5/21 (土)

0bf42b0650be6f5aa2c5c08f92bc3f13 CoderDojoとよなか(大阪)
【注意】緊急事態宣言などにより変更になる可能性があります。
参加をご希望されるみなさま 右側の「このイベントに申し込む」のボタンを押して、いくつかのアンケートに答えてください。 CoderDojoは7〜17歳の青少年は無料でDojoに参加できます。 CoderDojoには、ニンジャ、12歳以下のニンジャの保護者、ボランティアが参加します。 そこでは、さまざまなプログラミングプロジェクトに参加したり、将来役立つ貴重なスキルを学んだり、まったく新しいグループの友達と出会ったりすることができます。 サポートプログラミング言語:Scratchです。ニンジャの希望とメンターのスキルにより、今後増やしていくつもりです。Scratchに参加しよう ※事前にログインできる様にご準備ください。判らなければ当日フォローします。 必要なもの        :Wi-Fiに接続できるパソコン(Windows、Mac、その他)               発表時にプロジェクターに接続します。               HDMI、Type-C以外の場合はアダプタをご持参ください。 あればいいもの      :独学している書籍があればお持ちください。会場に少し書籍は用意してあります。 ■■1名様のみPC貸出枠を設けました。ノートPCをお持ちでなく、参加をためらっている方の枠です。 お一人1回限りとしますが、希望者がいない場合はお貸しできますので、メールでご相談ください。 費用 無料(CoderDojoとよなか(大阪) の活動は寄付によって成り立っています) 確認してください 新型コロナウイルスの影響により参加者を絞っています。 毎回沢山の申込を頂いており、全員が参加できない状況が続いています。 出来るだけ多くの方に参加して頂ける様に、初めての方の枠と何度か参加した方の枠を分けて抽選とすることにしました。 人数の比率は申し込みの状況により次回以降見直されることがあります。 〆切り後、人数に余裕があれば追加で申し込み可能です。 また、抽選で参加になった方で当日都合が悪くなった場合は、速やかにキャンセル処理を行い、 補欠の方に権利を譲って頂く様にお願いします。 当日体調が悪くなった場合は、無理せず参加を取りやめてください。 その場合は事後で構いませんのでご連絡を頂けると助かります。 参加申し込みにあたり、CoderDojoとよなか(大阪)の説明 をご確認ください メンターの方へ ※引き続き募集中です。 CoderDojoとよなか(大阪)ではプログラミング言語としてまずは「Scratch」をサポートします。今後、サポート言語は増やしていくつもりです。micro:bitや半田付けなども取り組んでいます。斬新なアイデアも大歓迎です。 プログラミング経験は必須では無く、ニンジャと一緒に学んで行くことも大歓迎です。 メンターとしてはじめてご参加いただく方は、参加される前にCoderDojoの運営方針や運営方法、コミュニティーの参加方法などをオンラインビデオ会議(Zoomほか)でお話させてください。【必須】 こちらに連絡下さい:CoderDojo.toyonaka@gmail.com メンターには特に報酬はありません。交通費の支給も基本的にありません。(※スポンサーからお金が出る場合は、交通費が支給される事があります。) ホームページ [https://coderdojo-toyonaka.hatenablog.jp/]

5/28 (土)

A884ef5d351e9e6bbccd0dd650295c52 OSPN(Open Source People Network)
OSC名古屋は今年もオンラインで開催します!
セミナー発表者 申込受付中!:イベントで講演を申込される方へ 4/18(月)までにお申し込みをお願いします。 公式ページのお問い合わせから、申込をご希望の旨お知らせください。申込用のファイルを送ります。 https://event.ospn.jp/osc2022-online-nagoya/ イベントご参加(視聴)の方へ:注意事項のご案内 本イベントのプログラムは録画されており、後日YouTubeでアーカイブ公開されます。 connpassアカウントのメールアドレスが最新のアドレスになっているかどうかご確認ください。 古いメールアドレスなどでご登録されていますと、参加用URLのお知らせが届けられません。 参加用URLを受信していただくために、4月27日(金)16:00までに、当ページにて参加登録をお願いします。 Zoom参加にはZoomアカウントが必要 セキュリティの関係から、Zoom参加にはZoomアカウントでログインした上でミーティングに参加する必要があります。 Zoomアカウントをお持ちでない方は、YouTube配信でのご参加をお願いします。 connpass登録時アンケートで書籍が抽選で当たります! connpassで参加登録される際にアンケートへのご回答をお願いします。 メディアスポンサーや著者の方から提供された書籍の抽選にご応募いただけます。 当選者には、入力いただいたメールアドレスにご連絡します。 ドメイン @begi.net からのメールを受信できるようにしてご応募ください。 プレゼント書籍はこちら(随時掲載) https://event.ospn.jp/osc2022-online-nagoya/article/books プログラム タイムテーブル 準備中 各プログラムへのご参加方法 Zoomミーティングを利用して各プログラムに参加していただきます。(一部miro/Jitsi等の利用あり) 当ページ(connpass)にて、下記締め切りまでにお申し込みいただいた方に、connpassのシステムを通じたメッセージ送信にて、参加用のURLをお送りします。 それ以降にお申し込みの方は「参加者への情報」からご確認いただけます。 ※同日の他のイベントとの重複で登録ができない場合は、個別にご案内しますのでお問い合わせにてご連絡ください。 connpass登録締め切り:5月27日(金) 16:00(それ以降も申し込みは可能) 参加用URLの送信予定:5月27日(金)17:00までに送信予定(connpassのシステムでメッセージ送信に遅延が発生する場合があります。その際はconnpass、Twitterなどで状況をご案内しますので、ご確認ください) YouTube Liveのチャンネル登録をお願いします! Zoomを使用できない方は、YouTube Liveでの同時配信からご覧いただけます。 OSPN.jpチャンネルにアクセスしていただければ、ライブ中継がご覧になれます。 すべてのセミナーを中継する予定です。 あらかじめチャンネル登録しておいていただくよう、お願いします。 OSPN.jpチャンネル https://www.youtube.com/c/OSPNjp 過去のOSCオンラインセミナー動画を配信中です! OSC2022 Online/Nagoya開催のご案内 オープンソースカンファレンス2022 Nagoyaは、新型コロナウイルスの影響で、オンラインで開催することになりました。 ZoomミーティングとYouTube Liveを活用して、リモートで聴講していただく形式での開催となります。 全国からたくさんのご参加をお待ちしています。 https://event.ospn.jp/osc2022-online-nagoya/ 開催概要 日時 5月28日(土) 10:00-18:00 ※プログラムによって開催時間が変更になる場合があります。 OSC2022 Online/Nagoya 公式サイト https://event.ospn.jp/osc2022-online-nagoya/ 開催形式 ZoomミーティングとYoutube Liveを利用したオンラインセミナー、ミーティング、企画(事前登録必須) プログラム終了後のオンライン交流会&懇親会(ZoomのA会場にて開催) ライトニングトーク終了後、オンライン交流会&懇親会を予定しています。 会場はZoomミーティングのメインのセミナー会場(直前までLTを予定)です。 当イベントの参加申し込みをしておいていただければ、そのまま参加できます。 まず交流会としてブレイクアウトルームで数名ずつの会話を楽しんでいただきます。 その後はZoomミーティングでの分科会形式の懇親会になる予定です。 交流会のみの参加でもOKです。 お飲み物やおつまみなどは各人でご用意ください。 LT終了後、交流会開始までの間に準備をするお時間を設けますが、素早く用意できるように事前準備をお願いします。 □ 交流会、懇親会の流れ LT終了後、以下の流れで開催する予定です。 ※LT終了時間によりずれ込む可能性があります 17時00分:ライトニングトーク開始 18時00分:ライトニングトーク終了       ・5分間休憩&乾杯用飲み物等の準備 18時05分:乾杯(A会場) 18時10分:各会場でブレイクアウトルーム①作成       ・ブレイクアウトルームは4〜5名程度の小部屋に分かれる仕組みです       ・自己紹介やイベント参加の感想などをお話してください 18時30分:ブレイクアウトルーム①終了・休憩 18時35分:ブレイクアウトルーム②作成 18時55分:ブレイクアウトルーム②終了・休憩 19時00分:懇親会開始       ・以後、自由時間です       ・基本的にA会場ですが、適宜B会場以降に分かれます(Zoomは「参加者への情報」参照)

5/29 (日)

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
現地開催&オンライン同時開催です。
今回は現地&オンライン開催です 現地の方はマスクを必ず着用の上ご参加ください。アルコールは用意します。熱がある方はご遠慮ください。 CoderDojo 瑞穂 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 持参するもの ノートパソコン(Wi-Fi接続可能なもの)あるいはタブレット、電源ケーブル、マウス、テキストなど。 寄付のお願い CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費は教材費などに使わせていただきます。 paypayで寄付できるようにしました。IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho 撮影について 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 何か自主的にやりたいことがあればどしどしご提案ください。 場所 瑞穂区社会福祉協議会ボランティアセンター 電車でお越しの場合は瑞穂区役所駅2番出口から西の方向に向かってください。 入口が少しわかりにくいので、下記の写真を参考にお越し下さい。 https://www.instagram.com/p/Bp_WVZfFVxA/?utm_source=ig_web_copy_link 運営連絡先 eprogrammerr@gmail.com <BR> mizuho.nagoya.jp@coderdojo.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho タイムスケジュール例 (その日の気分で変わります) 10:00 - 開始 (各自自分の作業を開始してください) 10:05 - オリエンテーション     タイピングソフトで遊んだり、Whyプログラミングのテーマ確認したり、色々 11:15 - 発表会 12:00 - 解散

6/5 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2022年6月開催
会議室 3+4 で開催します 会場予約の関係で 定員の少ない 会議室3+4 で開催します。 念のため、最終の定員&保護者同伴の可否は開催1週間前頃に決定します 現地のニンジャの参加人数は、感染が広がって制限が再開された時を考えて、前の週まで20名と設定します。 緊急事態宣言が解除され、2021年11月から生涯学習センターの定員制限が撤廃されました。5月も今の状況が続けば定員を増やします。開催1週間〜直前までに決定します。 キャンセル待ちの方はそのままお待ちください PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 メンター・サポーター急募 (メンター特典有り) (今回は定員が少ない場所ですが) 定員制限が無くなれば、本当は忍者の定員を40名まで増やせます。 メンターが足らないため3名ほどが限度です。ITに詳しくなくても、パソコンを触るのにアレルギーがなかったら大丈夫です!忍者と一緒に覚えていけます。 メンターをしていただける保護者の方であれば、 満員でも自分のお子様を参加させられます! 希望者はぜひ、お問い合わせページより、お問い合わせください。 https://coderdojoowari.org/contact 保護者の同伴は不可かも (2022年6月) 三密状態を防ぐため、定員を制限する場合、 保護者の方の付添を制限させていただく場合があります。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にした非営利のプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では112カ国・2,200の道場、日本では全国に239以上の道場があります (2022年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 テキストプログラミング:Python, Javascript, PHP, Ruby on Rails など Webサイト制作 動画制作 概要 項目 内容 日付 2021年6月5日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室3・4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/241853/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン、Chromebook などのネットワークパソコン、iPad などのタブレット 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 Chromebook (CloudReady) では、Scratch, micro:bit, で参加できます 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物か自販機で飲み物を買うお小遣い (特に夏などの暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

6/18 (土)

0bf42b0650be6f5aa2c5c08f92bc3f13 CoderDojoとよなか(大阪)
【注意】緊急事態宣言などにより変更になる可能性があります。
参加をご希望されるみなさま 右側の「このイベントに申し込む」のボタンを押して、いくつかのアンケートに答えてください。 CoderDojoは7〜17歳の青少年は無料でDojoに参加できます。 CoderDojoには、ニンジャ、12歳以下のニンジャの保護者、ボランティアが参加します。 そこでは、さまざまなプログラミングプロジェクトに参加したり、将来役立つ貴重なスキルを学んだり、まったく新しいグループの友達と出会ったりすることができます。 サポートプログラミング言語:Scratchです。ニンジャの希望とメンターのスキルにより、今後増やしていくつもりです。Scratchに参加しよう ※事前にログインできる様にご準備ください。判らなければ当日フォローします。 必要なもの        :Wi-Fiに接続できるパソコン(Windows、Mac、その他)               発表時にプロジェクターに接続します。               HDMI、Type-C以外の場合はアダプタをご持参ください。 あればいいもの      :独学している書籍があればお持ちください。会場に少し書籍は用意してあります。 費用 無料(CoderDojoとよなか(大阪) の活動は寄付によって成り立っています) 確認してください 新型コロナウイルスの影響により参加者を絞っています。 毎回沢山の申込を頂いており、全員が参加できない状況が続いています。 出来るだけ多くの方に参加して頂ける様に、初めての方の枠と何度か参加した方の枠を分けて抽選とすることにしました。 人数の比率は申し込みの状況により次回以降見直されることがあります。 〆切り後、人数に余裕があれば追加で申し込み可能です。 また、抽選で参加になった方で当日都合が悪くなった場合は、速やかにキャンセル処理を行い、 補欠の方に権利を譲って頂く様にお願いします。 当日体調が悪くなった場合は、無理せず参加を取りやめてください。 その場合は事後で構いませんのでご連絡を頂けると助かります。 参加申し込みにあたり、CoderDojoとよなか(大阪)の説明 をご確認ください メンターの方へ ※引き続き募集中です。 CoderDojoとよなか(大阪)ではプログラミング言語としてまずは「Scratch」をサポートします。今後、サポート言語は増やしていくつもりです。micro:bitや半田付けなども取り組んでいます。斬新なアイデアも大歓迎です。 プログラミング経験は必須では無く、ニンジャと一緒に学んで行くことも大歓迎です。 メンターとしてはじめてご参加いただく方は、参加される前にCoderDojoの運営方針や運営方法、コミュニティーの参加方法などをオンラインビデオ会議(Zoomほか)でお話させてください。【必須】 こちらに連絡下さい:CoderDojo.toyonaka@gmail.com メンターには特に報酬はありません。交通費の支給も基本的にありません。(※スポンサーからお金が出る場合は、交通費が支給される事があります。) ホームページ [https://coderdojo-toyonaka.hatenablog.jp/]