Daiki Kohara (@daikikohara)


参加する勉強会



過去の勉強会

3/17 (木)

71c0516a984abdf8f1d238332dfd4b3c ベリサーブ/VeriServe
~VeriServe Test Automation Talk No.2~
VeriServe Test Automation Talk とは テストや品質向上に関する自動化について、現場で得た教訓や技術情報を共有し、テスト自動化技術を向上させることを目的としたイベントです。 毎回テーマに沿ってさまざまな形式( LT、セミナー、パネルディスカッション、お悩み相談室など)で開催していきます!! テスト自動化ツールどう選ぶ? テスト自動化において、ツール選びはさまざまな条件を考える必要がある難しいポイントの1つです。 テスト自動化を実施中/検討中/これから始めようとしている方の中にも、 どのツールを選べばよいの? そもそもツールってどう選ぶの? 多機能なツールを導入したものの、うまく活用できない といったお悩みはありませんか? 特に昨今はさまざまなOSSツールや、有料のツール・サービスが充実しており、たくさんの選択肢があります。 そこで今回は、テスト自動化ツールを導入して現場で活用されている方々にお話を伺い、 どんな目的でテスト自動化を始めたのか どんなことを考えてツールを選んだのか 使い始めてどうだったのか などを語っていただきます。 このような方にお勧めです これからテスト自動化を始めたい方 テスト自動化を検討中で、どのツールを選ぶべきか迷っている方 過去にテスト自動化ツール選びがうまくいかなかった方 皆様のご参加お待ちしております。 参加申し込みについて 参加費は無料です。 当Connpassイベントページにてお申し込みください。 参加登録後、参加者への情報欄にURLが表示されますので、当日はそちらのURLからご参加ください。 イベント開始 10 分前に開場を予定しております。 ぜひ今回で学んだことや感想をSNS等で発信していただけると幸いです。 (Twitter、Facebook、note、Qiita 等) 本イベントのハッシュタグは #vstat です。 注意事項 予告なくタイムスケジュールの変更やイベントの日時変更、中止が行われる場合がございます。 通信状態によってはイベントの中断またはTeamsライブイベントでの配信へ変更する可能性がありますので、ご了承ください。 当日のタイムスケジュール 発表順序が前後する場合がございますのでご了承ください。 時間 スケジュール内容 発表時間 発表者 19:00~19:05 オープニング 5 分 司会 19:05~19:20 How to introduce test automation 15 分 楽天グループ株式会社江村 禎昭さま 19:20~19:25 Q&Aタイムと次の発表者準備 5 分 19:25~19:40 GIHOZ開発チームでAutify導入を決めた理由と導入の効果 15 分 株式会社ベリサーブ谷﨑さん 19:40~19:45 Q&Aタイムと次の発表者準備 5 分 19:45~20:00 コードベースでの自動テストを開発・運用する理由やその効果 15 分 freee株式会社山口 鉄平さま 20:00~20:05 Q&Aタイム 5 分 20:05~20:10 クロージング 5 分 司会 トークテーマの概要・登壇者情報 No.1 「How to introduce test automation」楽天グループ株式会社 江村 禎昭さま トーク概要 2016年の品質部門立ち上げ時からの、E2Eテスト自動化の導入を少しずつ行いました。 現在では8つのサービスに対してテスト自動化を展開しています。 今回のトークでは、このテスト自動化の導入に至るまでを取り上げます。 これからテスト自動化を導入する方、導入に困っている方にお役に立てると思います。 登壇者情報 走って、登って、馬に賭けるテスト自動化エンジニア。 2007年に現職楽天に入社。 楽オク、楽天競馬のエンジニア、楽天学割等のプロデューサを経験し、 2016年から現在のテストエンジニア(主に自動化)を担当。 No.2 「GIHOZ開発チームでAutify導入を決めた理由と導入の効果」株式会社ベリサーブ 谷﨑さん トーク概要 テスト技法ツールGIHOZ(ギホーズ)の開発チームでは、1年ほど前からAutifyを使ってE2Eテストを自動化しています。Autifyの利用を決めるに当たってツール選定時に考えたことやAutify導入の決め手になったポイント、実際に導入してからどのように運用しているか、どのようなメリットがあったかについてご紹介します。 登壇者情報 2008年ベリサーブに新卒入社して以来、QAエンジニアとして組み込み系ソフトウェア・PCアプリ・Webアプリ等のQA業務を実施しながら、テスト設計の方法や支援ツールの研究開発に従事。現在はテスト技法ツールGIHOZのプロダクトオーナーを担当。名古屋大学との共同研究ではアジャイル開発における品質チェック方法を考案し、ソフトウェア品質シンポジウム2021にてSQiP Best Report Effective Award受賞。博士(工学)。 No.3 「コードベースでの自動テストを開発・運用する理由やその効果」freee株式会社 山口 鉄平さま トーク概要 freeeでは5年位前からRuby + Capybara + SitePrismの構成を核としたテストシステムで、ユースケースの動作を確認する自動テストを開発・運用しています。 ​​​​​​​本発表では、テストシステムの具体的な構成や運用を簡単に紹介した上で、コードベースでの自動化を選んでいる理由やその効果を紹介します。 登壇者情報 メーカ研究所でのソフトウェア開発技術の研究開発、WEB企業でのアジャイルコーチや自動テストの社内普及担当を経て、2019年6月 freee株式会社へ入社。入社以来、自動テストやテスト環境など品質改善に関する仕組みの開発や企画、日々の運用を行っています。並行して、品質に関するコンサルティングの個人事業主や「ソフトウェアテスト自動化カンファレンス」の司会係のような社外活動も行っています。 行動規範 本行動規範は、VeriServe Test Automation Talk(以下本イベント)の参加者・運営者を含むすべての人が安心・安全に参加できるよう定めたものです。 本イベントへの参加、登壇、運営参加に当たっては、本行動規範への同意が必要となります。 対象 本行動規範は参加者、登壇者、運営者、その他本イベントに関係する全ての方を対象とします。 ハラスメント行為の禁止 性別・性自認・性的指向、障がい、容姿・外見・年齢、人種・国籍・宗教などにおいて、他者を不快・不安にさせるような振る舞いは禁止します。 ハラスメント行為の例として、以下があります。 ストーキング、つきまとい行為 直接的な行為だけでなくオンライン上での所謂「粘着行為」や不適切なメッセージ送信を含む 身体的特徴の揶揄や身体的接触などの性的いやがらせ ビデオオンの強制 攻撃的、暴力的な言動や、過度の批判 その他、運営者が不適切であると認めた行為 違反時の対応 本行動規範に違反する行為を発見した場合、即座に中止を求めます。 開催中のイベントからの強制的な退出や、今後同運営者が開催する他のイベントへの参加禁止等の措置を行います。 被害を受けた、目撃した場合 本イベントの管理者もしくは connpass@veriserve.co.jp までご連絡ください。 個人情報取り扱いについて 当社が取得した個人情報は、当社関連セミナーに関するご案内に利用させていただく場合がございますが、その他の目的では利用いたしません。 また、法令の定める場合を除いて、第三者へ提供いたしません。 個人情報取り扱いに関する業務を委託する場合は、適切な委託先を選定し当該委託先と機密保持契約を締結の上、当社の監督の下で委託いたします。 なお、個人情報に関する開示等(開示、訂正、追加又は削除、利用の停止、消去)の請求につきましては、下記お問い合わせ先までご連絡ください。個人情報の提供はあくまで任意によるものですが、必要な情報のご提供がない場合にはお問い合わせやセミナーのお申し込み等に応じられない場合がございます。予めご了承ください。 【個人情報統括管理責任者】 取締役上席執行役員 清水 昌彦 【お問い合わせ先】 〒 101-0061 東京都千代田区神田三崎町 3-1-16 株式会社ベリサーブ 研究企画開発部 自動テスト推進課 担当:山口 澄 電話:+81-50-3640-9731 E-mail:connpass@veriserve.co.jp プライバシーポリシー 株式会社ベリサーブ Zoom

2/16 (水)

183da87fc201d552e4e7fd1da84c3453 ラクス
フロントエンド(HTML/CSS/JS、Node.js、TypeScrip等)のLT大会!
テーマは「フロントエンド」のLT会(ライトニングトーク:1人5分~10分程度) 今回のLT会はフロントエンドをテーマにしたフロントエンドLT会のvol.6です。 LT初心者・未経験者、大歓迎です! LT発表希望の方は、LT発表枠より申込み登録をお願い致します! もちろん見学だけもOK! 【発表テーマ例】 フロントエンドとは UIデザインとは 真のJavaScript入門 Vue.jsを使ってSPAを構築してみた ES2020を試してみた TypeScriptを書いてみた などなど 【過去イベントと発表テーマ】 フロントエンドLT会 vol.1 -2020夏祭り- フロントエンドLT会 vol.2 - 2020冬まつり docker-compose × Firebase Emulator でローカル環境構築 Reactを使ってMixPanelでユーザーの行動を可視化してプロダクトカイゼンに生かす フロントエンドLT会 - vol.3 新規開発を止めないフロントエンドReactリプレイスの進め方とTips Next.js × Nest.js × Prisma2 でWebサービスつくってみました。 SVGでボーンアニメーションできない世界に絶望しないためのLT VSCode Remote Containersを使ったAngular開発 フロントエンドLT会 - vol.4 React.js&Next.js超入門 第2版を読んでReactをどこまでマスターできたかを報告する Vue.jsプロジェクトにscss-stylelintを導入した話 VS Code 上で HTML からクラス名などを抽出する拡張を作ってみた Vue OptionsAPIからCompositionAPIに変換するツールを作ってみた フロントエンドLT会 - vol.5 ESLintの独自ルール作成にチャレンジした話 Graph CMSとNext.jsでブログを作ってみました などなど こちらにて、過去の発表をまとめております! ぜひご参考ください。 ゆるくオープンなイベントですので、興味をもった方はどなたでもご参加下さい! 関連イベントの様子 雰囲気の参考にしてください。 UI/UXデザイナーLT会 -vol.1 まとめ UI/UXデザイナーLT会 -vol.1 ブログ フロントエンドLT会 vol.1 -2020夏祭り- まとめ 開催概要 日時: 2022/02/16(水) 19:00-22:00 Zoomへの入室は10分前からとなります。 途中参加・退室OKです。 会場: オンライン(Zoom) Connpassのメッセージ機能で開催前にURLを通知いたします。 参加費: 無料 ※イベント参加人数が少ない場合など、中止とする場合がございますのでご了承ください。 募集枠 LT発表枠 ライトニングトークを行っていただきます。 申込時に仮でもいいので発表タイトルと希望の発表順をご回答ください。 申込時に回答し忘れた方はConnpassイベントページのコメントにてご連絡ください。 なお、発表順序はご相談させていただく場合があります。 唯一無二のLTのはじめ方 準備やネタの用意よりも先にまずは申し込みましょう。 ネタではなく申し込まないと永遠に発表する機会は訪れません。最初の一歩の「えいやっ」が大事。 参考:ライトニングトーク準備の参考資料まとめ 注意事項 発表練習はありませんので、ご自身の発表時間前にはZoomへご入室をお願いします。 事前の資料共有は不要です。当日に向けてご準備をお願いします! 一般参加枠 賑やかしをお願いします。 アウトプットしてもいいんですよ。 Twitterでの実況 Togetterへのツイートまとめ Qiitaやブログでのイベントレポート その他 いずれかのどれかでもいいですし、複数やっていただけると感謝で涙が流れます。 LTのレギュレーション 発表時間 5分or10分 お申込み時に発表時間を回答ください。 内容はフロントエンドに関連していること 公序良俗に反する内容ではないこと 機器トラブルなどの場合は順序を入れ替えて対応いたします。落ち着いて対処していきましょう。 発表テーマ No. 時間目安 発表時間 登壇者 タイトル - - 司会 オープニング 1 19:10 10分 kajiさん Vue.js + Firebase のプロジェクトに自動テストを導入した話 2 10分 sy20151201さん そういえば ECMAScript の仕様って一体どこから出現するのか意外と知らなかった話 3 10分 toaruさん NXで始めるOSS活動 4 19:55 10分 Suguru Ohki(スー)さん (仮)Nuxt.js -> Next.jsの置き換えを決断した話 5 10分 RyoKawamataさん 膨大な履歴、ブックマーク、タブを横断的に検索して移動できるChrome拡張を作った話 6 10分 nishikichi244さん Amplify Studioを使ってみた - 20:40 - 司会 スポンサートーク 7 10分 so_soさん Reactにおける再レンダリングパフォーマンスチューニングの考え方と実践 8 10分 rs_tukkiさん はじめてのTypeScript × はじめてのChrome-extension 9 10分 akkie76さん Vuetifyのメジャーアップデートで苦労した話 - - 司会 クロージング 登壇者情報 詳細 No1. kajiさん/株式会社ラクス 2017年に現職へ新卒入社。 自社サービス(楽楽労務)の開発を担当している。 主な利用言語はJava。1-2年前まではPHPがメインで、その時のvar_dumpの便利さが忘れられない。 趣味はスポーツ観戦。 ようやくエアコンを導入し、在宅ワーク環境が快適になった。 No.2 sy20151201さん 子供の頃からエンジニアになりたかったのに人生の荒波に揉まれなぜか神社で神主をやっていたが、 20代後半でやっぱりエンジニアの道を志す。 カスタマーサポート、インフラ(AWS)保守、フロントエンド、バックエンドのプログラム修正などの業務を経て、 現在は都内某企業で業界特化型 SaaS のフロントエンドエンジニアとして活躍できたらいいのにと思っている。 最近美人の優しい彼女ができたのでますます仕事に命を賭ける所存。 No4. Suguru Ohki(スー)さん/株式会社TechBowl TechTrain 茨城大学工学部卒業。 大学3年次より3社ほどエンジニアの長期インターンを経験し、 2017/10〜Hamee株式会社に新卒でバックエンドエンジニアとしてジョイン。 技術負債を解消していく職務を経験。 2020/08 からは、プロのエンジニアを目指すエンジニアコミュニティTechTrainを運営する株式会社TechBowlに1人目の正社員エンジニアとしてジョインし、エンジニア(テックリード)として活動。 最近はなんちゃってプロダクトマネジメントも兼任。 No5. RyoKawamataさん/LAPRAS株式会社 LAPRAS株式会社のソフトウェアエンジニア。 新卒で地元茨城県の消防本部に就職し、消防隊、救急隊として6年間勤務。 その後、妻の仕事の手伝いで始めたHP制作をきっかけにエンジニアへ転職。 エムスリー株式会社、株式会社Misocaを経て現職に。 趣味は懸垂。 No7. so_soさん/株式会社Gemcook 2018年に株式会社Gemcookに入社。 現在リードフロントエンドエンジニアをしています。 React, Next.js, React Native, GraphQLを使用した開発に携わることが多いです。 最近Rust始めました。 No8. rs_tukkiさん/株式会社ラクス 東海大学情報通信学部卒業後、2017年に現職へ新卒入社。 自社サービス(楽楽精算)のバックエンド開発に2年携わった後、 2019年からは主に同サービスのAndroidアプリの開発・運用を行っている。 旅行と野球観戦が趣味…だったが、コロナ禍で徐々にインドア派に移行中。最近はYoutubeがズッ友。 No.9 akkie0076さん/株式会社ラクス 楽楽精算開発 Lead Engineer BtoB、BtoB の様々なプロダクト開発に携わり、2021年株式会社ラクス入社。 チームでは、モバイル開発中心を担当している。 注意事項 ・当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。 ・他の参加者の方の妨げになるような行為は禁止、運営側の判断でご退出をお願いする場合があります。 ・ブログやSNS等で当イベントに関する発信を行う際は、公序良俗に反する内容のないよう、ご協力をお願いします。 ・当イベントはオンライン開催のため、通信状況によって音声や映像の乱れがある場合がございます。 ・配信トラブル時のアナウンスはTwitterより行います。 ・当日のイベント風景を録画させていただいております。内容は後日レポート記事やSNS掲載又は、会員限定の動画配信される場合がありますのでご了承ください。 🔶 エンジニア中途採用サイト ラクスでは、エンジニア・デザイナーの中途採用を積極的に行っております! ご興味ありましたら是非ご確認をお願いします。 https://career-recruit.rakus.co.jp/career_engineer/ 🔶 カジュアル面談 どの職種に応募すれば良いかわからないという方は、カジュアル面談も随時行っております。 以下フォームよりお申込みください!

1/14 (金)

848828ef411b72a8afe080edfe718227 Forkwell
〜フロントエンド“エンジニア”にフォーカスした新シリーズ第3弾〜
開催概要 「これからのフロントエンドエンジニア」について考えるイベントへ。 累計8,000人(#5 終了時点の connpass 登録者数)が参加した Front-End Study の姉妹イベントが発足! 先人の少ないフロントエンドの世界。スペシャリストとゼネラリスト、エンジニアとしての技術の網羅範囲、OSSとの向き合い方など、悩みは尽きないのではないでしょうか。 エンジニアコミュニティ『Forkwell』ではこの課題の緩和へ向けて、エンジニアリングにフォーカスした Front-End Study と合わせて、エンジニアにフォーカスした『Front-End Lounge』を立ち上げることとしました。 フロントエンドから始まり、今では幅広い分野で活躍されているゲストを招待し、セッションとトークの二本立てで、エンジニアとしてのこれからに向き合える時間を提供いたします。 この機会にぜひ、一緒にフロントエンドエンジニアの未来を考えませんか? 本勉強会スケジュール 日程 テーマ 発表者 11月10日(水) 第1回「フロントエンドでOSSに寄り添って生きていく」 Daijiro Wachi 氏 / potato4d 氏 12月6日(月) 第2回「フロントエンドエンジニアのキャリア」 lacolaco 氏 / herablog 氏 / 1000ch 氏 / potato4d 氏 1月14日(金) 第3回「公開!ガチ1on1」 odan氏 / potato4d 氏 / 古川陽介氏 2月xx日(x) 第4回「(仮)Web開発者におけるフロントエンドのカバレッジについて」 調整中/ potato4d 氏 3月xx日(x) 第5回「(仮)今のWeb業界に足りないもの」 調整中/ potato4d 氏 #3「公開!ガチ1on1」 Front-End Lounge 第三回は『公開!ガチ1on1』。 フロントエンドエンジニアの立ち位置は組織やチームの状況により左右され、自身のキャリアプランとフロントエンドエンジニアとしての自身の立ち位置に悩むかたは多いのではないでしょうか? いちメンバーからエキスパート、リードエンジニアとして活躍の場を広げていくにあたって、より求められる範囲は広くなり、悩みは増えていくことに間違いありません。 今回の Front-End Lounge では、そんなフロントエンドエンジニアのキャリア形成にありがちな話題を『公開1on1』という形で語り、そして課題解消の道標を見つける時間を提供します。 1on1 は全部で二本、リードエンジニアとチームのエンジニアリングマネージャーの1on1と、チームのエンジニアリングマネージャーと開発組織を広く見るマネージャーとの 1on1 をお届けします。 リードやマネージャーとなるフロントエンドエンジニアの赤裸々な悩みを聞ける貴重な時間を提供します。 こんなエンジニアにおすすめ フロントエンドエンジニアを出自とするゆえの悩みをもつかた フロントエンドだけでより責任のある立場に進むことができるか不安なかた 登壇者紹介  odan 氏(@odan3240) 株式会社モバイルファクトリー シニアエンジニア & テックリード 2018年、株式会社モバイルファクトリーに新卒のエンジニアとして入社。入社当時に立ち上がったブロックチェーンチームに所属中。学生の頃に触っていたフロントエンドに始まり、入社後はバックエンド、クラウド、ブロックチェーンなど様々な領域での開発に取り組んでいる。現在はNFTマーケットプレイスの「ユニマ」のテックリードとして開発運用に携わる。休日はスプラトゥーンか技術の素振りに取り組むことが多い。  potato4d 氏(@potato4d) LINE株式会社 Senior Front-End Engineer & Engineering Manager / ElevenBack LLC. CEO LINE 株式会社にて、チームを超えた技術基盤の整備やDX向上に取り組む傍ら、ミートアップ運営や技術メディアの立ち上げなど、UITを国内最高のフロントエンド組織とするためのよもやまごとを幅広く手掛けている。