takeyamaaaaa (@takeyamaaaaa)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/15 (日)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
生成モデル縛り論文読み会
目的: GANの登場以降、様々な画像を生成する技術が発展してますが、今回の全日本コンピュータビジョン勉強会では、そのような生成モデル縛りの論文読み会を行いたいと思います。GANを始めVAEやDiffusion、Flowの他、NeRFを用いた画像生成まで範囲に含めてしまいます。 今回も感染症対策として、関東、関西、名古屋のコンピュータビジョン勉強会合同で、オンラインにて開催いたします。 発表者: 今回参加申込みは 発表枠 聴講枠 の2つがあります。既にchouseisanで発表希望してくれている方も、発表者枠で参加登録して下さい。 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:10 Opening+各勉強会の紹介 配信: 配信は発表はZoomを使用します。 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。また、Youtube Liveでも配信を行う予定ですが、URLは登録者のみにお知らせしますので、視聴希望の方は補欠枠でも結構ですのでご登録をお願いいたします。 配信URLは、前日(5/14)の夕方までにconnpassのメッセージ機能でお知らせしますので各々確認をお願い致します。 質疑応答 質疑応答はSlackにて行う予定です。 参加URLは前日(5/14)の夕方までにconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv

2/5 (土)

E1893e2bbc4d2f990060ade573f86dd4 uchanの電子工作ラボ
回路や基板設計で注意、工夫した点を紹介します
先日、自作CPUを動作確認するためのプリント基板を作りました。 本勉強会では、製作したCPUボードの紹介と、回路設計や基板設計において工夫した点、注意した点などをお伝えします。 オリジナル基板を作ってみたいと思っている方の参考になれば幸いです。 自作CPUは四則演算が出来る程度の、超簡易なものです。 今回はCPUの中身には踏み込まず、回路・基板設計に焦点を当てます。 主な話題 CPUボードの紹介 回路設計の流れ 部品の選定で考慮すること ドットマトリクスLEDの制御方法 基板設計で考慮すること チップ部品の半田付け タイムテーブル 時刻 内容 10:00~10:10 開場、雑談 10:10~12:00 発表、質疑応答 質問は YouTube Live のコメントで受け付けます。 発表中にどんどん質問していただいて構いません。 質問が無い場合におおよそ 1 時間くらいの発表内容です。

4/14 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Pepper Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で7回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT M5StickCをobniz化してリモートから電源操作できるシリアルコンソールを作ってみた そーたメイ 最強&究極ブロックプログラミング環境つくるっち 榎本 陽祐 Node-REDで作る、電子ロッカー! 楠川技研 ラズパイで測定器を料理しよう〜テスター編〜 勝 純一 enebularのプライベートノードとDiscoverについて 杉山 寛幸 EnOceanシリアル送信モジュールを試してみた 豊田陽介(@youtoy) KittenBot KOI - AIモジュールとKittenblockでIoTをやってみる  田中正吾 Power Automate Desktop + Azure 画像認識 + obniz 連携!  参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。