whiteax1 (@whiteax1)


参加する勉強会



過去の勉強会

9/16 (水)

Fdc868d1b87695d3ad7fc42954ce2826 ラクス
【途中入室/退場OK!】持続可能なSaaSを展開するラクスの開発戦略を紹介します!
イベント概要 ラクスは「IT技術で中小企業を強くします!」をミッションに掲げ、 メール共有・管理システムのメールディーラーから始まり、経費精算システムの楽楽精算に至るまで、 延べ50,000社を超えるお客様に自社開発したクラウドサービスを提供してきました。 このイベントでは、現場最前線のエンジニア達から 普段の活動や開発・運用で得た知見などの技術情報を発信し、お届けします。 このイベントが新しい気づきや成長につながる機会を提供する場になるとともに ラクス社員と参加者の皆さま、また参加者の皆さま同士で新たなつながりが生まれるきっかけになれば幸いです! ※宜しければ、ラクス開発者ブログ/Twtterもご覧ください! ・開発者ブログ https://tech-blog.rakus.co.jp/ ・Twitter https://twitter.com/DevRakus   テーマ 今回のMeetupのテーマは『持続可能な大規模SaaSの開発戦略』です! ラクスでは長いもので約20年、そして今後も新たなサービスがリリース予定と、「中小企業を強くする」ための大規模なSaaSプロダクトを幅広く展開しています。 今回は多様なSaaSを長く開発し続けるラクスに根付く費用対効果を考え、やるべき最適な対策をとるための開発戦略を紹介します。 長く持続可能なSaaSの成長を支えるエンジニア達の発表にご期待ください! 発表内容 長期的に考える技術的負債マネジメント戦略 登壇:やなせたかし[担当サービス:メールディーラー] 2015年に社会人となり、プログラミングの沼にはまる。その中でさまざまなプロジェクトを経験し、プログラミング言語や設計に興味を持つ。 2019年から現職。メールディーラーの新規機能開発を主に担当。 レガシーシステムとはなぜか縁が深く、新人のころから可愛がられている。現在はレガシーシステムとの上手い付き合い方を模索中。 <内容> 長期間運用されているシステムでは、往々にして技術的負債の蓄積が問題視されています。 蓄積された技術的負債は少しずつ返済するにしても大きなコストがかかり、辛いプロジェクトになることも・・・ このような状況下では、技術的負債をいきなり返済しないという選択をするのも1つの手です。 蓄積された技術的負債は、互いに影響しあい返済が困難となっていることが多いためです。 このような状況では、普段の開発から技術的負債の返済を見据えた戦略をとり、下地を整えることが重要です。 このセッションでは、多くの技術的負債を抱えたプロジェクトで負債とどのように付き合っていくかを考察します。 そして、実際のシステムを事例に、技術的負債と向き合い、コントロールしていく戦略をお話します。 DB容量肥大化への取り組み 登壇:山内覚 [担当サービス:楽楽販売] 前職ではメールとウェブからの情報漏洩対策用パッケージを開発。 2019年07月にラクスの楽楽販売開発チームに入社。 チームでは運用作業を以下を中心に担当中。 バージョンアップ後のリリース作業 ネットワーク、ストレージ不足など運用に関わる問題の対応(運用担当のメインはインフラチームだがアプリに関わる開発側の作業を担当) <内容> 長く続くSaaSでは、保持するデータ量の肥大化問題に遭遇する事が多くなります。 データ量の肥大化はメンテナンス時間の長期化やパフォーマンス劣化など多くの問題を発生させ、お客様に今後も長く利用いただく上で大きな課題に発展します。 本発表では成長していくサービスに合わせ肥大化したデータベースに対して行ったアーキテクチャ見直しプロジェクトで検討した事、実施した事、得られた事をご紹介します。 4年間のレガシーシステム運用から学んだトラブル対策の取り組み方 登壇:西尾敬太 [担当サービス:配配メール] 前職では客先常駐でのシステム開発~保守運用を経験。 2016年3月からラクスにJOIN。配配メールの開発チームで以下を担当。 開発業務 新機能開発/機能改修 オフショア開発物の受入 運用サポート業務 リリース作業/トラブル対応等の運用業務全般 顧客問合せ対応 <内容> 長年に渡りサービスを運用していると、様々な課題やトラブルが発生します。 トラブルを起こさないに越したことはありませんが、全てを制御できないのがSaaSサービスの運用です。 これまでに経験したトラブル事例をもとに、実施してきた試行錯誤をご紹介いたします。 Infrastructure as Codeによるインフラ構築の自動化により、オペレーションミスを防ぐ仕組みづくり 登壇:山村祐太 [担当サービス:ChatDealer] 2014年に株式会社ラクスパートナーズに入社。 常駐先の運用業務で、主にサーバ構築やネットワーク周りの構成変更作業などを担当。 