また、合同会社 ElevenBack の代表も務めており、フロントエンド開発や、本イベント Front-End Study の運営、フィードバックサービス Koibumi の Product Owner などをつとめている。プライベートではVue.js日本語公式ドキュメントやNuxt.js公式プラグインなどのメンテナをつとめており、休日はOSS活動に取り組むことが多い。  古川 陽介 氏(@yosuke_furukawa) 株式会社リクルート APソリューショングループ マネジャー 兼 シニアソフトウェアエンジニア 複合機メーカー、ゲーム会社を経て、2016年にリクルートテクノロジーズ入社。現在はアプリ基盤の改善や運用、各種開発支援ツールの開発、またテックリードとしてエンジニアチームの支援や育成までを担う。Japan Node.js Association の代表理事として、 JavaScript の日本最大のカンファレンス JSConf.JP を主催。複数のテック企業の顧問としての活動も幅広い。趣味はゲームとプログラミング。 公開!ガチ1on1 リードエンジニア編 公開!ガチ1on1 エンジニアリングマネージャー編 タイムスケジュール 時間 内容 発表者 19:30 オープニング / ゲスト紹介 主催 Forkwell 重本 湧気司会 potato4d氏 19:40 公開!ガチ1on1 リードエンジニア編(30分) メンティー:odan氏メンター:potato4d氏 20:10 スポンサーLT(5分) Forkwell 20:15 休憩 20:20 公開!ガチ1on1 エンジニアリングマネージャー編(30分) メンティー:potato4d氏メンター:古川 陽介氏 20:50 アフタートーク(10分) potato4d氏odan氏古川 陽介氏 21:00 終了 ※ タイムスケジュールは目安です。21:00までの間で、より参加者にご満足いただける形で各コンテンツ時間が調整される場合がございます。 ※ プログラムは変更となる可能性があります。随時こちらで更新いたします。 参加方法 今回のオンライン勉強会は YouTube Live を使用してライブ配信いたします。 当日19:30〜 配信がスタートしますので、下記のリンクよりチャンネル登録の上、ライブ配信予定枠のリマインダー設定をお願いします🙇‍♂️ ▶ Forkwell公式 ITエンジニアのキャリアと学び またライブ配信終了後、アーカイブ動画の公開を予定しております。 当日の開催時間にライブ参加できない方も、connpass参加申込みの上、ご視聴くださいませ。 主催・協力 主催 「成長し続けるエンジニアを支援する」サービスを運営する Forkwell が開催いたします。 注意事項 当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。 Forkwell の宣伝をさせていただく時間がございます。予めご了承ください。 エンジニアの方を対象としたイベントのため、非エンジニアの方のご参加、ならびに同業に属する方の当イベント内でのリクルーティング活動につきましてご遠慮いただいております。 イベントの風景を、Forkwell メディア上の記事(イベントレポート)に掲載することがございます。掲載を希望されない方は、当日イベントページ問い合わせフォームより、掲載希望されない旨をお伝えください。 ブログやSNS等で当イベントに関する発信を行う際は、公序良俗に反する内容のないよう、ご協力をお願いします。 当イベントはオンライン開催のため、双方の通信状況により音声や映像に乱れがある場合がございます。 配信トラブル時のアナウンスはTwitterよりイベントハッシュタグをつけて行います。 また、ご参加者の方々が最大限楽しんで頂けるよう、運営サイドで参加にふさわしくないと判断させて頂いた方については、イベント中であろうとご退席をお願いすることがございます。 保険、宗教、ネットワークビジネスの勧誘が目的と見られる方 その他運営サイドで参加が不適切だと判断した方 誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承くださいませ。