YukariKurihara (@yukarik_)


参加する勉強会



過去の勉強会

11/24 (火)

『業務改善の問題地図』刊行記念クロストーク
概要 読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋。そして2020年、また1つ秋が加わりました。 「業務改善」の秋です。 こんな風景、身に覚えがありませんか? 「現場から改善提案が出てこない!」 「だれも本音を言ってくれない!」 と嘆くトップや人事部門。 一方で、現場は… 「いつもトップのかけ声だけで終わる」 「改善プロジェクトを立ち上げたが、なかなか成果が出ない」 「それどころか、改善を嫌がる人、抵抗する人だらけ……」 とこちらも疲労感まみれ。 このアンヘルシーな状況、どうやって打破すればいいのでしょうか? 今回は新刊『業務改善の問題地図』の刊行を記念し、共著者である沢渡あまねさんと元山文菜さんによるクロストークを開催! 社内の気運を高め、業務改善を定着させるためのポイントについて、多くの組織で業務改善をサポートしてきたプロのお二人にうかがっていきます。 「無力感」「中間管理職ブロック」「ソリューションありき」「抵抗勢力」といった本書内のトピックのほかにも、幅広い話題に触れていきます。未読の方の参加も大歓迎です。(なるべく事前に読んでおいていただけると、よりお楽しみいただけます!) 社長、部長、課長、現場の担当者が手を取り合って、仕事のアップデートを進めていくために。身近な業務改善のヒントから、ミライの働き方まで、ざっくばらんなトークにご期待ください。当日はお二人への質問もお待ちしています! ぜひこの機会に、「業務改善の秋」をスタートさせましょう! 出演者 沢渡あまね あまねキャリア工房 代表。株式会社NOKIOO顧問、株式会社なないろのはな取締役、ワークフロー総研(株式会社エイトレッド)フェロー。作家、業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士。日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社などを経て、2014年秋より現業。経験職種は、ITと広報(情報システム部門/ネットワークソリューション事業部門/インターナルコミュニケーション)。 300以上の企業/自治体/官公庁などで、働き方改革、マネジメント改革、業務プロセス改善の支援・講演・執筆・メディア出演をおこなう。著書は『仕事ごっこ』『職場の問題地図』『業務デザインの発想法』(技術評論社)、『ここはウォーターフォール市、アジャイル町』(翔泳社)、『はじめてのKintone』『新人ガールITIL使って業務プロセス改善します!』ほか多数。趣味はダムめぐり。 ホームページ Twitter Facebook メール:info@amane-career.com 元山文菜 株式会社リビカル代表取締役。業務コンサルタント。大学卒業後、株式会社サクラクレパスに入社。その後、富士通株式会社に転職。2017年に独立し、現在の株式会社リビカルを設立。障がいや難病女性向けのNPO運営の顔ももつ。「多様性×業務改善で、はたらくを楽しむ人を増やしたい」をテーマに、業務や組織構造の再設計を手がける。個人や企業にとっての「価値ある時間の創出」「経営資源の拡大」を支援。 これまで、BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)やRPA(ロボティクスプロセスオートメーション)導入支援と、個々人に対する時間管理術の改善をあわせて実施することで、組織への生産性を最適な手段で向上させる。そのほか、業務プロセス改善、タイムマネジメント、ダイバーシティマネジメントをテーマにした講演活動も精力的におこなっている。 ホームページ Twitter ブログ 視聴方法 ・開催前日、開催当日にconnpassのメッセージにてミーティングルームの招待URLをお送りします。 ・URLは参加申込後にイベントページ内に表示される 【参加者への情報】 欄にも後日追記いたします。 ・質疑はYouTube Liveのチャット機能にて募集いたします。 タイムスケジュール 19:00 開始 19:05 オープニング 19:10 トークセッション(沢渡あまね) 19:20 トークセッション(元山文奈) 19:30 クロストーク(沢渡あまね×元山文菜)MC:馮富久(技術評論社) 20:10 質疑応答 20:30 終了 関連書籍 業務改善の問題地図 ~「で、どこから変える?」~進まない、続かない、だれトク改善ごっこ(技術評論社) 連絡事項 ・機材、回線、システムのトラブルでセミナーを中断した場合、技術評論社販売促進部Twitterアカウントにてお知らせします。 ・後日、YouTubeへのアーカイブ映像の公開を予定しています。

10/9 (金)

