KeikoKudo (@bleunote_keis)


参加する勉強会



過去の勉強会

10/27 (水)

E961577f3292e943fe3976bc0220c3ff Chatwork
DXプロジェクトの特徴と最適なアプローチとは何か?を考えるオンラインイベント
イベント概要 水曜日のDXデザインとは、DXに向き合う人たちのリアルな日常について聞けるイベントです。 参加者のみなさんからもご質問やコメントをいただきながら進めていきます。 Zoom開催、途中参加・退出もOKなので、お仕事や家事の合間にぜひご参加ください! 日時 2021年10月27日(水)19:00開始 ※途中参加・退出OKです 開催方法 Zoom Webinar で開催します。 Zoom Webinar の URL 等は、お申込みいただいた方にメールでご案内いたします。 ※2021年10月27日(水)にご案内予定 参加申し込み情報 connpass からお申し込みください。 スピーカー(五十音順) 岡崎 耕太 | Partner at FAKE,Inc. Design Lead at Fjord | @okazakityo 在学中より複数ベンチャーでデザイナーとして活動(法政大学院デザイン工学修士) 。グリー株式会社で経営戦略、アクセンチュア株式会社で経営/デザインコンサルティングに従事。英デザインファームFJORDの東京スタジオ設立に携わり、大手企業と売上数十億規模の事業を複数創出。また個人でスタートアップを中心にデザイン経営支援を行い、2019年12月、クリエイティブ・ファームWBSB&COMPANY LLCを共同設立。2020年にDX領域のデザインファームFAKE Inc.を共同設立。 西村 和則 | root Inc. 代表取締役 | @nishimuu 1985年生まれ。高知県出身。 デジタルハリウッド卒業後、Webデザイナーとしてキャリアを歩む。 独立後、事業開発に特化したデザインコンサルティングファームとして root を創業。 創業期を支援したスタートアップとしてD2CブランドのFabric Tokyo 、動画クラウドソーシングのCrevoなど実績を持つ。その後も数多くの事業立ち上げから成長フェーズにおけるデザイン支援を通じその可能性を探求し続ける。 モデレーター 坂田 一倫 | Chatwork株式会社 UXディレクター | @mariosakata 慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年に Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より現職。UXディレクターとしてプロダクトのUX戦略策定と施策立案をリード。 タイムテーブル 19:00 受付開始 19:05 オープニング 19:15 登壇者紹介 19:30 セッション 20:20 クロージング セッション プロダクト起点で戦略と実行を繋げるDXマネジメント(岡崎 耕太) DXへの取組みが浸透し、多くの企業で新規事業の立案や既存事業の改善が行われているなか、プロジェクトマネジメントや意思決定の難しさも見えてきています。 本セッションでは、DXデザイン・コンサルティングファームとしてプロジェクトに携わってきた経験から、DXを推進する観点についてお話します。 大きな組織に小さなプロジェクトからアプローチするDX(西村 和則) DXと聞くと組織改革や全社的なデジタル推進をイメージされるのではないでしょうか? rootでは、クライアントの事業成長を支援するため、大きな組織を大きく変革するのではなく、大きな組織の小さな変革(新規事業)から変化を起こし事業成長と共に、組織内のプロセスを変えていく取り組みに伴走しています。 これまでのプロジェクトでの失敗談も交えながら、rootのDXに対するアプローチ手法をご紹介します。 こんな方におすすめ 事業会社にてDX関連のプロジェクトに関わっているデザイナーやプロダクトマネージャー

9/29 (水)

