shu0812 (@shu__0812)


参加する勉強会

5/19 (水)

Dc08a5aac3af1cf91f5bc1e8c528c3b5 CyberAgent
サイバーエージェントのiOSエンジニアが運営する、iOSアプリ開発を中心とした勉強会です。
概要 サイバーエージェントのABEMAやAmeba、AWAなどを担当しているiOSエンジニアによるiOSエンジニアのための勉強会です。 それぞれのチームで使用している技術や開発体制など、開発の中でのノウハウを惜しみなく発信していきます。 今回は「いま考える次世代の設計」というテーマで、 ABEMAのリアーキテクチャ SwiftUI製の新規プロダクト といった現場で採用された最新の設計や、新卒エンジニアが研修でのアプリ開発で The Composable Architecture isowords GraphQL SwiftUI-Hooks といったワクワクする技術選定を通じて得た知見をお話しします! 開催日:2021年5月19日 (水) 19:00 配信開始、19:05 イベント開始 (予定) 場所:YouTube ライブ配信: https://www.youtube.com/watch?v=MQWW84lg9xc 参加費:無料 注意事項 技術交流が目的の勉強会ですので、知識の共有および、参加者同士の交流を目的としない参加はお断りしています。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 登壇者 (敬称略) 坂上 翔悟 (株式会社CAM) GitHub: tosaka07 Twitter: tosaka_tech 2017年新卒のiOSエンジニア。社内の iOS 周り開発・CI整備など色々とやってます。最近は Android もやり始めて Dagger に苦しめられてます。 廣川 昂紀  株式会社AbemaTV GitHub : KokiHirokawa Twitter : pihero13 2020年4月サイバーエージェント新卒入社。 アニメ鑑賞が大好きです! 伊藤 凌也 GitHub: ry-itto Twitter: ry_itto 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。カピバラが好きです。 小幡 十矛 GitHub: tomu28 Twitter: tomu28_jp 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在は技術研修中です。ドラクエやダーツが好きです。 長田 卓馬 GitHub: ostk0069 Twitter: ostk0069 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。瀬戸弘司が好きです。 宇野 凌平 GitHub: unochanel Twitter: unochanel2 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。最近は、ビールとお笑いが好きです。 縣 美早 GitHub: misakiagata Twitter: 226asyura 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。ピアノとおうちのIoT化にハマってます。 タイムテーブル 時間 19:00 開場 19:05 - 19:20 イベント説明 19:20 - 19:30 伊藤 凌也isowords の構成で3週間開発して得た知見 19:30 - 19:40 小幡 十矛モジュール分割した開発での知見とテーマ切り替えやUICatalogについて 19:40 - 19:50 長田 卓馬iOS開発でHooksを用いる (SwiftUI-Hooks) 19:50 - 20:00 宇野 凌平・縣 美早SwiftUI+GraphQLで3週間開発した知見について 20:00 - 20:05 休憩 20:05 - 20:25 廣川 昂紀ABEMAのリアーキプロジェクトについて 20:25 - 20:45 坂上 翔悟SwiftUI を新規プロダクトで用いた話 20:45 - 20:50 休憩 20:50 - 21:20 質問会 ※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。 個人情報の取扱いについて 主催:株式会社サイバーエージェント 申し込み時にご提供いただいた情報は、イベント受付管理や各種ご案内(サービス・イベント等)に利用させていただきます。


過去の勉強会

10/28 (水)

