KazuyaNishi (@KAZYPinkSaurus)


参加する勉強会



過去の勉強会

1/22 (土)

No image 108x72 g NGK2022S
概要 NGK(名古屋合同懇親会)とは、1年に1度行っている東海地方IT系コミュニティ合同の懇親会イベントです。 14回目となる NGK2022S は、前回同様LT大会を行います。 今回はterurouさんに替わって、来栖川電算が主催します。 昨年同様、リモート(オンライン)で開催します。 名古屋近郊での勉強会に日常的に参加している方はもちろん、今まで勉強会に参加したことがない方や他の地域の方にとっても、名古屋近辺のIT系コミュニティの雰囲気を知るのに良い機会です。 ぜひ、ご参加ください。 新年会を開催するかどうかは 2021/12/07 現在、検討中です。決まり次第ご連絡いたします。 一般LT枠 connpassページで一般LT枠に参加申込の上、2021/12/28(火) 18:00 2022/01/07(金) 18:00 までに、応募フォームで必要事項を送付 してください。 Googleフォームに入力していただいた「LTタイトル」、「LT概要」を見て事前審査いたします。 2022/01/01 2022/01/10頃に一斉メールで、当選した発表者をご連絡する予定です。 スポンサー募集 スポンサーの募集は締め切りました。 NGK2022Sでは「東海地方に縁のあるIT系コミュニティの発展を図る」と言う目的にご賛同いただける法人スポンサーを募集しております。 詳細はスポンサー募集要項をご参照ください コミュニティロゴ掲載募集 NGK2022Sでは「東海地方に縁のあるIT系コミュニティの発展を図る」目的でコミュニティ活動を宣伝で きる場を用意しております。 詳細はコミュニティロゴ掲載募集要項をご参照ください メイン会場:バーチャルオフィス「oVice」 LT大会と懇親会は、バーチャルオフィス「oVice」で開催します。 参加者同士の交流ができるので、是非oViceにアクセスして交流をお楽しみください。 なお、当日は13:30頃にスタッフが会場に集合します。 13:30以降に、oVice会場に入場いただけますと幸いです。 oVice会場のURL oVice会場のURLは、参加登録後にイベントページの「参加者への情報」欄に表示されます。 イベント開始前でもoVice会場に参加できるので、事前にoViceの機能を触ってみてください。 SNS等にURLを公開しないでください。 プロフィール設定 oViceのプロフィール画像と名前を設定してください。connpassのプロフィールと合わせていただけると幸いです。 詳細は oVice プロフィール設定 を参照。 LT大会の視聴 oVice会場に入場してから右の方に進むと、壇上があります。壇上の上に配置されているYoutubeアイコンに近づいてから、Youtubueアイコンをクリックすると、LT大会のライブ配信動画を視聴できます。 NGK2022S oVice会場でのサンプル動画 詳細は oVice YouTube動画の共有 を参照 コミュニケーション機能 以下の機能を事前にマスターしておくと、参加者とスムーズに交流できるかと思います。 oVice 雑談機能 oVice チャット機能 タイムテーブル 開始日時 終了日時 内容 スピーカ 14:00 14:15 オープニング 14:15 15:05 LT#1 Julia ってこんなことできます(仮) antimon2 AIマリオで全ステージクリアチャレンジ からあげ kintone Caféのご紹介(ノーコードツールkintoneを学びませんか?) SatoshiMorita スポンサーLT「マネーフォワード 名古屋開発拠点の挑戦」 株式会社マネーフォワード:名古屋開発拠点長 長島圭祐 (Kei) スポンサーLT デンキヤギ株式会社:terurou お雑煮について aua2008 15:05 15:15 休憩(10分間) 15:15 16:05 LT#2 浸透しない隠れオープンリゾルバ対策 tss_ontap CoderDojo とライフハックにいそしんだ2021年 Katz Ueno 高校「情報」でこんなことやってます わたやん SSR+SPAとNuxt+Vuex SIGMA スポンサーLT 「freeeのカジュアル面談を公開します」 freee株式会社:moai(山崎遼介) 16:05 16:25 休憩(20分間) 16:25 17:15 LT#3 WordPressでのwebサイト制作2022 HideOkamoto Node-REDとSeeedのユーザグループのご紹介(仮) ueponx Qiita Advent Calendarを企画して kaizen_nagoya Unity Barracuda で ニューラルネットワークの推論やる Kazuhito00 スポンサーLT 有限会社来栖川電算:山口陽平 スポンサーLT 株式会社Opt Fit 17:15 17:25 休憩(10分間) 17:25 17:55 LT#4 JP_Stripes名古屋紹介 kawaji 半自動着色読書の紹介 polymonyrks 機械学習名古屋研究会の紹介 n-kats 3年ぶりの執筆時のお礼と報告 Ryuichirou 17:55 18:00 クロージング 懇親会 NGK2022Sでは懇親会を「oVice」で開催します。 