10/24 (日)

C4a68233ba0d65e4fa554d94f6943c52 よちよちAndroidサンデープログラミングの会
よちよちAndroidサンデープログラミングの会名古屋支部の定例オフライン開発ミーティング(もくもく会)です。 出席者は、このイベントで参加表明をしてください。 場所は、名古屋市市民活動推進センターのフリースペースです。 http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/index.php 会場では、マスクの着用が求められます。 体調のすぐれない方は、自重ください。 よちよちAndroidサンデープログラミングの会に加わりたい方は、ホームページ https://sites.google.com/view/yochiand をご覧ください。 会場は、電源、フリーWiFiがあります。 時間内は出入り自由です。遅刻・早退問題ありません。

9d7c2734b18b9fb706265fe3feccd40a 名古ゲ部
新型コロナウイルスによる状況につきまして 部室での開催につきまして、緊急事態宣言が9/30で解除となりましたので 上限人数を縮小しての再開をいたしました。 参加条件として、ワクチン接種+抗体増加の期間(1~2週間)が終わっている方のみとさせてください。 また、マスク着用でのご来場をお願いいたします。 当日体調の優れない方は大変申し訳ありませんが参加キャンセルをご検討いただけますと幸いです。 また、開催予定日でも直前までの状況次第によっては休止とさせていただく可能性がありますのでご了承ください。 (その際は告知・ご連絡させていただきます) 今後につきましては、しばらくは1~2週間おきの開催および 状況によっての一定期間休止を行いながらの活動予定となります。 通常開催 10月24日(日) 名古ゲ部通常開催分(部室開催+オンライン)となります。 オンライン開催につきましてはDiscord上にて 行いますので、申込なしで直接上記サーバーに参加いただければと思います。 名古ゲ部(旧名:名古屋ゲーム制作部)について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 サークルではなくコミュニティとなりますので、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はサイトをご覧ください。 参加費 オンライン開催は参加費なしとなります 持ち物 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 会場のWi-Fiは使用可です。 やみなべプロジェクト(仮称)について 名古ゲ部では、今後の長期活動のひとつとして 「だれでも触っていいプロジェクトファイルをつくる(仮称:やみなべプロジェクト)」ということを始めました。 方向としましては ・参加不参加はもちろん自由として、誰でも触れるプロジェクトファイルを準備 ・開発・企画は現在進んでいるものを踏まえて個々が「こうすれば良くなる」と信じる方向に自由に行ってOK ・リソースは上記の自由追加のほか、名古ゲ部のイベントや通常開催で作成したリソースを取り込む ・定期的に形を整えてちゃんと遊べるものにしていく ・プロジェクトは名古ゲ部内に設置してある共有ストレージで管理 という形でゲームを作成するという形となります。 名古ゲ部の名前としてゲームを作ろう!というスタンスではなく、 各々の気が向いた時に、現状のプロジェクトを受けたうえで、より良い方向に手を入れていこうというストロングスタイルですので 学生さんや未経験者の方も気兼ねなく参加いただけると幸いです。 詳細は名古ゲ部のサイトにて近日公開予定となります。 もちろんお絵描き会やブレイクビーツなどのイベント作成したもので、 追加してほしくない場合はご連絡いただければ追加なしとしますのでよろしくお願いいたします。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 その他 その他、ご質問等ありましたら nagogebu@gmail.comまでお問い合わせいただければと思います。

515117881de3273b183b07f4aa041e02 みんなのバーチャルコワーキングジャパン( #みんコワ )
オンラインコワーキングスペースのみんコワ内でLTと勉強会
JavaScript のオンライン勉強会を開催します。 WebサイトやWebアプリケーションを作成する際に、必ず利用することになるのが JavaScript ですね。 一方で、年々進化する JavaScript について、もっと知りたいという方も多いのではないでしょうか。 最近では TypeScript の人気も高くなり、勉強したい、勉強しているというひともいらっしゃると思います。 というわけで、オンラインコワーキングの みんコワ 内で勉強会を開催することといたしました。 日時 2021年10月24日(日)15:00〜17:00 (会場は15分前から入場できます) 会場 みんコワ セミナールーム #1 https://live.remo.co/e/seminar-room?fpr=coworking みんなのバーチャルコワーキングジャパン(みんコワ)は、誰でも24時間無料で参加できるオンライン上のコワーキングスペースです。 家でひとりで仕事してるとちょっとさみしくないですか? 誰かいる環境(=衆人環境)のほうが、がんばれたりしませんか? 家では集中しにくいなぁ、と思ってたりしませんか? いつもコワーキングに行っている人も、行ったことない人も、バーチャルコワーキングで一緒に仕事しましょう! Connpassでは、みんコワで開催されるイベントのお知らせをしています。 イベントカレンダー https://mincowa.com/#events みんコワが使用している Remo の使い方マニュアル https://drive.google.com/file/d/16Y6dZkzAFHgK25dGG5tdEOqefXGwB5Qm/view?fbclid=IwAR2Rtw60cGzLf84CDD8XBjv5jB_q0VDk0SrwdZzmKw1saPtRRTkP-dC8j3k イベント内容 希望者による LT 大会です。 時間は各5分程度を考えていますが、多少伸びても問題ありません。 JS, TS に関することであれば、どんなことでも構いません。 ぜひアウトプットの場として活用してください。 JavaScriptやTypeScriptについて知らない人向けに、いちから教えるというタイプの勉強会ではありません すでに勉強しているひと、勉強を始めたひとが、自分が学んだことをアウトプットし、またそれを聞いたりすることで、お互いに学びましょうという趣旨です。 初心者の方も一緒に楽しむ場ではありますが、JavaScriptについてまったく何も知らないという方は、それがどういうものかを知っていて、活用していきたいという想いを持っている方が対象ですので、ご注意くださいませ。 当イベントは Remo を使って開催されます。 交流も可能なオンラインイベントサービスです。 ぜひ顔出ししてご参加くださいませ。 だいたいのスケジュール 時間 内容 15:00 勉強会 開始 15:10 アイスブレイク 15:20 LTタイム 15:50 休憩 16:00 LTタイム 16:30 雑談・交流タイム 17:00 終了 今回のLT 募集中(お気軽にどうぞ) 「Nuxt 3」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo Nuxt 3 public beta は 10月12日に公開されました 「SSR とか SSG とか ISG とか ISR とか言われても」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo 「javascriptで円周率を求めてみた」by HiromiKanae 「propsとv-forで?データを一覧表示をさせたい」 by 稲垣豪人 発表内容が(仮でも)決まりましたら、コメント等でお知らせください 過去のLT vol.5 「JavaScript / TypeScript の日付の話 〜Date, date-fns, Temporal〜」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo 「TypeScript ORM の Prisma について」 by @kt_shin1 「Chrome, Edgeで、(IEみたいに)fileスキームのリンクを”既定のプログラム”で開けるようにした。」 by @takubo_morio 「まったくJS関係ない Firestore の話」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo vol.4 「配列操作の基本&Vue.jsのパフォーマンス向上」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo 「Nuxt.jsとGoogle App Engineでウェブアプリつくれそうだったのでやってみた(仮)」by @kt_shin1 「GitHub API を使ったWebアプリ「コミットノート」を2週間で作った話」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo vol.3 「JSのセキュリティ」 by @kt_shin1 「今度こそ TypeScript の第一歩」 by @ktanaka 田中弘治@Co-Edo 「Nuxt.js + Composition API で快適に開発しよう」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo 「画像の反転について」by HiromiKanae 「TypeScriptとp5.jsでクリエイティブコーディングをやってみた」 by yukkiplaza vol.2 「Webサイト制作の中で最近書いたjQuery」 by 村井孝昭 「モダンな JavaScript の第一歩(その2) && TypeScript の第一歩(その2)」by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo Nuxt.js + Composition API + Firebase で TypeScript という話もあります 「Vue.jsとAWS Amplifyでウェブアプリをサクッと作ってみる 」 by @kt_shin1 「nuxtを使ったエンジニアとの分業・LPを作ってみる」 by 小林佳和 vol.1 「モダンな JavaScript の第一歩 && TypeScript の第一歩」 by @ktanaka 田中弘治 Co-Edo 「Promise」 by ottonove 「Nuxt+TypeScriptを構築する機会があったので詰まったこととか工夫したこととか」 by @kt_shin1 「Promise」 by ottonove 「非同期処理の扱い方」 by 小林佳和

10/26 (火)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 1 10月26日(火)13:00~14:40 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 AIリテラシー向上を進めるための人材育成 イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:40 コンピュータビジョンで勢いづくEdge AI デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 AI Specialist | シニアビジネス開発マネージャ 増月 孝信 氏 13:40~14:10 【特別講演】知識転移グラフによる深層学習の共同学習 中部大学 工学部 ロボット理工学科 AI数理データサイエンスセンター 教授 藤吉 弘亘 氏 14:10~14:35 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :デル・テクノロジーズ株式会社 AI Specialist 増月 孝信 氏 中部大学 工学部 ロボット理工学科 教授 藤吉 弘亘 氏 14:35~14:40 閉会の挨拶

18251514cb39c751b48e6748a66c4128 産×学ラボ
【クリーク・アンド・リバー社主催】
大好評第二弾!LINE株式会社の岡崎晶彦氏によるUI/UXセミナー LINE株式会社でフロントエンドエンジニアとしてご活躍されている岡崎晶彦氏をお招きし、 UI/UXセミナー第2弾を開催します。 UX、UIに取り組むうえで、アクセシビリティとユーザビリティを理解することが重要です。 サービスがあふれる世の中でリテンションレートやコンバージョンレートを向上させるためには、 ユーザビリティを意識することが大事!とわかっているけど何から手をつけたらいいのかわからず悩んでいる、 アクセシビリティとUXってどう関係するの?などと考えている方も多いのではないでしょうか。 今回は、実例を元にしながらアクセシビリティとユーザビリティについてお話します。 プロダクトの開発、制作現場でご活躍いただいている方々は必見! ぜひお気軽に当セミナーへご参加ください! こんなことをお話します! UI/UXにおけるアクセシビリティ・ユーザビリティ アクセシビリティとユーザビリティの関係 ユーザビリティ改善例の紹介 こんな方にオススメ! ユーザビリティ・アクセシビリティを理解して実務に活かしたい方 運用しているWebサイトを健全な状態に保ちたい方 どのようにいUI改善していけば良いかわからず悩んでいる方 登壇者 LINE株式会社 マネージャー/フロントエンドエンジニア/1級ウェブデザイン技能士 岡崎 晶彦氏 ぐるなび、NTTレゾナントを経て、2015年からLINE株式会社でフロントエンドエンジニアとして活躍。 LINE公式アカウントやLINE広告のマネージメントポータルのデザイン/フロントエンド開発に従事。 現在はLINEの保有する膨大なデータを管理・視覚化するツールの開発を統括、 Bootstrap日本語サイトのウェブマスターも務める。技術カンファレンス等でのUI/UX関連の講演実績も多数。 開催概要 時間 内容 Speaker 19:00~19:05 オープニング 19:05~19:50 UX向上のためのアクセシビリティとユーザビリティ 岡崎 晶彦氏  19:50~20:00 質疑応答 20:00~ クロージング 事前質問受け付けます! 当日、岡崎氏に聞いてみたいことがありましたら、お申し込み時にアンケートフォームから ご質問をお送りください!! ※運営時間の都合上、すべての質問にお答えできない可能性もございますのであらかじめご了承ください。 開催方法 オンライン(Zoom) connpassのメッセージ機能から開催前にURLを通知いたします。 ご参加対象者 デザイナー、フロントエンドエンジニア、Webディレクター マーケター、リサーチャー、プロダクトオーナーなどUI/UX業務に携わっている方 参加費 無料 当ウェビナーについて こちらのサイト からもお申込みいただくことができます。

3fb5b1a41df50af276e2a6bce593ec92 中部Tableauユーザー会
「第7回 中部Tableauユーザー会」を開催します! 中部エリアのTableauユーザーのみなさま お待たせしました。 第7回のユーザー会をオンラインにて開催します。 2021年7月16日、JTUG(Japan Tableau User Group)夏の陣でData Noodle Japan Tourと称して、麺をテーマにライブ分析する参加型イベントが開催されました。 この連動企画として みんなでViz作成 を行います。 今回は既存の麺Vizの ワークアウト をみんなで行います。 早く終わった場合は メイクオーバー も行います! (以前行われた、麺に関するアンケートデータや、オープンデータ等から作成されたVizを使用する予定です) Viz作成のテーマは当日のお楽しみです! 題して「ミステリーワークアウト」!? ワークアウトとは以下のイメージで、データ等が提供された中で元のVizを目指していくものです。 * ワークアウトとは? → WORKOUT WEDNESDAY 参加方法ガイド (yarakawa.com) * メイクオーバーとは? → Makeover Monday 参加方法ガイド (yarakawa.com) 最初は初対面の方とは緊張するかもしれませんが、過去のイベントでは意外と盛り上がっています! ぜひTableau Publicをインストールした端末でご参加ください! なお、Viz作成の模様をチャット機能等を活用してサブチャンネル風にも解説する予定です。 「Viz作成はちょっとハードルが高いな…」と思ってしまう Tableauの扱いに慣れていない方も、視聴枠で気軽にご参加いただけます。 * JTUG夏の陣 2021年第一回総会 についてはこちら → TECHPLAY / YouTube 開催日時 2021年 10月 26日 (火) 19:00 開始 (18:50 受付開始) ~ 21:00 終了予定 開催場所 zoom (オンラインにて開催) イベント参加リンクはエントリーされた方へ前日(10/25)までにメールにてご連絡します 参加対象 主にTableauユーザー、Tableauに興味をお持ちの方、Noodle(麺)に興味がある方 推奨:中部地区のTableau利用ユーザーと交流を深めたい方 スケジュール コンテンツ 18:50 受付開始 19:00 オープニング 19:10 使用データについての説明 ・JTUG夏の陣の振り返り・Data Noodle Japanとは? 19:20 Viz作成 ・サブチャンネル風に途中解説も実施予定 20:40 総評 20:50 アンケート、写真撮影、クロージング 21:00 閉会 参加者へのお願い ・zoomの最新版をインストールの上ご参加ください。    (ブレイクアウトルームを使用するため、バージョン5.3以上が必須となります) ・参加者確認等のため、時間に余裕をもって接続していただきますようお願いします。 ・イベント中に表示される名前は、こちらで用意する命名ルールに変更をお願いしますのでご了承ください。 ・登壇者が話している間はマイクのOFFにご協力ください。 ・オフライン開催の雰囲気に近づけるため、参加中のカメラONを推奨いたします。    (開催中のカメラONは強制ではありませんが、クロージング時の記念写真撮影時にはカメラONにご協力をお願いします。) ・Tableau Publicを利用したViz作成を予定しています。    Viz作成で参加の方は、事前に参加時に使用のPC端末へTableau Public(無料)のインストール及びアカウント作成を    行っていただき、当日のスムーズな進行にご協力お願いします。    Tableau Public ダウンロード及びアカウント作成はこちら → Tableau Public ・エントリー時にアンケートにご協力ください。    ※個人情報利用についてのお断り       申込時にご提供いただいた情報は、主催者・JTUG・サポート企業にて、イベント受付管理や各種ご案内(サービス・       イベント等)に利用させていただきます。 ・イベント終了後にアンケートへのご協力をお願いいたします。 ・イベント当日の録画及び録音はご遠慮ください。 ・イベント当日の模様を開催者側にて録画させていただくことがあります。 ・リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 次回以降の登壇者募集について 中部Tableauユーザー会では、Tableau活用事例、データ分析テクニックを中部の仲間に届けたい!という登壇者を募集しています。 ご興味のある方は、本ページ右上の「イベント管理者への問い合わせ」から事務局までご連絡ください。 もっと交流したいという方へ 中部Tableauユーザー会では、ゆるく集まって盛り上がる「わいわい会」を月1回程度の頻度で開催しています。 ご興味のある方は、ぜひわいわい会にもご参加ください。

10/27 (水)

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
Oracle Analytics Cloudを使用した、HeatWave上のデータ分析手順を解説!
Oracle Analytics Cloud(OAC)を使用して、MySQL HeatWave上のデータを分析するための手順をハンズオン形式で解説します 参加には事前登録が必要です!(申込締切:2021年10月25日(月)17:00) イベント概要 このハンズオンでは、Oracle Analytics Cloud(OAC)を使用して、MySQL HeatWave上のデータを分析するための手順を説明します。 - HeatWave環境の作成 - HeatWaveへのデータロード - OACインスタンスの作成 - OACからHeatWaveへの接続 - OACによるデータ分析 * MDSはOracle Cloud Infrastructure(OCI)上で利用できるMySQLのマネージドサービスです。コストパフォーマンスも非常に高く、Amazon RDS等のマネージドサービスと比べて約1/3のコストで利用できます。 * HeatWaveは、Oracle MySQL Database Service向けの超並列・高性能なインメモリ・クエリ・アクセラレータで、分析ワークロードにおけるMySQLのパフォーマンスを桁違いに高速化できます。HeatWaveはTPC-Hベンチマークで、Amazon Redshiftの半分のコストで6.5倍高速な実行結果を、Snowflakeの5分の1のコストで7倍高速な実行結果を、Amazon Auroraの半分のコストで1400倍高速な実行結果を記録しています。 [イベント参加者限定特典] Oracle Cloud Free Tierは通常 「Always Free」+「30Days $300 Free Trial」です。 本イベント参加者限定特典として「30Days $300 Free Trial」が「30Days $500 Free Trial」に増額されます!ぜひ、この機会にお試しください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・本イベントでは、Oracle Cloud Infrastructureアカウントの準備など、イベントの事前準備が必要です。  詳細はお申し込みページをご覧ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> 登壇者 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 山﨑 由章 MySQL Principal Solution Engineer 元々はOracleデータベースのコンサルティング、サポートに従事していたが、オープンソースとフリーソフトウェア(自由なソフトウェア)の世界に興味を持ち、MySQLの仕事を始める。 ※著書 - やさしく学べるMySQL運用・管理入門【5.7対応】 - MySQL Clusterによる高可用システム運用ガイド(Think IT Books) - [ MySQL徹底入門 第4版 MySQL 8.0対応】 オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.OCIアカウントの準備(詳細はお申し込みページをご覧ください) 2.PCの準備(詳細はお申し込みページをご覧ください) 3.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 4.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

526ce425c97c4ba8f741bd08dc92e246 ユニファ株式会社/UniFa lnc.
開催日 10月27日(水)19:00-20:30 概要 名古屋と東京で拠点をおくスタートアップ4社のCTO/CPO等エンジニアの採用責任者が集い「エンジニアのキャリア」をテーマにトークセッションを行います。 モデレーター 藤田 豪(株式会社MTG Ventures 代表取締役) 形式 オンライン(お申込みいただいた方に後日ZOOMのご案内を致します) 当日のスケジュール(予定) 時間 コンテンツ 18:50~ 開場・参加受付を開始 19:00~19:03 導入・本日の流れ 19:03~19:15 登壇者のご紹介 19:15~19:40 トークセッション①(スタートアップエンジニアのリアル) 19:45~20:10 トークセッション②(スタートアップエンジニアのこれから) 20:15~20:25 Q&Aセッション 20:25~20:28 アンケート 登壇者 藤田 豪(株式会社MTG Ventures 代表取締役) 明治大学経営学部卒。1997年、日本合同ファイナンス株式会社(現:ジャフコ グループ株式会社)入社。 2005年より中部支社投資部に異動し、2015年支社長へ就任。24年にわたり、シードからレーターステージまでの投資、 投資先各社での取締役就任、ファンドの募集など手掛け、自動運転、AI、保育IoTといった分野の企業への投資を行ってきた。 2018年、株式会社MTG Ventures代表取締役就任。MTGグループのコーポレートベンチャーキャピタルとして、これまで 6,000人以上の経営者との出会いによって培われた視点をベースに、「VITAL LIFE」を実現するスタートアップへの投資を行っている。 https://www.mtg.gr.jp/company/group/mtg-ventures/ 小林 一樹(株式会社スタメン 常務取締役VPoE) 新卒一期生としてヤフー株式会社に入社し、その後創業期のグリー株式会社に転職し、VPoE として開発チームのマネジメントを経験。2011年 愛知にUターン後にいくつかのベンチャーを経て、2016年に株式会社スタメンの創業に取締役CTOとして参加。2020年3⽉に常務取締役VPoEに就任し、プロダクト本部長兼プロダクトマネージャーとして、エンジニア及びデザイナーの組織運営を統括し、組織づくりという側⾯からプロダクトチーム全体のパフォーマンス向上を担っている。 https://stmn.co.jp/engineers 斉東 志一(株式会社オプティマインド 取締役副社長CPO) 名古屋大学大学院環境科研究科 都市環境学専攻にて都市計画・交通工学を専攻。2015年よりWebアプリケーションの受託開発と並行して、Webブラウザ経由のドローン遠隔制御を時間貸しするサービスを共同開発。2016年よりオプティマインドへ参加、シリーズAの資金調達を終えるまではコアアルゴリズム以外のアプリケーション全般の設計・開発を担う。その後、日本郵便、佐川急便、ローソンをはじめ、エンタープライズ事業の立ち上げと組織設計に従事。2021年より、開発組織全体の責任者として、組織マネジメントやプロダクト戦略を担う。 https://www.optimind.tech/ 開 哲一(ワンダープラネット株式会社 執行役員VPoE 兼 EDMO室長) 奈良先端科学技術大学院大学を卒業後、ソニー株式会社で新規サービスやアプリケーションの研究開発に従事。その後、現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社で数々のウェブサービスを開発。モバイルブラウザ向けソーシャルゲームの企画開発を経て、タノシム株式会社では取締役CTOに。現職ではVPoEとEDMO室長という立場で、エンジニア組織の成長や生産性の最大化と、全社の技術を牽引する。 https://wonderpla.net/ 赤沼寛明(ユニファ株式会社 取締役CTO) エムスリーやNubee Tokyo での開発業務を経て、 2015 年にユニファ東京オフィスの立ち上げ時に入社。ユニファの開発体制を構築し、様々な新規サービスの立ち上げにも関与。現在はCTO として、機械学習・深層学習をメインとした研究開発チームを含むシステム開発チームを統括。また、外国人エンジニアも積極的に採用し、現在 10 を超える国籍のエンジニアのマネジメントも担う。技術系カンファレンスにも多数登壇。 https://unifa-e.com/

E961577f3292e943fe3976bc0220c3ff Chatwork
DXプロジェクトの特徴と最適なアプローチとは何か?を考えるオンラインイベント
イベント概要 水曜日のDXデザインとは、DXに向き合う人たちのリアルな日常について聞けるイベントです。 参加者のみなさんからもご質問やコメントをいただきながら進めていきます。 Zoom開催、途中参加・退出もOKなので、お仕事や家事の合間にぜひご参加ください! 日時 2021年10月27日(水)19:00開始 ※途中参加・退出OKです 開催方法 Zoom Webinar で開催します。 Zoom Webinar の URL 等は、お申込みいただいた方にメールでご案内いたします。 ※2021年10月27日(水)にご案内予定 参加申し込み情報 connpass からお申し込みください。 スピーカー(五十音順) 岡崎 耕太 | Partner at FAKE,Inc. Design Lead at Fjord | @okazakityo 在学中より複数ベンチャーでデザイナーとして活動(法政大学院デザイン工学修士) 。グリー株式会社で経営戦略、アクセンチュア株式会社で経営/デザインコンサルティングに従事。英デザインファームFJORDの東京スタジオ設立に携わり、大手企業と売上数十億規模の事業を複数創出。また個人でスタートアップを中心にデザイン経営支援を行い、2019年12月、クリエイティブ・ファームWBSB&COMPANY LLCを共同設立。2020年にDX領域のデザインファームFAKE Inc.を共同設立。 西村 和則 | root Inc. 代表取締役 | @nishimuu 1985年生まれ。高知県出身。 デジタルハリウッド卒業後、Webデザイナーとしてキャリアを歩む。 独立後、事業開発に特化したデザインコンサルティングファームとして root を創業。 創業期を支援したスタートアップとしてD2CブランドのFabric Tokyo 、動画クラウドソーシングのCrevoなど実績を持つ。その後も数多くの事業立ち上げから成長フェーズにおけるデザイン支援を通じその可能性を探求し続ける。 モデレーター 坂田 一倫 | Chatwork株式会社 UXディレクター | @mariosakata 慶應SFCを卒業後、楽天株式会社に入社しUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスのリニューアルやUX改善に従事。その後、UXデザイナーとしてUX改善施策の立案から実務の遂行を担当。2016年に Pivotal Labs Tokyo に入社。LeanXP の思想に基づいたプロダクト開発手法を用いてクライアントのDXを支援。2021年より現職。UXディレクターとしてプロダクトのUX戦略策定と施策立案をリード。 タイムテーブル 19:00 受付開始 19:05 オープニング 19:15 登壇者紹介 19:30 セッション 20:20 クロージング セッション プロダクト起点で戦略と実行を繋げるDXマネジメント(岡崎 耕太) DXへの取組みが浸透し、多くの企業で新規事業の立案や既存事業の改善が行われているなか、プロジェクトマネジメントや意思決定の難しさも見えてきています。 本セッションでは、DXデザイン・コンサルティングファームとしてプロジェクトに携わってきた経験から、DXを推進する観点についてお話します。 大きな組織に小さなプロジェクトからアプローチするDX(西村 和則) DXと聞くと組織改革や全社的なデジタル推進をイメージされるのではないでしょうか? rootでは、クライアントの事業成長を支援するため、大きな組織を大きく変革するのではなく、大きな組織の小さな変革(新規事業)から変化を起こし事業成長と共に、組織内のプロセスを変えていく取り組みに伴走しています。 これまでのプロジェクトでの失敗談も交えながら、rootのDXに対するアプローチ手法をご紹介します。 こんな方におすすめ 事業会社にてDX関連のプロジェクトに関わっているデザイナーやプロダクトマネージャー

10/28 (木)

81ff6440d715bce8ac6045ed3c3f3f64 株式会社WESEEK
イベント概要 WESEEK Tech Conferenceは、株式会社WESEEKが主催するエンジニア向けの勉強会です。 WESEEKに所属するエンジニアが、様々なテーマで定期的に発表を行う予定です。 第14回目のテーマは「あなたもできる!GASで勤怠入力Slack App構築」 実際に WESEEK で使っている勤怠入力システム「tickrec」の構成を元に、Slackで勤怠入力ができるアプリケーションを1から構築するための方法をレクチャーします。 構成要素の解説はもちろん、実際の画面も交えながら構築していく様子をデモンストレーションできたらな、と思っています。 これを見た暁には、あなたも勤怠入力 Slack App が構築できるようになっている!!はず。 今回扱う技術要素は下記の通りです。 ・ Slack App ・ Google Apps Script ・ Google Spreadsheet ・ clasp ※ 本イベントではZoomを用いて発表を行います。Zoomへの参加URL・パスワードは当日通知いたします。 イベントの模様は社内への共有のために録画をさせていただきます。社外への動画の公開は行いません。 タイムテーブル 時間 タイトル スピーカー 19:00-19:05 オープニング 太田 綾香 19:05-19:45 あなたもできる!GASで勤怠入力Slack App構築 貝沢 亮介 19:45-19:55 質疑応答 19:55-20:00 WESEEKからのお知らせ 登壇者プロフィール 貝沢 亮介 株式会社WESEEK / バックエンドエンジニア ネットワーク SIer として、複数の大口顧客ネットワークの運用・設計・構築プロジェクトなどに6年従事した後、プログラミングの分野にも携わりたいと一念発起し、 2016 年に WESEEK へ入社。 現在では、ネットワーク技術に明るいエンジニアとしての特性を生かし、大手IX事業者の顧客・設備管理システムやネットワークプロビジョニングシステムの設計・構築やプロジェクト管理業務などに従事している。 株式会社WESEEKについて 株式会社WESEEKは、システム開発のプロフェッショナル集団です。 UIデザインからサービス運用のためのネットワーク・インフラ構築まで、すべて自社で開発を行っています。 受託開発や自社サービス開発など、幅広いプロジェクトに取り組んできました。 【現在の主な事業】 1:通信大手企業の業務フロー自動化プロジェクト 2:ソーシャルゲームの受託開発 3:自社発オープンソースプロダクト「GROWI」「GROWI.cloud」の開発 GROWI GROWIは、Markdown記法でページを記述できるオープンソースのWikiシステムです。 エンジニアになじみ深いマークダウン形式で記述が可能で、柔軟な階層構造での情報管理が可能です。 利用者自身でオンプレミス環境や各種クラウドVMに導入でき、社内WikiやオープンWikiとして活用されています。 GROWI.cloud GROWI.cloudはOSSのGROWIを専門的知識がなくても簡単に運用・管理できる、法人・個人向けの商用サービスです。 大手Sier・ISPから中小企業・大学などの教育機関まで幅広くご利用いただき、さらに個人や大学サークルでもご利用いただいています。 【主な特徴】 テキストも図表もどんどん書ける、強力な編集機能 チーム拡大に迅速に対応できる管理者向け機能を提供 充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応 【導入事例記事】 インターネットマルチフィード株式会社様 株式会社HIKKY(VR法人HIKKY)様 一緒に働く仲間を募集しています 東京の高田馬場オフィス、大分にある別府サテライトオフィスにてエンジニアを募集しております。 中途採用だけではなく、インターンシップも積極的に受け入れています! 詳しい募集要項は、弊社HPの採用ページからご確認ください。 Tech Blog 開催したイベントの資料情報や技術的なTIPSをWESEEK Tech Blogへ投稿しております。 アンチハラスメントポリシー 弊社が主催・運営をするイベントでは、アンチハラスメントポリシーを定めています。 イベントに参加される場合は、こちらの規範を遵守していただきますようお願いいたします。 アンチハラスメントポリシー また、下記の目的での参加はご遠慮ください。 ・採用、営業目的

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit M5Stack obniz Scratch Node-RED など
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で 9 回目になります! 前回と同じく、今回も完全オンラインでの開催です。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらのFacebook投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 20:00 イベント開始・オープニング 20:10 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 21:00 クロージング 21:10 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT Node-REDからJetson NanoのGPUリソースを使用する あお太 ビジュアルプログラミング環境を作った?ので紹介します 石橋 優希 青森県八戸市でCodorDojoをはじめました! TakeshiMutoh ScratchとM5Stackで遊ぶ ... ... いままでの YouTube アーカイブ イベント状況によりアーカイブのない回もありますが、参加される方、登壇される方とビジュアルプログラミングIoTLTの雰囲気を感じてみてください。 ビジュアルプログラミングIoTLT vol8 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol7 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol6 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol5 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol4 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol3 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol2 YouTube アーカイブ ビジュアルプログラミングIoTLT vol1 ツイートまとめ 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 (Node-RED User Group Japan) 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

10/29 (金)