26eaee603ff7d6a2de27394f5097769e セブンデックス
〜2つのデザインファーム代表が語る、デザイン視点の新規事業戦略〜
【FAKE×セブンデックス】新規事業を最速で成長させる、デザイン視点の成長戦略 市場環境が目まぐるしく変化する昨今、プロダクトのライフサイクルも短くなり、 企業の持続的な成長のために、新たな事業を起こし続けることが不可欠になってきました。 本イベントでは、デザインの力で事業成長に貢献する2つのデザインファーム代表を迎え、 成長する新規事業を創る上で必要な視点や考え方について、実際の事例も踏まえながらお話していきます。 ▼FAKE https://www.fake.inc/ ▼セブンデックス https://sevendex.com/ 見どころ 【2つのデザインコンサルティングファーム代表が語る、デザイン視点の成長戦略】 ビジネス×デザインの最前線で活躍している3人のゲストを迎え、 ユーザーに愛される新規事業を創るための実践的な内容をお伝えしていきます。 収益性のあるビジネスのアイデアを創出するためのリサーチ手法 ユーザーを中心としたプロダクト開発の進め方 ビジネス戦略に紐づいたUXUIデザイン 新規事業の成功確度を高めるプロトタイプ検証 など こんな人におすすめ 経営や事業戦略部門の方、マーケティングに関わっている方 DXを通じた事業立ち上げを行ってる方 提供しているサービスを次のフェーズへ高度化していきたい方 戦略的に事業グロースしていきたい方 ビジネス戦略やUXデザインに興味があるデザイナーの方 タイムスケジュール 18:00 - ご挨拶・本日の流れ 18:05 - 登壇者紹介・会社紹介 18:15 - FAKE 岡崎登壇 18:30 - FAKE 高橋登壇 18:45 - セブンデックス 中村登壇 19:00 - 質疑応答 19:10 - 締めのご挨拶 ※状況に応じ、時間が前後する可能性があります。 参加方法 オンラインでの開催。 視聴用URLはお申込み後に本イベントページやconnpassメッセージなどでご案内いたします。 スピーカー 高橋才将 FAKE Inc. CEO/ PARTNER 2010年 株式会社博報堂に新卒入社、大手飲料メーカーなどの営業やプランニングに従事。2012年 Timers Inc.を創業、代表取締役に就任。家族アプリFamm(http://famm.us)を運営し、100万人以上の会員とサブスクリプションベースのアプリビジネスに従事。2020年 FAKE Inc.を創業。 岡崎耕太 FAKE Inc. PARTNER 大学院在籍時にTimers Inc.にてデザイナーとして活動。グリー株式会社で経営戦略、アクセンチュア株式会社で経営・デザインコンサルティングに従事し、英デザインファームFJORDの東京スタジオ設立に携わる。また個人でもスタートアップを中心にデザイン経営支援を行い、2020年FAKE Inc.に参画。 中村伸啓 株式会社セブンデックス 代表取締役 HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト ベンチャーで業務経験を積み、大学卒業後に広告営業としてマイナビに入社。24歳で同社事業部最年少でマネージャーを務める。その後メディア開発、アプリの企画開発を経験し2018年にセブンデックスを設立。代表取締役に就任。2019年グッドデザイン賞受賞。 モデレーター 西野慎一朗 株式会社セブンデックス プロジェクトマネージャー HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト 新卒入社でマイナビに入社し、求人広告営業として企業の採用を支援。全社表彰/社長賞獲得。CX(Candidate Experience)を通して広義のデザインに可能性を感じ、また自分の仕事の領域を広げたいと思い、セブンデックスに入社。現在はPM/UXデザイナーとして様々な案件に携わりつつ、採用人事など幅広く担当している。 スピーカーへのご質問 スピーカーへのご質問はslidoで受けつけております。 slido:https://app.sli.do/event/dbq8ytcq プライバシーポリシー お申込時に入力いただいた個人情報は、本イベント開催におけるお申込受付と実施連絡を行う目的、および今後有益と思われるサービスやイベント・セミナーをご案内する目的でのみ利用します。 ご提供いただいた個人情報は、お客様の同意なしに主催者以外の第三者に開示・提供することはございません。

4/20 (火)

