hide ogawa (@OgawaHideyuki)


参加する勉強会

5/20 (木)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その38
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む習慣をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。


過去の勉強会

4/7 (水)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
JAWS-UG名古屋と共同開催!
今回のイベントについて JAWS-UG名古屋様 との共同開催による合同勉強会です! Autopilot_customer_churn AWS連続勉強会 第4弾は、「Autopilot を用いた 顧客離反分析 」です。 第1弾で、xgboostによる顧客離反を行いましたが、今回はAutopilotを使った顧客離反です。 Autopilot を使った携帯電話会社の顧客の離反予測 AutoMLと自動生成ノートブック SageMaker Studioの立ち上げ 当日、クーポンを発行しますので、無料でAWSハンズオンが可能です。 時間割 19:00-20:20 Autopilot を用いた 顧客離反分析 途中で、機械学習の紹介とJAWS-UGの紹介を行います。 質疑応答 参加方法 完全オンラインイベントです。 Google Meet を利用します。 開催の数日前に、connpass登録の連絡先にミーティングコードを含むURLを案内いたします。 PCで参加の方は、そのURLにアクセスし、ニックネームを入力(オプション)して参加してください。 スマホアプリ もあります。会議コード(ミーティングコード)を入力して参加してください。 接続先情報は、このイベントページの『参加者への情報』にも掲載予定です(時々チェックしてみてください) 発表者は、画面共有機能で発表スライドを表示できます。事前にご自分の発表資料が正常に共有表示できるかご確認いただくことをおすすめします。 資料 当日、参加の方にリンクを送ります。 事前準備 ハンズオンには事前に以下のご準備をお願いします。 上限緩和申請が必要ですので、必ず、事前準備をよろしくお願いします。 *26回、27回、28回の参加者の方で、すでに申し込まれた方は今回不要です。 ハンズオンの前準備 上限緩和申請 *AWS様からのご提供 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。

2/27 (土)

E7f5b09a916f7c032eb2c23fb5815c18 Python駿河
つまみ食い読書会を行います
Unagi. py勉強会 & Python駿河 オンライン合同勉強会 Unagi.py と Python駿河 の2つの静岡Pythonコミュニティーによる合同勉強会をオンラインで行います。 新型コロナの拡散防止のため今回もオンラインで盛り上がりましょう! 今回の内容「つまみ食い読書会」 お題:「Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版 Chapter 05 課題管理とレビュー」 書籍 PythonプロフェッショナルプログラミングはPythonに限らずシステム開発技法のノウハウが詰まっています。その中から一部の章を読書会しながら実践もできたらしてみる会を予定しています。 参加希望の方は書籍の用意の上でご参加ください。 書籍情報: Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版 - 秀和システム あなたの学びをサポート! ※なお、書籍上ではRedmineを例にしていますが、実践時にはGitHubの利用を予定しています。GitHubアカウントの作成をあらかじめ用意をお願いします。 当日のスケジュール 当日資料となるhackmdより参照ください。 Pysuruga hackmd: https://hackmd.io/@pysuruga-unagipy/rJwabWheO 参加方法 Python駿河 のconnpassイベントページより参加ください。 -> Python駿河 勉強会 #22 Google Meet によるオンライン会議サービスを利用します。参加者情報より確認ください。 コミュニティへの参加 Unagi.py、Python駿河はコミュニティとして運営しています。スタッフや参加者とのやり取りはSlackワークスペースを利用します。 Pythonに限らずエンジニアな話題を持ち込んでみたいときにもぜひ活用ください! 以下のリンクから参加できます。 Unagi.py Slack参加URL Python駿河 Slack参加URL Python駿河とは? Python Boot Camp in 静岡県藤枝市の開催をきっかけにPython駿河が誕生しました! プログラミング言語Pythonに興味のある方のために、様々なテーマで勉強会を開催していくことが目標です。 主に静岡県中部地方を中心として活動していく予定です。

2/4 (木)

8184d108967fae5e889523f00939b033 金融エンジニア養成コミュニティ
戦略的惰性からの脱却
(1/6更新)好評につき300名から500名に増枠 (1/4更新)好評につき100名から300名に増枠 今回テーマは『オープンバンキングと自律型金融』 「金融エンジニア養成コミュニティ」とは? 金融エンジニア養成コミュニティ(FETC:FinTech Engineer Training Community)は「より良い未来の社会を切り拓くためにVUCA(*)時代を乗り越えれる金融関係者(エンジニア、マネージャー、経営者)を養成すること」を目的としております。 ※VUCAとはVolatility(変動性、不安定性)、Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字からなる造語で、「あらゆるものをとりまく環境が複雑性を増し、将来の予測が困難になった状態」を指します。もともとは軍事用語ですが、近年はビジネスを表す言葉としても使われるようになりました。 「フィンテックエンジニア養成 勉強会」とは? フィンテックエンジニア養成 勉強会は、金融エンジニア養成コミュニティが不定期に開催する勉強会です。 過去のレポート(抜粋)はこちらを参照ください。 『ブロックチェーン ビジネスアイデア』ワークショップ 東京証券取引所でのIT勉強会(クラウド、AI、ビッグデータの活用) UX,AI,チャットボット勉強会 ※取材レポート作成:株式会社グッドウェイ 日時 2021月2月4日(木)19:00〜21:00 配信形式 Zoom または YouTube 参加対象 金融全般に興味のある方 フィンテックに興味のある方 IT技術に興味のある方 クリエイティブなビジネスに興味のある方 後援 メディア プログラム 時間 内容 19:00 - 19:05(5分) オープニング 発表者: 阿部一也@Institution for a Global Society 19:05 - 19:30(25分) トーク『オープンバンキングと自律型金融』 講演者:藤井 達人@日本マイクロソフト 19:30 - 19:40(10分) FinoLab説明 講演者:柴田 誠@FinoLab 19:40 - 20:50(75分) パネルディスカッションテーマ『オープンバンキングと自律型金融』 パネラー: 鬼頭 武嗣@クラウドリアルティ パネラー: 八巻 渉@カンム パネラー: 伊藤 祐一郎@Finatext パネラー: 藤井 達人@日本マイクロソフト モデレーター:柴田 誠@FinoLab 20:55 - 21:00(5分) クロージング発表者:阿部 一也@Institution for a Global Society 発表者 トーク、パネラー 藤井 達人(ふじい たつと) 日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部 業務執行役員 金融イノベーション本部長 一般社団法人 金融革新同友会 FINOVATORS IBMにてメガバンクの基幹系開発、インターネットバンキング黎明期のプロジェクト立上げ、金融機関向けコンサルティン グ業務に従事。その後、Microsoftを経て、三菱UFJフィナンシャル・グループのイノベーション事業に参画しフィンテック プロジェクトを立上げ。おもな活動として「Fintech Challenge」「MUFG Digitalアクセラレータ」「オープンAPI」等。また、MUFGコイン、イノベーションハブ等の新規事業等の立上げも手がけた。その後、auフィナンシャルホールディングスにて、執行役員チーフデジタルオフィサーとして金融スーパーアプリの開発に取り組んだ。現在はMicrosoftに復帰して金融機関のイノベーション推進に携わる。 一般社団法人 金融革新同友会FINOVATORS 創立メンバーとしてフィンテック企業の支援なども行っている。 同志社大卒、東大EMP第17期修了。 パネラー 鬼頭 武嗣(きとう たけし) 株式会社クラウドリアルティ 代表取締役 / 一般社団法人Fintech協会 代表理事副会長 東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。ボストン・コンサルティング・グループを経て、メリルリンチ日本証券の投資銀行部門にて不動産業を中心とした事業会社及びJ-REITのIPO・公募増資の主幹事業務、不動産証券化に関するアドバイザリー業務など多数の案件を執行。2014年に株式会社クラウドリアルティを設立し、代表取締役に就任。一般社団法人Fintech協会代表理事副会長、内閣府革新的事業活動評価委員会委員。 パネラー 八巻 渉(やまき わたる) 株式会社カンム 代表取締役 / 一般社団法人Fintech協会 理事 1985年生まれ。