6144fcd36735c6ec2083615a09955208 vivid-garden
印刷・流通・製造・農水産業に関わる現場のエンジニアが語り尽くします
イベントで伝えたいこと/聞けること 伝統産業に関わる事業の可能性の大きさ 事業フェーズに基づいた開発組織の考え方 エンジニアとしてのやりがいや苦悩など、ここだけのリアルな話 これらを知りたいエンジニアの方は是非お越しください 「印刷/ものづくり/一次産業などなど伝統産業と関わる開発とはよく聞くけど、 なにがおもしろいのだろう? 」 => 伝統産業にエンジニアとして関わる上でのやりがいを知りたい方 「巨大な産業なのは理解しているが、実態は 誰のために何をどのように 開発しているのだろうか?」 => 事業目的ひいてはそれを達成させるために何をどう開発すべきかを知りたい方 「事業のフェーズによって柔軟に組織構造を変えなければ・・・何か実例はあるだろうか?」 => フェーズごとの組織の実例を知りたい方 このイベントについて 伝統産業に挑むエンジニアリングの楽しさ、大変さなどを赤裸々にお話します 課題が山積する「伝統産業」において、テクノロジーの力で解決に挑むスタートアップが存在感を強めています。 印刷・物流・広告と、レガシー産業を次々に塗り替えているラクスル。 日本を長年支えてきた「ものづくり産業」で変革を起こそうとしているキャディ。 生産者と消費者を直接繋げ、課題の山である一次産業に切り込む食べチョク・ビビッドガーデン。 その開発組織の中枢を担う、リードエンジニアやエンジニアリングマネージャーが登壇します。 IT・Web業界のエンジニアにとって、伝統産業は 解くべき課題が大量にある という点と 課題解決した先の社会的インパクトが非常に大きい という点で、この上なくエンジニアリングのしがいがある環境であると我々は考えています。 長年、業界の先人が培ってきたものをリスペクトしつつ、スタートアップの 圧倒的なスピード でこれまでの「負」を塗り替えていく。そのためには、必要なものをデリバリーする開発力と各々の事業フェーズに沿った柔軟なエンジニア組織体制が非常に重要な要素になります。 今回はパネルディスカッション形式でビジネス的な課題に対しプロダクトとエンジニア組織はどう乗り越えているのか、また本人が新しい業界に飛び込んでいく中でのギャップや各社エンジニアの共通項は何かなどを現場メンバーが赤裸々に語り尽くします。 これらの業界に 馴染みのないあなた にも是非お越しいただきたいと思います。 お酒やお食事と一緒に、お越しくださいませ! 最終的な参加可否につきましては10/26(月)までにメールにてご案内させていただきます。 ※ 他媒体でも告知しているため、応募状況次第で申し込みいただいた方全員が参加いただけるわけではない点、ご容赦くださいませ。 詳細 タイムテーブル 時間 概要 19:20 受付開始 19:30 開始・乾杯 19:35 各社 事業説明と開発体制の説明 20:00 パネルディスカッション 20:50 質疑応答 21:00 終了・(任意参加)懇親会へ パネルディスカッションテーマ 伝統産業に関わるエンジニアのリアルを公開!開発者は「誰」の「何」を解決しているのか。 全く関係ない業界からやって来た経緯と、入社後のギャップとは。 事業の内容やフェーズ特有のブロッカーイシューを打破する開発体制について。 懇親会 終了後、3社それぞれの登壇者の部屋を用意します 聞き足りなかったことなど、存分にお聞きしていただければと思います 登壇者 ラクスル株式会社 仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる デジタル化が進んでいない伝統的な産業にインターネットを持ち込み、産業構造を変え、世の中に大きなインパクトを与えていきたい。ラクスルはそんな思いで事業を展開しています。印刷・広告のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」を展開。2018年には東証マザーズ上場、2019年に東証一部に指定替え。注目を集め続けるスタートアップ。 岸野 友輔 エンジニア 東京都日野市出身。東京工業大学工学部情報工学科卒。2017年4月に新卒第2期としてラクスル株式会社に就職、以来印刷事業のプロダクト開発に携わる。Go/Ruby/PHPエンジニア。現在は印刷発注基盤のリビルドを担当。 数々の難解なプロセスを紐解き課題解決をリードしてきた男が挑む、次のミッションとは キャディ株式会社 モノづくり産業のポテンシャルを解放する 製造業は、180兆円規模の国内総生産額を誇る日本の基幹産業。その内の120兆円程度を占める部品調達の分野では100年以上大きなイノベーションが起きておらず、様々な社会課題が残存。特注品の発注者と全国の加工会社を自動見積のテクノロジーを用いてつなげるサービス「CADDi」を開発することで、業界に大きなインパクトを与えている。 村上 拓也 エンジニアリングマネージャー シンプレクス、サイバーエージェント アドテク本部、FOLIOを経て現職。サイバーエージェント、FOLIOはScalaエンジニア。2020年2月にサーバーサイドエンジニアとしてキャディにジョインし、機能開発も担当しつつ、エンジニアリングマネジメントの領域でキャディのテック組織底上げを頑張っています。 「エンジニアとしてビジネスとの架け橋に」1プレイヤーとしての域を超え、目指すは“積み上げる”組織づくり 株式会社ビビッドガーデン 生産者のこだわりが正当に評価される世界へ 全国の中小規模の農家さん・漁師さんが、持続可能な形で一次産業に取り組む世界を目指す。生産者さんから直接食材をお取り寄せできるプラットフォーム「食べチョク」は2020年に初のテレビCMを放映、No.1産直ECに急浮上した。 西尾 慎祐 リードエンジニア 山梨県北杜市出身。山梨大学大学院医学工学総合教育部を修了後、SI企業に就職。Rubyエンジニア、開発チームリーダーとして動画配信サービスのフルリプレイスに携わる。2018年3月より正式メンバーとして入社。 コロナ禍で注文数70倍。「食べチョク」を支える技術力と本質を追求し続けるエンジニア組織の強さとは モデレーター 平野 俊輔 プロダクト採用責任者/シニアエンジニア(ビビッドガーデン) 横浜生まれ横浜育ち。DeNAにて、モバゲー決済の開発責任者を経験した後にマンガボックスのフロントエンド開発や採用業務に従事。プライベートでは新興スポーツのパデルで日本代表入りを目指す。2018年7月より正式メンバーとして入社。 Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法 場所 オンラインイベントです。 YouTube Liveにて配信を行い、コメントにて相互コミュニケーションができるような形で開催します。 URLは参加可否メールにてご連絡します。 また、懇親会のURLも追ってご連絡します。 その他 抽選となっておりますが、基本的には全員参加いただけるようにいたします。 Twitter等SNSでの拡散大歓迎です #伝統産業エンジニアリング をご利用ください SNS拡散の際には他の方のプライバシーには十分ご配慮くださいませ 都合が悪くなった場合は早めのキャンセル処理をお願いします イベントの様子は登壇各社のPR目的でウェブサイトやソーシャルメディア等に掲載される可能性があります

