a0920sk (@a0920sk)


参加する勉強会

10/8 (金)

81e3f4741814eaf9f2991136302eec0c AWS Startup Community
Tech Meetup #8 - Amplify Japan User Group コラボ回!!
Amplify Japan UG x AWS Startup Community !! Amplify Japan User Group と AWS Startup Community 初の共催オンラインイベントです!! スタートアップならではの 0→1 なエピソード と AWS Amplify を絡めて話せるスピーカーを募集してます!! 応募の際はセッション概要に思いの丈を書いて頂ければ幸いです! ※ セッション時間は 15m + 質疑応答 5m の最大 20m を想定しています ※ 登壇枠へ多数のご応募があった場合は、運営にてご登壇いただく方を決定させていただきますのでご了承ください。(Day2 もあるかも?) Amplify Japan User Group Amplify Japan User Group は、Amplifyに関する情報交換と、日本でのAmplifyコミュニティの醸成を目的として活動をしているユーザーグループです。7/30に開催された 第1回 では、AmplifyユーザーによるオンラインLT会を実施。 YouTubeチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UC0zBBPXAcQENE09H_7eM40w AWS Startup Community および AWS Startup Tech Meetup AWS Startup Community は AWS を利用している スタートアップのためのコミュニティ で、スタートアップ同士の交流や経験の共有を目的としています! 日本のスタートアップから素晴らしいプロダクトや技術が世の中に出て行くことを応援しており、技術系・非技術系問わずあらゆるテーマを取り扱います。 AWS Startup Tech Meetup は AWS Startup Community 主催の技術系オンラインイベントで、スタートアップのエンジニアの交流や知見の共有を目的としています。AWS を利用するスタートアップのエンジニア及びスタートアップに興味のあるエンジニアであれば役職によらず、どなたでもご参加いただけます。 Agenda Timeline Title Speaker (敬称略) 19:20 - 19:30 Opening 運営 19:30 - 19:40 Amplify Japan User Group について TBD 19:40 - 19:55 AWS Amplify の概要について簡単におさらいする じゃが 20:00 - 20:15 コミュニティイベントでのサーバーレスアーキテクチャ実践 "0→1" 松井 英俊 20:20 - 20:35 生命情報解析 × GUI × Amplify 堀口 晃一郎 20:40 - 20:55 Session1 TBD 21:00 - 21:15 Session2 TBD ※ 時間帯は若干前後する可能性がございます。 Sessions & Speakers AWS Amplify の概要について簡単におさらいする AWS Startup Community と Amplify Japan User Group のコラボイベントということで、Amplifyって初めて聞く!というStartup Communityの方も多いと思います。各社の発表を楽しめるように、Amplifyの概要について簡単におさらいします。 じゃが(AWS)@jagaimogmog AWS / スタートアップ ソリューションアーキテクト 普段はスタートアップ ソリューションアーキテクトとして、スタートアップのお客様の技術支援を担当。AWS Amplify と Chime SDK がお気に入り。 コミュニティイベントでのサーバーレスアーキテクチャ実践 "0→1" AWS Serverless Hero 特別講演 JAWS-UG 最大級のコミュニティイベント: JAWS DAYS 2021 re:Connect で配信サイトの構築に携わる事で松井が感じた配信イベントとサーバーレスの相性の良さと、これからの MVP 開発にも活かせるポイントを解説 松井 英俊(株式会社スタートアップテクノロジー)@hide04241990 株式会社スタートアップテクノロジー / テックリード 株式会社スタートアップテクノロジー のテックリード。 AWS を活用した開発業務やコミュニティ活動、シビックテックに取り組む。 AWS 公式 Web マガジン「builders.flash」への記事の寄稿も行う。 2021年6月より AWS Serverless Hero。 生命情報解析 × GUI × Amplify 「全世界中の解析手法を網羅し、全世界の研究者に開放する」そんな壮大なビジョンに 立ちはだかったのは生命科学データ特有のビッグデータ、セキュリティ、そしてコストの 壁だった・・・。本セッションでは、そんなできたてほやほやのベンチャーと Amplify の出会いから、製品のリリースに至るまでの経緯をお話します。 堀口 晃一郎(株式会社アンプラット) 株式会社アンプラット / CTO 1990年生まれ。名古屋大学大学院にて素粒子宇宙物理学を修め博士号を取得、筆頭 著者として宇宙磁場の起源に関する論文などを執筆した。その後、将来性を感じていた バイオインフォマティクスを業とする企業に入社し、主に開発部門を担当しながら、会社 全体の技術力の向上に大きく貢献した。更に新しいことにチャレンジするため、同社の CTOであった三澤とともに2021年に独立し今に至る。 セッションタイトル セッション概要 TBD(TBD) TBD / CTO TBD セッションタイトル セッション概要 TBD(TBD) TBD / CTO TBD 開催報告寄稿枠 について 開催報告記事を AWS Startup ブログ で公開しておりますが、こちらを寄稿していただける方を募集しております。 内容は個人ブログや自社ブログの転載も可能ですので、AWS のブログを活用して少しでも露出を増やしたい方の応募お待ちしております。 参考:【開催報告】AWS Startup Tech Meetup Online #3 イベントのスピーカーの公募 Amplify Japan User Group Amplify Japan User Groupで登壇してみたいという方はこちらから https://github.com/aws-amplify-jp/amplify-meetup-cfp AWS Startup Community AWS Startup Community でもスピーカーを通年で募集しています。 応募は こちらのフォーム よりお願いします! コミュニティへの参加 Amplify Japan UG 公式webサイト より Slack / GitHub にご参加ください。 AWS Startup Community コミュニティスペースとして Discord を利用しています。 Meetup だけでなくコチラにも奮ってご参加くださいね!!


