5/19 (水)

Dc08a5aac3af1cf91f5bc1e8c528c3b5 CyberAgent
サイバーエージェントのiOSエンジニアが運営する、iOSアプリ開発を中心とした勉強会です。
概要 サイバーエージェントのABEMAやAmeba、AWAなどを担当しているiOSエンジニアによるiOSエンジニアのための勉強会です。 それぞれのチームで使用している技術や開発体制など、開発の中でのノウハウを惜しみなく発信していきます。 今回は「いま考える次世代の設計」というテーマで、 ABEMAのリアーキテクチャ SwiftUI製の新規プロダクト といった現場で採用された最新の設計や、新卒エンジニアが研修でのアプリ開発で The Composable Architecture isowords GraphQL SwiftUI-Hooks といったワクワクする技術選定を通じて得た知見をお話しします! 開催日:2021年5月19日 (水) 19:00 配信開始、19:05 イベント開始 (予定) 場所:YouTube ライブ配信: https://www.youtube.com/watch?v=MQWW84lg9xc 参加費:無料 注意事項 技術交流が目的の勉強会ですので、知識の共有および、参加者同士の交流を目的としない参加はお断りしています。 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 登壇者 (敬称略) 坂上 翔悟 (株式会社CAM) GitHub: tosaka07 Twitter: tosaka_tech 2017年新卒のiOSエンジニア。社内の iOS 周り開発・CI整備など色々とやってます。最近は Android もやり始めて Dagger に苦しめられてます。 廣川 昂紀  株式会社AbemaTV GitHub : KokiHirokawa Twitter : pihero13 2020年4月サイバーエージェント新卒入社。 アニメ鑑賞が大好きです! 伊藤 凌也 GitHub: ry-itto Twitter: ry_itto 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。カピバラが好きです。 小幡 十矛 GitHub: tomu28 Twitter: tomu28_jp 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在は技術研修中です。ドラクエやダーツが好きです。 長田 卓馬 GitHub: ostk0069 Twitter: ostk0069 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。瀬戸弘司が好きです。 宇野 凌平 GitHub: unochanel Twitter: unochanel2 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。最近は、ビールとお笑いが好きです。 縣 美早 GitHub: misakiagata Twitter: 226asyura 2021年サイバーエージェント入社のiOSエンジニア。現在技術研修中です。ピアノとおうちのIoT化にハマってます。 タイムテーブル 時間 19:00 開場 19:05 - 19:20 イベント説明 19:20 - 19:30 伊藤 凌也isowords の構成で3週間開発して得た知見 19:30 - 19:40 小幡 十矛モジュール分割した開発での知見とテーマ切り替えやUICatalogについて 19:40 - 19:50 長田 卓馬iOS開発でHooksを用いる (SwiftUI-Hooks) 19:50 - 20:00 宇野 凌平・縣 美早SwiftUI+GraphQLで3週間開発した知見について 20:00 - 20:05 休憩 20:05 - 20:25 廣川 昂紀ABEMAのリアーキプロジェクトについて 20:25 - 20:45 坂上 翔悟SwiftUI を新規プロダクトで用いた話 20:45 - 20:50 休憩 20:50 - 21:20 質問会 ※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。 個人情報の取扱いについて 主催:株式会社サイバーエージェント 申し込み時にご提供いただいた情報は、イベント受付管理や各種ご案内(サービス・イベント等)に利用させていただきます。

E55b1ef3a7145fc13983ec7a438df912 秋葉原ハッカースペース Akihabara Hackerspace
お菓子、飲み物付きです。0時までご利用可能です。
イベントについて IT/IoT/電子工作/AIについてなんでももくもくできる会です。半田付けもできますし、オンライン開催のイベントなどオフラインで参加するのも可能です。場所は技術系コワーキングスペースの秋葉原ハッカースペースです。 COVID-19対策 ソーシャル・ディスタンシングの観点から90x180cmのデスクに2名、対角線上にお座りいただき、距離は1.5mとなります。 デスクは2つ、部屋の広さは14畳です。 換気 対象となる方 オフラインでもくもくしたい方 オンラインイベントに参加したいけど、家だと難しい方 オンラインイベントをオフラインで楽しみたい方 ハッカースペースに興味のある方 ※入退室自由です。 ※たばこは吸えませんが、お酒はOKです。 参加費 1,000円(お菓子、飲み物、場所代)  オフライン開催場所 Akihabaraハッカースペース 詳細はお申し込み確定後ご連絡いたしますが、JR秋葉原駅から徒歩5分のコワーキングスペースです。 タイムスケジュール 順番と内容は変わる可能性があります。 時間 内容 備考 18:40 開場 19:00 - 22:00 もくもく会 ※入退室自由です。 ※追加料金なしで0時までご利用可能です。 ハッカースペースとは ハッカースペースをご存知でしょうか? 電子工作やプログラミングなど、技術系の趣味の人が集まるコワーキングスペースです。その場でモノ作りをしたり、作ったモノをみんなに見せたり、色んな業界の人と情報交換したり、一緒に何かを開発したりできます。あと工具や機械をシェアできます。 *写真はイメージです。 ハッカースペースを作りました! 電子工作やプログラミングが好きでも仲間がいなくて寂しい思いをされてる方はいらしゃいませんか? そんな方のために2018年「品川ハッカースペース」をJR大井町駅前に作り、2年半後、秋葉原駅前に移転しました。 スタッフ Steve AWS認定ソリューションアーキテクト。米国の大学・大学院卒。博士課程での研究内容はFORTRANプログラムを使ったタンパク質X線構造解析。新卒で日本電子株式会社(JEOL、電子顕微鏡メーカー)入社後、電子顕微鏡や核磁気共鳴装置、質量分析計の販促、中国駐在、IT企画等を経験。その後まい泉創業者の小出千代子氏のもとで住み込みとんかつ修行、オーランドのフライトスクール、世界一周旅行、Javaプログラミングスクール、ピザベンチャー立ち上げ、SIerを経て株式会社安川電機入社。ITおよび新規事業企画(ベンチャー投資)を担当したのち、音声AIのHmcomm株式会社入社。2017年5月にIoTラボを、2018年6月に品川ハッカースペースを立ち上げ。趣味は海外旅行と家電ハック。 お問い合わせ先 support@iotlab.me 050-7128-6590

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
-デジタル社会実現に向けた取り組み-
「DXシリーズ」のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、DX分野を主導されている方々をお迎えし、AITC Webセミナー「DXシリーズ」を開催いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。奮ってご参加ください。 なお、AITC WebセミナーDXシリーズ「DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 」の全容については、下記の「DXシリーズ開催計画」をご参照ください。 【動画&資料公開のご案内】 すでに開催済みの本シリーズ第1回~第7回の動画と資料(第2回は資料のみ)は、こちらに公開しております。https://apps.aitc.jp/dx/ どうぞご参照ください。 「DXシリーズ」第9回開催概要 「日本企業におけるDX推進と実現に向けて」をテーマとするパート2の3回目の講演には、情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長 片岡晃様をお迎えし、「日本企業のDXの現状と課題-デジタル社会実現に向けた取り組み-」と題しお話いただきます。 【特記事項】 ・第9回は、都合により当初ご案内の和泉憲明様に代わり片岡晃様にご講演いただきます。 ・本“DXシリーズ”は各回の内容が独立しており、初めてのご参加でも全く問題ありません。 ・本セミナーにはAITC会員に加え、非会員の皆さまにもご参加いただけます。お知り合いの方々にも是非お声掛けください。 日時:2021年5月19日(水)19時~20時 終了後に、30分程度で質疑応答や意見交換を予定 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 講演タイトル:「日本企業のDXの現状と課題-デジタル社会実現に向けた取り組み-」 講演概要 新型コロナウィルスは、期せずして社会や人々の意識・行動に大きな変化をもたらしました。例えば、テレワークでのビデオ会議などICT技術の広範な活用です。デジタル技術により社会の仕組みを変革し、新たな価値を創出するSociety5.0の実現に向け、さらなる加速が必要です。 IPAでは、2020年12月公布の「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づき、有識者、ITベンダー、行政等と連携し、強力にDXを推進しています。 本講演では、日本のDXの現状と課題について解説するとともに、IPAのDX推進とデジタル社会実現に向けた取り組みについても紹介します。 講演者:片岡 晃様(独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) プロフィール 京都大学工学部卒業後、日産自動車、パナソニックを経てIPAで勤務。 イノベーション人材センター長、産業サイバーセキュリティ副センター長、ソフトウェア高信頼化センター所長を歴任。 2018年からは、社会基盤センター センター長。 その他、2020年度まで(一社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)次世代AI人材育成訓練プログラム委員、文科省enPiT外部評価委員会委員を務め、現在は(一社)情報サービス産業協会(JISA)技術革新委員会委員、日経コンピュータIT Japan Award審査員などを務める。 対象者: 日本企業におけるDX推進と実現について関心をお持ちの方 マネジメント、企業戦略担当、技術者 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集締め切り: 2021年5月17日(月) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ( http://aitc.jp/ )でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。 ---------------------------------------------------- AITC Webセミナー「DXシリーズ開催計画」 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月(予定) <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月(予定) テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・片岡晃様 (独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) (お知らせ:都合により、第9回の講師は当初ご案内の和泉憲明様から片岡晃様に変更となります。) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント<開催済み> 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演<開催済み> 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演<開催済み> 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演<開催済み> 第5回:2021年3月24日(水)19時~20時 羽生田様ご講演<開催済み> 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション<開催済み> 備考:セミナー終了後、講師との意見交換&懇親会を適宜開催の予定 <パート2> 第7回:2021年4月21日(水) 19時~20時 山本様ご講演※1<開催済み> 第8回:2021年5月07日(金) 19時~20時 前川様ご講演※1<参加者募集中> 第9回:2021年5月19日(水) 19時~20時 片岡様ご講演※1<参加者募集中> 第10回:2021年6月4日(金) 19時~20時30分 パネルディスカッション※2 ※1:終了後、質疑応答、意見交換の場(30分程度)を予定 ※2:終了後、オンライン懇親会の開催を予定

01c72ac55b5fca1eeb83bfda7f47b020 大阪駆動開発 - 関東支部
XR=AR/CR/MR/SR/VR等の先端技術の総称 飲食しつつまったり情報交換しましょう!
!!!重要!!! 新型コロナウィルス(COVID-19)への対応について 都内は緊急事態宣言が発令されいる状況の中で3密を避けることを目的に、当面の間本イベントはZoomによるオンライン接続での開催に変更いたします。 参加枠にエントリーしていただければ前日~当日にリマインドメールにて接続先のURLをアナウンスいたします。 オンラインでの開催のため、関東イベントとして登録していますが、その他の地域でも興味のある方の参加OKです。 概要 XR(AR/CR/MR/SR/VRの近未来技術)に関する情報共有や自作アプリのお披露目ができる場 としてイベントを開催します。 ある程度顔の見える人数でXR技術についての情報発信や意見交換をしませんか? 登壇者の話を聞きつつ気軽に会話しながらXR技術についての知見を深めましょう。 同日、各地域で実施する「XRミーティング」と中継でつなぎ、距離を超えたより広い範囲で 参加者同士が意見交換、ネットワーキングを構築できます。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、それ以外の方や初めてお越しになる方も、 お気軽にご参加下さい。 参加するメリット 中継により、関西と関東両地域のXR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心を持つ者同士で関係が構築できます。 情報共有等を通じて仲間を増やしつつ、イノベーションを巻き起こしましょう! 中継地域(予定) 北海道、大阪、福岡 ※地域でXR系イベントを企画しているコミュニティで参加したいコミュニティはお気軽にお声掛けを。 参加可能な方 XR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心をお持ちの方 参加枠について 一般枠:XRミーティングでネットワーキングや情報情報交換をしたい人 発表枠:こんなことやったよ等情報共有したい枠(目安10分程度) 発表枠については、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 〇〇作ってみた。 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! 特に技術的に困っていることやアドバイスがほしいなどがあればそれを軽くまとめて発表してみてください。 参加してる誰かが解決策を提示できるかもしれません。 料金 種別 参加費 一般枠 無料 開催場所 オンライン開催 コンテンツ 【19:45~ 20:00 】接続確認 【20:00~ 21:30 】情報共有(発表/デモ紹介) 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 【21:30~22:00】オンライン上でのネットワーキング(チャットで雑談や交流) 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura TBA 20分 札幌枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 長野/松本枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 参加を希望される方は・・・ 必ず事前にconnpassで参加申し込みをしてご参加ください。 イベントの詳細については、後日リマインドメールをお送りしますので、必ずご確認ください。 コミュニティについて 当コミュニティ(大阪駆動開発)は、沢山の企業・団体・学校と共創させて頂きながら 関西を中心に先端技術のイベントを企画・運営しつつイノベーションを発信を行っています。 2019年1月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 日本経済新聞(1面トップ):未来の生活、万博通し描く 若者や外国人ら新発想 SankeiBiz:大阪万博が示す「未来の社会」準備本格化 VR、AI…技術進化どこまで 2018年12月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 [神戸新聞:VRで認知症治療 AI使い手術訓練 活気づく民間技術開発] [佐賀新聞:VR AI開発活気づく] 2018年11月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 毎日新聞:開催決定祝い、VR体験イベント 大阪工大 産経新聞:目指すは五感の再現、VRで80億人来場目指す大阪万博 2018年1月に [Microsoft社よりコミュニティ活動への貢献賞]を受賞させて頂きました。 Microsoft HoloLens 国内発売1周年記念ファン感謝祭 開催レポート パート2 https://winblogs.azureedge.net/win/2018/01/38bf4023c1a24a9679b6390ae7058730.jpg

