kekeke_47 (@kekeke_47)


参加する勉強会

12/14 (火)

848828ef411b72a8afe080edfe718227 Forkwell
〜企業規模別に見るコーポレートエンジニアの役割〜
開催概要 SmartHRと Forkwell のタイアップで提供する『Corporate Engineering Study』。 ついに2回目の開催となりました。 SaaS、クラウドの利用の増加やこれまでITを利用しなかった領域にもIT活用の範囲が広がっており、サービス管理の比重が増加しているなどの背景から情シスを取り巻く環境が変化しております。そんな中で、全社横断で組織の課題を抽出し、テクノロジーやエンジニアリングで解決するコーポレートエンジニアの人材が求められております。 社員数の増加により、必要とされる職種ではありますが、組織別に抱えている課題も異なります。 今回SmartHR社をはじめとし、メルカリとChatwork社にも登壇いただき、それそれの組織別にどのような抱えているのかを事例紹介いただきます。 モデレーターは SmartHR コーポレートエンジニア 小石 龍馬氏(@k0ipai)氏。 こんなエンジニアにおすすめ 他社のコーポレートエンジニアリングでの取り組み事例を知りたい方 社内システムの構築・運用に課題をもたれている方 コーポレートエンジニアの組織づくりに興味のある方 ※コンテンツ自体は、サーバサイド、インフラ、フロントエンドなど、どのような技術領域の方も対象です。 タイムスケジュール 時間 内容 19:00〜 司会より挨拶・ゲスト紹介(10分) 19:10〜 事例紹介その1:株式会社SmartHR(20分)田部井 友作氏 「SmartHRのコーポレートエンジニア?私もよくわかりません」 19:30〜 質疑応答(10分) 19:40〜 スポンサーLT1(5分)SmartHR 19:45〜 休憩(5分) 19:50〜 事例紹介その2:株式会社メルカリ(20分)新井 啓太氏 「小さい会社から大きい会社の歴史と、大きい会社のIT戦略」 20:10〜 質疑応答(10分) 20:20〜 休憩 / Forkwell CM(5分) 20:25〜 事例紹介その3:株式会社Chatwork(20分)須藤 裕嗣氏 「Chatwork のコーポレートエンジニア組織のつくり方 ~ ベンチャーから上場体制立ち上げ期 ~」 20:45〜 質疑応答(10分) 20:55〜 アフタートーク(30分) 21:25〜 クロージング(5分) 21:30 完全終了 ※ プログラムは変更となる可能性があります。随時こちらで更新いたします。 登壇者情報 モデレーター  小石 龍馬 氏(@k0ipai) 株式会社SmartHR コーポレートエンジニア クラウドソーシングの事業会社で情報システム担当としてキャリアを開始、その後情報セキュリティ担当を経て、2019年11月、コーポレートエンジニアとしてSmartHR入社。コーポレートIT立ち上げに伴い、現在はコーポレートIT担当。 スピーカー ※順不同 株式会社SmartHR  田部井 友作 氏 Web系の受託開発会社にてWebアプリケーションエンジニアとしてキャリアを開始、その後SES事業会社にて1人目の情報システム担当として、情シスの立ち上げを経験。 2020年10月に、SmartHRにコーポレートエンジニアとして入社。 現在は、主に社内システムの開発、新規サービスの導入に携わる。 ◼ 株式会社SmartHR 発表内容 「SmartHRのコーポレートエンジニア?私もよくわかりません」 SmartHRに入社して約1年。 この1年でSmartHRの社員数も大きく増加し、約500名規模になりました。また、情シスの役割も細分化されたりと、様々な変化が起きています。そんな中、コーポレートエンジニアの組織が実際にどう変わってきたか?現在、どの様な課題があって、どのように取り組んでいるか?また、今後の組織をどのようにしていきたいか?について、1コーポレートエンジニアの目線でお話したいと思います。 株式会社メルカリ  新井 啓太 氏(@cocoitiban) 数社を経験の後、株式会社ウノウにWebエンジニアとして入社。ZyngaJapanによるウノウ買収後、日本オフィスのインフラや共有技術の責任者となる。その後株式会社クロコスにエンジニアとして入社したのち、2014年にメルカリに入社、日本側のマネージャとサーバサイドエンジニアとして少人数のチームを運用。2018年1月からはメルペイの立ち上げに携わる。2021年3月からはCorporate Engineeringで、マネージャのマネージャとして日々自分が働きたい環境を開発している。愛称はここいち。 ◼株式会社メルカリ 発表内容 「小さい会社から大きい会社の歴史と、大きい会社のIT戦略」 ITエンジニアとしてがっつりかかわってわけではないものの、ITエンジニアがいない時代メルカリにいたここいちが、IT関係の人達とうっすらつながっている中でみた50人から100人、100人から1000人といった規模でおきたことやその反省点、そしてこれからやっていくことをお話したいとおもいます。 株式会社Chatwork  須藤 裕嗣 氏(@sudo44) 2005年にChatworkの前身企業であるEC studioに入社、創業立ち上げにエンジニアとして貢献し、開発マネージャーに。2016年にガバナンス強化として情シス・社内システム開発チーム(CSE:Corporate Solution Engineering)を立ち上げ、日々奮闘しています。最近 DIY にはまって丸のこ買いました。 ◼株式会社Chatwork 発表内容 「Chatwork のコーポレートエンジニア組織のつくり方 ~ ベンチャーから上場体制立ち上げ期 ~」 Chatwork のコーポレートエンジニアは CSE 部(Corporate Solution Engineering)として、組織の課題をエンジニアリングで解決するミッションを背負って、日々活動しています。どこまでの業務を守備範囲としてやってる?どういう優先度で仕事を進めていく?評価はどうなっている?ベンチャー企業から上場、継続的な成長を加速させるにあたって Chatwork CSE 部の課題がフェーズごとにどう変化してきたのか。また今後どうなっていくのか。私自身もまだまだわからないことだらけですが、時間が許す範囲でお話していきます。 参加方法 今回のオンライン勉強会は YouTube Live を使用してライブ配信いたします。 当日19:30〜 配信がスタートしますので、下記のリンクよりチャンネル登録の上、リマインダー設定をお願いします🙇‍♂️ ▶ Forkwell【エンジニア向け勉強会チャンネル🤖】 ライブ配信終了後、アーカイブ動画の公開を予定しております。 当日の開催時間にライブ参加できない方も、こちらのページより参加申込みの上、アーカイブ動画をご視聴いただけます。 なお、Twitterタイムラインと連動したリアルタイムなイベント参加体験を重視するため、YouTube Liveの追いかけ再生はできない設定となりますこと、ご了承くださいませ。配信中のプログラムからの視聴、あるいはライブ配信終了数時間後から再生可能になるアーカイブ動画をご視聴ください。 留意事項 本イベントに関する個人情報の取り扱いに関して イベント終了後のアンケートで希望のあった方にのみ、アンケートに入力いただくメールアドレス宛てに登壇企業からご案内をお送りする可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 参加をご遠慮いただく可能性に関して エンジニアの方を対象としたイベントのため、非エンジニアの方のご参加、ならびに同業に属する方の当イベント内でのリクルーティング活動につきましてご遠慮いただいております。 参加者の方々に最大限楽しんで頂けるよう、運営サイドで参加にふさわしくないと判断させて頂いた方については、イベント中であろうとご参加をお断りさせて頂くことがございます。(保険、宗教、ネットワークビジネスの勧誘が目的と見られる方/その他運営サイドで参加が不適切だと判断した方 等) 主催・協力 主催 「成長し続けるエンジニアを支援する」サービスを運営する Forkwell が開催いたします。   株式会社SmartHR様と共催で開催いたします。 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を運営。雇用契約、年末調整などの人事・労務業務のペーパーレス化や、従業員サーベイや分析レポートなど蓄積された情報を活用する人材マネジメントまで、多様な人事・労務の業務効率化を実現します。SmartHRは総務省が提供するe-Gov APIと連携しており、Web上から役所への申請も可能。2020年には関西支社に続き九州、東海にも拠点を開設。2021年、シリーズDラウンドで海外投資家などから約156億円を調達し、累計調達額は約238億円となりました。 【僕の考えた最強の SmartHR 全社ヘルプデスクシステム】  【Slackの情シス問い合わせをコーポレートエンジニアの技術でシュッとさせた話】  ライブ配信代行 天神放送局様にライブ配信代行として協力いただいております。 天神放送局はライブ配信を広めることで「機会格差をなくす」ことをミッションとしたライブ配信ユニットです。 コミュニティイベントが増え続ける中、コンテンツを熱意ある人に届けるために活動しています。    


過去の勉強会

3/18 (木)

このイベント is 何? 情シス(情報システム部門)だからこその悩み、知見を共有するイベントです。 皆さんも「画面が映らない!→電源抜けてました!」みたいな問い合わせを1度は経験したことあるのでは? ITのへの理解が無い経営層への提案、進まないDX、ガバガバなセキュリティ、電気が通っているモノは情シス担当、etc... 皆で集まってエピソードや知見を共有していきませんか? 「情シス」と銘打ってはおりますが、経理や総務、人事など、 「ちょっとパソコンに詳しいから」みたいな理由でシステムな仕事をやっているかたも大歓迎です!!! イベント内容 Time 担当 内容 20:00-20:10 運営 概要・注意事項 20:10-20:17 LT枠登壇者① sinomori_sou さん 20:18-20:25 LT枠登壇者② ayup さん 20:26-20:35 LT枠登壇者③ tring さん 20:35-21:05 ALL 座談会 21:05-21:30 ALL 締め・以後雑談 LT登壇枠(3名:1人5分枠) 情シスとして大事にしていること、考え方、社内で奮闘していることなどLTしていただける方を募集しています。 LT初心者の方を特に優先したいです。遠慮なく立候補されて下さい! 座談会 事前に用意したテーマに沿って座談会を行います。気軽に発言 or チャットして下さい。 また、事前に喋りたい、参加者に聞いてみたい!といったことありましたら、 お気軽に、けびんtwitter: @kekeke_47 宛までご連絡下さい。 ※3/1現在、ういち さんから、「評価に関する悩み」というお題をいただきました!! お願いごと ・Zoomで開催します。ミーティングURLはconnpass内で事前にお知らせ致します。 ・入室後はお名前の後ろに 「@所属会社or業種」 を付加してもらえると嬉しいです!(例: けびん@製造業) ・参加されている方への嫌がらせ行為や差別・セクハラ・恫喝などの場に不適切な発言をされる方はご退室をお願いします。 ・営業行為、プライバシーの侵害他、管理者が不適切と認識した行為をされた場合は退場して頂くこともございます。 ・配信の録画、録音等は禁じております。ご了承下さい。

10/22 (木)

オンラインLTでの伝え方をハックする手法をLTする
イベントについて このイベントは オンラインLTでの伝え方をハックする手法をLTする イベントです。 最近、オンラインLTで登壇する機会って増えてきました。そのときに、オンラインならではの伝え方が大切なポイントになってきますよね。たとえば、WEBカメラ・画面共有・マイク音声・デモといったポイントがあります。オンラインLTをうまく運営するポイントもありますね。オンラインLTへのアプローチがごった煮状態。 このオンラインLTハックLTでは、こんなハックを試みたけど成功した、あるいは、うまくいかなかったけど知見が貯まった話をLTして、登壇者、参加者みんなで知見を共有するものです。思いついたハック方法をLTでトライしてみるのもぜひぜひ! 開催の経緯をちょっと 最近よく、オンラインLTする方やオンラインLTの運営の方とワイワイと話しています。 ほんと日々たくさんの試行錯誤が行われていて、その中で「このたくさんの湧き上がる様々な知見は共有してみたいよね」「思いついた手法は一回LTなりして試してみたいよね」「他の人の試行錯誤を見るとメッチャ参考になるよね」といった機運が高まりまして、このイベントをやってみようと考えました! オンラインLTの手法や場づくり。まだまだ確立しきってないし、いまも進化し続けていると思うので、みんなでシェアしたいです! 更新履歴 日時 内容 2020/10/22 好評につき増員40→45 2020/10/18 好評につき増員30→40 2020/09/30 好評につき増員20→30 2020/09/29 イベント公開 日時 2020-10-22 20:00-21:20 参加対象 他の人のオンラインLTの手法を知りたい人・見てみたい人 オンラインLTにこれから登壇しているときによりよくなるヒントが欲しい人 みんなでつくる気持ちを一緒に盛り上げていける人 たのしくお互いの知識や経験をシェアしていける人 たとえばこんなLTいかがでしょう? ここで言うハックは「オンラインLTの体験をより良い方向に試行錯誤する」ものであればなんでもOKです。これからオンラインLTするんだけど思いついた手法をLTしながら試してみたい人にも最適ですよ~。 ハックとしては、たとえば、こんなことかなと思います。 オンラインLTに~~という技術を混ぜてみたらこうなった話 今度某所でやるオンラインLTの技術構成を今ここでこっそり試してみる話 オンラインLTで背景を面白く切り替えたいのでハックして試行錯誤した話 オンラインLTで参加者のリアクションが欲しいのでツールを試してハックした話 オンラインLTでクリアな音声を伝えるハック、そしてその注意点の話 運営目線もありますね。 オンラインLTで運営しているときに効く良い感じにBGMを流すチャレンジ オンラインLTで運営しているときうまーく登壇者に時間切れを伝えるTIPS もちろん、これらはあくまで一例ですので、お気軽にLT応募ください。 LTしたい方 登壇希望の方はこちらの connpass のほうでコメントください。1つのLTでおよそ5~10分が選べます。 その後、LTの内容を伺いつつ、Facebook Messenger の登壇者グループにご案内する予定です。 当日は登壇者の方々は Zoom にお集まりいただき、参加者の皆さんへは YouTube Live に配信する予定です。 Twitterハッシュタグ onlinelthacklt 会場 今回はオンライン会場です。 参加者の皆さんへは YouTube Live に配信する予定です。 タイムスケジュール 時間 内容 20:00 オンライン会場 オープン 20:10 イベント開始・オープニング 20:15 LT 1 木戸さん @9wick 10分予定 「オンライン登壇設備小ネタ集と失敗例」 LT 2 前佛さん@zembutsu 5分予定 「オンライン発表で気をつけているポイント(姿勢編)」 LT 3 豊田さん @youtoy 10分予定 「IoT・Webの技術でOBS制御・ニコニコ動画風コメント表示をやってみた後の話」 LT 4 私市さん @hedgehog_noodl 「Adobe キャラクターアニメーターでZoomに入ってみる」 LT 5 いしおかさん @jun_mh4g 5分予定「LTするのが苦手なのでむしろLT会を運営して自分のLTのハードルを下げている話(仮)」 LT 6 田中 @1ft_seabass 5~10分予定「HoloLens 2 のオンラインデモするために試行錯誤した話」   時間があれば質疑応答 21:20 イベント終了 ※注意: 内容は一部変わる場合がございます 連絡・注意事項 お問合わせは、本ページ内の「イベントへのお問い合わせ」よりご連絡ください。 イベント内容は都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。 ムズムズするタイトルの件 LTという言葉が2つ入って少々ムズムズしますが、イベントのことをちゃんと言い当てているので、これで行ってみます!

9/25 (金)

4012adb46f24e170b9eacc23d8a6ea5b WP ZoomUP
セッション概要 オンラインホワイトボードとして、注目を集めている Miro。 リモートワークをする方が増えてきたこの時代に、Miroを通して、どのようにオンラインでコミュニケーションを取るか、より良く仕事を進めるか。一緒に体験し、考えましょう! ※ 可能な方はMiroのアカウントを事前に用意の上、ログインをお願いします(サインアップ)。GoogleアカウントやFacebookのアカウントでもご利用できます。 ※ PC環境推奨 当日の流れ 20:50:会場(パネリスト参加の方はお早めに入場してMiroにアクセスしてください) 21:00:開始 21:00 〜 21:10:導入(10分程度) 21:10 〜 21:50:Miroとは?基礎知識編 21:50 〜 22:10:オンラインコラボレーションの可能性(前編) 22:10 〜 22:15:休憩&お知らせタイム 22:15 〜 22:55:オンラインコラボレーションの可能性(後編) 22:55 〜 23:00:締め(アンケートお願い・次回予告・記念撮影) 23:00 〜 23:05:5分休憩 23:05〜:懇親会開始(別のURLをご案内しております) スピーカー 村上 直子(むらかみ なおこ) 西川 伸一(にしかわ しんいち) スピーカーのご出演について ご厚意により無償でご出演いただいております。 イベント当日、スピーカーさんのAmazonウィッシュリストを公開しますので、おもしろかった・勉強になったと感じていただけましたら、ぜひお礼としてお送りいただけると嬉しいです! イベントの流れ 開場は20:50です。21:00より開始となりますので、それまでにご参加開始いただくとスムーズです。 (途中からでもお気軽にご参加ください) 以下のように進行します。 はじめの挨拶 本イベントについて、アンケート、注意事項 セッション 質問・回答タイム おわりの挨拶 希望者のみ懇親会へ 参加方法は? (見るだけ参加)の方 : 参加登録が完了した方は、本ページの『参加者への情報』が表示されますのでご確認ください。 当日お時間になりましたら、記載のZoom参加用URLからご参加ください。 (動画と音声発信)で参加の方 : イベント当日、1時間ほど前より connpassにご登録いただいたメールアドレスに勉強会専用のURLを運営よりお送りいたします ので、そちらにアクセスしてご参加ください。 ★はじめての方へ:ZoomでWP ZoomUPに参加する方法 https://wpzoomup.com/how-to-use-the-zoom/ ★はじめての方へ:オススメのデバイスについて https://wpzoomup.com/recommended-device/ Zoom の録画機能を利用して、後日、YouTubeやWordPress.tvに公開することを考えています。 歓迎されること & されないこと 歓迎されること WP ZoomUP をすべての人たちにとって開かれた場所にします。ジェンダー、性的指向、障害、人種、宗教、好きなOS、好きなプログラミング言語、使っているテキストエディター、使っているCMS、技術のレベルがなんであっても、誰でも安心していられて、自分は歓迎されているんだと思える、友好的な場所にします。 以下のことを歓迎します。 思慮深く、他者を尊重し、協力的であること。 他の人の品位を傷つけたり、差別したり、嫌がらせとなる言動を控えること 会の状況や他の参加者の様子に気を配ること。 ちょっと問題かな、と思えることがあったら、それをすぐに運営者に伝えること。 積極的に参加して、提案して、発言することで、会をよくしていき、自分のものにしていくこと。 歓迎されないこと 他の人の品位を傷つけたり、差別したり、嫌がらせとなる言動。 ここで出会った人へのハラスメント。 スパム行為(リンクをおくったり、過度な勧誘をしたり) こうしたことを経験、目撃した人は、ものすごくきちんと対応しますので、スタッフにご連絡ください。 参考にした文書: Code of Conduct – Make WordPress Communities https://make.wordpress.org/community/handbook/meetup-organizer/resources/code-of-conduct/ WP ZoomUP とは? WP ZoomUP は WordPress を使っている人、使いたい人たちが集まって、知識を共有したり質問をしたりするオンライン勉強会です。 WordPress を使っている人、WordPress に興味がある人なら、知識の量や技術の有無に関係なく、誰でも参加することができます。 月に2回の開催で、「セッション回」 と 「座談会」 を一度ずつ開催します。 ★はじめての方へ:WP ZoomUP について https://wpzoomup.com/about/ スタッフ WP ZoomUPは下記のメンバーがボランティアとしてスタッフをしています。 齋木 弘樹 @lunaluna_dev 河野 千秋 @kouno_chiaki 三浦 佐代子 @NOCE_WEB_DESIGN 額賀 順子 @nukaga 占部 紘 @Toro_Unit 西川 伸一 @shinichiN 村上 直子 @ud_fibonacci 中谷 智美 @imasara_king しずみ @Shizumi0705 本田 季之 @RocketMartue 高橋 修 @osamunize はやし(ま) @haya2_ フィードバック方法 #wpzoomup をつけてつぶやく 登壇者/セッション内容提案フォーム から、聞いてみたいセッションを送る セッション登壇立候補フォームから、話してみたいことを送る イベント改善提案フォームから、イベント自体の改善について提案する https://wpzoomup.com/contact/ イベントがおもしろかった・ためになったら、ぜひ応援してください WP ZOOMUPをささえる会 https://wpzoomup.com/product-category/supporting-party-of-wp-zoomup/

