ken_ozawa (@ken_ozawa)


参加する勉強会



過去の勉強会

9/14 (火)

978cfead4d63ea70f8e366e18b2fa9b6 TechLION
視聴方法 本イベントはYouTubeにて配信します https://youtu.be/wkgri_7AV28 プログラム 2020年初頭から世界を混乱に招いた新型コロナウィルス(COVID-19)。2021年も半分が過ぎた今もなお、世界中で猛威を振るっています。TechLIONは本格的なコロナ禍になる直前にリアル開催(vol.36)、そして、年が明け2021年コロナ禍真っ只中に、10周年記念回(vol.37)を開催しました。 このように、自分たちの身の回りでも、さまざまなあたりまえが変わり、行動様式が変容しました。その1つとして、物理空間と情報空間での変化が挙げられます。 今回、1年半以上コロナ禍が続くここ日本で、とくにIT産業に関わる人たちの変化がどうなったか、働き方に注目し、その中におけるテクノロジーの活用とこれからの可能性について考察してみます。 出演:城戸彩乃、神森勉、平田大治 MC:法林浩之、馮富久 開催概要 名称:TechLION vol.38 ~コロナ禍で何が変わった?働き方に見る物理空間と情報空間の可能性〜 主催:チームTechLION 協賛:USP研究所、技術評論社 後援:日本UNIXユーザ会 日時:2021年9月14日(水) 20:00開演、21:30終了予定 場所:オンライン (YouTubeにて配信) 料金:無料 公式タグ:techlion 問い合わせ先:チームTechLION (E-mail:staff[at]techlion.jp) イベント詳細 https://techlion.jp/vol38

9/5 (土)

C9b8fd1a85edcd26a1eaa3d733f22426 Home 365 User Group
とうとうオンラインでやるよ!第4回目のお祭を開催!( ほ~む さんろくご まつり )
※内容などは変更する場合があります。 【こんな祭り】 Microsoft 365 や Power Platform を中心とした個人・家庭利用ネタなら何でもOK!という祭りです。 オフラインイベントにこだわっていましたが、一向に開催できないまま前回の祭りから1年経過してしまったので、オンラインイベントで挑戦してみる事にしました。 「勉強会」という感じでもないしあまり「こうあるべき!」というのを押し付けるイベントでもないです。 とにかく業務利用のサービスである事は忘れて、趣味の集まりみたいに「楽しむ」そして「緩く」やりたいです。 登壇に関しても、登壇の練習と思ってやってもらってOKです。時間超過だけ気を付けていただければ! 運営も緩くやります。 【登壇情報】順不同 ■タイトル 我が家族の見える化を支えるMy Home 365、ありがとう~ ■概要 石川家でホットなMicrosoft 365 & Power Platformは、PowerPointとPower BIです。どんな背景から? 何の機能を??といったところをうちの家族の紹介とともにお話します。 ■登壇者 石川 陽一 @ishiayaya ■タイトル Power Platformで自分のモチベーションを数値化した話 ■概要 「高い」か「低い」かだけで語られがちな自分のモチベーション。どんな時にどのくらいのモチベーションがあるのか、Power Platformを使って数値化してみました! ■登壇者 小泉 喬亮 ■タイトル 欲しいアプリは欲しい人の親が作る?!知育アプリ自作のすゝめ ■概要 子供の知育、どうしていますか?面白そうな玩具は高すぎるし、せっかく買った玩具は使われない。ならば、作ってしまいましょう!ということで、我が家で実際に作成し利用した知育アプリをご紹介します! ■登壇者 小玉純一 ■タイトル 趣味の面倒な部分を効率化してみた! ■概要 ランニング記録アプリ作った自慢 バドミントンのスコアシート作成アプリ作った自慢 ■登壇者 hanakuso(akira) ■タイトル Home 365 と Work From Home の関係性を考える ■登壇者 Shinsuke Saito (まさ) ■タイトル 難病と戦う娘さんとコミュニケーションが取りたい!というお母さんの為の Power Apps ■概要 メイちゃんは8歳。障害があってお話ができません。でも、最近はお母さんに色々伝えたい事があるみたいですが、なかなか思うようにコミュニケーションが取れず、イライラしてしまう様子。絵カードや汎用アプリはあるけど、ぴったりのものに出会えず困っていました。メイちゃんのお母さんと一緒にコミュニケーションアプリを作る Home 365 プロジェクトを始めました!というお話。 ■登壇者 名古屋のおかみさんこと橋本真弓 ■タイトル アレのおかげで #o365diet が! そして更なる高みへ… ■概要 Office 365 (当時)+ Power Platform を使って我が家のダイエットを支える企画第一弾の筋トレシステム。しつこいほどこのネタで色々なところで登壇しましたが、最初の登壇は前回の Home 365 祭でした。 あれから1年以上経過した今、その筋トレシステムに大きな異変が!! ■登壇者 中村 太一( Microsoft MVP ) 【タイムテーブル】(仮) 時間 内容 13:00- 始まりの挨拶 13:10-13:30 登壇1人目 13:30-13:50 登壇2人目 13:50-14:10 登壇3人目 休憩(時間調整) 14:20-14:40 登壇4人目 14:40-15:00 登壇5人目 15:00-15:20 登壇6人目 休憩(時間調整) 15:30-15:50 JPAO 演奏 15:50-16:00 終わりの挨拶 【その他】 Microsoft Teams のオンライン会議を予定しています。 会議へのURLは前日から案内します。 主催から指示があるまでは会議中はマイクオフでお願いします。 カメラオンは大歓迎です。

8/13 (木)

A2b5dc7392ea67a2360ddfc868bf2c04 Fin-JAWS
Fin-JAWS 第14回 Fin人類育成計画 今回のテーマは、金融において「クラウド人材が不足している」、「何から始めればいいかわからない」、「社内の人材育成に困っている」と言った声をよく聞きます。そんな皆様のために、育成計画を始動いたします。。。 AWSに関する技術書の著者から、思いの丈をお話しいただきます! COVID-19 による Fin-JAWS 運営の対応 4月7日に内閣総理大臣より、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している事態を受けて、法律に基づく「緊急事態宣言」が行われました。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示 AWSユーザー会の支部である Fin-JAWS(金融とFinTechに関するJAWS支部)では「こういう事態だからこそ、ビジネスや学びの時間を止めないように、みんなで出来ることをしよう!」という思いから、継続的にオンラインにて勉強会を開催致します。 Fin-JAWSの概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 アジェンダ ※各セッションの時間は変更される可能性がございますので、予めご容赦願います。 時間 内容 登壇者 20:00~20:10 オープニング Fin-JAWS 運営メンバー 20:10~20:30 怒涛のAWS入門!クラウドプラクティショナー! 知ってました?あなた、クラウドプラクティショナーなんですよ。 トレノケート株式会社 山下 光洋さん 20:30~20:40 Q&A and break time 20:40~21:00 SA Pro Essentials プロフェッショナルを目指すあなたに・・・ 株式会社野村総合研究所 早川 愛さん 21:00~21:10 Q&A and break time 21:10~21:30 AWS認定セキュリティ - 専門知識 AWSのサービスを使って楽してセキュリティ向上!! NRIネットコム株式会社 佐々木 拓郎さん 21:30 中締め 21:30~22:00 座談会 22:00 クロージング Fin-JAWS運営メンバー リモート参加 について ビデオ会議形式 もしくは YouTube Liveなどでの配信を考えています。 参加 URL については、準備が整い次第、当該イベントページの "参加者への情報" へ追記いたします。 ※"参加者への情報" は申し込んだ方だけが確認可能です。 ご注意 写真、ソーシャル拡散はWelcomeです。但しNGの箇所については発表者に従ってください。 JAWS-UGイベントへの参加者は必ず以下のルール、マナーをご確認ください。 JAWS-UGに参加するルールとマナー その他、お気付きの点がございましたら、Fin-JAWS 運営メンバーへお知らせください。 ご登壇者紹介 山下 光洋さん (トレノケート株式会社) 著者紹介 Twitter @yamamanx 2015年JAWS-UGに出会い、同時期にAWSを事業で本格的に使い始める。 2018年より、AWS認定インストラクター(AAI Champion)として、トレノケート株式会社にてAWS認定クラスルームトレーニングを実施。 年間1,000名さん以上の受講者さんにAWSがいかに素敵なのかを伝え、2018年、2019年 ATP アワードベストインストラクター2年連続受賞。 現在のAWS認定は9つ。 以前は事業会社の情報システム部門に所属し、当時の対談やAWS Summit登壇の様子がWebに公開されている。 デジタルビジネス時代、「情シス不要論」の真意とは?:「不要な情シス」と「頼られる情シス」 - @IT 、 ログミー 山下 光洋 。 主に参加している勉強会は、ヤマムギ、JAWS-UGなど。 個人ブログは主催している勉強会と同じ名前の ヤマムギ 。 著書 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー (SBクリエイティブ) AWSではじめるLinux入門ガイド (マイナビ出版) 他 早川 愛さん (株式会社野村総合研究所) プロフィール 金融系システムのインフラエンジニアとしてシステム基盤の設計・構築・エンハンス業務を担当。 2016年より金融を中心としたエンタープライズ企業向けにパブリッククラウド導入の技術支援に従事。 2018年、AWS Summit Tokyoで開催されるAWSに関する深い知識を問うクイズ大会「ウルトラクイズ」で優勝。 その後も、Fin-JAWS運営など、社内外のコミュニティを通してAWSに関する情報発信やエンジニア育成に貢献。 その活動が評価され、 2020年にAPN Ambassadorに認定。 著書 AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル ~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説 佐々木 拓郎さん (NRIネットコム株式会社) プロフィール NRIネットコム株式会社所属 クラウドを活用してサービスやシステムを作ることのお手伝いをしている。 プライベートの時間を使って趣味として技術書の執筆を始めるも、最近は第二の仕事と化して年中仕事に追われる羽目となっている 著書 要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ-専門知識』 AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法 Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド AWSの薄い本 IAMのマニアックな話 AWSの薄い本Ⅱ アカウントセキュリティのベーシックセオリー イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本 Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例 データを集める技術 クラウドエンジニア養成読本 スペシャルサンクス (配信担当) 沼口 繁さん (Amazon Web Service Japan K.K) プロフィール アマゾンウェブサービスジャパン株式会社で2017年よりコミュニティプログラムを担当。 Fin-JAWS 運営メンバー (50音順) 渥美俊英、あべんべん、大久保光伸、岡崎賢吉、釜山公徳、小出淳二、早川愛、南達也、山口正徳