DXで新しい働き方へ
概要 近年、ビジネスの現場で、デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目されています。 様々な企業がDX推進に取り組み、企業価値を高める努力を行っています。 勉強会に参加して、短時間で情報をキャッチアップし、イメージを掴みましょう! セミナーの前半では、なぜDXが注目されているか、市場の動向を捉え、 後半ではDX推進のアプローチについて事例と成功するポイントを解説いたします。 「これからDX推進に取り組もう」という方に向けて、要点をまとめたセミナーになっています。 DXへの理解を深め、取り組みの参考にしてくださいね。 こんな方におすすめ ・DX化を検討している経営者・マネジメントの方 開催日 日時:2021年10月29日(金) 13:30-14:30 会場:オンライン         ※Zoomを使用いたします。後日、配信用のURLをご案内いたします。 タイムテーブル 時間配分 内容 5分 講師紹介・スケジュール確認 10分 DXへの理解 ・「DXとは何か?」「なぜDXが注目されているか?」を解説し、 DXへの理解を深めます。 10分 DX推進のアプローチ ・「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」について解説します。 ・DX推進のアプローチ方法を押さえましょう。 25分 事例と成功するポイント ・DX推進の事例として「AI-OCR」「RPA」を具体的な効果と共にご紹介します。 ・DX推進を成功させるポイントを解説します。 10分 質疑応答 お申込み方法について 以下のURL若しくはconnpass よりお申込みをお願いいたします。 お申込みフォーム のリンクはこちら 企業紹介 株式会社ブレイン・ゲート 独立系SIerとして、東京・愛知をはじめ、全国5拠点で事業展開。 2001年に設立以来、高いスキルセットを保有した技術者と迅速なお客様対応を提供。 2017年よりRPA事業部を設立し、これまで950社以上の企業にセミナー・研修を実施。 WinActor®をはじめとする業務効率化ソリューションを基に、お客様の業務改善、働き方改革に邁進を続ける。 注意事項 参加用URLは開催日前日までに送付させていただきます。 インターネット環境が必須となります。 同業他社様のご参加はお断りいたしておりますので、予めご了承ください。 当セミナーは法人様対象のセミナーです。個人からのお申込は受け付けておりません。 やむを得ず、欠席される場合は必ずご連絡をお願いいたします。

%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a 11 2x GROW UP
今回は趣向を少し変えて、IT系エンジニアの山田がお伝えするのはロジカルなイラストの書き方です。 『イラストや絵を立体的に描きたいな』『普段コミックイラストを描いてるけどどうも立体的に捉えられない』そんなことでお悩みの方はいらっしゃいますか? 本勉強会では限られた時間の中、ちょっとしたお試しをすることで、上記の立体的に描けないなーという方でも見え方の変わる体験ができるやり方を試してみたいと思います。 開催日時 2021年10月29日(金) 19:00 開始 題材 顔の書き方を中心に、立体的に描く方法の紹介と、そこからコミッック化する方法をお伝えします。 用意するのもの 紙、ペン、デジ絵の方はデジ絵環境。 ※チラ裏で全然OK 対象者 コミックイラストに興味がある ちょこちょこイラストを描いたりするが、立体的に描くのが難しくて悩んでいる コミックイラストを嗜んでいるが、人物画のアングルをつけるのが難しくて悩んでいる 会場・参加費について Zoom を利用してオンラインでも視聴・参加いただけます。 参加費は無料です。 内容 自己紹介 今回の概要説明 アイスブレイク:アルファベットを立体的に捉えて脳内回転させよう ワーク1:顔の形を線と面で描いてみよう ワーク2:目/鼻/唇を線と面で描いてみよう ワーク3:顔全体を最初から描いてみよう ワーク4:コミック化してみよう その他 ※途中で変わる可能性があります。ご留意ください。 【司会進行】 山田貴文 / GrowGroup株式会社 web系エンジニア(昔ちょっとした商業コミック絵描き(お小遣い稼げる程度)) Profile : 普段はGrowGroup株式会社でIT系エンジニアとして日々研鑽を積んでいるおじさんエンジニア。 ・趣味:音楽鑑賞、子どもと公園で戯れる。散歩。 ・特技:コミック系イラスト、ドラム、web系のエンジニアリング 今後の勉強会の告知について DoorKeeperに登録していただく際に、メール通知がされるように設定していただくと、今後の勉強会の募集日時なども把握しやすくなります。(ご自由に登録できます) また、それ以外にもTwitterやFacebookページへも情報展開していきますので、そちらもよろしくお願いします。 キャンセルについて 土壇場でキャンセルがあると、当日空きが出た時にキャンセル待ちの方が参加できないという可能性も出てきます。 予め参加が厳しい方に関しては、可能な限り前日までにキャンセルの対応をお願いします。 GROW UP について 「成長を実感できる勉強会」のコンセプトのもと、名古屋を中心に活動する勉強会・セミナーです。

10/30 (土)

0bf42b0650be6f5aa2c5c08f92bc3f13 CoderDojoとよなか(大阪)
【注意】緊急事態宣言などにより変更になる可能性があります。
開催内容 通常通りのScratchを中心にプログラミングします。 希望するニンジャにはmicro:bitや半田付けの対応も行います。 micro:bit(本体)は貸し出し用もありますので、持っていないニンジャも参加できます。 ※準備の段取りがありますので、アンケートのコメント欄に「micro:bit(本体)貸し出し希望」と書きください。 ご自分のmicro:bit(本体)をお持ちであればご持参ください。 参加をご希望されるみなさま 右側の「このイベントに申し込む」のボタンを押して、いくつかのアンケートに答えてください。 CoderDojoは7〜17歳の青少年は無料でDojoに参加できます。 CoderDojoには、ニンジャ、12歳以下のニンジャの保護者、ボランティアが参加します。 そこでは、さまざまなプログラミングプロジェクトに参加したり、将来役立つ貴重なスキルを学んだり、まったく新しいグループの友達と出会ったりすることができます。 サポートプログラミング言語:Scratchです。ニンジャの希望とメンターのスキルにより、今後増やしていくつもりです。Scratchに参加しよう ※事前にログインできる様にご準備ください。判らなければ当日フォローします。 必要なもの        :Wi-Fiに接続できるパソコン(Windows、Mac、その他)               発表時にプロジェクターに接続します。               HDMI、Type-C以外の場合はアダプタをご持参ください。 あればいいもの      :独学している書籍があればお持ちください。会場に少し書籍は用意してあります。 費用 無料(CoderDojoとよなか(大阪) の活動は寄付によって成り立っています) 確認してください 新型コロナウイルスの影響により参加者を絞っています。 毎回沢山の申込を頂いており、全員が参加できない状況が続いています。 出来るだけ多くの方に参加して頂ける様に、初めての方の枠と何度か参加した方の枠を分けて抽選とすることにしました。 人数の比率は申し込みの状況により次回以降見直されることがあります。 〆切り後、人数に余裕があれば追加で申し込み可能です。 また、抽選で参加になった方で当日都合が悪くなった場合は、速やかにキャンセル処理を行い、 補欠の方に権利を譲って頂く様にお願いします。 当日体調が悪くなった場合は、無理せず参加を取りやめてください。 その場合は事後で構いませんのでご連絡を頂けると助かります。 参加申し込みにあたり、CoderDojoとよなか(大阪)の説明 をご確認ください メンターの方へ CoderDojoとよなか(大阪)ではプログラミング言語としてまずは「Scratch」をサポートします。今後、サポート言語は増やしていくつもりです。 メンターとしてはじめてご参加いただく方は、参加される前にCoderDojoの運営方針や運営方法、コミュニティーの参加方法などをオンラインビデオ会議(Zoomほか)でお話させてください。 メンターには特に報酬はありません。交通費の支給も基本的にありません。(※スポンサーからお金が出る場合は、交通費が支給される事があります。) ホームページ [https://coderdojo-toyonaka.hatenablog.jp/]

3483056d809841d0d0194df9a1accccb CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングなどを通じて作品づくりを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 初心者でもメンターがそばでサポートしますのでご安心ください。 https://coderdojo-seto.github.io/ 現地&オンライン開催 ゲストハウスますきちとオンラインの同時開催です。 オンラインの場合は当日の9:30にメールでZoomのURLをご連絡します。 メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join プログラミング学習サービスの紹介 Scratch (スクラッチ)← 🌟 初めてにオススメ ブロックを組み合わせてプログラミングができます。簡単でいて奥深いです。 https://scratch.mit.edu/ 事前にユーザー登録しておくと便利です https://scratch.mit.edu/join HackForPlay (ハックフォープレイ) プログラミングを使ってRPGベースのゲームが作れます https://www.hackforplay.xyz/ Progate (プロゲート) 本格的なプログラミング学習ができます。 https://prog-8.com/ HackForPlay, Progateを試してみたい方はアカウントを貸すので教えてください。(当日で良いです) そのほかでプログラミング そのほか、自由にプログラミングしたい環境で楽しんでもらって結構です。 プログラミングにこだわり過ぎず、様々な作品作りをしていただいて結構です。 CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 普段は愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ (※現在はオンライン開催のみです) CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 現地 ゲストハウスますきちで行います。 会場までの道はとても細いところがあります。 尾張瀬戸駅を起点に下記のような道順で来ることをおすすめします。 https://cln.sh/M6aGGk 運転に自信がない方は「パルティ瀬戸」「瀬戸蔵」などの近隣の駐車場(有料)のご利用をおすすめします。 オンライン オンラインも同時開催します。オンラインの場合は当日にURLをメールで連絡します。事前にオンラインミーティングアプリのZoomをインストールお願いします。 Zoom のURLは当日の9:30までにお送りします。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること 延長ケーブル 電源が不足する場合に備えてお持ちください プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

1a63f2d6ed2a4b690e3dbc1f9d8f1ae1 デイトラ
デイトラweb制作、デザイン生限定のオフラインもくもく会です。 「日々の学習で詰まっている所を質問したい」 「他のデイトラ生と交流したい」 「フリーランス独立のリアルな体験が聞きたい」 このような悩みがある人はぜひご参加ください! 【日時】 10月30日(土) 14:00~16:00(入退場自由です) 【場所】 古民家カフェimawo 愛知県常滑市栄町2丁目87 https://goo.gl/maps/QmJFyP3m3KE2GwHu5 【参加費】 1500円 【メンター】 ちづみ https://twitter.com/098ra0209 元小学校の教員・Webサイト制作の会社と古民家庭付きの家のコミュニティスペースを運営しています・/WordPress/figma/半Web半DIYな生活をしています。SoftwareDesignでgitイラスト連載中 デザインはfigma、サイトはWordPressを使ったお仕事がメインです。教員からの転職の話、現場の話などたくさんシェアできればと思います。 また、デイトラ生同士の交流も充実できればと思います^^ おか WEB制作・Shopify・ブログで生きています | 30歳2児のパパ | Shopifyエンジニア | 2020年1月WEB制作挑戦→8月独立→11月転職成功 | 田舎で子育てしながら、リモートワークして引きこもってます | 30歳からのWEB業界に挑戦する人の味方です | アフリカに2年ほど住んでいました。 デイトラ https://www.daily-trial.com

10/31 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい)または画面が大きめのタブレット 電源アダプタ マウス(必要に応じて) https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2021年7月現在)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
毎年恒例となった年賀状撮影会の季節がやってきました。 10/31はhitomi photoさんが愛知牧場のコスモス畑で撮影します。 リピーターの方も多くぷぺぽだけの特別価格のため、予約がすぐに埋まってしまうのでご注意ください。 今年もみなさんの笑顔にお会いできるのを楽しみにしています。

9d7c2734b18b9fb706265fe3feccd40a 名古ゲ部
新型コロナウイルスによる状況につきまして 部室での開催につきまして、緊急事態宣言が9/30で解除となりましたので 上限人数を縮小しての再開をいたしました。 参加条件として、ワクチン接種+抗体増加の期間(1~2週間)が終わっている方のみとさせてください。 また、マスク着用でのご来場をお願いいたします。 当日体調の優れない方は大変申し訳ありませんが参加キャンセルをご検討いただけますと幸いです。 また、開催予定日でも直前までの状況次第によっては休止とさせていただく可能性がありますのでご了承ください。 (その際は告知・ご連絡させていただきます) 今後につきましては、しばらくは1~2週間おきの開催および 状況によっての一定期間休止を行いながらの活動予定となります。 通常開催 10月31日(日) 名古ゲ部通常開催分(部室開催+オンライン)となります。 オンライン開催につきましてはDiscord上にて 行いますので、申込なしで直接上記サーバーに参加いただければと思います。 名古ゲ部(旧名:名古屋ゲーム制作部)について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 サークルではなくコミュニティとなりますので、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はサイトをご覧ください。 参加費 オンライン開催は参加費なしとなります 持ち物 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 会場のWi-Fiは使用可です。 やみなべプロジェクト(仮称)について 名古ゲ部では、今後の長期活動のひとつとして 「だれでも触っていいプロジェクトファイルをつくる(仮称:やみなべプロジェクト)」ということを始めました。 方向としましては ・参加不参加はもちろん自由として、誰でも触れるプロジェクトファイルを準備 ・開発・企画は現在進んでいるものを踏まえて個々が「こうすれば良くなる」と信じる方向に自由に行ってOK ・リソースは上記の自由追加のほか、名古ゲ部のイベントや通常開催で作成したリソースを取り込む ・定期的に形を整えてちゃんと遊べるものにしていく ・プロジェクトは名古ゲ部内に設置してある共有ストレージで管理 という形でゲームを作成するという形となります。 名古ゲ部の名前としてゲームを作ろう!というスタンスではなく、 各々の気が向いた時に、現状のプロジェクトを受けたうえで、より良い方向に手を入れていこうというストロングスタイルですので 学生さんや未経験者の方も気兼ねなく参加いただけると幸いです。 詳細は名古ゲ部のサイトにて近日公開予定となります。 もちろんお絵描き会やブレイクビーツなどのイベント作成したもので、 追加してほしくない場合はご連絡いただければ追加なしとしますのでよろしくお願いいたします。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 その他 その他、ご質問等ありましたら nagogebu@gmail.comまでお問い合わせいただければと思います。

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
今回は現地とオンラインの同時開催です マスクを必ず着用の上ご参加ください。アルコールは用意します。熱がある方はご遠慮ください。 CoderDojo 瑞穂 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 持参するもの ノートパソコン(Wi-Fi接続可能なもの)あるいはタブレット、電源ケーブル、マウス、テキストなど。 使用するオンライン会議システム 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 paypayで寄付できるようにしました。IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho 撮影について 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 何か自主的にやりたいことがあればどしどしご提案ください。 場所 瑞穂区社会福祉協議会ボランティアセンター 電車でお越しの場合は瑞穂区役所駅2番出口から西の方向に向かってください。 入口が少しわかりにくいので、下記の写真を参考にお越し下さい。 https://www.instagram.com/p/Bp_WVZfFVxA/?utm_source=ig_web_copy_link 運営連絡先 eprogrammerr@gmail.com mizuho.nagoya.jp@coderdojo.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho タイムスケジュール例 (その日の気分で変わります) 10:00 - 開始 (各自自分の作業を開始してください) 10:05 - オリエンテーション     タイピングソフトで遊んだり、Whyプログラミングのテーマ確認したり、色々 11:15 - 発表会 12:00 - 解散

11/1 (月)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
バンクシアとブルーアイスその他花材を3種類ご用意した中から撰んでをスワッグを作ります。 ブルーアイスを使うので、選ぶ材料によってはクリスマスらしく作ることもできます。ドライフラワーを通じて自分だけの時間を堪能しましょう。オープニング特別価格でお楽しみください。

11/2 (火)