LT大会が終了したら、お酒とおつまみを用意してoVice会場にお集まりください。 タイムテーブル 開始日時 内容 18:30 乾杯 18:45 ランダムトーク1回目の開始 19:20 ランダムトーク2回目の開始(余裕があれば) 19:40 記念撮影 19:45 懇親会1次会終了 懇親会2次会はフリーダムです。自由にご歓談ください。 ランダムトーク 懇親会では、ランダムなグループで10~15分会話する「ランダムトーク」という企画を実施いたします。 オンライン懇親会だと、会話するきっかけを作るのが難しいかと思います。 「ランダムトーク」が、いろんな方と会話するきっかけになれば幸いです。 是非、気軽にご参加ください。 ランダムトークに参加される方は、当日の18:40 までに、conpass NGK2022S 懇親会「ランダムトーク」 から参加をお申込みください。 LTレギュレーション 基本ルール LTは 5分厳守制 です。5分経過時に配信が強制停止されます。時間が余っても5分経過するまでは放置されます。 アンチハラスメントポリシー を熟読の上、遵守ください。 IT系コミュニティ合同のイベントではありますが、LT内容は必ずしも「IT」にこだわる必要はありません。例年、広島カープ、チョコレート、京都の風光明媚な写真などなど、様々なトピックが出てきます。 発表資料connpass、SpeakerDeck、自身のウェブサイトなどに公開してもしなくても構いません。 宣伝的な発表内容について(一般LTスピーカーのみ) スポンサー以外での自社や取引先を含む製品の宣伝、求人などの営利行為は禁じます。直接LT中に触れなくても、PCの壁紙やスライドのヘッダーなどにロゴ、宣伝文句などを掲載するのも禁止です。行いたい場合はスポンサー枠をお申し込みください。 利益供与を受けていなければ、自分の好きな製品(ライブラリ、アプリ、サービス、ガジェット、グッズなど)を紹介するのは構いません。 第三者の著作物(アニメ画像等)を使用した許諾のない発表の禁止 第三者の著作物(アニメ画像や音楽等)を使用した許諾のない発表を禁止 とします。 IT系イベントではアニメ等の画像を含んだ発表資料が使われることも見かけますが、このような行為は厳禁とします。 本イベントはYouTube Liveでの配信を予定していますが、YouTube Liveでは第三者の著作物を侵害するような内容を配信すると主催者のアカウントがBANされてしまいます。 配信関連の注意事項 Google Chromeと通信回線が配信環境として必要です。スピーカー各自でご用意ください。 配信方法はYouTube Liveの他、Facebook LiveとTwitchへのマルチ配信を予定しています。 イベントの前に配信テストを行います。テスト方法については主催者の指示に従っていただくようお願いします。 イベント当日に通信障害等が発生した場合、発表順を後に回して発表をやり直していただく想定です。ただし、障害の解消が見込めない場合やイベント時間が大幅に遅延した際など、主催者判断で発表を取りやめとすることもありますので、あらかじめご承知ください。 発表資料のフォントは18pt以上が推奨となります。 発表の強制停止 発表内容が禁止・制限事項を守っていなかったり、イベント趣旨にあまりに逸脱していると主催者が判断した場合、発表を強制的に停止することがあります。 アンチハラスメントポリシー 名古屋合同懇親会は、イベントを通じた様々な情報の共有、参加者同士の交流を目的としています。 わたしたちは、誰もがハラスメントを受けずに参加できるコミュニティを目指しています。いかなる形であれハラスメントは許容できません。このルールを破る人は誰であろうと、主催者やスタッフの裁量で制裁措置を加えたり、当コミュニティから出入禁止とすること、また会場およびWeb上でのコンテンツについて掲載を取りやめることもありえます。 私たちが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、コンテキストを共有していない不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。 スポンサー(五十音順) 準備中 株式会社Opt Fit 株式会社マネーフォワード デンキヤギ株式会社 freee株式会社 有限会社来栖川電算 コミュニティ(申し込み順) 機械学習名古屋 JuliaTokai みそかつウェブ 名古屋アジャイル勉強会 JAWS-UG名古屋 Nagoya.Swift+ JP_Stripes名古屋 OthloTech kintone Café 岐阜 東海道らぐ 準備中 準備中 過去のイベント実績 2021開催 2020開催 2018開催 2017開催 2016開催 2015開催 2014開催 2013開催 2012開催

