takanattie (@takanattie)


参加する勉強会

12/13 (月)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 3 12月13日(月)13:00~14:45 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 「導入」で終わらず継続的なAI活用に必要なもの イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:35 AIワークロード基盤を支える最適解!「場所」意識してますか?~エッジからデータセンターまで最適な選択肢を選ぼう~ デル・テクノロジーズ株式会社 パートナーセールスエンジニアリング本部 パートナーSE 2部 パートナーシステムズエンジニア 中西 祐輔 氏 13:35~13:55 【AI Startup】最先端技術を用いた現場への実装事例 Trust Smith株式会社 顧客価値創造局 コンサルタント 船木 駿 氏 13:55~14:15 【AI Startup】アジラの行動認識AIと導入事例 アジラ株式会社 IVA事業部 山下 勝也 氏 14:15~14:40 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :Trust Smith株式会社 船木 駿 氏        アジラ株式会社 山下 勝也 氏 14:40~14:45 閉会の挨拶


過去の勉強会

11/15 (月)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 2 11月15日(月)13:00~14:40 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 AI導入活用はトップダウンか?ボトムアップか?のどちらで進めるか? イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:40 次世代AIワークロード基盤の新潮流 デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 AI Specialist | シニアビジネス開発マネージャ 増月 孝信 氏 13:40~14:10 【特別講演】AIは何を見ている?~画像認識における判断根拠の視覚的説明~ 中部大学 工学部 情報工学科 AI数理データサイエンスセンター 教授 山下 隆義 氏 14:10~14:35 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :デル・テクノロジーズ株式会社 AI Specialist 増月 孝信 氏        中部大学 工学部 情報工学科 教授 山下 隆義 氏 14:35~14:40 閉会の挨拶

10/26 (火)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 1 10月26日(火)13:00~14:40 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 AIリテラシー向上を進めるための人材育成 イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:40 コンピュータビジョンで勢いづくEdge AI デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 AI Specialist | シニアビジネス開発マネージャ 増月 孝信 氏 13:40~14:10 【特別講演】知識転移グラフによる深層学習の共同学習 中部大学 工学部 ロボット理工学科 AI数理データサイエンスセンター 教授 藤吉 弘亘 氏 14:10~14:35 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :デル・テクノロジーズ株式会社 AI Specialist 増月 孝信 氏 中部大学 工学部 ロボット理工学科 教授 藤吉 弘亘 氏 14:35~14:40 閉会の挨拶

12/12 (土)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
ECCV2020読み会
目的: 2020年の8月23日~28日にかけて開催されたコンピュータビジョンのトップカンファレンスの一つである 「European Conference on Computer Vision (ECCV) 2020」の論文読み会です。 今回、新型コロナウイルス対策として、関東、関西、名古屋のコンピュータビジョン勉強会合同で、オンラインにて開催いたします。 ECCV2020で発表される論文はこちらからダウンロードできます。 https://www.ecva.net/papers.php 発表者: 今回参加申込みは 発表枠 聴講枠 の2つがあります。既にchouseisanで発表希望してくれている方も、発表者枠で参加登録して下さい。 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 発表順は仮です。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:25 Opening+各勉強会の紹介 13:25 - 13:50 tomoaki_teshima Flow-edge Guided Video Completion 13:50 - 14:15 Kenji DeepSFM: Structure From Motion Via Deep Bundle Adjustment 14:15 - 14:40 s_aiueo32 Adaptive Text Recognition through Visual Matching 14:40 - 15:00 休憩 15:00 - 15:25 daigo_hirooka RAFT: Recurrent All Pairs Field Transforms for Optical Flow 15:25 - 15:50 pacifinapacific Chained-Tracker: Chaining Paired Attentive Regression Results for End-to-End Joint Multiple-Object Detection and Tracking 15:50 - 16:15 neka_nat Domain-invariant Stereo Matching Networks 16:15 - 16:35 休憩 16:35 - 17:00 tomoyukun MotionSqueeze: Neural Motion Feature Learning for Video Understanding 17:00 - 17:25 godel Learning to Exploit Multiple Vision Modalities 17:25 - 17:50 losnuevetoros End-to-End Object Detection with Transformers 17:50 - 18:00 Closing 配信: 配信はZoomを使用して行う予定です。 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。 配信のためのURLは、前日の夕方にconnpassのメッセージ機能で登録者に事前にお送りいたします。 配信はYoutube Liveでも行います。配信URLはconnpassのメッセージ機能および「諸連絡」に記載した各twitterアカウントより行いますので、フォローお願い致します。 質疑応答 質疑応答は、Slackを使用して行います。 参加URLは前日の夕方にconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv