dimasdw (@dimasdw)


参加する勉強会



過去の勉強会

8/27 (木)

E7f5b09a916f7c032eb2c23fb5815c18 Python駿河
Unagi.pyと合同でオンライン開催です
※ オンラインへの参加URLは、本ページの↑の方の「参加者への情報」のところを見てください。 (※参加者とのみに表示されます) Python駿河 勉強会 Python駿河 、Unagi.py の2つのPythonコミュニティーによる合同勉強会をオンラインで行います。 新型コロナの拡散防止のため、現地に集まっての勉強会はしばらく行っていません。その代わりオンラインで盛り上がりましょう! 今回の内容:「PyCon JP 2020直前スペシャル!」 8/28(金)~8/29(土)にPyCon JP 2020が開催されます。今回はすべてオンラインでの開催となり、セッション数も多数行われるカンファレンスとなります。 PyCon JP 2020 セッション数が多いので、どのように見ればよいのかわからない方も多いと思いますが、タイムテーブルを見ながらどんなセッションを見に行くかを一緒に相談し合いましょう! PyCon JP 2020 - タイムテーブル また、Python駿河/Unagi.pyは8/30(日)に開催されるPyCon JP 2020 チュートリアルの1セッションを担当することになりました。1日がかりのチュートリアルイベントとなりますが、どのような準備を行ったかを解説を行います。 PyCon JP 2020 チュートリアル 日程 時間 内容 19:30~20:00 開始,自己紹介 20:00~21:30 本会開催 21:30~21:45 LT枠、記念撮影 21:45~ オンライン懇親会 本イベントの最初にスタッフ含めて軽く自己紹介の時間を設けます。できる方のみで構いません。 終盤にLT(5分前後)も歓迎です。時間の許す限りどなたでも行えますので、当日に是非気軽に申し出てください。 参加方法 オンライン勉強会への参加方法 Zoom or Google Meet によるオンライン会議サービスを利用します。 当日のURLは、本ページの上の方の参加登録の近くの「参加者への情報」に記載しています。そちらのURLからお入りください。(Connpassに参加登録したら表示されます) Slackへの参加 Python駿河, Unagi.pyはSlackワークスペースも用意しています。参加方法は、以下のアドレスからアカウント作成してください。 当日はPython駿河の Slackより #勉強会チャンネルを使って質問等のやり取りも行います Python駿河のSlack招待URL Unagi.pyのSlack招待URL にぎやかし枠 とは? 「にぎやかし枠」とは、PyCon JP方面でよくある枠ですが、「カメラ・マイクはオフで基本的に見るだけの参加だけど、参加しているよ」という枠です。 途中からカメラやマイクをオンにしてもらっても大丈夫ですし、Slack経由でのテキストチャットでのやり取りの参加も大歓迎です。見学気分で見に来ていただければと思います。 オンライン懇親会(飲み会)やります! 最近は当たり前になりつつありますが、Python駿河/Unagi.pyでも「オンライン懇親会」をやります。各自で飲み物食べ物を用意してご参加ください。 終了予定時間からそのまま突入することになります。 懇親会の参加も任意、途中参加途中退出自由です。 Python駿河とは? Python Boot Camp in 静岡県藤枝市の開催をきっかけにPython駿河が誕生しました! プログラミング言語Pythonに興味のある方のために、様々なテーマで勉強会を開催していくことが目標です。 主に静岡県中部地方を中心として活動していく予定です。

5/23 (土)

E7f5b09a916f7c032eb2c23fb5815c18 Python駿河
Unagi.pyと合同でオンライン開催です
Python駿河 第12回勉強会 Python駿河とは? Python Boot Camp in 静岡県藤枝市の開催をきっかけにPython駿河が誕生しました! プログラミング言語Pythonに興味のある方のために、様々なテーマで勉強会を開催していくことが目標です。 主に静岡県中部地方を中心として活動していく予定です。 オンラインで行います 新型コロナウィルスの影響により、しばらくは現地開催ができない見込みです。 そこで、ウェブ会議システムを利用したオンライン勉強会として実施していきます。 今回は(今回も)Unagi.pyと合同で行いたいと思います! 予定している内容 オンラインでのコミュニケーションでSlackといったチャットツールも利用される方が多くなったと思います。 Slackはbot機能があり、botを返して様々なサービスと連携をとることができます。 そのSlack botの基本的な作り方をハンズオン形式でみんなで一緒にやろうというのが今回の内容です。 Slack botハンズオンは2度目となります。前回の様子も参照ください。 Python駿河 勉強会 #6 〜Slack Botを作ってみよう【オンライン開催】〜 前回より実践的に利用できるようなハンズオンを目指しています。(予定としては、herokuなどのサーバー環境にデプロイまで行います) 資料 hrsano645/py-suruga-13-slackbot-handson: Python駿河 #13のSlackbotハンズオンの資料です にぎやかし枠について 今回からにぎやかし枠を用意しました。 PyCon JP方面ではよくある枠で、基本的にカメラ,マイクはオフにして、見る専用の枠になります。 もちろん途中からコミュニケーションのためにカメラマイクをオンにしてもらっても大丈夫ですし、テキストチャットでやり取りのみでも大丈夫です。 時間割 時間 内容 18:00 アイスブレーク 18:20頃~ ハンズオン開始 ~ 適時休憩をはさみます 21:00 終了予定(時間が余ったらLT枠) 21:10頃~ オンライン懇親会 最初に軽くアイスブレークしますので、 最近興味あるとこととか。 質問したいこととか。 など話していただければと思います。 予定が余った場合、LTも行えますので、LTネタも募集しています。(ハンズオン前にお聞きします) 参加方法 Google Meetを利用します。 勉強会の開始10~15分くらい前にconnpassのメッセージにてURLをお知らせします。 また Unagi.py / Python駿河のSlack上でもお知らせします。まだSlackに参加されていない方向けにも参加用URLもconnpassのメッセージにてお知らせします。 終了後にオンライン懇親会(飲み会)やります! 最近は当たり前になりつつありますが、Python駿河/Unagi.pyでも「オンライン飲み会」をやります! 飲み物やおつまみを各自用意してご参加ください。 (飲みは必須でないけど、お茶など用意してリラックスした雰囲気でご参加いただけたらと思います。) 終了予定時間の21:10からそのまま突入することになります。 (参加は任意、入退室も自由です)