Baratii (@kuwabarahiro)


参加する勉強会



過去の勉強会

5/19 (水)

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
-デジタル社会実現に向けた取り組み-
「DXシリーズ」のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、DX分野を主導されている方々をお迎えし、AITC Webセミナー「DXシリーズ」を開催いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。奮ってご参加ください。 なお、AITC WebセミナーDXシリーズ「DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 」の全容については、下記の「DXシリーズ開催計画」をご参照ください。 【動画&資料公開のご案内】 すでに開催済みの本シリーズ第1回~第7回の動画と資料(第2回は資料のみ)は、こちらに公開しております。https://apps.aitc.jp/dx/ どうぞご参照ください。 「DXシリーズ」第9回開催概要 「日本企業におけるDX推進と実現に向けて」をテーマとするパート2の3回目の講演には、情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長 片岡晃様をお迎えし、「日本企業のDXの現状と課題-デジタル社会実現に向けた取り組み-」と題しお話いただきます。 【特記事項】 ・第9回は、都合により当初ご案内の和泉憲明様に代わり片岡晃様にご講演いただきます。 ・本“DXシリーズ”は各回の内容が独立しており、初めてのご参加でも全く問題ありません。 ・本セミナーにはAITC会員に加え、非会員の皆さまにもご参加いただけます。お知り合いの方々にも是非お声掛けください。 日時:2021年5月19日(水)19時~20時 終了後に、30分程度で質疑応答や意見交換を予定 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 講演タイトル:「日本企業のDXの現状と課題-デジタル社会実現に向けた取り組み-」 講演概要 新型コロナウィルスは、期せずして社会や人々の意識・行動に大きな変化をもたらしました。例えば、テレワークでのビデオ会議などICT技術の広範な活用です。デジタル技術により社会の仕組みを変革し、新たな価値を創出するSociety5.0の実現に向け、さらなる加速が必要です。 IPAでは、2020年12月公布の「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づき、有識者、ITベンダー、行政等と連携し、強力にDXを推進しています。 本講演では、日本のDXの現状と課題について解説するとともに、IPAのDX推進とデジタル社会実現に向けた取り組みについても紹介します。 講演者:片岡 晃様(独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) プロフィール 京都大学工学部卒業後、日産自動車、パナソニックを経てIPAで勤務。 イノベーション人材センター長、産業サイバーセキュリティ副センター長、ソフトウェア高信頼化センター所長を歴任。 2018年からは、社会基盤センター センター長。 その他、2020年度まで(一社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)次世代AI人材育成訓練プログラム委員、文科省enPiT外部評価委員会委員を務め、現在は(一社)情報サービス産業協会(JISA)技術革新委員会委員、日経コンピュータIT Japan Award審査員などを務める。 対象者: 日本企業におけるDX推進と実現について関心をお持ちの方 マネジメント、企業戦略担当、技術者 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集締め切り: 2021年5月17日(月) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ( http://aitc.jp/ )でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。 ---------------------------------------------------- AITC Webセミナー「DXシリーズ開催計画」 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月(予定) <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月(予定) テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・片岡晃様 (独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) (お知らせ:都合により、第9回の講師は当初ご案内の和泉憲明様から片岡晃様に変更となります。) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント<開催済み> 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演<開催済み> 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演<開催済み> 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演<開催済み> 第5回:2021年3月24日(水)19時~20時 羽生田様ご講演<開催済み> 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション<開催済み> 備考:セミナー終了後、講師との意見交換&懇親会を適宜開催の予定 <パート2> 第7回:2021年4月21日(水) 19時~20時 山本様ご講演※1<開催済み> 第8回:2021年5月07日(金) 19時~20時 前川様ご講演※1<参加者募集中> 第9回:2021年5月19日(水) 19時~20時 片岡様ご講演※1<参加者募集中> 第10回:2021年6月4日(金) 19時~20時30分 パネルディスカッション※2 ※1:終了後、質疑応答、意見交換の場(30分程度)を予定 ※2:終了後、オンライン懇親会の開催を予定

12/18 (金)

B61fb095b2c45cef2ce3498dd9ffbe6d スマートエスイー : スマートシステム&サービス技術の産学連携イノベーティブ人材育成
IEEE Computer Society講演会・合同授賞式、IoT・AIほか最先端ICT社会人教育
【参加募集】IEEE CS Japan/Tokyo Award記念講演会・スマートエスイー説明会 2020年12月18日(金)9:30-12:30(予定)オンライン 2020年12月18日にZoom上で、IEEE Computer Society Japan Chapter Young Author Award (YAA)、Tokyo/Japan Local Award 合同授賞式ならびに受賞記念講演会を行います。超スマート社会の基盤技術に関しトップジャーナルやカンファレンスで認められた世界最先端の話題の講演を受賞者からいただくとともに、IEEE Computer SocietyのLeila De Floriani会長ならびに橋本隆子 次期BoG理事をお招きして講演をいただきます。 加えて、超スマート社会実現に欠かせない人材育成の産学連携による取り組みとして、社会人教育プログラム enPiT-Proスマートエスイーの成果ならびに次年度募集説明会(スマートエスイー2021年度募集要項※)を実施します。ぜひご参加ください。 ※スマートエスイー 2021年度 6カ月正規履修の受講申し込み期間は、2020年12月21日~2021年1月21日を予定しています。 開催組織: 主催: IEEE Computer Society Tokyo/Japan Joint Chapter, IEEE Computer Society Kansai Chapter, enPiT-Pro スマートエスイー, スマートエスイーコンソーシアム 概要: 日時: 2020年12月18日(金)9:30-12:30(予定) 場所: Zoom 参加申込: 本connpassの参加申込フォームからお申し込みください。 参加費: 無料 プログラム 9:30- 9:50 記念講演 大規模SNSを対象としたテキストデータマイニング ー集合行動解析とそのアプリケーションー 橋本 隆子(千葉商科大学、2021年 IEEE Computer Society BoG理事) 近年、ソーシャル・ネットワーキングサービス(以下SNS)では、デマ拡散や誹謗中傷と いった非合理的かつ偶発的な群衆行動(集合行動)が頻発し、深刻な社会問題になっている。 日々刻々と話題や言葉が変化するSNSにおいては、既存の意味理解による自然言語解析や深層学習的なアプローチでは対応しきれない。そこで本発表では、集合行動のメカニズムや特徴の理解により、大規模SNS上のデマや誹謗中傷といった話題の構造を捉えることで、集合行動を把握する手法とそのアプリケーションを紹介する。 9:50-10:05 Tokyo/Japan Joint Local Award 講演 "An Absorbing Markov Chain Based Model to Solve Computation and Communication Tradeoff in GPU-Accelerated MDRUs for Safety Confirmation in Disaster Scenarios" (IEEE Transactions on Computers, Vol. 68, No. 9, 2019) 毛 伯敏 (東北大学大学院情報科学研究科) 10:05-11:00 基調講演 Representation and topology-based clustering methods for spatial data analysis Leila De Floriani (2020年 IEEE Computer Society 会長) Abstract Enabling insight into large and complex spatial datasets is the central theme in spatial data science. It requires efficient data representation methods, powerful analysis algorithms for data transformation and effective visualization techniques to allow domain experts to gain insight from the data. The focus is on spatial data representing continuous phenomena, such as scalar fields (terrains, 2D or 3D images, unstructured volume data sets, etc.), and multifields, collections of fields with different modalities. The talk will focus on compact and scalable representations for large-size spatial data sets, and data transformation methods based on unsupervised learning. Specifically, we will review new approaches to data representation based on modular decompositions and discuss their scalability, and describe topology-based methods for data transformation. Topological data analysis is a vibrant area of research in both machine learning and data visualization. New trends and challenges in this area will be discussed. Biosketch Leila De Floriani is a