vVArt01 (@vVArt01)


参加する勉強会



過去の勉強会

4/20 (火)

4373febb78adb5af4aaf219f6f2f1530 デザイン周辺勉強会
” 経営課題をともに解決するパートナーでありたい” を実現するためのキャリアと提案
参加者になると、この上部に参加用のURLが表示されます デザイン周辺勉強会について 人間中心デザインやUXデザイン、あるいはUIデザインやビジュアルデザインなど、デザイン自体の領域は広がりを見せています。その広がりも見つつ、デザインそのものというよりは、デザインの隣接・周辺領域にスポットを当てた勉強会シリーズをやっていきたいと思います。学際領域であり、かつ、実践領域でもあるため、関連は多岐に渡りますが、一つ一つに焦点を当ててやっていきます。 本シリーズの勉強会では、概ね、前半にはその隣接・周辺領域の方をお招きして、話し手としてお話いただきます。後半は、参加者を交えて、どのような接点があるのかなどをダイアログ方式で実施したいと思います。 得られるもの ・制作会社、事業会社、フリーランスで得られた経験・価値観について経験談の一例 ・「会社員からフリーランス」「デザイナーからディレクター」と働き方や役割を変えた中で、どのように技能を育てたかの一例 ・ウェブ制作だけでなく、企業課題をともに解決するパートナーとしての提案方法の一例 得られないもの・失うもの ディレクションの最適解 (このやり方がよい、など) 別領域、例えばプロダクトマネジメントなどの知見 時間(2時間ほど) 開催場所 オンライン開催です。 前半は、Discordのテキストチャットとzoomによる映像・音声配信で実施します。 後半は、zoomのブレイクアウトルームとmiroを利用したダイアログという対話の場を参加者で実施します。 タイムテーブル 19:30 開始説明<10分> 19:40 「” 経営課題をともに解決するパートナーでありたい” を実現するためのキャリアと提案」 うめだえりこさん<50分> ウェブ業界歴15年(独立して5年)、初めは制作会社のデザイナー&コーダーのキャリアから始まり、今は主に制作ディレクションやマネジメント、経営課題の解決をお客様とともに行っています。 わたしのキャリアの話を交えながら、  「会社員からフリーランス」  「デザイナーからディレクター」 と働き方や役割を変えた中で培った経験や価値観、どのように技能を習得してきたかをお話しします。 また独立してからは、「課題をともに解決するパートナーでありたい」という想いから、ウェブサイト制作・運用・プロモーションだけではなく、  - 社内ワークフローの整備  - 組織マネジメント  - 採用活動、教育  - インナーブランディング にも携わっています。 上記を行っている意図としては、ウェブサイト制作を依頼いただいたお客様とわたしの意思として一致している目標は「成果を出すこと」です。 そのために「制作以外」の部分でボトルネックを解消しなければいけないことも多々あります。 社内で解決できないボトルネックの解消をともに行うことで、より成果を出すための社内の体制づくりもお手伝いさせていただいています。 どのようにお客様へ提案してご理解いただいたかもお話できればと思います。 まだまだ志半ばではありますが働き方や選択肢の一例として、聞いていただいた方の参考になるものがあればうれしいです。 (※フリーランスを勧める内容ではありません) うめだえりこさんプロフィール うめだえりこ フリーランス ウェブディレクター・デザイナー ウェブ業界歴 15年、フリーランス5年。 制作会社や事業会社で経験を積んで2016年に独立。 ウェブ制作、集客提案、運用、プロモーションを主要業務として名古屋で活動している。 2021年1月よりMBAプログラム受講中(プレスクール/2022年度本科入学予定)。 趣味はスポーツ観戦(野球・バスケ・プロレス)、ごはん、お酒、旅行。 ドアラ党。 Twitter: @umeko12 20:30 休憩 <10分> 20:40 ダイアログ <40分> 当日ファシリテーションの上、Discord上で実施します。 今後のデザイン周辺勉強会の予定 第1回 09/26土曜昼 「 テクニカルライティング 」 第2回 10/14水曜夜 「 マーケティング 」 第3回 11/03祝日昼 「 情報設計 」 第4回 11/27金曜夜 「 アクセシビリティ 」 第5回 12/18金曜夜 「 デザイナー採用 」 第6回 01/08金曜夜 「 職場のコミュニケーション(1on1) 」 第7回 1/29金曜夜 「 モチベーションと職場の教育 」 第8回 2/18木曜夜 「 段取り 」 第9回 3/12金曜夜 「 つきつめPG 」 第10回 今回 後日録画視聴希望枠について 希望が多かったので、カンパ枠と後日録画視聴枠では、後日録画したものを視聴できるようにしました。 ※お話枠はカバーできますが、ダイアログ枠はカバーできないので、当日参加をオススメします。 その他 基本、通常参加枠での参加で構いません。(70名程度を上限として増席予定です) カンパ枠で申し込んでいただくと、そのカンパをこの勉強会をシリーズ化する上でのドメイン取得や、画像制作などに利用します。 不明点などあれば、主催の @chachaki にお問い合わせください。 デザイン周辺勉強会行動規範 (Code of Conduct) デザイン周辺勉強会 行動規範 申込の際には、こちらを内容を必ずご確認ください。 デザイン周辺勉強会(以降、本イベント)では、すべての参加者、話し手と運営メンバーは以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。本イベント主催者と運営メンバーは、本イベントの間を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者と運営メンバーは、誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。 ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教(あるいは無宗教)、技術的指向に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他の本イベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。参加者は、これらのハラスメント行為を止めるように求められた場合、すぐに従わなければなりません。 スタッフは、性的な関心を引き起こすような服装/制服/コスチュームを使うべきではありませんし、その他の手段で性的な関心を引き起こすような環境を作ることもすべきではありません。 参加者がハラスメント行為に属するふるまいをした場合は、本イベント主催者は適切と判断した範囲で、当該行為を行った者に対する警告や、参加費を返還せずに本イベントから追放処分とするなどを含むいかなる行動も取ります。 もしあなたがハラスメントに遭った場合、他の人がハラスメントに遭っている場合、あるいは他に気になることがあった時は、すぐに本イベントの募集ページにある問い合わせ先(chachaki@gmail.com) 、または本イベントスタッフに連絡していただくようお願いします。 スタッフによる十分な対応が期待できない場合は、Twitterなどのソーシャルメディアに助けを求めてください。 本イベントスタッフは、ハラスメントを経験した人が、本イベント期間中安全かつ安心と感じられるように、参加者が近隣の警察に連絡すること、相談者の提供、およびその他の支援を行います。私達にとってあなたが参加しているのは大事なことなのです。 私達は参加者が本イベントのオンラインワークショップ会場、また本イベントに関連したソーシャルイベントにて、このルールに従うことを望みます。