3326f1ce28ac551790126dbb2f4d9501 ROSCA
エンジニア専門エージェントROSCAが主催する、エージェントが求職者に寄り添うための勉強会です
勉強会の概要 IT×HRの領域で幅広く経験を積んだメンバーのみので立ち上げたROSCA株式会社による、エージェント向け勉強会です。 エンジニア採用の基本や、求職者に寄り添うROSCAのエージェントのノウハウや知識を一緒に勉強したり、ディスカッションしていきます。 テーマ『言語/スキル別の特徴を理解しよう』について エンジニアにとっては当たり前のことだけど、知らないとなんのことだか全くわからない…! その1つが「プログラミング言語/スキル」です。講義形式で行います。 Ruby、PHP、Laravel…と職務経歴書にかかれていたり、求人票にかかれていたりしますが、それらの違いや意味すること、スキルとはどういうことなのでしょうか?エンジニアに信頼されるよりよい提案ができるエージェントになるためにできれば知っておきたい「言語/スキル別の特徴」を、プロのエンジニア専門エージェントがお伝えします。  開発言語/スキル別の特徴 どういう会社や業界で使われている言語なのか? 言語や経験年数からどうやって求職者を判断していくか ※参加者の方から質問もお待ちしています! ここがポイント! エンジニア専門のエージェントが教えます! エンジニア知識0の方でも、わかりやすくお話します! 転職・フリーランス、どちらのエージェントも歓迎です 日時 2021年5月19日(水)20:00開始(21:30頃終了予定) 対象者 限定10名 エージェントや人材業界で働いている方 元人材エージェントで現在人事として働いている方 イベント開催方法 zoomにて開催予定です。 タイムフロー 20:00~20:15 挨拶/イントロダクション/自己紹介 20:15~21:15 講義 21:15~    アンケート 登壇者 田原貴一 ROSCA株式会社 代表取締役。 新卒入社した企業で「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 年間3,000名を超えるエンジニアの方の経歴書を見て、 300名以上と実際に面談を行い、キャリア面談に習熟。 その後クライアントへの採用コンサルタント業務に従事し、約1,000社を支援。 エンジニア視点と、顧客視点双方兼ね備えたアドバイザーです。 鈴木昂志 ROSCA株式会社 取締役。 田原と同様に前職では、「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 エンジニアの方のキャリア面談を始め、自社の採用、フリーランスの独立支援等、 年間約600名の方と面談を行い、実際に150名の方の就業先の支援を行っておりました。 その後、マネージャー職を経て後進の育成に従事した後、 田原とともに、ROSCA株式会社を創業。 働き方のみにとらわれず、プライベートの時間も含め、どうしたら最良の状態になるのか。 徹底的に寄り添った提案を得意とするアドバイザーです。 ROSCA株式会社について ROSCA株式会社はエンジニア専門の人材エージェント事業を中心に、人と人、人と企業、人とシステムを繋げる事業を展開しています。X-Xの間の繋げる架け橋として、私達は1つ1つの物事を考え抜き、最大限の価値を世の中に提供し課題を解決できる組織を目指し、実現していきます。 ROSCA株式会社(https://rosca.jp/ )

5/20 (木)

B4b98ef38b9c3ac98ecca9a80adfb895 WinActorコツコツ勉強会
【WinActor Ver.7.2.1】の新機能について ~現場に応えるWinActor~
概要 Ver.7では、WinActor最大の特徴である「現場フレンドリー」の思想を一層強化・進化させ、初心者から上級者までの誰もが使いやすい”次世代RPA”を追及しています。 今回は、WinActor® Ver.7.2.1の新機能についてご紹介いたします。 様々な機能が追加されており、短時間で新しいWinActorを理解していただけます。 <Ver7.2.1の新機能一覧> ・ Microsoft 365対応 ・ Google Workspace対応(ドライブ、スプレットシート、Gmail) ・ シナリオ雛型作成機能(Excel編集) etc… 開催日 日時:2021年05月20日(木) 13:30-14:30 会場:オンライン         ※Zoomを活用いたします。後日、配信用のURLをご案内いたします。 タイムテーブル 時間配分 内容 5分 講師紹介・スケジュール確認 40分 WinActor® Ver.7.2.1の新機能について ・新機能を製品画面と共に、ご紹介いたします。 10分 質疑応答 お申込み方法について 以下のURL若しくはconnpass よりお申込みをお願いいたします。 コツコツ勉強会お申込みフォーム のリンクはこちら 企業紹介 株式会社ブレイン・ゲート 独立系SIerとして、東京・愛知をはじめ、全国5拠点で事業展開。 2001年に設立以来、高いスキルセットを保有した技術者と迅速なお客様対応を提供。 2017年よりRPA事業部を設立し、約150社を超える企業様にご愛顧いただく。 WinActor®をはじめとする業務効率化ソリューションを基に、お客様の業務改善、働き方改革に邁進を続ける。 注意事項 参加用URLは開催日前日までに送付させていただきます。 インターネット環境が必須となります。 同業他社様のご参加はお断りいたしておりますので、予めご了承ください。 当セミナーは法人様対象のセミナーです。個人からのお申込は受け付けておりません。 やむを得ず、欠席される場合は必ずご連絡をお願いいたします。

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
論文等紹介LT大会その38
機械学習 名古屋 研究会 注意 COVID-19対策にしばらくオンラインイベントとします。 「参加者への情報」に記載したURLから参加してください。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 概要 機械学習に関する論文・技術ブログを読み、情報共有のLTをする勉強会です。 【発表者・事前に】 論文・技術ブログのまとめ作成(研究会の GitHub リポジトリにプルリク) 【当日】 発表・質疑応答・不明点の解明 対象 機械学習を業務・趣味で用いている人 チュートリアルや基本的な技術書をある程度読み終え、次のステップへ進みたい人 機械学習を使ったサービスのネタを探している人 目的 急速な進歩を続ける機械学習の分野で活躍するには、最新技術の情報収集が重要です。多人数で情報収集・共有をすれば効率的です。この勉強会で、 知識のアップデート 論文を読む習慣付け 発展的・実践的な知見の獲得 をしましょう。 時間割 合計2時間のLT会を行います。発表者数で割った時間が一人あたりの持ち時間です。 一人あたり、発表5分、質疑応答5分を想定しています。 会場 このイベントはリモートで行います。「参加者への情報」に記載したURLにアクセスしてください。その際、ニックネームをconnpassユーザー名にしていただけると助かります。「参加者への情報」はイベントに申し込んだ人のみ見ることができます。 参加方法 枠 事前準備 当日 備考 リモート発表枠 論文・技術ブログをまとめる(「発表方法」を参照) 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 読む論文が決まらない場合も現地発表枠で申し込んでください リモート一般枠 「参加者への情報」のURLからリモート参加してください。 発表方法 論文・技術ブログを開催日時までに読んで、マークダウン形式で簡単にまとめ、研究会の GitHub リポジトリにプルリクエストを出してください。不明な場合などは代行します。その場合、管理者宛にまとめた.mdファイルを送付してください。 論文・技術ブログのまとめ方について 次は、まとめの章立ての例です。このような内容をまとめてください。 章 内容 どんなもの? 手法の概要 先行研究と比べて何がすごい? 新規性について 技術や手法の肝は? 手法のポイント どうやって有効だと検証した? 評価指標など 議論はある? 論文の研究で出た予想や残った課題など 次に読むべき論文 関連する論文 論文まとめテンプレートを用意しています↓ 論文まとめテンプレート テンプレートなどを利用して、マークダウン形式(.md ファイル)でまとめを作成してください。 提出方法 提出は、研究会の GitHub リポジトリ へのプルリクエストで行います。 {研究会日付}_reportsディレクトリ内に、発表と紐づくようなパス(論文タイトル、発表者名など)でまとめを配置してください。例えば、第1回論文まとめディレクトリを参考にしてください。 GitHub を使えないなどの場合は、当日までに論文をまとめた .md ファイルを管理者宛に送付(もしくは共有URLを提示)いただければ、プルリク代行いたします。 FAQ どうまとめたらいいか分からない まとめの章立ての例や、論文まとめテンプレートは、 落合陽一氏の論文まとめ方(あるスライドの65ページ目) を参考に作成したものです。 考え方やコツは、これまでのまとめ(例えば、第1回論文まとめディレクトリ)や、以下に挙げる参考サイトなどを参考にしてください。 参考 高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ - 書架とラフレンツェ パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する - 一人ぼっちのライフハック生活 GitHub の使い方(プルリクエストのやり方)が分からない プルリクエストには GitHub のアカウントが必要です。プルリクエストの方法は次の記事が参考になります。 【GitHub】Pull Requestの手順 GitHubでFork/cloneしたリポジトリを本家リポジトリに追従する 最新論文でないですが大丈夫ですか 会の趣旨から大きく離れていなければ大丈夫です。 画像を入れたい 外部サイトに画像を置く以外にも、20xxxxxx_reports/{発表との対応が分かるディレクトリ名}/xx.pngのようなパスに画像を置く方法をおすすめします。 論文が被っても大丈夫ですか 大丈夫です。 過去に扱っていても、読む人や読む時期によって見方が変わるため、得るものがあると思います。 また、発表や論文を読むのに慣れていない人は、過去に発表されたものを自分でも読んでみて発表するのも良い勉強になると思うので、是非チャレンジしてほしいです。 途中までしか読めませんでした 読めたところまで発表するのでもOKです。2回に分けても大丈夫です。 少しでもチャレンジして勉強することは良いことで、この勉強会ではそれを応援したいです。 差分 第28回より URLの通知方法を新機能の「参加者への情報」へ変更した。 第25回より COVID-19対策にリモートのみとした。 第24回より リモート枠をリモート発表枠とリモート一般枠に分けた(発表者人数把握のため)。 第14回より アンケートを無くした。 現地発表者は読む論文が決まっていなくても最初から現地発表枠で申し込む方式に変更した。 第13回より 論文以外にも技術ブログも可とした。 発表しなくても可とした。ただし、枠は発表者優先。 リモート参加を可とした。 オープニング用カンペ 機械学習名古屋研究会は、機械学習に関する論文・技術ブログを読み、その内容をLTの形で発表しあう勉強会です。 この勉強回を通して、新しい知識や論文を読む習慣をいっしょに身に着けていきたいと考えています。 勉強会の進め方の説明をします。 発表者は事前にまとめを作成し、githubのmlnagoya/surveysリポジトリにプルリクを出します。 プルリクの順を目安に順に発表をします。 発表は発表者数によりますが、10分程度を想定します。 発表後は質問やコメントの時間になります。 他の人の発表中など、発言しない方はマイクをオフにしてください。 この勉強会では発表者を歓迎しています。 機械学習を業務で使っている人だけでなく、チュートリアルレベルからステップアップしたい人や、機械学習を使ったビジネスのネタを探している人の参加も歓迎しています。 発表や論文に慣れていない人は、過去に発表があったものを自分でも読んで発表してみたり、読めたところまで発表して複数回に分けるといったことも良いと思います。

5/22 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/05/22(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

No image 108x72 g 東海ナレッジネット Wikipedia勉強会
まちデータ道場は、まちの記録を残すことを楽しむイベントです。 今回は名古屋市千種区覚王山界隈を舞台にまち歩きをしながら取材し、午後からWikipediaやOpenStreetMapの編集に取り組んでいきます。 操作方法がわからなくても、電子機器が苦手でも楽しめる仕掛けを使って、誰でもまち歩きやWikipedia・OSM編集ができるようになっていますので、是非ご参加ください。 ※今回のイベントへの問合せはこちらにお願いします。会場である千種生涯学習センターへの問合せはご遠慮ください。 ★遠方の方、ステイホームの方は同時開催のOpenStreetMap編集イベントへの参加をご検討ください。詳細はこちら(https://fb.me/e/idSv6eYMh) ■■申込みはこちら■■ https://forms.gle/EYps7iKpfxSSn7yc8

No image 108x72 g 東海ナレッジネット Wikipedia勉強会
まちデータ道場は、まちの記録を残すことを楽しむイベントです。 今回は名古屋市千種区覚王山界隈を舞台にまち歩きしながら取材する様子をオンライン会議ツール「Zoom」を使って配信します。ステイホームでまち歩きをする、という新しい試みです。 現地取材班からの情報を元に、OpenStreetMapの編集を行っていただき、一緒になって「まちの記録づくり」に参加していただこうと思っています。 ■■申込みはこちらのGoogleフォームから■■

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒
今回はFacebookライブでの配信もやってみます
今月もオンライン発表会を行います 近隣の府県では、緊急事態宣言解除になってますが今月まではオンラインでの開催にします。オンラインでやるなら奈良とか生駒とか関係ないので合同みたいな感じで。 今回も最初から発表タイムでスタートするのでそれぞれ発表したい作品を用意して参加してください。 また、今回はFacebookライブでの配信もやってみます。観るだけでいいやという方は若林のアカウントでライブ配信するのでそちらをご覧ください。 https://www.facebook.com/kwaka1208 見学だけの方も歓迎です CoderDojoに来てる子どもたちってどんなことやってるの?という方(主に大人)のために、見学だけの参加もOKとします。今回は、プログラミングしているところを見ることはできませんが、CoderDojoに参加している子どもたち(CoderDojoではニンジャと呼びます)がどんなプログラムを作っているのかを見たり、質問することができます。ぜひ、ご参加ください。初めての方も歓迎です。 当日の開催方法について 自宅などのインターネットに接続できる場所から「zoom」というオンライン会議システムを使って接続し参加します。「zoom」の接続方法については、後で説明します。 オンラインで参加する場合は、必ず保護者の方の許可を貰ってください。保護者の方の許可がないことが分かった場合は、接続を解除することがあります。 音が混ざって聞こえにくくなるのを防ぐため、ホスト、共同ホストに指定された方と発表者(発表中のみ)以外はマイクをミュートいたします。質問は、チャットでお願いすることになります。 後半、時間に余裕があればミュートを解除して自由に話す時間を作りたいと思います。詳細は、当日説明します。 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