professor at the University of Maryland, College Park, USA. She has previously been a professor at the University of Genova (Italy), and she has also held positions at the University of Nebraska, Rensselaer Polytechnic Institute, and the Italian National Research Council. De Floriani is the 2020 President of the IEEE Computer Society. She has been a member of the Board of Governors of the IEEE Computer Society (CS) since 2017. She is a Fellow of the IEEE, a Fellow of the International Association for Pattern Recognition, a Fellow of the Eurographics Association, and a Pioneer of the Solid Modeling Association. She is an IEEE Computer Society Golden Core Member and a member of the IEEE Honor Society IEEE-HKN. She has been also inducted in the IEEE Visualization Academy in 2020. She has been the editor-in-chief of the IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG) from 2015-2018, and served as an associate editor for IEEE TVCG from 2004-2008. De Floriani is currently an associate editor of ACM Transactions on Spatial Algorithms and Systems, Computers and Graphics, GeoInformatica, and Graphical Models. She has served on the program committees of over 150 leading international conferences, including several IEEE conferences, and has contributed to many conferences in a leadership capacity. De Floriani has authored over 300 peer-reviewed scientific publications in data visualization, geospatial data representation and processing, computer graphics, geometric modeling, shape analysis and understanding, garnering several best paper awards and invitations as a keynote speaker. Her research has been funded by numerous national and international agencies, including the European Commission and the National Science Foundation. 11:00-11:25 YAA講演会 "Dynamic Set kNN Self-Join" (International Conference on Data Engineering, 2019) 天方 大地 (大阪大学大学院情報科学研究科) 11:30-11:35 enPiT-Proスマートエスイーの成果ならびに次年度募集説明会: オープニング 岡崎 正一(スマートエスイー事務局長) 11:35-11:50 IoT・AI×ビジネスのDX人材育成:スマートエスイーの成果と展望 – 2020年度成果および2021年度募集 鷲崎 弘宜 (早稲田大学、スマートエスイー事業責任者、2021年 IEEE Computer Society 副会長) コロナ発の真のDX元年を迎えてリードするにあたり、IoT・AIに代表されるデジタル技術とそのビジネス応用を通じた価値創造とビジネス・組織変革をリードする人材育成が必要です。その育成に向けた社会人教育プログラム enPiT-Pro スマートエスイーではフルオンラインにより学びを加速させ、さらにコンソーシアムを通じた石川県での地域展開など、コロナ禍を学びの好機と捉えて発展を進め、2020年度に3期生を送り出しました。その成果を報告するとともに、2021年度に4月~9月開講の正規履修のカリキュラムをご案内します。 11:50-12:10 スマートエスイー 2020年度修了生優秀発表 スマートエスイーではAI・IoT・ビッグデータやビジネスそのほかについて学習したことの総仕上げとして、修了制作を実施しています。具体的には受講者が所属企業から持ち込む実問題または連携企業や団体提供の現実に類する課題や環境を対象に、大学・研究所教員(および連携企業)とのマンツーマン個別指導体制を通じたイノベーション・価値創造のためのシステム&サービス制作および研究を実施するものです。その成果のいくつかをご紹介します。 レンタルおしぼり回収数量 見える化プロジェクト(深層学習を活用した数量測定の実践) 堺 康行(スマートエスイー 3期生) 安価なセンサを使用した工場内作業分析のためのIoTシステム 金井 宏樹(スマートエスイー 3期生) 12:10-12:30 スマートエスイー事務局からのご案内(募集スケジュールなど)・質疑応答

10/9 (金)

D803e348148f444450efde683c750fca AITCセミナー
【第11回総会&総会記念講演 開催概要】 早いもので、この9月1日をもって本会活動は11年目に突入しました。 これを機に、来る10月9日(金)に『第11回総会』をオンラインで開催させていただきます。 総会議事としては今期(2020年9月1日~2021年8月31日)の活動計画はじめ昨期の活動実績等についてご審議いただきます。AITC正会員(法人、個人事業主)の皆様には、必ずご出席いただき、議決権の行使をお願いいたします。 総会記念講演では、名古屋大學 名誉教授、経産省「デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた研究会」委員、AITC顧問の山本修一郎様より「DX推進知識の共特化」と題しご講演いただきます。 昨年に続いてDXがテーマとなりますが、新型コロナがもたらした新しい世界観と技術変革に向き合う日々のヒントとなる、示唆に富むご講演をお聞かせいただけるものと思います。 総会終了後にはオンライン懇親会を行います。 先端IT利用推進への志を共有する仲間達との情報や意見の交換、交流はAITCの魅力の一つです。 お飲み物を片手に、気軽に会話の輪に加わっていただけたら幸いです。 折角の機会ですので、会員、非会員を問わず、一人でも多くの方に本会の活動をご紹介したく、また総会記念講演をお聞きいただきたく思います。総会記念講演からのご参加も可能です。 皆様の周囲で、先端ITや今後の展望、総会記念講演に関心をお持ちの方々がおられましたら、途中参加も可能ですので、是非ご案内ください。 準備の都合上、事前の参加お申込みをお願いいたします。 皆様のご臨席をお待ち申し上げます。 日時:2020年10月9日(金) 18時00分-19時30分(終了後、懇親会を開催) 会場:Webex利用予定(会議室情報は後日ご案内します) プログラム (予定): 18:00-18:30 第11回総会(開会宣言、総会議案説明・審議、会長挨拶) ■第10期(2019年度)活動報告・収支決算報告に関する審議 ■第11期(2020年度)活動計画・予算計画・役員選任に関する審議 ■第11期(2020年度)部会&協働プロジェクト活動計画のご紹介 ◆総会議案書について◆ 総会開催前に会員限定公開としてAITCのサイトに掲載いたします。 アクセスに必要な情報は会員MLを用いて後日ご案内いたします。 18:30-19:30 第11回総会記念講演「DX推進知識の共特化」 講師:山本 修一郎様 名古屋大學 名誉教授、経産省「デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた研究会」委員、AITC顧問 講演概要: コロナ禍で非対面活動や非接触経済が社会に浸透していく中で、非接触型サービ スを提供するために、デジタル技術を活用して異なるプレーヤのつながりを実現 するデジタルトランスフォーメーション(DX)が重要になっています。 DXの推進では、物理装置やIoTデバイスとITを組合わせて大量データをクラウド で分析するなど、異なる専門知識を統合する共特化(Co-Specialization)が必要になります。しかし、共特化では予め知識が明確になっていないので、試行錯誤が必要です。本講演では、DX推進知識における共特化とその重要性について紹介します。 講演者プロフィール: 1979年日本電信電話公社入社、2002年株式会社NTTデータに転籍、2009年名古屋大学情報連携統括本部教授。2020年名古屋大学名誉教授、電子情報通信学会フェロー。 情報処理推進機構社会基盤センター専門委員(2020) 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会 主査(2008~2020) NTTデータ技術開発本部初代フェローとしてシステム科学研究所長を務め、知識創造デザイン技術、ICカードプラットフォーム、分散アプリケーション開発環境などのプロジェクトを推進。 情報処理学会、電子情報通信学会から2002年、2003年にそれぞれ業績賞を受賞。 情報処理学会、電子情報通信学会、プロジェクトマネジメント学会、人工知能学会、ACM、IEEEに所属。 「要求開発の基礎知識」、「CMCで変わる組織コミュニケーション」他 著書、論文多数。 18:45-20:30 懇親会 懇親会は、会員、非会員を問わず、ご参加いただけます。 鶴保会長、総会記念講演の山本先生、AITCの各活動のリーダーも参加いたします。 情報や意見交換を行い、交流を深める絶好の場です。どうぞ、奮ってご参加ください。 参加対象者: AITC会員(会員企業の社員、個人会員、学術会員、特別会員の所属員) 先端ITとAITCの活動に関心をお持ちの非会員の方 参加費: AITC会員、非会員ともに無料 募集人数: AITC会員:70名、非会員:30名 会員、非会員ともに先着順 お申し込み期限: 10/7(水) 17:00 お申し込み方法: このページより申し込みください。 AITCの会員かどうかはこちらでご確認ください。 会員企業一覧→" rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html その他: ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページでお確かめの上、ご来場ください。" rel="nofollow">http://aitc.jp/ ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。