過去の勉強会

6/4 (金)

02ba2dc2202a3ca9f45b8f35cd84fe81 みそカツWeb
ちょっとしたライフハックからオリジナルサービスまで、個人開発に関わるテーマならなんでもOKなLT大会です。 オンライン(Remo)で参加できるので、興味ある方は気軽にご参加ください! LTの公募枠もありますので、そちらのご応募もお待ちしております。 開催概要 1. 日時 2021/6/4(金)19:00 ~ 21:00 (登壇者の方は5/28(金)19:00~のオンラインリハーサルにも可能な限りご参加をお願いします) 2. 内容 個人開発に関するLTとフリートーク(オンライン・入退場自由) 3. タイムテーブル 時刻 内容 発表者(順不同) 19:00 オープニング - 19:05 LINE Bot と NFCタグ で我が家の牛乳切れを防ぐ mmoto 19:15 個人開発での「何つくる?」の決め方(レビュニャーver.) amakawa 19:25 Firebase+vite.js+GitHubでとあるWebサイトの作ったときの開発環境のお話(仮) okoshi 19:35 - 休憩(10分) 19:45 個人開発サービスにおけるユーザーとのコミュニケーション Ryosuke Tamura 19:55 個人開発の集客って無理ゲーじゃないですか? ~わたしの考えた解決策~ webshina 20:05 家の日本酒在庫を管理するSAKAZUKIの個人開発 よんた 20:15 LTクロージング(5分) - 20:20 フリートーク(40分) - 21:00 イベント終了 - 4. 登壇者プロフィール(順不同) mmoto Webエンジニア。普段はReactをメインに開発しています。Taskflowというアプリを作っています。 amakawa 保育系SaaSでPdMぽいことをやっています。元エンジニアで最近React.js/Next.jsを触り始めました。猫グッズレビュー投稿サービス「レビュニャー」を開発中です。 okoshi FirebaseとSCRUMが好物の東海地区のWebエンジニア。 webshina ▶『βooster | ひとりビジネスの初期集客を加速するフリープラットフォーム』というサービスを近日リリース予定▶本職:プログラミングをしないSE ▶休日に趣味で個人開発 ▶月曜は少年ジャンプ関連ツイートが増えます よんた 無職。日本酒と料理とSML#が好き。前職ではC++でセンサいじったりグラフ描いたり回路・基板設計したり。自宅の日本酒在庫を管理するSAKAZUKIを夫婦で個人開発している。 Ryosuke Tamura 無職。ちょっと前までSansan株式会社でKotlinエンジニアをしていました。 大学生からiOSアプリを個人で開発し、現在まで17個ほどアプリをリリース。 17個作っても一個も当たらないが、負けじと強く生きています。 5. 参加方法 参加申し込みを頂いた方に、後ほどRemoのURLをお送りします。 お送りしたURLからイベントにご参加ください。 ※注意事項 connpassのアカウントに登録しているメールアドレス宛にお送りしますので、受信できるよう設定をお願いいたします。 6. 定員 参加枠 80 名 LT枠(公募) 4名 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 アンチハラスメントポリシー 対象者 参加者 イベントスタッフ 観点 ハラスメント(他人を困らせる行為や嫌がらせ)の観点には、以下のような例があります。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向 障がい 外見、身体的特徴 人種、民族、国籍 年齢 宗教 所属企業 特定のツールや技術、プログラミング言語と、その愛好者またはコミュニティ 禁止行為 上記の観点に対する、以下のような行為を禁止します。 攻撃的、非建設的、過剰に批判的な発言や揶揄 脅迫、ストーキング、つきまとい 不適切な身体的接触 性的な関心を引く行為(性的な画像の掲示や、性的なコスチュームの着用等) ジェンダーを強く意識させるコンテキストで、特定の個人をほめたたえる行為 その他、スタッフがハラスメントである判断した行為

1/22 (金)

21faf84c0f84aa84894152ddc541732c IPSJ/SIGSE 産学連携促進WG
本イベントは,IPSJ/SIGSE WWS 2021のセッションの1つです.
主旨・概要 2020年初頭より,COVID-19がソフトウェア開発ならびに関連する産学連携・教育のあり方に影響を与えていますが, その問題点や解決方法,経験について産学間で十分に共有されているとは言い難いのではないかと思います. 本イベントでは,COVID-19時代のソフトウェア開発や産学連携, 教育について,産学双方から発表を歓迎します.教育については大学等教育機関だけでなく,企業での研修における取り組み等も歓迎です. 成功・失敗事例の紹介だけでなく,課題の共有も有益であると考えています. 本イベントは,情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2021のセッションの1つとして企画され,同研究会の産学連携促進WGが運営しています. 主催 情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ 2021について 本イベントは,情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2021 のセッションの1つとして企画され,同研究会の産学連携促進WGが運営しています. 討論リーダー: 吉田 則裕 (名古屋大学)  小川 秀人 (日立製作所) 暫定プログラム 時間タイトル講演者 13:30-13:35オープニング セッション1: リモートワークにおけるソフトウェア開発 13:35-14:05リモートワークにおけるソフトウェア開発のコミュニケーションにおける課題近藤 将成(京都工芸繊維大学) 14:05-14:35リモートワーク下でのETロボコン参加時のAzure DevOpsを用いたソフトウェア開発堀 旭宏(日立製作所) 14:35-14:45休憩 セッション2: 組込みシステム分野における取り組み 14:45-15:15Beyond COVID-19に向けての組込みシステム分野の研究開発有本 和民(岡山県立大学) 15:15-15:45COVID-19下における大学研究室での組込みシステム研究への取り組み山本 椋太(名古屋大学) 15:45-15:55休憩 セッション3: 教育のオンライン化 15:55-16:25テレワーク環境下におけるアジャイル開発の導入教育 ポジションペーパはこちら北川 貴之,長岡 武志,宮田 真紀子(東芝デジタルソリューションズ株式会社) 16:25-16:55COVID-19時代に適応したオンラインプログラミング教育、およびそのデータを活用した事例平尾 俊貴(株式会社dTosh) 16:55-17:00クロージング 参加を希望される方へ 本イベントページからお申し込みください. 発表も希望される方へ ウィンターワークショップのウェブサイト に従い,1/15までに申込みをお願いします. 問い合わせ先 wws2021-t3(at)wws.sigse.jp