6/19 (金)

24ff282b332b6d90d7059207ffe31337 JAWS-UG情シス支部
基調講演「AWSネットワーク系ワークショップ総ざらい」からの情シスにおけるネットワーク
LT枠は埋まりました!ありがとうございます!!!! 今回はリモート会議ツールを使用してのオンライン開催となります 概要 AWSを利用している or これから利用したい「社内システム担当」ならではの事について議論しましょう Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/jawsug.adm/ ※メンバーリクエストをする際に必ずアンケートへの回答をお願いします 今回のテーマ 今回は、「AWSアカウント管理について」です。 また、初めての試みとしてLT枠を募集します! 自社で利用しているAWSアカウント管理について、こんな風にしている、こういった所を工夫している、こうしたいんだけど悩んでいる、失敗談等、5〜15分程度でお話していただける人を募集します! スケジュール 時間 内容 19:00 - 19:10 自己紹介 19:10 - 19:30 「”AWSの薄い本 IAMのマニアックな話”を読んでAWSアカウントログインを整理してみた」やまさきさん 19:30 - 20:00 質問&ディスカッションタイム 20:00 - 20:15 LT枠発表「Control Towerを何も考えずに使ってこんがらがった話」三浦一樹さん 20:15 - 21:00 質問&ディスカッションタイム 21:00 〜 リモート飲み・今後の活動について ディスカッションについて 発表を聴いてその内容を踏まえ情シスにとってのAWSアカウント管理に関するフリーディスカッションを行います。 アンケートでは次回以降聞きたい、話したい内容を是非回答してください! 対象者 AWSを利用したサービスやシステムを利用するにあたり、社内でどのように利用するのか 利用促進・拡大をするには?といった社内SEとしての観点で議論したい人 自社内でAWSを実際に利用してみてわかったことなどの知見を共有したい人 社内システムやグループ内システム担当であればSIer、メーカー、システム子会社、ユーザ企業のいずれに所属されていても、ひとり情シスでも兼務情シスの方でも参加可能です。 一緒に考えて議論していきましょう。 [重要] 参加登録、キャンセルについて 今回はリモート会議ツールを使用してのオンライン開催となります。 オンライン開催とはいえ、あまりにも大人数だとディスカッションが成り立たなそうなので人数制限はさせていただきます。 少人数のイベントであり、なるべく多くの方にご参加いただくため、参加できなくなった場合のキャンセル処理はお早めにお願い致します。 キャンセルの方は18:30までにconnpassにキャンセル処理をお願いいたします。 どうしても18:30以降にキャンセルしたい場合には、connpassでご連絡をお願いいたします。こちらでキャンセル処理いたします。 会場について 今回はリモート会議ツールAmazon Chimeを使用してのオンライン開催となります。 Amazon Chimeを事前にアプリのダウンロードをされているとスムーズに参加できます。 ダウンロードはこちらから 参加URLは開始30分前にconnpassへ登録しているメールアドレス宛にご連絡します。 懇親会としてディスカッション終了後、そのままリモート飲み会になりますので、お飲み物や食べ物は各自でご用意ください。 遅れる場合 特に問題ありませんので当日にお送りするURLよりご参加ください。 ただし会議室への入室は運営メンバーによる手動対応の為、遅刻されますとかなりお待ち頂く場合があります。 運営メンバー(50音順) 岡崎賢吉、重田真志、谷山徳太郎、月島学、山﨑奈緒美

