mjima (@1kegam1)


参加する勉強会

2/12 (土)

7da62afbc76838eb72e229a1de474ffb ALGYAN(あるじゃん)主催 公式イベント!
ROSとIoTを組みわせたら最強なのではないか?!専門家のときめきに触れてみよう!
【オンライン】ROS x IoT ってどうなのよ2022 ROSとIoTを組みわせたら最強なのではないか?!専門家のときめきに触れてみよう! オンラインイベントですので、日本全国どこからでもご参加出来ます。 皆さん、『ROS (Robot Operating System) 』って使ってますか? 「ROS」は、いまやロボット工学の中で欠かせないテクノロジーです。 ロボットが気になる方は見聞きしたことも多いかと思います。 しかし、「ROS」をテーマに話題にすると、ロボティクスの中で完結した話になりがちです。 今回の狙いは、「ROSとIoTを組みわせてみる」です。 いっぽうIoTからみると、「T」はマイコンボードやスイッチなどになりがちです。 さて、皆さんは「ロボットは究極の『T』になるべき」とは思いませんか? 考えてみると、センシングと制御、そしてEdge AIが凝縮された「T」こそが、ロボットです。 あとはネットに繋がりさえすれば、ほら、理想のThing誕生! 私は常々そう思っております。 皆さんもそうですよね?(圧) 本イベントでは、ROSとIoTを語れる熱いエンジニアの皆様を招聘し、その可能性について解説していただく、という取り組みを実施します。 どうですか、わくわくするでしょう! ALGYANが初めての方も大歓迎です。 これを機にみんなで集合知を結集しながら、一緒にテクノロジーの「今」と「未来」に熱い思いを馳せましょう! Don’t sleep through life! ぼーっと生きてんじゃねえよ! IoT ALGYAN(あるじゃん)理事長 小暮敦彦 【必要なもの】 ハンズオンではないので特に開発環境などは不要です。 お好みで、 YouTubeライブもしくは Microsoft Teamsにて接続出来るよう、ご準備ください。 Teamsの場合は、下段の【Teams事前準備について】を参照し、必要な設定を済ませておいてください。 それぞれの接続 URLは、参加登録者にのみ、当イベントページ上部に表示されます。 コメントは「Tweetで」お気軽につぶやいてください! #ALGYAN ・一緒に楽しむ優しい気持ち。 ・熱い情熱。 【Teams事前準備について】 Microsoft Teamsアプリをインストール済みのかたは準備は不要です。 Microsoft Teamsアプリをインストールして「いない」かたも、次の2つの手軽な接続方法があります。 ①【ブラウザのみで参加する方法】 ②【無料版のTeamsに登録する方法】 <やり方①【ブラウザのみで参加する方法】> ・開催時刻になったら、事前にお知らせするTeams URLを開きます。 (当日のTeams URLは、参加登録者にconnpassのメール配信機能にてお知らせします。) ・「代わりにWeb上で参加」をクリック ・「名前を入力」欄に、名前を入力して、「今すぐ参加」をクリック <やり方②【無料版のTeamsに登録する方法】> ・下記URLを開き、ページ下部までスクロールします。 https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software/ ・「無料でサインアップ」をクリック 下記URLに登録の手順がありますので、こちらにならって登録して下さい。 https://support.microsoft.com/ja-jp/office/70aaf044-b872-4c32-ac47-362ab29ebbb1 当日の接続 URLは、参加登録者にのみ、当イベントページ上部に表示されます。 【参加費】 ・無料  →アルコールおつまみ等どうぞ各自勝手にお手元にご用意ください(当然ですが自己負担です)。  【参加条件】 ・当コミュニティやイベントの趣旨を理解し、運営ボランティアメンバーや協賛企業様の貢献を寛容な気持ちで温かく応援してくださるあなたなら、どなたでもご参加出来ます! →ALGYANのイベントへのご参加は、connpassグループのメンバーになることが最低条件です。  connpassグループ(必須)→ https://algyan.connpass.com  ALGYAN本会FBグループ(強く推奨)→ https://www.facebook.com/groups/ioytjp/  (ALGYANグループのメンバーには、固定会費負担や何らかの義務負担などは一切ありませんのでご安心ください) どうか寛容な気持ちを持って、運営メンバーや講師を温かく応援する気持ちでご参加ください。 参加者の皆さんは「お客様」ではありません。 参加者の皆さんも、言わば運営スタッフの一員です。 運営ボランティア・講師・協力協賛企業と一緒になって、より良いイベントを作り上げるというスピリッツをお持ちください。 そして、他の知らない参加者ともお互いに教え合うような、和気藹々とした雰囲気で進めましょう! (SNS投稿やツイートによる心無い「荒らし」行為はご遠慮ください。) 【開催場所】 地球 あなたのいる場所が開催地です。 当日の接続 URLは、参加登録者にのみ、当イベントページ上部に表示されます。 【イメージ画像】 【パネラー紹介】(敬称略) 高瀬 英希 東京大学 准教授 / IoT ALGYAN運営委員 Elixir/Nerves完全に理解したい!ROSまるでわかる?組込みLinuxチョットデキナイ,,, 半田 恭大 マイクロソフトコーポレーション WCB CSU IoT クラウドソリューションアーキテクト Azure IoT 関連の技術を担当しています。 劉 超 パスカルトレーディング株式会社 社内SE 最近フロントエンドの勉強に力を入れてます。一番好きな言語はJavascriptです。 【タイムテーブル】   時  刻 進行内容( 2022年2月12日 ) 敬称略 14:00〜 開始(司会:IoT ALGYAN理事長 小暮)開演ご挨拶と注意点 ①「けっきょくROSってなんなのか? 〜IoT的に気になるDDS通信機能を徹底解剖する〜」東京大学 准教授 / IoT ALGYAN運営委員 高瀬 英希 ②「rclnodejsで始めるWebアプリとのつなぎ込みの紹介」パスカルトレーディング株式会社 劉 超 ③「ROS with Azure IoT & Edge」マイクロソフトコーポレーション WCB CSU IoT クラウドソリューションアーキテクト 半田 恭大 ④「ROS for IoTで使えそうなクライアントライブラリ」東京大学 准教授 / IoT ALGYAN運営委員 高瀬 英希 16:00   終了予定 ※記載時刻は進行の目安を講演者と共有する目的で示しているものであり、確約するものではありません。  スケジュールは前後するのが前提とお考えください。  記載の終了時刻をあてにして予定を組まないようにしてください。  従って、タイムテーブルや記載時刻の誤差に関するクレームを投稿なさることはお控えください。 ※イベント終了後も運営メンバーの内輪の呑み(雑談)が続いていることがあります。  視聴して構いませんが、オフレコトークなので口外しないよう、自己責任でご参加ください。 【Twitterでつぶやきましょう!】 ハッシュタグ #ALGYAN https://twitter.com/intent/tweet?hashtags=ALGYAN 【注意事項】 ※運営スタッフは全員ボランティアです。速やかな進行にご協力ください。 ※メディアの取材記事や当コミュニティのFacebookグループページや告知ページ、Twitterツイート、ご参加者のブログなどに顔等が写りこんでしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 どうか寛容な気持ちを持って、運営メンバーや講師を温かく応援する気持ちでご参加ください。 参加者の皆さんは「お客様」ではありません。 参加者の皆さんも、言わば運営スタッフの一員です。 運営ボランティア・講師・協力協賛企業と一緒になって、より良いイベントを作り上げるというスピリッツをお持ちください。 そして、他の知らない参加者ともお互いに教え合うような、和気藹々とした雰囲気で進めましょう! (SNS投稿やツイートによる心無い「荒らし」行為はご遠慮ください。) 録画についてご協力のお願い ・本イベントはteamsの録画機能を使って録画します。録画した動画は、SNS等にアップすることがあります。顔や背景等写りこむ可能性がありますのであらかじめご了承ください。 ・講演中マイクをONにしていると雑音や周辺ノイズが入ってしまいます。講演の妨げにならぬよう、講演者以外はマイクをミュートしていただきますようお願いします。 参加者の皆様にはご自身のプライバシーに配慮いただくとともに、スムーズな進行にご協力のほどよろしくお願いします。 講演終了後に行うオンライン懇親会は録画しませんので、講演者や参加者同士で気軽に技術談義を楽しみましょう! 【個人情報の扱いについて】 個人情報は関係法令に従って管理いたします。他の用途では使いません。 【主催・協賛・協力】 主催: IoT ALGYAN(あるじゃん)運営委員会 https://algyan.connpass.com 協賛・協力:  日本マイクロソフト株式会社 https://www.microsoft.com/ja-jp  株式会社テクモード https://techmode.co.jp  全国あるじゃん有志の皆さん  当日参加者してくださる、あ・な・た! 【YouTubeチャンネル登録のお願い!!!】 YouTubeチャンネルを作りました! https://www.youtube.com/c/ALGYAN IoT ALGYANが持つ「本物の技術」をYouTubeでも発信していきます! コンテンツは少しずつ追加していきます。 みなさん何も考えずに【チャンネル登録】をお願いいたします!!! 【ご支援(カンパ・ご協賛)のお願い】 皆さまの温かいご支援をお待ちしています。 継続的な運営のために大切に活用させていただきます。 https://www.algyan.net/Donation.html


過去の勉強会

10/10 (土)

31f0638f7fab23860893269c31aca611 一般社団法人MA
M5StickC × ObnizOS
当イベントは10/9(金)16時時点、諸事情により延期を決定いたしました。すでに応募を頂いている皆様には、大変申し訳ございません。変更後の日程については別途この場で告知・メールにてご案内を致します。 ■ハッカソン概要 ITクリエイターの自由な創作活動を促進する、「つくりたい菌」を培養している法人一般社団法人MAは、ヒーローズ・リーグ オンライン 2020と連動するオンラインハッカソンを開催します。 ■オンラインハッカソンです! 名称に「はこだて」と書いてありますが、オンラインハッカソンなので【函館に所縁がある方】であれば、どなたでもご参加いただけます! 個人でもチームでもOKです。 ヒーローズリーグでは毎年、函館でハッカソンを開催してきました。 例:https://we-are-ma.jp/blog/hackathon-hakodate/ 例年にそって「はこだてハッカソン」を開催しますが、本企画はオンラインであるため、函館に所縁がある方であればどなたでも参加をいただけます。 是非ご参加ください! ■テーマ:M5StickC × ObnizOS M5StickCとObnizOSを組み合わせて、IoTな何かを作ります! ハッカソン当日アイデア発散&チームビルディングを行います。 ■各自M5StickCや必要部材をご用意ください はこだて未来大学まで、手渡しで受け取りに行ける方は、塚田先生(情報アーキテクチャ学科 塚田研究室)より、M5StickCの貸出を受けられます。 貸出は未来大学生を主に想定していますが、どうしても必要な方は申込時のアンケートでご相談ください。詳細は以下をご確認ください。 ■【開発部材の貸出について】イベント申し込みを10/3土までに完了させてください 貸出を受けたい方は、イベント申し込み時のアンケートで必要な部材を申告ください。また、イベント申込は10/3(土)までに完了させるようお願いいたします。 以下M5StickC以外で貸出を受けられる部材になります。各若干数の用意となり,貸し出せない場合もある点をご了承ください。 ・M5GoIoTスターターキット(※6つセンサあり) https://www.switch-science.com/catalog/3875/ ・M5StickC PIR Hat(人感センサ) https://www.switch-science.com/catalog/5756/ ・M5StickC ENV Hat (温湿度センサ) https://www.switch-science.com/catalog/5755/ ・ M5StickC Speaker Hat https://www.switch-science.com/catalog/5754/ ・M5StickC用 Vibrator Hat https://www.switch-science.com/catalog/6127/ ・M5StickC Servo Hat https://www.switch-science.com/catalog/6076/ ・M5StickC ToF Hat(距離センサ) https://www.switch-science.com/catalog/6059/ ・M5Stack心拍センサ https://www.switch-science.com/catalog/5695/ ・M5Stack GPS https://www.switch-science.com/catalog/5694/ ・ カラーセンサユニット https://www.switch-science.com/catalog/5218/ ・ NeoPixelUnit20㎝ https://www.switch-science.com/catalog/5209/ ・ NeoPixelUnit10cm https://www.switch-science.com/catalog/5208/ ・UnitV AI Camera https://www.switch-science.com/catalog/6212/ ■使用技術 ■M5StickC ESP32を搭載した小型のM5Stackです。ポータブルで使いやすいオープンソースのIoT開発基板で、プロトタイプを素早く作ることができます。 ・参考ネタ・・・ https://tech.144lab.com/entry/M5StickC_Tips ■ObnizOS obnizOS(オブナイズ オーエス)はデバイス上で動作するソフトウェアです。 obnizOSをインストールすることで、クラウドからマイコン(デバイス)の遠隔操作、状態監視やAPIでの利用などobnizとしてあらゆる機能が利用可能となります。 ・参考ネタ・・・ https://qiita.com/wamisnet/items/b154f0e696c1d57caf1c  技術サポーター(ObnizOS) 豊田陽介 @youtoy ビジュアルプログラミング交流会、他  プライベートでの活動で、ビジュアルプログラミングIoTLTや他に複数のIoT・ビジュアルプログラミング・ロボットトイを取り扱う技術コミュニティを単独・共同で主催。ガジェットが大好きで、話題になったものをよく買いあさっており、自分で試作・開発をする際にもよく利用している(ビジュアルプログラミング・Node.jsと組み合わせることが多い)。普段の職場は某企業の研究所。 田中みそ @miso_develop スマートスピーカーを遊びたおす会  オッス!オラ田中!スマートスピーカー購入をきっかけにITに目覚めた日曜エンジニアだ! 好きな食べ物はRaspberry Piとバナナ!いっちょやってみっか!? ■その他 ハッカソンとは プロトタイピング作品を創るイベント、それが「ハッカソン」です。 その場で作ったチームで開発を進めますので、エンジニアの方はもちろん、エンジニア初心者のかた、デザイナーの方もお気軽にご参加ください! 当日は技術サポートを受けられる予定です。この機会に作品を作ってしまい、自らのスキルのジャンプアップを狙いましょう! ※個人での参加もチームでの参加も可能です。 準備物 PCやデバイスなど各自もくもく出来る準備物 お菓子や飲み物など自分が食べるもの(自分用) オンラインを楽しむ気持ち 家族・同居人の許可(大事) こんな方に来て欲しい テーマに興味がある方 オンラインハッカソンに参加したい人 リモートワークでフラストレーション溜まっている人 プロトタイピングに興味がある方 斬新なアイディアに触れたいという方 新規事業のタネを見つけたい方 なんとなく興味を持った人 ■タイムスケジュール 大まかなスケジュールです。進め方は当日変わる可能性もあります。 Day1 time contents 9:50 開場 10:00 オープニング・アイスブレイク 10:15 サポートインプット・アイデア発散・チームビルディング 11:15 つくるもの発表 ハッキングタイム・各自お昼 13:00 サポート付きハッカソンタイム 18:30 中間発表 &相互サポート時間 19:00 初日終了 Day2 time contents 9:50 開場 10:00 再開・再度アイスブレイク 10:15 サポート付きハッカソンタイム 12:00 お昼食べよう! 17:00 発表エントリー締切 17:30 成果発表 18:30 終了 すべてオンラインで行います。 ■当日の注意 イベントの様子は撮影・録画・中継が入ります。 内容は変更になる場合があります。 開発環境か各自にてご用意いただきご参加ください。 以上につき、あらかじめご了承ください。 ■質問・相談 ツイッター @mashupawardまでご連絡ください