2009年に慶應義塾大学 理工学部 情報工学科を卒業後、同学SFCとの産学連携を通じ設立された株式会社Studio Ousia(人工知能・自然言語処理分野の研究開発)入社。2011年に株式会社カンムを設立し、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、クレジットカードデータを使った国内初の送客サービス「Card Linked Offer(CLO)」を運営開始。 2016年9月には株式会社オリエントコーポレーションと提携し、アプリから誰でも1分で作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」をリリース。2020年1月時点で200万インストールを突破。2019年から一般社団法人Fintech協会の理事も務める。 パネラー 伊藤 祐一郎(いとう ゆういちろう) 株式会社Finatextホールディングス 取締役CFO 東京大学経済学部卒業。 2010年よりUBSの投資銀行本部においてIPOやグローバルM&Aのアドバイザリー業務に従事。 2016年に株式会社Finatextに参画しCFOに就任。 資産運用や保険の領域において、非金融事業者のパートナーと新しい金融サービスを創造するSaaS型金融基幹システムの開発に取り組む。 モデレーター 柴田 誠(しばた まこと) Head of FINOLAB, CCO 株式会社FINOLAB 株式会社FINOLAB設立とともに現職就任。東大経済学部卒、東京銀行入行、池袋支店、オックスフォード大学留学(開発経済学修士取得)、経理部、名古屋支店、企画部を経て1998年より一貫して金融IT関連調査に従事。 2018年三菱UFJ銀行からMUFGのイノベーション推進を担うJDDに移り、オックスフォード大学の客員研究員として渡英。 日本のフィンテックコミュニティ育成に黎明期より関与、FINOVATORS創設にも参加。 運営事務局 藤井 達人 (運営事務局) 日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部 業務執行役員 金融イノベーション本部長 一般社団法人 金融革新同友会 FINOVATORS 阿部 一也 (運営事務局) Institution for a Global Society株式会社(IGS) 上席研究員 twitter : @abenben github : abenben note : 金融エンジニア養成コミュニティ(abenben) 発表資料 : Speaker Deck IT企業でシステムエンジニアとしてキャリアを積んだ後、三菱UFJトラスト投資工学研究所にて最新技術の調査や研究業務の支援やMUFGデジタルアクセラレータのメンターに従事し、現在はIGSにてブロックチェーンを活用した信用社会創造の研究に取り組んでいる。 自律分散社会フォーラム会員、熱い金融マン協会、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 認定ジュニアコンサルタント、PyCon JP講演(2016,2018,2019,2020)。 複数のコミュニティ運営、技術書の執筆、イベントの企画なども行う。 <コミュニティ運営> - VUCA Labo - フィンテックエンジニア要請コミュニティ - Start Python Club - fin-py - Fin-JAWS - X-Tech JAWS - found IT *サポーター - つくばビットコインミートアップ 高屋 卓也 (運営事務局) 株式会社 技術評論社 書籍編集者。2013年より現職。担当作に『データサイエンティスト養成読本』シリーズなど。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 イベント内容、発言、映像などが記事化される可能性がある旨をあらかじめご了承ください。掲載媒体は、新聞、雑誌、オンライン・メディア、TVを含みます。 撮影した素材、イベント抄録は、弊社ウェブサイト、ソーシャル・メディア等を通じまして、事前に確認無く、社外に公開させていただく場合があります。 人材紹介業、営業、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。 その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。 個人情報の取り扱いについて 主催者(金融エンジニア養成コミュニティ)は、参加者の個人情報を次の利用目的のためだけに取得・利用するものとします。 本イベントの運営管理 本イベントに関する連絡・広報活動 イベントその他のお知らせの配信 *特にお申出が無い場合は、当イベントへの参加をもって上記内容にご同意いただいたものとさせていただきます。

3/31 (日)

549f6246334f5ee1a3970dfddcbfc41f MEET IOST
IOSTech Hack賞 10,000 IOST、Dr. IOST賞 3000IOST、その他
概要 問い合わせ MEET IOST開発者コミュニティ または下記のSlackグループで! オンライン・アイデアソンを開催します! 2019年3月4日(月)登録・オンラインハッカソン・スタート @オンライン 参加枠が埋まるまで、締め切りまで、いつでも参加できます。 2019年3月31日(日)参加者プレゼン・審査 @オンライン・ZOOM 2019年3月31日(日)以降、表彰 @IOST公式ツイッター 2月25日にIOST メインネット、Olympus v1.0が正式に発表されてから、IOSTネットワークは円滑に運営されており、世界中の200近くのノードパーナー候補に支えられています。ブロックのサイズは2019年3月1日17:20の時点で3,050,226に達しています。 POBコンセンサスにより、IOSTは、数千TPS(トランザクション/秒)のスループットで数千ノードをサポートできる、初の分散型スケーラブル・ブロックチェーンプラットフォームを構築しました。 IOST投票ポータルサイト 開発言語はJavaScripをサポートしています。 IOST開発環境設定ポータルサイト(日本語) IOSTテレグラム・コミュニティに参加 誰でも参加できます。 応募/資格/要件 参加申し込みはこちらのフォーム>>日程延期 参加申し込み >> 確認・説明 >> 登録完了 >> スタート 参加枠:5チーム(または個人)先着順 5チーム(または個人)のエントリー、の時点で登録を締め切ります。 参加資格 ・3月31日(日)にZOOMオンラインで開催されるプレゼン発表・審査に参加できること ・チームまたは個人問わず ・1チーム(〜3名まで) 参加要件 ・IOST エコシステムの拡大に貢献するアイデアを捻出する ・参加後にアイデアの概要を発表すること ・週に二回以上SNSで作業を発信すること、ハッシュタグ:@meetiost #iostechhack ・成果物は参加者に属する アイデアの参考資料:MEET IOSTコミュニティメンバー作成 技術知識サポート 日本語 IOST Slack 日本語コミュニティ ・エンジニア・開発者のSlackグループ内 ・Developer Community on Slack: https://invite.iost.io ・日本語コニュニティに参加しましょう メンター ・IOST Slack 日本語コミュニティ 審査 成果物 ・プレゼンスライド5枚以内(3月31日のプレゼン発表用) ・補助説明、A4一枚(審査への補助説明用) 成果物締め切り 3月31日(日)20:30に [補助説明、A4一枚(審査への補助説明用)]を提出してください。 審査員 IOSTエコシステムに参加するノードパーナー *審査員への登録は必要ありません *3月31日(日)のZOOMオンラインに参加できるノードパーナーは誰でも *審査基準の5つの項目を審査(各項目を5段階から評価する) 審査基準(例) 参加意欲(SNS発信等):20% オリジナリティ:20% 実現可能性:20% 完成度:20% プレゼンテーション:20% 表彰 IOSTech Hack賞 10,000 IOST、Dr. IOST賞 5000IOST、MEET IOST賞 3,000IOST *Dr. IOST賞は、IOST Full Dappを開発したエバーシステムのDr.和田/CTOの協賛です。 スケジュールとタイムテーブル スタート 3月4日(月) 〜 場所:オンライン 作業スタート、参加チーム(個人)は、技術的または方向性について聞きたい場合は、Slackグループ(日本語)またはメンターに問い合わせができます。 週に二回以上SNSで作業を発信してください。ハッシュタグ:@meetiost #iostechhack プレゼン・審査 3月31日(日) 場所:@ZOOMオンライン 20:30 〜 参加チーム(個人)は、@ZOOMオンラインへの参加が必須です。 時間、内容は変更することがあります。 時間 内容 20:15 ZOOM参加オープン 20:30 スタート ~ 審査員一部紹介 ~ チームプレゼン(10分/チーム) 22:00 終了 発表 3月31日(日) 以降:@IOST公式ツイッター 主催 MEET IOST開発者コミュニティ ・IOST ブロックチェーン・プラットフォームの開発に特化したワークショップ/ハンズオン・コミュニティ。 ・コミュニティでネットワークノードを管理、報酬はコミュニティ活動に活用します。 MEET IOST ツイッター をフォロー 協賛 IOST / IOS財団 シンガポールの非営利財団IOS Foundationのプロジェクトで、非中央集権のエコシステムに必要な高度なセキュリティーとスケーラビリティを持つブロックチェーンインフラを研究開発しています。 ・IOSTとは?2分でわかる動画です。 ・セコイヤキャピタルなどのプライベートベンチャーキャピタルが参加。Coinmarketcapで50位台にランク。 ・コンセンサスエンジンはPoB(proof of believability)。 エバーシステム 株式会社 ・名古屋に本社を置くブロックチェーン技術の研究開発/コンサルティングを行う。 ・イーサリアム 上のDAppゲーム「クリプトニンジャ」を開発。 ・クリプトニンジャ IOST版を2019年上半期にリリース予定 IOST版クリプトニンジャの記事。 ・日本でのIOST開発パートナー。 問い合わせ MEET IOST開発者コミュニティ または上記のSlackグループで! IOSTテレグラム・コミュニティに参加 誰でも参加できます。