luccafort (@luccafort)


参加する勉強会

11/30 (火)

22220f4cabf4572254c5fee8287f848a Retty
Retty Beer Bash🍺とは? Rettyは2019年4,800万UUを突破し、現在は日本だけではなくグローバルにも展開しているプロダクトです。 2020年10月にマザーズ上場をし、組織としてもプロダクトとしても急成長しているフェーズです。 そんなRettyのプロダクトや会社における裏話を発信していくのがRetty Beer Bashです。 皆さんお酒🍷食べ物🍖片手にゆる〜く聞いてください。 Retty Beer Bash第6回目は「Go Conferenceアフタートーク」です。 2021年11月13日に開催されるGo Conference 2021 Autumnにおいて、Rettyからは7名がプロポーザルを出し、LT2件を含む4名が採択されました。Go Conferenceの発表で盛り込めなかった話や残念ながら採択されなかったプロポーザルの話、Go Conferenceに参加してみての感想戦、RettyにおけるGoでのプロダクト開発など、ざっくばらんにお話いたします! ※本イベントはGo Conference 2021 Autumnの実行委員会が運営するものではありません。 タイムテーブル🕛 時間 内容 19:20 受付開始 19:30~19:45 乾杯/Rettyについて 19:45~20:30 パネルディスカッション 20:30~20:40 中締め/アンケート記入 20:40~21:00 Q&A/アフタートーク 21:00 終了 モデレーター🎤 常松祐一(つねまつゆういち) Rettyエンジニアリング部門マネージャー 2019年中途でRettyに入社。Rettyではエンジニアリング部門全体のマネージャーとして、スクラム開発の導入やGoToEatの開発責任者を務める。 サマーインターンでOGP画像生成をGoで開発した話を出したが落選。 パネラー👩👨 諏訪侑希(すわゆうき) Rettyエンジニアリング部門Webチーム所属 2018年にRetty新卒入社。新規事業のRettyOrderの開発を担当。 GoとGraphQLを使用したサービス開発をGo Conference 2021 Autumnで講演。 森脇健太(もりわきけんた) Rettyエンジニアリング部門Webチーム所属 Retty2019年新卒入社。チーム開発未経験にも関わらず19年7月から約10ヶ月間スクラムマスターとして活躍。その後も定期的にスクラムマスターを担い現在はフルスタックエンジニアとしてWeb開発周りで活躍。 マイクロサービス移行を仕上げる最後の数歩をGo Conference 2021 Autumnで講演。 池田直弥(いけだなおや) Rettyエンジニアリング部門Webチーム所属 2019年にRettyに中途入社。RettyではフルスタックエンジニアとしてWeb開発周り全体において活躍。開発周り以外にも採用やメンバー育成面においても活躍中。 今日から使えるhttp.RoundTripper TipsをGo Conference 2021 AutumnでLT講演 鈴木文也(すずきふみや) Rettyエンジニアリング部門Webチーム所属 2021新卒入社。新進気鋭のバックエンドエンジニアとしてWEB開発チームで活躍中。完全無欠なフルスタックエンジニアを目指してフロントエンドを修行中。 Gormのバージョンを上げたお話をGo Conference 2021 AutumnでLT講演。 李泳浴(eiyoku li) Rettyエンジニアリング部門技術部所属 Rettyエンジニアで一番のGo好き、Gopher。 GraphQLサーバーをGoで作るプロポーザルを出したが落選。 ※都合により欠席 山下尚彦(やましたたかひこ) Rettyエンジニアリング部門Webチーム所属 2021年春に新卒で入社。バックエンドの方が得意だが4月から10月までWEBチームでフロントエンド弱者から脱却するために修行。10月からはFRM開発チームに異動。エンジニアとして成長出来るように重たいタスクに取り組むと決意表明。 go-taskの使いこなしをプロポーザルに出したが落選 イベント会場🎪 オンラインイベントです。参加者の方にzoomURLが閲覧いただけるようになっておりますので時間になったらそちらにお入りください。(🎪10分前から入室可能です) Rettyについて知りたい方はこちら!🍴 Retty公式note Retty Tech Blog その他 質問はチャット機能もしくはTwitterで#Retty Beer Bashをお使いください Twitter/Facebook等SNSでの拡散大歓迎です(SNS拡散の際には他の方のプライバシーには十分ご配慮ください。) 都合が悪くなった場合は早めのキャンセルをお願いします イベントの様子はPR目的でウェブサイトやソーシャルメディア等に掲載される可能性があります


過去の勉強会

11/19 (金)

70976a1a42c8b2665ac2f0f79cdb9723 freee Tech Night
Money Forward と freee、今なぜ名古屋に開発拠点を作るのか
配信 URL https://www.youtube.com/watch?v=xJyMxZmqu2M freee Tech Night って何? freee株式会社のエンジニアによる、エンジニアのためのイベントです! freeeで利用している技術、組織、エンジニアの生態の紹介を皆様に知っていただけるような内容を定期的に配信します。 freeeでの自由度と裁量権の高い独自の開発文化を支えるエンジニア達がどういう想いや熱意でfreeeを開発しているのかに興味を持っていただければ幸いです。 ちょっと短めの時間で、参加しやすい・聞きやすい内容を目指します。 普段はなかなか参加できない…という方も、ラジオを聴く感覚で、ぜひご参加ください! freeeはクラウド会計・人事労務ソフトを5年以上開発を続けており、技術的な成果や経験を広く公開させていただきます。会計や人事労務などのセキュアなドメインならではの技術的工夫や苦労を、世の中にシェアし役に立てたいという想いから定期的にイベントを開催しています。 多くの方にご参加頂き、経験やノウハウの共有や交換のネットワークを広げるきっかけになれれば幸いです。 前回のイベント 日時 2021/11/19 (金) 19:00〜 内容・出演者 今回のテーマは『マネーフォワード vs freee、もし名古屋で開発するなら?』です。 これから名古屋に開発拠点を立ち上げるマネーフォワードと 2020年に拠点を構えたfreee。 なぜ名古屋に開発拠点が必要なのか、メリットやデメリット、作っているプロダクト、目指している本社との関わりなど、 両社が思っていること考えてることを対比しながら赤裸々に語ってもらいます。 また、今後名古屋でやっていきたいことや支社で開発することの楽しさに関しても深ぼってお話できればと思います。 ゲスト: 長島圭祐 (Kei) さん (Money Forward / 名古屋開発拠点 拠点長兼サーバーサイドエンジニア) 福岡でマネーフォワードクラウド債務支払の開発を担当しつつ、名古屋に新設される開発拠点の立ち上げを進めています。最近はサーバーサイドKotlinに夢中です。 Twitter: https://twitter.com/energyrevo21 ゲスト: 山崎遼介 さん (freee / 中部開発組織長) 中部開発組織を2020/7に立ち上げた。地域技術イベント『みそかつウェブ』を主催している。普段はfreee会計の開発を行っている。 Twitter: https://twitter.com/moaieee ラジオパーソナリティ: のぶじゃす (@noblejasper) mixi、ソーシャルゲーム企業でソフトウェアエンジニアを経験し2017年freee入社。入社後はエンジニア→エンジニア採用担当→エンジニアとDevBrandingを担当。しゃべりたがり。声が大きい 本編終了後に「アフタートークイベント」を実施します イベント本編では話しきれなかった内容や、希望者からの質問や相談などを受け付ける「アフタートークイベント」を実施いたします。本編終了後、Zoomに場所を移動して開催いたします。 本編とは違いアーカイブには残りません。ライブでは話しづらかった内容や、技術的に深い話を聞けるかも!? 参加ご希望の方は、必ず 「視聴+アフタートーク参加」 へ登録ください!スタッフから、会場のZoom URLをお送りします。 ※お飲み物・食べ物は各自でご準備の上、ご参加ください。 タイムスケジュール 時間 内容 19:00 開会 19:00 - 19:05 イントロダクション 19:05 - 20:00 トークタイム 20:05 - クロージング、(懇親会登録者のみ) 場所移動 20:10- アフタートークイベント -21:00 任意のタイミングで終了予定 キーワード freee / Money Forward / エンジニア / 名古屋 / 中部 / 開発拠点立ち上げ 会場情報 YouTube Liveで配信予定。URLは決定後公開します。 注意事項 当日はYoutTube Liveで配信します。YouTubeの視聴環境をご用意のうえご参加ください。 Twitterでの実況歓迎です。ハッシュタグは「#freeeTechNight」です。 主催者 freee Tech Night運営事務局

7/27 (火)

092b162ee5d2eb442f787490aebd384f マネーフォワード
株式会社マネーフォワード・株式会社SmartHR・株式会社スタメンの3社共催イベントです。
特記事項 ①株式会社SmartHR・株式会社スタメンの2社は名古屋での採用についてお話いただく会となります。 当日はスタメンさんの名古屋本社からオンラインで配信させていただきます。 ②営業やカスタマーサクセス職種の内容が多くなる予定です。 内容 株式会社マネーフォワード・株式会社SmartHR・株式会社スタメンが共催する初めてのイベント。 ​名古屋に本社・拠点を構える急成長中ITベンチャーの3社が集結して、採用責任者や東海責任者が、カジュアルなパネルディスカッション形式で自社の事業や組織・キャリアについて紹介します。 名古屋在住の方はスタメン名古屋オフィスからご参加可能ですので、別途お申し付け下さい。 Zoomにてオンライン中継も同時配信します。 この機会にぜひご参加ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 イベント概要 ・タイトル:急成長中ベンチャー 3社が語る 「ベンチャー企業で働く魅力」 ・日時:2021年7月27日(火) 18:30〜20:30 ・参加費:無料 ・会場:オンライン(Zoom) ※ZoomのURLは申し込み後、お送りいたします。 タイムスケジュール ~ 18:25 Zoom OPEN 18:30 ~ 18:35 開会の挨拶 18:35 ~ 19:00 各社会社紹介 19:00 ~ 20:00 パネルディスカッション ・自社のやりがいや魅力について ・職種・キャリアについて ・組織体制や名古屋拠点の様子 20:00 ~ 20:15 質疑応答 こんな方におススメです! ・ITベンチャーに興味を持っている方 ・マネーフォワード、SmartHR、スタメンに興味があって各社の話しを聞いてみたい方 ・ベンチャー企業の責任者と直接話しがしてみたい方 ・東海エリアで働いていて転職を考えている方 ・東海エリアにUIターンを考えている方 ・ベンチャーでボーダレスな働き方がしたい方 登壇者 株式会社スタメン カスタマープランニング部 部長 丸岡 智泰 2017年1月に株式会社スタメンに入社。ビジネスサイドの社員第1号として事業成長を牽引し、東京支社の立ち上げや大阪支社の支社長などの経験を経て、カスタマープランニング部 部長に就任。 株式会社マネーフォワード マネーフォワードビジネスカンパニー 執行役員CCO  山本 華佳 2014年マネーフォワードに入社。 同社バックオフィスSaaSマネーフォワード クラウドの士業向け営業組織の本部長を経て、2020年2月よりマネーフォワードシンカへ参画し、スタートアップ企業の成長支援に従事。 同年5月にHIRAC FUNDの組成を担当し、30.4億のファンド運営にも携わる。 2021年6月よりマネーフォワードビジネスカンパニー CCO:Chief Communication Officerとして主に広報・人事・採用に関する発信の責任者として執行役員に就任。 株式会社SmartHR 東海支店 支店長 平野 翔 自動車専門学校を卒業後、国内大手自動車メーカーの販売会社に新卒で入社し、自動車整備士としてキャリアをスタート。その後、広告代理店にて中小企業向けの求人広告営業業務に従事。2019年7月、SmartHRに入社し、オンラインセールスを担当する。2020年12月より東海エリアを担う東海支店支店長に就任。 株式会社SmartHR カスタマーサクセスグループ マネージャー 杉浦 俊貴 愛知県西尾市出身。新卒で大手家具企業に入社し、店舗スタッフとしてキャリアをスタート。その後、大手企業向けソフトウェアを運営する会社にてERPパッケージの運用支援に従事。 2019年3月、株式会社SmartHRにカスタマーサクセスとして入社し、全国のお客様へ提案・運用支援を行う。2020年1月から関西支社1人目のカスタマーサクセスとして支社立ち上げを担う。現在は東海・九州支店の立ち上げにも携わる。 モデレータ 株式会社スタメン HR戦略部 広報・採用 森田 明日香

5/25 (火)

Ecf2486de392c5817a13f87dd93018b5 Sansan株式会社
Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント
Sansan Technical View~Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント~ Sansanは「ビジネスインフラになる」べく、SansanやEight、新規プロダクトの開発に邁進しています。 自分たちが創り出すプロダクトの価値を訴求し、これまで無かった価値を生み出す。 なくてはならないものに変える。 このように "未来の当たり前" を創り出そうとする開発の現場では、どのようなチャレンジが行われているのでしょうか。 本イベントでは「挑戦」をテーマに、新規事業・モバイル・研究開発など様々な切り口から、Sansanエンジニア達のサービス開発における取り組みや、その過程で得た技術的知見を発表します。 ■こんな方におすすめ ・技術的な知識を共有、吸収したい方 ・サービス開発に携わる社会人の方 ・サービス開発技術を専攻されている学生の方 ・Sansanのエンジニアリングに興味がある方 ■ご参加方法・会場 ・connpassにてお申込みを受け付けます。右側の「このイベントに申し込む」よりご登録ください。 ・ご参加方法は、開催前日までに、お申込みされた方のみを対象にメールでご案内し、 上記「参加者への情報」欄にも記載します。ㅤ※直前にお申込みいただいた方にはメールが配信されません。上記「参加者への情報」欄よりご確認ください ・オンライン開催となります。配信はZoomもしくはYouTubeを予定しております。 ■Timetable 2021年5月25日(火) 19:00~21:15(受付開始 18:50) 時間 コンテンツ スピーカー 18:50 - 19:00(10分) 受付 19:00 - 19:05(05分) Introduction 19:05 - 19:15(10分) Opening Talk CTO 藤倉 成太 19:15 - 19:35(20分) XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み Sansan事業部 プロダクト開発部相川 健太 19:35 - 19:55(20分) ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み Eight事業部齊藤 実 19:55 - 20:00(05分) 休憩 20:00 - 20:20(20分) 新規事業でもマイクロサービスに挑戦する Bill One事業部加藤 耕太 20:20 - 20:40(20分) エンジニアリングが支える研究開発 DSOC 研究開発部高橋 寛治 20:40 - 21:15(35分) Ask the Speakers ※タイムスケジュールや内容は変更になる可能性があります。 ■Speaker Profile 相川 健太 / Sansan事業部 プロダクト開発部 iOS アプリエンジニア 発表テーマ:『XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み』 iOSアプリ開発の現場では、開発メンバーが増えれば増えるほどコンフリクトを解消することが難しくなりがちなファイルが存在しています。弊チームでも開発メンバーが増え開発スピードが上がるにつれ、その問題に悩むことが増えていました。 本セッションでは、その問題を XcodeGen というツールを用いて解決した話と、開発効率を改善すべく行っているマルチモジュール化の取り組みについてご紹介します。 プロフィール:@kalupas0930 公立はこだて未来大学大学院1年時に中退後、2020年にSansan株式会社へ入社。入社後はSansanのiOSアプリケーションエンジニアとして従事している。アプリの主要な機能の開発だけではなく、開発効率を改善するために XcodeGen を導入したりビルド時間を改善するためのマルチモジュール化などの業務も行っている。 齊藤 実 / Eight事業部 WEBエンジニア 発表テーマ:『ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み』 コロナ禍の影響によりオンラインでのイベント実施が定番となりつつある今、オフラインでしか得られないユーザ体験を、どのようにしたらオンラインでも感じてもらえるかと試行錯誤した結果生まれた参加型オンラインイベント「Meets Online Live」の開発の裏側と、それを支えたチーム体制についてご紹介します。 