7/22 (水)

7f7348e0ae4f32f733924937d1a9b014 Mobile Act
モバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 Mobile Act ONLINE はフェンリルのメンバーが主催するモバイルアプリ開発勉強会です。モバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的として開催しています。 これまで、名古屋、大阪、東京、京都の各拠点で開催してきましたが、今回はオンラインで開催します。どうぞよろしくお願いします。 運営などについてのお問合わせは Twitter: @mobile_act にお願いします。 内容と会場 トークセッションを YouTube Live で配信します。視聴用の URL は開催前にメールで案内いたします。 トークセッション終了後、懇親会を Remo で開催します。会場の URL は開催前にメールで案内いたします。参加時に Remo のアカウントが必要となります(Google アカウントが利用できます)。 いずれも、connpass で参加登録をしていなくても URL がわかれば参加可能となります。ただ、運営の都合上、できるだけ参加登録をしていただけると助かります。 Mobile Act は参加者の皆さんにトークセッションと懇親会との両方に参加いただけるよう準備していますので、ぜひ両方ともご参加いただきたいと思います。一方、途中入室や途中退室は自由ですので、都合のつく時間だけ参加する、ということでも問題ありません。 <2020/07/22 追記> トークセッションの視聴 URL は以下となります。 https://youtu.be/9Fp4emyFPpg イベントは19時開始となります。5分ほど前からライブ配信を開始する予定です。 懇親会の参加 URL は以下となります。 https://live.remo.co/e/mobile-act 懇親会の時間より前の場合、Remo のイベントページで「Save me a spot!」というボタンを押していただくと事前にアカウントの準備が可能です。 懇親会の時間にアクセスいただくと、カメラとマイクがオフの状態で、どれかのテーブルにランダムで着席します。テーブルは自由に移動することができます。 なお、YouTube と Remo の URL は自由にシェアしていただいて構いません。 事前に参加登録していない方でも参加していただくことは可能です。 <2020/07/22 追記 ここまで> 登壇者募集 トークセッションの登壇者を募集します。 トーク内容は、iOS / Android アプリ開発はもちろん、Web、デザイン、テスト、開発手法、スマートガジェット、IoT、など幅広く募集しますので、お気軽にお申し込みください。なお、登壇希望者が多数の場合、抽選で決めさせていただきます。 一人あたりのトークの長さは10分程度を想定しています。 登壇者の方には、別途 Google Meet の部屋をご案内します。当日に Google Meet 上でトークをしていただき、運営側で YouTube Live にライブ配信します。(なお、事前収録が良いなどご希望がありましたらご相談ください) 補足:一般公開されておらず特定の開発者のみが知り得るような情報については、トーク内容に含めないようにご配慮をお願いします。(例えば、現在 Apple WWDC のセッションや開発者向けベータ版が配布されていますが、こちらは Apple Developer Program 加入者のみの情報となりますので、トーク内容に含めないようにお願いいたします) 懇親会について 懇親会に利用する Remo は、少人数(2〜6人)のテーブルにわかれて会話する、オンラインのコミュニケーションツールです。オンライン飲み会で、多人数が同じ場所に集まると発言しづらいことがあると思いますが、Remo は少人数ですので会話しやすいです。 なお、懇親会での飲食は、ご自身で好きなものをご用意ください。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 挨拶 19:10 - 20:30 トークセッション 20:30 - 22:00 懇親会 22:00 終了 トークセッションの内容は以下のとおりです。途中で10分程度の休憩をいれる予定です。 登壇者(敬称略) 内容 dnjiro 大和団次郎(だいわだんじろう) スマホアプリにマウスとタッチを入れた話 lovee Danger-Swift導入のススメ 宇佐見 公輔 Combine をはじめよう Kazuki Watanabe Material Motion taku オカンとオトンから学んだOOUI コロッケそば 噛み合わない会話は嫌だが癒やされる 個人情報について 懇親会に参加いただく際に、Remo に当日参加者のメールアドレスが記録されます。また、登壇者の方が Google Meet に参加いただく際に、登壇者のメールアドレスが運営側に分かります。 フェンリルはこの個人情報を保管・使用いたしません。

