fararrow9 (@fararrow9)


参加する勉強会

10/9 (土)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
PRMU共催「コンピュータビジョンのお仕事」
目的: 第8回 全日本コンピュータビジョン勉強会は、パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)との共催で開催されます。 PRMU 10月開催プログラム 今回は、「コンピュータビジョンのお仕事」というテーマで、実際にコンピュータビジョンの業務に関わっている方々にお仕事内容についてご発表頂きたいと思います。 発表内容は製品紹介などオープンになっている情報でも結構です。 ぜひ、自社の宣伝やリクルーティングなどにもご活用ください。 また、「なぜ現在のようなキャリアになったのか」という個人的な体験なども大歓迎です。 PRMU研究会: PRMU研究会は10/8(金)~10/9(土)の二日間にわたり「研究を効率的に進めるためのプロセスや周辺技術」というテーマでオンラインで開催されます。 当勉強会参加者は、PRMU研究会も無料でご参加いただけます。ただし予稿はつきませんので、予稿が欲しい方はPRMU研究会への登録をお願いいたします。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=afad0a06f26b0ba058f7a46268673bddbbff4c3927f68a0206a4d5b8805f7ef0 PRMU研究会の技術研究報告の年間予約者は、事前に電子データをダウンロードするか、当日インターネットに接続して各自ダウンロードして下さい。 年間予約者でない方も、下記から「オンライン参加登録」することにより、技術研究報告の電子データをダウンロード(有料)できます。 https://www.ieice.org/ken/user/index.php?cmd=participation&tgs_regid=afad0a06f26b0ba058f7a46268673bddbbff4c3927f68a0206a4d5b8805f7ef0&lang=#download 「参加費のお支払いについて」の案内に従って,参加費(オンライン決済)をしてください. 発表者: 今回参加申込みは ・「発表枠」 ・「参加枠」 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 発表順は後ほどこちらでお知らせします。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:30 Opening+各勉強会の紹介 配信: 配信は発表はZoomを使用します。Youtube Liveでも配信を行う予定です。(PRMUと同じ環境を使用します。) 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。 配信URLは、前日(10/8)の夕方にconnpassのメッセージ機能でお知らせしますので各々確認をお願い致します。また、補欠枠の方もYoutube Liveでの閲覧は可能です。 質疑応答 質疑応答はSlackにて行う予定です。 参加URLは前日(10/8)の夕方にconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv


過去の勉強会

9/28 (土)

No image 108x72 g 名古屋CV・PRML勉強会
本イベントは名古屋CV・PRML勉強会とヤフー株式会社の共催です. お問い合わせは幹事 (@ryors_k) までよろしくお願いします. 人数についての注意事項 会場の関係で,発表者を含めた定員を 88名 85名とさせて頂きます. 参加される方はconnpass上で必ず参加登録をお願いします. 聴講のみの方は「聴講者枠」でご登録ください. 発表を希望される方は下記「研究LT大会」の項を御覧ください. 残念ながら参加できなくなってしまった場合は,お早めにキャンセルをよろしくお願いします. また,恐れ入りますが,参加登録をされていない方のご参加はお断りすることがあります. 飛び入り参加する場合でも,お手数ですが必ず参加登録をお願いします. 会場について 今回は中部大学 名古屋キャンパス(JR鶴舞駅 北口から徒歩1分程度)で行います. 会場に入りましたら,エレベータで6階までお上がりください.会場への案内を掲示してあります. 内容 今回は「研究内容を発表しよう!」ということで,「学会参加報告」「研究LT大会」の二本立てを予定しています. 自らの研究をより良いものにするために,対外的な発表は欠かせません. 多くの皆さんに研究内容を知ってもらい,コメントを頂くことでより良い研究に昇華できます. ぜひ,学会について知り,そして研究発表をしましょう! IJCAI参加報告(中部大学 平川先生) 8月10日〜16日にマカオで開催されました人工知能分野のトップ会議「International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI) 」に参加されました平川先生より参加報告をして頂きます. 前回のCVPR報告に引き続き,トップ会議の雰囲気を知るだけでなく,コンピュータビジョンと密接に関わる人工知能分野の国際会議について知ることができます. MIRU参加報告(中部大学 荒木) 先日の7月29日〜8月1日に開催されましたコンピュータビジョン分野の国内会議「画像の認識・理解シンポジウム (The Meeting on Image Recognition and Understanding; MIRU) 」の報告を荒木がします. MIRUは学生の参加者も多く,若手研究者・学生向けのイベントも多数あります. ぜひMIRUを知り,MIRUで聴講・発表しましょう! 研究LT大会 ご自身の取り組まれている研究の紹介だけでなく,面白い論文の紹介,学外・業務外でやっている趣味の研究などなど,研究に関する発表を広く募集しています! 一般的にLTといえば5分ですが,もっと話したい方・自信のある方向けに10分枠もご用意します. これから発表を考えている方,発表の練習をしたい方,LTで発表したい方……ぜひご参加ください! 発表者は随時募集中です. 発表して頂ける方は,「5分発表枠」もしくは「10分発表枠」で参加登録を行い, 発表内容をTwitter@ryors_k または ryorsk -at- mprg.cs.chubu.ac.jp までご連絡ください. 5分枠 5分枠は質疑応答の時間がなく,5分経過ですぐに終了します. 発表者・内容 中部大学 三津原さん:(タイトル未定) 10分枠 10分枠は質疑応答の時間があります. 発表者・内容 名古屋工業大学 高山さん:「テンソルリングの基礎と画像補完への応用」 (有)来栖川電算 土井さん:「AI Gaming challenge @ Edge device (Part.1)」 名古屋大学 川西先生:「SNS投稿写真を用いた地域の類似度算出」 刈谷工業高校 佐伯さん:「FingerPencil - 机に指先で文字を入力するソフトウェア -」 参加費 参加費は無料です.お気軽にご参加下さい. その他 勉強会後に懇親会を予定しています.希望者は是非ご参加ください. ※終了後に現地で招集します.

7/6 (土)

No image 108x72 g 名古屋CV・PRML勉強会
本イベントは名古屋CV・PRML勉強会とヤフー株式会社の共催です. お問い合わせは幹事 (@ryors_k) までよろしくお願いします. 人数についての注意事項 会場の関係で定員を 50名 70名 90名とさせて頂きます. 参加される方はconnpass上で必ず参加登録をお願いします. [2019/06/11] 公開からわずか4日ほどで満席となりました.たくさんのご参加ありがとうございます. 会場にもう少し余裕があるとのことですので,定員を 70名に増枠 致しました. [2019/07/01] 予想を遥かに上回る方に参加申し込みを頂き,誠にありがとうございます. ヤフー様にご高配を賜りまして, 90名に増枠 致しました.これ以上の増枠はありません. 会場について ヤフー株式会社 名古屋オフィス (名古屋セントラルタワー 50F) をお借りします. 名古屋セントラルタワー50Fにはスカイストリート (15F) より 高層階用エレベータをご利用ください. http://www.towers.jp/floor/towers_15.html (JR名古屋駅構内にある高島屋横のエレベータから15Fへ行き,タワーズオフィスの高層階用エレベータに乗り換えます.ゲートタワーオフィスではありませんのでご注意ください.) 内容 6月16日〜20日にアメリカ・Long Beachで,トップカンファレンス「IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR)」が開催されます.これに合わせて,今回はCVPRにフォーカスした勉強会にしたいと思います! 中部大学 村瀬卓也さんによるCVPR参加報告 CVPRに参加する中部大学の村瀬さんより, CVPR全体の報告,発表の傾向,会議の雰囲気,workshopの内容などを報告頂きます. NEC バイオメトリクス研究所 福井宏様によるご講演 当勉強会の前幹事で,CVPRでAttentionに関する研究でオーラル発表を行う福井様よりご講演頂きます. CV分野やNLP(自然言語処理)分野で今話題のAttentionについて,基礎からご説明頂きます. CVPR論文紹介 CVPRで発表される(された)論文を紹介します. 発表者とタイトル: 中部大学 森啓介:Grounding Human-to-Vehicle Advice for Self-driving Vehicles 中部大学 瀬尾俊貴:Bounding Box Regression with Uncertainty for Accurate Object Detection 中部大学 足立浩規:Mask-Guided Portrait Editing with Conditional GANs 中京大学 秋月秀一:Normalized Object Coordinate Space for Category-Level 6D Object Pose and Size Estimation 中部大学 荒木諒介:Triply Supervised Decoder Networks for Joint Detection and Segmentation 発表者は随時募集中です. 1人あたり10〜15分を予定しています. 発表して頂ける方は,@ryors_k までご連絡ください. 昨年の発表も参考にしてください. PRMUアルゴリズムコンテストについて 毎年恒例のPRMUアルゴリズムコンテストについて,参加者の募集を行います. 参加費 参加費は無料です.お気軽にご参加下さい. その他 本イベントページの参加人数は参考程度にご覧ください. イベントページを確認されずに参加される方も多いので, 実際の参加人数は表示されている人数よりも多いときがほとんどです. 人数の把握のため, 本イベントページを確認されて参加される方はできるだけ本ページからの参加登録をお願いします. 今回は座席数に限りがありますので,参加される方は 必ず 参加登録をしてください. 恐れ入りますが,参加登録をされていない方のご参加はお断り致します. また,勉強会後に懇親会を予定しています.希望者は是非ご参加ください. ※終了後に現地で招集します.