Dccbab00dbec2b18e56c7cf19694a1ec LAPRAS
〜 より良いテストのために次にすべきこと 〜
こちらは2021年9月に公開し大好評を頂いた【LAPRAS公開設計レビュー 「t_wadaさんにこのテストでサバンナを生き抜けるか聞いてみた」の【後編】動画となります。 【前編】はこちらからご覧頂くことが可能です。 https://youtu.be/C0UZXqIz80c 前回イベントはこちら https://lapras.connpass.com/event/222901/ イベントハッシュタグは「 #LAPRAS公開設計レビュー」です 概要 多くの開発現場で行われているのと同じように、LAPRASではテストを書きながら開発を進めています。 カバレッジもそこそこを維持しつつ、CIが通っていることを信頼できている状態です。 しかしながら、テスト周りはチームで手探りで進めてきたため、モヤモヤもいくつかあります。「このままで本当に良いのだろうか」「もっと良い方法/状態はあるのでは」という気持ちが強くなってきました。 そこで、テストの構築や運用をより良いものとするために、テスト駆動開発の第一人者であるt_wadaさんに相談する場を頂戴しました。 LAPRASでのテスト周りの現状を元に、t_wadaさんに質問を投げかける形式で実施する勉強会を、せっかくなので収録し、公開しようと思います。皆でテスト周りのモヤモヤを解消して、より良い状態に近づくためのヒントを得られればと思っています。 前編では冒頭にLAPRAS内部のテスト事情や方針などを共有したのち、「リリース時の手動での動作確認の要否について」「flaky testの立ち向かい方 / flakyなtestがあると何が困るのか」「レイヤごとに同じようなテストが追加されがちな問題にどう対処するか」などの質問にお答えいただきました。 後編では時間の関係で取り扱えなかった質問を取り扱いつつ、フロントエンドの話題にも触れることを考えています。 配信URL イベント参加をしてくださった方へ直接URLでお送りします 開始日時以降であれば、お好きなタイミングでご視聴できます (生配信ではなく、収録したものを限定公開します) 参加方法 視聴でのご参加の方 限定公開のYouTubeにて配信いたします。 申し込まれた方にはYouTubeのURLをお送りいたしますので、ご自宅などから、お好きなタイミングでご視聴ください。 タイムスケジュール (生配信ではなく、収録したものを限定公開します) 時間 内容 テーマ 00:00 ご挨拶 --- 00:05 各エンジニアからの質問タイム フリーディスカッション 01:25 参加者全員 感想・コメントタイム 01:30 終了 --- 登壇者 パネリスト 名前 和田 卓人(t_wada) (@t_wada ) プロフィール プログラマ、テスト駆動開発者 学生時代にソフトウェア工学を学び、オブジェクト指向分析/設計に傾倒。執筆活動や講演、ハンズオンイベントなどを通じてテスト駆動開発を広めようと努力している。 『プログラマが知るべき97のこと』(オライリージャパン、2010)監修。『SQLアンチパターン』(オライリージャパン、2013)監訳。『テスト駆動開発』(オーム社、2017)翻訳。『Engineers in VOYAGE』(ラムダノート、2020)編者。 テストライブラリ power-assert-js 作者 参加者① 名前 興梠 敬典(@rocky_manobi) プロフィール LAPRAS株式会社執行役員CTO。 豊田高専を卒業後、ソフトウェアエンジニアとして多様な開発案件に従事。複数の新規事業立ち上げに携わる。2015年より株式会社Nextremer高知AIラボの代表として事業や組織の立ち上げを主導。地域コミュニティや行政とも協力関係を構築し、地方でも先端技術に触れられる場作りに貢献。2019年8月にLAPRASに入社。CTOとしてチームや開発のマネジメントに携わるほか、数社の開発組織づくりのサポートなどを行っている。 参加者② 名前 田嶋 隼平(@parc_b) プロフィール WIP 参加者③ 名前 川俣 涼(@KawamataRyo) プロフィール LAPRAS株式会社のソフトウェアエンジニア。新卒で地元茨城県の消防本部に就職し、消防隊、救急隊として6年間勤務。その後、妻の仕事の手伝いで始めたHP制作をきっかけにエンジニアへ転職。エムスリー株式会社、株式会社Misocaを経て現職に。趣味は懸垂。 参加者④ 名前 両角 和軌(@Chan_moro) プロフィール 大手SIerにて6年間Webシステム開発に従事した結果、SI業界に未来を感じられなくなり2016年に無事脱出。以降スタートアップの世界に飛び込み2018年9月よりLAPRASへ入社。「ソフトウェアには組織がパッケージされる」という考えのもと、関わる全ての人を幸せにするソフトウェアと組織をつくりあげるため日々奮闘中。 エンジニアの「得意」を瞬時に分析。LAPRAS https://lapras.com/ LAPRASは、エンジニアのブログやSNSを分析して自動でポートフォリオを生成し、 最適なキャリアの選択肢にマッチングするキャリアマッチングプラットフォームです。 LAPRASを通じて、エンジニアはSNSの活動などから算出された自分の技術力スコアを確認したり、 スカウトや求人マッチングエンジンを通じて自分に興味を持っている企業とつながったりすることができます。 LAPRASは、転職者であるエンジニアのCX(Candidate Experience)を重視した「マッチングの質」にこだわり、 全てのユーザーの長期的な幸せに貢献します。

No image 108x72 g coqtokyo
2020年の名古屋大学での講義資料を読みます。 https://www.math.nagoya-u.ac.jp/~garrigue/lecture/2020_AW/index.html ページ毎にその場で当てられた人が音読します。 第4回講義資料 3 帰納的な定義 > 帰納的述語 > 偶数の定義 から読み始めます。 開催場所 google meetによるオンライン開催です。 https://meet.google.com/ffg-wujr-gnd 参加できないなど困ったときは、@tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503にお問い合わせください。 タイムテーブル 19:00 - 20:30 ssreflectの講義資料を読む 5分休憩 20:35 - 21:00 自由発表 持ち物 Coqを動かせるPCなどの端末 参考情報 gistのコードをjscoqで動かす coqban というもあります https://proof-ninja.github.io/coqban/?gisturl=https%3A%2F%2Fgist.github.com%2Fyoshihiro503%2F7163cfa52557cc0a6be39fdf899e19f6 Slack 気軽に質問や雑談を出来るように、coqtokyo.slack.com を試験運用しています。 @tmiya_ @khibino @eldesh @yoshihiro503 のうちのだれかに頼んで登録してもらってください。( slack でアカウントとして利用するためのメールアドレスをお知らせください )

1aa1ebf3cd40837c6446ad8d366af3af enebular developers
■ イベント概要 enebular developers とビジュアルプログラミング交流会がコラボして開催するイベントです。 ビジュアルプログラミング好きやウォッチしてる人集まれ! ビジュアルプログラミング(ブロックベース、フローベース、等) をテーマに、登壇者の方に話をしていただきます。 様々な種類のものがありますが、例えば以下にあがっているキーワードなどに関する内容を想定しています(もちろん、ここにあがっていないものでも問題ないです!)。 Node-RED enebular MakeCode(micro:bit等) UIFlow(M5Stackシリーズ) Scratch Noodl obniz ブロックプログラム Voiceflow すでに利用されている方も、気になってウォッチしているだけという方も、ご興味がある方はご参加ください! タイムテーブル 時間 内容 19:30~19:35 オープニング 19:35~ 20:45 Long Talk & Lightning Talk 【LT1】●●さん (タイトル) (LTの予定は随時追加) ... 20:45~20:55 運営からのご連絡・今後のご案内 20:55~21:00 クロージング ※注意: 内容は一部変わる場合がございます 来ていただきたい人たち ビジュアルプログラミングに興味がある人 IoTに興味がある人 enebularに興味がある人 開催前後の交流のためのFBグループなどもあります! ● enebular developers Facebook: https://www.facebook.com/groups/enebular/ Slack: こちらからお入りください。 http://bit.ly/join-eneb-slack ● ビジュアルプログラミング交流会 Facebook: https://www.facebook.com/groups/visualprogramming.jp 情報はこちらで流れてるのでぜひご参加ください! Twitterハッシュタグでぜひツイートしてください。 イベント後、Twitterのタイムラインを上記タグでまとめる予定です。スピーカーの方々への質問や、「おもしろい!」といった当日の気持ちをツイートください。 司会 豊田陽介(@youtoy)さん オンライン配信URL イベント当日夕方に「参加者への情報 」欄に記載します(お申込みが必要です)。 連絡事項・注意事項 お問い合せは本connpassか、@enebularにご連絡ください。 ■主催 & サポート 主催: ビジュアルプログラミング交流会 サポート: 株式会社ウフル (ウフル会場で開催はありません。オンラインのみの開催です。) ■アンケートについて イベント参加時に簡単なアンケートがありますので、ご協力お願いいたします! 今後のイベントの参考にいたします。 ■お知らせ ※講演内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 ※当日のイベント内容は後日任意の媒体にて公開させて頂くことがあります。 ※イベントは、止むを得ず中止させて頂く場合がございます。  その際は、本サイトからのメッセージよりご連絡させて頂きますのでご確認をお願い致します。 ※お申込み後運営の都合により、ご参加をキャンセルさせていただく場合がございます。

11/3 (水)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年11月開催
予約の関係で11/3 (祝・水) 文化の日開催 施設予約の関係で、今月は祝日のイレギュラー開催です 新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年11月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に233以上の道場があります (2021年6月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年11月3日 (水・祝) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/221325/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

11/4 (木)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
ぷぺぽ編集長によるスマホカメラの入門講座。レイアウトや写真の加工など、ちょっとしたコツでおしゃれな写真が撮れるように。基本機能でしか撮ったことのない人におすすめ。

Toyo new Startup Weekend 豊橋
起業アイディアが湧き出てくる!? 豊橋学生アイデア創出会! ~ワクワクするものを生み出そう~   第6回StartupWeekend豊橋のプレイベントとして、「起業ってやってみたいけど、アイデアがないので一歩がなかなか踏み出せない」と感じている起業家の卵の皆さんが、気軽に参加してアイデアを生み出していく企画です!   ーこんな方におすすめー  ①SWに興味があるが、参加を迷っている  ②暇な時間が増え、学業の片手間になにかやってみたい!  ③特定の知識・スキルは無いが、気軽に何かをやってみたい  ④起業に興味はあるが、アイディアや課題が見つかっておらず、起業の最初のステップがイメージできない   そんなあなたの想いに応えるプレイベントを開催します。事前準備は何も必要ございません。「スタートアップ」「起業」「アントレプレナー」「新規事業」「アイデア」「豊橋」「学生起業」といったキーワードに興味関心をお持ちの方は是非に本機会をご活用ください。   概要 <日時> 2021年11月4日(木)17:00~19:00 <人数> 先着順で20名様限定です。   内容 ▷課題から、新しいアイデアを創造する 課題から、その課題を持っている人を見つけアイデアに繋げるワークショップを行います。いきなり起業のアイデアを出すのは難しいですよね。そこで、実際にある課題を考え、参加者の中からターゲットを見つけて、アイデアを考えて行きましょう!   プレイベントタイムスケジュール 17:00--17:05 プレイベントの目的 17:05--17:15 自己紹介 17:15--17:40 課題を見つける 17:40--17:45 中間報告 17:45--18:10 実際にその課題を感じている人がいるか見つける 18:10--18:20 解決策を出し続ける 18:20--18:30 発表 18:30--18:35 まとめ 18:35--18:45 SW豊橋の説明 ※スケジュールや内容は変更の可能性があります。ご了承ください。   会場 大学生・高校生の交流スペース「ガクラボ」   【アクセス】 豊橋市富本町国隠67番地(南部窓口センター2階)   ご参考 本会はアイデアをカタチにする「StartupWeekend豊橋」のプレイベントとなります。詳細は下記ご参考ください。 StartupWeekend Startup Weekendは、週末の3日間を利用してアイデアを形にするための方法論を学ぶ、スタートアップ体験イベントです。このワークショップは2009年に米国で始まり、これまで1,800都市で7,000回以上にわたって実施されてきました。Startup Weekendは初日の夜、参加者のアイデアの発表から始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、3日目の夕方までに必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーは顧客開発を、ハッカーは機能開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。   スポンサー プレイベント開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。 日本全国・通年スポンサー 弥生株式会社 様

Eccubeuglogo200x200 EC-CUBE名古屋UG
EC-CUBEはコミュニティの皆様のおかげをもちまして、今年2021年で15周年を迎えることができました。つきましては、EC-CUBE各地のユーザーグループをオンラインでつないで15周年を祝う会をユルく実施いたします。 EC-CUBE DAY 2021 オンラインイベントご参加後のコミュニティ同士の交流の場としてご活用ください。 ユルい会となっております。途中入退室OKです。 営業行為などはなしで、コミュニティの15年の労をねぎらう会として実施いたしますので、予めご了承くださいませm(__)m タイムテーブル: 18:30~19:30 前座: EC-CUBEの最新情報&近況報告 19:30~19:40 主催からのご挨拶 19:40~20:00 各地自己紹介・歓談タイム 20:00~20:20 EC-CUBEコミュニティの歴史振り返り 20:20~21:00 歓談タイム その他注意事項 コロナ禍のご時世ですので、飲食はなしです。 時間的に欲しいところですが申し訳ございません。 EC-CUBE DAY 2021(オンラインイベント)にも是非ご参加ください EC-CUBE DAY 2021 お申し込みはこちら

11/6 (土)

A89a2dee4ab92c934a8690a6448b2217 We ♡ HTML5
HTML5、7回目の記念日!
10/28にHTML5が勧告されました HTML5は2014年10月28日に勧告されました。いわゆる誕生日。それを記念して毎年講演会を開催しています。今年は7年目の記念日です。HTML5を中心に広くWeb周りの諸々をテーマにした講演会です。 登壇者・講演内容 タイムテーブル内のリンクは「shift」キーを押しながらクリックして別ウインドウで開いてください。 時間は予定です。都合により変更になる場合もありますのでご了承ください。 時間タイトル登壇者内容 12:00〜13:00アクセスチェック 主催者が待機していますので「なかしまさ〜ん」と気軽に声がけしてください。Zoomでアクセスできるか、声が聞こえるか、スライドが見えるかなどのチェックに活用ください。 登壇者のかたは画面共有できるかのチェックを行います。 チェックが済んだら、一応マイクとカメラはオフにしてください。 13:00〜13:20タイトル未定中島俊治 MicrosoftMVP (Developer Technologies)サイバー大学 准教授内容未定 関連リンク 13:20〜13:40タイトル未定豊田陽介 MicrosoftMVP (Developer Technologies)内容未定 資料 資料 13:20〜13:40タイトル未定村地彰 MicrosoftMVP (Windows and Devices for IT)内容未定 資料 資料 14:00〜14:10LT大会 ***さん「~~」・・・ ***さん「~~」・・・ 15:00記念写真を撮影して、終了 LT募集 HTML5を中心に広くWeb周りの「LT(制限時間5分)」してくださるかたを募集します。 希望の方は、右の「イベントへのお問い合わせ」から「テーマ名」「簡単な概要」「連絡メールアドレス」をお知らせください。 アクセス方法 Zoomを使用します。開始前にこのページで公開します。 集合写真を撮りたいので顔が写っても良いようにマスク、仮面、目線━などご準備してください。ハロウィンなので仮装OKです。 お断り 都合により、日時、内容等変更する可能性がありますのでご了承ください。 Zoomについては、まだ不慣れなところもありますので、当日ドタバタするかもしれません。 もし、当日配信できないなどのトラブルがあった場合は、このページ最下部の「フィード」でお知らせします。 また主催者の指示には従ってください。従っていただけない方は強制退室とします。

プログラミング初心者におすすめ
現役フリーランスエンジニアが直接指導を行う、オフライン開催イベントです。 JavaScriptは、開発環境をしっかり整えなくても比較的簡単に動作する、初学者には非常にハードルの低いプログラミング言語です。 そういう側面もありながら歴史は深く、JavaScript習得者が多いことから派生してGAS、jQuery、Node.jsにも考え方や構文が取り入れられている、勉強しておいて損のないプログラミング言語となっております。 また、副業として流行りのサイト制作においてもJavaScriptがわかっていれば更に良い提案ができた、トラブルを早めに回避できたという声もあり、副業スキルの幅を広げたい方にも学習されている方が多いです。 プログラミング初心者の方もサポートいたしますのでお気軽にご参加ください♪ 講師歴7年の分かりやすい指導に定評のあるエンジニア講師のイベントとなります。 こちらに講師紹介動画を用意しておりますのでイベント前に気になる方はご視聴ください。 https://www.youtube.com/watch?v=4GskrNGW7Qc 【開催日時】2021/11/6 13:00-17:00(ワンドリンク付き) 【場所】古民家カフェimawo 名鉄常滑駅から徒歩7分 https://goo.gl/maps/RyCdyzLLswZ67Th7A 【必要なもの】 パソコン、オンライン会議用ソフトZoom 【お願い】 勉強会当日までにgmailアカウントの作成をお願いいたします。 Google Chromeをインストールされていない方はインストールをお願いいたします。