3483056d809841d0d0194df9a1accccb CoderDojo瀬戸
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングなどを通じて作品づくりを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県瀬戸市で開催しています。 初心者でもメンターがそばでサポートしますのでご安心ください。 https://coderdojo-seto.github.io/ オンライン開催 オンラインで開催します。 事前にメールでZoomのURLをご連絡します。 メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 全くの初心者の方は「Scratch」から始めるのをお勧めします。 その場合は事前にユーザー登録をしておくとスムーズです。 (作品が自動保存される様になります) Scratchユーザー登録 https://scratch.mit.edu/join Progateでテキストプログラミング プログラミング学習サービスProgateを使ってテキストプログラミング学習に挑戦します。 Webサイトを作るための知識をつけることができます。 https://prog-8.com/ こちらで申し込まれた方は当日にProgateのアカウントを発行します。 (メールアドレスなどが必要になります) (申し込み後からでも変更可能です。) プログラミング学習サービスの紹介 Scratch (スクラッチ)← 🌟 初めてにオススメ ブロックを組み合わせてプログラミングができます。簡単でいて奥深いです。 https://scratch.mit.edu/ 事前にユーザー登録しておくと便利です https://scratch.mit.edu/join HackForPlay (ハックフォープレイ) プログラミングを使ってRPGベースのゲームが作れます https://www.hackforplay.xyz/ Progate (プロゲート) 本格的なプログラミング学習ができます。 https://prog-8.com/ HackForPlay, Progateを試してみたい方はアカウントを貸すので教えてください。(当日で良いです) そのほかでプログラミング そのほか、自由にプログラミングしたい環境で楽しんでもらって結構です。 プログラミングにこだわり過ぎず、様々な作品作りをしていただいて結構です。 CoderDojo 瀬戸 子供向けプログラミング道場について CoderDojo瀬戸は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 普段は愛知県瀬戸市で開催しています。 https://coderdojo-seto.github.io/ (※現在はオンライン開催のみです) CoderDojo瀬戸は 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 オンライン オンラインも同時開催します。オンラインの場合は当日にURLをメールで連絡します。事前にオンラインミーティングアプリのZoomをインストールお願いします。 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること 延長ケーブル 電源が不足する場合に備えてお持ちください プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 10:00 ~ 11:30 : プログラミング 11:30 ~ 12:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。撮影した素材はブログやSNSなどで使わせて頂きます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 会場内では写真を撮影します。写真はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に136以上の道場があります。 (2018年5月現在)

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒
CoderDojoに関係する大人のためのミーティングです 昼間は子どもたちの活動としてやっていますが、こちらは関係する大人のためのオンラインミーティングです。 開催の目的は、 CoderDojo活動の活性化 CoderDojo活動のための情報共有 です。具体的なテーマがあれば、その都度お知らせします。 「CoderDojoに関係する大人」なので、ニンジャの保護者の方もぜひご参加いただければ嬉しいです。CoderDojoの時間以外での様子など教えてもらえると助かります。 CoderDojo奈良・生駒以外でも、CoderDojoの活動に参加している方であればどなたでもOKです。 カメラオフでの参加でも結構ですし(名前だけわかるようにしておいてください)飲み物を片手に飲み会感覚で参加していただければと思います。 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

5/23 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
今回はオンラインのみです (Notice) 新型コロナ流行のためオンライン限定です。 CoderDojo 瑞穂 (What is CoderDojoMizuho) 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 CoderDojo is a global movement of free, volunteer-led, community-based programming clubs for young people. Anyone aged seven to seventeen can visit a Dojo where they can learn to code, build a website, create an app or a game, and explore technology in an informal, creative, and social environment. CoderDojo Mizuho is happy to accept non Japanese children. Bring laptop and let's program with us! 持参するもの (Belongings) ノートパソコン(Wi-Fi接続可能なもの)あるいはタブレット、電源ケーブル、マウス、テキストなど。 Laptop (possible to connect Wi-Fi), tablet, power cable, computer mouse, and textbook. 使用するオンライン会議システム (Web conference system we use) 「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 If you join this Dojo in on-line, you can use a software called "Zoom". If you are a beginner of zoom, please check above URL. (All explanation is in Japanese) オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。作品を発表したいお子様の場合、Windows/Macで参加された方が発表しやすいと思います。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後に記載の接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 その後、以下の会議室にアクセスしてください。 会議室は当日開きます。 寄付のお願い (About Donation) CoderDojoは非営利の活動で、参加費は徴収しません。ただし、活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。活動費はネット環境費、教材費などに使わせていただきます。 paypayで寄付できるようにしました。IDをpaypayの寄付画面に入力すると寄付できます。 ID:coderdojomizuho CoderDojo is a non-profit organization. We don't demand fee at all. However we are very happy if you donate us for activity fee. You can donate from 500 yen. This is perfectly optional. The donation will be use network environment cost, teaching materials and so on. 撮影について (About Photograph) 会場内では写真を撮影します。ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 Photos will be taken at the venue. We may publish them on our website or Facebook. Please be aware of this in advance. If you are not allowed to take photos, please let us know. メンターについて (About Mentor) 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 You will work with and support the children in developing the programs they want to create. You don't need to have any programming experience. Since there are many beginners and younger children, we will ask you to learn how to operate a computer and to think through books and materials together. We also ask for your help in setting up and tearing down the venue and taking pictures. Please note that we are run by volunteers, so we do not provide compensation or travel expenses. 運営連絡先 (Contact) eprogrammerr@gmail.com SNS " rel="nofollow">https://twitter.com/DojoMizuho " rel="nofollow">https://www.instagram.com/coderdojomizuho

413772ea5399f96515da835d9036280c 【名古屋】名駅 もくもく会
少人数で毎週日曜日にもくもく会
もくもく会の説明 名古屋駅から徒歩5分の会場にて毎週日曜日に開催のもくもく会です! エンジニア、デザイナーの方、プログラミング初学者の方、 その他何かもくもくしたい方、交流をしたい方は気軽にご参加ください! インフラ、バックエンド、フロントエンド関連でもくもくしたい オリジナルアプリ開発をしたい、デザイン作業をしたい 新しい言語を学びたい、プログラミングをしたい、などなど... 少人数でもくもくしていつもと違う過ごし方をしてみませんか? また、ただもくもくと作業するするだけではなく、いろいろな方との交流の場としても 活用していきたいと思っているので繋がりを作りたい方やIT業界に興味のある方、気軽にご参加ください! 仕事や転職のご相談になることも多いので会の終了後に懇親会を毎回開催しています。 時間 時間 内容 10:00~10:15 開校、自己紹介、取り組むことを発表 10:15~11:45 もくもく学習+雑談 11:45~12:00 片付け、雑談 12:00~13:00 懇親会(ランチ)※ ※懇親会は自由参加です。 もし、よかったら色々な話をして交流をしましょう! 場所 愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19 桑名ビル4F 持ち物 マスク(必須、感染対策にご協力願います) 作業できるもの(PC、本、ノートなど) 飲み物、食べ物(任意です。)※ゴミの持ち帰りのご協力願いします 主催者の簡単な自己紹介 前職は9年程飲食店の店長を経験。 2年程前にエンジニアに転職し、現在は受託会社のWEBエンジニアとして日々奮闘中。 言語はPHP、Ruby、JavaScriptを使うことが多いです。 色々なエンジニアの方との交流をしていきたいと思っているので気軽に接してください。 コロナウィルスについて コロナウィルス対策として原則マスクの着用をお願いします。 また、愛知県の対応によっては勉強会自体を中止とさせて頂きますの予めご了承ください。 仮に不測の事態が発生しても当方では責任を追うことはできないです。 参加される場合は自己の責任でお願いします。

5/24 (月)

087d41226bf4cf529ff5f12303be9c96 MySQL Tech Tour
MySQLのもたらすビジネス的なメリットを、実際のお客様の声とあわせてご紹介
MySQL Enterprise Editionのもたらすビジネス的なメリットを、実際のお客様の声とあわせてご紹介 参加には事前登録が必要です! MySQLを活用して先進的なビジネスを展開する企業において、MySQL Enterprise Editionが提供する監視機能、セキュリティ機能やサポートサービスを利用することで、データベースの運用効率やセキュリティの向上、および機会損失の回避を実現しています。 今回のウェビナーではMySQL Enterprise Editionのもたらすビジネス的なメリットを、実際のお客様の声とあわせてご紹介いたします。 業界・業種を問わず広く利用されているMySQL Enterprise Editionですが、その中から特徴的なMySQLの国内事例を複数ピックアップし、事例概要もお伝えします。 高い安全性とパフォーマンスを確保しつつ、低コストなデータベースの選定をされたい方、すでに利用中のMySQLの活用範囲をさらに広げたいとお考えの方には必見のセミナーです。 皆様、ぜひご参加ください。 ・本イベントはオンライン(Zoom)での開催となります。  参加希望の方は、下記に掲載のお申し込みページよりお申し込みください。 ・本イベントは無料です。 ・競合他社の方、ご所属の企業や団体などが確認ができない方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。  予めご了承ください。 ・お申し込みに関するお問い合わせは、MySQLセミナー事務局 oraclemysql_japan_events_team_jp_grp@oracle.com へお願いします。 イベント詳細、お申込み イベント詳細、お申し込みはこちらから >> アジェンダ ※講演内容や講演者は予告なく変更になる場合がございます。 時間 タイトル 発表者 15:45 – 16:00 接続開始予定 16:00 – 17:00 事例に学ぶMySQL Enterprise Edition活用のポイント MySQLを活用して先進的なビジネスを展開する企業において、MySQL Enterprise Editionが提供する監視機能、セキュリティ機能やサポートサービスを利用することで、データベースの運用効率やセキュリティの向上、および機会損失の回避を実現しています。今回のウェビナーではMySQL Enterprise Editionのもたらすビジネス的なメリットを、実際のお客様の声とあわせてご紹介いたします。 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 梶山 隆輔 17:00 – 17:10 MySQL Enterprise Editionのご紹介 日本オラクル株式会社 MySQL GBU 三木 理恵子 17:10 – 17:30 Q&A オンライン参加方法 当日はZoomを使用してセミナーを開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 登録完了メールに当日の参加用 URLとパスワードが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 参加にはZoomアプリの準備が必要になります。 事前準備: 1.スマホ、タブレット、PCなどに「Zoom」をインストール 2.登録完了メールの参加用URLをクリック もしくは Zoomを起動→ミーティングに参加→ウェビナーID を入力→パスワードを入力 ※登録後に送付される登録完了メールに記載されている「参加用リンク」からZoomが自動起動しない場合は、https://zoom.us/join にアクセスし、ウェビナーIDを入力してください。 ※Zoomは無料アプリです。(通信量はかかります) ※サインアップ(IDを作る)、サインインの必要はありません。 ※できるだけ通信環境が良いところでご参加ください。 ※社内PCなどでZoomアプリをダウンロードできない場合は、ブラウザを使ってZoomを起動、ログインしてください。

5/25 (火)

Ecf2486de392c5817a13f87dd93018b5 Sansan株式会社
Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント
Sansan Technical View~Sansanの技術的「挑戦」を共有するイベント~ Sansanは「ビジネスインフラになる」べく、SansanやEight、新規プロダクトの開発に邁進しています。 自分たちが創り出すプロダクトの価値を訴求し、これまで無かった価値を生み出す。 なくてはならないものに変える。 このように "未来の当たり前" を創り出そうとする開発の現場では、どのようなチャレンジが行われているのでしょうか。 本イベントでは「挑戦」をテーマに、新規事業・モバイル・研究開発など様々な切り口から、Sansanエンジニア達のサービス開発における取り組みや、その過程で得た技術的知見を発表します。 ■こんな方におすすめ ・技術的な知識を共有、吸収したい方 ・サービス開発に携わる社会人の方 ・サービス開発技術を専攻されている学生の方 ・Sansanのエンジニアリングに興味がある方 ■ご参加方法・会場 ・connpassにてお申込みを受け付けます。右側の「このイベントに申し込む」よりご登録ください。 ・ご参加方法は、開催前日までに、お申込みされた方のみを対象にメールでご案内し、 上記「参加者への情報」欄にも記載します。ㅤ※直前にお申込みいただいた方にはメールが配信されません。上記「参加者への情報」欄よりご確認ください ・オンライン開催となります。配信はZoomもしくはYouTubeを予定しております。 ■Timetable 2021年5月25日(火) 19:00~21:15(受付開始 18:50) 時間 コンテンツ スピーカー 18:50 - 19:00(10分) 受付 19:00 - 19:05(05分) Introduction 19:05 - 19:15(10分) Opening Talk CTO 藤倉 成太 19:15 - 19:35(20分) XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み Sansan事業部 プロダクト開発部相川 健太 19:35 - 19:55(20分) ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み Eight事業部齊藤 実 19:55 - 20:00(05分) 休憩 20:00 - 20:20(20分) 新規事業でもマイクロサービスに挑戦する Bill One事業部加藤 耕太 20:20 - 20:40(20分) エンジニアリングが支える研究開発 DSOC 研究開発部高橋 寛治 20:40 - 21:15(35分) Ask the Speakers ※タイムスケジュールや内容は変更になる可能性があります。 ■Speaker Profile 相川 健太 / Sansan事業部 プロダクト開発部 iOS アプリエンジニア 発表テーマ:『XcodeGenを利用したマルチモジュール化の取り組み』 iOSアプリ開発の現場では、開発メンバーが増えれば増えるほどコンフリクトを解消することが難しくなりがちなファイルが存在しています。弊チームでも開発メンバーが増え開発スピードが上がるにつれ、その問題に悩むことが増えていました。 本セッションでは、その問題を XcodeGen というツールを用いて解決した話と、開発効率を改善すべく行っているマルチモジュール化の取り組みについてご紹介します。 プロフィール:@kalupas0930 公立はこだて未来大学大学院1年時に中退後、2020年にSansan株式会社へ入社。入社後はSansanのiOSアプリケーションエンジニアとして従事している。アプリの主要な機能の開発だけではなく、開発効率を改善するために XcodeGen を導入したりビルド時間を改善するためのマルチモジュール化などの業務も行っている。 齊藤 実 / Eight事業部 WEBエンジニア 発表テーマ:『ニューノーマル時代のイベント運営への取り組み』 コロナ禍の影響によりオンラインでのイベント実施が定番となりつつある今、オフラインでしか得られないユーザ体験を、どのようにしたらオンラインでも感じてもらえるかと試行錯誤した結果生まれた参加型オンラインイベント「Meets Online Live」の開発の裏側と、それを支えたチーム体制についてご紹介します。 プロフィール: Sier・ベンチャー企業を経て、2020年にSansan株式会社へ入社、名古屋支店に配属。Eight事業部で主にビジネスイベント「Meets」や、Eightの広告事業に関する開発・運用に携わる。最近では、参加型オンラインイベント 「Meets Online Live」の立ち上げに関わり、技術調査、インフラ構築からフロントエンド開発までを担当。 加藤 耕太 / Bill One事業部 ソフトウェアエンジニア 発表テーマ:『新規事業でもマイクロサービスに挑戦する』 一般に、開発チームが小さい開発初期からマイクロサービスに分割することは、マイクロサービスアーキテクチャのアンチパターンとされています。一方で、弊社の新規事業である「Bill One」では開発チームが3人の頃からサービスを3つに分割し、コードベースをシンプルに保ち、独立してデプロイできるメリットを享受し、開発スピードを維持できています。本セッションではBill Oneにおけるマイクロサービスへの取り組みをご紹介します。 プロフィール: SIerを経て、2018年にSansan株式会社へ入社。Sansanのサーバーサイド開発を経験後、2019年から新規事業であるクラウド請求書受領サービス「Bill One」の立ち上げに関わる。Bill Oneではフロントエンド・バックエンド両方の開発に従事しつつ、アーキテクトとして技術選定や全体的な設計を担当。 高橋 寛治 / DSOC 研究開発部 研究員 発表テーマ:『エンジニアリングが支える研究開発』 DSOC は、あらゆるビジネスデータを集約し、出会いの未来を描く組織です。研究開発により出会いの未来を描き、その未来をエンジニアリングにより現実のものへとしていきます。本講では、研究開発結果の紹介とともにどのように本番運用されているかを説明します。また、運用や改善をより強固なものへとする MLOps に関する取り組みについても紹介します。 プロフィール:@kanji250tr 長岡技術科学大学大学院 工学研究科修士課程 電気電子情報工学専攻修了。在学中は、解析ツールの研究開発や機械翻訳の評価手法の考案など、自然言語処理の研究開発に取り組む。現在は、キーワード抽出など自然言語処理に関連する研究開発に従事。 ■ご注意事項 ・参加枠が最小遂行人数に満たない場合や関係者の急病や天災などにより、開催を延期または中止する場合がございます。 ・イベントの様子・内容をまとめ、後日公開させていただく場合がございます。 ・参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。 ■個人情報のお取り扱いについて 本イベントで取得する個人情報のお取り扱い方針については、以下内容をご確認、ご同意の上でお申込みください。 Sansan株式会社の個人情報のお取り扱い方針 ■アンチハラスメントポリシー 本イベントはアンチハラスメントポリシーを定めております。参加者は内容をご確認、ご同意の上でご参加をお願いします。 本イベントでは、特定の社会的属性――ジェンダー・性自認・性的指向、障がい、外見・身体的特徴、エスニシティ・国籍、年齢、宗教、特定のツールやプログラミング言語、専門とする学問領域、教育的バックグラウンドなど――に基づく差別的言動を、一切許容しません。 加えて、参加者による以下のような行為を、SNS、イベント会場等問わず禁止します。 ・攻撃的な発言 ・脅迫行為 ・ストーキング行為 ・つきまとい ・不適切な接触 ・性的な画像の掲示などを含む不適切な情報の開示 ・その他、事務局が不適切と判断した行為 参加者がこれらの行為に加担した場合、事務局側は当該参加者に対し必要な処分を行うことができます。この処分には、当該参加者への勧告、今後のイベントに聴講者・登壇者として関わることの禁止などを含みます。また、今後のよりよい運営のために、事態の詳細をレポートとして公開する場合があります。 本イベントの中で、「これはハラスメントではないか?」と感じたり、他の誰かがハラスメントを受けていることに気が付いた場合、または事務局側の体制がこれらのポリシーを満たさないと感じることがあった場合には、以下までご連絡ください。 mail:33tech@sansan.com 以上、イベントの健全な運営のため、ご協力をお願いします。

5/26 (水)

A1f8310d6dce3f4f6e5d859d309abaa8 Denoma
Director’s Beer Bash #4「女性ディレクターのキャリア」 「男女平等」「女性活躍」といった言葉が連日ニュースで流れる昨今。 Web業界で働く女性にとっても気になるテーマではないでしょうか。 そもそも性別関係なく働き方が多様化している今だからこそ、 業界で活躍している女性Webディレクターにご登壇いただき、 これまでの経験や自身のキャリアの考え方について語っていただきます。 当日のトークテーマ ・Webディレクターのキャリア ・産休育休とキャリアの両立 ・女性ディレクターのロールモデル こんな方におすすめです! ・Webディレクターとしての今後のキャリアに不安を感じている方 ・女性ディレクターのロールモデルが身近におらず悩んでいる方 ・女性ディレクターのキャリアについでどうアドバイスしたらよいかに悩んでいるマネージャーの方 登壇者 水野 怜美 氏 (a.k.aちゃんれみ/フリーランス PM) Twitter:@chanremi0923 1987年愛知県名古屋市生まれ。ニックネームは「ちゃんれみ」。新卒で名古屋のWeb制作会社にデザイナー兼ディレクターとして入社し、制作全般を7年経験。カナダで1年フリーランスを経たのち、2016年に転職と同時に上京・Webディレクター専業に転身。Web事業部のマネージャーを務め、2021年2月にフリーランスとして独立。現在はコワーキング事業「いいオフィス」とフリーのプロジェクトマネージャーとしてさまざまなプロジェクトに参画している。 野澤 美子 氏(株式会社コンセント PM) " rel="nofollow">https://www.concentinc.jp/ ウェブ制作プロダクションを経て、2008年から株式会社コンセントに所属。ウェブサイトの運用からディレクターとしてのキャリアが始まり、サイト・アプリのリニューアルや立ち上げを複数経験。企業のデジタルチームの業務支援にも従事している。社内で立ち上げたビールブランド『SLOW SLOW BEER(そろそろビール)』のメンバーでもあり2歳児とともに活動中。 湊 さおり氏(株式会社スタジオディテイルズ Webディレクター) " rel="nofollow">https://www.details.co.jp/ 武蔵野美術大学 情報デザイン学科 コミュニケーションデザインコース修了。ウェブ・映像制作プロダクションを経て、2020年から株式会社スタジオディテイルズにディレクターとして所属。デジタルを中心としたプロジェクトの企画立案・ディレクションに携わる。 開催概要 ■日時:2021年5月26日(水) 19:00~20:00  ■参加対象者 :Web制作のディレクター/プロジェクトマネージャーとして実務経験がある方 ■定員:30名 ■主催:株式会社クリーク・アンド・リバー社

ROSCA
エンジニア専門エージェントROSCAが主催する、採用人事がエンジニアに寄り添うための勉強会です
勉強会の概要 IT×HRの領域で幅広く経験を積んだメンバーのみので立ち上げたROSCA株式会社による、エージェント向け勉強会です。 エンジニア採用の基本や、求職者に寄り添うROSCAのエージェントのノウハウや知識を一緒に勉強したり、ディスカッションしていきます。 テーマ『初歩的なエンジニア理解についての勉強会』について エンジニア採用を担当することになった人事の方が最初にぶつかる壁が、エンジニアの人と話ができない。。。や エンジニアスキルやシステムの構成について全くわからない。。という部分だと思います。 そこを今回の勉強会ではエンジニア専門エージェント目線でわかりやすく基礎をお伝えできればと思います。 これを理解することにより、エンジニア採用について一歩前進できるのではないかと思います。 システムの構成について 言語?FW?Server?NW?一体何のこといってるの? ※参加者の方から質問もお待ちしています! ここがポイント! エンジニア専門のエージェントが教えます! エンジニア知識0の方でも、わかりやすくお話します! 日時 2021年5月26日(水)20:00開始(21:30頃終了予定) 対象者 限定10名 これから人事になりたい方 人事として仕事をしている方 イベント開催方法 zoomにて開催予定です。 タイムフロー 20:00~20:15 挨拶/イントロダクション/自己紹介 20:15~21:15 講義 21:15~    アンケート 登壇者 田原貴一 ROSCA株式会社 代表取締役。 新卒入社した企業で「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 年間3,000名を超えるエンジニアの方の経歴書を見て、 300名以上と実際に面談を行い、キャリア面談に習熟。 その後クライアントへの採用コンサルタント業務に従事し、約1,000社を支援。 エンジニア視点と、顧客視点双方兼ね備えたアドバイザーです。 鈴木昂志 ROSCA株式会社 取締役。 田原と同様に前職では、「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 エンジニアの方のキャリア面談を始め、自社の採用、フリーランスの独立支援等、 年間約600名の方と面談を行い、実際に150名の方の就業先の支援を行っておりました。 その後、マネージャー職を経て後進の育成に従事した後、 田原とともに、ROSCA株式会社を創業。 働き方のみにとらわれず、プライベートの時間も含め、どうしたら最良の状態になるのか。 徹底的に寄り添った提案を得意とするアドバイザーです。 ROSCA株式会社について ROSCA株式会社はエンジニア専門の人材エージェント事業を中心に、人と人、人と企業、人とシステムを繋げる事業を展開しています。X-Xの間の繋げる架け橋として、私達は1つ1つの物事を考え抜き、最大限の価値を世の中に提供し課題を解決できる組織を目指し、実現していきます。 ROSCA株式会社(https://rosca.jp/ )

3326f1ce28ac551790126dbb2f4d9501 ROSCA
エンジニア専門エージェントROSCAが主催する、採用人事がエンジニアに寄り添うための勉強会です
勉強会の概要 IT×HRの領域で幅広く経験を積んだメンバーのみので立ち上げたROSCA株式会社による、エージェント向け勉強会です。 エンジニア採用の基本や、求職者に寄り添うROSCAのエージェントのノウハウや知識を一緒に勉強したり、ディスカッションしていきます。 テーマ『初歩的なエンジニア理解についての勉強会』について エンジニア採用を担当することになった人事の方が最初にぶつかる壁が、エンジニアの人と話ができない。。。や エンジニアスキルやシステムの構成について全くわからない。。という部分だと思います。 そこを今回の勉強会ではエンジニア専門エージェント目線でわかりやすく基礎をお伝えできればと思います。 これを理解することにより、エンジニア採用について一歩前進できるのではないかと思います。 システムの構成について 言語?FW?Server?NW?一体何のこといってるの? ※参加者の方から質問もお待ちしています! ここがポイント! エンジニア専門のエージェントが教えます! エンジニア知識0の方でも、わかりやすくお話します! 日時 2021年5月26日(水)20:00開始(21:30頃終了予定) 対象者 限定10名 これから人事になりたい方 人事として仕事をしている方 イベント開催方法 zoomにて開催予定です。 タイムフロー 20:00~20:15 挨拶/イントロダクション/自己紹介 20:15~21:15 講義 21:15~    アンケート 登壇者 田原貴一 ROSCA株式会社 代表取締役。 新卒入社した企業で「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 年間3,000名を超えるエンジニアの方の経歴書を見て、 300名以上と実際に面談を行い、キャリア面談に習熟。 その後クライアントへの採用コンサルタント業務に従事し、約1,000社を支援。 エンジニア視点と、顧客視点双方兼ね備えたアドバイザーです。 鈴木昂志 ROSCA株式会社 取締役。 田原と同様に前職では、「エンジニア専門」の派遣及び人材紹介業務に従事。 エンジニアの方のキャリア面談を始め、自社の採用、フリーランスの独立支援等、 年間約600名の方と面談を行い、実際に150名の方の就業先の支援を行っておりました。 その後、マネージャー職を経て後進の育成に従事した後、 田原とともに、ROSCA株式会社を創業。 働き方のみにとらわれず、プライベートの時間も含め、どうしたら最良の状態になるのか。 徹底的に寄り添った提案を得意とするアドバイザーです。 ROSCA株式会社について ROSCA株式会社はエンジニア専門の人材エージェント事業を中心に、人と人、人と企業、人とシステムを繋げる事業を展開しています。X-Xの間の繋げる架け橋として、私達は1つ1つの物事を考え抜き、最大限の価値を世の中に提供し課題を解決できる組織を目指し、実現していきます。 ROSCA株式会社(https://rosca.jp/ )

5/27 (木)

withコロナ時代における、プロダクトデザイナーの実践知(リアル)
※本イベントは、エムスリー株式会社と株式会社ユーザベースのコラボイベントです! withコロナ時代における、プロダクトデザイナーの実践知(リアル) 新型コロナの影響もあり企業のDX推進が加速し、SaaSプロダクトの価値が広がり、そのプロダクトをリードするデザイナーに多くの期待が集まります。対象の本質を見い出し、美しい体験を創り、斬新な未来を描き出すことを可能とするデザインの力。そのようなデザインの力をSaaSの新規プロダクトの立ち上げに活かす知恵は、まだまだ足りません。 本イベントでは、エムスリーとユーザベースのSaaSの新規プロダクトの立ち上げに従事しているデザイナーをお迎えし、現場のリアルなデザインの力とその知恵を探ります。リモートワークや遠隔プロジェクトなど、働き方が多様化するなかで、教科書には書かれてはいない、自分の手で探り当てたプロダクト開発のプロセスとその実践知にご期待ください。 SaaSプロダクト開発に携わるデザイナーはもちろん、今後PdMに挑戦したいデザイナーや、インハウスのデザイナーに挑戦したい方にもオススメのイベントです。 こんな方に参加してほしい SaaSプロダクト開発に興味があるデザイナー クライアントワークからインハウスへの挑戦を考えているデザイナー BtoBビジネスに興味があるデザイナー 参加方法 視聴用URLはお申込後に本イベントページやconnpassメッセージなどでご案内いたします。 開催概要 【日時】2021年5月27日(木) 19:00-21:00 【場所】オンライン 【参加費】無料 タイムスケジュール 18:55〜19:00:入場受付 19:00〜19:10:オープニング 19:10〜19:25:LT1(金綱) 19:25〜19:40:LT2(茂木) 19:40〜20:35:パネルトーク (モデレーター:瀧 氏、パネリスト:金綱/茂木/古結/平野) 20:35〜20:40:クロージング 20:40〜21:00:アフタートーク モデレーター 瀧 知惠美 氏 株式会社MIMIGURI Director / Experience Designer 多摩美術大学情報デザイン学科卒業。東京藝術大学デザイン科修士課程修了。多摩美術大学、東海大学非常勤講師。ヤフー株式会社にて複数サービスのUXデザインを担当し、所属部署でUXデザインチームのマネージャーを務める。UXデザイン推進活動としてワークショップ型の研修やUX導入の実務支援を行い、組織へ浸透させるための、ふり返りの対話の場づくりの実践および研究を行う。MIMIGURIでは、よりよいユーザー体験につながるモノ・コトを生み出すために、つくり手の体験も重要と考え、事業開発と組織開発の組み合わせ方を実践と研究の両軸を重視しながら探究している。 スピーカー 金綱 優弥 エムスリー株式会社 プロダクトデザイナー 多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、ヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)へ入社。「ヤフオク!」にてUI/UX、プロモーション、プロジェクトマネジメント、市場リサーチなど幅広くデザインに関わる。 2020年12月より、エムスリーへ入社。プロダクトデザイナーとして、主に新規プロダクトの立ち上げを担当。UI/UXだけではなくプロダクトを前に進めるためなら領域を超えてなんでもやるをモットーに活動中。 古結 隆介 エムスリー株式会社 CDO / プロダクトデザイナー 大阪芸術大学映像学科卒業。事業会社など複数社経験した後に、株式会社ビズリーチにて、コミュニケーションデザイン室やデザイン組織の人事をメインとしたデザイナーサクセスにてチームマネジメントを担当。2020年4月より医療従事者向けサービスを運営するエムスリー株式会社にて、グループリーダー/プロダクトデザイナーとしてデザイン組織戦略の立案/実行や新規事業/プロダクト開発におけるプロダクトデザインに従事。 茂木 孝純 株式会社ユーザベース SaaS Design Division Lead UI Designer 2011年Ufit(現TIS)に入社、システム開発に従事。2014年デザイナーへ転向、モンスター・ラボに入社しクライアントワークを中心に多数の案件に関わる。担当したサービスがiOSベスト新着APPに2度掲載される。2019年ユーザベースに入社、現在はFORCAS Salesのリードデザイナーとしてデザインの力でプロジェクトを牽引することを大切にしている。 平野 友規 株式会社ユーザベース B2B SaaS 事業 執行役員 CDO 株式会社デスケル 組織デザイン顧問 株式会社UB Ventures クリエイティブパートナー トランスコスモス、コンセントを経て、2011年にトライアンド(現 デスケル)を設立。 2019年にユーザベースのSPEEDA事業に参画。主な仕事は、SPEEDAのデザインマネジメント、三菱重工業の社会インフラ事業のDX推進に向けたビジョン策定支援、RICOH THETAの新規事業開発時におけるUX / UIデザイン。

9b3bd9c42a83bee40bc5adb0444bfaa8 TECH Street
今回はNode-RED を中心に活用ユーザー事例やNode-REDについて学びます!
【※重要※】参加用URLについて イベント参加用URLはコチラのページに表示しております。 ページ上部の「参加者への情報」欄をご確認ください! こんな方におすすめ ・ITエンジニア・ITコンサルタント・その他本テーマに興味がある方※現役エンジニア向けの内容で構成されています 開催概要 ■■Node-REDエンジニア勉強会■■  システム開発にかかる工数やコストを大きく軽減できると注目されている「ローコード(Low Code)開発」。 今回はローコード開発を可能とするIoT向けビジュアルプログラミングツール「Node-RED (https://nodered.org/ ) 」を中心に活用ユーザー事例やNode-REDについて学びます。↓↓今回のご登壇者はこちらの3名です↓↓ タイムテーブル 時間 内容 19:30 イベント開始 19:30〜19:40 オープニング 19:40〜21:00 コンテンツ〈Node-REDの基礎セミナー〉Node-REDことはじめ&デモ田中 正吾さん 〈ユーザーLT〉ユーザーLT①木戸 康平さんユーザーLT②豊田 陽介さん〈セミナー〉Node-REDのビジネス活用Node-REDのプライベート活用田中正吾さん 21:00 イベント終了 ※イベント内容は当日予告なく変更になる可能性がございます。 登壇者 田中 正吾ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしながらも、情報とインターフェースが合わさるアプローチという視点でIoTやMixed Realityといった技術も取り入れながら活動しています。2021年現在、Microsoft MVP・IBM Champion。 木戸 康平 株式会社CambrianRobotics IoTサービスobnizを制作しているCambrianRobotics IncのCo-Founder。 早稲田大学 総合機械工学研究科にてロボットの研究を行い、ハードウェア/ソフトウェアの複合領域エンジニアとして活動。 豊田 陽介 ガジェットや面白そうな技術を試すのが好きで、プライベートで作品を作ったりしている。 また、それに関連してイベント登壇やハンズオン講師、Maker Faire等への出展なども。 その他、IoTやビジュアルプログラミング等に関する技術コミュニティを単独・共同で主催。 Qiita https://qiita.com/youtoy ファシリテーター Mitz(松岡光隆)TECH Streetコミュニティエバンジェリスト コミュニティ創設・運用のプロフェッショナルとして活動。元システムエンジニアでエンジニア歴は10年以上。幅広い職種経験を活かし、現在ではIT系メディアRPABANKと契約。IT記事を書きながら様々なITコミュニティをプロデュース。正式な職種は「コミュニティ・プロデューサー」 参加費用 無料 お願い事項 ・お申し込み後のキャンセルについてはお手数ですがお申し込みフォーム上でキャンセルをお願い致します 主催 人と知識とテクノロジーが行き交う個人の価値や可能性が拡がるコミュニティTECH Streetが開催いたします! 皆様のご参加お待ちしております!

1670153cf17f9706e5763f81cc36a4c3 日本ディープラーニング協会
#今こそ学ぼう #GoBeyondCDLE #LT甲子園 #まず打席に立とう
CDLE LT甲子園とは CDLE (Community of Deep Learning Evangelists)とは、日本ディープラーニング協会が実施するG検定およびE資格の合格者が参加する日本最大のAIコミュニティです。 CDLE LT甲子園 2021【秋】予選会では、CDLEメンバーのLTをCDLEメンバーが聞き、質疑応答に参加することに加えて、共有価値の高い発表を視聴者が投票します。 2021年5月〜9月で毎月LT甲子園予選会を行い、最も共有価値の高い発表をした発表者には、CDLA DAY 2021【秋】で発表する機会を提供します(「最も共有価値の高い発表をした発表者」は、Slackにて発表し、当人へご連絡いたします)。 ※AI・人工知能EXPO【秋】(2021/10/27-10/29 @幕張メッセ)については未定のため、JDLAや会員企業の参加が確定しましたらお知らせします CDLE LT甲子園は、CDLEメンバーの学び合いやメンバー間の交流の場としつつ、共有価値の高い発表にもスポットライトを当て、CDLE外へと発信していくこと(Go Beyond CDLE)を目的としています。 ※前回のCDLE LT甲子園(春)では、発表タイトル「愛知県瀬戸セラミックス企業のAI挑戦」合同会社SORAサクライの櫻井 敏明さんが優勝され、AI・人工知能EXPO【春】の華為技術日本ブース内のミニシアターをお借りし、発表して頂きました。 詳細は、紹介動画をご覧ください。 LT とは LTはLightning Talks(ライトニング・トーク)の略で、直訳すれば「稲妻のように短い講演」のことです。IT系のイベントなどでよく行われ、日頃の研究の成果や、共有すると多くの人のためになると思うことなどを発表する短いプレゼンテーションです。 今回のLTのテーマ 5月LTの発表テーマは自由です。 各自好きなテーマで発表いただいて構いません。 ※参考として、キャリア系・実装系・技術系の例を載せておきます(下記以外のテーマも大歓迎です)  - 実装系...(例)Python/sk-learn等で簡単なゲームや機械学習モデル等を作ってみた  - 技術系...(例)最新論文の概要、書籍のサマリ、最新モデルを実際に試してみた  - ビジネス系...(例)AI活用のポイント(業界別等)や気を付けるべきこと(特許等)  - キャリア系...(例)G検定/E資格取得後におすすめの教材、スキルアップの方法 発表時間は10分で、その後5分の質疑応答の時間を設けます。 発表時間は厳守してください。 時間を超えた場合、司会者が発表を打ち切る場合があります。 Zoomの使い方を含め、事前に充分な発表の練習をしてください。 発表練習用タイマー: https://youtu.be/Vvuo_7VaDug スケジュール 時間 内容 発表者 19:30 ~ 19:40 LT甲子園予選会開会挨拶&説明 運営メンバー 19:40 ~ 19:45 事前アンケート集計結果の共有 運営メンバー 19:45 ~ 20:00 (10分発表/5分質疑応答) LT 1 発表者1 20:00 ~ 20:15 (10分発表/5分質疑応答) LT 2 発表者2 20:15 ~ 20:30 (10分発表/5分質疑応答) LT 3 発表者3 20:30 ~ 20:45 (10分発表/5分質疑応答) LT 4 発表者4(募集中) 20:45 ~ 20:50 LT甲子園予選会閉会挨拶 運営メンバー LT 講演概要 発表者、講演概要は決定次第、アップデートします! Q&A および ディスカッション 各LTに対する質問はZoomのチャットに「質問」と書き込んで、司会者に指名されてから行ってください。 ただし全ての質問に対応することが出来ない場合がありますので、ご了承ください。 ビデオ会議システム Zoom このイベントはオンライン会議システムZoomを使って行います。Zoomのログイン情報は connpass からのメール でお知らせします。 connpassからのメールを受け取れるようにしておいてください。 ハッシュタグ 今回のイベントのハッシュタグは「#今こそ学ぼう」「#まず打席に立とう」です。是非みなさんのSNSで拡散をお願いします。 注意事項 このイベントはオンラインで行います。 このイベントはG検定・E資格合格者のみが参加出来ます このイベントは収録され、後日日本ディープラーニング協会のYouTubeチャンネルで公開されます。 このイベントは収録され、後日CDLEが運営するAI情報共有番組 CDLE VOICE で音声が配信されます。

9592411b00816bf6aa473e5cc170e767 Drupal Meetup羽田
高機能CMS(コンテンツ管理システム) Drupalについて勉強しよう!
概要 Drupal Meetup 羽田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupalに興味がある人達を中心としたグループです。 さらにDrupal(ドルーパル)普及を目的とした交流の場所です。Drupal(ドルーパル)は、CX(カスタマーエクスペリエンス)・DX(デジタルエクスペリエンス)のプラットフォームとして、多くのグローバル企業や機関に採用されています。API志向のアーキテクチャで、IOTやAI(人工知能)といったシステムとの連携事例も出てきています。またAngularやREACT等のJavaScriptフレームワークを使ってスマホアプリを開発し、バックエンドのプラットフォームとして、Drupal(ドルーパル)を利用する事も可能です。 Drupal(ドルーパル)技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal(ドルーパル)にご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 技術動向は知りたいけれど、技術者でないという方、Drupalに興味がある方、是非気軽にご参加ください。 オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、オンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 ・ https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) ・ スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ※参加者様には別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ・前日21:00、当日18:00にお送り致します。 ※ビデオ画像、音声いつでもONできる状態でのご参加お願いいたします。 ・セッション中の質問等受け付けます。 プログラム タイムテーブル タイトル 登壇者 21:00~21:05 開催の挨拶 21:05~21:15 未定 イッセイ 直江健介 21:15~21:30 「タピオカ喫茶店 まる茶」で解説する、Drupal逆引き  Acquia 丸山ひかる 21:30~22:45 ヘッドレスアーキテクチャについて  電通アイソバー 門別 諭 21:45~22:00 未定  未定 ※プログラムは予告なく変更する場合があります。 ※プログラムは決まり次第、順次掲載します。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。 Drupal9ではより一層使いやすくなり、ユーザーは、Drupalの充実した技術的なアーキテクチャを今までになく簡単に活用できるようになります。 https://www.drupal.org/ 後援 biz BEACH CoWorking ジェネロ株式会社 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 名古屋・豊田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 豊田 大阪・梅田でMeetupが開催されています。 → Drupal Meetup 梅田 ◆WordPressの勉強会 → Tokyo WordPress Meetup 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

5/28 (金)

%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a 11 2x GROW UP
GROWUP #8 Webサイトの設計ワークショップ Webサイトの成功の7割を決定すると言っても過言ではない「設計」。 設計前の調査・考え方から、設計時のポイント、検証とワークショップ型式で学びます。 開催日時 2021年05月28日(金) 19:00 開始 対象者 普段から設計をしている方 設計に興味のあるデザイナー、エンジニアの方 会場・参加費について Zoom を利用してオンラインでも視聴・参加いただけます。 参加費は無料です。 内容 設計ってなに? 設計前の調査 設計時の考え方 設計時のTips 実際に設計をしてみるワークショップ 【司会進行】 石原 隆志 / GrowGroup Twitter: @1shiharaT ※ こちらのスケジュールはあくまで予定ですので、前後する可能性があります ※ 事前にAdobe XDをインストールいただく必要があります。 今後の勉強会の告知について DoorKeeperに登録していただく際に、メール通知がされるように設定していただくと、今後の勉強会の募集日時なども把握しやすくなります。(ご自由に登録できます) また、それ以外にもTwitterやFacebookページへも情報展開していきますので、そちらもよろしくお願いします。 キャンセルについて 土壇場でキャンセルがあると、当日空きが出た時にキャンセル待ちの方が参加できないという可能性も出てきます。 予め参加が厳しい方に関しては、可能な限り前日までにキャンセルの対応をお願いします。 GROW UP について 「成長を実感できる勉強会」のコンセプトのもと、名古屋を中心に活動する勉強会・セミナーです。

5/29 (土)

A884ef5d351e9e6bbccd0dd650295c52 OSPN(Open Source People Network)
OSC名古屋をオンラインで開催!
ご参加の方へ:注意事項のご案内 本イベントのプログラムは録画されており、後日YouTubeでアーカイブ公開されます。 connpassアカウントのメールアドレスが最新のアドレスになっているかどうかご確認ください。 古いメールアドレスなどでご登録されていますと、参加用URLのお知らせが届けられません。 参加用URLを受信していただくために、5月28日(金)16:00までに、当ページにて参加登録をお願いします。 Zoom参加にはZoomアカウントが必要 セキュリティの関係から、Zoom参加にはZoomアカウントでログインした上でミーティングに参加する必要があります。 Zoomアカウントをお持ちでない方は、YouTube配信でのご参加をお願いします。 質疑応答は共通のSlidoで行えます。 プログラム セミナー/ミーティング タイムテーブル https://register.ospn.jp/osc2021-online-nagoya/modules/eventrsv/1.html 展示一覧 https://event.ospn.jp/osc2021-online-nagoya/exhibit 各プログラムへのご参加方法 Zoomミーティングを利用して各プログラムに参加していただきます。(一部Jitsi/miro/Jitsi等の利用あり) 当ページ(connpass)にて、下記締め切りまでにお申し込みいただいた方に、connpassのシステムを通じたメッセージ送信にて、参加用のURLをお送りします。 それ以降にお申し込みの方は「参加者への情報」からご確認いただけます。 ※同日の他のイベントとの重複で登録ができない場合は、個別にご案内しますのでお問い合わせにてご連絡ください。 Connpass登録締め切り:5月28日(金) 16:00(それ以降も申し込みは可能) 参加用URLの送信予定:5月28日(金) 17:00までに送信予定 YouTube Liveのチャンネル登録をお願いします! 参加者が多くなったこと、またZoomを使用できない方のためにYouTube Liveでの同時配信も行います。 Zoomによるセミナー会場に入れるのは最大100名(講師・スタッフ含む)なので、満員になった場合にはYouTube Liveでセミナーを聴講してください。 OSPN.jpチャンネルにアクセスしていただければ、ライブ中継がご覧になれます。 すべてのセミナーを中継する予定です。 あらかじめチャンネル登録しておいていただくよう、お願いします。 OSPN.jpチャンネル https://www.youtube.com/c/OSPNjp 過去のOSCオンラインセミナー動画を配信中です。 OSC2021 Online/Nagoya開催のご案内 昨年に引き続き、OSC名古屋は、新型コロナウイルスの影響で、オンラインで開催することになりました。 Zoomミーティングを活用して、リモートでセミナー聴講していただく形式での開催となります。 全国からたくさんのご参加をお待ちしています。 セミナー・展示の出展者募集中です!公式サイトでご確認ください。 https://event.ospn.jp/osc2021-online-nagoya 開催概要 日時 5月29日(土) 10:00-18:00 ※プログラムによって開催時間が変更になる場合があります。 OSC2021 Online/Nagoya 公式サイト https://event.ospn.jp/osc2021-online-nagoya 開催形式 Zoomミーティングを利用したオンラインセミナー、ミーティング、オンライン展示(事前登録必須) オンライン交流会&懇親会 最後のライトニングトーク終了後、オンライン交流会&懇親会を予定しています。 会場はZoomミーティングのメインのセミナー会場(直前までLTを予定)です。 当イベントの参加申し込みをしておいていただければ、そのまま参加できます。 まず交流会としてブレイクアウトルームで数名ずつの会話を楽しんでいただきます。 その後はZoomミーティングでの分科会形式の懇親会になる予定です。 交流会のみの参加でもOKです。 お飲み物やおつまみなどは各人でご用意ください。 LT終了後、交流会開始までの間に準備をするお時間を設けますが、素早く用意できるように事前準備をお願いします。

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 今回は第4土曜日の部屋が取れなかったので、第5土曜日に代えさせてもらいました。 4月の2回でTfabWorksのセットでの動かし方(ダンシング・ロボット)の目途がついて、やはり、センサーが欲しいなということで、CoderDojo日進の寺島さんからMaqueenを3セットお借りしました。同じプログラムをこちらに切り替えて、機能アップしてはどうでしょう? 4月、5月とTFabWorksのサーボモーター・セット https://tfabworks.com/product/tfw-kr1/ を使います。 4回使えますので、1回でも4回使うことを考えてもらっても結構です。 必要に応じて、CoderDojo天白の部品も(あれば)使ってください。 micro:bit用 ---TfabWorks 説明 スピーカー付きサーボコネクトボード 型番:TFW-KR1 本体価格 ¥2,200(税込 ¥2,420) micro:bitで様々な動く作品を作ることができます。車やロボット、可能性はアイデア次第。 サーボモーター2台をコントロールできます。スピーカーも搭載しました。 micro:bitとサーボモーター兼用の電池ボックスが載っているので、サーボを接続するだけで簡単に使えます。 micro:bitとの接続は、弊社独自のバネプラグでワンタッチで脱着できます。 当分、生涯学習センター第2集会室で行います。開始時間も13時30分にします** 内容は原則、自由ですが、今回も何かテーマを作って、みんなで楽しめればと思っています。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

5/30 (日)

Iremjapan top 033 IREM JAPAN
IREM JAPAN 2020年度総会 日頃よりIREM JAPANの活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。 この1年の成果を確認し、これからの方向性について協議し、会員間の情報交換・交流をする年次総会ならびにイベントを名古屋にて開催いたします。 コロナ感染・拡散の防止対策に最大限の配慮をしながらにはなりますが、このイベントが皆様にとって価値ある時間となりますよう、沢山の企画を用意しております。 皆様とお会いできることを楽しみにしております。  5月30日(日)は、プロパティツアー&ウェルカムパーティー  5月31日(月)は、記念講演&懇親会  を予定しております。            5月18日(火)までにお申し込みをお願い致します <日時> 2021年6月1日(火)(受付開始 10:30~)      11:00~ 総会      13:30~ アワード      16:00~ 理事会      18:00~ 記念パーティー <会費> 総会&アワード 無料      記念パーティー 15,000円              (会員・非会員ともに事前振込をお願いいたします。) <会場> ヒルトン名古屋      〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目3番3号 TEL:052-212-1111       5月30日(日) 13:30~ プロパティツアー ザ タワー ホテル      2020年、名古屋のシンボル、テレビ塔内に生まれたホテルをご覧いただけます。      THE TOWER HOTEL NAGOYA | ザ・タワーホテル 18:00~ ウェルカムパーティー(40名限定) テレビ塔内にあるレストラン キュイジーヌ  会費 10,000円 5月31日(月)  13:30~ 記念講演(WEBあり)    5,000円                          賃貸管理の新しい法律について       海外不動産の現状                クリエイティビティとイノベーションから紐解く都市デザインの在り方       special講師  ケン・マスイ             1972年10月15日 東京都出身 アメリカワシントンDC育ち             世界50カ国6大陸の旅も制覇             起業家.             Mr Children を始め国内外のアーチストの音楽Producer/Director. Creative Director             Mr Children 最新アルバム”Soundtracks”は代表作。 18:00~  懇親会  10,000円 ※こちらのHPでもお申し込みは非会員の方のみです。 ※会員の方はIREM JAPAN会員サイトでのお申し込みをお願い致します。

6/2 (水)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/4 (金)

61d628a8fb3e0ef91635ca44ae6d80b1 AITCオープンラボ
パート2「日本企業におけるDX推進と実現に向けて」総集編
「DXシリーズ」のご案内 AITCでは毎年 総会開催に合わせ、次年度の重点施策を策定いたします。 昨秋の第11回総会(2020年10月9日オンライン開催)では、ICT(先端ITを包含)の利活用による企業の社会的価値の創出へ貢献することを目指し、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する情報提供や議論等にも取り組むことが重点施策の一つとして決議されました。 これを踏まえ、DX分野を主導されている方々をお迎えし、AITC Webセミナー「DXシリーズ」を開催いたします。 本セミナーにはAITC会員のみならず、DXにご関心をお待ちの方にご参加いただけます。奮ってご参加ください。 なお、AITC WebセミナーDXシリーズ「DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 」の全容については、下記の「DXシリーズ開催計画」をご参照ください。 「DXシリーズ」第10回開催概要 1月27日(水)の「オープニングイベント」で幕を開けたDXシリーズも、この第10回をもって終了となります。 最終回を記念して、今回は、パート2のテーマである「日本企業におけるDX推進と実現に向けて」の総集編たるパネルディスカッションを行います。 当日は、パート2でご講演くださった3講師の皆さまに加えて、パート1※講師の鷲崎先生にもご参加いただきます。よって、このパネルディスカッションを本DXシリーズの締め括りとして、ご参加の皆さまとの意見交換も行いながら、DX推進と実現に向けた課題・取り組みそして今後の展望に至るまでを共に考え、一歩を踏み出す場にできたらと願っております。 (※パート1の概要:「ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学」をテーマに計6回実施) 日時:2021年6月4日(金)19時~20時30分(終了後に、オンライン懇親会を開催予定) 会場:オンライン(Zoomを使用予定) 会議室情報については、開催の前日にconnpassメッセージでお知らせします。 パネリスト 山本修一郎様 (名古屋大学名誉教授、AITC顧問) 「DXの本質とガバナンスの必要性」(4月21日ご講演) 前川徹様 <MC兼任> (東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) 「DXの本質とビジネスの変容」(5月7日ご講演) 片岡晃様 (独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) 「日本企業のDXの現状と課題−デジタル社会実現に向けた取り組み−」(5月19日ご講演) 鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) 対象者:日本企業におけるDX推進と実現について関心をお持ちの方 マネジメント、企業戦略担当、技術者 募集人数:300人 AITC会員かどうかはこちらでご確認の上、申込アンケートにご記入ください。 " rel="nofollow">http://aitc.jp/consortium/members.html 募集締め切り: 2021年6月2日(水) 17時30分 参加費:無料 その他 ※内容を含むスケジュールは変更される可能性があります。最新情報をホームページ( http://aitc.jp/ )でお確かめの上、ご来場ください。 ※申込受付のご連絡、出席票 等は発行しておりません。申込確認をされたい場合や、ご都合により欠席される場合は、staff@aitc.jp へご一報ください。 ※個人情報に類するものについては、本会の運営およびAITCからのご案内のみに利用し、他の目的での利用および外部へ開示、提供することはございません。 ---------------------------------------------------- AITC Webセミナー「DXシリーズ開催計画」 テーマ:DX時代におけるソフトウェア/ビジネス/社会のあり方を考える~役割を超えて、マインドセットを変えて、未来を創ろう!~ 主催: 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC) 協力: スマートエスイー 開催方法:オンライン開催(Zoomを予定) 参加資格:AITC会員、スマートエスイー関係者、DXに関心をお持ちの方 募集:connpassで都度ご案内 開催期間: 2021年1月~2021年6月 <パート1>2021年1月~2021年4月 テーマ:ビジネスと社会をデザインし、構築するためのソフトウェア工学 対象者: 技術者、企業戦略担当、マネジメント <パート2> 2021年4月~2021年6月 テーマ:日本企業におけるDX推進と実現に向けて 対象者: マネジメント、企業戦略担当、技術者 講師(順不同): ・鷲崎弘宜様 (早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授、スマートエスイー Smart SE 代表) ・平鍋健児様 (株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役) ・萩本順三様 (株式会社 匠Business Place代表取締役 会長 & Methodologist) ・羽生田栄一様 (株式会社豆蔵 カンパニーCTO、IPA情報処理推進機構研究員、技術士[情報工学]) ・山本修一郎様 (名古屋大学 名誉教授、AITC顧問) ・前川徹様(東京通信大学情報マネジメント学部学部長・教授/国際大学GLOCOM主幹研究員) ・片岡晃様 (独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) 社会基盤センター センター長) 開催スケジュール: <パート1> 第1回:2021年1月27日(水)19時~20時 オープニングイベント<開催済み> 第2回:2021年2月05日(金)19時~20時 鷲崎様ご講演<開催済み> 第3回:2021年2月17日(水)19時~20時 平鍋様ご講演※1<開催済み> 第4回:2021年3月12日(金)19時~20時 萩本様ご講演※1<開催済み> 第5回:2021年3月24日(水)19時~20時 羽生田様ご講演※1<開催済み> 第6回:2021年4月07日(水)19時~20時30分 パネルディスカッション※2<開催済み> ※1:セミナー終了後、Q&Aタイム(30分程度)を予定 ※2:パネル終了後、オンライン懇親会の開催を予定 <パート2> 第7回:2021年4月21日(水) 19時~20時 山本様ご講演※1<開催済み> 第8回:2021年5月07日(金) 19時~20時 前川様ご講演※1<開催済み> 第9回:2021年5月19日(水) 19時~20時 片岡様ご講演<参加者募集中> 第10回:2021年6月4日(金) 19時~20時30分 パネルディスカッション※2<参加者募集中> ※1:セミナー終了後、Q&Aタイム(30分程度)を予定 ※2:パネル終了後、オンライン懇親会の開催を予定 ----------------------------------------------------

6/5 (土)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/6 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

515117881de3273b183b07f4aa041e02 みんなのバーチャルコワーキングジャパン( #みんコワ )
オンラインコワーキングスペースのみんコワ内でLTと勉強会
JavaScript のオンライン勉強会を開催します。 WebサイトやWebアプリケーションを作成する際に、必ず利用することになるのが JavaScript ですね。 一方で、年々進化する JavaScript について、もっと知りたいという方も多いのではないでしょうか。 最近では TypeScript の人気も高くなり、勉強したい、勉強しているというひともいらっしゃると思います。 というわけで、オンラインコワーキングの みんコワ 内で勉強会を開催することといたしました。 日時 2021年6月6日(日)15:00〜17:00 会場 みんコワ セミナールーム #1 https://live.remo.co/e/seminar-room?fpr=coworking イベント内容 希望者による LT 大会です。 時間は各5分程度を考えていますが、多少伸びても問題ありません。 JS, TS に関することであれば、どんなことでも構いません。 ぜひアウトプットの場として活用してください。 JavaScriptやTypeScriptについて知らない人向けに、いちから教えるというタイプの勉強会ではありません すでに勉強しているひと、勉強を始めたひとが、自分が学んだことをアウトプットし、またそれを聞いたりすることで、お互いに学びましょうという趣旨です。 初心者の方も一緒に楽しむ場ではありますが、JavaScriptについてまったく何も知らないという方は、それがどういうものかを知っていて、活用していきたいという想いを持っている方が対象ですので、ご注意くださいませ。 当イベントは Remo を使って開催されます。 交流も可能なオンラインイベントサービスです。 ぜひ顔出ししてご参加くださいませ。 だいたいのスケジュール 時間 内容 15:00 勉強会 開始 15:10 アイスブレイク 15:20 LTタイム 15:50 休憩 16:00 LTタイム 16:30 雑談・交流タイム 17:00 終了 LT発表者 募集中 発表内容が(仮でも)決まりましたら、コメント等でお知らせください 過去のLT vol.3 * 「JSのセキュリティ」 by nomeshi * 「今度こそ TypeScript の第一歩」 by @ktanaka * 「Nuxt.js + Composition API で快適に開発しよう」 by @ktanaka * 「画像の反転について」by HiromiKanae * 「TypeScriptとp5.jsでクリエイティブコーディングをやってみた」 by yukkiplaza vol.2 * 「Webサイト制作の中で最近書いたjQuery」 by 村井孝昭 * 「モダンな JavaScript の第一歩(その2) && TypeScript の第一歩(その2)」by @ktanaka 田中弘治@Co-Edo * Nuxt.js + Composition API + Firebase で TypeScript という話もあります * 「Vue.jsとAWS Amplifyでウェブアプリをサクッと作ってみる 」 by nomeshi * 「nuxtを使ったエンジニアとの分業・LPを作ってみる」 by 小林佳和 vol.1 * 「モダンな JavaScript の第一歩 && TypeScript の第一歩」 by @ktanaka 田中弘治@Co-Edo * ottonove 「Nuxt+TypeScriptを構築する機会があったので詰まったこととか工夫したこととか」nomeshi 「非同期処理の扱い方」 by 小林佳和