2018年4月から株式会社ラクスのMaildealer/ChatDealerのNW構築・運用チームへ異動。 主にChatDealer運用で以下を担当。 担当商材のChatdealerバージョンアップ及び、負荷試験の実施。 ChatDealerのサーバ構築。 ネットワーク、ストレージ不足など運用に関わる問題の対応。 <内容> 私自身の経験を元にインフラエンジニアとしての技術的負債を考え、 Infrastructure as Code(IaC)によるインフラ環境の自動化に辿り着き、解決に至るまでの工程をご紹介致します。 開催概要 日時: 2020/9/16(水) 19:00-20:30 会場: オンライン(Zoom) ※Connpassのメッセージ機能、およびイベントページ中の「参加者への情報」欄にて開催前にURLを通知いたします。 参加費: 無料 ハッシュタグ: #RAKUSMeetup 主催: ラクス 当日のタイムテーブル 内容 登壇者/備考 18:50 (入室開始)途中参加OK! 19:00 オープニング 主催者 19:10 長期的に考える技術的負債マネジメント戦略 やなせたかし 19:35 DB容量肥大化への取り組み 山内覚 19:55 4年間のレガシーシステム運用から学んだトラブル対策の取り組み方 西尾敬太 20:15 Infrastructure as Codeによるインフラ構築の自動化により、オペレーションミスを防ぐ仕組みづくり 山村祐太 20:20 クロージング 主催者 ※発表内容、タイムテーブルなどは変更となる場合がございますのでご了承ください 注意とお願い 個人情報の取り扱いについて 個人情報は関係法令に従って管理いたします。 なお、当日アンケートなどでご回答頂いた情報につきましては、ラクスの個人情報保護方針に基づき適切に管理いたします。 注意事項 内容は予告なく変更される場合がございます。 本イベントはオンライン開催のため、通信状況によって音声や映像の乱れがある場合がございます。 配信トラブル時のアナウンスはこのアカウントから行います https://twitter.com/DevRakus 当日のイベント風景(写真)や内容は後日レポート記事やSNSにて掲載される場合がありますのでご了承ください。

7/4 (土)

5c22aab60d91f070765b417181a6b38c Japan Power Platform User Group
Become a CITIZEN DEVELOPER
Now is the time for CITIZEN DEVELOPERS. 自分たちで使うアプリは自分たちで作る。これはすでに特別なことではありません。では、自分たちで始めるにはどうしたらよいのでしょう?簡単です。自らが 知る 学ぶ 試す ことです。 気になるセッションに参加し、知る 学ぶ 試す ためのヒントを得ましょう。もう少し詳しく知りたい/解決したい問題があると思ったら メディック に訪れてみましょう。 タグ付きTweet タイトルURLタグ付きTweet イベントのすごし方 - おススメなど ふらっと立ち寄った感じで参加しても構いません。でも、コミュニティイベントですから限られた時間の中で集中し 知る 学ぶ 試す ことをおススメします。 知る 学ぶ ことを後回しにしなければならないことはあるでしょう。だけど、提供されるサービスやそれらの機能は絶えず更新されていくのですから、今、集中して仕掛かることが最善だと考えられるからです。 JPPUG セッションに参加する 同時進行で複数のトラックは進行します。なので、今、自分にいちばん必要なトピックはどれなのかを予め検討しておくとよさそうです。Microsoft Power Platform で利用できるサービスでなにが実現できるのか知っておくよい機会になることでしょう。 セッション中、質問できるチャンスやタイミングがあればグイグイと質問するとよいです。セッション進行への協力だけは是非ともで。 JPPUG メディックに参加する セッションのトピックになかった もう少し詳しく聴きたい / 質問するチャンスを逃した という場合は、JPPUG メディックに参加し質問をしてみましょう。きっと提案や回答が得られるはずです。恥ずかしがってる場合じゃない。 また、JPPUG メディック は トピック を予め定めていない セッション でもあるから、理解を深めたい / 解決したい ポイントが明確な場合、超々おススメの セッション です。質問から取り上げたトピックで チョークトーク や ディスカッション が行われるかも !? イベント参加方法 このイベントは Microsoft Teams で配信する オンライン イベント です。なので、Microsoft Teams を利用できる環境からアクセスしてください。 オンラインイベント 参加用リンクは、イベント参加申し込みの connpass アカウントに登録されているメールアドレスに配信します。