プロフィール: Sier・ベンチャー企業を経て、2020年にSansan株式会社へ入社、名古屋支店に配属。Eight事業部で主にビジネスイベント「Meets」や、Eightの広告事業に関する開発・運用に携わる。最近では、参加型オンラインイベント 「Meets Online Live」の立ち上げに関わり、技術調査、インフラ構築からフロントエンド開発までを担当。 加藤 耕太 / Bill One事業部 ソフトウェアエンジニア 発表テーマ:『新規事業でもマイクロサービスに挑戦する』 一般に、開発チームが小さい開発初期からマイクロサービスに分割することは、マイクロサービスアーキテクチャのアンチパターンとされています。一方で、弊社の新規事業である「Bill One」では開発チームが3人の頃からサービスを3つに分割し、コードベースをシンプルに保ち、独立してデプロイできるメリットを享受し、開発スピードを維持できています。本セッションではBill Oneにおけるマイクロサービスへの取り組みをご紹介します。 プロフィール: SIerを経て、2018年にSansan株式会社へ入社。Sansanのサーバーサイド開発を経験後、2019年から新規事業であるクラウド請求書受領サービス「Bill One」の立ち上げに関わる。Bill Oneではフロントエンド・バックエンド両方の開発に従事しつつ、アーキテクトとして技術選定や全体的な設計を担当。 高橋 寛治 / DSOC 研究開発部 研究員 発表テーマ:『エンジニアリングが支える研究開発』 DSOC は、あらゆるビジネスデータを集約し、出会いの未来を描く組織です。研究開発により出会いの未来を描き、その未来をエンジニアリングにより現実のものへとしていきます。本講では、研究開発結果の紹介とともにどのように本番運用されているかを説明します。また、運用や改善をより強固なものへとする MLOps に関する取り組みについても紹介します。 プロフィール:@kanji250tr 長岡技術科学大学大学院 工学研究科修士課程 電気電子情報工学専攻修了。在学中は、解析ツールの研究開発や機械翻訳の評価手法の考案など、自然言語処理の研究開発に取り組む。現在は、キーワード抽出など自然言語処理に関連する研究開発に従事。 ■ご注意事項 ・参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。 ・イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 ・参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 ■個人情報のお取り扱いについて 本イベントで取得する個人情報のお取り扱い方針については、以下内容をご確認、ご同意の上でお申込みください。 Sansan株式会社の個人情報のお取り扱い方針 ■アンチハラスメントポリシー 本イベントはアンチハラスメントポリシーを定めております。参加者は内容をご確認、ご同意の上でご参加をお願いします。 本イベントでは、特定の社会的属性――ジェンダー・性自認・性的指向、障がい、外見・身体的特徴、エスニシティ・国籍、年齢、宗教、特定のツールやプログラミング言語、専門とする学問領域、教育的バックグラウンドなど――に基づく差別的言動を、一切許容しません。 加えて、参加者による以下のような行為を、SNS、イベント会場等問わず禁止します。 ・攻撃的な発言 ・脅迫行為 ・ストーキング行為 ・つきまとい ・不適切な接触 ・性的な画像の掲示などを含む不適切な情報の開示 ・その他、事務局が不適切と判断した行為 参加者がこれらの行為に加担した場合、事務局側は当該参加者に対し必要な処分を行うことができます。この処分には、当該参加者への勧告、今後のイベントに聴講者・登壇者として関わることの禁止などを含みます。また、今後のよりよい運営のために、事態の詳細をレポートとして公開する場合があります。 本イベントの中で、「これはハラスメントではないか?」と感じたり、他の誰かがハラスメントを受けていることに気が付いた場合、または事務局側の体制がこれらのポリシーを満たさないと感じることがあった場合には、以下までご連絡ください。 mail:33tech@sansan.com 以上、イベントの健全な運営のため、ご協力をお願いします。