6/9 (水)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/10 (木)

490c7a6239c3fbd2977a25528514d277 Start Python Club
オンラインで集まってPythonでもくもく作業する会です。初心者大歓迎!
【オンラインもくもく会】 概要 「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。 オンライン上でみんなでPythonを勉強したり、各自もくもく作業する会です これからPythonを始めたい人も大歓迎です 分からないことがあれば参加者同士で解決しましょう(プロのプログラマーや経験者もサポートします) メンバー間で分からないことや情報を共有するため本会のSlackを開設しています。ご自由に参加下さい Start Python Club 名古屋 イベント要綱 日時 2021月6月10日(木)19:00〜21:00 会費 無料 参加方法(Zoom) 参加申込み後に本ページで閲覧可能になる「参加者への情報」の欄をご覧頂き、そこに記載のURLよりご参加下さい。 対象者 Pythonに関心のある方 プログラミングや機械学習などに関心のある方 Pythonでもくもく作業をしたい方 初心者大歓迎です 「見学のみの参加」もOKです。(その場合はご自分のカメラとマイクをオフにして下さい) プログラム 簡単な自己紹介 もくもく会 LT会(希望者のみ。一人5分くらいで活動や成果について発表(事前申請は不要。会の中で皆様に何度か声掛けします)。レベルは一切問いません。「こんな勉強してます!」など簡単な事でもOK👍ご自身の頑張っていること・楽しいとお考えのことをどんどん発信してみんなでモチベーションアップしましょう!) その他 途中入場や退出OKです。その際はSlackや本connpassスレッドに一言書き込んで頂けましたら幸いです

6/12 (土)

E86001efdbeb6b08a5f15e36f3dae100 CoderDojo日進
注意!! ※当日PC貸出希望の方は、「参加者(子供)PC貸出」で申し込みください。 ● 入館時に受付でマスク確認、検温、手洗い・手指消毒、連絡先の記入が必要です。マスクの着用お願いします。 ● 会場では飲み物はOK、食べ物はNGです。 ● 会場の定員が15名まで制限されているため、参加者が多い場合、ご家族の入室をお断りする場合があります。 ● オンライン会議室のURLは、前日に参加者に連絡いたします。 にぎわい交流館の新しい利用ルールについては、こちらをご覧ください。 https://shimin-kouryu.net/news/20853/ 開催概要 CoderDojoはボランティアで運営されている無料で自由なプログラミングクラブ(道場)です。それぞれのお子さんが自分のやりたいことに取り組み、大人(メンター)がそれをサポートします。 CoderDojo日進では、小学生でも簡単にプログラミングができるプログラミング言語Scratchを中心に行います。 Scratch以外にもWebプログラミングやmicro:bit 、Arduinoなどの電子工作もサポートします。 やりたいことがあれば相談してください。 カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンターや仲間たちとプログラミングしていくワークショップです。初心者の子や、やりたいことが思いつかない子はメンターがサポートします。 プログラミングをやってみたい子、プログラミングが好きな子、自分の作ったプログラムを自慢したい子、プログラムがうまく動かなく相談したい子、ぜひ参加ください。 開催日時・場所 日時: 2021/06/12(土) 9:00-11:00 場所: 日進市にぎわい交流館 2F 会議室ABC / オンライン会議室 アクセス方法はにぎわい交流館のページを参考にしてください。 http://shimin-kouryu.net/about/access/ 車でこれらる場合は、にぎわい交流館または日進市役所の駐車場が利用できます。 オンライン会議室のURLは前日に連絡いたします。 タイムテーブル 時間 内容 08:50 受付開始 09:00 スタート (スタート前に会場のWiFiに接続をお願いします。) 10:30 発表(各自今日やったことを発表してください) 11:00 終了・後片付け 11:10 撤収 パソコン・タブレットについて WiFi接続可能なノートパソコンまたはタブレットをご持参ください。会場ではWiFiが使用できます。 お持ちではない方は申し込み時にその旨記載ください。(ただし台数に限りがあるため、対応できない場合もあります。) Scratch3.0はInternet Explorerでは使えません。OSがWindow7, 8の方は、Google Chromeをインストールしてきてください。 Scratchについて マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが作った、子供でも簡単にゲームやアニメーションが作れるプログラミング言語です。 Scratchのサイトでプログラミングができ、世界中の人たちが作った作品が公開されています。 参加される方は事前に、Scratchのアカウント作成してきてください。 NHKのこちらのサイトを参考にしてください。 https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/index.html micro:bitについて micro:bit(マイクロビット)は、25個のLED、2個のボタンスイッチ、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、無線通信機能などがついている小さなコンピューターです。 https://microbit.org/ja/guide/ あらかじめ搭載されているセンサーを使って状態の変化を検知したり、LEDを光らせたり、音を鳴らしたり、モノを動かしたりできます。 micro:bitでプログラミングすることにより、普段の生活のさまざまな場所でプログラムが動いているのを身近に感じてもらえると思います。 CoderDojo日進では、micro:bit本体とmicro:bitで動くロボットカーを貸し出します。ぜひ試してみてください。 プログラムの作成にパソコンまたはタブレットが必要ですので、お持ちの方はご持参ください。お持ちでない方は「パソコン貸出希望」と申し込み時に記載ください。 その他のプログラミングについて テキストプログラミングでは、2018/11/01より初心者向けの教材としてProgateが利用できるようになりました。興味がある方は申し込み時に連絡ください。Progateを利用しなくてももちろん構いません。 申し込みについて このConnpass のイベント案内で申し込んでください。その際、以下の点に注意してください。 キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 子供達のプログラミングのサポートをして頂ける方はメンター枠で応募ください。 写真撮影について 会場内及びオンラインで写真撮影&画面のキャプチャーを行い、ホームページやFacebookなど、インターネットで公開する場合があります。あらかじめご了承ください。写真撮影不可の場合はその旨連絡ください。 メンターについて 子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。 会場の設営・撤収や写真撮影もご協力お願いします。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 初めて参加される方は、事前に説明等を行いますので、開催30分前の9:30頃会場にお越しください。 Scratchも少し使ってみてきてください。 https://scratch.mit.edu/

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 電子工作 キビキビと動くことで有名なmaqueen ロボットをCoderDojo日進の寺島さんからお借りしました。 内容は https://www.switch-science.com/catalog/4969/ を見てください 実施内容は自由ですが、makecode でいろいろの機能をプログラミングしてダンスするような物が面白いかなと思っています。 個人で持っている方は自分のを使ってもらっても結構です。 当分、生涯学習センター第2集会室で行います。開始時間も13時30分にします** 内容は原則、自由ですが、今回も何かテーマを作って、みんなで楽しめればと思っています。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/13 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年6月開催
新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年6月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に229以上の道場があります (2021年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年6月13日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/206741/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

6/16 (水)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/19 (土)

251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
ゲームの好きな人達があつまって、わいわい遊ぶ企画です。 経験者のひとから親切に教えてもらえるはずなので、初心者さんでも安心してご参加いただけるかと思います。 このイベントでは、2部制にて構成されています。1部は11時00分〜13時30分。2部は13時30分〜16時00分となります。 1部と2部で卓の入れ替えを行います。 当日ゲームを持ち込まれる場合には、予約時に持ち込まれるゲームのリストの記入をお願いします。 いつもと曜日と時間が異なります。ご注意ください。   今回のテーマ 今回は「週末特別編」です。 特にゲームのジャンルの縛りなく遊ぶ会となります。 週末のお昼のBARを貸し切って、ワイワイ遊びましょう! 参加にあたっての注意事項 マスクの着用をお願いします。 体調がすぐれない場合、参加はご遠慮ください。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00- 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 今回のように、土日祝日のお昼に開催することもできます。 入場料:1500円(本件イベントの参加費用によって充当されます ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内は原則禁煙です。タバコは入り口付近でお願いします。 ご注意 【ゲームの持ち込みについて】 持ち込まれるゲームは、イベントの運営上、以下の条件を考慮して頂けるようご協力をお願いします。 持ち込みした方がゲームの説明ができること。 たくさんの方が遊んでいただけるように、1プレイが説明時間込みで30分以内のゲームとし、あまり長時間のゲームは避けるように協力お願いします。 イベントごとにテーマがあります。そのテーマに沿ったゲームを持ち込みされるように、協力お願いします。 飲食可、飲酒が可能なイベントの為、故意ではない事故等で、持ち込みされたゲームが汚れる可能性があります。持ち込みされた方が汚れないように管理して頂き、ゲームテーブルには飲食物を置かないような注意喚起を行うようご協力お願いします。 過失の如何にかかわらず、持ち込みされたゲームにあまりにも酷い汚れができてしまった場合、持ち込みをされた方と当事者同士にて話し合いをお願いします。

6/20 (日)

0d6d589400954f5abbff6e6d633d5ea9 CoderDojo大府
子供がプログラミングを楽しむ場を無料で提供します
メニュー パソコンでプログラミング コンピュータ・タブレットなどを使ってプログラミング作品を作ります。 参加にはWiFiのつながるPC・タブレットが必要です。 CoderDojo 大府 子供向けプログラミング道場について CoderDojo大府は子供達がプログラミングを楽しむ場を提供する無料のコミュニティです。 愛知県大府市で開催します。 CoderDojo大府は https://coderdojoobu.github.io/ 大体7歳〜17歳向けのプログラミング道場です。(年齢は絶対ではありません) プログラミングをしたい子供のために、自由にプログラミングをする環境を提供します。 いわゆる習い事・塾ではないので、 費用は不要です。 カリキュラムなどはなく、子供が作りたいと思ったものを尊重します。 子供は仲間やメンター(指導者)と一緒に実現する方法を考えて取り組みます。 子供・家族の理解を促進するために保護者が同席することを、とても推奨します。 参加方法 当サイト(connpass)でユーザー登録の上ご参加ください。 ご兄弟など複数人でご参加の場合は、複数メールアドレスを用意してご登録ください。 (やり方が分からなくて、どうしても難しければコメントでお知らせください) 場所 おおぶ文化交流の杜 allobuで行います https://allobu.jp/contents/?page_id=330 持ち物 ノートパソコン(Wi-Fiに接続可能なものが望ましい) 電源アダプタ マウス(必要に応じて) または画面が大きめのタブレット https://scratch.mit.edu/ にアクセスして十分に利用できること プログラミングを楽しみたい、何かを作りたい、という気持ち Wi-Fi に繋がるPCが用意できない場合は、こちらからオフライン版をインストールしておくとネットワークが繋がらなくもScratchができます。 https://scratch.mit.edu/download 当日の流れ 9:30 ~ 11:00 : プログラミング 11:00 ~ 11:30 : やったことの発表 保護者の方へ 小学生の子どもが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加していただくことを推奨します。 保護者の方が顔を出されると、お子さんはとても喜びます。是非お子さんが楽しんでいる姿をご覧になってください。 きっと取り組む姿勢にも違いが出てきます。 また、終了30分前に子どもたちがやったことの発表があります。 そちらは特に、是非ご参加ください。 撮影について 会場内では写真・動画を撮影します。写真・動画はブログ・SNSで利用し、インターネットで公開させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 寄付について CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 CoderDojoとは CoderDojo Japanより引用 CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に200以上の道場があります。 (2020年2月現在)

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう!」 CoderDojo Japan と 株式会社ポケモン の取り組みによって、全国の CoderDojo でポケモン素材を使ったプログラミングワークショップが実施できるようになりました。プログラミングツール Scratch を使って、ポケモンのキャラクターを動かします。当日体験できますので、やってみたい人はお気軽にお声かけください。     子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 9:50 受付開始 10:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 10:10 各自作品作り 11:30 発表 11:50 後片付け  12:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

%e7%8a%ac%e5%b1%b1%ef%bc%92 CoderDojo 犬山
「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう!」 CoderDojo Japan と 株式会社ポケモン の取り組みによって、全国の CoderDojo でポケモン素材を使ったプログラミングワークショップが実施できるようになりました。プログラミングツール Scratch を使って、ポケモンのキャラクターを動かします。当日体験できますので、やってみたい人はお気軽にお声かけください。    子供達の自主性を育むことを目的とし、カリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。また、毎回その日にやったことや自宅などでやったことをみんなに発表します。   参加についてのお願い ・当日はマスクの着用をお願いします。 ・参加者は自宅等で必ず検温し、発熱等の症状がある場合は参加を自粛お願いします。 ・会場では記名(氏名、電話番号)が実施されますが、ご協力お願いします。   タイムテーブル 時間 内容 12:50 受付開始 13:00 スタート 今日やりたいことを教えてください 13:10 各自作品作り 14:30 発表 14:50 後片付け  15:00 終了   CoderDojo犬山でできること  ・Scratch   ブロックを組み合わせてパズル感覚で、初心者でも簡単にゲームやアニメーションやアートを作れる無料のプログラミング言語です。自主的な作品つくりを行います。 初めのうちはScratchカードの作品をおすすめしています。アレンジして自分のオリジナル作品を作りましょう。 できれば、当日までにScratchデスクトップ(Scratch 3.0 オフライン版)をインストールしておいてください。⇒Scratchデスクトップ    ・ビスケット   お絵かき感覚で、小さな子でも楽しめるプログラミングツールです。 アニメーション、ゲームなどを簡単に作れます。パソコン、タブレット、スマホなど様々な機種で動きますが、特にタブレットとの相性が良いです。   ・micro:bit プログラミングして操れる小さなコンピューター。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信がついていて、これらの機能を使ったプログラミングや、手作り工作が楽しめます。 Windows10のPCの場合は、できればMicrosoft StoreよりMakeCode for micro:bitをインストールしておいてください。   ・ロボットプログラミング LEGO EV3(対象年齢:10歳ぐらい〜)やLEGO WeDo(対象年齢:5歳ぐらい〜)を組み立ててプログラミングして動かします。台数に限りがあるので、チケットでお申込みください   持ち物  ・持ち物:ノートパソコン タブレット、筆記用具 ・貸し出しが必要な方は、申し込み時にご連絡ください。(貸出パソコン2台まで有)   参加費 無料  開催当日 ・ 開始時刻の5分前ぐらいまでに集まり、受付をしてください。      保護者の皆さんへ ・12歳以下の子どもさんが参加される場合、保護者の方が出来る限りご一緒に参加ください ・キャンセルの場合は必ず、キャンセル手続きをお願いします。 定員は状況を見て変更します。定員オーバーの場合も、受講できる場合がありますのでキャンセル待ちに登録してください。 ・兄弟での申し込みは1人ずつ申し込んでいただくか、お問い合わせよりメッセージで申し込みください。  Dojo内では原則として、Web公開を前提としたイベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおりますが、ご都合が悪い場合は事前に連絡をお願いします。 ・CoderDojo の理念から、参加費の徴収は禁じられていますが、CoderDojo犬山では個人のボランティアの皆さんの善意で運営されています。継続的な活動のため、会場に募金箱を設置し、一口500円程度の寄付を任意でお願いしています。 寄付は印刷代、備品代などに使わせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。   メンターについて メンターは子供たちが作りたいプログラムを一緒に考え、サポートしていただきます。 プログラミングの経験はなくてもかまいません。 初心者や低学年の子も多いので、パソコンの操作、本や資料を一緒に見ながら考えることからお願いしています。   ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。

6/23 (水)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/26 (土)

92cf816bc5cef7b7ce2eefcbe25eb15a CoderDojo天白
今回は生涯学習センター第2集会室です
CoderDojo天白 電子工作 キビキビと動くことで有名なmaqueen ロボットをCoderDojo日進の寺島さんからお借りしました。 内容は https://www.switch-science.com/catalog/4969/ を見てください 実施内容は自由ですが、makecode でいろいろの機能をプログラミングしてダンスするような物が面白いかなと思っています。 個人で持っている方は自分のを使ってもらっても結構です。 当分、生涯学習センター第2集会室で行います。開始時間も13時30分にします** 内容は原則、自由ですが、今回も何かテーマを作って、みんなで楽しめればと思っています。 新型コロナウイルス感染症対策について 施設を利用するにあたって、とりあえず、下記の事柄に配慮願います。    ・入館の際には、手洗いや消毒を促すようにして、密集して入館しません。  ・部屋に消毒液を置きます。  ・館内ではマスクを着用し、活動中もできる限りマスクを着用します。  ・館内では、密集しないよう対策を講じ、できるだけ、それぞれの距離を2m程度空けます。 また、来館前に平熱以上の方、風邪症状がある方、体調不良の方は利用を避けてください ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CoderDojo 天白では今まで、授業をやったり、自主的にやってもらったり必ずしも一貫した姿勢ではやっていませんでした。今年から、さらに自主的にプログラミングを楽しむという方向でやっていきたいと思います。 CoderDojo天白でできること ・ Scratchを使ったプログラミング・・・作品制作を楽しみましょう! ・ テキスト・プログラミング・・・ホームページ、ゲーム作成をサポートします ・ Processingという画像処理アプリでテキストによるお絵描き。アニメーションを楽しみましょう ・ ビスケット・プログラミング・・・お絵かきを楽しみながらプログラミング感覚を養いましょう こんないろんなことができるはずです。。。 参加するときは ・ 原則、自主制作です。自分で作品を作ったり、勉強したりすることを楽しんでください。 ・ 会場についたら受付でどんなことをやるか言ってください。 ・ よかったら、少額でいいので募金箱に寄付をしてくれるとありがたいです。 ・ はじまる前に皆さんがどういうことをやるかをお聞きします。 ・ メンターがいい話があれば紹介します。 ・ 1時間程度、自主的に作品制作を通じた勉強をします。 ・ おわりの前に今日の結果を発表します。 ・ 最後に集合写真を撮ります。 ・ 帰る前に会場の整理を手伝いましょう。 ・ 挨拶をして帰りましょう 新しく忍者として参加される方へ ・ 開始10~15分前に受付を済ませてください 新しくメンターとして参加される方へ ・ メンター枠で応募してください ・ 後日、連絡を取りますので、メールアドレスをお知らせください サポーターとして参加される方へ 会場での受付・写真撮影などをお願いできればと思います。 当日、お願いするかもしれません。その時はよろしくお願いします。 progate_ の利用 ・ CoderDojo Japan とProgateの提携により、Progateのオンライン学習サービスが無料で使えるようになりました。テキスト・プログラミングの基本的な内容を少しずつ、小テスト形式で進めていくようです。 ・ 利用を希望される方は coderdojotempaku@gmail.com へ申請願います。 ・ 定員15名ですので、多くなればやりくりしながら使っていこうと思います。 参加に際しては次のことをお願いします。 Dojo内では Cool! が原則です。他人の迷惑にならないように行動しましょう。 CoderDojoでは参加忍者の年齢は7歳から17歳までとなっていますが、天白では、もう少し若年の忍者はビスケットで楽しんでもらえます。高学年の忍者はユースメンターとして活動していただくとありがたいです。 Scratchの利用に際してはつぎの順序でお願いします ・ 初心者、また、低学年の忍者はScratchデスクトップから始めてもらう。 ・ Scratchアカウントは家庭でとってもらう。 ・ 当面、Wifi環境はそのままにしておきますので、必要と感じられたらパスワードを聞いて設定していただく。  Scratchデスクトップのダウンロードは下記からお願いします。  https://scratch.mit.edu/download プログラミングでは、計画などのために、メモ用紙、筆記用具もあると便利です! 参加費は無料ですが、会の諸雑費の費用として寄付していただければと思い、募金箱を受付に置きます。 では、楽しい時間を過ごしましょう!!

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 時間 ・開始20分前より入場可能。 ・途中参加、退場可 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

6/30 (水)

A6f3c5960f3ef99c95cd4fb864d489bf 【AI初学者向け】AIワークショップ in 名古屋
AI活用方法を演習形式で学び,自分の「市場価値」を向上させませんか?
ワークショップ概要 【初学者向け】 「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める ~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型ワークショップ~ 最終目標 ・実務レベルでAIを導入できるスキルを身に着ける 本ワークショップに参加することのメリット 【ビジネスでのAI活用方法の習得】 本ワークショップでは”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で、「ビジネスで活きるAI」を学んでいただけます。 なぜ今「AI」なのか 「AI」と騒がれる昨今。ビジネスでは、様々な分野でAIが導入されています。 しかし、多くの人がAIをあまり理解しておらず、「AIって、すごいらしい」「AIは人間の代わりに仕事をやってくれるみたい」のような曖昧な理解をされている方が多いと感じます。 そこで年齢問わずAI初学者の方を対象に、AI分野の第一線で活躍しているデータサイエンティストより、直接講義が受けることが出来る機会をご用意いたしました。 AIがビジネスの現場(製造業、小売業、不動産業、株取引等)でどのように活用されているのかを全11回のハンズオン形式ワークショップで学んでいただきます。 ワークショップ内容 全11回構成(1回2時間、毎週開催予定) 学びたい回のみの受講もOK!(第2回以降は1500円/回となります) ・第1回 概要説明と教師あり学習 ・第2回 教師なし学習 ・第3回 予測モデルの学習と評価 ・第4回 ビジネスでよく使われるモデル紹介 ・第5回 ビジネスで必要なDeepLearning知識 ・第6回 実世界データのモデリング ・第7回 飲食店の来客数予測 ・第8回 クレジットカードの不正利用検知 ・第9回 手書き数字画像の認識 ・第10回 ニュース記事のテキストデータ分析 ・第11回 WebアプリへのAIプログラム組み込み 講師 森田 尚也 名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。 大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事。業務で使用する言語・技術はPython, Java,C#, Dockerなど。 分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。 荒川 準也 東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。 メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。その後、AIベンチャーを企業。 使用言語・技術はPython,Java, Rubyなど。分析、開発、マネジメント、サービス立ち上げをこなすマルチエンジニア。 準備頂くもの ・PC 参加対象 AI,DeepLearning,機械学習等の初学者かつ学生・若手、中堅社会人の方! こんな方にオススメ ・AIを勉強してみたいけど何から手をつけたらいいかわからない ・AIを勉強してみたけど、数式がたくさん出てきて途中で挫折 ・そもそもAIって何かわからない ※※※※※注意※※※※※ 参加者が10名未満の場合、中止させていただく場合が御座いますので、その際はご容赦ください。 その他 本イベントはZOOMを用いたオンラインイベントになります。ZOOMリンクは当日にご送付させて頂きます。

7/18 (日)

49a622fdda9024b3c04fd30e8485125b CoderDojo Owari
2021年7月開催
岩倉市生涯学習フェスティバルなど施設の予約のため、第3週に 7月第1週には岩倉市生涯学習フェスティバル開催など施設の予約のため、第3日曜日に開催します。 新型コロナ対策のため、参加定員を制限しています。 現地のニンジャの参加人数は、コロナウイルス感染症対策として最大20名の予定です。 PC持込・PC貸出の人数は申し込み状況に応じて変動しますので、予めご了承ください。 定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 保護者の同伴1名可 (2021年7月) 三密状態を防ぐため、定員を制限しています。 保護者の方の付添1名のみ可とすることになりました。 プログラミングや発表の様子をぜひ隣でみてあげてください。 それ以外の付添の方については、入室をご遠慮頂きます。 生涯学習センター内での待機もご遠慮頂く必要がございます。駐車場の車の中、外などの三密にならない場所にて待機、もしくは送迎をお願いいたします。 代わりに、会場の様子を Zoom や限定公開の YouTube Live にてライブ配信いたします。 ライブ配信は一般公開はいたしません。視聴 URL は Connpass のメールにてお送りいたします。 はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本では全国に229以上の道場があります (2021年3月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください 小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。 Scratch アカウント作成のおすすめ Scratch では、オンラインアカウントを作成すると自分で作った作品をネット上に保存することができます。 もしよろしければ、以下の動画を参考に当日までにアカウントを作成しておいてください。 https://coderdojoowari.org/news/make-scratch-account/ 新型コロナウイルス感染症対策:岩倉市生涯学習センター、現地での参加に関して 当道場が定めた新型コロナウイルス感染症対策のルールに基づき、直前においても現地開催をキャンセルしてオンライン開催になる場合があります。 開催時間2時間前に開催可否の連絡を Connpass を通じてメールで連絡します。 現地開催では、ニンジャ・メンター全員が非接触体温計による検温、体調チェックを行います、37.5℃以上の方、ご自身や濃厚接触者で家族に体調が悪い方がいらっしゃれば、現地参加をお断りし、オンライン参加をお願いします。 岩倉市内で学校閉鎖がなく、岩倉市生涯学習センターが開館していれば、開催予定です。 熱中症対策として水筒など飲み物を忘れないでください 感染症予防対策を徹底し、当日の会場レイアウトは、ニンジャの間隔を十分に空けて行う予定です。 開催時に感染者・濃厚接触者が出た場合、参加者リストと連絡先を、保護者の方の許可を得て、生涯学習センター・岩倉市・保健所などの各機関に提出する場合があります。 オンラインハイブリット開催 送迎ができなかったり、ご心配な方向けに、オンライン参加も同時に開催します。 オンラインの進行は別々に行い、発表の時間だけ、現地の人とオンラインの人で一緒にできるようする予定です。 実験的な試みです、失敗するかもしれませんが、ぜひ、こちらの参加もご検討ください。 新型コロナウイルス関連 その他は当道場の方針を御覧ください。 新型コロナウイルスに対する方針 https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/ PC 貸出 & 電子工作機器貸出について ノートパソコンをお持ちの方は、持参していただくようお願いいたします。 貸出PC は2台保有しています。 halocode は3台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 micro:bit は5台保有しています。貸出希望の方は当日に教えてください。 PC貸出可能台数は、PCを所有しているメンターが参加できるかどうかに関わってくるため、開催1ヶ月前に決定いたします。 恐れ入りますが、PC貸出できるメンターが参加不可になった場合、 申し込み順が遅い方からキャンセル させて頂く場合があります。予めご了承願います。 より多くの貸出ができるよう、当日だけでも貸していただける方、寄付していただけるスポンサーを常に募集しています。個人・法人は問いません。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 学習用プログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 halocode: Makeblock 社の学習用 WiFi 内蔵シングルボードです。 micro:bit:学習用マイコンボード。いろいろなデバイスやセンサーにつなげてプログラミングをすることができます。 Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめる学習用ビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。 HackforPlay: ロールプレイングゲームを自分で改造し、ゲームを作りながらプログラミングを学べるシステムです。 概要 項目 内容 日付 2021年7月18日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 研修室1・2 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 (駅改札からの写真案内) 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 よくある質問 ウェブサイトに「よくある質問」ページを作成しています。合わせてご覧ください。 https://coderdojoowari.org/about/faq/ 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/209598/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています) スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact