nakashou (@NAKASHOU06)


参加する勉強会



過去の勉強会

1/25 (火)

23e428921c6ffe727bdca39546f276e2 ビヨンド勉強会
日本オラクル社・マイネット社 共催!【ビヨンド勉強会 #36】
■ イベント概要 今回は「マルチクラウド」をテーマにした、日本オラクル様・マイネット様との共催イベント・勉強会です。 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の視点からみた マルチクラウドの市場動向・事例など交えたテーマ・トピックスをお話いたします。 日々進化し続けるクラウド環境において、企業が中長期に渡るデジタルトランスフォーメーションを実現する為に、 マルチクラウド戦略は必要不可欠なアプローチとなります。最適なマルチクラウド戦略を構築する事により、異なるベンダー固有の複数のクラウドサービスを柔軟に活用する事が可能になります。 本セッションでは、マルチクラウド戦略が企業にもたらす価値を実際の成功体験を基に学び、マルチクラウド環境における選択の柔軟性と統合の複雑性を最適化する手法をご案内いたします。 レガシーテクノロジーでは実現が難しいと考えられていた 異なるベンダー固有テクノロジーの融合が実現可能となった革新を是非体感ください。 ■ Oracle Cloud Infrastructure(OCI) について Oracle Cloud Infrastructure(OCI)は、主要なバックオフィスおよび業界固有のSaaSとともに、80を超えるクラウド・サービスを1つのインフラストラクチャ・プラットフォーム上で提供します。 数百ものリファレンス・アーキテクチャと、OCI環境に直接導入できる完全に自動化されたソリューションを使用して、簡単に始めることが可能です。 ※ ガートナー のスコアによると、 OCI は 5大クラウド の中でも 最大の伸び率となっており、今後も注目されているクラウドプラットフォームの一つとなっています。 ■ こういった内容に当てはまる方々にオススメです! このような方にオススメのイベントとなっています。 もちろん OCI を使ったことの無い方・すでに OCI をご利用中の方のご参加も大歓迎です! ★ OCI がどういうものか興味がある ★ OCI を使った事例が知りたい ★ OCI の導入を検討している ★ 他社クラウドとの性能の違いが知りたい ★ クラウド利用料のコストにお悩みの方 ★ OCIは本当に廉価なの?と信じられずにいる方 ★ OCIをどのような状況で利用すべきか悩んでいる ★ マルチクラウド構成を運用・検討されている方…etc ■ タイムテーブル 時間 セッション内容 スピーカー 17:00 ~ 17:10 オープニング・ビヨンド勉強会について 株式会社ビヨンド藤沢 海 17:10 ~ 17:35 【第1セッション】(仮)マルチクラウドの市場と動向 日本オラクル株式会社西井 雄飛 様 17:35 ~ 18:00 【第2セッション】 マイネットのマルチクラウド戦略について 株式会社マイネット猪狩 拓也 様 18:00 ~ 18:25 【第3セッション】ビヨンドでのマイグレーションとマルチクラウドの運用 株式会社ビヨンド岡崎 潤一郎 18:25 ~ 18:55 【パネルディスカッション】3社のそれぞれの視点から、クラウドの利用経験・技術などのテーマでパネルディスカッションをおこないます。普段は中々見えづらい、実際の声の部分を交えた、フランクなトークセッションにしたいと思います。 ・日本オラクル株式会社・株式会社マイネット・株式会社ビヨンド 18:55 ~ 19:00 質問タイム・終了 - ※ スケジュール・セッション内容は変更となる場合があります。 ■ 各スピーカー情報 ◆ 日本オラクル株式会社 JAPACデジタルネイティブビジネス開発長西井 雄飛 様 セッションタイトル (仮)マルチクラウドの市場と動向 スピーカー情報 2016年日本オラクル入社。国内営業を経て、日本およびアジア諸国全域での新規事業開発を牽引する組織を新設。 イノベーションを軸にクラウドテクノロジーと共に急成長を遂げる「デジタルネイティブ」企業を中心に新しい事業の開発に日々努めている。人々の可能性をテクノロジーは無制限にアンロックできると信じている。 ◆ 株式会社マイネット エンジニアリンググループ猪狩 拓也 様 セッションタイトル マイネットのマルチクラウド戦略について スピーカー情報 26歳で得意のゲーム業界に身を置き、データ設定/プランナー/クライアントエンジニアとして幅広い職務を経験。 2019年マイネットに入社し、サーバ領域へも職務を拡張、2020年エンジニアリンググループとして2タイトルの移設/1タイトルの移管に従事。 名は体を表すのか、何事にも猪突猛進にチャレンジしていますw ◆ 株式会社マイネット 技術統括部長堀越 裕樹 様 セッションタイトル マイネットのマルチクラウド戦略について ※ パネルディスカッション スピーカー情報 SI業界を経てスマホゲーム黎明期にゲーム業界に転向。 2018年マイネット入社、ゲームタイトルの移管を担当する移管室長を経て現在は技術統括を担当。 新しいサービスが好きで、よくPoVと称して技術好奇心を満たしている。ここ数年インフラ業務が増えているが、実はコード書く方が専門。 ◆ 株式会社ビヨンド システムソリューション部 係長 構築チームリーダー岡崎 潤一郎 氏 セッションタイトル ビヨンドでのマイグレーションとマルチクラウドの運用 スピーカー情報 2017年に株式会社ビヨンドに入社。 スマートフォン向けゲームの移設及び運用経験豊富。 日々、マルチクラウドの運用、サーバ構築・移設をこなす。案件数が増えてきたことから業務の効率を思案中。各クラウドの良さを踏まえてサーバ移設の方法などを思考することが多い。 クラウド間や物理からクラウドなどの移設を実施しているうちに、日本MSP協会が開催しているコンペで二連覇を達成。

9/30 (木)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Online
Oracle Database Technology Night #48
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://www.oracle.com/goto/code-jp 参加ご希望のイベントを選択することで登録が可能になります。 *複数のイベントを選択も可能!1度の登録で選択した全てのイベントへの登録が完了します お申し込み登録完了後、10分前後で登録完了メールがお手元に届きます。 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.com へお願いします。 アジェンダ 津島博士のパフォーマンス講座 - SQLチューニングは実行計画から 今回のOracle Database Technology Nightでは、簡単な実行計画しか見れない方や見るのを諦めている方などを対象に、SQLチューニングの基本となる実効計画について出力方法、見方、注意点などを簡単に解説します。 タイムスケジュール 時間 内容 18:35-18:45 (接続開始) 18:45 - オープニング 18:50 - 津島博士のパフォーマンス講座 - SQLチューニングは実行計画から 20:30 - Q&A - 20:45 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 ★途中、休憩を挟みます。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後、お申し込み登録完了、10分前後で登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/ 2020年5月開催分までのOracle Database Technology Night 資料ダウンロードはこちら : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。

4/13 (火)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Online
Oracle Database Technology Night
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://go.oracle.com/LP=108307 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」 もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 アジェンダ Automatic Workload Repository(AWR)の分析 Oracle Databaseの分析に使用するAWRですが、まだ使いこなせていない方も多いと思います。 今回のTech NightではAWRの分析方法をサンプルAWRレポートを使用して解析していきます。 まだ使用したことのない方のために、最初にAWRの概要として簡単な分析方法やバージョンの違いなどについても説明します。 タイムスケジュール 時間 内容 18:35-18:45 (接続開始) 18:45 - オープニング 18:50 - Automatic Workload Repository(AWR)の概要 19:20 - サンプルAWRレポート1を使用した分析 19:50 - 休憩 20:00 - サンプルAWRレポート2を使用した分析 20:30 - Q&A - 20:40 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 ★途中、休憩を挟みます。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/ 2020年5月開催分までのOracle Database Technology Night 資料ダウンロードはこちら : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。