4373febb78adb5af4aaf219f6f2f1530 デザイン周辺勉強会
” 経営課題をともに解決するパートナーでありたい” を実現するためのキャリアと提案
参加者になると、この上部に参加用のURLが表示されます デザイン周辺勉強会について 人間中心デザインやUXデザイン、あるいはUIデザインやビジュアルデザインなど、デザイン自体の領域は広がりを見せています。その広がりも見つつ、デザインそのものというよりは、デザインの隣接・周辺領域にスポットを当てた勉強会シリーズをやっていきたいと思います。学際領域であり、かつ、実践領域でもあるため、関連は多岐に渡りますが、一つ一つに焦点を当ててやっていきます。 本シリーズの勉強会では、概ね、前半にはその隣接・周辺領域の方をお招きして、話し手としてお話いただきます。後半は、参加者を交えて、どのような接点があるのかなどをダイアログ方式で実施したいと思います。 得られるもの ・制作会社、事業会社、フリーランスで得られた経験・価値観について経験談の一例 ・「会社員からフリーランス」「デザイナーからディレクター」と働き方や役割を変えた中で、どのように技能を育てたかの一例 ・ウェブ制作だけでなく、企業課題をともに解決するパートナーとしての提案方法の一例 得られないもの・失うもの ディレクションの最適解 (このやり方がよい、など) 別領域、例えばプロダクトマネジメントなどの知見 時間(2時間ほど) 開催場所 オンライン開催です。 前半は、Discordのテキストチャットとzoomによる映像・音声配信で実施します。 後半は、zoomのブレイクアウトルームとmiroを利用したダイアログという対話の場を参加者で実施します。 タイムテーブル 19:30 開始説明<10分> 19:40 「” 経営課題をともに解決するパートナーでありたい” を実現するためのキャリアと提案」 うめだえりこさん<50分> ウェブ業界歴15年(独立して5年)、初めは制作会社のデザイナー&コーダーのキャリアから始まり、今は主に制作ディレクションやマネジメント、経営課題の解決をお客様とともに行っています。 わたしのキャリアの話を交えながら、  「会社員からフリーランス」  「デザイナーからディレクター」 と働き方や役割を変えた中で培った経験や価値観、どのように技能を習得してきたかをお話しします。 また独立してからは、「課題をともに解決するパートナーでありたい」という想いから、ウェブサイト制作・運用・プロモーションだけではなく、  - 社内ワークフローの整備  - 組織マネジメント  - 採用活動、教育  - インナーブランディング にも携わっています。 上記を行っている意図としては、ウェブサイト制作を依頼いただいたお客様とわたしの意思として一致している目標は「成果を出すこと」です。 そのために「制作以外」の部分でボトルネックを解消しなければいけないことも多々あります。 社内で解決できないボトルネックの解消をともに行うことで、より成果を出すための社内の体制づくりもお手伝いさせていただいています。 どのようにお客様へ提案してご理解いただいたかもお話できればと思います。 まだまだ志半ばではありますが働き方や選択肢の一例として、聞いていただいた方の参考になるものがあればうれしいです。 (※フリーランスを勧める内容ではありません) うめだえりこさんプロフィール うめだえりこ フリーランス ウェブディレクター・デザイナー ウェブ業界歴 15年、フリーランス5年。 制作会社や事業会社で経験を積んで2016年に独立。 ウェブ制作、集客提案、運用、プロモーションを主要業務として名古屋で活動している。 2021年1月よりMBAプログラム受講中(プレスクール/2022年度本科入学予定)。 趣味はスポーツ観戦(野球・バスケ・プロレス)、ごはん、お酒、旅行。 ドアラ党。 Twitter: @umeko12 20:30 休憩 <10分> 20:40 ダイアログ <40分> 当日ファシリテーションの上、Discord上で実施します。 今後のデザイン周辺勉強会の予定 第1回 09/26土曜昼 「 テクニカルライティング 」 第2回 10/14水曜夜 「 マーケティング 」 第3回 11/03祝日昼 「 情報設計 」 第4回 11/27金曜夜 「 アクセシビリティ 」 第5回 12/18金曜夜 「 デザイナー採用 」 第6回 01/08金曜夜 「 職場のコミュニケーション(1on1) 」 第7回 1/29金曜夜 「 モチベーションと職場の教育 」 第8回 2/18木曜夜 「 段取り 」 第9回 3/12金曜夜 「 つきつめPG 」 第10回 今回 後日録画視聴希望枠について 希望が多かったので、カンパ枠と後日録画視聴枠では、後日録画したものを視聴できるようにしました。 ※お話枠はカバーできますが、ダイアログ枠はカバーできないので、当日参加をオススメします。 その他 基本、通常参加枠での参加で構いません。(70名程度を上限として増席予定です) カンパ枠で申し込んでいただくと、そのカンパをこの勉強会をシリーズ化する上でのドメイン取得や、画像制作などに利用します。 不明点などあれば、主催の @chachaki にお問い合わせください。 デザイン周辺勉強会行動規範 (Code of Conduct) デザイン周辺勉強会 行動規範 申込の際には、こちらを内容を必ずご確認ください。 デザイン周辺勉強会(以降、本イベント)では、すべての参加者、話し手と運営メンバーは以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。本イベント主催者と運営メンバーは、本イベントの間を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者と運営メンバーは、誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。 ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教(あるいは無宗教)、技術的指向に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他の本イベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。参加者は、これらのハラスメント行為を止めるように求められた場合、すぐに従わなければなりません。 スタッフは、性的な関心を引き起こすような服装/制服/コスチュームを使うべきではありませんし、その他の手段で性的な関心を引き起こすような環境を作ることもすべきではありません。 参加者がハラスメント行為に属するふるまいをした場合は、本イベント主催者は適切と判断した範囲で、当該行為を行った者に対する警告や、参加費を返還せずに本イベントから追放処分とするなどを含むいかなる行動も取ります。 もしあなたがハラスメントに遭った場合、他の人がハラスメントに遭っている場合、あるいは他に気になることがあった時は、すぐに本イベントの募集ページにある問い合わせ先(chachaki@gmail.com) 、または本イベントスタッフに連絡していただくようお願いします。 スタッフによる十分な対応が期待できない場合は、Twitterなどのソーシャルメディアに助けを求めてください。 本イベントスタッフは、ハラスメントを経験した人が、本イベント期間中安全かつ安心と感じられるように、参加者が近隣の警察に連絡すること、相談者の提供、およびその他の支援を行います。私達にとってあなたが参加しているのは大事なことなのです。 私達は参加者が本イベントのオンラインワークショップ会場、また本イベントに関連したソーシャルイベントにて、このルールに従うことを望みます。

