yamamoto377 (@ki1la)


参加する勉強会

10/9 (土)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
PRMU共催「コンピュータビジョンのお仕事」
目的: 第8回 全日本コンピュータビジョン勉強会は、パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)との共催で開催されます。 PRMU 10月開催プログラム 今回は、「コンピュータビジョンのお仕事」というテーマで、実際にコンピュータビジョンの業務に関わっている方々にお仕事内容についてご発表頂きたいと思います。 発表内容は製品紹介などオープンになっている情報でも結構です。 ぜひ、自社の宣伝やリクルーティングなどにもご活用ください。 また、「なぜ現在のようなキャリアになったのか」という個人的な体験なども大歓迎です。 PRMU研究会: PRMU研究会は10/8(金)~10/9(土)の二日間にわたり「研究を効率的に進めるためのプロセスや周辺技術」というテーマでオンラインで開催されます。 当勉強会参加者は、PRMU研究会も無料でご参加いただけます。ただし予稿はつきませんので、予稿が欲しい方はPRMU研究会への登録をお願いいたします。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=afad0a06f26b0ba058f7a46268673bddbbff4c3927f68a0206a4d5b8805f7ef0 PRMU研究会の技術研究報告の年間予約者は、事前に電子データをダウンロードするか、当日インターネットに接続して各自ダウンロードして下さい。 年間予約者でない方も、下記から「オンライン参加登録」することにより、技術研究報告の電子データをダウンロード(有料)できます。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=afad0a06f26b0ba058f7a46268673bddbbff4c3927f68a0206a4d5b8805f7ef0&lang=#download 「参加費のお支払いについて」の案内に従って,参加費(オンライン決済)をしてください. 発表者: 今回参加申込みは ・「発表枠」 ・「参加枠」 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 発表順は後ほどこちらでお知らせします。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:30 Opening+各勉強会の紹介 配信: 配信は発表はZoomを使用します。Youtube Liveでも配信を行う予定です。(PRMUと同じ環境を使用します。) 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。 配信URLは、前日(10/8)の夕方にconnpassのメッセージ機能でお知らせしますので各々確認をお願い致します。また、補欠枠の方もYoutube Liveでの閲覧は可能です。 質疑応答 質疑応答はSlackにて行う予定です。 参加URLは前日(10/8)の夕方にconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv


過去の勉強会

7/20 (火)

Bb24b37cffd79b381f48dde16b58b572 よみかい_Ridge-i
機械学習をBtoBビジネス領域で実用化しているスタートアップ2社のエンジニアが語ります!
イベント概要 革新可能性の高い技術として注目される機械学習。ビジネスに応用することで大きなインパクトを生み出すことができます。 本イベントを主催するファーストアカウンティングとRidge-iは、機械学習のビジネス実装で社会変革を目指すという共通の志を持っており、技術的な挑戦やビジネスに応用する面白さを多くの方に知っていただきたいと考えています。 機械学習のビジネス応用を成功させるためには何が必要なのか?乗り越えなければいけない壁は何か? ファーストアカウンティングCOO,Ridge-i VPoEをはじめ,各社のトップエンジニアが自らの体験談や導入事例を紹介します。 機械学習の技術やビジネスに関心がある方、ぜひご参加ください! ※ 「機械学習をビジネスに応用するための要素技術と事例紹介」の第1回は4/28に開催しました。第2回は第1回の内容とは独立しておりますので、初めての方も大歓迎です。 こんな方におすすめ 機械学習の実務に携わっているので、他社の事例で学びを深めたい方 機械学習の勉強をしていて、これから実務に携わってみたい方 機械学習を使ったビジネスにチャレンジしてみたい方 機械学習を応用したプロダクトやサービスに興味がある方 などなど、機械学習やビジネス応用へ興味がある方歓迎です! 当日の流れ(予定) 本イベントはzoomにて開催いたします。 イベントURLは追ってご参加予定の方にお知らせいたします。 ◆ 第1部 テーマ別ピッチ(19:05-19:55) DXの実現に向けて、機械学習のビジネス実装を成功に導くための要素を具体的な事例を通してお伝えします。 ◆ 第2部 パネルディスカッション(19:55-20:25) 2社のCOO、VPoE、エンジニアによるパネルディスカッションです。多くの現場を経験してきたからこそ語れるリアルな内容をお届けします。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 18:50-19:00 受付 -- 19:00-19:05 オープニング -- 19:05-19:30 第1部テーマ別ピッチ①AIプロジェクトを成功させるためのカスタマーサクセスの重要性 ファーストアカウンティング岡崎優尋 19:30-19:55 第1部テーマ別ピッチ②クイックなプロトタイピングからDXを促進するプロダクトへの進化 Ridge-i関口頌一朗 19:55-20:25 第2部パネルディスカッション・デジタルトランスフォーメーションの現状と導入に向けた課題・各社のDX展開戦略について ファーストアカウンティング小島勇志(COO), 岡崎優尋Ridge-i西野剛平(VPoE), 伊澤遼平 20:25-20:30 クロージング -- 最後に参加者の皆様からのご質問にもお答えします! アンケートへのご協力のお願い 参加された方には、イベント終了後にアンケートへのご回答をお願いしております。 アンケートにご回答された方の中から抽選で4名様に、Amazonギフト券3000円分をプレゼントいたします! (アンケートのURLは後日お知らせいたします。) 主催者および登壇予定者 主催: ファーストアカウンティング株式会社 株式会社Ridge-i 登壇予定者: 【ファーストアカウンティング】小島勇志(COO)、岡崎優尋(カスタマーサクセスエンジニア) 【Ridge-i】西野剛平(VPoE)、関口頌一朗(エンジニア)、伊澤遼平(エンジニア)

10/10 (土)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
PRMU共催「人に関わる認識・理解」論文読み会
目的: 第四回 全日本コンピュータビジョン勉強会は、パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)との共催で開催されます。 PRMU 10月開催プログラム そこで、今回は10月のPRMUのテーマである「人に関わる認識・理解」に合わせた論文読み会をしたいと思います。 例えば 人物検出/追跡 顔認識関係 姿勢推定 行動認識 医療画像認識 Human Computer Interaction など人が関わる論文であればなんでもOKです。 ぜひ、この機会に読みたい論文や紹介したい論文についてご発表下さい。 PRMU研究会: PRMU研究会は10/9(金)~10/10(土)の二日間にわたり「人に関わる認識・理解」というテーマでオンラインで開催されます。 なお、10/9(金)のPRMUはオンライン参加登録(有料)が必要です。 10/10(土)のPRMUは無料でご参加いただけます。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=ab79bf57fa486d9895b9ff5890f67acce83ef9a6809b39804fbce87126b68d8e PRMU研究会の技術研究報告の年間予約者は、事前に電子データをダウンロードするか、当日インターネットに接続して各自ダウンロードして下さい。 年間予約者でない方も、下記から「オンライン参加登録」することにより、技術研究報告の電子データをダウンロード(有料)できます。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=ab79bf57fa486d9895b9ff5890f67acce83ef9a6809b39804fbce87126b68d8e&lang=#download 「参加費のお支払いについて」の案内に従って,参加費(オンライン決済)をしてください. 発表者: 今回参加申込みは ・「発表枠」 ・「参加枠」 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 発表順は後ほどこちらでお知らせします。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:30 Opening+各勉強会の紹介 13:30 - 14:00 takmin Weekly Supervised Person Re-Identification 14:00 - 14:30 akihiro_fujii Evolving Losses for Unsupervised Video Representation Learning 14:30 - 15:00 休憩 15:00 - 15:30 alfred_plpl MOTS: Multi-Object Tracking and Segmentation 15:30 - 16:00 Katsutoshi_Shiraki Spatial Temporal Attention Graphによる関節の重要度と関係性を考慮した動作認識 16:00 - 16:30 休憩 16:30 - 17:00 nk116 Inference Stage Optimization for Cross-scenario 3D Human Pose Estimation (NeurIPS 2020) 17:00 - 17:30 godel マンナビについて、ground truthになったVSLAM(仮) 配信: 配信は発表はZoomを使用します。Youtube Liveでも配信を行う予定です。(PRMUと同じ環境を使用します。) 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。 配信URLは、前日(10/9)の夕方にconnpassのメッセージ機能でお知らせしますので各々確認をお願い致します。 質疑応答 質疑応答はSlackにて行う予定です。 参加URLは前日(10/9)の夕方にconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv