ブートキャンプが一番のお気に入りです!! 💀 " rel="nofollow">https://protopedia.net/prototype/2636 Qiita https://qiita.com/okinakamasayoshi 豊田 陽介 ガジェットや面白そうな技術が好きで、プライベートでそれらを使った試作をよく行っている。 また、IoTやビジュアルプログラミング等に関する技術コミュニティを単独・共同で主催したり、 イベントでの登壇や技術雑誌向けの記事執筆の活動なども。2022年1月現在、Microsoft MVP。 Qiita https://qiita.com/youtoy ファシリテーター Mitz(松岡光隆)TECH Streetコミュニティエバンジェリスト コミュニティ創設・運用のプロフェッショナルとして活動。元システムエンジニアでエンジニア歴は10年以上。 COBOL⇒Java⇒Python⇒JSを経て、IoTやブロックチェーン関連開発を経験。現在ではエンジニア上がりのコミュニティプロデューサーとして様々なITコミュニティやITイベントをプロデュース。 【主なコミュニティ】 JAWS-UG IoT支部、IoT縛りの勉強会、RPACommunity、 Chatwork Café、Actionable AI など 参加費用 無料 お願い事項 ・お申し込み後のキャンセルについてはお手数ですがお申し込みフォーム上でキャンセルをお願い致します 主催 人と知識とテクノロジーが行き交う個人の価値や可能性が拡がるコミュニティTECH Streetが開催いたします! 皆様のご参加お待ちしております!

1/22 (土)

8b81bfa26e2fa15daa28f9b323e03ed3 JBUG(Japan Backlog User Group)
広島でJBUGとAgile Japanのコラボレーションじゃ!
更新情報 2021/12/28 参加者募集を開始しました! 2022/01/08 登壇者情報を追記しました! イベント概要 Backlogのユーザーコミュニティ、 JBUG(Japan Backlog User Group) のオンラインイベントです。 今回のJBUGはなんと「アジャイルジャパンサテライト」との共催です。アジャイルジャパンとは、2009年より日本でアジャイルを普及させるために開催されてきたイベントで日本で最大のアジャイルイベントです。 アジャイルジャパンのコンテンツとしては、Agile Japan 2021のアリスター・コーバーン博士による基調講演「The Heart of Agile and the Future of Work アジャイルの心と未来の働き方」を鑑賞し、その後運営メンバによるディスカッションをお届けします。 https://2021.agilejapan.jp/index.html JBUG広島のコンテンツは、只今準備中です。 JBUG広島の根底である「皆でよりよい仕事のしかたを探そう」をベースに、激動する時代を乗り越える方法を皆で考える会にしたいと考えております。 JBUGとアジャイルジャパンの化学反応をお楽しみください。 配信について 配信はFacebook LIVEでやります。Facebookのアカウントがなくても見れるので普通の配信と思ってOK!! ※時間になってもライブ配信がずっと始まらない場合は画面をリロードしてみてください! ▼ご視聴用URL https://www.facebook.com/JBUG.Official/live/ 10分前くらいから配信を開始します。 スライド資料や登壇者様の姿やTwitterタイムラインなどを構成して配信予定です。PCでのご視聴をお薦めいたします。 13:00~15:00の配信を想定しておりますが、開始・終了時刻は変更となる場合もございますのでご了承ください。 タイムテーブル time 項目 担当(敬称略) 備考 13:00 オープニング 13:05- JBUG広島コンテンツ 敵は敵の顔をしては向かって来ない 福井 桂太 @keita_kitami_ やさしいBacklogの使い方 待島 亘 @wattlaa 「google/zx」と「Backlog API」を組み合わせたJavaScriptのプログラムからのBacklog操作 豊田 陽介 @youtoy 小学生がBacklogのプロジェクト管理を参考にして、夢に一歩だけ近づけた話 吉田 彩 @ayatan0624 14:00- Agile Japan HIROSHIMA コンテンツ アジャイルの心と未来の働き方 アリスター・コーバーン グラレコを見ながらセッションの振り返り 15:00 クロージング スピーカー紹介 福井 桂太 プロフィール 某ハードウェア保守会社の情シス。情シスとしては珍しく開発プロジェクトばかりに長年従事。ユーザー企業側からのプロジェクト管理に日々奔走しています。コミュニティ用務員のおじさんとしてさまざまなコミュニティに出没しています。RPACommunity供養支部というのを運営しています。 タイトル 敵は敵の顔をしては向かって来ない 発表内容 過激なタイトルですが、DXに代表されるようなビジネス改革を伴うITプロジェクトに対するステークホルダーの心理や、無意識、意識にかかわらず、ついやってしまう改革や変化への抵抗、そしてそれに対するプロジェクトメンバーがどう対応するのか・・・というお話です。 待島 亘 プロフィール 北海道札幌市在住。2012年に株式会社Gear8にジョイン。サイトプランニング、ディレクションのほか、ウェブクリエイター向けセミナーへも登壇。セミナーレポートやディレクションtipsをnoteに書いています。よく使うツールはBacklogとTodoist。最近のお気に入りはボドゲとポケカと、キャンプギアをウォッチすること。冬キャンの装備は高くて手を出せずにいます..。 Twitter: https://twitter.com/wattlaa note: https://note.com/wattlaa タイトル やさしいBacklogの使い方 発表内容 Backlogは初めて使う人でも直感的に使えるツールですが、普段メールばかりでチャットに慣れていないクライアントに導入してもらうのはひと苦労ですよね。そんなBacklog初心者も挫けさせずに、一緒に使ってもらうための運用ルールをご紹介します。 豊田 陽介 プロフィール 普段、通信業界の企業で働きつつ、プライベートでIoTやビジュアルプログラミング等に関する技術コミュニティを単独・共同で主催したり、イベントでの登壇や技術雑誌向けの記事執筆の活動なども行っています。ガジェットや面白そうな技術が好きで、それらと、主にビジュアルプログラミング・JavaScriptを組み合わせた試作を行ったりもしています。2022年1月現在、Microsoft MVP。 Twitter : https://twitter.com/youtoy Qiita : https://qiita.com/youtoy タイトル 「google/zx」と「Backlog API」を組み合わせたJavaScriptのプログラムからのBacklog操作 発表内容 JavaScriptのプログラムとBacklog APIを用いてBacklogの操作を行った話になります。昨年末、「Backlog Advent Calendar 2021」に登録した「Googleさんの zx で Backlog API を扱う(JavaScript で課題を追加する)」という記事を書いたのですが、その際に試した内容をベースに、利用した技術の紹介も交えつつお話ししていきます。 吉田 彩 プロフィール 広島市安佐北区で生まれ、山口県岩国市で育つ。 大学より上京し、2007年に新卒で入社したマーケティング会社でBacklogを使い、 以来Backlog大好き。 12年間は営業としてキャリアを積み、子供の受験を機にフリーランスに。 小学校受験もガントチャート方式で管理。 2021年5月にヌーラボに入社し、現在人事を担当。 タイトル 小学生がBacklogのプロジェクト管理を参考にして、夢に一歩だけ近づけた話 発表内容 小学生の娘が挑戦したいと言い始めた「プレゼンテーションコンテスト」に家族で取り組むにあたり、Backlog方式でプロジェクトを進めました。 ・親課題と子課題の理解させ、課題を洗い出させる ・担当を振り、期限を逆算して決める ・ステータスを変更し、全体マネジメントを任せる これらを娘主体で行っていく中で、9歳ながらも「オーナーシップ」と「セルフコントロール力」を垣間見れた経験をみなさまにお伝えできればと思います。 アリスター・コーバーン プロフィール アリスター・コーバーン博士は、アジャイル開発とその手法や活用事例における功績により、2020年に「42 Greatest Software Professionals of All Times / 史上最高のソフトウェア・プロフェッショナル42人」の1人に名を連ねました。 彼は、『アジャイルソフトウェア開発宣言』と『プロジェクトマネジメントの相互依存宣言』 を共同執筆しています。 2015年以降は、家族や政府、社会的インパクトのあるプロジェクトなど、あらゆる取り組みに関わり、アジャイルをプロダクト開発以外にも拡大し続けています。 その進捗についてはこちらをご覧ください。 タイトル The Heart of Agile and the Future of Work アジャイルの心と未来の働き方 発表内容 アジャイルは今、かつてないほどシンプルで影響力のあるものとなりつつあります。このキーノートでは、アジャイル創始者の1人から話を聞き、より効果的なアジャイルの形を、仲間とともに経験してもらいます。Collaborate(コラボレーション), Deliver(デリバリー), Reflect(内省), Improve(改善)という言葉だけで、どれほどチームが強くなり改善への新しい扉が開かれるかがわかるでしょう。 この講演では、『アジャイルソフトウェア開発宣言』の共著者が、成功を導くこれらの要素を紹介します。特にcollaboration(コラボレーション)と reflective improvement(内省的改善)を解説する予定です。そしてみなさんは、手法だけを学ぶことに労力をかけるよりも、もっと姿勢に目を向けるべきだと気づくでしょう。講演後は質問の時間もご用意しております。 グラレコ担当 安積 津友香(Tsuyuka AZUMI) 会計パッケージ導入プロジェクトのPMO。backlogの課題更新を担当している。 2020年にグラフィックレコーディング(グラレコ)と出会う。2021年3月のbacklog worldにてグラレコで審査員長賞受賞。 JBUGをはじめ、数々のオンラインイベントのグラレコを作成中。目標はグラレコをプロマネで活用すること。 ツイートまとめについて イベント終了後に運営にて公式ツイートまとめを作成します。是非ご覧ください。 過去のツイートまとめはこちら↓ JBUG広島#8 「広島でWorldのおかわりじゃ!」まとめ このイベントのハッシュタグ について ハッシュタグ #JBUG #agilejapan 過去のJBUG広島の様子はこちら↓ JBUG広島 #8「広島でWorldのおかわりじゃ!」) JBUG広島 #7「JBUG広島#7 × Agile Japanレポート1」) JBUG広島 #7「JBUG広島#7 × Agile Japanレポート2」) JBUG広島 #6「制御不能な時代に立ち向かえ」) JBUG広島&JBUG岡山 #共同開催 「越境」) JBUG広島&JBUG岡山 #共同開催 「越境」開催レポート) JBUG広島 #4 みんなどうやってプロジェクトを進めてるの? みなさんへ JBUGを参加者の皆さんで盛り上げていければと思います。Backlogユーザーでも!ユーザーでなくても!参加可能です。招待もご自由に! JBUG(ジェイバグ)とは JBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)は、Backlogユーザーによるコミュニティです。 プロジェクト管理は、全ての業種/職種において必須のスキルである一方、そのノウハウが学べる場はあまり多くありません。 Backlogは国内最大級のプロジェクト管理ツールであり、すでに100万人を超えるユーザーがいることから、「プロジェクト管理」「仕事のうまい進め方」に関する知識やテクニック、ノウハウを学び合うことをねらいとして、JBUGが発足されました。 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通し、より「働くを楽しくする」を実現したいと思っています。 これまでのJBUGの様子 JBUGのイベントの様子は、こちらのブログよりご確認いただけます♪ ブログレポーターについて ご自身のブログで、当日の様子をレポートしてください!ブログレポーターとして参加してくださる方には、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんオリジナルグッズをプレゼントいたします!ぜひ一緒にJBUGを盛り上げましょう。 また、こちらから内容指定や事前の校閲も行いませんので、ぜひ気軽に参加 & 発信してくださいね! (スピーカーの方の希望があった場合など、部分的な削除・改変依頼をさせていただく可能性はございます)

11/26 (金)

92d1e831e7a54f0ef598c3d35a8e13d6 RPACommunity
RPACommunity 学生支部!就活生が登壇!社会人も登壇!
RPACommunity 学生支部イベント! この支部では ▶学生・就活生が登壇! ▶社会人が学生・就活生に向けて発信! 学生・就活生が取り組んでいるIT活用をトーク 学生・就活生がやってみたい自動化をトーク 学生・就活生が学びたいIT技術についてトーク 社会人が学生・就活生におすすめしたい学びをトーク 社会人が学生・就活生におすすめしたいIT技をトーク 社会人が学生・就活生時代に学んでおきたかった事、学んで良かったことをトーク そんなイベントです! 学生支部のイベントで発信・登壇したい学生・就活生はこちらからご連絡ください👍 匿名のコメント入力フォームはこちら 学生・就学生からの一言、社会人から学生に向けたアドバイス、何でもどうぞ! ※「Open Q&A」で入ると他の質問も見れます タイムテーブル 時間 内容 発表タイトル 19:30 オンライン(Zoom)開放 20:30 イベント開始 オープニング:RPACommunity最新情報 運営 登壇1人目/学生 インターン セプタラトーテさん 登壇2人目/社会人?年目 ロボ研佐々木さん 登壇3人目/社会人3年目 ヒューマンリソシア名古屋 早紀さん 登壇4人目/社会人2年目 ヒューマンリソシア岡﨑 航大さん 登壇5人目/社会人2年目 ヒューマンリソシア椿 真帆さん 登壇6人目/社会人2年目 ヒューマンリソシア西尾 龍生さん 登壇7人目/社会人1年目 ソントレーゾ井上幸乃さん クロージング 21:00 撤収 Speaker 学生 インターン/セプタラトーテさん 社会人?年目/ロボ研 CTO佐々木さん 社会人3年目/ヒューマンリソシア RPA事業本部 東日本RPA営業部1課名古屋 早紀さん 社会人2年目/ヒューマンリソシア RPA事業本部 東日本RPA営業部1課岡﨑 航大さん 社会人2年目/ヒューマンリソシア RPA事業本部 東日本RPA営業部2課椿 真帆さん 社会人2年目/ヒューマンリソシア RPA事業本部 SaaS営業部1課西尾 龍生さん 社会人1年目/ソントレーゾ DX推進事業部 Citizen Developerグループ井上幸乃さん RPACommunityについて ITを活用したい!学びたい!情報を発信したい!というユーザー同士で情報や悩みを共有します!技術技や業務技を学び、各々が目指す姿、働き方、業務改善に繋げる事を目的にしているのがRPACommunityです。 すでにITを活用した自動化・業務改善・働き方改革に取り組んでいる方、RPAに取り組んでいる方だけではなく、これから学ぼうとしている方、ちょっと興味がある方、どんな方でも大歓迎です。 IT、RPAに関するネタ、悩みや、言いたい事を、狭くはRPAですが広くは自動化、業務改善、働き方改革に繋がるテーマでセミナーやライトニングトーク(LT※)を楽しむコミュニティです! ※ LTとは「Lightning Talk(s)」の頭文字を取ったもので5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。 参加メリット 企業側主体ではなく、ユーザー側主体だからこそ、つまらない営業トークも宣伝トークもありません。IT、RPAに関する情報を得ながら、拡くは業務改善・働き方改革に至る様々な情報を参加者同士で楽しく交換し合えるコミュニティです。 過去イベント参考 RPACommunity YouTubeチャンネル 開催情報等を最速で公開するFBグループもあります! RPACommunity FBグループ メンバー交流用のSlackもあります! RPACommunity Slack 是非ご参加下さい! 参加費 無料 協力・パートナー 運営協力パートナー/株式会社コミュカル RPACommunity 主催 チャラ電Mitz & あやや 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、RPACommunity運営グループの管理のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。  ■他の参加者や登壇者に対しての迷惑行為と見られる言動や行動  ■人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本イベントとは関係のない勧誘

9/6 (月)

A84ce77911d45a3828306a7b7d63859b IIJ Technical Seminar
IIJ Technical NIGHT vol.11 【オンライン開催】
11回目のIIJ Technical NIGHTもオンライン開催! IIJ Technical NIGHTは、平日の夕方にオンラインで開催しているカジュアルな勉強会です。 今回のテーマは「スクラム」。IIJ 名古屋支社 技術部4課のチームでは、2年ほど前から受託開発にアジャイル・スクラムを取り入れています。公式ガイド「スクラムガイド」に沿ってどのように実践しているのか──2年間の生々しい体験談とともに、チームで大切にしていることやこれまでアジャイル・スクラムを実践してて良かったと思うことなどをコアメンバーが座談会形式で発表します。 これからスクラムをはじめてみようと思っている方、スクラムって何?という方も大歓迎ですので、ぜひご参加ください。どなたでも無料でご参加いただけます。 開催概要 日時 2021年09月06日(月)18:30~19:30 ※進行によっては、最大で15分程度延長する可能性がございます。 会場 オンライン開催につき、当日こちらのページで中継します。 費用 無料 定員 なし アンケート回答ページ 今後のイベントをよりよくするため、本イベント終了後、アンケートにご協力ください。 アンケートフォームはこちら 参加登録締切 2021年09月06日(月)18:30 ハッシュタグ #iij_its 本イベントのハッシュタグです。 #iij_q 講演中の質問はこちらで受け付けます。 プログラム 時間 講演概要 18:30 ~ 18:35 オープニング 司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆 18:35 ~ 18:50 【解説】アジャイル・スクラムってどんな開発手法なの? 「“チームみ”を大切にした私たちの“受託アジャイル・スクラム”体験談」を話す前に、まずはアジャイル・スクラムについて、私たちがどのように実践しているか具体例を交えて説明します。 18:50 ~ 19:25 【座談会】私たちが実践している“チームみ”あふれる“受託アジャイル・スクラム”を語ります。 登壇者・IIJ 中日本事業部 名古屋支社 技術部 技術4課  ・佐藤 信 ・天沼 佑一 ・北河 直樹 ・伊藤 綾夏 ・樋口 創太 私たちIIJ 名古屋支社 技術部4課のチームでは、2年ほど前から受託開発にアジャイル・スクラムを取り入れています。座談会では、「スクラムガイド」との向き合い方にはじまり、私たちが大切にしている“チームみ”(なぜチームを大切にしているのか、具体的なチームの作り方とは)について、また受託アジャイル・スクラムで苦労したことなど、この2年間で実践してきたことをコアメンバーでお話します。さらに、その中で工夫してきたことやアジャイル・スクラムをやっててよかったなと思うことを参加者の皆さんと共有したいと思います。 講演内容についてご質問や感想などありましたら、Twitterで #iij_its・#iij_qをつけてつぶやいてください。座談会の中で答えていきたいと思います。#iij_its 本イベントのハッシュタグです。#iij_q 講演中の質問はこちらで受け付けます。 19:25 ~ 19:30 クロージング 司会進行:IIJ 広報部 堂前 清隆 注意事項 講演内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください オンライン開催のため音声や映像が一時的に不安定になる可能性もあります 当日利用する資料は事前に公開予定で、Twitterアカウント @IIJ_ITS にてお知らせします 配信時にトラブル等があった場合も @IIJ_ITS にてお知らせします BLOG IIJ Engineers Blog IIJ技術者の開発/技術動向ブログ「てくろぐ」 お問い合わせ先 IIJ Technical NIGHT 事務局:its@iij.ad.jp ※取材をご希望のメディアの方は、IIJ広報部(press@iij.ad.jp)までご連絡ください

2/20 (土)

6ef53d2289b1b2c661e18fe05a0287d6 コミュニティ放送部
放送部初のLT大会(おしゃべり枠あり)
はじめに コミュニティのオンラインイベントが多く開催される中で、コミュニティの枠を超えてノウハウを共有していく放送部があってもいいよね!という発想から生まれたのがコミュニティ放送部です。 オンラインイベントのフォーマットやコンテンツ配信などのノウハウを共有し、楽しく交流しながら一緒に悩み、一緒に学びましょう! 今回のテーマ 【Comntlyお試し&LT大会(おしゃべりつき)】 配信しながら実況ツイートが画面で表示できるComntlyという新サービスをみんなで体験してみましょう! Comntlyの詳細はこちら→https://comntly.com/ 参加方法 Zoomを使う予定です。お時間になりましたら、Zoomにご参加ください。 お申し込みいただいた方に、別途メールにてZoomURLをお知らせしますので、そちらをご確認ください。 参加URLは本ページの”参加者への情報”にも記載がありますのでご確認ください。 