7/1 (水)

7b3a579930fa0f0602aede8585f8dc23 PWA Night
「PWAとは」「どんな技術」「ビジネスメリットは」。PWAの基礎が学べます
参加用URL https://bit.ly/pwab2 ※ 事前のconnpassでの参加登録必須です ※ イベント開始時間を過ぎてからの登録では、システム反映まで1〜2分かかる場合があります。少々お待ちの上、上記URLにアクセスしてください。 ※Vol.1と同じ内容ですので、Vol.1に参加される方はご注意ください。 人気につき、Vol.3を設定しました。8月5日夜に開催しますので、こちらへの参加もご検討ください! https://pwanight.connpass.com/event/181111/ PWA Night for Beginnersとは? 「PWAの活用方法やWebのミライを、カジュアルにみんなで考えていく会」 というPWA Nightのコンセプトはそのままに、話題になっているPWAをこれから勉強していこうという方向けに、PWAのトレンドの背景や、事例、技術的なことなど、職種関わらず知っておきたい初めての方向けの基本情報を幅広く共有する会です。 ぜひこの会をきっかけに、PWA Night通常回にもご参加いただけると嬉しいです。 オンライン開催です 参加者には参加用URLをご連絡します!(ZoomまたはGoogle Meetなどを予定しています) 対象 エンジニアはもちろん、デザイナー、ディレクター・・・ PWAに興味がある、これから始めていこうかなと思っているすべての人が対象です! PWAはWebのミライを作るコンセプトです!楽しくあたらしい時代をみんなで作っていきましょう! セッションとタイムスケジュール 時間 内容 16:00〜 挨拶&PWA Nightについて 16:00〜16:30 セッション『PWAとは。アプリとしてのPWAとネイティブの比較と、活用どころ』by 角谷さん@TAM 16:30〜16:40 休憩/Q&A 16:40〜17:10 セッション『PWAの作り方をさくっと学ぼう。実装方法について』 by 菅家さん@TAM 17:10〜17:20 Q&A 17:20〜17:25 諸々ご案内 登壇者プロフィール 角谷仁(すみや・ひとし) Twitter @hitoshisum 大規模WebサイトやWebアプリケーション開発のプロデューサー/プロジェクトマネージャ。 デジタルエージェンシーTAM取締役、チームマネージャ。PWA案件も複数担当しています! PWA Night発起人。Webのミライをみんなで作っていけるといいな 菅家大地 (かんけ・だいち) Twitter @kan_dai Webコンサルティング会社のデザイナーを経て株式会社TAMのフロントエンドエンジニアに。 大手企業のWebサイトやアプリのフロントエンドの開発業務に従事。 2019年3月に宮城県に移住。PWA Nightの他、仙台のフロントエンドコミュニティの運営に携わっている。