RieMotoki (@vui_rie)


参加する勉強会

7/27 (火)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で8回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT 外形監視のためのヘルス・エンドポイントを調べてみた 下島健彦 AmbientのデータをNoodlで受信し可視化してみた きさいち 母がBubbleでウェブサービスを作った話 あらい teachable machine+scratchで焼き芋屋と消防車の音を感知する仕組みを作った nakamurashinri Node-Redを利用して本格的なIoT制御をやってみた しのへ obnizでビジュアルプログラミングしてみた(仮) tomo_makes 世にあるいろんなビジュアルプログラミング言語を調べてみた もっちー Adaloを使ってノーコードでアプリを作ってみた 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。


過去の勉強会

3/30 (火)

67ad3287858c5196b1ef44ba5776312b Smartphone and Beyond
Smartphone and Beyond 2021 vol.5 「2021年、そして少し先の未来を識者が語る!」 これからの世界とスマートデバイスの未来 当日視聴URLが確定しました! https://www.youtube.com/watch?v=PH7ulZqxbmE となります。皆様のご視聴をお待ちしております! シリーズイベント「Smartphone and Beyond」の第5弾が決定しました! 第5弾は、不確実な2021年、その先の未来を識者のみなさんが展望します! 本オンライン配信イベントは受講料無料になります。 ご視聴ご希望の方は、本connpassサイトにて前日/当日に視聴URLをお伝えいたしますので そちらからご視聴ください。 (イベントにお申し込みいただいた方にも、配信URLをお送りいたします) 大きな変化のあった2020年を経て「ニューノーマル」という言葉とともに様々な変革が生まれています。 今回のSmartphone and Beyondでは、3名の「新しい動き」に敏感な識者をお呼びし、 2021年、そして少し先の未来を展望します。ティアフォー 加藤氏には自動運転やその先にある世界を、 スクラムベンチャーズ 黒田氏にはVCの立場から見えるアフターコロナの時代を見通す鍵を、 フィラメント 角氏には新規事業サポートの立場から見えてくるデジタル・産業トレンドとこれからを語っていただきます。 不確実な未来に適合し、未来を見据えて進むためのヒントを探ります。 講演の後は3名にご登壇いただき、パネルディスカッションを行います。 なかなか聞くことのできない、必聴のプログラムです!ぜひご参加ください。 プログラム 講演開始 19:00(予定)※オンラインライブ配信のため若干の前後がございます。21:00終了予定 プログラム1)「自動運転の民主化」加藤 真平氏 東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授、名古屋大学未来社会創造機構客員准教授、株式会社ティアフォー創業者 兼 最高技術責任者(CTO)、「The Autoware Foundation」代表理事。博士(工学)。 1982年生まれ、神奈川県出身。2004年慶応義塾大学理工学部情報工学科卒業、08年同大学院理工学研究科 開放環境科学専攻 後期博士課程修了。カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学の研究員、名古屋大学大学院 。情報科学研究科 准教授を経て、現職。専門はオぺレーティングシステム、組込みリアルタイムシステム、並列分散システム プログラム2)「コロナ禍で急加速するデジタルシフト - ”場”の概念の再定義」黒田 健介氏 スクラムベンチャーズ シニアアソシエイト Scrum Ventures シニアアソシエイト。国内スタートアップへの投資を担当。また、同社が運営する「SPORTS TECH TOKYO」や「SmartCityX」といった、グローバルなアクセラレータープログラムの運営責任者を務める。それ以前は、PwCコンサルティング | Strategy&にて、消費財やIT、ヘルスケアといった国内外の顧客企業に対して経営戦略・事業戦略の策定を支援。東京大学法学部卒。 プログラム3)角 勝氏 株式会社フィラメント代表取締役CEO 関西学院大学卒業後、1995年、大阪市に入庁。2012年から大阪市の共創スペース「大阪イノベーションハブ」の設立準備と企画運営を担当し、その発展に尽力。2015年、独立しフィラメントを設立。以降、新規事業開発支援のスペシャリストとして、主に大企業に対し事業アイデア創発から事業化まで幅広くサポートしている。様々な産業を横断する幅広い知見と人脈を武器に、オープンイノベーションを実践、追求している。自社では以前よりリモートワークを積極活用し、設備面だけでなく心理面も重視した働き方を推進中。 プログラム4)パネルディスカッション 開催概要 主催 日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ 特別協賛 ソニーマーケティング 開催日時 2021年3月30日(火) 19:00−21:00(予定) 開催場所 オンライン開催 (本connpassサイトにて前日/当日に視聴URLをお伝えいたしますのでそちらからご視聴ください) (イベントにお申し込みいただいた方にも、配信URLをお送りいたします)

2/27 (土)

