ssssota (@ssssotaro)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/4 (火)

75c4f7759284935242c76e0c066095ea Micro Hardening
緊急事態宣言が出たけどオンラインでは戦える!
Micro Hardening とは? 戦う相手は過去の自分 Micro Hardening は「衛る技術の価値を最大化することを目指す」プロジェクトであるHardening Projectから生まれたサブプロジェクトです。「セキュアなハードニングをカジュアルに競技形式で学ぶ勉強会」であるMINI Hardening Projectよりもさらにカジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨くことを目指しています。 Micro Hardeningでは、参加者は45分という限られた時間のなかで、提供されたECサイトに対する様々なサイバー攻撃に対処することが求められます。参加者は用意されたECサイトにログインし、スタートコマンドを実行することで、ゲームの開始を任意のタイミングで行うことが可能です。スタートコマンドが実行されると、ECサイトに対して買い物を行うクローラが動き出します。このクローラがECサイトで購入した金額が参加者の得点となり、ECサイトを安定稼働させることが高得点につながります。クローラが動作する裏側では自動的に多数のサイバー攻撃も行われ、ECサイトの安定稼働を妨害します。参加者は次々と発生するサイバー攻撃を防御し、停止したECサイトを復旧することで売上を稼ぎ、さらに防いだ攻撃に応じたボーナス得点(追加のクローリング)を得ることができます。Micro Hardeningの評価は単純に稼いだ得点のみを対象としています。 Micro Hardeningのゲームは45分を1セットとし、複数セット(最低3回以上)繰り返すことを想定しています。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定しています。Micro Hardeningは報告書作成や、攻撃手法や防御方法の解説の時間を組み込まない代わりに、毎回少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を試すことで、エンジニアとしての能力向上が実現できることを目指しています。理想的にはシューティングゲームのように、敵の攻撃のパターンを覚えることで高得点を稼ぐことができるシステムにしたいと願っています。 自分のスコアが少しずつ上がっていく達成感を味わいながら、サイバー攻撃に対応する経験を積んでもらえたらなと思っています。戦う相手は過去の自分。 ハッシュタグ #microhardening v1からv2の変更内容 競技環境を更新 新しい脆弱性やソフトウェアを導入 サービスの稼働率をSLAポイントとして集計 業務要件の制約の中でセキュリティ対策を実施することを実装 当日の流れ 21:00 説明開始 22:00 ゲーム開始 45分 x 3セット 25:00 終了予定時刻 持ち物 自分のパソコン Zoomクライアント最新バージョン SSHターミナルクライアント(必須) Windowsの方はTeratermセットが便利 VNCクライアント 自分のパソコンのhostsファイルを編集できること (管理者権限を持っていること) 健康な体 SSHでログインしてLinuxコマンドで操作できること(操作できる人と一緒に参加することも可) 多少のトラブルを笑って受け入れられる広い心 会場 オンライン その他 チーム分けは各チーム5人~6人で分けます 経験者枠はMHv2経験の有無で選択してください 同じチームになりたい人は登録名で工夫をお願いします 同じチームで参加予定の人は全員connpassから登録してください チームメンバー編成のスプレッドシートを共有するので各自で名前を書いてください あとからメッセージを送るのでSlack登録お願いします シナリオの詳細は解説せず、参加者同士の取り組みを参照する形式にて振り返ります。 メディア記事 @IT セキュリティ・アディッショナルタイム(19):転んだ経験が、いつかセキュリティを進める力に (1/4) @IT セキュリティ・アディッショナルタイム(28):失敗が許される環境でインシデント対応に付きまとう利害調整や時間の制約を経験――あらためて振り返るHardening競技会 (1/2) 買い物安全防衛戦 サイバー攻撃を防げ セキュリティ競技会 学生たちが腕試し 札幌市 北海道警で大学・高校生向けのサイバーセキュリティイベント サイバー犯罪への対処訓練 | KRY山口放送 参加者の体験談 v1 第1回、microhardening バージョン1 東京編 ~ 聖地さくらインターネット開催編 - Togetter Micro Hardening v1.0に参加してきました | *白百合めも* Webエンジニアのためのセキュリティ実践演習: Micro Hardening体験 | owlWorks やろう、ハードニング | セキュリティ | DoRuby Micro Hardening in 鹿児島 に参加しました | 降灰注意報! Micro Hardening in 鹿児島を開催しました 湯るセキュ Micro Hardening in 草津温泉に行ってきました。 - Flying Cat Penguin Micro Hardening in 草津 参加してきました?? - 努力なくして力なし 第7回tktkセキュリティ勉強会Tweetまとめ( #tktksec #microhardening) - Togetter 第7回tktkセキュリティ勉強会~Micro Hardening~で汚名返上しようとした結果 R3 Cloud Journey Micro Hardening v1.x@沖縄に参加しました! - nmtysh.log Micro Hardening v1.x@長野 writeup - blog.toxn Micro Hardening v1.x@長野でドン勝!! - nuwaa Micro Hardening v1.1に行ってみた - やっつけ不定記 Micro Hardening v1.x@岡山 でリベンジ? - banbanの備忘録 越後湯沢でMicro Hardeningを体験してきたゾ! - ファーエンドテクノロジー株式会社 コーポレートブログ OWASP Nagoya #8 ~Micro Hardening~@名古屋 040.副業元年/だらさんインタビューVol.4■Micro Hardening 「Micro Hardening長崎」を開催しました Micro Hardening で学ぶ 衛る技術(サイバーセキュリティ) mh4yに参加してきた(micro hardening for youth) 【MH4Y】マイクロハードニングForユース(個人の見解)【サーバ運用】 Micro Hardening for Youth 2019 に参加しました mh4yの参加記録 セキュリティをゲーム感覚で学べる競技 Micro Hardening for Youth 「Micro Hardening」に参加してきました Event Report Micro Hardening in Aizu 参加者の体験談 v2 Micro Hardening v2.0参加記録 - ohy-sのブログ Micro Hardening v2 オンラインに参加してみた - ぱんなこったのseclog Micro Hardening v2、ビミョーな結果と課題 - nuwaa Micro Hardening v2@オンラインに参加しました - 鹿児島県サイバーセキュリティ協議会 Micro Hardening v2 @オンラインに参加しました - SEが最近起こったことを書くブログ Micro Hardeningに参加してきました | pixivのなかの話 Micro Hardening v2 @オンラインに参加しました | SAFETY RABBIT Micro Hardening v2 2021/2/4 @金沢 サイバーセキュリティデイズ2021 | やっつけ不定記