4/3 (土)

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒
CoderDojoに関係する大人のためのミーティングです 昼間は子どもたちの活動としてやっていますが、こちらは関係する大人のためのオンラインミーティングです。 開催の目的は、 CoderDojo活動の活性化 CoderDojo活動のための情報共有 です。具体的なテーマがあれば、その都度お知らせします。 「CoderDojoに関係する大人」なので、ニンジャの保護者の方もぜひご参加いただければ嬉しいです。CoderDojoの時間以外での様子など教えてもらえると助かります。 CoderDojo奈良・生駒以外でも、CoderDojoの活動に参加している方であればどなたでもOKです。 カメラオフでの参加でも結構ですし(名前だけわかるようにしておいてください)飲み物を片手に飲み会感覚で参加していただければと思います。 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

1/22 (金)

21faf84c0f84aa84894152ddc541732c IPSJ/SIGSE 産学連携促進WG
本イベントは,IPSJ/SIGSE WWS 2021のセッションの1つです.
主旨・概要 2020年初頭より,COVID-19がソフトウェア開発ならびに関連する産学連携・教育のあり方に影響を与えていますが, その問題点や解決方法,経験について産学間で十分に共有されているとは言い難いのではないかと思います. 本イベントでは,COVID-19時代のソフトウェア開発や産学連携, 教育について,産学双方から発表を歓迎します.教育については大学等教育機関だけでなく,企業での研修における取り組み等も歓迎です. 成功・失敗事例の紹介だけでなく,課題の共有も有益であると考えています. 本イベントは,情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2021のセッションの1つとして企画され,同研究会の産学連携促進WGが運営しています. 主催 情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ 2021について 本イベントは,情報処理学会/ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2021 のセッションの1つとして企画され,同研究会の産学連携促進WGが運営しています. 討論リーダー: 吉田 則裕 (名古屋大学)  小川 秀人 (日立製作所) 暫定プログラム 時間タイトル講演者 13:30-13:35オープニング セッション1: リモートワークにおけるソフトウェア開発 13:35-14:05リモートワークにおけるソフトウェア開発のコミュニケーションにおける課題近藤 将成(京都工芸繊維大学) 14:05-14:35リモートワーク下でのETロボコン参加時のAzure DevOpsを用いたソフトウェア開発堀 旭宏(日立製作所) 14:35-14:45休憩 セッション2: 組込みシステム分野における取り組み 14:45-15:15Beyond COVID-19に向けての組込みシステム分野の研究開発有本 和民(岡山県立大学) 15:15-15:45COVID-19下における大学研究室での組込みシステム研究への取り組み山本 椋太(名古屋大学) 15:45-15:55休憩 セッション3: 教育のオンライン化 15:55-16:25テレワーク環境下におけるアジャイル開発の導入教育 ポジションペーパはこちら北川 貴之,長岡 武志,宮田 真紀子(東芝デジタルソリューションズ株式会社) 16:25-16:55COVID-19時代に適応したオンラインプログラミング教育、およびそのデータを活用した事例平尾 俊貴(株式会社dTosh) 16:55-17:00クロージング 参加を希望される方へ 本イベントページからお申し込みください. 発表も希望される方へ ウィンターワークショップのウェブサイト に従い,1/15までに申込みをお願いします. 問い合わせ先 wws2021-t3(at)wws.sigse.jp