イベント当日お昼ごろにお知らせできる見込みです。 Microsoft Teams の利用方法がわからない Microsoft Teams ライブイベント / 会議に接続できない 参加用リンクのお知らせが受信できていない など、すべてのトラブルについてイベント運営からのサポートはありませんし、お問い合わせいただいても応答しません。 Teams でライブイベントに参加する - Office サポート Teams での会議に参加する - Office サポート スケジュール はじまりの会 13:00 ごろから おしらせ イベントのすごし方 や お願い など Special な セッション 📢 Charles Lamanna (チャールズ ラマナ) マイクロソフト コーポレーション ローコードプラットフォーム担当 コーポレート バイス プレジデント ラーニングパス (4 + 1 トラック) 14:00 ごろ ~ 18:00 ごろまで 🧮 Power Platform なぜ今なのか?非開発者・開発者・IT管理者でもこれから始めるPower Platform (14:00 ごろ ~) 📢 たいき ノーコード・ローコードによって、開発者・IT管理者・利用者が行うことが日々変っています。このセッションでは、実際に吉田のMicrosoft Power CAT(Customer Advisory Team)がご支援している世界中のお客さんの事例をもとに、市民開発者・プロ開発者・IT管理者の3つの視点でお話しします。 これまでの人生で三日坊主だった僕が1年間「筋トレ」を継続できたのは Power Platform + Microsoft 365 のおかげ! (15:00 ごろ ~) 📢 太一 Microsoft の大きなイベントである「 Ignite The Tour in TOKYO/OSAKA 」でも数百名の前で登壇中に筋トレをデモしたという前代未聞の取り組み。その全容とシステム的な問題とその解決など、あの時語れなかった裏話満載の初心者向けセッションです。 自社で簡単に始める Power Platform (16:00 ごろ ~ ) 📢 もくだいさん 自社ではイチ市民開発者である もくだいさん が社内でPower Apps を最初に社内に布教したアプリを紹介と、モデル駆動型アプリとキャンバスアプリの使い分けについて再確認します。 Power Platform を活用すると家計簿はこんなにも便利になる (17:00 ごろ ~ ) 📢 こだま じゅんいち 皆さまのご家庭では、家計簿は利用されていますか?自分にピッタリの家計簿ツールに出会えましたか?本セッションでは、最適な家計簿ツールが見つからず Excel で運用していた我が家が、家計簿を Power Platform に置き換えた事例を生々しい数字とともにご紹介します!笑 Power Apps:アプリで入力&直近の状況確認 Power Automate:LINE 連携で簡易入力 Power BI:レポートで年間の支出を確認" 🧮 Power Apps / CDS MR アプリを Power Apps で爆速開発 ~ Low Code で 仮想世界へGo!~ (14:00 ごろ ~ ) 📢 てるちか やまだ MR in Power Apps についてご紹介。まだプレビューですが、お手元のスマホで未来をスグに感じられるステキな機能です。MR 全機能を紹介するか? 特定の話題に特化するか?は悩み中。 PowerAppsで自宅でも使いやすいアプリを作ってみた (15:00 ごろ ~) 📢 さやか Powe Appsで作ったアプリを紹介します。 ・買い物するときに冷蔵庫に何があるかわからなくなったことはありませんか? ・前に行った場所でまた行きたいけど場所がわからなくなったことはありませんか? 今回はこちらを紹介します! 市民開発者がエンジニアに転身した話 (16:00 ごろ ~) 📢 ピンクのひよこ Power Platform コミュニティイベントへの参加をきっかけに、テクニカルサポートエンジニアへ転身した元人事担当者が、キャリアチェンジの背景と、モデル駆動型アプリを使って顧客管理システムを作ってみた話を初心者向けに解説します。 Dynamics 365 BC + CDS でローコードに ERP を拡張 (17:00 ごろ ~) 📢 しんいち Common Data ServiceとDynamics 365 Business Centralの連携が強化されました。ERPをローコードで拡張する可能性について話します。 🧮 Power Automate / Power Virtual Agents Power Automate のエラーに向き合ってみよう (14:00 ごろ ~) 📢 たくまる Power Automate を触ってみてフローのエラーに悩まされたことはありませんか? ・Syntax Error ・Data Type Error ・Null field そんなフローのエラーを解決しながら、業務レベルでも使えるエラーに対応したフローの作り方をご紹介! 