1/23 (土)

821cd9fd00a0bb98f8b0de0d1f7b5411 NGK2021S
概要 NGK(名古屋合同懇親会)とは、1年に1度行っている東海地方IT系コミュニティ合同の懇親会イベントです。 13回目となる NGK2021S は前回同様に大新年会を行います。 例年通り、前半の昼の部がLT大会、後半の夜の部が大懇親会という構成です。 今回は初のリモート(オンライン)開催となります。 名古屋近郊での勉強会に日常的に参加している方はもちろん、今まで勉強会に参加したことがない方や他の地域の方にとっても、名古屋近辺のIT系コミュニティの雰囲気を知るのに良い機会です。ぜひ、ご参加ください。 開催内容 イベントの開催内容についての詳細は、イベント公式ページをご覧ください。 メイン会場:バーチャルオフィス「oVice」 LTメイン会場は、バーチャルオフィス「oVice」の特設会場で開催します。 参加者の方同士の交流ができるので、参加登録をして、交流をお楽しみください。 参加URLは、参加登録後、このページの「参加者への情報」欄に表示されます。 配信予定URL YouTube(メイン) https://www.youtube.com/channel/UCFsFdsqO6ontHvM3V-lwgvg Facebook(バックアップ1) https://www.facebook.com/nagoyagodokonshinkai Twitch(バックアップ2) https://www.twitch.tv/katzueno

8/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回は株式会社LIG様のご協力により、「NUXTではじめるVue.js」を開催いたします。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は参加いただけません。 イベント概要 今回のイベントでは、Vue.jsのフレームワークであるNuxt.jsを用いてアプリケーションを作成するハンズオンを行います。 Nuxt.jsは、サーバーサイドレンダリング(SSR)を手軽に実現でき、アプリケーションを静的なHTMLとして書き出せることが特徴です。 さらに、フロントエンド開発に必要となる様々な機能を予め備えているため、一般的なWebサイトの制作にも便利に活用できます。 簡単なWebサイト作成を通して、Nuxt.jsによる手軽でスピーディーな開発を体験していただきます。 講師:土屋 大輔 大阪生まれ。2016年にLIGへ入社、フロントエンドの実装を担当しています。 HTML / CSS / JS / 地図 / 甘味 が好き。 IDは大体 @dsktschy ハンズオンの流れ Vue.jsに関しての説明と、コンポーネントを作成するハンズオン Nuxtでローカル環境にVue環境をインストール。 Nuxtに関しての説明と、作成したコンポーネントをNuxtの環境に移植するハンズオン Vue.jsとは Vueはユーザーインターフェイスを構築するためのプログレッシブフレームワークです。他の一枚板(モノリシック: monolithic)なフレームワークとは異なり、Vue は少しずつ適用していけるように設計されています。中核となるライブラリは view 層だけに焦点を当てています。そのため、使い始めるのも、他のライブラリや既存のプロジェクトに統合するのも、とても簡単です。また、モダンなツールやサポートライブラリと併用することで、洗練されたシングルページアプリケーションの開発も可能です。 出典: " rel="nofollow">https://jp.vuejs.org/v2/guide/ Nuxt.jsとは Nuxt.js はユニバーサルな Vue.js アプリケーションを構築するためのフレームワークです。サーバサイドとクライアントサイドの違いを抽象化することで無視して、一貫した方法で UIレンダリングすること に焦点を当てています。Nuxt.js は サーバーサイドレンダリング する Vue.js アプリケーションの開発をもっと楽しくするために必要な設定を、あらかじめセットしています。 出典: " rel="nofollow">https://ja.nuxtjs.org/guide タイムテーブル 時間 内容 13:45 受付開始 14:00 イベント開始 14:00 会社説明 14:15 Vue.jsハンズオン 16:30 LT会 + 懇親会 18:00 完全撤収 会場 会場:ミッドランドインキュベーターズハウス 住所:〒453-0012 愛知県名古屋市中村区井深町1−番1号 新名古屋センタービル 本陣街142号室 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 株式会社LIGについて 株式会社LIG(リグ)は東京都上野を中心に「Life is Good」掲げて活動する社長がイケメンな事で有名な会社です。 Webサイト・ホームページ制作、コンテンツ制作、記事制作、コワーキング・シェアオフィス運営、ゲストハウス運営、飲食事業、教育事業、地方創生事業、プロモーション、システム開発、Webマーケティングなどをおこなっています。 ▼株式会社LIGのHP liginc.co.jp OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント

5/27 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 イラストコミュニケーションサービスpixivをはじめとするサービス開発で培われてきた画像配信を中心に、ピクシブ、そしてImageFluxのインフラ基盤について次のようなトピックをご紹介します。 画像配信のスケールアウト/スケールアップ ImageFluxはなぜ生まれたのか ImageFluxの画像変換技術 また、後半のハンズオンでは、実際のImageFluxにふれていただき、どれだけ簡単に画像を利用することができるようになったのかを体験していただきます。 こんな人におすすめです Webサービスのインフラ技術に興味のある方 Webサービスにおいてどういう画像変換が行われているのか知りたい方 いわゆるインフラエンジニアと呼ばれている人が何をしているのか気になる方 ImageFluxとは ImageFluxは、1枚の画像をもとに画像の拡大縮小、切り抜き、合成などによりデバイスに最適化された画像を簡単に生成し、高速かつ高品質で配信するクラウドサービスです。 アプリケーションの開発で必ず必要になる画像の配信部分を長年画像配信を続けてきた株式会社ピクシブの技術を利用してSaaSで利用できるようにしています。画像を配信する際には画像サイズをURLで指定することができ、画像変換にかかる開発コストを削減することが可能です。 ImageFlux概要図 参考: ImageFlux 画像の価値は上がったのに、技術は10年前から変わっていない ─ ImageFluxで描く画像変換の世界(前編) タイムスケジュール 時間 内容 14:45 開場 15:00 イベント開始 15:15 会社説明(ピクシブ様) 15:30 ImageFluxについての講演 16:30 ImageFluxのハンズオン 17:00 懇親会 + LT 18:30 クロージング&撤収 LT内容 LTのテーマは自由です!ふるってご応募ください。 おひとり様5分以内でお願いします! 登壇者 タイトル くぅ - kuxu Booth で販売している同人誌を商業出版してみた hiww リソースの無駄遣いをしてみた KageShiron Re:WSLで始める快適Linux生活 @ジュジュ Dockerfileの書き方を伝えたい 会場 会場:クリエイトベース金山 住所: 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山一丁目14番16号 トキワビル8F アクセス:金山駅から徒歩3分 持ち物 PC (Windows, Mac, Linux) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ピクシブ株式会社について ピクシブ株式会社は「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」をスローガンに2005年に設立された会社です。2007年にローンチされたpixivをはじめとして、世界中のクリエイターがファンと身近に触れ合えて、もっと便利な創作活動ができるような場の提供をしています。 会社情報 https://www.pixiv.co.jp/