Zoomアプリは最新版へのアップデートをオススメします。 参加種類の説明 ①一般参加枠:聞くだけ参加したい方向け。カメラとマイクはオフでご参加ください ②おしゃべり部員枠:おしゃべりタイムにお話ししたい方向け。カメラとマイクはオンでご参加ください 参加回数は問いません、初参加でももちろんOK! 質問したい方、おしゃべりしたい方はお気軽にどうぞ! タイムテーブル 内容は変更となる場合があります。また、多少延長する場合もあります。 今回はちょっと短め、約1時間半のイベントです! 【新サービスComntlyをみんなで体験】 ライブデモの予定です!ワイワイしながら実際にみんなで新サービスを試してみましょう! 【ソフトLT】 コンテンツ企画など、こんなイベントやってみたよ!のソフトよりの内容でお届けするLTが2本! 発表+おしゃべりタイムで進行します 【ハードLT】 買ってよかったもの、買わなくてもよかったなあ。なものなど、配信機材や技術よりの内容でお届けするLTが2本! 発表+おしゃべりタイムで進行します (以下発表者名の敬称略) ※内容は随時更新します 時間 内容 発表者 20:00〜20:10 オープニング コミュニティ放送部 部長:藤田 なつみ 20:10〜20:30 新サービスComntlyをみんなで体験してみよう 豊田陽介(@youtoy)  20:30〜20:45 <ソフトよりLT①>リアル会場とオンラインの両方で参加出来るハイブリッド型イベント開催の苦労話と今後-High Performance VDI Conference 2020イベント編- High Performance VDI Association Atsushi Okawa 20:45〜21:00 <ソフトよりLT②>「観る」から「配信する」へ-OBS初心者のつまずきを振り返る- 尾崎照央 21:00〜21:15 <ハードよりLT①> 部活動から始めて仕事にも役立った話 IoTLT放送部(ざっきー) 21:15〜21:30 <ハードよりLT②> 機材沼にどっぷりはまってる話 -音楽配信を経験した機材の変遷- 寺尾英作 (@eterao) 21:30〜21:35 クロージング コミュニティ放送部 部長:藤田 なつみ おしゃべりタイムについて 直接質問したり、イベント中にお話ししたい方はおしゃべり部員枠でお申し込みください。 マイクとカメラはオンでのご参加をお願いします(後日アーカイブ動画を公開します) 懇親会について 未定ですが、多分やります (Clubhouseでやるかも?!) Twitterハッシュタグ #コミュニティ放送部 後日Twitterをまとめますので、質問や実況などツイートしていただけると嬉しいです。 関連ページ YouTubeチャンネル登録&Facebookグループへの参加もお願いします! コミュニティ放送部YouTubeチャンネル 後日アーカイブ公開させていただく予定です。 Facebookグループ 参加対象者 ・コミュニティイベントにおける知見やご自身の経験などを共有していただける方 ・オンラインでのコミュニティイベントを私たちと一緒に盛り上げていきたい方 ・オンラインイベントのコンテンツ制作や配信などに興味がある方 ・オンラインイベントについてワイワイ交流しながら楽しく学びたい方 注意事項 ・イベントの様子は録画させていただき、後日アーカイブ公開する予定です。

1/20 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Pepper Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で6回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT(IoTLT放送部) ビジュアルプログラミングツールの custom (plugin) 機能を試してみた FumiyaNakano(@Swich_a) 双方向編集可能なビジュアルプログラミングツールを作ってみた 楠川技研(@kusu_gi) 土偶どっち(ステッピングモーターをNode-REDで動かそう) 田中正吾(@1ft-seabass) Node-REDでGoogle Sheet連携サービスSteinのノード作ってみた チャラ電Mitz(@CharaDenMitz) まだ誰も使ったことのないビジュアルプログラミングでハードRPA 豊田陽介(@youtoy) ビジュアルプログラミング「UIFlow」でBLE通信機能を使う KokiMiura(@k_miura_io) Node-REDでTelloを動かすノードを作ってみた 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

11/18 (水)

4ea0760b7fa8fa6b8074b3e40db6ba75 オルターブース
Microsoft Ignite Recapを中心にディープなアーキテクチャーをディープな人が語る
Alternative Architecture DOJOとは 株式会社オルターブースが提供するクラウドネイティブ特化型Webメディア。 今話題の”クラウドネイティブ”をキーワードに様々な角度から技術領域へディープダイブし、エンジニアの未来を映し出す。 それがAlternative Architecture DOJO(オルタナティブアーキテクチャー道場)です。 テーマ Microsoft Ignite Recapを中心にディープなアーキテクチャーをディープな人が語る こちらのテーマで、スペシャルゲストの方々にご登壇いただきます! 出演者プロフィール 日本マイクロソフト株式会社 内藤 稔 さん 日本マイクロソフト所属の CSA マネージャ。 日系 SIer でクラウド事業推進の後、日本マイクロソフトに Join 。 CSA としてパートナーの技術支援を担当し、7月からマネージャとして CSA-Infra チームを担当。 好きな Azure サービスは IoT Hub、Azure Policy LinkedIn 日本マイクロソフト株式会社 平岡 一成 さん 日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部クラウドソリューションアーキテクト 日本マイクロソフト パートナー事業本部 クラウドソリューションアーキテクト Webアプリケーションエンジニアとして、キャリアの長くはECサービスのシステム開発&運用を担当。現在は日本マイクロソフト株式会社でAzure導入の技術支援を行うクラウドソリューションアーキテクトに従事。趣味はキャンプで不便を楽しむこと。 GitHub/Twitter/LinkedIn: @hoisjp 日本電気株式会社 釜山 公徳 さん NEC(日本電気株式会社)所属。 インフラエンジニア、セキュリティコンサルタント、マルウェアアナリスト等を経て、現在セキュリティとクラウドを専門とするエバンジェリスト兼コンサルタントとして従事。 また、その他活動として、日本クラウドセキュリティアライアンスでのWGリーダー、CompTIA Subject Matter Experts (CompTIA認定資格の日本語試験開発)、Fin-JAWSの運営メンバー等も担っている。 2020 APN AWS Top Engineers ZEN ARCHITECTS Co.,Ltd. 三宅 和之 さん ZEN Architects CTO - Twitter: @kazuyukimiyake - Connpass ID: mekn "Hack Everything" をモットーに Azure(Serverless/PaaS), Vue.js を中心に活動している。Microsoft MVP。 株式会社オルターブース 小島 淳 株式会社オルターブース ​代表取締役​ 金融、製造などの大型エンタープライズシステムを経験し、大手MSPでは技術部門、プリセールス部門、 コンサルティング部門の責任者として多くのWebシステムを担当後、クラウドコンサルタントとして活動。 2015年にクラウドインテグレーション企業であるオルターブースを創業。 クラウドアセスメントサービス『KOSMISCH』やFood Techの新たな試みとしてのフードコート施設向けモバイルオーダーなどのプロダクトを創出、提供しいている。 Microsoft Innovation Award 2017 受賞。 Microsoft Partner of The Year 2017 2019受賞。 Microsoft MVP5年連続受賞(2014〜2018) 元ハードコアバンドのベーシストであり、柔道整復師の資格を持つ。 ジーズアカデミー メンター。 特定非営利活動法人 AIP 理事。 株式会社クアンド 長井 孝幸さん QUANDO Engineer Twitter:@______new______ 自社サービス「SynQ Remote」の Web & Mobile の開発リード。 好きな技術キーワード 機械学習、Serverless タイムテーブル 時間 タイトル 登壇者 18:00-18:05 オープニング 18:05-18:25 閃光の Azure Update 日本マイクロソフト 内藤さん 18:25-18:45 アプリケーションエンジニアへのいちおし Azure Update 日本マイクロソフト 平岡さん 18:45-19:05 逆襲の Azure Well-Architected Framework NEC 釜山さん 19:05-19:25 2020年下半期 Cosmos DB の更新まとめ(アップデートが多すぎるので"使える"機能を中心に) ZEN 三宅さん 19:25-19:45 スタートアップだからこそ知っておきたいCloud Adoption Framework オルターブース 小島 19:45-19:55 Public Previewになった Azure Communication Services の現状(仮) 株式会社クアンド 長井さん 19:55-20:00 クロージング 配信プラットフォーム YouTube ライブ (connpass参加登録の方にURLをメールでお送りします) ※申込み人数の把握と連絡手段の確保のため、必ず本connpass上で参加申し込みをお願いいたします。

8/17 (月)

9b3bd9c42a83bee40bc5adb0444bfaa8 TECH Street
【重要】 参加申し込みをいただいた方は↑イベント前日までに「参加者への情報」に、オンライン入室用のURL等が表示されます。 「このイベントに申し込む」ボタンより参加お申し込みの上こちらをご確認ください。 開催概要 TECH Street主催テレワークイベント第1弾。今回のテーマは、 Microsoft Teams活用 について テレワーク・リモートワークが進む今だからこそ聞きたい Microsoft Teamsの様々な活用! Power Appsを使ったデモや Power Automateのライトニングトークも行います! 今回のイベントはRPACommunity Power Automate Talk支部との共催企画となります タイムテーブル 時間 内容 19:30 イベント開始 19:30〜19:35 オープニング 19:35〜21:00 ・Teamsの概要について・Teams向けアプリ開発について Power Platform on Teamsを使ったデモ・RPACommunity ライトニングトーク・質疑応答・リアルタイムアンケート《セミナー登壇者》 ・春日井 良隆氏 / 日本マイクロソフト株式会社《ライトニングトーク登壇者》 ・中村 亮太氏 / 株式会社ソントレーゾ《ファシリテーター》チャラ電Mitz氏 / TECH Streetコミュニティ エバンジェリスト・RPACommunity 主催 21:00 イベント終了 ※イベント内容は当日予告なく変更になる可能性がございます。 登壇者 春日井 良隆氏 / 日本マイクロソフト株式会社Microsoft 365 ビジネス本部エグゼクティブ プロダクト マーケティング マネージャー 岐阜大学 教育学部 哲学科を卒業後、大沢商会を経て、アドビ システムズに入社し、リリースされたばかりのAfter EffectsとPremiereを育てる。2007年にマイクロソフトに入社し、ExpressionやSilverlightを立ち上げる。2009年からUXやHTML5のエバンジェリストを務めた後、2015年よりWindows、2018年よりMicrosoft 365のマーケティング担当となって今に至る。 中村 亮太氏 / 株式会社ソントレーゾ(Sentreseau ,Inc)CTO/Co-FounderMicrosoft MVP for Business Applications ( Power Apps / Power Automate ) 主に中小企業のDX推進をMicrosoft 365やPower Platformなどを用いてお手伝いしている。 また併せて、Power Platformの観点から、Diversity Inclusionの実現に向けて尽力している。 Japan Power Platform User Group/Japan Power Virtual Agents User Group 運営 Japan Power Apps User Group Lead コロナ対策エンジニア創立メンバー兼技術サポート ファシリテーター Mitz(松岡光隆) /TECH Streetコミュニティエバンジェリスト 初心者から上級者まで、全国各地から約4,800名のRPAユーザーが集まる「RPACommunity」の創設者。様々な職種を経験し、ITシステムのエンジニア歴は10年以上。幅広い職種経験を活かし、現在ではIT系メディアと契約。IT記事を書きながら様々なITコミュニティをプロデュースする「コミュニティ・プロデューサー」が正式な職種。 参加対象 ・Teams活用に興味がある方・ITエンジニア・Power Apps/Power Automateに興味がある方 参加費用 無料 お願い事項 ・お申し込み後のキャンセルについてはお手数ですがお申し込みフォーム上でキャンセルをお願い致します 主催 人と知識とテクノロジーが行き交う個人の価値や可能性が拡がるコミュニティTECH Streetが開催いたします! 皆様のご参加お待ちしております!