9/29 (火)

71317c2b20584901b26a99c4834a5d3d DIST
職種や技術の垣根を越えてWebに関わるすべての人を結ぶクリエイティブコミュニティ
本イベントは2日連続開催の1日目です。2日目のDIST.34とお申し込みは個別に行っていただく必要がありますのでご注意ください。どちらも「ゲームから学ぶUI/UX」をテーマとして開催しますが、内容は別々になります。1日だけでも、両日ともご参加いただいても大歓迎です。 概要 夏が終わろうとしているこの季節に、DISTの「ゲームから学ぶUI/UX」が帰って来ました! インターネットが普及して20年以上が経ち、様々な手法が確立されたWebデザインは一定の成熟期まで発展したといえるでしょう。さらなる進化に向かう現代では、UI/UXの重要性が声高に叫ばれています。では、よいUI/UXとそうでないUI/UXを分けるカギは、一体どんなものでしょうか? 技術の使いこなしや、ビジネス・マーケティングの視点が重要であることはさることながら、なによりも作り手である自分自身が多くのUI/UXに触れ、いち体験者、いちユーザーとしての経験を積むことが、よさを見分ける基礎体力になるのではないでしょうか。 よいUI/UXを追求してきた先駆者であるゲームから学ぶため、各スピーカーが特に優れていると考えるゲームタイトルを持ち寄り、そのよさを語り合います。メディアを横断した体験を通して、Webの向上に繋げましょう! スピーカー募集! スピーカー募集は終了しました。 セッション(15分)のスピーカーを希望される方を広く募集します。内容は「Webデザインの向上に生かせそうなゲームのUI/UX」にまつわることであれば何でもOKです。ただし、自分自身が制作に携わったゲームは宣伝と捉えられるため、避けるようお願いします。詳しくはDIST.33&34 スピーカーについてをご覧ください。 希望者は、「スピーカー希望枠」からお申し込みください。内容を検討の上、折り返しご連絡を差し上げます。内容がテーマにそぐわないと主催者が判断した場合、お断りすることもありますので、あらかじめご了承ください。 対象 UI/UXに興味のあるWeb制作関係者(職種は問いません) ゲームとWeb、どちらも好きな方 学生でWeb制作に興味を持っている方 セッション紹介(各15分、順不同) 実例から学ぼうダイエジェティックUI フリーランス UIデザイナー 喜納 彬光(KINO Akimitsu) いくつかのゲーム事例をもとに、没入感を高めるといわれるダイエジェティックなUIの表現方法やその効果などをお伝えします! 紹介タイトル: 『スプラトゥーン2』Nintendo Switch 『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』PlayStation 4、Xbox One、PC 『GOD OF WAR』PlayStation 4 『十三騎兵防衛圏』PlayStation 4 Apex LegendsのやさしいUX 株式会社メンバーズ ビジネスプラットフォームカンパニー ピープル&カルチャー室 プロデューサー 三瓶 亮(SAMPEI Ryo) 『PUBG』『Fortnite』などに代表されるバトルロワイヤル系ゲームですが、僕はいわゆるそれに乗り切れない系でした。その独特なゲーム構成やルールに乗り切れず、初見プレイ時の体験もあまり良いものではなく、周りが盛り上がろうとも、明確に「このゲームは面白いと感じない」と認定したのでした。そのまま一生バトロワ系とは縁がないと思っていた私ですが、『Apex Legends』の登場によって、僕のゲームライフは一転します。ほぼ毎晩、友人とパーティプレイをし、チャンピオンを目指す日々。Apex Legendsの何がそこまでバトロワ嫌いの僕を変えたのか、UXの観点で分析していきます。 紹介タイトル: 『Apex Legends』PlayStation 4、Xbox One、PC やめられないとまらない!効率化ゲームの中毒性UI/UX フリーランス マークアップエンジニア さわだ えり(MATSUTAKE Eri) ビッグタイトルにはなりえないのに、世界中にファンが多い謎のジャンル「効率化ゲーム」。パズルゲームとは似ているようでちょっと違う。