日本よ、これが iPaas だ (15:00 ごろ ~) 📢 Ahf Power Automate は Azure Logic Apps と同様に、iPaas として提供されているサービスです。世の中 DPA やら RPA やら色々言われていますが、そもそもの Automation とはなんぞやというテーマで Power Automatge の使い方をご紹介します。 Adaptive Cards沼につかるためには (16:00 ごろ ~) 📢 Hiro JSONは割とガンガン使います。中級者向け。Power Apps, Power Automateから、Teams, Outlook向けにユーザーがアクション可能なAdaptive Cardsを送信し、データ蓄積するまでを解説します。 ローコードBotで資産管理を行ってみる(仮) (17:00 ごろ ~) 📢 りなたむ Power Virtual Agents を使って資産管理を行えるようにします。資産情報はすべてCDSに格納され、なおかつ資産管理番号の印字されたシールも出力されます! 🧮 Power BI 最後の Power BI Desktop の学び 101 (14:00 ごろ ~) 📢 たけし どういうわけだか難しいところから始めてつまずく人が多いので、こうするといいんじゃね?っていう話 Power BI Desktop で Power Query 書いている人向けのカスタムコネクタ開発入門 (15:00 ごろ ~) 📢 Ken M スクリプトをコネクターとしてパッケージしてみんなで共有しよう うれしい、たのしい、大好き Power BI (16:00 ごろ ~) 📢 いしかわ あの名曲のノリに乗れるような感じを目指して、Power BI(Serivce, Desktop, Moble)を比較的最近取り組まれたばかりの方でも「Power BIって素敵だな」と思ってもらえるように話します。ビギナー向けではあるものの、Power Queryって便利!ていうところなどぐいぐいいきます。 CDS が DirectQuery をサポートしたのでそれを紹介しながら新機能を紹介していきます😎 (17:00 ごろ ~) 📢 ゆうご 5月~6月頃に使えるようになった比較的新しい機能を取り上げて、レポートを無理くり作ってみました。BI のレポートとしてはまったく大したものではありませんが、何かひとつでもヒントを持って帰っていただけると幸いです。最終セッションですので、気楽にご覧ください😁 💉JPPUG メディック💊 (14:00 ごろ ~ 18:00 ごろ) ここわからないのよね🤔 とか こういうときどうしたらいいかしら💦 とか 質問をお持ちよりください。これはねこういうことさ とか こうすればよいかもね とか ふわっと支援します。 処置室は以下の通り。 第壱処置室 : Power Platform 科 / Dynamics 365 科 / Microoft 365 科 第弐処置室 : Power Apps 科 / CDS 科 第参処置室 : Power Automate 科 / Power Virtual Agents 科 第伍処置室 : Power BI 科 お薬💊だしときますね。 おわりの会 (18:00 ごろ ~) みんなでぅぇ~ぃ 今後の予定とか大事なお知らせなど Business Application Platform | Microsoft Power Platform Microsoft Power Platform で Power BI、Power Apps、Power Automate、Power Virtual Agents を活用し、データ主導のビジネス ソリューションをすばやく構築します。 Common Data Model | Microsoft Power Platform Power Platform の一部である Microsoft Common Data Model (CDM) を使用すると、すべてのアプリケーションとビジネス プロセスで統合データの整合性を実現できます。 Data Visualization | Microsoft Power BI Microsoft Power BI のデータ視覚化ツールを使用して、データをチャンスに変えましょう。エンタープライズ データから分析情報を得て、より優れたビジネス上の意思決定を行うことができます。 Business Apps | Microsoft Power Apps Microsoft Power Apps を使用してビジネス アプリを簡単に作成して組織のすべてのユーザーを強化し、プロセスを最新化し、イノベーションを推進しましょう。 Common Data Service for Apps | Microsoft Power Apps Common Data Service for Apps を使って Power Apps アプリを構築し、データの整理と標準化を行いましょう。 Microsoft Power Automate | Microsoft Power Platform Microsoft Power Automate (以前の Microsoft Flow) の自動化されたワークフローを簡単に作成し、ビジネス プロセスの自動化により生産性を向上させることができます。 Intelligent Virtual Agents | Microsoft Power Virtual Agents Easily create intelligent virtual agents to provide personalized service and resolve customer issues quickly with Microsoft Power Virtual Agents. 関連コミュニティ Japan Power BI User Group https://www.facebook.com/groups/JapanPBUG Microsoft Power Apps Japan https://www.facebook.com/groups/powerappsjp/ LogicFlow-ja https://www.facebook.com/groups/logicflowja/ Office 365 コミュニティ https://www.facebook.com/groups/Office365Com.jp/ Japan Power Virtual Agents User Group https://www.facebook.com/groups/JPVAUG/ ※注意事項 イベントの各セッションの登壇内容、登壇者、時間帯は予告なく変更される可能性があります。予めご了承ください。

7/1 (水)

7b3a579930fa0f0602aede8585f8dc23 PWA Night
「PWAとは」「どんな技術」「ビジネスメリットは」。PWAの基礎が学べます
参加用URL https://bit.ly/pwab2 ※ 事前のconnpassでの参加登録必須です ※ イベント開始時間を過ぎてからの登録では、システム反映まで1〜2分かかる場合があります。少々お待ちの上、上記URLにアクセスしてください。 ※Vol.1と同じ内容ですので、Vol.1に参加される方はご注意ください。 人気につき、Vol.3を設定しました。8月5日夜に開催しますので、こちらへの参加もご検討ください! https://pwanight.connpass.com/event/181111/ PWA Night for Beginnersとは? 「PWAの活用方法やWebのミライを、カジュアルにみんなで考えていく会」 というPWA Nightのコンセプトはそのままに、話題になっているPWAをこれから勉強していこうという方向けに、PWAのトレンドの背景や、事例、技術的なことなど、職種関わらず知っておきたい初めての方向けの基本情報を幅広く共有する会です。 ぜひこの会をきっかけに、PWA Night通常回にもご参加いただけると嬉しいです。 オンライン開催です 参加者には参加用URLをご連絡します!(ZoomまたはGoogle Meetなどを予定しています) 対象 エンジニアはもちろん、デザイナー、ディレクター・・・ PWAに興味がある、これから始めていこうかなと思っているすべての人が対象です! PWAはWebのミライを作るコンセプトです!楽しくあたらしい時代をみんなで作っていきましょう! セッションとタイムスケジュール 時間 内容 16:00〜 挨拶&PWA Nightについて 16:00〜16:30 セッション『PWAとは。アプリとしてのPWAとネイティブの比較と、活用どころ』by 角谷さん@TAM 16:30〜16:40 休憩/Q&A 16:40〜17:10 セッション『PWAの作り方をさくっと学ぼう。実装方法について』 by 菅家さん@TAM 17:10〜17:20 Q&A 17:20〜17:25 諸々ご案内 登壇者プロフィール 角谷仁(すみや・ひとし) Twitter @hitoshisum 大規模WebサイトやWebアプリケーション開発のプロデューサー/プロジェクトマネージャ。 デジタルエージェンシーTAM取締役、チームマネージャ。PWA案件も複数担当しています! PWA Night発起人。Webのミライをみんなで作っていけるといいな 菅家大地 (かんけ・だいち) Twitter @kan_dai Webコンサルティング会社のデザイナーを経て株式会社TAMのフロントエンドエンジニアに。 大手企業のWebサイトやアプリのフロントエンドの開発業務に従事。 2019年3月に宮城県に移住。PWA Nightの他、仙台のフロントエンドコミュニティの運営に携わっている。