12/12 (木)

9da445bc110992793409c6b9353a279a JBUG(Japan Backlog User Group)
Backlogについてだけでなく、「プロジェクト管理」について知見をシェアし、学び合いましょう!
更新情報 2019/10/17 イベントページを公開しました! イベント概要 Backlogのユーザーコミュニティ、 JBUG(Japan Backlog User Group) です。 9月に大盛り上がりで幕を閉じた第5回札幌JBUGに続き、第6回目を企画しました!今回も、プロジェクト管理に関するセッションや、参加者同士でのディスカッションを行えればと思っています。Backlogユーザーであれば参加可能です。招待もご自由に! また、JBUGは、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんよりバックアップいただき、軽食やドリンク(アルコール含む)などをご用意いたします!※懇親会(参加任意)にかかる費用は各自で負担いただきます。 JBUG(ジェイバグ)とは JBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)は、Backlogユーザーによるコミュニティです。 プロジェクト管理は、全ての業種/職種において必須のスキルである一方、そのノウハウが学べる場はあまり多くありません。Backlogは国内最大級のプロジェクト管理ツールであり、すでに100万人を超えるユーザーがいることから、「プロジェクト管理」「仕事のうまい進め方」に関する知識やテクニック、ノウハウを学び合うことをねらいとして、JBUGが発足されました。 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通し、より「働くを楽しくする」を実現したいと思っています。 JBUG主催|プロジェクトマネジメントに関わるすべての人の祭典「Backlog World 2020」開催決定! Backlog World 2020は「ONE」をテーマとし、2020年2月29日[土]東京品川区にある大崎ブライトコアホールで開催します。 これまでのJBUG札幌の様子 JBUGのイベントの様子は、こちらのブログよりご確認いただけます♪ スピーカー紹介 ※随時更新! スピーカー:村井茂樹( イントループ株式会社 ) プロフィール TBD セッション詳細 発表タイトル:TBD 発表概要:TBD スピーカー:木原卓也( 株式会社ノースディテール ) プロフィール TBD セッション詳細 発表タイトル: TBD 発表概要: TBD スピーカー:TBA プロフィール TBD セッション詳細 発表タイトル: TBD 発表概要: TBD セッション詳細 発表タイトル: TBD 発表概要: TBD LT:TBA プロフィール TBD セッション詳細 LTタイトル: TBD LT概要: TBD タイムテーブル ※随時更新! Time Who What 18:45 開場 19:00 乾杯&スタート 19:00-19:10 Michiya Maki オープニング 19:15-19:35 村井 茂樹 セッション1. TBD 19:40-20:00 木原 卓也 セッション2. TBD 20:15-20:35 TBA リモートセッション3. TBD 20:40-20:50 TBA LT 20:50-21:00 全員 グループフォト撮影 21:00以降 懇親会へ! ブログレポーターについて ご自身のブログで、当日の様子をレポートしてください!ブログレポーターとして参加してくださる方には、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんオリジナルのトートバッグをプレゼントいたします!ぜひ一緒にJBUGを盛り上げましょう。 また、こちらから内容指定や事前の校閲も行いませんので、ぜひ気軽に参加 & 発信してくださいね! (スピーカーの方の希望があった場合など、部分的な削除・改変依頼をさせていただく可能性はございます) 会場ご紹介 SPACE KANTE スペースカンテ コワーキングスペース ~踏み切る力。ここから生まれる。ここから輝く。~ ●札幌駅南口より徒歩5分 時計台通りを大通公園方面に直進 ●地下鉄大通駅より徒歩5分 時計台通りを札幌駅方面に直進 ●地下歩行空間1番出口より徒歩3分 道庁を背にして1丁分進み右折