tkoyama010 (@tkoyama010)


参加する勉強会

5/12 (水)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
Stapy6周年記念!
コミュニティの概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 イベント要領 日時 :2021年5月12日(水)  19:00〜21:00(オンライン開催) 今回の主な対象者 :  ・Pythonに関心のある方  ・エンジニアの方 オンライン参加について : ・Zoomで配信します。配信先URLは、イベント前日と当日夕方に連絡します。connpassアカウントに紐づいているメールアドレス宛に届きますので、そちらをご確認ください。 ・多少、音声・画質に問題がでてくる可能性もありますことをご了承ください。なお、接続に関する不具合対応方法やクレーム等に対してはお受けいたしかねます。 協賛 : リーディング・エッジ社 プログラム タイムテーブル 勉強会開始は19時ですが、開始5分前から勉強会で使うツール(Slido)の説明をします(集まっている方、任意参加でやります) 時間 内容 18:30- Zoom開場 19:00-19:10 イントロダクション 19:10- 19:20 トーク1「Stapyの6年~本との出会いから生まれた技術コミュニティ~」 阿久津 剛史(Start Python Club) 19:20- 19:40 トーク2「Pythonスタートブックを出して11年」 辻 真吾(Start Python Club) 19:40- 20:10 トーク3「TBD」 清水川 貴之 20:10- 20:20 ミニトーク「TBD」 中西智陽 @ 株式会社リーディング・エッジ社 20:20- 20:50 基調講演「自動運転の民主化~Autowareが創り出す未来~」 加藤 真平(東京大学、名古屋大学、ティアフォー 創業者 兼 CTO) 20:50- 21:00 ラップアップ 21:00- 22:00 懇親会(Zoomで開催) トーク概要・講演者プロフィール 基調講演「自動運転の民主化~Autowareが創り出す未来~」加藤 真平 世界初のオープンソースの自動運転OS「Autoware」の誕生から約6年。日本の小さなスタートアップ ティアフォーが自動運転業界のLinuxを目指して始めた挑戦は、今や世界中の企業を巻き込み、一つの大きな輪になろうとしています。様々な組織・個人がその発展に貢献でき、世界中の人々がその恩恵を享受できる、Autowareを中心としたエコシステムによって実現される「自動運転の民主化」についてお話します。 プロフィール 加藤真平 かとう・しんぺい 1982年生まれ、神奈川県出身。 東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授、名古屋大学未来社会創造機構客員准教授、株式会社ティアフォー創業者 兼 最高技術責任者(CTO)、「The Autoware Foundation」代表理事。博士(工学)。 2004年慶応義塾大学理工学部情報工学科卒業、08年同大学院理工学研究科 開放環境科学専攻 後期博士課程修了。カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学の研究員、名古屋大学大学院 情報科学研究科 准教授を経て、現職。 専門はオぺレーティングシステム、組込みリアルタイムシステム、並列分散システム。 Twitter: @ShinpeiKato トーク1 「Stapyの6年~本との出会いから生まれた技術コミュニティ~」阿久津 剛史 『Pythonスタートブック』を読んだ後、著者の辻さんと出会い、意気投合して始まった勉強会が「Start Python Club」の由来です。開始以来、勉強会は毎月こつこつと続き、6年を迎えましたが、コミュニティの輪を広げていくなかで、多くの本とその著者との出会いがありました。本との出会いを軸に、Stapyという技術コミュニティをどのように成長させてきたかをお話しします。 プロフィール 阿久津剛史 あくつ・たけし メーカー勤務の傍ら、Start Python Club (Stapy) の代表を務める。2015年に辻さんと一緒にStapyを立ち上げ、満6年となる。最近は本好きが高じて、会社のライブラリーの設計をすることになり、7月のオープンに向けて、読書三昧な日々を送っている。 Twitter: @akucchan_world トーク2 「Pythonスタートブックを出して11年」辻 真吾(Start Python Club) 2010年にPythonの入門書を出すことになった経緯と苦労話、また今日に続くその後の展開をお話しします。人生迷うことも多いので、迷いの中に一筋の光が差すようなトークにしたいと思います。また、Pythonスタートブックの読者質問から見えてくる、プログラミングをはじめたばかりの方が躓きそうなポイントを整理してお伝えする予定です。 プロフィール 辻真吾 つじ・しんご 1975年生まれ、東京都足立区出身。 Start Python Clubを阿久津さんと立ち上げて6年。2002年の夏、勤めていたITベンチャーを辞め、バイオの世界に飛び込んではや18年。この春からエネルギー分野の研究に領域を広げることになりました。両者に共通するのはデータサイエンス。今年は日本におけるPythonx科学計算コミュニティの強化に協力したいと思っています。 詳しくはこちらまで トーク3 タイトルTBD 清水川 貴之 オンライン懇親会 Zoomで懇親会をやります! Pythonの独学仲間を見つけたり、Pythonの技術的な相談をしたりする機会として、ぜひ懇親会をご利用ください。 ZoomのURLを参加者に共有します(懇親会はYouTube Liveでの配信はありません) 楽しむためのコツ:懇親会の飲み物や食べ物は各自でご準備ください!(Bring Your Own Bottle) 懇親会の内容 希望者のLTを聞く(LT(ライトニングトーク。※5分間の稲妻トーク)のネタがある方は、申込時のアンケートでご連絡ください) Zoomのブレイクアウトルーム機能を使い、ランダムなグループで懇親タイム 行動規範 Start Python ClubはPythonなどの技術情報の共有とコミュニケーションを目的としています。私たちはすべての参加者にとって安全で歓迎されるような場を作ることに努めます。 Start Python Clubが主催するイベントに参加するすべての人は下記の行動規範を守ることを求められます。主催者はこの行動規範を勉強会、パーティ、交流会に適用します。すべての人にとって安全な場所を提供するため、聴講者、登壇者、スポンサー、主催スタッフ含めたすべての参加者にご協力をお願いします。 私たちは下記のような事柄に関わらずすべての人にとって安全な場を提供することに努めます。 社会的あるいは法的な性、性自認、性表現(外見の性)、性指向 年齢、障がい、容姿、体格 人種、民族、宗教(無宗教を含む) 技術の選択 そして下記のようなハラスメント行為をいかなる形であっても決して許容しません。 脅迫、つきまとい、ストーキング 不適切な画像、動画、録音の再生(性的な画像など) 発表や他のイベントに対する妨害行為 不適切な身体的接触 これらに限らない性的嫌がらせ 登壇者、スポンサー、主催スタッフもこのポリシーの対象となります。性的な言葉や画像はいかなる発表やワークショップ、パーティ、Twitterのようなオンラインメディアにおいても不適切です。 ハラスメント行為をやめるように指示された場合、直ちに従うことが求められます。ルールを守らない参加者は、主催者およびスポンサーの判断により、退場処分や今後のイベントに聴講者、登壇者、スタッフとして関わることを禁止します。 もしハラスメントを受けていると感じたり、他の誰かがハラスメントされていることに気がついた場合、または他に何かお困りのことがあれば、すぐにスタッフまでご連絡ください。警備員や警察への連絡などを含め、安心して勉強会に参加できるようにお手伝いさせていただきます。 この行動規範は、CC-BY-3.0で公開されているDroidcon NYCのCode of Conductおよび、DroidKaigiのCode of Conductを元に作成しています。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License. Original source and credit: http://2012.jsconf.us/#/about & The Ada Initiative 注意事項 イベントの様子を録画・撮影しSNSやブログ等で公開する場合がございます。参加者の方も合わせて公開されることがありますことをご了承ください。 イベント中にハラスメント・嫌がらせ等を受けた際は主催者・運営スタッフにご連絡ください。 参加目的が不適切もしくは会の進行を妨げる行為があったと判断される場合、運営側で参加をキャンセルおよび強制退場させて頂く場合がございます。


過去の勉強会

11/7 (土)

B9ea7e742843340f8c7d5253d81bbdab Python mini Hack-a-thon
鍋の日
オンライン開催の可能性が高めです 昨今のアレがあるのでオンラインの可能性が高めです。オンラインとオフラインの混合かも。 前日か当日にZoomのURLを送るので、ぜひご参加ください。 どういう感じで進めるかはノープランです。 この勉強会について 基本的に毎月開催です。スプリントのゆるい版みたいな感じで各自自分でやりたいことを持ってきて、勝手に開発を進めています。参加費は無料です。 初めての方も常連さんもぜひご参加ください。 slackあります http://pyhack.herokuapp.com/ オフラインの場合、会場には無線LANと電源があります。各自で用意するものは以下のとおりです。 開発用のPC タイムテーブル 以下は大体の目安です。また、遅刻早退はご自由にどうぞ(ただし事前にお知らせください)。 11:00- 入館、自己紹介とやること発表 11:30- 開発開始 12:30- 昼食 13:30- もくもくと開発 17:30- 成果発表(できたとこまで) 19:00- 後片付け 19:30- 懇親会(リモートの場合は各自で用意) 前回の様子や関連リンク Python mini Hack-a-thon #116 - Togetter 成果物とかブログとか 2020.10.17 pyhack - 清水川のScrapbox 実用的でないPythonプログラミング - 第2章 by laughk · Pull Request #33 · laughk/TIL Implement plot_contour and _get_contour_plot with Matplotlib backend. by ytknzw · Pull Request #1782 · optuna/optuna ytknzw/code4wine: Code for wine: repository for wine-related data science projects kuma127/docker-es-kibana 2020.10.17_pyhack - wolf20xx_ikeomのScrapbox 参考リンク コーディングを支える技術――成り立ちから学ぶプログラミング作法 WEB+DB PRESS plus | 西尾 泰和 | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon Deepnote - Data science notebook for teams 7. Dataset loading utilities — scikit-learn 0.23.2 documentation OpenAPI-Specification/3.1.0.md at master · OAI/OpenAPI-Specification 現代数理統計学の基礎 (共立講座 数学の魅力) | 達也, 久保川 |本 | 通販 | Amazon WebOb — WSGI request and response objects The PyVista Project NHK STRL Rによるセイバーメトリクス入門 | Max Marchi, Jim Albert, Benjamin S. Baumer, 露崎博之, Yoshihiro Nishiwaki |本 | 通販 | Amazon Gatsby Removal of mapping types | Elasticsearch Reference [7.9] | Elastic 告知されたイベント 10月30日、31日 Scipy Japan Conference 11月11日 企業の財務データを可視化しよう 11月21日 Pythonもくもく自習室 #29 + 忘年LT大会 @オンライン開催

3/7 (土)

技術同人誌展示、LTなどの会
名古屋開催! 技術書同人誌の展示、LTなどの技術交流・勉強イベントです(会場での販売はありません。希望がある場合は事前にご相談ください) 前回好評頂いたイベントの二回目です! 前回のconnpassの内容 / 開催の趣旨 ・IT系だけでなく、工学系などの技術や理論系、技術・工業英語、プラント、機械、電気、計装の方も大歓迎!POD本もOKです(POD本は手にしてもらえる機会がないらしいので)。きちっと印刷所で印刷製本してなくてもかまいません! ・LTは卒論修論博士論文の紹介もウェルカムです!「こんなことしてたんだよ!」とアピールしてください。こういう話を聞けるのはレアかも?! ・ご希望があればできる限り対応します。その他、技術同人誌(つまり自分で作る冊子のような本)の書き方作り方などについてもご相談ください! ・前回盛り上がった製本ワークショップ、今回もやります! ・お子さん(18歳未満)の参加は、サークル、一般、製本ワークショップどれもOKです。保護者の方同伴の場合で保護者の方が申し込みをする場合は、お子さんの申し込みは不要です。 開場は13:15、開始13:45です。設営お手伝いして下さる方は、13:15に会場にお越しください。 片付けも手伝ってもらえると大変助かります! 出展者情報 こちらに順次掲載していきます→ https://note.com/powerhiromi/n/n9d91be1c9e77 参加区分 サークル見本誌参加 ・来場できないサークルさん向けのリモート参加の形態です。見本誌を送ってもらい、展示します ・見本誌参加準備物 ①送付・返送用のレターパックライト。返送用には送り先住所名前と、こちらの住所名前を記入しておいてください。(見本誌の返送不要な場合は返送用のレターパックライトは同封不要) ②説明用POPのようなもの(任意。すでにあるサークルカットやサークルアピールを使ってもOK)。 ③申し込みましたら送付先をお知らせしますので、connpassの問い合わせフォームもしくはtwitterのDMで主催の松井工務店にご連絡下さい。 ④見本誌は、3/4までに着くように発送してください。技術書典8にサークル参加の方は、イベント終了すぐに発送して頂けると助かります 「読んだよ!面白かったよ!」がわかるように来場者さんには用意した台紙にシールを貼ってもらいます。返送物がある場合は同梱します。返送ない場合は写真でお見せします。お楽しみに! ・いろいろ準備物が多くて申し訳ないですが、企画運営が1人なので、皆さんに楽しんでもらえるよう、スムーズなイベント開催のためにもご協力お願いします! サークル来場参加 ・来場して参加です。ご自分の準備をしてそのままご来場ください。13:15から入れます。電源はありますが、近くにはありませんので、必要でしたら延長コードをお持ちください。 LT来場参加 話5分、質疑応答5分くらい。来場参加と同時参加OK。15:40(予定)までにお越し下さい。プロジェクター必要な場合は、接続の種類をtwitterDMもしくはconnpassの問い合わせフオームで連絡下さい。 LTリモート参加(グループ可) グループ参加(一ヶ所で複数人参加)もOKです!代表の方と登壇者がお申し込み下さい。その際は、同じ場所での参加の旨をお知らせください(接続数のため。)話5分、質疑応答5分くらい。zoom接続。見本誌参加と同時参加OK。15:00(予定)から順番です。 一般来場参加 connpassで申し込みなしで来ても大丈夫ですが、人数把握のためになるべく登録してください。 一般リモート参加(グループ可) グループ参加(一ヶ所で複数人参加)もOKです!代表の方がお申し込み下さい。LT聴講と質疑応答参加できます(余裕があれば会場の様子を中継します)。zoom接続や送付先等の連絡をとる必要があるので、申し込みをしたらconnpassの問い合わせフォームもしくはtwitterのDMで主催の松井工務店にご連絡下さい。 製本ワークショップ 14:00から プリントアウトしたものを「図面製本」で自分で製本します。簡単便利な、松井工務店オリジナル?の「なんちゃって和綴じ」も紹介します。参加自由。 「ダウンロード版買ってプリントしたけど使いづらい!」「やっぱり紙の本が見やすいけど、ダウンロード版しかない!」「書いたからとりあえず本の形にしたい!」 では、自分で製本しましょう! 製本方法は「図面製本」です。糊付けして背にテープを貼って完成!できればスティック糊をお持ちください。背にテープを貼るので、かわいい仕上がりをご希望の場合は、マステを持参下さい!製本したいものがあれば持ってきてもらってもいいですし、見てるだけでもいいです!これからプリントアウトして持参する場合は、見開きでプリントしてください。 お待ちしてます! (≧▽≦)

12/22 (日)

技術書、技術同人誌展示即売会
名古屋開催! いわゆる、技術書同人誌の展示即売会です。POD本もOKです。「サークル」と言っても、一人でもOKです。 IT系だけでなく、工学系などの技術や理論系、技術・工業英語も大歓迎!電源、卓上モニターあり。PC持ち込みできます。 展示即売会ですが、展示だけとか、勉強会などの活動紹介展示も大歓迎です。展示だけとか、勉強会などの活動紹介展示なども大歓迎です。不明な点があれば、お問い合わせください。 出展者情報 こちらに順次掲載します → https://note.mu/powerhiromi/m/mda7b5fd7397e (connpass以外からの登録も記載しています) 開場は15:00、開始15:30です。設営お手伝いしてもらえる方は、15時に会場にお越しください。 当日は、見本誌見たら #技術書名古屋の陣  をつけて、見本誌の写真と一緒にツイートしてください!作者さんが喜びます! 参加区分 サークル参加A テーブル半卓、卓上モニター使用。会場払い サークル参加B テーブル半卓。会場払い サークル参加(学生枠) テーブル半卓。会場払い。学生さんが一人でもいればOK。モニター必要な場合はお知らせください。 見本誌参加 通販などで対応できる方向けです(通販していない方でもOKです)。レターパック1つで送れる分を上限。テーブルに見本誌を展示します。申し込み後、指定の場所に見本誌と返送の宛先を書いたゆうパックもしくはレターパックと、POPなどをお送りください。会場では「感想ノートもしくは、読んだ人がシールをはる紙」のようなものをおく予定です。返送時に同梱します。 一般参加 入場できます 会場は電源、WiFi、大型卓上モニター、プリンター等あり。PC持ち込み可。テーブル半卓サイズ 60 x 60。モニターを置いても余裕のある大きさです。 参加、お待ちしてます! いきなりワークショップ!本を作ろう! 16:30から プリントアウトしたものを自分で製本します。参加無料。詳しくはこちらをご覧下さい! https://mobile.twitter.com/powerhiromi/status/1208220471575007233 プレ企画 準備不足で今回は見学プランなしです。次回をお楽しみに! → 技術関連の博物館見学プラン(自由参加)を考えています。決まったらこのページで案内しますので、お楽しみに!