そのマニアックなジャンルのゲームたちは、一度始めたら「止まらない!」「時間が溶ける!」と皆が口を揃えて叫ぶ中毒性を持っています。 どうして時間を忘れるほど没頭してしまうのか……いくつかゲームを紹介するので、あなたも効率化の沼に足を踏み入れてみませんか? 紹介タイトル: 『Satisfactory』PC(Windows) 『Automachef』Nintendo Switch、PC(Windows) 『Opus Magnum』PC(Windows、macOS) ライフスタイルにゲーム体験をリプレイスする、仮想とリアルの接続点 合同会社DMM.com デザインストラテジスト 河西 紀明(KAWANISHI Noriaki) 『あつまれどうぶつの森』をはじめとして「スローライフ」を題材としたゲームは根強い人気を誇り、多忙な日々で見失いがちな"発見"をする喜び、"モノづくり"を通した仮想体験は、多くの大人が愛してやまないジャンルです。 仮想が故に作業ゲーと揶揄され「時間の無駄」と称されることもありますが、少し視点と環境を変えてみればそっくりそのまま転用してライフスタイルに活かすことができる体験は非常に多いです。 ゲームの中の経験や知識をリアルで活かすことができたら素敵だと思いませんか? 世の中の働き方の変革期を迎えて現実味を帯びてきた、一口サイズの"ゲーム的"スローライフをはじめてみませんか? 紹介タイトル: 『あつまれどうぶつの森』Nintendo Switch 『牧場物語』 『Stardew Valley』 パネルディスカッション 全セッション終了後、質疑応答を兼ねてスピーカー全員によるミニパネルディスカッションを行います。取り上げてほしいトークテーマ、スピーカーに聞いてみたいことがあれば、Twitterのハッシュタグ「#distgame」でお寄せください。 パネラー 三瓶 亮(株式会社メンバーズ) さわだ えり(フリーランス) 河西 紀明(合同会社DMM.com) 喜納 彬光(フリーランス) ファシリテーター 沖 良矢(合同会社世路庵) ご視聴の流れ 参加申し込みをします 放送開始の1時間前にconnpassメッセージにて中継URLをお送りします YouTube Liveでお楽しみください! (放送中は、Twitterのハッシュタグ「#distgame」やYouTube Liveにて、番組までコメントをお寄せください) ※YouTubeでDIST公式チャンネルをチャンネル登録していただくと、放送開始のタイミングで通知されます ※参加申し込みは必須ではありません。直接YouTube Liveをご視聴いただいても構いません 有料枠について 基本無料のライブストリーミングですが、運営を続けていくために有料枠を設けています。お金を払ってもいいよ!という方は、ぜひ「有料で見る枠」でお申し込みください。 お支払いいただいた金額はDISTのコミュニティ活動のために使われ、収支をすべてGitHub Wikiで公表しています。なお、枠によって見られる放送内容に差はありません。 事前決済の具体的な流れは、PayPalによる事前決済についてをご参考ください。 タイムテーブル 時刻 内容 19:00~19:30 放送開始(待機時間) 19:30~19:40 開演~はじめに 19:40~20:10 セッション x 2本 20:10~20:25 質疑応答~休憩 20:25~20:55 セッション x 2本 20:55〜21:20 質疑応答&ミニパネルディスカッション 21:20~21:30 おわりに スポンサー DISTは、以下のスポンサーにご協賛いただいております。 スペシャルスポンサー ゴールドスポンサー シルバースポンサー ブロンズスポンサー ツールスポンサー YouTube配信 当日の様子は、開催2ヶ月後を目安にDISTのYouTubeチャンネルで公開予定です。公開不可の箇所やセッションはカットされますので、内容をすべてをご覧になりたい方は、ぜひ当日ご覧ください。 DISTについて DISTは、職種や技術の垣根を越えてWebに関わるすべての人を結ぶクリエイティブコミュニティです。有志が非営利で運営しています。 主な活動として、以下の3つをコンセプトとした勉強会を定期開催しています。 職種の垣根を越える 特定の技術に依存しない 今日から現場で使える