Cb902372f30d2d2a8c93a1bc80a152fc VoiceLunchJP
ランチしながらVoiceを語ろう。Voice Lunchの日本リージョンのミーティングです。
コンセプト VoiceLunchは、Voice UI、音声関連に従事している人、興味がある人たちのためのグローバルなコミュニティ。 その日本リージョンがVoiceLuchJPです。 コロナ禍でリモートワーク全盛の中、離れていてもオンラインで情報や知識を共有して、Voice UI・音声業界を盛り上げていくためのイベントにしていきたいと思います! テーマ(毎回変わります!) 「ブラウザ上で使える音声の機械学習を試してみよう」 Googleさんが提供している、ブラウザ上で機械学習ができる仕組み「Teachable Machine」を使って、声や声以外の音を 学習させてみたり、学習させた声・音を識別できるかどうかを試してみたり、ということを一緒に行います。 事前知識は必要ない構成にする予定ですので、初めて使ってみるという方でもご参加いただけます。 また、ブラウザ上で作成した学習モデルを、自分が作成したプログラムに組み込んで使う場合の方法を紹介します(※こちらは概要を紹介するだけになるかもしれません)。 事前に準備いただきたいもの 参加にあたって以下をご準備ください。 マイク内蔵のパソコン(Windows or Mac)、またはパソコン+外付けマイク Google Chrome また、「声だけでなく音を学習させてみる」ということをやってみる場合は、PCと合わせてお手元にスマートフォンがあると便利かもしれません(効果音素材を提供してくれるサイトの素材を、スマホのブラウザ上で再生させて音を鳴らす想定です)。 ファシリテーター 豊田陽介(@youtoy) プライベートでIoTやビジュアルプログラミング、ガジェットが絡む複数の技術コミュニティなどを単独・共同で主催したり、登壇などもしています。その他に、子ども向けのプログラミングサポートの活動を行ってたりもします。 そして、それらの分野に関する技術系のネタをQiitaで記事にしていたりもします。  https://qiita.com/youtoy 会場 Zoom ※URLは参加申込者だけにお伝えしておりますので、転送は禁止とさせていただきます。予めご了承ください。

12/21 (月)

92d1e831e7a54f0ef598c3d35a8e13d6 RPACommunity
ITツールを使った業務効率化ネタをお話します!LT登壇者も募集中です!
【★★重要/参加URLについて★★】 参加申し込みをいただいた方は↑「参加者への情報」に、オンライン入室用のURL等が表示されます。「このイベントに申し込む」ボタンより参加お申し込みの上こちらをご確認ください。※メール発信等でのご連絡はいたしません。 今回のテーマは「ITを使った業務自動化・効率化」 ITの技術やツールであれば何でもOK! 「○○アプリで承認作業を自動化」「△△を使っていつもの事務作業を効率化」等のお話をLT登壇者を募って、ご紹介いただきます! 今までのルーチンワーク、実は無駄だった?あなたの仕事も省エネできるかも? みんなの自動化・効率化ネタを聞いてヒントをみつけましょう! 質疑応答タイムでは、ぜひ参加者の方もマイクオンでご参加ください。 マイクオンが恥ずかしい方はチャットでご参加いただけます。 LT登壇者 募集中! LT登壇へのご応募はこちらから ITを使った業務自動化・効率化ネタであれば何でもOKです!お気軽にご応募ください♪ 迷っているという方はお気軽に主催者 あややへご相談ください! 参加条件💖 女性 業種・職種・IT経験は問いません ビデオオンで顔出しOKであること(※顔出しNGの方は申込みアンケートに理由を明記ください) 女性限定のコミュニティイベントにつき、参加者の皆さんに安心感をお持ちいただきたいためです。 ※運営がアナウンスした際のビデオオンをお願いします。 普段の女子部の雰囲気をより感じるために以下推奨です。 お手元にお好きなドリンク(アルコールも◎)🍸やスイーツ🍰などご用意ください。 ちょっぴりオシャレして参加しましょう👗💄クリスマスコスも◎🎄 かわいい背景画像を設定しましょう。 ※ビデオ背景設定方法につきましては、ページ下部に記載しております。 タイムテーブル(予定) 1枠10分(質疑応答を含む)です。 時間 内容 発表タイトル 19:00 Zoom開放 運営メンバーや登壇者が雑談しながらお待ちしています♪そちらを聞きながら待機していただければと思います😌 19:30 オープニング/Julia&Ayy イベント趣旨説明 運営メンバーの1minプレゼン 1分間でIT効率化について紹介! LT① Tokoさん 初めての「イクルス」 -年賀状リストとBizRobo!- LT② 佐野千紘さん 小さな工夫で効率化をもっと効率的に 5分休憩&交流タイム LT③ さやかさん TeamsのPower Virtual Agentを使って自分が使いやすいタスク管理を作ってみた LT④ ひきまさん (仮)リモートワーク時代のコミュニケーションを考える 20:50 クロージング(集合写真) Julia&Ayy 最後にひとこと! 音声オンは難しいので、最後にチャットで感想や意見を共有しましょう! 21:00 イベント終了 参加費 無料です Zoomの背景画面設定方法 オンラインイベントのツールはZoomを使用いたします。背景画面の設定は、アプリをPCにインストールしていただく必要があります(※RPACommunity推奨方法)Webブラウザやスマートフォンでも参加できますが、その場合は背景画面が設定できません 主催 RPACommunity女子部運営グループ Julia Bluemix User Group主催、他にも様々な女子部を主催・運営 IT業界の女性が気軽に積極的に楽しく活躍できる場を真剣に考えてコミュニティ活動を推進している。 Ayy プロのコミュニティマネージャーとして、RPACommunityを運営 女性が楽しく学べる場を築いていきたい! みさみさ RPAの推進がんばっています! 非エンジニアからスタートし、RPA転職で名古屋から東京に来ました!RPA女子の仲間を増やしたいです。RPAや女性の働き方、女子トークなどなど…みんなで楽しく交流しましょう!! たまい コミュニティ参加回数&ツイート盛り上げのプロ! RPAの推し活やってます。BizRobo・WinActor・UiPath・アシロボ・AutomationAnywhere勉強中。今はPower Appsも少しずつ勉強中。 サポート Mitz RPACommunity主催として裏方で支えます このイベントに申し込まれたり興味のある方はお気軽に友達申請・フォローください。 協力/スポンサー メディアパートナー RPABANK 参考 過去回の様子 テレワーク術大公開 女子部記事 第5回女子部記事 第4回女子部記事 第3回女子部記事 開催前後の交流ためのFBグループもあります! RPACommunity 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、RPACommunity運営グループの管理のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。  ■他の参加者やLT登壇者に対しての迷惑行為と見られる言動や行動  ■人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本イベントとは関係のない勧誘

12/17 (木)

22b1a94f769fa0366322ac9c80ad5dff GIG inc.
当イベントはオンライン(Zoom)開催です 新型コロナウイルスの感染拡大に関して、安全性を考慮し、当イベントはオンライン開催とさせていただきます。 オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 ※オンライン開催のため、ご自宅、職場等インターネット環境下からご参加いただけます。 <イベント概要> “デジタル・トランスフォーメーション(DX)”や”サービスデザイン”というキーワードで、デジタルシフトが加速する中、プロジェクトマネージャー/プロダクトマネージャーの役割は益々、重要になってきています。 PM Channelはプロジェクト/プロダクトマネジメントをテーマにしたトークイベントです。 第7回目は、ナショナルクライアントやスタートアップのデジタル戦略、リブランディング、DX支援など、事業立ち上げやサービス開発を多く手がけている株式会社GIGの代表岩上と、複数社の技術顧問、CTO、プロダクトマネージャーを経験し、株式会社時空テクノロジーズのフロントエンド開発執行役員 兼 UXエンジニアとして活動している林の2名で、「リモートワークにオススメのツール・サービス紹介」をテーマに、ウェビナーを開催致します。 具体的には… ・リモートワークの普及によるツール・サービスの変化 ・コロナ前後のツール・サービスの比較 ・ツール・サービスのおすすめポイント …など、ランチタイムのお時間に岩上、林の2名がざっくばらんにお話しします。 <こんな方にオススメ> ・プロジェクトマネージャー/プロダクトマネージャー/ディレクター ・経営者/CTO/VPoE ・プロジェクトマネジメントに興味がある方 ・デジタルトランスフォーメーション(DC)の進め方に悩んでいる方 ・アジャイル開発を成功に導くヒントを探している方 今後のプロジェクト/プロダクトマネジメントのあり方についてご興味のある方はぜひご参加ください。 <バックナンバー> 過去のPMChannelの内容は下記よりご覧ください。 PM Channel #1 - リモートワーク時代のプロジェクトマネージャーの役割とは PM Channel #2 - リモートワーク時代の要件定義のススメ方 PM Channel #3 - リモートワーク時代のスケジュール管理のポイント PM Channel #4 - Afterコロナのプロジェクトマネジメント PM Channel #5 -リモートワーク時代の検証フローの変化 <登壇者紹介> 岩上 貴洋(いわかみ たかひろ) 2007年、株式会社LIGを創業し、約10年にわたり代表取締役としてシステム開発、デザイン制作、コンテンツマーケティング、シェアオフィス事業に従事。 2017年4月、デジタル戦略、DX支援、リブランディングを展開する株式会社GIGを創業。ナショナルクライアントを中心に、新規事業立ち上げ支援、アジャイル開発、デジタルマーケティングを提供。 自社サービスとして、ITプロフェッショナルのマッチングサービス「Workship」、リード獲得に特化したCMS「LeadGrid」を展開する。 林 優一(はやし ゆういち) ソーシャルゲーム・Web開発会社にてフロントエンドエンジニア、本部長、CTOを歴任。㈱Emotion Techにて、プロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャー/VPoEとして従事。 技術顧問として技術力向上・効率化及び組織作りのアドバイザー、エンジニアとしてプロダクトのフロントを中心に設計・実装を担当。現在は、株式会社時空テクノロジーズのフロントエンド開発執行役員 兼 UXエンジニアとして活動。 <注意事項> イベントの様子はGIGコーポレートサイトにて公開予定です。予めご了承ください。 当日の内容は予告なしに変更となる場合がございます。 主催、登壇者企業と競合するような企業、事業者のご参加はご遠慮願います。 お申し込み時のお客様情報に虚偽が発覚した場合、応募が無効となる場合がございます。 オンライン配信(Zoom)のURLは、開催1時間前までにconnpass経由のメールにてご連絡いたします。 <タイムスケジュール> 12:50 Zoom開場 13:00 開会の挨拶、講師紹介 13:05 講義 13:35 Q&A(15分) 13:45 閉会 <主催者> 株式会社GIG 株式会社GIG ナショナルクライアントやスタートアップ企業を中心に、デジタル戦略立案、DX推進支援, サービス開発、リブランディングのご支援をしています。 https://giginc.co.jp デザイナー、エンジニア、マーケター、人事、広報などデジタル業界で活躍するプロフェッショナル人材とプロジェクトをマッチングするスキルシェアサービス「Workship」を運営しています。https://enterprise.goworkship.com <イベントに関するお問い合わせ> 株式会社GIG(担当:尾崎) Mail:pr@giginc.co.jp ご不明点がございましたら、担当までご連絡ください。

10/28 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Pepper Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で5回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT IoTLT放送部 (仮)microBlocksを日本語化した話、または、商業誌連動企画HAT用Node-REDノードを公開した話 1 そーたメイ [つくるっち] 機械学習による迷路脱出、顔認識による「びっくり」ロボット 2 ぺんたけ (仮) 今、リモート会議中かどうかを家族に伝えてみた。Noodl + Obniz + LINE Notify 3 HeroyukiSugiyama (仮)NODE-RED+EnOceanSTM550JでEnOceanコンテストに応募しましたに。 4 まえぷー ビジュアルプログラミングでハロウィンを楽しもう! 5 田中正吾 Androidを通知Webhook化できるMacroDroidとNode-REDで通知ライフをアップデートしてみる 6 ようかん UIFlowとBeebotteでお手軽IoT入門!! 7 豊田陽介(@youtoy) enebular(Node-RED)でLINE Bot開発 〜MQTT・WebSocketでサービス・アプリ間をつなぐ〜 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

10/20 (火)

Ba852c66fce738b5cb6ff85a0142b4cd ビジュアルプログラミング交流会
Node-REDで色々試すハンズオンです!
Node-REDといろいろなものを連携してみるハンズオンです。 what3words API とworldmap ダッシュボードとリアルタイム通信 LINE BOTとお天気API 1コマ30分ずつ、3つのハンズオンコンテンツがあります。 一粒で3度おいしい! タイムスケジュール 時間 内容 20:00 オープニング 20:10 Node-REDの使い方説明 20:30 ハンズオン① 「地図の表示とwhat3wordsAPI連携」 私市瑞希さん 21:00 ハンズオン② 「ダッシュボードとリアルタイム通信」 豊田陽介(@youtoy)さん 21:30 5分 休憩 21:35 ハンズオン③ 「LINE BOTとお天気API」 前原圭祐さん 22:05 クロージング 22:10 イベント終了 場所 Zoomで開催いたします。ルームURLは、「参加者への情報」としてお申込み後に見ることができるようになります。 必要なもの ※事前にご用意ください PC ブラウザ Zoomに入れる環境 LINEアプリの入ったスマートフォン 以下の事前準備に書かれたアカウント 事前準備 ※イベント前のご対応をお願いします ※ 以下の3つのアカウント作成・登録を事前にお願いいたします。 enebularアカウントの作成 以下のページに書かれた「enebular へのサインアップ」の手順にそって、事前の登録をお願いします。 https://docs.enebular.com/ja/getstarted/introduction LINEの開発者登録 以下のページに書かれた「1. LINE Developersコンソールにログインする」・「2. 開発者として登録する(初回ログイン時のみ)」の手順にそって、事前の登録をお願いします。 https://developers.line.biz/ja/docs/messaging-api/getting-started/ ↓LINE DevelopersのIDについて https://developers.line.biz/ja/ 天気情報APIの開発者登録 以下のURLのページから事前の登録をお願いします。 https://home.openweathermap.org/users/sign_up ↓登録の流れについて(日本語の説明があるサイト) https://mebee.info/2019/10/08/post-1670/ 主催コミュニティ紹介 ●Tec-Nomad - connpass  https://tec-nomad.connpass.com/ ●ビジュアルプログラミング交流会 - connpass  https://visualprogramming.connpass.com/ イベントのハッシュタグ(2つ) #tec_nomad #ビジュアルプログラミング交流会

9/26 (土)

6ef53d2289b1b2c661e18fe05a0287d6 コミュニティ放送部
YouTubeLIVE+Zoom懇親会
はじめに コロナ禍において、コミュニティのオンラインイベントが多く開催される中で、コミュニティの枠を超えてノウハウを共有していく放送部があってもいいよね!という発想から生まれたのがコミュニティ放送部です。 オンラインイベントのフォーマットやコンテンツ配信などのノウハウを共有し、楽しく交流しながら一緒に悩み、一緒に学びましょう! 参加方法 本編はYouTube Liveにて配信いたします。 懇親会はZoomを使います。 お申し込みいただいた方にメールでURLをお知らせ(開始の15~30分くらい前)しますので、そちらをご確認ください。 タイムテーブル 内容は変更となる場合があります。また、多少延長する場合もあります。 【メインセッション1】 学校という名のコミュニティでは、オンライン配信ってどうなってるの? 今回は、土佐塾高校放送部の顧問の先生と部長さん(現役高校生)をお呼びして、9月の連休に行われる体育祭の配信についてホヤホヤ情報をお話いただきます! 【メインセッション2】 今日のイベント配信ってどうやってやってるの?をTipsを交えながらデモ形式でお話いただきます! (今回はZoom→YouTube Liveです) (以下発表者名の敬称略) 時間 内容 発表者 〜20:00 もしかしたら楽屋トークがあるかも 部長と愉快な仲間たち 20:00〜20:10 オープニング 藤田 なつみ 20:10〜20:40 【メインセッション1】体育祭配信のお話など教育現場でのオンライン配信を語る 土佐塾高校放送部 顧問 藤澤 佑介/部長 西山 侑吾 20:40〜21:10 【メインセッション2】Zoom+YouTube Live配信のデモ&Tips 田中 正吾 21:10〜21:20 【LT1】配信事始め 〜「コミュニティ放送部 #1 」参加後にやってみた事報告〜 NewD 21:20〜21:30 【LT2】配信初心者向け!Windows標準アプリ+Zoomだけでウェビナーを製作する方法 板垣 慎介(@gakkey) 21:30〜21:40 【LT3】IoT・Webの技術をオンラインイベントで活用!〜 OBS制御・ニコニコ動画風コメント表示 〜 豊田 陽介 (@youtoy) 21:40〜21:45 クロージング 藤田 なつみ 21:45〜22:00 休憩 - 22:00〜23:00 ワイワイ交流!Zoomで懇親会  - 質問わいがやタイムについて メインセッションは、発表15分+質問わいがやタイム15分を目安に進行します。 質問わいがやタイムでは、参加者の皆さまからの質問をお待ちしております! 「#コミュニティ放送部」と「#質問」をつけてtwitterに投稿してください。 懇親会について イベント終了後にZoomで懇親会を開催いたします。 お申し込みいただいた方にメールでURLをお知らせいたしますので、(できるだけ)カメラオン&マイクオンでご参加ください。 Twitterハッシュタグ #コミュニティ放送部 後日Twitterをまとめますので、質問や実況などツイートしていただけると嬉しいです。 関連ページ YouTubeチャンネル登録&Facebookグループへの参加もお願いします! コミュニティ放送部YouTubeチャンネル 後日アーカイブ公開させていただく予定です。 Facebookグループ 参加対象者 ・コミュニティイベントにおける知見やご自身の経験などを共有していただける方 ・オンラインでのコミュニティイベントを私たちと一緒に盛り上げていきたい方 ・オンラインイベントのコンテンツ制作や配信などに興味がある方 ・オンラインイベントについてワイワイ交流しながら楽しく学びたい方

8/19 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit、M5Stack、obniz、Pepper、Scratchなどなど?
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で4回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 19:30 イベント開始・オープニング 19:40 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 20:30 クロージング 20:40 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT(IoTLT放送部) 無料お試し環境のご紹介(仮) そーたメイ scratch3.0&スマフォ対応 つくるっちliteリリース材料費¥500のscratch学習用つくるっちボード商品化 田中正吾 WEBカメラ USB→HDMI したRaspberry Pi制御にNode-REDで切り替え機能をプロトタイプした話 いなたましげき M5Stick-C とUIFlow でオンラインセミナー開催する話 akitam (仮) 積み残し どれにしようかなぁ 豊田陽介(@youtoy) ビジュアルプログラミングで電子工作(仮) 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

7/8 (水)

3f214a55e68742294be528a13eb3899e おやこテックコミュニティ supported by babytech.jp
supported by babytech.jp
テクノロジーで子育てをもっと楽しくする! 「子育て×テクノロジー」をテーマに、試してみたこと・作ってみたことをシェアする会です。 おやこテックコミュニティとして、初めてのイベントです!よろしくお願いします! LT登壇者募集中! 子育てが便利になる〇〇作ってみた! 親子で一緒に作ってみた! STEAM教育に良さそうなツールを試してみた! などなど 登壇者応募方法 FBイベントページのディスカッション のコメントで、登壇希望の旨メッセージをください。 Connpassの登壇枠からお申し込み 登壇の内容をスタッフにお知らせください 参加方法 視聴の方 Youtubeでの視聴になります。 https://youtu.be/d1Dx-KSSsFk 登壇者の方 Zoomでご参加いただきます。※検討中 日にちが近くなりましたら、詳しい参加方法をお知らせいたします。 内容 時間 内容 発表者 10分 オープニング きさいち 10分 スポンサーLT(babytech.jpの紹介) babytech.jp 30-60分 5分x 3-6名によるLT 各登壇者 10分 スポンサーLT(ころぴゅーた紹介) リプラグ スポンサー紹介 babytech.jp(ベビーテック) /株式会社パパスマイル ベビーテック(妊活妊娠から出産、小学校入学までの子育てを支援するスマートデバイスやアプリのカテゴリ)の専門メディア。 https://babytech.jp/ Re+g(リプラグ)/株式会社テイ・デイ・エス ステーショナリー雑貨ブランド。 木製ひらがなブロックとスマホが連動する新しいIoT知育玩具 『ころぴゅーた』をクラウドファンディングに出品予定。 https://www.replug.jp/coro-puter/

7/1 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit、M5Stack、obniz、Pepper、Scratchなどなど?
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で3回目になります! 今回は参加者だけでなく、発表者も運営スタッフもオンライン参加となる形で行います。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらの投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 19:30 イベント開始・オープニング 19:40 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 20:30 クロージング 20:40 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT(IoTLT放送部) HTML5アプリ開発ツールMonacaで「ぷよぷよプログラミング」を試してみた。 小野寺修 @SAMonodera toioで分数タイマー そーたメイ WiFiプログラミング「つくるっち」紹介 いのうえみのる@henjin01_fab Simulinkを用いたtoioラジコン 河野@nanbuwks (秘密結社) Ardublock の話と Rust の話 豊田 陽介 ( @youtoy ) Voiceflowをあらためて紹介してみる 田中正吾 ( @1ft-seabass ) 作った登壇リアクションシステムをベースにNode-REDダッシュボード機能をゆるく紹介 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

6/17 (水)

C880ac605939dd971e704d54ddc0372d はじめてのハッカソン
今回はオンラインでゆるく話す会ー デザイナー大歓迎!クリエイターのための競わないハッカソン。
外出自粛が続いて、そろそろ体力が有り余っていませんか? なんだかゆるく人と繋がりたい方、このハッカソンのイベントに参加したことがない方、どんなハッカソンなのか中の人に聞いてみたい方も歓迎です。 お気軽にご参加ください! ライトニングトークで話してくれる方を募集 ・アイデアを考えるコツ ・ハッカソンでこんなの作った ・こんなサービスを作っているところ ・この技術にハマっていて広めたい ・この本、おすすめ ・勉強仲間を募集したい ハマっている技術、作ったもの紹介、ハッカソン・アイデアソンでのノウハウ、広めたいことなどを募集します。 ※営利目的、攻撃、反社会的なLTはお控えください。 制限時間は6分です。 話したい方は、申し込み時のアンケートにて連絡の取れるSNSまたはメールアドレスをお知らせください。 人数が多い場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。 スケジュール 開催日時 6/17 20:00-21:30 19:55 開場 20:00〜20:10 開始の挨拶 20:10〜20:40 ライトニングトーク 20:40〜21:30 親睦会 持ち物: ビデオ通話用の端末、飲み物、食べ物 ビデオ通話で使うツールについて 発表時にはGoogle Meetを使用します。5分前に開場としますので下記URLにアクセスしてください。 https://meet.google.com/kkv-qomn-hwg ライトニングトーク発表内容 豊田陽介(@youtoy)(ビジュアルプログラミング交流会、他) 最近試した・気になった技術やデバイス renächi(株式会社マンハッタンコード UI/UX designer) 自分をブランディングしよう 元木理恵(もときりえ)(株式会社サイバード Voice UI/UX デザイナー) オンラインイベントを気軽に開こう! 事前に ハッカソンの様子をSNSやブログなどに写真を掲載します。顔など写る場合がありますので予めご了承ください。またライトニングトークのタイトルもブログなどで紹介する可能性があるので予めご了承ください。 ご質問などは下記グループまたはメールにてお気軽にどうぞ! ・FBグループ https://www.facebook.com/groups/hackathon.creator/ ・メールアドレス hackathon.creator@gmail.com ・サイト https://www.はじめてのハッカソン.com/ ・Twitter https://twitter.com/HackathonCreato 匿名で質問したい方へ 質問箱にてご質問ください。 https://peing.net/ja/hackathoncreato?event=0 ※ 本イベントで発生した怪我やトラブルは当運営は一切責任を持ちませんので、各自で管理をお願いします。 ※ 本イベントで取得した個人情報はイベント運営目的以外では使用しません。

5/21 (木)

92d1e831e7a54f0ef598c3d35a8e13d6 RPACommunity
特別企画 女子のテレワーク術大公開!オンラインで開催!
RPA業界初の完全なユーザー主体コミュニティ「RPA Community」の女子部♡今回は特別企画!オンライン開催「女子のテレワーク術大公開!」LT募集締め切りました! 参加条件💖 - ビデオオンで顔出しOKであること (女性限定のコミュニティイベントにつき、参加者の皆さんに安心感をお持ちいただきたいためです) ※イベント記事掲載やSNS発信用の写真撮影時にビデオオフにすることは可能です。 どうしても顔出しがNGな理由のある方はイベントへのお問い合せもしくは運営メンバーへ個別にご連絡ください。 参加前にご一読ください!!🙇 - オフライン開催時の雰囲気を保ちたいため、基本顔出し必須となります。 ただし、⚠参加者の顔写真を許可なく、スクリーンショットしたり、SNS掲載することは禁止いたします⚠ - イベント中集合写真を撮りますが、その際は必ずアナウンスをいたします。SNS等へ顔出しNGの方はお手元のマグカップやぬいぐるみ等小物を使ってお顔を隠していただいて構いません。(かわいい小物を使用していただくと女子部っぽさが演出されます💗) 普段の女子部の雰囲気をより感じるために以下推奨です。 - お手元にお好きなドリンク(アルコールも可)🍸とスイーツ🍰などをご用意ください。 - ちょっぴりオシャレして参加しましょう👗💄 - Zoomを使います。かわいい背景画像を設定しましょう。ディズニーやジブリの背景画像など、色々な画像が提供されていたりします。お好みの背景を探してみてください♬ ※ビデオ背景設定方法につきましては、ページ下部に記載しております。 今回のテーマは『テレワーク』と『女性』 普段のRPACommunity女子部では、RPA・IT全般 のセミナー・LT(※)と女性同士の輪を広げるという2つのテーマのもと、ディスカッション・交流を楽しむ完全オフラインイベントを開催しています。 しかし現在、コロナウィルス感染症拡大に伴い、オフラインで皆さんと会うことが難しくなってしまいました。外出自粛やテレワークが続き、ストレスを抱えたり不安な思いをもって過ごされている方も多いのではないでしょうか。そこで少しでも皆さんのおうち時間を明るく楽しくしたいと、今回、女子部では「テレワーク」をテーマにしたオンラインイベントを企画しました。 いつものRPACommunityとは、少し毛色が変わってしまいますが「こういう方法でテレワークを楽しんでるよ!」といった前向きな「テレワーク×○○」LTを募集いたします。 また、参加にあたって今までの雰囲気はなるべくそのままにしたいという運営陣の強い想いもあり、参加のルールを設けました。上記の「参加条件」「参加前にご一読ください!!」をご一読いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。(記.2020.04.23) ※LTとは「Lightning Talk(s)」の頭文字を取ったもので5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。 LT登壇をご希望の方→LT募集締め切りました! 「テレワーク×○○」○○に入るテーマは何でもOK!ITの話題も織り交ぜてもらえると嬉しいです!例)テレワークの健康管理にこんなアプリ、ITサービスを使った!など。 この状況下、少しでも皆が元気に前向きになれるような、お役立ち情報や面白情報をお待ちしています😍 LT応募はこちらからお願いします。(女性限定) タイムテーブル(予定) LTは一人5分です。 時間 内容 発表タイトル 18:30 開場 19:00 オープニング/Julia&Ayy イベント趣旨説明&事前アンケート結果公開 芽だか さん テレワークでのチームづくり大作戦~実は上司も悩んでいる!~ こきあかおらむ さん スマホ速度制限と戦う! 休憩&交流タイム みさみさ さん テレワーク中のマネジメント術(仮) 元木 理恵 さん 新しい生活様式に対応できるよGoogleアシスタント×IFTTTならね 中嶋あいみ さん テレワーク中の運動不足はVUIで解消しよう よこい ういこ さん/日本マイクロソフト株式会社 テレワーク と 育児(仮) ちょす さん zoomを使った社内レクリエーション 20:45 クロージング(集合写真) Julia&Ayy 懇親会(最後に感想を言いたいひとはどうぞ♡) 21:00 イベント終了 参加費 無料です Zoomの背景画面設定方法 オンラインイベントのツールはZoomを使用いたします。背景画面の設定は、アプリをPCにインストールしていただく必要があります(※RPACommunity推奨方法)Webブラウザやスマートフォンでも参加できますが、その場合は背景画面が設定できません 主催 RPACommunity女子部運営グループ Julia : Bluemix User Group主催、他にも様々な女子部を主催・運営している IT業界の女性が気軽に積極的に楽しく活躍できる場を真剣に考えてコミュニティ活動を推進している。Twitter Ayy: プロのコミュニティマネージャーとして、RPACommunityを運営 女性が楽しく学べる場を築いていきたい! あーちゃん : 社会人3年目、RPA業務歴も3年目。使っているツールはUiPathです。 ひじきやわかめなどの海藻が好きです(昔、研究していました)。 ますあか : 社会人3年目にして自分の働き方改革を模索中。 現在リモートワークでテクニカルライティング(RPA、PCのトラブルシューティング対応)に挑戦している。基本面白そうなものはとりあえずやってみるタイプ。RPA、VR・AR、最近は3Dプリンタでアクセサリーを作りたいと勉強中です。 みさみさ:RPAの推進がんばっています! 非エンジニアからスタートし、RPA転職で名古屋から東京に来ました!RPA女子の仲間を増やしたいです。RPAや女性の働き方、女子トークなどなど…みんなで楽しく交流しましょう!! サポート Mitz : RPACommunity主催、10以上のコミュニティを運営するコミュニティ運営芸人 実はスウィーツや美容やcawaiiに人生を捧げる女子系男子。web記事 Twitter このイベントに申し込まれたり興味のある方はお気軽に友達申請・フォローください。 協力/スポンサー メディアパートナー RPABANK PRやイベント企画等何でもご相談ください。日本最大のRPA専門メディアがお力になります! 業務改善アドバイザー SBモバイルサービス株式会社 RPA導入・選定・運用だけでなくIT全般的な相談に乗ります!お気軽にご連絡ください! キャリアパートナー 株式会社パソナJOB HUB RPAに取り組む先に考える様々なキャリア関連のご相談、なんでもお力になります! 技術パートナー 株式会社アイエンター RPAに限らず、IT全般で「技術を楽しむ」をサポートします!技術的な提案・相談、何でもお力になります! 参考 過去回の様子 第5回女子部記事 第4回女子部記事 第3回女子部記事 開催前後の交流ためのFBグループもあります! RPACommunity 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、RPACommunity運営グループの管理のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。  ■他の参加者やLT登壇者に対しての迷惑行為と見られる言動や行動  ■人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本イベントとは関係のない勧誘

4/15 (水)

01c72ac55b5fca1eeb83bfda7f47b020 大阪駆動開発 - 関東支部
XR=AR/CR/MR/SR/VR等の先端技術の総称 飲食しつつまったり情報交換しましょう!
!!!重要!!! 新型コロナウィルス(COVID-19)への対応について 都内は緊急事態宣言が発令されいる状況の中で3密を避けることを目的に、当面の間本イベントはZoomによるオンライン接続での開催に変更いたします。 参加枠にエントリーしていただければ前日~当日にリマインドメールにて接続先のURLをアナウンスいたします。 オンラインでの開催のため、関東イベントとして登録していますが、その他の地域でも興味のある方の参加OKです。 概要 XR(AR/CR/MR/SR/VRの近未来技術)に関する情報共有や自作アプリのお披露目ができる場 としてイベントを開催します。 ある程度顔の見える人数でXR技術についての情報発信や意見交換をしませんか? 登壇者の話を聞きつつ気軽に会話しながらXR技術についての知見を深めましょう。 同日、各地域で実施する「XRミーティング」と中継でつなぎ、距離を超えたより広い範囲で 参加者同士が意見交換、ネットワーキングを構築できます。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、それ以外の方や初めてお越しになる方も、 お気軽にご参加下さい。 参加するメリット 中継により、関西と関東両地域のXR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心を持つ者同士で関係が構築できます。 情報共有等を通じて仲間を増やしつつ、イノベーションを巻き起こしましょう! 中継地域(予定) 【札幌】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【大阪】【オンライン】XRミーティング 2020/04/15【AR/CR/MR/SR/VR】 【福岡】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【佐賀】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【名古屋】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 ※地域でXR系イベントを企画しているコミュニティで参加したいコミュニティはお気軽にお声掛けを。 参加可能な方 XR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心をお持ちの方 参加枠について 一般枠:XRミーティングでネットワーキングや情報情報交換をしたい人 発表枠:こんなことやったよ等情報共有したい枠(目安10分程度) 発表枠については、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 〇〇作ってみた。 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! 特に技術的に困っていることやアドバイスがほしいなどがあればそれを軽くまとめて発表してみてください。 参加してる誰かが解決策を提示できるかもしれません。 料金 種別 参加費 一般枠 無料 開催場所 オンライン開催 コンテンツ 【19:45~ 20:00 】接続確認 【20:00~ 21:30 】情報共有(発表/デモ紹介) 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 【21:30~22:00】オンライン上でのネットワーキング(チャットで雑談や交流) 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura 今月取組んだXRに関する開発技術に関する情報共有 20分 TBA TBA -分 札幌枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 長野/松本枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 参加を希望される方は・・・ 必ず事前にconnpassで参加申し込みをしてご参加ください。 イベントの詳細については、後日リマインドメールをお送りしますので、必ずご確認ください。 コミュニティについて 当コミュニティ(大阪駆動開発)は、沢山の企業・団体・学校と共創させて頂きながら 関西を中心に先端技術のイベントを企画・運営しつつイノベーションを発信を行っています。 2019年1月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 日本経済新聞(1面トップ):未来の生活、万博通し描く 若者や外国人ら新発想 SankeiBiz:大阪万博が示す「未来の社会」準備本格化 VR、AI…技術進化どこまで 2018年12月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 [神戸新聞:VRで認知症治療 AI使い手術訓練 活気づく民間技術開発] [佐賀新聞:VR AI開発活気づく] 2018年11月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 毎日新聞:開催決定祝い、VR体験イベント 大阪工大 産経新聞:目指すは五感の再現、VRで80億人来場目指す大阪万博 2018年1月に [Microsoft社よりコミュニティ活動への貢献賞]を受賞させて頂きました。 Microsoft HoloLens 国内発売1周年記念ファン感謝祭 開催レポート パート2 https://winblogs.azureedge.net/win/2018/01/38bf4023c1a24a9679b6390ae7058730.jpg