11/19 (金)

70976a1a42c8b2665ac2f0f79cdb9723 freee Tech Night
Money Forward と freee、今なぜ名古屋に開発拠点を作るのか
配信 URL https://www.youtube.com/watch?v=xJyMxZmqu2M freee Tech Night って何? freee株式会社のエンジニアによる、エンジニアのためのイベントです! freeeで利用している技術、組織、エンジニアの生態の紹介を皆様に知っていただけるような内容を定期的に配信します。 freeeでの自由度と裁量権の高い独自の開発文化を支えるエンジニア達がどういう想いや熱意でfreeeを開発しているのかに興味を持っていただければ幸いです。 ちょっと短めの時間で、参加しやすい・聞きやすい内容を目指します。 普段はなかなか参加できない…という方も、ラジオを聴く感覚で、ぜひご参加ください! freeeはクラウド会計・人事労務ソフトを5年以上開発を続けており、技術的な成果や経験を広く公開させていただきます。会計や人事労務などのセキュアなドメインならではの技術的工夫や苦労を、世の中にシェアし役に立てたいという想いから定期的にイベントを開催しています。 多くの方にご参加頂き、経験やノウハウの共有や交換のネットワークを広げるきっかけになれれば幸いです。 前回のイベント 日時 2021/11/19 (金) 19:00〜 内容・出演者 今回のテーマは『マネーフォワード vs freee、もし名古屋で開発するなら?』です。 これから名古屋に開発拠点を立ち上げるマネーフォワードと 2020年に拠点を構えたfreee。 なぜ名古屋に開発拠点が必要なのか、メリットやデメリット、作っているプロダクト、目指している本社との関わりなど、 両社が思っていること考えてることを対比しながら赤裸々に語ってもらいます。 また、今後名古屋でやっていきたいことや支社で開発することの楽しさに関しても深ぼってお話できればと思います。 ゲスト: 長島圭祐 (Kei) さん (Money Forward / 名古屋開発拠点 拠点長兼サーバーサイドエンジニア) 福岡でマネーフォワードクラウド債務支払の開発を担当しつつ、名古屋に新設される開発拠点の立ち上げを進めています。最近はサーバーサイドKotlinに夢中です。 Twitter: https://twitter.com/energyrevo21 ゲスト: 山崎遼介 さん (freee / 中部開発組織長) 中部開発組織を2020/7に立ち上げた。地域技術イベント『みそかつウェブ』を主催している。普段はfreee会計の開発を行っている。 Twitter: https://twitter.com/moaieee ラジオパーソナリティ: のぶじゃす (@noblejasper) mixi、ソーシャルゲーム企業でソフトウェアエンジニアを経験し2017年freee入社。入社後はエンジニア→エンジニア採用担当→エンジニアとDevBrandingを担当。しゃべりたがり。声が大きい 本編終了後に「アフタートークイベント」を実施します イベント本編では話しきれなかった内容や、希望者からの質問や相談などを受け付ける「アフタートークイベント」を実施いたします。本編終了後、Zoomに場所を移動して開催いたします。 本編とは違いアーカイブには残りません。ライブでは話しづらかった内容や、技術的に深い話を聞けるかも!? 参加ご希望の方は、必ず 「視聴+アフタートーク参加」 へ登録ください!スタッフから、会場のZoom URLをお送りします。 ※お飲み物・食べ物は各自でご準備の上、ご参加ください。 タイムスケジュール 時間 内容 19:00 開会 19:00 - 19:05 イントロダクション 19:05 - 20:00 トークタイム 20:05 - クロージング、(懇親会登録者のみ) 場所移動 20:10- アフタートークイベント -21:00 任意のタイミングで終了予定 キーワード freee / Money Forward / エンジニア / 名古屋 / 中部 / 開発拠点立ち上げ 会場情報 YouTube Liveで配信予定。URLは決定後公開します。 注意事項 当日はYoutTube Liveで配信します。YouTubeの視聴環境をご用意のうえご参加ください。 Twitterでの実況歓迎です。ハッシュタグは「#freeeTechNight」です。 主催者 freee Tech Night運営事務局

10/27 (水)

526ce425c97c4ba8f741bd08dc92e246 ユニファ株式会社/UniFa lnc.
開催日 10月27日(水)19:00-20:30 概要 名古屋と東京で拠点をおくスタートアップ4社のCTO/CPO等エンジニアの採用責任者が集い「エンジニアのキャリア」をテーマにトークセッションを行います。 モデレーター 藤田 豪(株式会社MTG Ventures 代表取締役) 形式 オンライン(お申込みいただいた方に後日ZOOMのご案内を致します) 当日のスケジュール(予定) 時間 コンテンツ 18:50~ 開場・参加受付を開始 19:00~19:03 導入・本日の流れ 19:03~19:15 登壇者のご紹介 19:15~19:40 トークセッション①(スタートアップエンジニアのリアル) 19:45~20:10 トークセッション②(スタートアップエンジニアのこれから) 20:15~20:25 Q&Aセッション 20:25~20:28 アンケート 登壇者 藤田 豪(株式会社MTG Ventures 代表取締役) 明治大学経営学部卒。1997年、日本合同ファイナンス株式会社(現:ジャフコ グループ株式会社)入社。 2005年より中部支社投資部に異動し、2015年支社長へ就任。24年にわたり、シードからレーターステージまでの投資、 投資先各社での取締役就任、ファンドの募集など手掛け、自動運転、AI、保育IoTといった分野の企業への投資を行ってきた。 2018年、株式会社MTG Ventures代表取締役就任。MTGグループのコーポレートベンチャーキャピタルとして、これまで 6,000人以上の経営者との出会いによって培われた視点をベースに、「VITAL LIFE」を実現するスタートアップへの投資を行っている。 https://www.mtg.gr.jp/company/group/mtg-ventures/ 小林 一樹(株式会社スタメン 常務取締役VPoE) 新卒一期生としてヤフー株式会社に入社し、その後創業期のグリー株式会社に転職し、VPoE として開発チームのマネジメントを経験。2011年 愛知にUターン後にいくつかのベンチャーを経て、2016年に株式会社スタメンの創業に取締役CTOとして参加。2020年3⽉に常務取締役VPoEに就任し、プロダクト本部長兼プロダクトマネージャーとして、エンジニア及びデザイナーの組織運営を統括し、組織づくりという側⾯からプロダクトチーム全体のパフォーマンス向上を担っている。 https://stmn.co.jp/engineers 斉東 志一(株式会社オプティマインド 取締役副社長CPO) 名古屋大学大学院環境科研究科 都市環境学専攻にて都市計画・交通工学を専攻。2015年よりWebアプリケーションの受託開発と並行して、Webブラウザ経由のドローン遠隔制御を時間貸しするサービスを共同開発。2016年よりオプティマインドへ参加、シリーズAの資金調達を終えるまではコアアルゴリズム以外のアプリケーション全般の設計・開発を担う。その後、日本郵便、佐川急便、ローソンをはじめ、エンタープライズ事業の立ち上げと組織設計に従事。2021年より、開発組織全体の責任者として、組織マネジメントやプロダクト戦略を担う。 https://www.optimind.tech/ 開 哲一(ワンダープラネット株式会社 執行役員VPoE 兼 EDMO室長) 奈良先端科学技術大学院大学を卒業後、ソニー株式会社で新規サービスやアプリケーションの研究開発に従事。その後、現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社で数々のウェブサービスを開発。モバイルブラウザ向けソーシャルゲームの企画開発を経て、タノシム株式会社では取締役CTOに。現職ではVPoEとEDMO室長という立場で、エンジニア組織の成長や生産性の最大化と、全社の技術を牽引する。 https://wonderpla.net/ 赤沼寛明(ユニファ株式会社 取締役CTO) エムスリーやNubee Tokyo での開発業務を経て、 2015 年にユニファ東京オフィスの立ち上げ時に入社。ユニファの開発体制を構築し、様々な新規サービスの立ち上げにも関与。現在はCTO として、機械学習・深層学習をメインとした研究開発チームを含むシステム開発チームを統括。また、外国人エンジニアも積極的に採用し、現在 10 を超える国籍のエンジニアのマネジメントも担う。技術系カンファレンスにも多数登壇。 https://unifa-e.com/ 【個人情報の取扱について】 ※当イベントへの参加申し込みをもちまして、以下個人情報に関する注意事項に同意頂いたものとみなします。 ①個人情報の利用目的: 改善のために行うアンケートご記入のため、共催企業の採用活動に使用するため ②個人情報の提供について:お預かりした個人情報について、ユニファ株式会社から当イベントの共催企業である株式会社スタメン、株式会社オプティマインド、ワンダープラネット株式会社に提供させていただきます。それ以外の第三者に提供することは、ご本人様の同意がある場合又は法令に基づく場合を除きありません。 ③その他:個人情報取扱い管理の詳細については、以下のリンクを参照してください。 ユニファ株式会社:https://bit.ly/3GiqMwX 株式会社スタメン:https://bit.ly/3pxnlfM 株式会社オプティマインド:https://bit.ly/3m8ScNE ワンダープラネット株式会社:https://bit.ly/3b8xYxe

9/16 (木)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その42
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む習慣をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。

9/9 (木)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(プロのプログラマーや経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2021月9月9日(木)19:00〜21:00 会費 無料 参加方法(Zoom) 参加申込み後に本ページで閲覧可能になる「参加者への情報」の欄をご覧頂き、そこに記載のURLよりご参加下さい。 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 LT会(希望者のみ。一人5分くらいで活動や成果について発表(事前申請は不要(事前にアンケートに記入頂く形でも結構です)。会の中で皆様に何度か声掛けします)。レベルは一切問いません。「こんな勉強してます!」など簡単な事でもOK👍ご自身の頑張っていること・楽しいとお考えのことをどんどん発信してみんなでモチベーションアップしましょう!) その他 途中入場や退出OKです。その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです 当日は極力皆様のニーズに合った勉強会・情報共有会を実現したく、申込時に事前アンケートを設定しています。簡単な回答のみなのでご協力の程よろしくお願い致します

10/15 (木)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2020月10月15日(木)19:00〜21:00 会費 無料(予定) 参加方法(Zoom) 参加申込み後に本ページで閲覧可能になる「参加者への情報」の欄をご覧下さい。 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 途中入場や退出OKです。その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです

9/9 (水)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2020月9月9日(木)19:00〜21:00 会費 無料(予定) 参加方法(Zoom) 会の当日の18時に、参加用のZoomのURLを参加者のみにご連絡致します 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 途中入場や退出OKですが、その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです

5/27 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 イラストコミュニケーションサービスpixivをはじめとするサービス開発で培われてきた画像配信を中心に、ピクシブ、そしてImageFluxのインフラ基盤について次のようなトピックをご紹介します。 画像配信のスケールアウト/スケールアップ ImageFluxはなぜ生まれたのか ImageFluxの画像変換技術 また、後半のハンズオンでは、実際のImageFluxにふれていただき、どれだけ簡単に画像を利用することができるようになったのかを体験していただきます。 こんな人におすすめです Webサービスのインフラ技術に興味のある方 Webサービスにおいてどういう画像変換が行われているのか知りたい方 いわゆるインフラエンジニアと呼ばれている人が何をしているのか気になる方 ImageFluxとは ImageFluxは、1枚の画像をもとに画像の拡大縮小、切り抜き、合成などによりデバイスに最適化された画像を簡単に生成し、高速かつ高品質で配信するクラウドサービスです。 アプリケーションの開発で必ず必要になる画像の配信部分を長年画像配信を続けてきた株式会社ピクシブの技術を利用してSaaSで利用できるようにしています。画像を配信する際には画像サイズをURLで指定することができ、画像変換にかかる開発コストを削減することが可能です。 ImageFlux概要図 参考: ImageFlux 画像の価値は上がったのに、技術は10年前から変わっていない ─ ImageFluxで描く画像変換の世界(前編) タイムスケジュール 時間 内容 14:45 開場 15:00 イベント開始 15:15 会社説明(ピクシブ様) 15:30 ImageFluxについての講演 16:30 ImageFluxのハンズオン 17:00 懇親会 + LT 18:30 クロージング&撤収 LT内容 LTのテーマは自由です!ふるってご応募ください。 おひとり様5分以内でお願いします! 登壇者 タイトル くぅ - kuxu Booth で販売している同人誌を商業出版してみた hiww リソースの無駄遣いをしてみた KageShiron Re:WSLで始める快適Linux生活 @ジュジュ Dockerfileの書き方を伝えたい 会場 会場:クリエイトベース金山 住所: 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山一丁目14番16号 トキワビル8F アクセス:金山駅から徒歩3分 持ち物 PC (Windows, Mac, Linux) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ピクシブ株式会社について ピクシブ株式会社は「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」をスローガンに2005年に設立された会社です。2007年にローンチされたpixivをはじめとして、世界中のクリエイターがファンと身近に触れ合えて、もっと便利な創作活動ができるような場の提供をしています。 会社情報 https://www.pixiv.co.jp/