9/30 (水)

B0d52d1ca3ba4cb24b58e1f217ae9e26 freee 株式会社
IBM / LINE / freee 3社によるfreeeアプリ開発の合同勉強会
IBM / LINE / freee 3社による、APIを連携してfreeeアプリを開発する勉強会 freeeが主催し、IBM / LINE が協賛する「freeeアプリアワード2020」。 https://www.freee.co.jp/event/app-award-2020/ 大賞には100万円、優秀賞には30万円x2、IBM賞・LINE賞 各10万円が提供される、大型開発コンテストです。 今回の勉強会では、freeeのAPIとIBM Cloud, LINE API をそれぞれ連携するアプリ開発のサンプルをご覧いただき、実際の連携イメージをつかんでいただきます。 ご参加いただき、API連携の実際についてオンラインで学んでみませんか?そして、freeeアプリアワード2020に参加して、大賞を獲得してください! 内容 freee API x IBM Cloud 連携開発 freee API x LINE API 連携開発 について、サンプルアプリを通じた連携イメージを掴む freeeアプリアワード2020について https://www.freee.co.jp/event/app-award-2020/ 「あなたの技術とアイディアで、経営をもっと軽く、楽しいものに。」をコンセプトに、スモールビジネスに溢れる困りごとをアプリ開発で解決する、アプリ開発コンテストです。 「会計freee API」「人事労務freee API」を利用して、アプリを開発してご参加ください。 大賞賞金は100万円。IBM Cloudとの連携アプリ開発を表彰する「IBM賞」、LINE APIとの連携アプリ開発を表彰する「LINE賞」には各10万円を進呈します。 タイムテーブル (9/30) 登壇の順番に変更があります。ご了承ください。 時間 内容 担当 19:00-19:05 入場時間 19:05-19:15 本日の内容とfreeeアプリアワード2020について freee 長内毅志 19:15-19:25 Introduction of IBM Cloud IBM 萩野たいじ 19:25-19:35 Introduction of LINE API LINE 引間 明子 19:35-19:40 休憩 19:40-20:15 IBM Cloud と freee API 連携によるアプリ開発 IBM Champion 田中 正吾 20:15-20:50 LINE API とfreeeAPI連携によるアプリ開発 LINE API Expert 三浦 耕生 20:50-21:00 質疑応答 21:00 終了 登壇者 萩野たいじ IBM Sr. Developer Advocate/IBM Champion Japan Regional Director/筑波大学特別非常勤講師 元美容師で元音楽家。ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを 起業。その後、商社系SIerを経て、現在はIBM Globalチームにて、Developer Advocateとし て技術者へリーチしたマーケティング、DevRel(Developer Relations)を展開。エールビ ールが大好きな二児の父。著書に『開発者向けマーケティング DevRel Q&A』(インプレス R&D)『はじめてのNode-RED』『実践Node-RED活用マニュアル』(工学社)など。 Twitter: taiponrock https://developer.ibm.com/profiles/taijih/ 引間 明子 LINE株式会社AI事業推進室 DXコンサルティングチーム 生命保険会社の基幹システムなどレガシーなシステムの開発からweb、クラウドに関する開 発やPMなどの経験を経て、近年注目度の高いAIスタートアップでのPMやカスタマーサポー ト、ビジネス開発を経験。 LINEではAIカンパニーでAIソリューションの導入・提案を担当。 日本最大のRPAユーザーコミュニティーRPACommunityの主催メンバーとしても活動。 三浦 耕生 サーバーサイドエンジニア 学生時代にウェブ開発に興味を持ち、コミュニティ活動やハッカソンに精力的に参加。現在は名古屋のゲーム会社でサーバーサイドエンジニアとしてゲームサーバーの運用、ツール開発を行う。 LINE API Expert / IBM Champion(ともに2020~) 田中 正吾 ワンフットシーバス フリーランスエンジニア フロントエンジニアのスキルを軸に、とりあえず触ってみるプロトタイプの姿勢で、既存の技術やVR・IoTのような新しい技術を混ぜてみて新しい可能性を日々探っています。ウォンバットが好き。 IBM Champion / Microsoft MVP ( Windows Development ) 長内毅志(Nick) freee株式会社 プラットフォーム部 Developer Relation 早稲田大学卒業後、アスキーでゲームビジネス従事。シックス・アパート株式会社でディベロッパーリレーションを担当後、2019年8月にfreeeへjoin。 AWS認定ソリューションアーキテクト(SAA) Qiita Microsoft Azure Anntena賞(2018) Most DevRel Committer 2019 ハッシュタグ #IBMDeveloper #linedc #freeeAPI #freeeAppAward 参考情報 IBM Developer (https://developer.ibm.com/jp/) LINE Developers (https://developers.line.biz/ja/) freee Developers Community (https://developer.freee.co.jp/) freeeアプリストア (https://app.secure.freee.co.jp/) 主催者 主催:freee株式会社 共催:IBM / LINE株式会社 本イベントの内容およびご参加について プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性があります。あらかじめご了承ください。 本イベントにおける登壇者の発表内容は、参考情報となります。主催者・登壇者が発表する内容、およびアプリ実装方法・開発手法・技術仕様についての動作を保証するものではありません。発表内容および各サービスに対するご質問やサポートは、お受け致しかねますのでご了承ください。 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。 事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。 当イベントの参加にあたっては「Conference Code of Conduct」を参考に、主催者・登壇者・参加者皆様が気持ちよくお過ごしいたけるようご協力ください。 当イベントへの参加をもって上記内容に同意いただいたものとさせていただきます。

9/9 (水)

7b3a579930fa0f0602aede8585f8dc23 PWA Night
「PWAとは」「どんな技術」「ビジネスメリットは」。PWAの基礎が学べます
イベント受け付け用URL https://bit.ly/pwab4 PWA Night for Beginnersとは? 「PWAの活用方法やWebのミライを、カジュアルにみんなで考えていく会」 というPWA Nightのコンセプトはそのままに、話題になっているPWAをこれから勉強していこうという方向けに、PWAのトレンドの背景や、事例、技術的なことなど、職種関わらず知っておきたい初めての方向けの基本情報を幅広く共有する会です。 ぜひこの会をきっかけに、PWA Night通常回にもご参加いただけると嬉しいです。 オンライン開催です 参加者には参加用URLをご連絡します!(ZoomまたはGoogle Meetなどを予定しています) 対象 エンジニアはもちろん、デザイナー、ディレクター・・・ PWAに興味がある、これから始めていこうかなと思っているすべての人が対象です! PWAはWebのミライを作るコンセプトです!楽しくあたらしい時代をみんなで作っていきましょう! セッションとタイムスケジュール 時間 内容 19:20 開場 19:30 挨拶&PWA Nightについて 19:30〜20:00 セッション『PWAとは。アプリとしてのPWAとネイティブの比較と、活用どころ』by 角谷さん@TAM 20:00〜20:10 休憩/Q&A 20:10〜20:40 セッション『PWAの作り方をさくっと学ぼう。実装方法について』 by 菅家さん@TAM 20:40〜21:-0 Q&A 21:00〜21:05 諸々ご案内 登壇者プロフィール 角谷仁(すみや・ひとし) Twitter @hitoshisum 大規模WebサイトやWebアプリケーション開発のプロデューサー/プロジェクトマネージャ。 デジタルエージェンシーTAM取締役、チームマネージャ。PWA案件も複数担当しています! PWA Night発起人。Webのミライをみんなで作っていけるといいな 菅家大地 (かんけ・だいち) Twitter @kan_dai Webコンサルティング会社のデザイナーを経て株式会社TAMのフロントエンドエンジニアに。 大手企業のWebサイトやアプリのフロントエンドの開発業務に従事。 2019年3月に宮城県に移住。PWA Nightの他、仙台のフロントエンドコミュニティの運営に携わっている。