1b34fa9d8714a2fa53af2cb5401e0d1d kintone Café 浜松
テーマは「kintone×農業」。袋井出張版は1年半ぶりにオンラインで開催です!
更新情報 オンライン開催になります。 Google Meet Web会議サービスを利用します。事前にGoogleアカウントの登録が必要になります。 Zoom会議になります。参加される方にはURLを共有致します。 LT(ライトニングトーク)発表者募集中 LTは、5分程度の短い発表のことです。 kintoneに関することならなんでもOKです。 「イベントへのお問い合わせ」(イベント申し込みの下にあります) からLT希望と書いて送信ください。発表のタイトルもいただけると助かります。 開催案内 サイボウズが提供するクラウド型データベース「kintone」の勉強会「kintone Café 浜松」を開催します。 今回は2回目の「袋井」開催(オンライン)です。 参加された皆さん方と、最近のkintone利用状況を見たり、聞いたり、話したりしたいと思います。 タイムテーブル No. 時間 内容 1. 19:00~19:05 開始挨拶(5) 2. 19:05~19:45 kintone x 農業 セッション(30) 2-1. 19:05~19:20 「kintone hive 名古屋登壇 舞台裏!」梅林さん 2-2. 19:05~19:45 「調整中」鈴木さん 3. 19:45~20:00 交流会(15)※LTされる方があればLT 会場 Google Meet * Googleアカウントの登録が必要になります。 * https://apps.google.com/meet/ Zoom会議になります。 募集人数 20名 対象者 kintone に興味がある方なら基本OKです、いっしょに楽しみましょう! 参加費 無料 kintone Café とは? kintone Café は、まだkintoneに触れたことの無い方から、より高度なカスタマイズを行いたいと考えているプロフェッショナルの方まで幅広い層を対象に、楽しく学び・教え合うことで、kintoneの魅力や活用法をみんなで共有するための勉強会コミュニティです。2013年12月の札幌を皮切りに、今では全国各地で有志により開催されています。 ※ kintone Café 公式ページはこちら https://www.kintonecafe.com/ 参加する前に kintoneには、5ユーザー、1年間無償の開発者ライセンスも用意されています。 https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/115002588523 「cybozu developer network」 「cybozu developer network」 は、デベロッパー同士が課題を解決し合えるオープンなコミュニティです。 cybozu.com 上のサービスにおいて、API ドキュメントを調べたり、Tipsやサンプルプログラムなどに質問したり、 コミュニティを通じてデベロッパーに質問することができます。 kintone Café 浜松では、勉強会に参加した有志が成果を「cybozu developer network」で発表しています。 ぜひ勉強会で得た知見を公開して、kintoneコミュニティに貢献し、盛り上げていきましょう! 今後の kintone Café 浜松 活動予定 開催予定月 内容 会場 2020年11月 kintone Café 浜松 #28 (もくもく会) オンライン開催 2021年02月 kintone Café 浜松 #29 (もくもく会) オンライン開催

6/16 (日)

ITエンジニアが船上でノマドワークをしてみた
逸般の誤出張者2人が、北海道出張ついでに移動のフェリーでノマドワークする様子をTwitterで発信します! どうせ出張するなら普段とは違った方法で移動してみたい。たまには、フェリーを使ってみたってイイじゃない。 でもって、その道中でノマドワークとかトークライブとかしたらどんな景色の変化があるのかしら? ワークスタイル変革を地で行く沢渡あまねと、インフラエンジニアはるかが、そんな実証実験の様子をTwitterで公開します! (電波状況が悪くてリアルタイムに発信できなかったら、ゴメンね!) 1.日時 2019年6月16日(日) 0:00~19:45 (前日6月15日(土)夕方からつぶやきはじめます)  2.参加方法 皆様の環境で、Twitterで #洋上ノマドワーカー の呟きをご覧ください。 質問やコメントあれば #洋上ノマドワーカー で呟いていただければ極力レスします。 (ただし、電波が入らない場合はゴメンナサイ) 3.開催(発信)場所 さんふらわあしれとこ船上 大洗発01:45発→苫小牧19:45着 4.キャスト ■沢渡 あまね @amane_sawatari 1975年生まれ。あまねキャリア工房 代表(フリーランス) 兼 株式会社なないろのはな 取締役。 作家、業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士。IT運用エバンジェリスト。 日産自動車、NTTデータ、大手製薬会社を経て2014年秋より現業。経験職種は、IT×広報。現在は企業や自治体で働き方改革、社内コミュニケーション活性、業務プロセス改善の支援・講演・執筆・メディア出演を行う。また、運用職種を中心とするITエンジニアの価値向上、モチベーション向上活動にも力を入れる。ITざっくばらん会in磐田 #ITzakkubaranIWATA #エンジニア銭湯 主催。#インフラ勉強会 #PRLTでもたびたび登壇。 ダム際で仕事する #ダム際ノマドワーカーだが、転じて、今回は洋上ノマドワークに挑戦。好物はさわやか。 <著書> 『仕事ごっこ』『職場の問題かるた』『職場の問題地図』『マネージャーの問題地図』『働き方の問題地図』『仕事の問題地図』『システムの問題地図』(技術評論社)、『運用☆ちゃんと学ぶ システム運用の基本』『新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!』(C&R研究所)など。 『職場の問題地図』は"ITエンジニアに読んでもらいたい技術書/ビジネス書大賞2018"で、ビジネス書部門大賞受賞。 <連載> 『運用☆ちゃん』(リクナビNEXTジャーナル) " rel="nofollow">https://next.rikunabi.com/journal/tag/unyo/ ■はるか @cam_i8 酒とグルメと温泉と鉄道旅行をこよなく愛するインフラエンジニア。エンジニアイベント巡りがライフワークで、数々のイベントで泣く子も黙るTsudaを余すことなく発揮している。今回は洋上でそのチカラを遺憾なく発揮してくれることであろう。

4/23 (火)

9da445bc110992793409c6b9353a279a JBUG(Japan Backlog User Group)
Backlogについてだけでなく、「プロジェクト管理」について知見をシェアし、学び合いましょう!
更新情報 2019/3/25 イベントページを公開しました! イベント概要 Backlogのユーザーコミュニティ、 JBUG(Japan Backlog User Group) です。 今回は、初の名古屋開催!プロジェクト管理に関するセッションや、参加者同士でのディスカッションを行えればと思っています。Backlogユーザーであれば参加可能です。招待もご自由に! また、JBUGは、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんよりバックアップいただき、軽食やドリンク(アルコール含む)などをご用意いたします!※懇親会(参加任意)にかかる費用は各自で負担いただきます。 発表したい方も募集中! JBUG(ジェイバグ)とは JBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)は、Backlogユーザーによるコミュニティです。 プロジェクト管理は、全ての業種/職種において必須のスキルである一方、そのノウハウが学べる場はあまり多くありません。Backlogは国内最大級のプロジェクト管理ツールであり、すでに100万人を超えるユーザーがいることから、「プロジェクト管理」「仕事のうまい進め方」に関する知識やテクニック、ノウハウを学び合うことをねらいとして、JBUGが発足されました。 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通し、より「働くを楽しくする」を実現したいと思っています。 直近のイベント 各拠点のJBUGがとても盛り上がっています!名古屋も一緒に盛り上げていきましょう。 2/21 #JBUG (東京#8) Backlog World 2019 reCapミートアップ 2/22 #JBUG (札幌#3) プロジェクト管理について、もっと学ぼう! 3/6 JBUG (福岡#7) Backlog World 2019 reCapミートアップ 4/13 JBUG (岡山#2) 遅れてきたBacklog World2019 岡山サテライト これまでのJBUGの様子 JBUGのイベントの様子は、こちらのブログよりご確認いただけます♪ スピーカー紹介 スピーカー①:なかいけんじ / 株式会社セルズ プロフィール 株式会社セルズ 開発 自社のオンプレソフトから移行するクラウドサービスを作ってます セッション情報 ・発表タイトル:バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) ・発表概要:新規開発の進捗管理に約半年使ったBacklogを使った感想と、現状の課題とお話しします スピーカー②:小久保 祐介 / 株式会社ヌーラボ Backlogのエンジニアリングマネージャー セッション情報 ・発表タイトル:BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 ・発表概要:BacklogはTypetalkとの連携を一番のウリにしていますが、最近SlackやChatworkとも連携できるようになりました。このプロジェクトで、チームが発足してから、リリースされるまでのチームビルディングの過程についてお話します。 タイムテーブル TIME WHO WHAT 18:45 開場 19:00 スタート 19:00-19:10 Meggy オープニング 19:10-19:40 全員 自己紹介 19:40-20:00 なかいけんじ バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) 20:00-20:10 全員 休憩 20:10-20:30 小久保 祐介 BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 20:30-20:35 全員 グループフォト撮影&アンケート 20:35-20:50 全員 ネットワーキング 21:00 希望者 懇親会へ ブログレポーターについて ご自身のブログで、当日の様子をレポートしてください!ブログレポーターとして参加してくださる方には、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんオリジナルのトートバッグをプレゼントいたします!ぜひ一緒にJBUGを盛り上げましょう。 また、こちらから内容指定や事前の校閲も行いませんので、ぜひ気軽に参加 & 発信してくださいね! (スピーカーの方の希望があった場合など、部分的な削除・改変依頼をさせていただく可能性はございます)