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
天白住宅で新しく開きます
CoderDojo天白@天住 新しく、天白第3住宅集会室でCoderDojo天白を開催します。内容は従来のCoderDojo天白と変わりませんが、道具などを持ち込みやすくなったので電子工作などがやりやすくなったかもしれません。よろしくお願いします。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を1m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo天白@天住でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう ・ マイクロビットを使って、電子工作を体験しましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を行います。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

11/10 (水)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
離乳食各期の基本、大人ごはんからのアレンジ方法や、ベビーフードってどうなの?離乳食から幼児食ってどう変わる?などのちょっと気になる事まで離乳食がもっと楽しくなるコツをお伝えします! プチ試食付き

11/11 (木)

6b17e6626a483d5531bdd41fd4c3b1f8 hey
徹底討論!フロントエンドとバックエンドの職域は分けるべきか
イベント情報 昨今Webアプリケーションは動的にHTMLを返すというよりは、バックエンドが返したJSONをフロントエンドが利用する、というような構成を取ることが増えています。 heyでは現在 STORES, STORES 決済, STORES 予約, STORES レジという4つのサービスを提供しています。この中のSTORES と STORES 予約の2つのサービスもおおよそ上記のような構成となっています。 構成は同じですが2つのサービスは異なる組織構造でサービス開発をしています。STORES はフロントエンドとバックエンドが分かれており、STORES 予約ではフロントエンドとバックエンドが分かれていません。 今回のイベントでは STORES と STORES 予約の2つのサービス・組織を取り上げパネルディスカッションの形式でフロントエンドとバックエンドの協業について掘り下げていきます。 「それぞれの開発スタイル」「分かれているメリット・デメリット」「今後の課題」等をご紹介し、登壇メンバーでそれぞれの開発・組織を深堀りします。 開発組織のコラボレーションに課題を感じている方や、今後のキャリアについてお悩みの方、またプロダクトの機能開発に携わっている方にお楽しみいただけるのではないでしょうか。 こんな方におすすめ チーム開発をしているバックエンドエンジニア / フロントエンドエンドエンジニア / プロダクトマネージャー / デザイナー チーム開発の他社事例を知りたい方 小規模から大規模までエンジニア組織のマネジメントをされている方・興味のある方 ECサービス/予約サービス の開発に関わっている方・興味のある方 STORES / STORES 予約 に興味のある方 今後のキャリアについて悩まれている方 STORES について STORESは誰でも簡単に自分だけの本格的なネットショップを開設できるサービスです。 個人や中小事業の方々に向けて、お店のデジタル化を支援する「STORES プラットフォーム」。 その中において、オーナーさまが店舗で提供されているこだわりを、 そのままオンラインで提供していただくためにSTORESを提供しています。 豊富なテンプレートや決済手段をはじめ、ネットショップを始めるための 多くの機能がそろっており、現在では毎月1万以上のショップが開設されています。 STORES 予約について STORES 予約は、ローカルビジネス向けのクラウド予約システムです。 2021年3月現在、累計約10万事業者の店舗オーナー様と個人ユーザー約350万人を、 予約を通してつなぎ、お商売の機会創出を行っています。 STORES 予約は、究極、店舗オーナー様をサービス提供に時間を費やすこと以外から 開放することを目指し、予約管理に留まらず、集客・マネタイズ・リテンション一連の ビジネス課題への解決にチャレンジしています。 開催情報 日時 : 2021年11月11日 (木) 19:30〜20:45 開催場所 : オンライン (配信URLは後日共有させていただきます) 参加費用 : 無料 タイムテーブル 開始 終了 内容 19:15 19:30 開場 19:30 19:35 オープニング 19:35 19:45 STORES & STORES 予約の紹介 19:45 20:10 パネルディスカッション(前半) 20:10 20:40 パネルディスカッション(後半) 20:40 20:45 クロージング 20:45 --:-- 退場 & アフタートーク ※当日までの間に多少の変更がある可能性があります 登壇者紹介 STORES バックエンドエンジニア:森弘 一茂 新卒でSIerに入社し大手通信システム向けミドルウェア開発に従事する。その後Ruby on Rails・Node.jsでサーバサイドを開発したり、Reactでフロントエンドを開発するなどWeb開発プロジェクトを転々とする。2018年にSTORESへ入社、現在はプロダクトチームのリーダーを担当。 フロントエンドエンドエンジニア:小林 礼幸 地元のユーザー系企業で開発業務全般に4年程携わった後、上京してストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社へフロントエンドエンジニアとして入社。現在はAngularJSで書かれたシステムを、Nuxt.jsに置き換える業務を中心に行っています。前職でもAngularを触っていたので、通算して6年ほどの付き合いになります。好き。 フロントエンドエンドエンジニア:水野 和弥 受託開発の組織でWeb制作を数年やったあと株式会社リブセンスに転職。求人サービスのフロント開発や社内システムのバックエンド開発をしていました。heyには2020年3月にジョインしフロントエンドを専門に開発をしています。 STORES 予約 エンジニア 伊藤 薫人 @ykpythemind 新卒で名古屋市の受託会社に滑り込み、プログラミング大好きな上司とrailsを書く日々が始まる。好きな人が結婚したのを期に上京を決意し、出品代行サービスで開発責任者となる。その後クービック(現・STORES 予約)に2020年1月にジョイン。現在は主にRuby, TypeScriptを書いている。 エンジニア 矢作 優和 @myahagi 大学で魚類の行動生態学を専攻。入学当時は教員を目指していたが、SI/SESの会社へ。いつかはWEB系に行こうと志していた中で、物流プラットフォームのサービスを展開する会社へ。前職ではAWSの環境構築やCI/CD環境の構築、テストコード導入などを行っていた。クービック(現・STORES 予約)に2020年5月に転職。現在は主にフロントエンド/バックエンド問わず施策開発や内部品質上げるためのリファクタリングをしている。 エンジニア 夏目 蓮 フリーランスとしてWEB制作やメディア運営など3年間行う。そこでもっとソフトウェア領域の開発をしたいと思いキャリアチェンジ。新規開発メインの受託企業で1年間勤め、よりもっとプロダクトの成長に関わりたいと思い、heyへ2021年に転職する。現在は主に STORES 予約のバックエンド開発を行っている。 諸注意 イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。 ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等、宗教活動または政治活動をすることは禁止します。 何かお困り事などありましたら、当イベントページの「イベントへのお問い合わせ」よりご連絡お願いいたします。 社内への共有のため、イベントの様子を録画させていたく場合があります。 主催:ヘイ株式会社 会社紹介資料:hey BOOK / hey BOOK for Engineers オープンオフィス:Hello hey

11/13 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が25名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/11/13(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:20 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。   - 入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。 部屋に消毒液を置きます。 館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。 館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 メンターがいい話があれば紹介します。 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 おわりの前に今日の結果を発表します。 最後に集合写真を撮ります。 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ メンター枠で応募してください 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします - 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 - Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 - 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

11/14 (日)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
毎年恒例となった年賀状撮影会の季節がやってきました。 11/14はミタニユウタさんが天白公園で撮影します。 リピーターの方も多くぷぺぽだけの特別価格のため、予約がすぐに埋まってしまうのでご注意ください。 今年もみなさんの笑顔にお会いできるのを楽しみにしています。

11/15 (月)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 2 11月15日(月)13:00~14:40 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 AI導入活用はトップダウンか?ボトムアップか?のどちらで進めるか? イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:40 次世代AIワークロード基盤の新潮流 デル・テクノロジーズ株式会社 DCWソリューション本部 AI Specialist | シニアビジネス開発マネージャ 増月 孝信 氏 13:40~14:10 【特別講演】AIは何を見ている?~画像認識における判断根拠の視覚的説明~ 中部大学 工学部 情報工学科 AI数理データサイエンスセンター 教授 山下 隆義 氏 14:10~14:35 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :デル・テクノロジーズ株式会社 AI Specialist 増月 孝信 氏        中部大学 工学部 情報工学科 教授 山下 隆義 氏 14:35~14:40 閉会の挨拶

11/16 (火)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
毎年恒例となった年賀状撮影会の季節がやってきました。 11/16はぷぺぽ表紙カメラマンのichiomoiさんが撮影します。 リピーターの方も多くぷぺぽだけの特別価格のため、予約がすぐに埋まってしまうのでご注意ください。 今年もみなさんの笑顔にお会いできるのを楽しみにしています。

376bc271e38880b47067684cc7291579 WEST-SEC
セキュリティを守るために身に着けるべき基本知識および実践技術を、CTFを通じて「楽しく」学びます。
「8割解けるCTF」をコンセプトにしたWEST-SEC CTFの7回目を開催! 第5回目のWEST-SEC CTFのアンケート結果ですが、97.9%の方が「役に立った」(「とても役に立った」72.9%、「ある程度役に立った」25.0%)とお答えいただきました。参加いただいた皆さん、ありがとうございます。 今回は先着順です。現在の募集は95名ですが、増枠も視野に入れます 運営側の準備が整えば、増枠したいと思います。開催前日までに判断します。 WEST-SEC CTFの内容 WEST-SEC CTFは、セキュリティの基礎知識・技術を網羅的に学習するためのコンテンツです。CTF(Capture The Flag)といえば、SECCONに代表される鬼のようにレベルが高い旗取りゲームです。しかし、WEST-SECのCTFは全く別物です。CTFのツールを活用しますが、相手と競う「競技」というよりは、みんなで学ぶ「学習」です。セキュリティを守るために身に着けるべき基本知識を、一部コマンドを打つなどの実践も踏まえて学びます。 まずは、以下のプロモーション動画で概要をご確認ください。 なぜCTFの形式なのか セキュリティを学ぶには、テキストの学習や実務、資格取得など、いくつかの方法があります。 どの方法も大事な学習ですが、ゲームを使った学習方法であるゲーミフィケーションも高い評価を受けています。ゲーミフィケーションの魅力は、なんといっても「面白さ」「楽しさ」でしょう。 たとえば、単に聞くだけではなく答えるという双方向性、日常ではあまり触れることができない実機に触れる喜び、正解か不正解かというハラハラ感、スコアが出てライバルと競い合う高揚感、短期間で全体像を学習できる満足感などを味わうことができます。 WEST-SECでも、CTFというツール使うことで、皆さんが回答した答えに正解・不正解が表示されます。さらに、チームスコアも表示されます。スコアを競うことを第一にしたものではありませんが、モチベーションを高めて参加していただくためのアクセントにしてください。 出題テーマ  ★テーマは前回と同様ですが、問題は全問リニューアルします。 セキュリティを広く学べるようにしており、主な出題テーマは以下です。  -企業がセキュリティ対策として知っておくべき基本用語   -暗号、認証、ディジタル署名を含むPKIの基本技術  -SQLインジェクション、ディレクトリトラバーサル、ブルートフォースなどの攻撃手法  -DNSやメールサーバなどの、セキュアな設定  -ログ解析 ※実際のログを解析してもらいます。  -バイナリ解析  -ITの基礎知識 ~パケットキャプチャ含む  -UTMの設定の確認   -クラウドセキュリティ  -インシデント対応の考え方  -脆弱性管理、ポートスキャン  -セキュリティに関する法律  など ※WEST-SECで準備した数ある問題の中から、制限時間とのバランスを見て出題する問題を選択します。1回の出題としては、これら全てが出題されるわけではありません。 従来のCTFとの違い CTFdのツールを活用していますが、内容や難易度は従来のCTFとは異なります。 違い①難易度 SECCONなどのCTFは非常に難易度が高いです。一方、WEST-SECのCTFは、難易度がかなり低く、また、チームで相談したり、調べたりすることで、誰もが8割を正解できることを意識して作問しています。  短い時間ですが、問題の難易度を下げ、また、チームで相談できるため、問題をたくさん解いてもらうことができます。結果として、幅広いセキュリティの知識に触れることができます。 違い②内容 CTFはプログラミング技術やLinuxのコマンドを駆使したりして、フラグを見つけるものが中心です。WEST-SECのCTFでは、基本的なセキュリティ用語を学ぶため、単純な知識問題もたくさんあります。また、一部、コマンドを投入したりWiresharkを見たりすることもありますが、その場合でも高度な技術スキルが求められるわけではありません。 参加対象者 特に制限はありませんが、以下の方を意識しております。 ・情報システム部門でセキュリティ対策の基礎を改めて再確認したい方 ・セキュリティに興味があり、セキュリティ対策をもっと深く知りたい方 (※学生さんもOK) ・セキュリティの仕事に携わっているが、実践的な経験が少ないので少しでも経験してみたい方 ・CTF(Capture The Flag)には興味があるけど、本家のCTFは敷居が高すぎて・・・という方 ・この研修で得た知識をセキュリティ対策のみに活かし、悪用しない方 →つまり、非エンジニアの方、セキュリティの初学者、大歓迎です! 必要なもの ・ブラウザ(Google Chromeなど。IEやEdgeは非推奨)が入ったインターネットに接続できるPC。スマートフォンからの参加も可能ですが、SSH接続やログ分析などもしていただくため、一部の競技の参加が厳しいと思います。 ・Web会議ツール(CiscoWebEXやZOOMなど)の環境。 ・TeraTermなどのSSHに接続するツール(無い場合は一部の問題を解くことができませんが、チーム戦なので画面共有等でお互いにフォローしていただくという手もあります。) ・ご自身のグローバルIPアドレスを主催者へ通知 お願い ・CTFに始めて参加される方は、以下のサイトをサラリとご確認ください。当日は超簡単な説明にとどめさせてもらいます。 https://west-sec.com/entry ・CTFのサーバそのものおよび、一部のサーバへのアクセスは、送信元IPアドレスを制限させていただきます。参加者のPCに割り当てられたグローバルIPアドレスをお聞きします。 ・Web会議ツール(CiscoWebEXやZOOMなど)で、開催の説明等や簡単な解説までを行いますが、主催者およびチーム内で、良好なコミュニケーションをとっていただけるよう、よろしくお願いいたします。 ・今後のカリキュラムや運営の向上のためにアンケートをお願いします。 当日の流れ (1)タイムスケジュール(予定) 項番 時刻 内容 Program0 18:40~  Web会議の部屋を空けます。 Program1 19:00 ~ 19:20 競技の簡単な説明  from t_tani Program2 19:20 ~ 20:45 ・ユーザおよびチーム登録 ※手順は(4)・送信元のグローバルIPアドレスを主催者に通知・CTF競技開始 Program3 20:45 ~ 21:15 簡単な解説および、質疑   from Fijiアンケート記入 (2)Program0について ・自分のグローバルIPアドレスの調査をお願いします。→競技開始後、チーム単位で報告をしてもらいます。 ・踏み台サーバへの接続テストをお願いします。 (3)Program1について 以下の点を説明します。 ①冒頭あいさつ、趣旨の説明 このconnpassのサイトに書いてあるような、競技の主旨を簡単に説明します。→「楽しく」やりましょう! ②競技の簡単な説明  ・競技用のサーバ群の接続先、アカウント情報を説明  →画面にて、競技用のサイト、FortiGate、踏み台サーバからAPサーバへのログインを実演します。  ※注意点:FortiGateや踏み台のWebサーバは、複数の人が同時に入るとキャパシティの関係で接続できない可能性があります。その場合、グループで1人のログインをお願いしたり、IPアドレスで制限させてもらう場合があります。 ・CTFのサイトをオープンします。  競技開始後、みなさんには、このあとの(4)の手順に従い、ユーザアカウントを作成し、チームを作ってください。 ・Flagの入れ方は、flag{abc} とはせずに、答をズバリ入れてください。(「フラグ入力のテスト」問題で実演します) ③競技開始後の説明 ・1チーム4名によるチーム戦ですので、ブレークアウト機能でチームの部屋に分かれてもらいます。 ・チーム内で軽く自己紹介などのコミュニケーションを取ってください。(チームで協力して進めていただくよう、お願いします。) ・ユーザ登録をして、チームに参加してください。(手順はこのあとの(4)) ・ログインできた方から、CTFの競技を開始してください。 ・(必要に応じて、)チーム内でグローバルIPアドレスをまとめ、チーム名とともに報告してください。(途中から送信元IPアドレス制限をかけます) ④スコアを競うことを第一義としていません! 冒頭にも記載しておりますが、WEST-SECの目的は、「相手と競う「競技」というよりは、みんなで学ぶ「学習」」です。チーム内の誰かが解いた問題であっても、皆さん全員が自分で考え、解いていただくことを期待しています。 チームで問題を解いた方は、解けていない方へのフォローやアドバイスをお願いします。 ⑤アンケートのお願い 提示するアンケートURLにて、アンケートのご協力をお願いします。 (4)ユーザおよびチームの登録 https://west-sec.com/entry のページも参考にしてください。 ①主催者から案内するCTFのURL(当日に案内します)にアクセスしてください。 ②右上のRegisterボタンでユーザ登録をしてください。  ※メールアドレスはダミーをお願いします。 ③Registerからユーザ登録します。 ④ユーザ登録後、Join Team でチームに参加してください。 チーム名は、team1、team2、・・・となっています。チーム番号は、ブレイクアウトループの部屋番号と同じで、パスワードは指示されたものを使ってください。 申し込みに関して ・チームで参加をされたいとしても、全員のお申し込みが必要です。(代表者1人だけではありません) ・同じチームになりたい場合は、共通の3文字を付けてWeb会議システムに参加してください。たとえば、abc_Suzuki、abc_Sato、abc_Katoといった感じです。それを見て、同じチームに振り分けます。 過去のWEST-SEC開催履歴 項番 時 イベント 補足 1 2020/8/16 WEST-SEC#1 WEST-SECの記念すべき1回目 2 2020/9/16 某大学様向けCTF セキュリティに興味をもつ学生と社会人向け 3 2020/10/272020/11/5 WEST-SEC#2 参加者多数のため2回に分けて実施 4 2020/10/29 愛知総合工科高等学校様の学生向けにCTF授業#1 特別授業として講義させていただきました 5 2020/11/10 某企業のセキュリティエンジニア向け勉強会 6 2020/11/21 enPiT-Pro@九州大学 主に社会人の現役エンジニアのための 大学院レベルの教育プログラム 7 2020/11/27 大阪府立大学様の教職員様向けCTFによるセキュリティの基礎勉強会 セキュリティに明るくない利用者であっても楽しめる問題に調整。セキュリティ啓発目的 8 2020/12/11 某企業のCSIRT向けCTF 9 2021/1/17 SECKUN 九州大学サイバーセキュリティセンターが受託した厚生労働省教育訓練プログラム開発事業 10 2021/1/19 WEST-SEC#3 11 2021/2/9 WEST-SEC for Student セキュリティに興味がある学生様向け 12 2021/2/16 某企業でのグローバルイベント 某企業の世界中のセキュリティエンジニア向け 13 2021/2/19 SecurityDay2021春 Tokyo 株式会社ナノオプト・メディアが主催する国内最大級のセキュリティイベント 14 2021/3/3 愛知総合工科高等学校様の学生様向けにCTF授業#2 高校生向けに問題をアレンジ 15 2021/3/23 WEST-SEC#4 フォレンジック解析に関する出題あり 16 2021/6/15 WEST-SEC#5 MicrosoftのADに関する出題あり 17 2021/8/31 WEST-SEC#6 ADのログ分析問題、WiresharkとWebの連携問題含 18 2021/9/22 大阪府立大学様 CTF2021 教職員様向けセキュリティ啓発目的 19 2021/10/7(予) 某高専の学生様向けにCTF授業#3   20 2021/11/6(予) enpit-pro   21 2021/11/(予) WEST-SEC#7   22 2021/12/上旬(予) 某企業向けセキュリティ研修   23 2021/12/中旬(予) 一般社団法人開催のイベントでのCTF   主催メンバー ・粕淵 卓(特技はUTMと情報処理技術者試験) ・谷口 貴之(OWASP Nagoya所属、CISSP) ・藤田 政博(セキュアプログラミングの作問担当) ※セキュリティに長年携わるメンバーです。 協力メンバー ・T.Suzuki(作問協力) ・DustInDark(作問協力) 後援 ・OWASP Nagoya Chapter   Webアプリケーションのセキュリティを学びたい方には、OWASP top 10をオススメします。   OWASP top 10 ・Palo Alto Networks ・エムオーテックス株式会社 (MOTEX Inc.) ※順不同

9aa09c4cfbe640ff3249074ff8d6e978 Finatext Holdings Ltd.
この勉強会について プロダクトづくりにおける失敗や学びを共有してHackしてしまおうという、PM(プロダクトマネージャー)のための勉強会です!今回はBtoBプロダクトがテーマ。「現場」と「金融」の各領域でBtoBプロダクトを展開する2社のPMが、四苦八苦したプロセスと学びを共有します! <こんな人におすすめ> ・BtoBプロダクトを担当している方 ・導入者と実際の利用者が異なるプロダクトを担当している方 ・自分にとって未知の業界や分野でプロダクトを展開している方 ・人々の生活行動を変えてしまうようなプロダクトを作りたい方 参加方法 Zoomでの開催を予定しています ※前日までにURLをご案内します。 ※参加者の方は、本ページの「参加者への情報」欄でもご確認いただけます。 タイムテーブル 時間 スケジュール 18:50 Zoom オープン 19:00 オープニング・登壇者自己紹介 19:10 株式会社カミナシ 後藤健佑 「現場が命のデスクレスSaaSで、お客様との向き合い方を間違った話」 19:30 株式会社Finatext 齋藤祐輝 「パートナーと共に新しい金融体験を作る!BtoBのPMの制約を楽しく乗り越える方法」 19:50 QA&トーク 20:00 クロージング スピーカー 株式会社カミナシ プロダクトマネージャー 後藤 健佑 名古屋工業大学卒業後、WebエンジニアとしてEC系のバックヤードサービス開発の経験を積み、2019年10月より株式会社カミナシにジョイン。サービスの立ち上げから参画し、サーバサイド/フロントエンド/クロスプラットフォームの設計から実装まで携わった。エンジニア、テックリードを経て、現在はプロダクトマネージャーとして『カミナシ』の開発チームを牽引。 発表タイトル「現場が命のデスクレスSaaSで、お客様との向き合い方を間違った話」 「プロダクト開発成功の近道はユーザーの声を聞くこと」と言われるほど、お客様の声を聞き、現場を理解することはプロダクト開発において重要な要素です。カミナシは、工場や店舗などの現場にある「紙のチェックリスト」をクラウド化するデスクレスSaaSを提供しています。同じ会社の工場でも業務が現場によって異なるため、実地へ赴きお客さまの声を集め、様々な一次情報に触れながらプロダクト開発を進めています。 ただ、大量の一次情報に触れる中で、お客様との向き合い方を誤ると、間違った解釈を生み、そして誤った意思決定へと進んでしまうものです。その状態で作ったプロダクトは解決する課題に一貫性がなく、お客さまに想定以上に使われなかった事実が後に突きつけられます。実は、カミナシもその例外ではなく、バイアスに囚われ大きな失敗をしました。 本セッションでは、PMとしてお客さまとの向き合い方に失敗をした経験談と、お客さまの声を正しくプロダクトへ反映させるためのノウハウを共有します。 株式会社Finatext プロダクトマネージャー 齋藤 祐輝 東京大学経済学部卒業。在学中より株式会社Finatextのプロダクト開発に参画し、そのまま新卒入社。サーバーエンジニアを経て、コミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」のプロダクトマネージャーを担当。現在はFinatextグループの証券会社である株式会社スマートプラスにて、おまかせ投資サービス「Wealth Wing」や証券ビジネスプラットフォーム「BaaS(Brokerage as a Service)」を担当し、パートナー企業とのプロダクト開発やグロースをリードしている。 発表タイトル「パートナーと共に新しい金融体験を作る!BtoBのPMの制約を楽しく乗り越える方法」 Finatextは、BtoBの金融サービスを安価に、そしてスピーディーに提供することで、金融サービスの民主化をを目指している会社です。そんなFinatextのビジネスモデルはレベニューシェアであることが多く、ビジネスを伸ばすためにもPMはFinatextに欠かせない存在です。 一方、FinatextのPMは大きく2つの点で一般的なPMとは異なっています。①金融という、多くのPMにとって比較的馴染みのない業界であること、②BtoBtoCでのサービス提供のため、ピュアに0からプロダクトを考えられる機会は少ないこと。この2点は、PMには足枷のように思えるかもしれません。しかし翻って、①多くのPMにとって馴染みがないからこそ、PMの価値を存分に発揮できる領域が広がっている、②パートナー企業が大きな顧客基盤を抱えているため、最初から広いマーケットにアクセスできる、とも捉えることができます。 今回は、BtoB(toC)の金融プロダクトというFinatextならではのPMの制約と楽しさについて、事例を通じてお話しできればと思います。 モデレーター 株式会社カミナシ 井上 玲 一貫してITベンチャー、スタートアップ領域でキャリアを経験。新卒ではERPパッケージソフトの新規営業、マーケティングを担当し、2社目のベンチャーでは事業サイドに加え人材採用も担当する。その後、採用担当としてマネーフォワード へ入社。採用(エンジニア・デザイナー採用およびチームマネジメント)、子会社組織人事、人事企画(制度設計・運用)に従事。2021年5月より株式会社カミナシへ人事としてジョイン。 注意事項 ・イベントの内容は予告なく変更になる可能性があります。 ・イベントの様子は主催者のPR目的でウェブサイトやソーシャルメディア等に掲載される可能性があります。 ・人材紹介業、営業、ネットワークビジネス勧誘目的の参加はご遠慮ください。 ・その他、主催者が不適切と判断した場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。 個人情報の取り扱いについて 主催者は、本イベントで取得した個人情報を以下の方針に沿って取り扱います。リンク先をご確認いただき、同意の上でお申し込みください。 株式会社カミナシ プライバシーポリシー 株式会社Finatextホールディングス プライバシーポリシー

B96ee607d729f4a1e9a28b65363a95d7 Adobe XD Trail
Adobe XD でもっと快適なリモートワーク!
リモートワークをテーマに Adobe XD Trail のオンラインイベントを②夜にわたって開催します!初日は、リモートワークに役立つ Adobe XD のいろんな機能を紹介するセッション、2日目は、実際に Adobe XD を使ってリモートワークに取り組んでいる企業の事例を紹介する1時間です。 Day 1(11/16 20:00-21:00) リモートワークに役立つ Adobe XD の便利機能を学ぶ Day 2(11/17 20:00-21:00) 事例に学ぶ Adobe XD をリモートワークに活用するヒント ※イベント詳細は後日公開します。(11月第1週予定) ※登録は2日間共通です。個別に登録する必要はありません。 早期登録してTシャツを当てよう! 11月2日12:00までにお申し込みいただいた方の中から抽選で特製Tシャツをプレゼントします。ご希望の方は事前アンケートの最後の質問に連絡用のメールアドレスをご記入ください。(下の画像のTシャツの中から1つを選んでお送りします) サイズ 身丈 身幅 肩幅 袖丈 S 66 49 44 19 M 70 52 47 20 L 74 55 50 22 Day 1(11/16 20:00-21:00)リモートワークに役立つ Adobe XD の便利機能 XDUG名古屋の代表を務める井斉さんが、XDを使ってリモートワークを行う際に役立つ機能をさまざまな場面ごとに紹介します。 【進行】 轟 啓介(アドビ) 【ゲスト】 井斉 花織(アップルップル) Day 2(11/17 20:00-21:00)事例に学ぶ Adobe XD をリモートワークに活用するヒント 合同会社世路庵と株式会社ベイジの2社からゲストが登場し、実際の制作現場におけるリモートワークに対する取り組みを紹介します。 【司会】 轟 啓介(アドビ) 事例 1: 合同会社世路庵 【ゲスト】 沖 良矢(代表/インタラクションデザイナー) 事例 2: 株式会社ベイジ 【ゲスト】 塚元 舞賀(UIデザイナー) 池田 彩華(Webデザイナー)

11/18 (木)

F2261673ec92ac53a3d0ee5ffc3b3b58 公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
10月24日までに参加申し込みをされた人には、シンポジウム開催前日までに論文集を郵送します。
プログラム 11/18 10:00-13:00「都市・交通システムの安定性と最適化」 オーガナイザ: 岩岡 浩一郎 (パナソニック システムソリューションズ ジャパン(株)) 井料 隆雅(東北大学)「交通システムの不安定性とその安定化」 佐津川 功季(東北大学)[共著者:和田 健太郎(筑波大学)]「動的ネットワーク流解析と確率進化ゲーム理論」 大澤 実(京都大学)[共著者:赤松 隆(東北大学)]「都市内の空間構造とポテンシャルゲーム」 11/18 14:00-17:00「連続最適化の拡がり」 オーガナイザ: 武田 朗子 (東京大学/理化学研究所) 伊藤 伸志 (NECデータサイエンス研究所)「環境適応型オンライン最適化 」 谷口 隆晴 (神戸大学)「自動離散微分とその展開 」 中務 佑治 (オックスフォード大学)「行列推定と応用」 11/18 17:20-18:20「特別講演1」 司会:佐々木 美裕 (南山大学) Jörg Kalcsics (The University of Edinburgh) 「Continuous facility location with spatial demand and Voronoi Diagrams」 11/18 19:00-「懇親会」 11/19 8:45- 9:45「特別講演2」 司会: 佐々木 美裕 (南山大学) Gilbert Laporte (HEC Montréal) [ Co-authors: Marie-Ève Rancourt (HEC Montréal), Jessica Rodríguez-Pereira (Universitat Pompeu Fabra), Selene Silvestri (FICO) ] 「Optimizing access to drinking water in remote areas: Application to Nepal」 11/19 10:00-13:00「離散最適化の最前線 – パラメータ化アルゴリズム設計 – 」 オーガナイザ: 小野 廣隆 (名古屋大学) 小林 靖明(京都大学)「疎グラフに対するアルゴリズム的メタ定理」 大舘 陽太(名古屋大学)「グラフの幅パラメータを用いたアルゴリズム設計について」 玉木 久夫(明治大学)「木幅に対する安全なセパレータの実験的解析」 11/19 14:00-17:00 「大規模データの活用と最適化」 オーガナイザ: 高嶋 隆太 (東京理科大学) 森 俊介(科学技術振興機構低炭素社会戦略センター)「超長期地球温暖化/エネルギー/経済統合評価モデルの開発とこれからの課題」 伊藤 真理(東京理科大学)「医療資源の効率的な活用ーヘルスケア・スケジューリングー」 松崎 亮介(東京理科大学)[共著者:杉山 堅太郎(東京理科大学)]「複合材料3Dプリンティングのための繊維パス最適化」 公式サイト https://orsj.org/ramp/ramp2021/

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
造形作家ヒサキヨウコさんと、大人のアートな時間を。松ぼっくりでつくるツリーはとってもキュート! 玄関やテーブルに置いてクリスマス気分を味わおう。おしゃべりを楽しむのも忘れずに。  

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その44
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む習慣をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。

11/20 (土)

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
天白住宅で新しく開きます
CoderDojo天白@天住 新しく、天白第3住宅集会室でCoderDojo天白を開催します。内容は従来のCoderDojo天白と変わりませんが、道具などを持ち込みやすくなったので電子工作などがやりやすくなったかもしれません。よろしくお願いします。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を1m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo天白@天住でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう ・ マイクロビットを使って、電子工作を体験しましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を行います。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

11/21 (日)

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 9:50 受付開始 10:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 10:10 各自作品作り 11:30 発表 11:50 後片付け  12:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 12:50 受付開始 13:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 13:10 各自作品作り 14:30 発表 14:50 後片付け  15:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   ・micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

11/24 (水)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 ぷぺぽ
来年の干支であるトラの飾り巻きずしを作ります。見た目のかわいさはもちろん、味付けも抜群なのでこどもたちが喜んで食べてくれること間違いなし! お弁当や特別な日に作ってあげよう。

D3f7a6468e3b2bfc9b6e27571946874b 株式会社ルート
root Design Meetup #5
イベント概要 root Design Meetupは、rootがこれまで取り組んできた事業の成長フェーズにおける事業課題をテーマに ゲストの皆様と共に学んでいくイベントです。 第5回となる今回は、「組織のデザインギャップを埋めるデザインプログラムマネージャーの役割」というテーマで、 日本ではまだあまり知られていないデザインプログラムマネージャーについて、お話しいたします。 トークテーマ ・日本におけるデザインギャップ ・そもそもデザインプログラムとは? ・デザインプログラムマネージャーがなぜ小さな組織から必要か? ・rootでの活動事例 ・日本にデザインプログラムマネージャーを増やすには? グループディスカッション 今回はゲストの皆さまにいくつかのグループに分かれていただき、 テーマに沿ってroot社員と一緒にディスカッションしていただく場を用意しています。 ぜひ日頃感じている課題感をシェアしてください。 スピーカー 西村 和則(にしむら かずのり)/ @nishimuu root Inc. 代表取締役 1985年生まれ。高知県出身。 デジタルハリウッド卒業後、Webデザイナーとしてキャリアを歩む。 独立後、事業開発に特化したデザインコンサルティングファームとして root を創業。 創業期を支援したスタートアップとしてD2CブランドのFabric Tokyo 、動画クラウドソーシングのCrevoなど実績を持つ。その後も数多くの事業立ち上げから成長フェーズにおけるデザイン支援を通じその可能性を探求し続ける。 モデレーター 関口 太一(せきぐち たいち) root Inc. UXデザイナー 武蔵野美術大学在学中に制作会社BUDDHA.LLC 設立に参加。ヴィラデザインコンテスト優秀賞受賞、BUDDHA.inc退社後ICHI DESIGN PRODUCTS として東京だけでなく海外での拠点を設け、多岐に渡り活動。ソフトバンクグループや電通グループなど新規事業開発プロジェクトに参加し、コンセプトメイクからUI/UXデザインまで一気通貫して担当。2017年から2020年までfreecle Inc. のCCOとして参画。現在は株式会社mateの代表。2021年rootに参画。 古里 凌哉(ふるさと りょうや) root Inc. UXリサーチャー・デザイナー 東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科卒業後、新卒で株式会社コンセントに入社。大企業向けにウェブサイトデザイン、アプリ開発、新規事業開発支援を経験。その後rootに中途入社。大企業の新規事業領域やスタートアップとともに潜在ニーズの探索とニーズ・課題の定義からサービスのUX設計・インタラクション設計画面デザインまで。 HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト。 岸 良平(きし りょうへい) root Inc. UXデザイナー 九州大学建築学科を卒業後、和歌山のデザイン事務所に入社。グラフィック・Webサイトのディレクションから実制作・実装までの全工程を担当。2019年にrootに入社。主にtoBや専門性の高いプロダクトの立ち上げ・改善に携わる。HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト。 タイムテーブル 18:50~ 開場 19:00~ 開始&チェックイン 19:15~ 登壇 19:50~ ディスカッション 20:20~ 全体シェア&アンケート 20:35~ 懇親会 21:00  終了 当日の進行によって、多少前後する可能性がございます。 ご了承ください。 会場 Bizibl(https://bizibl.tv/) を利用したオンライン開催となります。 ※ご当選された方へ開催日までにURLをご案内します。 18:50になりましたらログインをお願いいたします。 ※各拠点からの配信となるため、配信が不安定になる場合がございます。ご了承ください。 会社紹介 株式会社ルート 「芯を問い、成長に貢献する」をミッションにプロダクト戦略、組織デザイン、UI/UXデザインを軸にデザイン支援を行っています。 HP:https://ic-root.com/ FB:https://www.facebook.com/icroot/ Twitter:https://twitter.com/ic_root note:https://note.com/ic_root その他注意事項 ・本応募フォームにて取得した個人情報を、本イベントに関するご連絡、本イベントに必要な諸手続き、ならびに弊社が開催する他イベント・セミナーのご案内、採用情報のご案内のために利用します。 ・取得した個人情報等の取扱いは、弊社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。 ・当日は記録のために撮影と録画をさせていただきます。予めご了承ください。

11/25 (木)

9592411b00816bf6aa473e5cc170e767 Drupal Meetup羽田
高機能CMS(コンテンツ管理システム) Drupalについて勉強しよう!
概要 Drupal Meetup 羽田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupalに興味がある人達を中心としたグループです。 さらにDrupal(ドルーパル)普及を目的とした交流の場所です。Drupal(ドルーパル)は、CX(カスタマーエクスペリエンス)・DX(デジタルエクスペリエンス)のプラットフォームとして、多くのグローバル企業や機関に採用されています。API志向のアーキテクチャで、IOTやAI(人工知能)といったシステムとの連携事例も出てきています。またAngularやREACT等のJavaScriptフレームワークを使ってスマホアプリを開発し、バックエンドのプラットフォームとして、Drupal(ドルーパル)を利用する事も可能です。 Drupal(ドルーパル)技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal(ドルーパル)にご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 技術動向は知りたいけれど、技術者でないという方、Drupalに興味がある方、是非気軽にご参加ください。 オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 ・ https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) ・ スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ※参加者様には別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ・前日21:00、当日18:00にお送り致します。 ※ビデオ画像、音声いつでもONできる状態でのご参加お願いいたします。 ・セッション中の質問等受け付けます。 プログラム タイムテーブル タイトル 登壇者 21:00~21:05 開催の挨拶 ジェネロ 萬田美緒 21:05~21:25 Drupal界隈 最近の動向 イッセイ 直江健介 21:30~21:50 調整中  調整中 21:50~22:00 意見交換 閉会の挨拶 ジェネロ 萬田美緒 ※プログラムは予告なく変更する場合があります。 ※プログラムは決まり次第、順次掲載します。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。 Drupal9ではより一層使いやすくなり、ユーザーは、Drupalの充実した技術的なアーキテクチャを今までになく簡単に活用できるようになります。 https://www.drupal.org/ 後援 biz BEACH CoWorking ジェネロ株式会社 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 名古屋・豊田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 豊田 大阪・梅田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 梅田 ◆WordPressの勉強会 → Tokyo WordPress Meetup 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

11/26 (金)

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
最新バージョンのMySQL 8.0 対応版、セキュリティアップデートも解説
最新バージョンのMySQL 8.0 対応版、セキュリティアップデートも解説 参加には事前登録が必要です! これからMySQLを触る方や、MySQLについてきちんと勉強したい方必見! MySQL入門セミナーを最新バージョンのMySQL 8.0 対応版で開催します。 今回のセミナーでは、MySQL 8.0が備える基本的なセキュリティ機能(暗号化・監査・認証・データマスキング・ファイヤーウォール)、基本設定およびその確認方法を解説します。 MySQL8.0のデフォルトで安全な設定、変更すべき設定などを確認することができます。 後半は、外部からの攻撃や情報の悪用からデータを保護し、規制遵守するためのMySQLの高度なセキュリティ強化機能やセキュリティ強化策、最新のアップデートについても掘り下げてご紹介します。 データベースセキュリティに関心のあるエンジニアの方、データベースセキュリティの基礎的な知識を確認したいシステム管理者の方に必見の内容となっています。 ぜひご参加ください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 oraclemysql_japan_events_team_jp_grp@oracle.com へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> 登壇者 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 稲垣 大助 MySQL Principal Solution Engineer 日本オラクルのMySQL部門にてセールスコンサルタントを担当。既存の機能やUpdate情報、開発された最新技術をお客様に分かりやすくお伝えするように心がけています。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 小野 明日美 MySQL Senior Solution Engineer アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 14:45 – 15:00 接続開始予定 15:00 – 16:40 MySQL 8.0 入門セミナー セキュリティ基礎編 16:40 – 17:00 Q&A オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 2.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

11/27 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が25名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/11/27(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:20 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。   - 入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。 部屋に消毒液を置きます。 館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。 館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 メンターがいい話があれば紹介します。 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 おわりの前に今日の結果を発表します。 最後に集合写真を撮ります。 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ メンター枠で応募してください 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします - 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 - Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 - 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。任意でありますが、部屋代、Wifi代等のカンパとしてお願いします。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

E89a2efae829f82bb4f9d1d6f91985d6 オープンセミナー岡山
テーマ【extend engineering ~人と技術を繋げよう~】
オープンセミナー2021@岡山 オープンセミナー岡山2021公式ページ オープンセミナーとは オープンセミナーはソフトウェア技術をテーマにした無料セミナーです。このセミナーの企画・運営は、技術系ユーザコミュニティのボランティアで行われています。 過去に香川県高松市、徳島県徳島市、愛媛県松山市、岡山県総社市、広島県広島市で開催された実績があります。コミュニティ主催のセミナーに参加が初めての方もお気軽にお越し下さい。 テーマ 【extend engineering ~人と技術を繋げよう~】 IT・Web業界では、コミュニティ活動をはじめとした様々な情報共有の文化がとても活発だと感じます。 自身の知見を共有し互いに高め合うことで、1人では超えられないような大きな壁をも超えられることがあるでしょう。 今回のテーマ「extend engineering ~人と技術を繋げよう~」という言葉は、人と技術が繋がり継承されていく、そんな様子から生まれました。 OSO2021では、この文化に対して先陣を切って活躍された方々の思いをみなさんと共有します。 それによって、この文化がさらに発展していくきっかけになればと思います。 タイムテーブル ※ 講師敬称略 ※ スケジュールは一部調整中です。変更になる可能性があります。 ※ セッションの詳細は公式サイトを御覧ください 時間 講師 タイトル 14:00 ~ 14:15 - オープニング 14:15 ~ 14:45 河内 一弘(かわち かずひろ) 働くを素敵にするチームのつくり方 〜「問題 vs 私たち」でうまくいく〜 14:45 ~ 15:35 是村 潤(これむら じゅん) 繋げ繋げられてきたこれまでとこれから 15:35 ~ 15:50 - 休憩 15:50 ~ 16:20 尾古 豊明(おこ とよあき) 情報共有戦略と戦術 16:20 ~ 17:10 mochikoAsTech(もちこあずてっく) 人と技術を繋げる「技術文書」について 17:10 ~ 17:25 - 休憩 17:25 ~ 17:55 岩田 隆治(いわた りゅうじ)/ Ryuji Iwata 私の趣味TechとICTコミュニティ 17:55 ~ 18:50 中道 一志(なかみち かずし) エンジニアは技術の前に、人と出会うのではなかろうか 18:50 ~ 19:00 - クロージング オンラインでの配信方式はどうなりますか? Zoomを予定しております。 懇親会はありますか? 今回は懇親会を執り行いません。ご了承ください。 主催 オープンセミナー岡山実行委員会 協賛企業(50音順・敬称略) ツール支援 Backlog Typetalk 音源提供 Audiostock アンチハラスメントポリシー ハラスメントとは、性差、性的指向、障害、外見や身体的特徴、人種、宗教、公共な場での性的な画像や類する表現、脅迫、ストーカー、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、暴力的な発言およびそれらに関連した不快な言動が含まれます。 このようなハラスメント行為を停止するように主催者が参加者に求めた場合、参加者はすぐに指示に従って下さい。 ポリシーは一般常識を逸脱しておらず、困難な要求を皆さんにお願いしているわけでは無いと思います。皆さんひとりひとりが協力し、楽しいイベントを一緒に作り上げましょう。 講演概要 タイムテーブル をご確認ください。

12/10 (金)

Toyo new Startup Weekend 豊橋
新規事業を立ち上げる起業体験イベント! 全世界で「起業家を生み出す場」として展開する「Startup Weekend」が豊橋にて再び開催!新規事業を立ち上げたい方!起業体験を積みたい方!仲間を集めたい方!スタートアップに興味ある方!一歩先へと歩みを進めてみませんか?この週末が、あなたの人生を変えるきっかけに! スタートアップウィークエンドってなにをするの? スタートアップウィークエンド(以下、SW)とは、週末の三日間を活用してアイデアをカタチにする「スタートアップ体験イベント」です。 SWは初日の夜にみんながアイデアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーの役割に分かれてチームを組み、最終日の夕方までにユーザーエクスペリエンスに沿った、必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーは顧客開発を、ハッカーは機能開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。 実は過半数の方が一人で初めて参加する方々です。また特定の知識やスキルがなくともスタートアップをリアルに体験することが出来ます。初参加でも心配は必要ありません。 ※StartupWeekend豊橋 開催時の集合写真 コーチ Coach 2日目のコーチングを担当されるコーチのご紹介です(敬称略)※50音順 阿部 晋士 株式会社パワーウェーブ 代表取締役/豊橋技術科学大学 特任助手 電気自動車などの移動体へのワイヤレス給電技術を究め、技術をつくる。 学生時代よりワイヤレス給電技術の研究に取り組み, 豊橋技術科学大学の教員に着任する。 研究シーズを社会実装すべく、2021年3月に株式会社パワーウェーブを立ち上げる。 現在は大学の特任助手と大学発ベンチャー企業の代表取締役社長を兼任し活躍している。 伊作 猛 Chief Innovation Officer, CVC Director、MUSASHI Innovation Lab CLUE代表 Western Michigan 大学卒業。武蔵精密入社後18年間アメリカ駐在し主に自動車OEM向け営業を統括。2019年度より新規事業開発を担当し、MusashiAI社及び634AI社取締役兼務、社内ベンチャーの立上げ、東三河イノベーターズゲートメンタリングに従事。CVC Directorとしてイスラエル、シリコンバレー、カナダ、日本における10件以上のベンチャー投資、VC出資を担当し、アクセレレーティングや協業開発推進中。 土屋 恵美 株式会社CocoStories 代表取締役 web design coQue 代表 2005年からウェブ制作者として数百社のマーケティングに携わる中で、ホームページで企業理念を伝えるためには表層的なことでなく、そこで働く皆んながイキイキと活躍できている環境が必要だと考え、心理学・コーチング(ストレングスファインダー)の事業を主とする株式会社ココストーリーズを設立。現在は企業のチームビルディングからSNSマーケティングまで「この会社で働きたい!」と思ってもらえるような組織づくりの支援を行なっている。 鶴 健一 株式会社STARTERS 代表取締役社長 株式会社ZERONE 代表取締役社長 株式会社fixU CTO 20歳からエンジニアとしてキャリアをスタートし、教育系ベンチャー、大手ソーシャルゲーム、Webマーケティング企業を経て2019年に(株)STARTERSを設立。300以上のサービス開発経験を軸に中小企業の新規事業立ち上げの課題を解消するべく新規事業立ち上げ専門の請負事業を展開。具体的には中小企業の新規事業立ち上げに関する経験・リソース・技術不足の課題を解消するために、新規事業の上流から下流までを一気通貫で請け負い、短期間(2〜3ヶ月)でサービス開発を行い、早期に事業検証を重ねることで収益化までの時間を短縮。業界としてはWeb、マーケティング、人材、医療、エンタメと問わず、技術もWeb、アプリ、IoT、機械学習、ビッグデータと幅広くソリューションを提供。「想いを想いのままで終わらせず実現する」を理念に日々新規事業の立ち上げに奮闘中。 山本 愛優美 Nexstar CEO/ 慶應義塾大学環境情報学部3年 2001年2月23日北海道帯広市生まれ20歳。高校在学中は教育/地域活性化領域で4つの学生団体の代表を務めたのち、2017年の高校2年次にNexstar CEOとして開業。高校3年次の2018年7月、学校複合型文化祭イベント「超学校祭」を開催し地元商店街に1万3000人を集客、同年10月TEDxSapporo2018登壇。SFC入学後2019年~2020年にかけて学べる恋愛ゲーム「Smart Kiss」を開発。事業プロデュースを行う傍ら、2020年4月より「ときめきで溢れる世界」の実現のために数理心理学・感性工学の面から「ときめき」の研究を行っており、2021年3月SFC学会学術交流大会金賞受賞。現在はバイタルデータ計測によってときめきを可視化するイヤリング「e-lamp.」を開発中。 審査員 Judge 3日目の審査を担当されるジャッジ)のご紹介です(敬称略)※五十音順 神野 吾郎 株式会社サーラコーポレーション 代表取締役社長 兼 グループ代表・CEO 1960年豊橋市生まれ。慶應義塾大学商学部を卒業後、三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)を経て、中部ガス(現・サーラエナジー)に入社。2002年に中部ガスグループ(現・サーラグループ)の持株会社としてサーラコーポレーションを設立し、社長に就任。エネルギー事業を軸にエンジニアリング、住宅、不動産、リフォーム、輸入自動車販売などの事業の多角化を推進し年商2,000億円の企業グループに成長させる。豊橋商工会議所会頭、中部経済連合会副会長を務め地域経済を牽引するとともに日本ベンチャーキャピタルの社外取締役として日本のスタートアップ育成にも注力している。 堤 孝志 ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社代表取締役/スタートアップ・ブレイン株式会社代表取締役 事業化プロセスを活用してスタートアップの投資育成を行うシードアクセラレーターを運営する。総合商社、シリコンバレー及び国内のVCでの通算20年以上にわたる新規事業の立ち上げとベンチャー投資の経験と、「顧客開発モデル」等の事業化手法の知見とをブレンドした経営支援が強み。東京理科大学工学部卒、McGill大学MBA、早稲田大学客員教授。訳書に「アントレプレナーの教科書」等がある。 牧野 成将 株式会社Monozukuri Ventures代表取締役 2005年フューチャーベンチャーキャピタル(株)、2009年(財)京都高度技術研究所、2011年(株)サンブリッジにて「GVH Osaka」の立ち上げやIT分野のシードステージ企業への投資を行う。2015年8月、京都試作ネット等の日本の中小企業と連携してハードウェアスタートアップの試作支援を行う株式会社Darma Tech Labs(現Monozukuri Ventures)を創業。2017年7月にハードウェア/IoTスタートアップの試作と投資を行う国内初のファンド「MBC Shisakuファンド(20億円強)」を設立して日本・アメリカのハードウェアスタートアップに投資を行う。 森田 敦子 株式会社サンルイ・インターナッショナル代表 客室乗務員時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことがきっかけで、植物療法(フィトテラピー)に出会い渡仏。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、症状が劇的に改善。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため会社を設立し、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発や、フランス フィトテラピー普及医学協会の日本で唯一の認定校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰する。2020年、フィトテラピーと本草学、テクノロジーを融合させた植物バイオメソドロジーによって女性の一生をサポートするためのトータルライフケアブランド「Waphyto」を立ち上げる。著書に『自然ぐすり』(ワニブックス)や『自然のお守り薬』(永岡書店)、ベストセラーとなった『潤うからだ』(ワニブックス)、『枯れないからだ』(河出書房)などがある。私生活では長年にわたる植物を用いたケアにより、42歳で自然妊娠し43歳で出産した。2020年、日本化粧医療学会で評議員に就任している。 会場 Venue emCAMPUS 東三河の新しい価値の創出、共創型キャンパス 「共創」をコンセプトに、東三河の企業や大学、東三河で暮らす人々が、様々な「まなび」を通し、この東三河の新しい「価値」や「ワクワク」を創出するプログラムを展開する「キャンパス」です。 [URL] https://www.em-campus.jp/ スケジュール Time schedule 12月10日 (金) 12月11日(土) 12月12日 (日) 06:00pm 開場及び懇親会 09:00am 2日目開始 09:00am 3日目開始 06:30pm ファシリテーター挨拶 10:00am Facilitation 12:00pm 昼食 07:45pm 1分ピッチ 12:00pm 昼食 02:30pm プレゼン前のテックチェック 08:15pm 話し合いと投票 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査 08:45pm チーム作り 04:00pm コーチング終了 06:00pm 審査発表 09:00pm 1日目終了&帰宅 06:30pm 夕食 06:30pm 懇親会 08:30pm 2日目終了&帰宅 08:00pm 3日目終了&帰宅 ※終了時間は変更の可能性があります。 ※遅刻時の連絡は必要ございません。もしアイデアをピッチされたい場合は[07:45pm 1分ピッチ]に間に合うようお越しください。 スポンサー Sponsors 会場スポンサー 株式会社サーラコーポレーション Farmers ゴールドスポンサー オーエスジー株式会社 シルバースポンサー 株式会社STARTERS 武蔵精密工業株式会社 ブロンズスポンサー Grasp Communications 株式会社サイエンス・クリエイト 株式会社サーラコーポレーション 豊橋建設工業株式会社 豊橋信用金庫 大三紙業株式会社 トライアルビレッジ ヤマサちくわ株式会社 株式会社リーフ 日本全国・通年スポンサー 弥生株式会社 様 後援 豊橋市 豊橋商工会議所 ファシリテーター Facilitator 中本 卓利(Nakamoto Takuto) 特定非営利活動法人StartupWeekend 理事 一般社団法人ベンチャー型事業承継 エヴァンジェリスト  神戸大学発達科学部卒業後、起業家のためのコワーキングスペース運営やインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。短期間でアイデアを検証するプロとして北海道から沖縄まで事業立ち上げ支援やクラウドファンディング指南を手掛けている。加え全国にて承継予定の家業を持つ若手アトツギの皆様に向け、先代から受け継いだ経営資源を活用した新規事業開発講座や時代に合わせた事業転換支援を行っている。和歌山県出身。 オーガナイザー Organizer 室井 崇広 リードオーガナイザー 豊橋市地域イノベーション推進室 豊橋市役所に入庁後、6年目で経済産業省へ出向。経済産業省では地域企業高度化推進課に所属し、地域への経済波及効果の高い企業を「地域未来牽引企業」として認定する業務に従事。現在は豊橋市地域イノベーション推進室で地域産業にイノベーションを起こすため、Urban Innovation TOYOHASHIやオープンデータビジネス創出事業を担当し、起業や新事業創出の支援を行う。 佐藤 雄太 オーガナイザー 豊橋信用金庫事業支援部 豊橋市出身。地元信用金庫に入社後、10年間渉外・融資業務等を経て、2019年に中小企業診断士資格を取得し、各種コンサルティング業務に従事。現在は、ブランドプランナーとして「中小企業こそ、ブランディング。」を掲げ、企業の魅力発信を支援している。3児の父親で、趣味はスマブラ、愛用キャラはアイク。 岡田 知之 オーガナイザー 武蔵精密工業株式会社 CIO領域-新規事業- 豊川市出身。愛知大学卒業後武蔵精密工業㈱に新卒入社、生産管理領域の業務に従事。2019年にデザイン思考を学んだのをキッカケにスタートアップに興味を持ち、社外のイベント等にも積極的に参加。2020年の社内インキュベーションプログラムを経て、現在企業内起業を目指して新規事業創出活動を社内専任で行い、事業化を目指す。2019年第4回SW豊橋では参加者として優勝経験あり!今回はオーガナイザーとしてイベント、参加者の皆様をサポートしていきます!新しい出会いが大好きなので、皆さんお気軽にお声掛けください!! 種田 憲人 オーガナイザー 株式会社タスキ 代表取締役社長 大学卒業後、都市銀行に入行し、企業に対する融資等の総合的な業務に従事。 2016年に株式会社タスキを設立。地域の抱える従業員・経営者の人材的課題の解決はもちろん、幅広い視点で企業のニーズに対応する。 前川 啓一郎 オーガナイザー KOSEN Labo代表、豊橋技術科学大学 博士後期課程2年 新潟生まれ。幼少期から技術に興味を持ち、奈良高専に入学。現在は豊橋技術科学大学の博士後期課程で次世代燃料電池の研究に携わる。その傍ら、高専生向けプログラムを企画・運営する団体KOSEN Laboの設立や、豊橋技科大スタートアップサークル"Take off"の立ち上げメンバーとして活動中。第5回豊橋SWへの参加をきっかけに、今の自身の活動が大きく加速しました。今回は運営側として、良いイベントになるよう頑張ります! 籔内 龍介 オーガナイザー Caffet代表 スタートアップサークル"Take Off"代表 豊橋技術科学大学 学部4年生 山口県出身、宇部高専から豊橋技術科学大学3年生に編入。卒業後に起業を目指し、豊橋で活動している。 第5回のSW豊橋に参加して、様々な出会いや学びから大きく成長出来たので、次はそんな場を作るためにオーガーナイザーに挑戦したいと思います。宜しくお願いします!! 蕗谷 郁弥 オーガナイザー 豊橋技術科学大学 機械工学課程4年 caffet運営 長崎県出身。昨年、佐世保高専から豊橋技術科学大学に編入。大学で自動車に使われる油圧ポンプの研究をしながら、豊橋のカフェ・喫茶店を盛り上げる”caffet”というサービスのローンチや、豊橋技科大スタートアップサークル”take off”の立ち上げを行い、日々活動中。第5回豊橋SWをきっかけに、いろんな人と出会い、サービスも人としても大きく成長した気がします。今回は、みなさんが思いっきりできるようにオーガナイザーとしてサポートさせていただきます。 佐藤 芹菜 オーガナイザー 名古屋外国語大学現代国際学部3年 静岡県浜松市出身。大学では英語と経済や会計を中心に勉強しています。2021年のSW浜松に初めて参加し、多くのことを学ばせていただきました。今回は、SW豊橋のオーガナイザーとして参加者の皆様にたくさんの学びを提供できるようサポートを頑張りたいです。よろしくお願いします。趣味は音楽を聞くこと、ギターを弾くことです。 五十嵐 駿 オーガナイザー 愛知大学地域政策学部2年 学生地域貢献事業TOYOtube代表 新潟県柏崎市出身。大学でまちづくりについて学びながら、東三河の魅力を発信する動画制作グループを立ち上げ、活動しています。現在は活動の周知に邁進中です。SWは高校生の頃、学校からの紹介に興味を持ち参加しました。このイベントで私の「考え方」が大きく変化しました。あの時SWに参加していなければTOYOtubeを立ち上げることは無く、(良くない意味で)全く違う生活を送っていたと思います。私にとってSWは「大きな転換点」です。今回のSWが参加者の皆さんにとっての「転換点」になれるように全力でサポートしていきます。よろしくお願いします。趣味は動画作りです。 ご参考 FYI Startup Weekendの参加者の声をご紹介いたします。3日間の流れやチームの動きや気付き学びがわかりやすく書かれています。 ・SWとは何をするところなのか? ・SWを通じて何が得られるのか? ・3日間でどれだけのことができるのか? そういった疑問を解決できる記事かと思いますので、是非ともご一読いただけると幸いです。詳細情報を記載したHPは下記の画像をクリックした先にございます。 プレイベント Pre-Event 1st ・起業の進め方について理解したい ・StartupWeekend豊橋に興味がある ・興味関心が近い仲間と語り合いたい そんな想いをお持ちの際は是非に本会をご活用ください。Zoomで開催につきどちらからでもご参加いただけます。詳細は下記画像をクリックした先にてご確認ください。 プレイベント Pre-Event 2nd StartupWeekendって何だろう?と思われた際にご活用いただければ幸いです。詳細決定次第、改めてお伝えさせていただきます。  第6回 Startup Weekend 豊橋 プレイベント vol.2  費用 :無料  日時 :未定  場所 :未定  イベントページ :確定後詳細を掲載 注意事項 Notes 1.キャンセルポリシー/Cancel policy 2021年11月26日(金)23:59までにご連絡頂ければ100%返金いたします。それ以降は飲食や備品など発注等により返金出来かねますのでご了承ください。 2.途中参加退出可!/ Come in and out anytime 参加につきましては、3日間全てが望ましいですが、諸事情などで一時的に抜けることも可能です。開催期間中に外すことのできない用事があり参加できないのでは?とお考えの方も、是非ご参加ください。 3.領収書発行はオンラインで / Receipt issue via DoorKeeper 領収書はDoorKeeperから発行可能でございます。手順につきましては下記URLをご参考ください。 https://support.doorkeeper.jp/article/36-receipt 4.感染対策 / infection prevention 万全を期すため下記対策の上、開催いたします。 ・入場者のマスク着用必須 ・入場時の検温を実施し、37.5度以上の場合は参加不可 ・入場時のアルコール消毒 ・各備品のアルコール消毒 ・随時、扉を開け喚起 ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。  

12/12 (日)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
ICCV2021論文読み会
目的: 2021年の10月11日~17日にかけて開催されたコンピュータビジョンのトップカンファレンスの一つである 「International Conference on Computer Vision (ICCV) 2021」の論文読み会です。 今回も感染症対策として、関東、関西、名古屋のコンピュータビジョン勉強会合同で、オンラインにて開催いたします。 ICCV2021の論文は以下からダウンロードできます。 https://openaccess.thecvf.com/ICCV2021 発表者: 今回参加申込みは 発表枠 聴講枠 の2つがあります。既にchouseisanで発表希望してくれている方も、発表者枠で参加登録して下さい。 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:15 Opening+各勉強会の紹介 Godel An Asynchronous Kalman Filter for Hybrid Event Camera 配信: 配信は発表はZoomを使用します。 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。また、Youtube Liveでも配信を行う予定ですが、URLは登録者のみにお知らせしますので、視聴希望の方は補欠枠でも結構ですのでご登録をお願いいたします。 配信URLは、前日(12/11)の夕方までにconnpassのメッセージ機能でお知らせしますので各々確認をお願い致します。 質疑応答 質疑応答はSlackにて行う予定です。 参加URLは前日(12/11)の夕方までにconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv

12/13 (月)

~国内最先端AIトップランナーから見るDX・AIを今踏み出すべき理由 全3回~
日本国内のおよそ9割強の企業がDXに取り組んでいないか、取り組み始めた段階であり、AI-Ready化が進んでいるとは言い難い状況です。コロナ禍によって進行する様相を見せたIoT推進の動きすら、停滞を見せている現状で、自社のDX推進・AI-Ready化を再定義する必要に迫られています。 本ウェビナーでは、最先端AI研究を行っている中部大学 藤吉教授(第1回目ご登壇)と山下教授(第2回目ご登壇)から、現在の最先端技術研究とその活用を、AIスタートアップ2社(第3回目ご登壇)からはAIのビジネス活用目線とその実装例を、それぞれご講演いただきます。DX・AIは今すでに情報収集段階ではなく、活用・実装へ踏み出すべき、その理由と始める一歩を掴んでいただけるはずです。 主催:SB C&S株式会社 共催:デル・テクノロジーズ株式会社 詳しい講演内容はこちらからご覧いただけます。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/application/add/5702 DAY 3 12月13日(月)13:00~14:45 プログラム 13:00~13:05 開会の挨拶 13:05~13:20 「導入」で終わらず継続的なAI活用に必要なもの イキリデータサイエンティスト マスク・ド・アナライズ 氏 13:20~13:35 AIワークロード基盤を支える最適解!「場所」意識してますか?~エッジからデータセンターまで最適な選択肢を選ぼう~ デル・テクノロジーズ株式会社 パートナーセールスエンジニアリング本部 パートナーSE 2部 パートナーシステムズエンジニア 中西 祐輔 氏 13:35~13:55 【AI Startup】最先端技術を用いた現場への実装事例 Trust Smith株式会社 顧客価値創造局 コンサルタント 船木 駿 氏 13:55~14:15 【AI Startup】アジラの行動認識AIと導入事例 アジラ株式会社 IVA事業部 山下 勝也 氏 14:15~14:40 パネリスト対談 モデレーター:マスク・ド・アナライズ 氏 パネリスト :Trust Smith株式会社 船木 駿 氏        アジラ株式会社 山下 勝也 氏 14:40~14:45 閉会の挨拶

12/19 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年12月開催
予約の関係で12/19 (日) 日開催 施設予約の関係で、今月は第3週の開催です 新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年12月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では112カ国・2,200の道場、日本では全国に234以上の道場があります (2021年9月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年12月19日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/224534/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact