ueponx (@ueponx)


参加する勉強会



過去の勉強会

6/25 (木)

F4514e929cff3cd63442ceaac41d2041 IBM User Group Conference
カンファレンス概要 ( Overview ) 現在、IBM CloudやIBM発のOSSは常に進化をしながら開発に貢献しています。この動きに合わせて、多くのUser Groupが日々、様々な情報を発信してきました。 当カンファレンスはこうしたUser Groupが一堂に会する機会を作り、最新情報に触れながら技術に携わる皆さんとの交流と情報発信を行うことを目的にしています。 Today, IBM Cloud and OSS are constantly evolving and contributing to development.And many User Groups have been sending out various information. The purpose of the IBM User Group Conference is to create an opportunity for these user groups to meet together and to communicate with people who are involved in the technology while touching the latest information. 開催日時 ( Schedule ) Day1 6月25日(木) 19:00~21:00 (Thursday, June 25, 2020 19:00 - 21:00 (JST)) Day2 6月26日(金) 19:00~21:00 (Friday, June 26, 2020 19:00 - 21:00(JST)) 企画・運営 ( Operating Community List ) Japan IBM Middleware User Community (JIMUC) IBM Cloud Users Group (BMXUG) Kabanero Meetup Node-RED UG TJBot Fan IBM見習い隊 水曜ワトソンカフェ 参加方法 Zoomになります。Zoomの都合で、1セッションあたりの参加はスピーカー含めて100名が上限となっておりますので、ご注意ください。 プログラム ( Program ) テクニカルセッションセッションとハンズオンで構成しています。 Technical Sessions & Hands-on Session Day1 キーノートは録画し、後日配信予定。 Keynote 19:00-20:00 AI、IoT、量子コンピュータ、クラウド、私たちは今何を学んでおけば良いのか? スピーカー 西川浩平 / 田中正吾 Track1 Track2 20:00-20:20 Only Tweet , Auto Analyzes China daily GDP Watson Discoveryによる回答の適切性改善 スピーカー 山口 章 増田 和紀 種別 ビジネス事例 ミドルウェア関連・AI 20:20-20:40 TJBot zeroで遊ぼう(2020春) IBMの公式外部アドボケイトを目指してみよう! スピーカー 柿本 大地/境川 章一郎 萩野 たいじ / ハーバート・ダリィ博士 / 蕪木 貴央 種別 AI, IoT IBM Champion Program 20:40-21:00 学生が語る「IBM Cloudの活用例」 今、開発者にできること。「Call for Codeグローバルチャレンジ」について知っておこう! スピーカー 髙尾 凌我 , 岡崎 竜也 戸倉彩 種別 やってみた 社会貢献・新規事業 Day2 キーノートは録画し、後日配信予定。 Keynote 19:00-20:00 ユーザーコミュニティと歩むIBMの未来 スピーカー IBM Developer Advocateの皆様 Tack1 Track2 20:00-20:20 AIは美味しいホルモン焼きを食べるか? codewindで実現!簡単コンテナ開発 スピーカー 江澤 美保 榎本 陽祐 種別 AI ミドルウェア関連 20:20-20:40 Laravel + Node-RED + KNX + DALIを使ってガチビジネスの遠隔照明制御システムをつくってみた Kabaneroを使ったJava EEアプリケーションのモダナイゼーション ~episode 0~ スピーカー 中畑 隆拓 平岡 大祐 種別 ビジネス事例 ミドルウェア関連 20:40-21:00 IBMが考えていること ー新しいコミュニティー”IBM Community Japan"の発足ー 運用マチュリティモデルで見るモダナイゼーション スピーカー 郷 みさき 加藤 勇 種別 コミュニティ紹介 ミドルウェア関連 ハンズオン 動画を視聴しながら手を動かす形式です。途中での質問などはSlackを通して回答します。 資料URL https://speakerdeck.com/kolinz/iotfalseji-ben-hanzuon-2020nian-5yue-ban 動画URL https://www.youtube.com/watch?v=-VLCSdjZvSw&list=PLziEfUdVSWb9MNDcUF6pEPJ50o89MGPKi 質問先(bmxug slack) https://bmxug.slack.com/ ハンズオンのチャンネルでご質問ください。 bmxug Slackに未参加の方は、前日までに下記より参加申請をお願いします。 未登録の方で、当日の場合は、こちらのフォームからご質問ください。 イベントページもあります(Event Page) イベントの詳細や登壇者の情報はこちらからもご覧いただけます。(You can see a detail about the conference from here) ご準備いただきたいもの オンライン開催のため、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、インターネットに接続可能な端末からご参加ください。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 以下のような行動を取られた方は、退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 講師および参加者に対して、勉強会の妨害と見られる言動や行動、人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘など。

2/23 (日)

91354ee19974875881386385daff8a3e CoderDojo瑞穂
Scratch, Unity, HTML, CSS, Viscuit, Blender
CoderDojo 瑞穂 愛知県名古屋市瑞穂区で小・中学生を対象にプログラミング道場を定期的に開催します。 子供達の自主性を育むことを目的とし、学校のような授業やカリキュラムなどは用意せず、自分がやりたいこと、作りたいものをメンター(指導者)や仲間と一緒に考えてプログラミングを行います。 メンターについて CoderDojo瑞穂では、道場を一緒に盛り上げてくれるメンター(スタッフ)を募集しています。 主に子どもたちの話を聞きながら、一緒にScratchなどを使ったゲーム制作・作品制作のサポートをお願いします。 当日は自分の作業を持ち込んでもらっても構いません。その傍ら、子供たちのサポートをお願いします。 本職かどうかということは全く関係ありません。子どもたちと一緒にものづくりを楽しみたいという方のご参加をお待ちしております。 ボランティアで運営しているため、報酬、交通費の支給はありませんのでご了承ください。 あると嬉しいスキル Viscuit Unity 3D CG作り (Blenderなど) HTML5+CSS3を使ったWEBサイト作り 子供と仲良くできるコミュニケーション能力 初参加者・見学希望の方へ 初めてCoderDojoでメンターをする・見学を希望される方は、事前に主催者とのお打合せをお願いしております。(メールなどでやりとりをさせていただきます) これはCoderDojoのルールであり、セキュリティ的に身元のわからない人にメンターをさせることができないためです。 また、あらかじめCoderDojoという世界的なボランティア活動についてご説明し、納得してもらった上で活動していだたきたいと考えているためです。 エントリーいただきましたら、当方から別途ご連絡させていただきます。(初回参加の方のみ) 場所 瑞穂区社会福祉協議会ボランティアセンター 電車でお越しの場合は瑞穂区役所駅2番出口から西の方向に向かってください。 入口が少しわかりにくいので、下記の写真を参考にお越し下さい。 https://www.instagram.com/p/Bp_WVZfFVxA/?utm_source=ig_web_copy_link 運営連絡先 [email protected] SNS https://www.instagram.com/coderdojomizuho

2/19 (水)

D952058d41658954977a0c72ec5ccb59 VoiceUI Nagoya
女性限定登壇 vol.2!スマートスピーカーを遊びたおす会 in 名古屋!
こちらは【名古屋会場】のページです。 東京会場でのご参加の方はこちら -> https://kotodama.connpass.com/event/163156/ 大阪会場でのご参加の方はこちら -> https://osaka-driven-dev.connpass.com/event/163085/ 開催方法変更のご連絡 週末の新型コロナウイルスの影響拡大を鑑み、来場者の皆様や関係者の健康を第一に考え、 開催方法を変更し、「Zoomを使ったオンラインでの開催」とさせていただきます。 当日の急な変更のご連絡となり恐れ入ります。 本日のZoom URLをconnpassメッセージにて参加者のみなさまへお送りさせて頂きましたので、メールのご確認をお願い致します。 なお、開始時間につきましては当初のタイムテーブルどおり「19時半から」を予定しております。 実施方法の変更について、ご了承いただけましたら幸いです。 はじめに スマートスピーカー/AIアシスタント全般をテーマにした開発寄りの勉強会です! 今回はスマートスピーカー/AIアシスタント界隈をリードする女性に絞った登壇第二弾となっています! 女性ならでは視点でのスマートスピーカー/AIアシスタント開発について、貴重な知見を共有頂けること間違いなしですので、みなさま是非とも奮ってご参加ください! 東京、大阪、名古屋の会場を中継で結んで実施いたします!! ※会場にWi-Fiを用意しております。  持ち込みのWi-Fiルータのご使用は混線の原因となりますのでお控え頂きますようお願い致します。 ※今回配信は予定しておりません。 タイムテーブル 開始時刻 終了時刻 内容 19:30 21:30 セッション 登壇者 湊川あい(みなとがわ・あい) Twitter: @llminatoll / Amazon著者ページ フリーランスのWebデザイナー・漫画家・イラストレーター。マンガと図解で、技術をわかりやすく伝えることが好き。 著書『わかばちゃんと学ぶ』シリーズが発売中のほか、マンガでわかるGit・マンガでわかるDocker・マンガでわかるRuby・マンガでわかるScrapbox・マンガでわかる衛星データ活用といった分野横断的なコンテンツを展開している。 小城久美子 Twitter: @ozyozyo スマートスピーカーが大好きな元エンジニアPMです。 初期メンバーとしてLINE Clovaの日本での立ち上げに携わり、ClovaプラットフォームのPMとしてデバイス開発や、Developer Center、スキルプラットフォームを構築しましたが、昨年、LINEを卒業したので純粋な気持ちでスマートスピーカーを遊びたおしていきます。 「分身したい/させたい」をモットーに、人の面倒なタスクを機械が担える世界で、物事をスケールさせていきたい。 望月麻衣@もっちー(株式会社アイエンター システム開発本部 スマートデバイスソリューションGr所属 アイエンター15期 システム開発本部 年間MVP) Twitter: @Motchy_1204 2018年 新卒入社のiOSエンジニア 入社して1ヶ月後にスマートスピーカー開発に出会い2ヶ月後に初登壇。2019年4月には技術書典にてVUI本を頒布。 子供にプログラミングを教えるボランティアもたまに行う。 好きなファミレスはデニーズ。 会場のご案内 Zoomでのオンライン開催に変更になりました。 詳細は前述の「開催方法変更のご連絡」をご確認ください。 前回同様、ヤフー名古屋オフィスさまにて行います! 受付について 18:30~19:00まで受付を行います。 connpassより発行される「受付票」を印刷してご持参いただくか、スマートフォンの画面などでご提示ください。 スポンサー 懇親会スポンサー Forkwell(株式会社grooves) / ソニー株式会社 参加費 無料 諸注意 会場の様子を写真撮影し、SNSで公開させていただきます。 やむを得ず、イベントを中止することもございます。 喫煙所はございません。 新型感染症について 厚生労働省から日次で発表される情報、症例の拡大状況によっては本イベントを延期または中止させていただく可能性がございます。 その際にはイベントページおよび運営からのメッセージにてご連絡させていただきます。 何卒ご理解、ご了承のほど、よろしくお願いします。 アンケート イベントを盛り上げるべくアンケートのご協力お願いします! ■どのスマートスピーカー/ディスプレイを持っている? https://www.menti.com/5wswoyyjuo ■東京/名古屋/大阪と言えば?【都市名】〇〇とお書き下さい https://www.menti.com/y2frcma81o ■スマートスピーカーについて質問 https://www.menti.com/qzkf72ft63 ■あなたの職種は? https://www.menti.com/pdeuyv1svr ■Voice Con Japan 2020行く? https://www.menti.com/mc6do1k9om キャンセルポリシー 参加ができないと分かった場合は、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 アンチハラスメントポリシー VoiceUI Nagoya は、VUI(Voice User Interface)に関するLT登壇の機会提供、LTやハンズオンを通じた様々な情報やスキルの共有、参加者同士の交流を目的としています。 わたしたちは誰もがハラスメントを受けずに参加できるコミュニティを目指しています。いかなる形であれハラスメントは許容できません。このルールを破る人は誰であろうと、主催者やスタッフの裁量で制裁措置を加えたり、当コミュニティから出入禁止とすること、また会場およびWeb上でのコンテンツについて掲載を取りやめることもありえます。 私たちが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。 参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、 以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。 従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。 ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。 (このポリシーは 名古屋初心者LT大会やNFUG のポリシーを流用しています)

2/8 (土)

7da62afbc76838eb72e229a1de474ffb ALGYAN(あるじゃん)主催 公式イベント!
話題のSPRESENSE+NNCで音声を推論!あなたも軽量ニューラルネットワークをスキルセットに!
イベント中止のお知らせ この度はご応募ありがとうございます。 しかし実は大変残念なことに、イベントを中止することとなりました。 せっかくご応募頂きましたのに、誠に申し訳ありません。 ALGYANではこれまでSPRESENSEイベントを開催してまいりましたが(2019年9月14日横浜開催:参加者39名、2019年11月9日沖縄開催:参加者12名)NNCサーバーとアップローダーの不具合のため予定のハンズオン内容を実施することができず(影響を受けた参加者数 横浜39名中25名、沖縄12名中7名)、参加者の皆様には大変なご迷惑をお掛けいたしました。 サービス提供側の不具合により参加者が所定の目標を達成できない状態が、単発ではなく継続して発生しているというのは技術セミナーとしてあってはならないことです。 ALGYANはこの事態を重く受け止め、ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社様との緊密な協業により事態の打開を図ってまいりましたが、次回開催予定2019年11月23日(埼玉)、また無償ボランティア20名(ものつくり大学 学生有志)による事前テスト予定の2019年11月18日までに改善の見込みが立たず、ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社様から今後全てのイベント開催の取りやめ、およびALGYANとの提携解消の申し入れがございました。 大変残念ではございますが、ALGYANとしてはこれ以上参加者にご迷惑を掛けないことが最優先だと判断し、これを受け入れることといたしました。 つきましては今後開催が決まっていた下記のイベント 埼玉 2019/11/23 金沢 2019/12/7 札幌 2019/12/14 島根 2020/1/11 大阪 2020/1/13 名古屋 2020/2/8 を全て中止すると共に、2019年11月15日を持ちましてソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社様とALGYANの提携関係を終了したことをご報告申し上げます。 このような事態を招きましたことを深くお詫び申し上げます。 ALGYANは今後もこれまで通り活動を継続してまいりますので、何卒ご理解ご賢察とご容赦の程、そして変わらぬご支援の程、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。 IoT ALGYAN理事長 小暮敦彦 ====================================================== IoT+AI入門!SPRESENSE+ニューラルネットワーク無料お試し体験ハンズオン! SPRESENSEと拡張ボードなど一式を無償貸し出し! そしてなんと!SPRESENSE+拡張ボード+カメラモジュール+Wifiモジュールの4点セット一式をコンテスト参加希望者にどんとプレゼント※! (※条件あり。詳細は下記参照) IoT ALGYAN (あるじゃん )は、会員 4300人超の、極めてアクティブな技術コミュニティです。 セミナーや全国ハンズオンキャラバンをはじめ、他のコミュニティや団体、企業とのコラボを積極的に進めています。 さて今回は、個性あふれる仕様で話題のSPRESENSEを体験します! IoTで注目のデバイス側の技術といえばAI、そしてEdge側の「推論」。 AIのプロトタイピングは、学習モデル生成とチューニング・最適化作業が結構大変。 しかし、ニューラルネットワークコンソール(NNC)を使えば、優しい直感的なGUIを使ってSPRESENSE用の学習モデルを楽しく生成可能です。 ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社からの熱いメッセージ 「ニューラルネットワークコンソールを使えば手軽で直感的に学習モデルを作ることができます。小型・省電力のSPRESENSEに学習モデルを入れ込めば、軽量な推論を体感することが出来、様々な応用が期待されます。今回は、ニューラルネットワークコンソールの基本的な使い方を学び、SPRESENSE単体による超軽量推論がどんなものかを体感をします。 具体的には、マイクで音を認識し、人の声か拍手かを聞き分け、結果をLEDに出力します。 ありがちな画像認識ではなく、SPRESENSEの得意な「音」の推論にあえて挑戦するわけです。 ステップ・バイ・ステップで進めていきますので、電子工作初心者の方でも安心して参加いただけます!」 この素敵なアイテムを無償で体感できたら面白いのではないか。 という素朴かつ鬼気迫る意欲を満たすべく、ALGYANが立ち上がりました! なんと、この素敵なプロトタイピングボードを無償貸し出し! ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社様、 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社様、 情報科学専門学校様、 ご協力ありがとうございます。 ALGYANが初めての方も大歓迎です。 これを機にみんなで集合知を結集しながら、一緒にIoT技術の「今」と「未来」に熱い思いを馳せましょう! IoT ALGYAN(あるじゃん)理事長 小暮敦彦 追伸: 本コンテンツはALGYANオリジナルコンテンツです。全国展開を予定しています! 乞うご期待! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックすると動画が再生されます↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 【SPRESENSEボード情報】 SPRESENSE™は、低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載したIoT向けボードコンピュータです。例えば、GPSと高機能プロセッサを活用したドローンや、ハイレゾリューションオーディオの再生・録音、内蔵フルデジタルアンプを活用したスマートスピーカ端末、低消費電力を活かした定点撮影カメラなど、IoTを今まで以上にスマートで高度なものにしていきます。 詳細は公式サイトをご覧ください。   https://www.sony-semicon.co.jp/products/smart-sensing/spresense/ 応用事例(Impress サイト「AV Watch」リンク)   https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134725.html 【参加費】 無料!! アルコール飲料・簡単なおつまみを提供します。(フードスポンサー:__様 ご提供) ソフトドリンクはご自分でご用意ください。 ミニ懇親会も含めて無料です。 【開催場所】 ヤフー名古屋さまにて行います!  JR名古屋駅構内にある高島屋横のエレベータからセントラルタワー15Fへ行き、タワーズオフィスの高層階用エレベータに乗り換えます。  ※最寄りの「ゲートタワーオフィス」ではありませんのでご注意ください。  ヤフー株式会社 名古屋オフィス   名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ50階   JR名古屋駅直結 【参加条件】 ALGYANのイベントへのご参加は、connpassグループのメンバーになることが絶対条件です。 connpassグループ(必須):https://algyan.connpass.com ALGYAN本会FBグループ(強い推奨):https://www.facebook.com/groups/ioytjp/ (ALGYANグループのメンバーに固定会費負担や何らかの義務負担などは一切ありませんのでご安心ください) 当コミュニティやイベントの趣旨を理解し、運営ボランティアメンバーや協賛企業様の貢献を温かく応援してくださること。 無断欠席や悪質なキャンセルをしないこと。 無断欠席は、補欠者および運営側双方の機会損失となりますので絶対におやめください。  また、都合が悪くなった場合は理由をコメントの上、早めに確実にキャンセル処理をしてください。  直前や当日のキャンセルは補欠者も対応出来ず穴が空きます。  運営サイドが無断欠席や悪質なキャンセルと判断した場合は、やむを得ずブラックリスト登録を致します。 当イベント運営を温かく応援するスピリッツをどうかお持ちください。 参加者の皆さんは「お客様」ではありません。一緒に運営する寛容なスピリッツを持ってご参加ください お互いに教え合うような、和気藹々とした雰囲気で進めましょう! SNS投稿やツイートによる心無い「荒らし」行為はご遠慮ください 【参加ターゲット】 電子工作/IoT/AIに興味のある方 AIをやってみて挫折した方 AIの技術をつかったモノづくりを始めてみたい方 AIと電子工作を組み合わせて遊んでみたい方 AIに興味がある方 マイコンプログラミングに興味がある方 SPRESENSE に興味がある方 ソニーのニューラルネットワークコンソールに興味がある方 →電子工作やプログラミングの経験は問いません 【当日貸し出しするもの】 SPRESENSE メインボード 拡張ボード WiFi add on board コンデンサマイク、LEDなど電子パーツ一式 MicroSDカード  →各参加者に1セット ハンズオンで使うサンプルコード及び説明資料のPDFを収めたUSBメモリ  →5,6名に1つ 持ち込み枠の方には別途、 WiFi add on board単体を貸し出します(もちろんご自分のがあればぜひ持ち込んでください)。 【プレゼントの4点セットとは※】 なんと!下記4点セット一式をコンテスト参加希望者にどんとプレゼント! * SPRESENSE Main Board (CDX5602WBMAIN1) * SPRESENSE Extension Board (CDX5602PWBEXT1) * SPRESENSE Camera Board (CXD5602PWBCAM1) * SPRESENSE WiFi add on board (iS110B) (※条件については下記参照) 【プレゼント条件について】 IoT ALGYAN主催 第2回SPRESENSE IoT作品製作コンテスト への参加を条件とします。 ・第2回SPRESENSE IoT作品製作コンテスト  2020年4月25日(土) 開催  コンテスト応募ページ  https://algyan.connpass.com/event/153284/  →第2回は地方のかた向けにリモート開催します。最大5分間の動画でご応募ください。応募多数の場合は予選あり。  ご自宅からでも遠隔参加できます。もちろんリアル参加可能な方は大歓迎です!(横浜) ①IoT作品であること(IoT作品であればテーマは自由です。) ②何らかの形でMicrosoft Azureに繋げること(繋がればどんな機能でも良いです) ③構想だけではなく動作デモ可能な作品であること(構想だけで挫折しましたという発表はNGです。たとえ失敗しても、動作する作品制作にチャレンジしてください。) を前提とします。 作品製作は失敗を恐れずトライしてください。 ググると先人たちのわくわくする先行事例が出てきます。 ちなみにカメラ画像の推論手法などは下記イベントページの下部にある「資料」が参考になると思いますよ! https://algyan.connpass.com/event/128666/ 当ハンズオンを受講してみて、コンテスト出品に自信を持てなかったかたは返上できます。 返上したい方は、当日持ち帰らずにお返しください。 プレゼントを受け取り持ち帰ったかたはコンテスト出品を宣言したものとみなします。 必ず出品してください。 なお、転売目的など趣旨の異なる心無い行為は絶対におやめください。 心無い行為が発覚した参加者はブラックリストに登録し、当ページにユーザー名を明記します。 ちなみに、SPRESENSE IoTアプリ開発コンテストには持ち込み枠の方を含め、どなたでもエントリー出来ます! 【必要な持ち物について】 Wifiが使えてUSBポート(タイプA)があるノートパソコン(PCの貸し出しは行いません。Githubの操作やプログラムの編集を行うため、タブレットなどはお控えください。) OS: Mac OSX 10.12(Sierra)以降 もしくは Windows(8/8.1/10)、Linux(Ubuntu14.04-16.04の64bit版 ノートPCの電源 micro USB Type-Bケーブル(SPRESENSEに接続するのに必要です・充電専用ではなくデータ通信が出来るもの) 可能なら電源タップも。(譲り合いの精神で、隣席の人にシェアをお願いします。) (可能なら)MicroSDカードリーダーも。 一緒に楽しむ優しい気持ち。 熱い情熱。  会場にはwifiがあり電源もあり自由に使えます。  →大切な備品ですので、傷つけたり壊したりしないよう、取り扱いにはくれぐれもご注意ください。  →一般的な電子部品はこちらである程度用意いたします。 ※部品のお持ち帰りはできません 【事前準備について】 ・ Azure サブスクリプション(無料サービス期間で可)  →Azure サブスクリプション契約  → サブスクリプション契約にはマイクロソフトアカウントが必要です。 ■Neural Network Consoleクラウド版アカウント登録 当日はNeural Network Consoleクラウド版を利用してハンズオンを実施いたします。 Neural Network Consoleクラウド版アカウント作成及びサインイン方法  https://dl.sony.com/ja/cloud/ の「今すぐはじめる」ボタンをクリックするとサインイン画面に遷移し、「新しいアカウントの作成」ボタンクリックします。 必要項目を入力して、進めてください。 入力したメールアドレス宛にメールが送信されているので、当該メールを受信してください。 メールを開いて「確認する」をクリックしてください。 WEB画面に戻り「確認済み」ボタンをクリックしてください。 アカウントを作成後、サインイン画面に戻るのでサインインします。 詳細はこちらをご覧ください。 ■Google Chrome / Arduino IDE 1.8.5以上がインストールされているPCの準備 Arduinoの開発環境(IDE)を利用して操作します。こちらを参照し、事前にセットアップをお願いいたします。 ※ ArduinoIDEのボードマネージャより、Spresense Reference Board by Spresense Community のv1.3.1以降への事前にアップデートをお願いいたします。 ※ USB シリアルドライバのインストールもお忘れなく! 【イメージ画像】 【前回の様子】 【タイムテーブル】 時  刻 進行内容( 2020年2月8日土曜日 ) 敬称略 10:00〜10:20 受付 →時間厳守にご協力ください。 10:20〜開始 【開演ご挨拶】 IoT ALGYAN理事長 小暮 【協力各社ご紹介】 10:30〜 【ハンズオン本番】メイン講師:IoT ALGYAN運営委員/SPRESENSE USER GROUP発起人 ハッピー佐藤 ゲスト講師:ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社 小泉 貴義(または代役のかた)①SPRESENSE と Neural Network Consoleの紹介 ②SPRESENSEへの電子回路作成(マイク・LED接続) ③音声録音プログラム(for SPRESENSE)の作成と録音作業(拍手、声) ④録音したデータのNeural Network Consoleへのアップロードとネットワークモデル作成と学習 ⑤学習済みモデルの検証とダウンロード ⑥推論プログラム(for SPRESENSE)の作成と動作確認 ⑦IoT Centralの準備(GPSの位置情報、デバイステンプレート・デバイスセット等の定義・SASトークン生成等) ⑧Azure Functionsの作成(IoT Centralへのデータアップロード中継・プロパティ更新用) ⑨推論プログラムへの通信機能とAzure Functions呼び出し機能の追加と動作確認 ⑩推論プログラムへのGPS機能の追加とAzure Functions経由のプロパティ更新機能 ⑪IoT CentralでのSMS通知機能などの実装 (お昼休み1時間、それ以外に約1時間ごとに5〜10分程度の休憩をはさむ予定です)集合写真の撮影にご協力ください! 17:00 〜 懇親会:フード&ドリンクスポンサー様LT動画(5分間)____様アルコール投入開始!乾杯用のビールと簡単なおつまみを無料ご提供(ソフトドリンクはご自分でご購入ください)。会場の移動など進行にご協力ください。 〜 17:40 終了予定 レイアウトの原状回復とゴミの分別にご協力ください。 →時間の制約上、ハンズオンメニューの一部を運営側で用意したもので代用することがありたす。予めご了承ください。なお、ハンズオン終了後もご自宅で継続自習可能なようにコンテンツを作り込んでいます。ご期待ください。→ハンズオンの性質上、時間が延びたり内容が変更になることがあります。予めご了承ください。 【注意事項】 ※会場をご厚意でお借りしています。ご迷惑をおかけしないよう、また設備などの扱いについて、細心の注意を払ってください。 ※運営スタッフは全員ボランティアです。速やかな進行にご協力ください。 ※メディアの取材記事や当コミュニティのFacebookグループページや告知ページ、Twitterツイート、ご参加者のブログなどに顔等が写りこんでしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 * 前記の通り、無断欠席や悪質なキャンセルをしないでください。 ※協賛企業からアンケート記入を依頼することがあります。 強制ではなく任意ですが、ご理解ご協力をお願いいたします。 ※席でスライドなどを撮影する際は、無音シャッターを使うなど、隣席のかたに配慮をお願いいたします。 当イベント運営を温かく応援するスピリッツをどうかお持ちください。 参加者の皆さんは「お客様」ではありません。一緒に運営する寛容なスピリッツを持ってご参加ください お互いに教え合うような、和気藹々とした雰囲気で進めましょう! SNS投稿やツイートによる心無い「荒らし」行為はご遠慮ください 【個人情報の扱いについて】 個人情報は関係法令に従って管理いたします。他の用途では使いません。 協力協賛各社様のアンケートに対する回答や、各社が紹介する商品やサービスをご利用なさる際は、自己責任で行ってください。 なお、協力協賛各社様のアンケートに対する皆様の回答内容について、ALGYANが照会・関与することは一切ありません。 【主催・協力・協賛】 主催 IoT ALGYAN(あるじゃん)運営委員会 会場 ヤフー株式会社様 協賛・協力  日本マイクロソフト株式会社様  ソニーセミコンダクターソリューションズ株式会社様  ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社様  岩崎学園 情報科学専門学校様  SPRESENSE USER GROUP(ハッピー佐藤)  株式会社テクモード  全国あるじゃん有志の皆さん  当日参加者してくださる、あ・な・た!  【SPRESENSEハンズオン全国開催スケジュール調整状況】 沖縄 11/9【確定】 埼玉 11/23(祝)【確定】 金沢 12/7【確定】 札幌 12/14【確定】 島根 1/11【確定】 名古屋 2/8【確定】←今回 熊本 調整中 香川 調整中 上記は変更することがございます。正式な開催日時は各募集ページをご覧ください。 順次公開いたします。 「SPRESENSE USER GROUPよりお知らせ」 SPRESENSEの開発者も参加しているFacebookコミュニティがあります! もくもく会なども開催しておりますので、是非ご参加下さい。 コンテスト出品作品の途中経過や、質問などが集まると嬉しいなと思っております! https://www.facebook.com/groups/2145058999069915/

2/1 (土)

53eaeb0b87ed0b6d810514fac391988f react.nagoya
名古屋ベンチャー企業の強強エンジニアによるReactLT会!!
React Nagoya Learning とは 「React Nagoya Learning」はJavascriptの人気ライブラリ”React”を中心とした、フロントエンドについて共有したり、セッションしたり、勉強したり、もくもくしたりするためのコミュニティです。 トレンドが目まぐるしく変化するフロントエンドという分野において、様々な技術やフレームワークが生まれては消え、成熟し、Webの発展に貢献してきました。 「React Nagoya Learning」は、そんなフロントエンドという荒野に足を踏み入れてしまったフロントエンドエンジニアの休息の地として、活動しています。 セッションやLT会では、「React」という枠から抜け出して、フロントエンドの荒野で闘うエンジニアの皆様がその知見を共有することで、新たな発見を持ち帰っていただけるようなイベントを目指しています。 「勉強会」では、「React」を中心としたフロントエンドの基礎や実用での運用、Reactのコア言語のJavascriptの技術に至るまで幅広く対応しています。 また、AWSやAzure、FirebaseといったWebアプリケーションでは必須のインフラまでカバーしています。 React Nagoya Learningでは、フロントエンドを勉強中の方やもっと理解した方、完全に理解した人も、チョットデキる方も、参加される皆様が楽しんでいただけるイベントにしていきます! 一緒に名古屋のフロントエンド界隈を盛り上げていきましょう!! 今回のReactNagoyaLearning #5 第5回目は、ReactNagoyaLearning初の試みとなる、登壇者を招いたReact LT会を開催します! 名古屋でノリにのっているベンチャー企業の強強エンジニアをお呼びして、普段は聞けない現場のエンジニアの話を是非聞いてください! 開催日時 2020年2月1日(土)15:00〜18:00 (受付:14:30〜) 参加費 無料 開催内容 フロントエンドLT会 場所 株式会社オプティマインド 住所 愛知県名古屋市中区栄2丁目11番30号セントラルビル9F 形式 LT会 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー  14:30-  15:00  受付開始 -  15:00-  15:10  オープニング / 会場説明等 -  15:10-  15:25  LT① マッケイ Twitterフリーランスエンジニア / 学生  15:25-  15:40  LT② 母利 睦人 Twitter株式会社オプティマインド  15:40-  15:55  LT③ 株式会社スタメン  15:55-  16:10  LT④ 株式会社スタメン  16:10-  16:25  LT⑤ 成川 喬朗 Facebook株式会社GeCS  16:25-  16:40  LT⑥ やみんちゅTwitter  16:40-  16:55  LT⑦ girigiribauer Twitter  17:00-  18:00  懇親会 -  18:00-  終了 - 諸注意 無線 LANと電源タップが利用可能です。 会場は禁煙です。 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。 イベントの様子を撮影・録画し、ブログや SNS などで公開することがあります。顔出しNGの方がいらっしゃる場合は配慮致しますので、スタッフに声をかけてください。 協賛 株式会社Acompany 株式会社オプティマインド

1/28 (火)

4e2604d61a474e7c49371d9f5622ec3b Yahoo! JAPAN Nagoya
デザイン的なアプローチで課題を解決!
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催しています。 第5回目となる今回のテーマは「デザインを語ろう」 です! 各セッションでは、デザイン的なアプローチで課題を解決した様々な事例を紹介する予定です。 プロダクトが抱えている課題に対するアプローチ方法やデザイン的な取り組みを知りたいという方におすすめとなっています! タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 19:00 受付開始 - 19:30-19:35 オープニング - 19:35-19:50 セッション1) デザイナーVS自サイト改修 吉川 荘子 (ebookjapan/ヤフー株式会社) 19:50-20:05 セッション2) 定量データ不足に立ち向かう、ユーザーテストと行動分析 村上 奈緒美 様 (株式会社エイチームブライズ) 20:05-20:20 セッション3) 参議院選挙2019特集のデザインリニューアルについて 小股 由莉子(ヤフー株式会社) 20:20-20:30 休憩 - 20:30-20:45 LT 5分 * 3本 - 20:45-21:30 懇親会 - 登壇者プロフィール&発表概要 吉川 荘子 - ebookjapan/ヤフー株式会社 2009年ヤフー株式会社入社。2013年からは株式会社GYAO、株式会社イーブックイニシアティブジャパンに出向し、エンタメ系サービスのWEBやアプリデザインに関わる。 デザイナーVS自サイト改修 企業内デザイナーにとって、自サイトのリニューアルやサービス統合・分割などの大規模プロジェクトは楽しくも恐ろしいものです。 エンタメ分野で2つのサービスを統合した事例と反省をもとに、やってよかったこと、やらなければよかったこと、サイトを大きく変更する際のデザイナーの動き方等についてお話します。 村上 奈緒美 - 株式会社エイチームブライズ 経営企画部 HIMARI G インハウスのイラストレーター、受託制作会社のWebデザイナーを経験し、2019年2月にエイチームブライズに入社。結婚式場紹介サイト「ハナユメ」や、新規事業にてサイト改善を担当。 定量データ不足に立ち向かう、ユーザーテストと行動分析 サイト改善といえば定量分析が定番ですが、定量データだけでは要因の特定が難しいケースはありませんか? 新規事業の定量データ不足の課題を解決するため、チーム全体で定性リサーチからサイト改善に取り組んだ事例などを紹介いたします。 小股 由莉子 - ヤフー株式会社 (Yahoo!ニュース デザイナー) 2016年にヤフー株式会社に新卒入社。 現在はYahoo!ニュースで、特集ページの新規作成などUIデザイン〜ビジュアルデザインまわりを担当。 今期はUXリサーチチームのメンバーとして、ユーザー調査の実施や分析をおこない、プロダクトのUIUX改善に取り組んでいる。 参議院選挙2019特集のデザインリニューアルについて 国政選挙に合わせリリースしている選挙特集のデザインを、2019年の参議院選挙を機にリニューアルしました。 リニューアルの経緯やその結果、制作のフローなど、制作の裏側をご紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、20:00までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 LT枠 セッションが終わったあとにLTを実施します。デザインについてなにか紹介したい事例や話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり 5分 でお願いします。 Twitter実況枠 イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 ※ 必要であれば机、電源を準備します。 ※ イベント開催後にtogetterを利用してまとめを作成します。イベント終了後にTweet削除はしないようにお願いします。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 アンチハラスメントポリシー 私たちは、いかなるハラスメントも認めません。 反する行為があった場合、警告や退去勧告などの対策を行います。 具体的に何をしたかではなく、相手に嫌な思いをさせたらそれはハラスメントです。 これらについての不快な言動・表現・差別を含みます。 性のこと:性差・性同一性・性的指向 体のこと:外見・身体的特徴・年齢・ハンディキャップ(障がい・病気) 文化のこと:国籍・言語・宗教・支持政党・社会的身分 一方的な迷惑行為:不適切な接触・ストーカー・妨害・脅迫・強要・望まない写真撮影や録音録画 みなさんに期待する行動 ハラスメント行為に加担しないこと。 相手をリスペクトして行動すること。(全員が個性を表現できるよう過ごしましょう) すべての法令を遵守すること。(知的財産権・商標・意匠・その他の権利侵害をせぬようにしましょう) 妨害となる行為をしないこと。(破壊的や威圧的な言動、武器や危険物の持ち込みなどは禁止です) スタッフの指示に従うこと。 不適切な行為を見つけたら? もしもあなたがハラスメントを感じたり、不適切な行為を目撃した場合、お近くの運営スタッフまでお声がけください。 面と向かって伝えにくければ、下記のメールアドレス宛でもかまいませんのでお聞かせください。 [email protected] その他・注意事項 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等を行うこと。また、宗教活動または政治活動をすることは禁止します。 その他、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為、イベント内容に積極的に参加されてないと見受けられる行為、飲食を目的としていると見受けられる行為など、本来のイベント趣旨とは異なる行為があった場合、次回以降のイベント参加をお断りさせて頂きます。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまたは [email protected] までお願い致します。

1/25 (土)

96a6656c6905e7a55373be7fbbaae3f2 xR Tech Nagoya
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流を目的とした名古屋xRコミュニティです。 今回の後半では展示&懇親会と、初心者向けの大規模VR体験会を開催致します。 イベント内容 登壇セッション(13:00~15:30予定、受付は12:30~) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う № 内容 13:00 オープニング 13:10 スポンサーセッション① ワンダープラネット株式会社 13:15-13:35 やってみよ!バーチャル生活とイベント -20分-おきゅたんbot(バーチャル登壇) 13:35-13:55 Looking Glass のつかいかた -20分-ウダサン(バーチャル登壇) 14:00-14:15 バイクの運転が体験できるOculusQuestのアプリを作っている話 -15分-サンマックス 14:15 10分休憩 14:25-14:35 LIVとOculus MR道草 14:35-14:50 VRoid StudioとMacOS Masaki Ota 14:50-14:55 初めてAR開発をした話 -5分-ざわてっち 14:55-15:15 楽しい×為になる×VR -20分-ろれる。(バーチャル登壇) 15:15 スポンサーセッション② 栄Virtual Portal 15:20 運営からのお知らせ 展示ブース紹介(展示物詳細は下記参照) 15:30 展示体験会&懇親会 17:20 エンディング&記念撮影 ※登壇者敬称略 展示体験会&懇親会(15:30~17:30) xR展示体験会 軽食付きの懇親会 № 内容 ① アストネス アストネスVR体験会 #5 in名古屋(併催) ② botamochi オリジナルVRゲーム『The Master of Arms』 ③ ヨルノイシ VR用キーボードソフトウェア『Pieinput』 ④ I am コイケヤ(スコーン) VRに適した立体文字の研究 ※展示者敬称略 Oculus Quest持参者募集中 #9 協賛企業・団体 会場提供:ワンダープラネット株式会社 機器提供:アストネスVRレンタル 協賛:栄Virtual Portal 注意事項 展示用に持ち込まれた機器の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。

1/24 (金)

684f05fcebe6ec3c1a858b6407f854b4 Node-RED User Group Tokai
更新履歴 日時 内容 2019/12/25 イベント公開 日時 2020-01-24(金)19:00 - 21:30 イベントについて このイベントは、Node-REDの様々な事例や使い方を持ち寄る勉強会です! 今回は初めての試み!なんと大阪UG・東海UGと一緒に3UG x 3LT = 9LTのリレー形式で、オンラインで共有しつつ勉強会をしてまいります。 Node-REDを使うユーザー同士でぜひとも交流しましょう~。 募集ページ 東京UG → Now!! 募集ページ https://connpass.com/event/159716/ 大阪UG 募集ページ https://node-red-osaka.connpass.com/event/160641/ 東海UG 募集ページ https://node-red-tokai.connpass.com/event/160775 対象 日本の様々な地域で使われるNode-RED事例を知りたい方 Node-REDのいろいろな可能性を知りたい方 Node-REDで自分も実装しているけど他の人の事例を見たい方 最近Node-REDという名前を聞いてどんなものか見てみたい方 オンライン共有イベントとという初の試みを温かく見守ってくれる方 Twitterハッシュタグ #noderedjp です。 イベント後、Twitterのタイムラインを上記タグでまとめる予定です。スピーカーの方々への質問や、「おもしろい!」といった当日の気持ちをツイートください。 コミュニティ情報 - URL Twitterハッシュタグ #noderedjp 公式ページ https://nodered.jp/ Facebookページ https://www.facebook.com/groups/noderedjp/ Slack入り口 https://nodered-slack.herokuapp.com/ 概要とスピーカー紹介 東京UGの登壇者3名、募集中です!今回は事例をメインに5分LTをいただける方ぜひとも Facebookグループ でコメントください。 ※内容・セッション順は変更になる可能性があります。 - タイトル ご所属 東京UG LT 1番目 「DALIをつかった照明制御とNode-REDの事例」 中畑 隆拓(なかはた たかひろ) さん スマートライト株式会社 LT 2番目 「Node-REDを使って、簡単LoRaWAN検証システム構築」 石塚 亮介(いしづか りょうすけ) さん STマイクロエレクトロニクス株式会社 大阪UG LT 1番目 「Node-REDとモーターモジュールを使用した治具の制御」 原田博 さん ご所属 株式会社Keigan LT 2番目 「産業用ロボットとTensorFlowの接続にNodeREDを使ってみた」 三上典秀 さん ご所属 スリーアップ・テクノロジー 東海UG LT 1番目 「自作センサをNR経由でスマホ表示してみる」 稲玉繁樹 さん ご所属 ミイシステム株式会社 LT 2番目 「一流エンジニアの気持ちになった!Node-REDのつかいかた」 遠山公仁 さん ご所属 株式会社シーアイエス LT 3番目 「GameControllerizer - Node-REDではじめるゲームハック!」 土井伸洋 さん ご所属 (有)来栖川電算 会場 会場は日本アイ・ビー・エム株式会社の名古屋事業所です。 場所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1 JPタワー名古屋 28F " rel="nofollow">https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/office.html#nagoya 入館方法 受付はJPタワー名古屋 28階になります。 connpassより発行される「受付票」を印刷してご持参いただくか、スマートフォンの画面などでご提示ください。 タイムテーブル ※当日のオンライン状況や進行次第で変更になる可能性がございます 時間 内容 19:00~19:30 開場/受付開始 19:30~19:45 ごあいさつ 19:45~20:50 各会場準備 19:55~20:55 LT 3UG x 3LT = 9LT! 20:55~21:00 各会場締め 21:00~21:30 撤収/閉場 連絡事項・注意事項 懇親会はございません 本イベントはオンラインで各UGのLTをつなぐ性質上、当日のオンライン状況で他UGのLTが閲覧できない可能性がございます 会場にはWiFiはございません。 電源は利用可能です。ただし全員には行き渡らないため、念のため PC は十分に充電をしてご来場ください。 勉強会場は禁煙です。喫煙所をご利用ください。 お問い合せはTwitter ハッシュタグ #noderedjp にご連絡ください。

1/18 (土)

No image 108x72 g NGK2020S
イベント全体の詳細は https://ngk2020s.netlify.com/ でお知らせしています。 スポンサー募集要項 https://ngk2020s.netlify.com/call-for-sponsors.html をご覧ください。 タイムテーブル ご都合に合わせていつでも入退場できます。 開始時刻 開始時刻 終了時刻 開場 13:00 受付 13:00 13:30 ※LT開始後も入場・退場はいつでも可能です。 オープニング 13:30 13:40 運営より諸注意中京テレビ代表者 ご挨拶 LT1 13:40 14:15 * terurou スポンサー: デンキヤギ 『自社サービスにDurable Funcionsを採用した話』 * dabits『ISUCONボツ技かるた』 * HaochenXie『計算モデル2flow』 * Haru_Yakumo『"自作キーボードを作る会"を作ったわよ!』 * kaizen_nagoya『「量子アニーリングの基礎」を読んで』 * Kazuhito00『市販のプレゼンソフトに満足できなくなったお話(画像処理編)』 休憩 14:15 14:25 LT2 14:25 15:00 * スポンサー: オプティマインド * keita44_f4『Homebrewの話』 弩 .net『Webアプリ開発効率化のためキャッシュ自動更新ツールを作った』 kojimadev『生産性を倍にしたハピネスチームビルディング』 * momocus『わたしが好きそうなネット小説をおすすめしてくれるやつ』 * aua208『アカダクツワラビ』 (1名欠員) 休憩 15:00 15:15 LT3 15:15 15:50 * ueponx『Node-RED UG TokaiとSeeed UGの活動に関して』 * shimamchan『Javaにまつわるウソ?ホント?』 * tsubokoh『LaravelでGraphQLを試してみた』 * warumonogakari『エンジニアや非エンジニアの関わり方に苦労している方 Meetupのお誘い』* yoshihiro503『Tezosが実現するCoqで契約書を書く未来』 * スポンサー: 来栖川電算 休憩 15:50 16:10 LT4 16:10 16:45 * スポンサー: CTC * くぅ - kuu『Better Java なだけじゃない Kotlin の思想と未来』 * こてつ『持病を楽しくhackしよう』 * とりさん『phpで行うサーバー構成管理』 * katzueno『DojoCon Japan 2019 を名古屋で開催した話』 * はんぺん『テニスの動画の分析』 休憩 16:45 16:55 LT5 16:55 17:30 * hpp『Gatsby.js 布教計画』* You&I『名古屋アジャイル勉強会の活動紹介』 * ゆいな『ダムはいいぞ』 * 戸ヶ里 健晟『Stay Hungry.』 * ノリノリたかのり『令和時代のIoT無限ループ』 * Tomotsune Murata『ギークバー新体制の約1年間』 クロージング 17:30 17:45 移動 17:45 夜の部申込者で開場に向かいます 夜の部 18:30 一般LT枠 1次募集→採択済み 会場を利用できる時間帯とスポンサーLT数から一般LT枠を25枠に増やし、以下の23名を採択しました。 発表順は近々発表します。 この時間帯に発表したいなどあれば調整するので連絡ください。 2次募集→採択済み 一般LT枠が26枠になるように、「3名」追加募集します。 当日までに一般LT枠やスポンサーLT枠でキャンセルがあった場合は、追加募集もその分増やします。 1次募集で Reject された方も要旨を修正の上、再応募できます。 LTレギュレーションをご覧の上、2020年1月11日(土) 23:59(JST) までに、応募フォームで必要事項を送付 してください。当落は2020年1月12日(日)中に発表します→発表しました。 LTレギュレーション LTを希望される方は、必ず本レギュレーションを遵守ください。 毎年、故意・過失でレギュレーション違反があり、遵守されている方から苦情をいただきました。 今年度は試験的に、レギュレーション違反を防ぐ取組をします。 少し手間が増えますが、ご協力おねがいいたします。 一般LT枠&スポンサーLT枠 機材や発表方法について プロジェクター:アスペクト比16:10、接続方法HDMI(Mini Display Portなどアダプタをいくつか用意しますが、非互換のおそれがあるのでご自身で用意するとより安全です) 発表PC、通信回線はご自身で用意ください。 登壇席にはマルチタップを用意します。 発表資料は、発表の前後いつでも本ページ、SpeakerDeck、自身のウェブサイトなどに公開してもしなくても構いません。 発表への質問や意見を受ける何らかの手段(Googleフォームなど)を利用しても構いません。 アンチハラスメントポリシー を一読し、遵守ください。 IT系コミュニティ合同のイベントではありますが、LT内容は必ずしも「IT」にこだわる必要はありません。例年、広島カープ、チョコレート、京都の風光明媚な写真などなど、様々なトピックが出てきます。 LTは持ち時間1人5分厳守です。5分経過して合図(ドラ)が鳴ったら拍手とともに強制終了です。時間が余っても5分経過されるまで放置されます。 一般LT枠 ゴールドスポンサー以外での自社や取引先を含む製品の宣伝、求人などの営利行為は禁じます。直接LT中に触れなくても、PCの壁紙やスライドのヘッダーなどにロゴ、宣伝文句などを掲載するのも禁止です。行いたい場合はゴールドスポンサー枠をお申し込みください。 利益供与を受けていなければ、自分の好きな製品(ライブラリ、アプリ、サービス、ガジェット、グッズなど)を紹介するのは構いません。 本ページで一般LT枠に参加申込の上、2019年12月28日(土) 23:59(JST) までに、応募フォームで必要事項を送付 してください。 期日までに送付ない場合、あるいはポリシーに抵触する場合、その他運営が必要と認めた場合は、Reject いたします。 2019年1月5日(日) までに採択された発表者を選定します。 Rejectされた応募者を差し引いても、応募者数が参加LT枠を上回った場合は、厳正に抽選を行います。 Reject やキャンセルを含めて一般LT枠が余った場合は、1月10日までに追加募集をし、1月13日までに確定します。

12/21 (土)

10565 normal 1572097536 icon facebook doorkeeper DojoCon Japan
日本最大のCoderDojoの祭典 DojoCon Japan 2019 は日本のCoderDojoの主催者やメンター、プログラミングを学ぶ子ども達とその活動に賛同・協賛する人が全国各地から集まる大きなイベントです。 2016年~2017年は大阪、2018年は東京で開催されました。本年は名古屋で4回目の開催を行います。 今年のDojoConのテーマは「つぎのSTEP」です。全国のDojoの新たな取り組みが共有されることで、各地のDojoが新たな活動の手掛かりを見つけ、今後のDojoがさらに発展することを目的としています。 **タイムテーブルなど詳細はこちらをご覧ください**  https://dojocon2019.coderdojo.jp/ ※懇親会、ワークショップは後日公開の別途チケットが必要です。 DojoCon Japan 2019 ~つぎのSTEP~ 1.開催日: 2019年12月21日(土) 2.時間:  10:30-17:30(開場10:00)※予定 3.場所:  名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス 社会連携ゾーンshake 4.参加費: 無料 お問い合わせフォーム https://dojocon2019.coderdojo.jp/#contactme よくある質問 Q. 複数人で参加する時はどうしたら良いですか? A. 1人1チケット必要です。親、子2人で参加する例では、親→メイン入場チケット、子→18歳以下チケット1~4をお申込みください。  19歳以上の方、5名以上の場合は恐れ入りますが、別アカウントにて再度お申込みください。 Q. 乳幼児を同伴します。登録は必要ですか? 登録はボランティア行事保険等の関係上、乳幼児を含む全員が必要です。

11/30 (土)

39c07eb906e0d36d76aa57936d1bb6c2 Node-RED User Group Tokai
Node-REDを使用したLINEチャットボットとWatsonを連携を行います
セミナー概要 LINEでのチャットボットの作り方、そして裏でNode-REDを使ってWatson APIとつなぐ方法を学びます。 今回のイベントでは名城大学の学生さん向けのイベントに社会人枠として参加していただくことになります。 IBM Cloudアカウント作成の事前準備が必要になります。 また、当日の持ち物についても注意事項があります。下記をご確認ください。 日時 2019-11-30(土)19:30 - 21:00(受付開始は19:00より) 対象 LINEでのチャットボットに興味のある方 チャットボットとWatson APIとつなぐ方法を学びたい方 Node-REDからWatson API使用したい方 Node-REDを興味があり、学んでみたいという方 タイムテーブル(現時点での予定) 講師 時間 内容 萩野 たいじ 様 19:30-21:00 LINEチャットボットとWatsonを連携するLINEでのチャットボットの作り方、そして裏でNode-REDを使ってWatson APIとつなぐ方法を学びます。 講師のご紹介 IBM Globalチーム Developer Advocate 萩野たいじ 様 元美容師にて元音楽家。ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを起業。 その後商社系SIerを経て、現在はIBM GlobalチームにてDeveloper Advocateとして、技術者へリーチしたマーケティングDevRel(Developer Relations)を展開。 会場情報 会場 CODE BASE NAGOYA 住所 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル6F URL https://codebase.proto-g.co.jp/ 参加者向け配付資料 https://medium.com/@taiponrock/line%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8watson%E3%82%92%E9%80%A3%E6%90%BA%E3%81%99%E3%82%8B-8a7d89a49e57 【重要】事前準備 ワークショップが始まる前までに、IBM Cloudアカウント作成を行ってください。 アカウント登録・IBM Cloudへのログインはこちらから。 https://ibm.biz/BdzkDN 【重要】当日の注意! ワークショップ当日は、LINEがインストールされたスマートフォン、またはPCを持参下さい。LINEアプリがインストールされていなくてもワークショップは受講できますが、作成したアプリを実機で試すことはできません。 注意事項 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 電源は利用可能です。ただし全員には行き渡らない場合もあります。念のため PC は十分に充電をしてご来場ください。 会場は禁煙です。 PC、通信機器などの持ち込み荷物については、各自で管理をお願いします。万が一紛失や破損が発生しても会場管理者や主催者は責任を負いかねます。 イベント中、必要に応じて会場の写真撮影をいたします。撮影した画像は公開することもありますので、顔写真公開NGの方は事前にお知らせください。できるかぎり配慮させていただきます。 アンチハラスメントポリシー このイベントでは、アンチハラスメントポリシーを掲げています。 わたしたちは誰もがハラスメントを受けずに参加できるコミュニティを目指しています。いかなる形であれハラスメントは許容できません。このルールを破る人は誰であろうと、主催者やスタッフの裁量で制裁措置を加えたり、当コミュニティから出入禁止とすること、また会場およびWeb上でのコンテンツについて掲載を取りやめることもありえます。 私たちが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。 参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、 以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。 従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。 ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。 (このポリシーは 名古屋初心者LT大会 のポリシーを参考にしています)

11/17 (日)

39c07eb906e0d36d76aa57936d1bb6c2 Node-RED User Group Tokai
Node-RED UG TokaiのIoT ワーキンググループの会です。
メインはWio Node+Node-REDでパトライトをゴニョゴニョ制御することを試行錯誤する会です。その他にやってみたいことがある場合でもオーケーです。 概要 2019-11-17(日)10:00 - 12:00 参加条件 継続して来れる人・東海イベントで講師やりたい人優先です。 やり方を教える会ではありませんのであしからず。 タイムテーブル 時刻 内容 10:00 - 12:00 Wio NodeでIoT制御 注意事項 ドタキャン、ダメ絶対。(都合が悪くなったときは、きちんとキャンセル手続きしましょう) 持ち込みで飲食自由。ゴミは持ち帰りで。 当日は写真撮ってSNSに流れたりします。ご了承ください。 本イベントはNode-RED User Group Tokai主催です。(Seeed株式会社主催ではありません。)

11/12 (火)

Db030560013a709f8c0620a37d7e8e09 IBM Developer Dojo
初級エンジニアのためのクラウド入門
概要 本Dojoではシステム開発に関わって来られたけれど、クラウドは初めての方、社内IT担当者やこれからクラウドエンジニアを目指してみようという初級エンジニアを対象としています。 「プログラム?なんとなくは読めるけど、自分で書けと言われると…」ぐらいな感じの方をイメージしています。 IBM Cloudのアカウント種別や画面操作など、はじめに知っておいていただきたい内容をご説明します。今後のスキル習得のベースになる講座です。 タイムテーブル 受付は13:00より、会場のイベント受付にて手続きをお願いいたします。お名刺の用意をお願いいたします。 時間 内容 発表者 13:00-13:30 セッション準備、開場 13:30-14:30(60分) IBM Cloud 入門 日本IBM 加藤 典子 14:30-15:00 クロージング、次セッション準備 ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 また当日はノートPCをご持参いただくと、IBM Cloud 操作を体験できます。 当日説明資料 https://speakerdeck.com/norikokt/ibm-cloudru-men ハンズオン資料 https://qiita.com/yamachan360/items/f3f0f10e8ae41fd65f5d 講師 加藤典子 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 日本IBMにてNotes/Dominoのアプリケーション開発・保守に従事。主にマーケティングと営業支援システムを担当。2016年よりDigital Sales部門(非対面営業)のビジネス・オペレーションを経験。2019年1月より現職。

10/31 (木)

39c07eb906e0d36d76aa57936d1bb6c2 Node-RED User Group Tokai
Node-RED UG Tokaiのキックオフを行います!
日時 2019-10-31(木)19:00 - 21:00(受付開始は18:45より) 対象 Node-REDという名前を聞いてどんなものか知りたい方 Node-REDを興味があり、学んでみたいという方 Node-REDのいろいろな可能性を知りたい方 日本のコミュニティ情報 URL Twitterハッシュタグ #noderedjp 日本ユーザ会公式ページ https://nodered.jp/ Facebookページ https://www.facebook.com/groups/noderedjp/ Slack入り口 https://nodered-slack.herokuapp.com/ セッション内容の紹介 時間 内容 LT枠1 @ueponx Node-RED UG Tokai はじめるよー​ LT枠2 @TetsujiIshii プロトタイプ開発に最適なNode-RED LT枠3 @KokiMiura 未定 LT枠4 @ShigekiInatama 組込屋がNode-redを使ってハマった話 LT枠5 @shinichi_seya ラズパイ+Node-RED+工作で、IoTカードフォルダー作ってみた LT枠6 @RyogaTakao もっとNode-REDを使いこなしたい! LT枠7 @TakashiMatsuoka (予定)Node-REDでハードウェア制御ノードを作りたいと思っているあたりの話 LT枠8 @itkrish 一緒にわくわくしませんか?(仮) ※内容・セッション順は変更になる可能性があります。 タイムテーブル(現時点での予定) LT枠は5分から10分を目安でお願いいたします。 今回は旗揚げ会なので、Node-REDを使ってこういうことができるかなとか、 Node-REDのこういうことが知りたいという内容もOKです。 自分はこういうものを作ったよという作品紹介もお待ちしております。 時間 内容 会場/受付開始 18:45 - 19:00 会場説明 19:00 - 19:10 ごあいさつ 19:10 - 19:20 LT枠1/LT枠2 19:20 - 19:35 LT枠3/LT枠4 19:35 - 19:50 休憩&座談会・ワイワイ 19:50 - 20:10 LT枠5/LT枠6 20:10 - 20:25 LT枠7/LT枠8 20:25 - 20:40 座談会・ワイワイ 20:40 - 20:50 記念撮影&後片付け&解散 20:50 - 21:00 登壇者 会場情報 会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 名古屋事業所 住所 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1 JPタワー名古屋 28階 URL https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/office.html#nagoya 注意事項 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 会場にはWiFiはございません。 電源は利用可能です。ただし全員には行き渡らない場合もあります。念のため PC は十分に充電をしてご来場ください。 会場は禁煙です。 PC、通信機器などの持ち込み荷物については、各自で管理をお願いします。万が一紛失や破損が発生しても会場管理者や主催者は責任を負いかねます。 イベント中、必要に応じて会場の写真撮影をいたします。撮影した画像は公開することもありますので、顔写真公開NGの方は事前にお知らせください。できるかぎり配慮させていただきます。 アンチハラスメントポリシー Node-RED UG Tokai が主催するイベントでは、アンチハラスメントポリシーを掲げています。 Node-RED UG Tokai は、登壇の機会提供、様々な情報の共有、参加者同士の交流を目的としています。 わたしたちは誰もがハラスメントを受けずに参加できるコミュニティを目指しています。いかなる形であれハラスメントは許容できません。このルールを破る人は誰であろうと、主催者やスタッフの裁量で制裁措置を加えたり、当コミュニティから出入禁止とすること、また会場およびWeb上でのコンテンツについて掲載を取りやめることもありえます。 私たちが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。 参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、 以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。 従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。 ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。 (このポリシーは 名古屋初心者LT大会 のポリシーを参考にしています)

10/14 (月)

146d937e0c18942975f6ce75c54a9376 Seeed
参加するには発表必須!のSeeedに関する情報交換会です。
本イベントはSeeedJP User Group主催です。(Seeed株式会社主催ではありません。) タイムスケジュール 時刻 タイトル 発表者 14:00 開始 14:00- #1 「夏休みに深セン行ってきた」 KMiura 14:30- #2 「Fusion PCBの中」 つぼい 15:00- #3 「Wio LTEのバージョンとライブラリ」 TakashiMatsuoka 15:30- #4 「Rebuttonを家庭内で実運用してみたお話。」 ばら 16:00- #5 「いきなり!AIボード」 Massan 16:30- #6 「これまでseeed製品を使ってみて」 ueponx 17:00 終了 続きは、名駅近辺の居酒屋へ移動する予定。 注意事項 ドタキャン、ダメ絶対。(都合が悪くなったときは、きちんとキャンセル手続きしましょう) 開始時刻には来てください。(遅れないように) 持ち込みで飲食自由。アルコールもOK。ゴミは持ち帰りで。 当日は写真撮ってSNSに流れたりします。ご了承ください。

10/7 (月)

6db2d8242e1b24c4d5d42b466badbf07 Cogbot コミュニティ
Azure AI プラットフォームのハンズオン!(๑•̀ㅂ•́)و✧
ハンズオンコンテンツ :💡 Custom Vision と Logic App / PowerAppsを利用して画像分類 Custom Vision を利用して犬の画像分類を行い、Logic Apps で利用します。また、PowerApps を利用して、犬の画像分類ができる AI を組み込んだモバイルアプリを作ります。 💡 Azure Bot Service x LINE でチャットボット開発 Azure Bot Service を使って LINE で使えるチャットボットを開発します。 💡 Visual interface for Azure Machine Learning service を使って GUI で機械学習二項分類 GUI のツール Visual interface for Azure Machine Learning service を使い、コーディング無しで機械学習を行います。 💡 QnA Maker を利用して FAQ 回答 API を作成 QnA Maker を使って FAQの回答ができる簡易ボットを開発します。 💡 Cognitive Services Language Understanding (LUIS)でノンコーディング自然言語分析 GUI で操作して自然言語処理を行うことができる Cognitive Services Language Understanding (旧称 LUIS)を使い、自然言語処理を行います。 💥 Custom Vision と ML.NET を使ったアプリケーション開発 Custom Vision を利用して犬の画像分類を行います。その画像分類器を TensorFlow のフォーマットでエクスポートし、ML.NET を使ってコンソールアプリ/ASP.NET Core アプリに組み込みます。 イベント概要 お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません!名古屋での Cogbot 開催となります。 学習済みの AI を API として呼び出すだけで使える Microsoft Azure の Cognitive Services を活用したハンズオンを開催します。 また、Azure Machine Learning Service を活用した機械学習のハンズオンコンテンツも用意する予定です。 「機械学習はまだビギナーだけど動くものを作る体験をしたい」「座学だけでは物足りない」というモチベーションの方は、この機会に Microsoft Azure の AI プラットフォームに触れてみてはいかがでしょうか。 メンターとして Microsoft MVP のメンバーがサポートします。 当日の参加者の状況に応じて、解説をしながらみんなでコンテンツを進めていくワークショップ形式で進めるか、各自でハンズオンコンテンツを各自で実施して随時疑問・質問をサポートする形式にするかを決めます。 Cognitive Services とは "AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。 画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。 公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。 Microsoft Cognitive Services Azure Bot Service / Bot Framework とは チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。 Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら? Azure Bot Service なら、Bot Framework や REST API を使って簡単にチャットを開発・拡張することができます。 Azure Bot Service (SDK v4) その他 機械学習モデルの開発、トレーニング、テスト、デプロイ、管理、および追跡に使用できるクラウドベースの環境の Azure Machine Learning Service があります。 Azure Machine Learning service Cognitive Services のようにすぐ使える PreBuilt モデルのサービスよりも、独自のデータを使って独自の学習モデルを構築したい場合、Microsoft では、世界では TensorFlow や Keras と並んで人気のディープラーニングのライブラリ Cognitive Toolkit (CNTK) が提供されています。 Microsoft Cognitive Toolkit (CNTK) 開催概要 項目 内容 開催日 10/7 (月) 時間 18:30時開場、19:00開始 会場 CODE BASE NAGOYA 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル6F 地下鉄東山線新栄町駅より徒歩数分 タイムスケジュール 時間 内容 スピーカー/担当 18:30 〜 19:00 開場・受付 19:00 〜 19:05 概要・会場の説明など (5分) --- 19:05 ~ 19:35 ・Azure Cognitive Services について・ハンズオンコンテンツの説明 調整中 19:35 ~ 20:50 ハンズオン 全員 20:50 ~ クロージング・会場片付け スタッフ ハンズオンについて ハンズオンをより楽しむために、事前にご準備をお願いいたします。 持ち物 インターネットに接続できるノートパソコン ( Windows 10 / Mac OS )とモダンブラザー(Chrome, Firefox, Microsoft Edge)の最新版 Microsoft Azure Trial Account(以下の「事前準備」のURLから取得可能です)  事前に試用アカウントを作成し、Microsoft Azure Portalにアクセスしておくとスムーズです。 電源に限りがあるため、可能な場合電源タップなどをお持ちください(電源は床埋め込みタイプのためアダプタは直接接続できません。) 事前準備 Azure のアカウントをお持ちでない方は、Azure Trial Account をこのリンクから取得し、事前にMicrosoft Azure Portalへアクセス可能なことを確認しておきましょう。 https://aka.ms/cogbot_feb21

10/5 (土)

6738d4d4e8d9da1206288bf0cd575e73 名古屋初心者LT大会
LT(ライトニングトーク)初心者が大勢集まってLTをしたり、聞いたりする会です。 「LTしてみたいけど、レベルの高いの中でやるのはちょっと…」 経験者だって誰しも最初は初心者でした。 初めての方、ぜひ最初の1回を乗り越えてみませんか。 「初めてやったときにヘタこいて、また失敗しないかコワイ…」 場数を踏んでいても、もっとああしていれば…と思うときはよくあります。 そうした反省を活かして、もう一度やってみませんか。 初心者LT枠 レギュレーション LTの経験が3回以下であること。全員の真偽確認は困難なので自己申告とします。 LTはITコミュニティで生まれ、広く行われていますが、題材はITに限定しません。良識の範囲内でご自由にどうぞ。 持ち時間は1人5分です。5分経過するとドラが鳴り、そこで終了です。早く終わってもドラが鳴るまで放置されます。 セールス、求人、その他の営業行為は禁じます。スポンサーLT枠を用意しますのでご連絡ください。 会場のご案内 ヤフー名古屋さまにて行います! JR名古屋駅構内にある高島屋横のエレベータからセントラルタワー15Fへ行き、タワーズオフィスの高層階用エレベータに乗り換えます。 最寄りの「ゲートタワーオフィス」ではありませんのでご注意ください。 プロジェクター仕様: 画面は4x3, HDMI, Mini-DisplayPort, VGA, (会場の関係で白背景のほうが見やすいです) 飲食:飲料、スナックなどに限り可です。LT発表や聴講をさまたげないようご配慮ください。 Wi-Fi:提供いただいておりますが、大人数のため接続が芳しくない状況もあります。発表資料でオンラインを使う場合、オフラインの代替コンテンツを用意しておくなどご検討ください。 タイムテーブル 適宜休憩をはさみながら、LT30本+スポンサーLT数本を予定しています。 会場は12:00から開放し、予定です。 セッション 発表者 タイトル OP: 13:30 - 13:40 @exoego 開始の挨拶、諸注意など 1: 13:40 - 14:10 戸ヶ里 健晟 yamuuuuuun Ya-san HayaUp ueponx YukiAmakawa 休憩 14:10 - 14:20 - - 2: 14:20 - 14:50 momocus iyo_27 nao_mu warumonogakari I_am_sawada yuji_teshima おやつ休憩 14:50 - 15:10 - - 3: 15:10 - 15:45 来栖川電算 LT x6 + おやつスポンサーLT yutaroud namiita tsubokoh ex_SOUL umesour kyntk 休憩 15:45 - 15:55 - - 4: 15:55 - 16:30 Yahoo LT x6 + 会場スポンサーLT uttne yamaryu labocho sawadango だゐ U_Serendipper_S 休憩 16:30 - 16:40 - - 5: 16:40 - 17:10 mnaruse SAKURAI, Atsushi icy ED: 17:10 - 17:30 - 終了の挨拶、片付けなど アンチハラスメントポリシー 名古屋初心者LT大会は、LT登壇の機会提供、LTを通じた様々な情報の共有、参加者同士の交流を目的としています。 わたしたちは誰もがハラスメントを受けずに参加できるコミュニティを目指しています。いかなる形であれハラスメントは許容できません。このルールを破る人は誰であろうと、主催者やスタッフの裁量で制裁措置を加えたり、当コミュニティから出入禁止とすること、また会場およびWeb上でのコンテンツについて掲載を取りやめることもありえます。 私たちが掲げるポリシーは、皆さんが安心して集える場の維持や、ナレッジ共有の促進のためにあります。 参加者皆さんが発表・発言された内容は、皆さんだけでなく、不特定多数の方の目に留まる可能性があります。 困難な内容をお願いしているわけではないと思いますので、参加されるすべての方は、 以下ポリシーを順守いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 ハラスメントには以下のようなものを含み、また、これに限りません。 ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障碍、容貌、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教についての攻撃的なコメント。 公共のスペースで性的な画像や類する表現。 脅迫、ストーキング、つきまとい、または、それら計画すること。 いやがらせ目的の撮影や録音。 発表や他のイベントを継続的に妨害すること。 不適切な身体的接触。 過度な営業行為。 以上のような行為を推奨したり、擁護したりすること。 ハラスメントをやめるように要請された参加者は、直ちに従ってください。 従わない場合、私たちは、適切と思われる範囲で警告・強制的な退席・コミュニティからの追放などの手段を行使します。 ハラスメントを見聞きした・被害にあわれた方は、運営までご連絡ください。 全ての方が安心してイベントに参加でき、このような場を維持していけるよう、ご協力をお願い致します。 (このポリシーは NFUG のポリシーを参考にしています) スポンサー 会場提供:ヤフー名古屋さま おやつ提供:有限会社来栖川電算さま

9/14 (土)

015699b0d4050824979d40424bf97c40 一般社団法人MA
尾張名古屋はゲーミング
GameControllerizer&kintoneハンズオン&もくもく会 #ヒーローズリーグ (注意)CGハンズオン申し込みの方はkintoneハンズオンも同時参加できますので、CGハンズオン側に申し込みを行ってください。 ヒーローズ・リーグとは?(旧MashupAwards) 一般社団法人MAが主催している、『作るを通じて、「誰もがヒーローになれる」』開発コンテストです。 『クリエイティビティ』を刺激をする場として,開発の楽しみを知る、未来を知るような学びの場として、テーマを通じ愛着を持つ方同士の交流の場として、本イベントにご参加ください。 全国各所で様々なテーマを元にしたイベントが開催される予定です。 予選を通過することで全国から集まるツワモノ供と 出会い、お互いの作品に触れ、話をしたり、懇親会で友だちになったりして、モノづくりのネットワークを広げてください! 本イベントで創った作品も応募可能です!この機会にぜひご応募お願いいたします! 前年度の公式サイト: https://ma2018.we-are-ma.jp/ ヒーローズ・リーグに向けて、今回は名古屋では GameControllerizer by G.C.開発チーム kintone by サイボウズ のハンズオンイベントを開催いたします. みなさん集まって一緒にものづくりを楽しみましょう! GameContollerizerとは GameControllerizerは,ディジタルゲームをハックするためのガジェットです.G.C.を用いれば,マイコン,センサ,あなた自身のプログラムを通じて,ゲームを制御することが可能になります. micro:bitでLED点灯はできたけど,それだけじゃつまらない.. Javascriptで簡単なアニメーションはできたけど,なんだか物足りない.. そんなあなた,次の一歩はゲームハックにチャレンジしてみませんか? こんなことができます!(津田塾大学栗原研究室の研究事例紹介より) kintoneとは kintone(キントーン)は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズのクラウドサービスです。業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使えます。社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、スピーディーに情報共有ができます。 短期決戦のハッカソンで活きるkintone API kintoneには、作成したアプリのデータを出し入れするAPIとしてREST APIが利用できます。(APIの仕様はドキュメントでご確認ください。) REST APIは言語を選ばずに、簡潔なパラメータで取り扱えるので限られた時間の中でおこなうハッカソンでは重宝します。 ノンプログラミングでのアプリ作成 ハッカソンで時間を有効に使うには、明確な役割分担が重要です。kintoneはノンプログラミングでアプリが作成できますので、エンジニアでなくてもアプリの作成がおこなえます。 どんな人向け? ゲーミフィケーションに興味のある方 IoTと連携したアプリやWebサービスを作ってみたい方 モノづくりに興味のある方 自分のアイデアを形にしたい方 ご提供するもの 会場の設備(電源・ネットワーク等) GameControllerizer のハードウェア(貸出し. 希望者には当日販売可能) G.C.ハンズオン参加希望の方 今回は「micro:bitを使っての簡単ゲームハック」にトライします. micro:bitを触ったご経験があれば,スムーズにハンズオンを進められると思います. 開発イメージについて知りたい方は公式サイトを参照ください. 必要なもの(貸出枠) PC(Windows, Wifi利用可能なもの) (micro:bit, Grove shield, GameControllerizerは貸出します) 必要なもの(持参枠) PC(Windows, Wifi利用可能なもの) micro:bit + Grove shield (GameControllerizerは貸出します) kintone環境 kintoneのライセンス登録をしておいてください。まだ登録していない方は、kintoneの開発者ライセンスから登録していただくと無料でお使いいただけます。 ライセンスの発行にはメンテナンス等、時間がかかることがあるので、お時間に余裕を持って登録しておいてください。 ※運営側で用意できる機材に限りがあるため,持参枠で参加いただけると助かります. タイムテーブル time contents 9:30 開場 10:00 冒頭あいさつ、諸注意など 10:10 会場ご協力をいただいたサイボウズ様より 10:00 GameControllerizerハンズオン 12:00 ランチ 13:30 kintoneハンズオン 同時にもくもく会も可 15:00 もくもく会開始 17:00 本日の成果発表や感想など 17:20 HLのご紹介 18:00 終了 昼食に関しては各自でとっていただきます。 当日の注意 connpassの6桁の受付番号を準備下さい。 イベントの様子を記事として公開するために撮影が入ります。 内容は時間が変更になる場合があります。 開催1週間前の正午に参加者が12名に満たない場合、開催は見送りとなります。 WiFi接続可能なPCを持参してご参加ください。 以上あらかじめご了承ください。 運営協力:Mashup名古屋 開場協力:サイボウズ株式会社 機材協力:Seeed株式会社

9/7 (土)

「AI x 愛知」愛知県で行うAI関係の勉強会です
イベント概要 愛知県の製造業の異なる会社で働く、AI・機械学習に興味を持つメンバー3人中心に「愛知県で会社を越えてAIに興味ある人、AIを使っている人と繋がれるイベントを開催してみたい!」という思いから始まったイベントです。今回が初回となります。 主に初心者〜中級者の方向けを想定していますが、基本的にカジュアルな敷居を設けないイベントにしたいので、AIに興味があるけど、何から初めて良いか分からない方、AIガチ勢の方の参加ももちろん歓迎いたします。当方含めて初心者の方もいますので、ガチ勢の方は是非おおらかな目で見ていただけましたら幸いです。 参加者の募集に関して 誰でもご参加ください。社会人でも学生の方でも参加ももちろんOKです。会場に余裕があるので、募集枠は一杯になったらまだ増枠する予定です。 会場一杯になりました。満員御礼ありがとうございます。まだ当日まで日もあるためキャンセルもあると思うので、希望者は早めに登録下さい。また、参加できなくなった方は、他の希望者のため、何卒すみやかなキャンセル処理にご協力お願いいたします。 LT枠も3枠募集しております。AI関係であればどのような内容でも構いません(カジュアルな内容でもガチな内容でもOKです)。ぜひ気軽にご応募下さい。 LT枠の抽選で漏れても、イベントに参加は可能ですので、安心して申し込み下さい(もしダメな場合はコメント等で連絡下さい)。 LT枠も締め切ります スケジュール 12:30 開場 人数多めなので、受付の関係上、早めにお越しいただけると助かります 受付は 14:00で締め切ります 13:30 〜 13:35 開会の挨拶(からあげ)・会場案内(ヤフー名古屋) 13:35 〜 13:55 「About Edge Computing "あらゆるものが考える"世界を作るのに必要な技術」(ほけきよ) 13:55 〜 14:15 「挫折しないためのAI学習法」(からあげ) 14:15 〜 14:45 「技術力で世界と戦う 機械学習コンペティション『Kaggle』の魅力」(u++) 14:45 〜 15:00 休憩 15:00 〜 15:10 会場スポンサーLT(10分) 「カーナビプロダクトにおける機械学習事例」(masayuki5160) 15:10 〜 15:50 一般参加LT(各5分) 「タイトル未定」(HELLO CYBERNETICS) 「ベイズ学習に入門した話」(なつお) 「エッジAIの事例を簡単に試せる!Edge TPUとAI初心者」(ミソジ) 「人工知能の国際会議IJCAIの紹介」(神) 「AIを活用して作るWebサービス開発について」(2z) 15:50 〜 16:00 特別ゲスト講演(10分) 「ディープラーニングおじさんの話」(やまさん) 16:00 〜 17:00 懇親会 17:00 閉会・片付け 17:30 完全撤収 ※ 発表者敬称略 注意事項 イベントに関して 参加費500円を徴収しますが、懇親会の飲み物・お菓子代、イベント運営に必要な諸経費に使われるもので、営利目的のイベントではありません 申し込みの際は、アンケートに氏名・所属の記入をお願いしておりますが、これは会場提供下さるヤフー名古屋様の万一のための危機管理のために使用するものです。その他の目的に使用することは御座いません。 機材に関して 発表資料のPCはご持参お願いいたします(難しい場合は事前に運営まで連絡下さい) インターフェースは HDMI, DVI, VGA など揃っています(ケーブルは会場にあります) iPad用のケーブルもあります 会場について 受付にて記名と引き換えに名札をお渡しします。50Fフロア内では身につけていただけますようお願いします。 飲食は自由です。 会場内に自販機があります。最寄りは15Fのコンビニがあります。 50Fフロアには喫煙スペースはありません。15Fの喫煙所をご利用ください 受付は 14:00で締め切ります

8/30 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
今回のテーマは「リアルに人を動かすSNS戦略」
イベントについて 「リアルに人を動かすSNS戦略」のテーマに関する意見交換をする場です。 イベントの対象者 リアルに人を動かすSNS戦略に興味のある方 SNSに興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年8月30日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 リアルに人を動かすSNS戦略 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUp Sasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、予告なく変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ゲストスピーカートーク① Twitter Sr.Partnerships Manager(sports) 高田 仁一郎 様「どうTwitterを使えばリアルに人を動かすことが出来るのか」 19:40 ゲストスピーカートーク② 株式会社シェアコト / プロデューサー(日本グミ協会会長) 武者 慶佑 様 「オーガニックにツイートしたくなる企画とリアル参加したくなるTwitterコミュニティ」 20:00 懇親会 20:55 集合写真撮影 21:00 イベント終了/撤収 注意点 会場のエントランスは19:30に締まります。もしそれ以降でお越しになる場合には事前にご連絡ください。Connpassにて管理者までご連絡いただければと思います。 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合には事前にイベント運営側までお知らせください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。

8/28 (水)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
機械学習の勉強会 AWSのAI/機械学習の勉強会です。導入事例やサービスなどの活用について登壇者からお話しいただきます。 LTの募集を締め切りました。 登壇者が決まりましたので募集を締め切りました。 みなさんのご協力ありがとうございました。 今後もAWS UGでは、登壇者を募集します。 ご希望の方は、Doorkeeper上の主催者へのお問い合わせでご連絡ください。 スタッフ募集中です! 一緒にコミュニティーを盛り上げていただけるスタッフも随時募集しています。 会場への入場について 入場には身分確認の為、名刺などの提出と Google Form への記入が必要です。19時より少し早めにご来場ください。 注意: 19時以降お越しになる方 19時になると正面の建物入り口の自動ドアが施錠されます。 19時以降に来られる方は、正面玄関右側や建物後ろ側からの「裏口」から入って頂く必要がございます。 裏口には "開放厳禁"のような注意書きが書かれていますが、入っていただいて構いません。 (裏口への入り方) 懇親会 懇親会もあります。頑張った後は飲みましょう! 【懇親会】機械学習の勉強会 懇親会申し込みページはこちらです。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/94901 スケジュール 時間 内容 スピーカー 18:30~19:00 受付 19:00〜19:15 Amazon SageMaker Neoが東京リージョンに来たぞー アマゾンウェブサービスジャパン エバンジェリスト 亀田さん 19:15~19:30 AIを利用した自動配送ルートシステムをAWS上でどのように運用しているか 株式会社オプティマインド 高田さん 19:30~19:45 Amazon Rekognition 株式会社スタメン 河井さん 19:45〜20:05 自転車ECでのAmazon Personalize導入事例 株式会社エイチーム 日比さん 20:05~20:20 Amazon SageMakerではじめる画像認識 菅沼さん 20:20~20:40 AWS の AI/ML 系サービスをどのように活用して、機械学習系の取り組みを進めて行くべきか JAWS-UG名古屋 山口さん 20:40~20:50 JAWS-UG最新状況 アマゾンウェブサービスジャパン コミュニティプログラム担当 沼口さん 20:50~20:55 障害を踏まえたアーキテクチャ指針について アマゾンウェブサービスジャパン エバンジェリスト 亀田さん 20:55 質疑応答 & 写真撮影 20:55 後片付け、退室 場所 CodeBase Nagoya 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル 6F 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/

8/9 (金)

9084 normal 1487576079 swtoyohashi dk home logo スタートアップウィークエンド豊橋
◆Startup Weekendとは  スタートアップウィークエンド(SW)は、金曜日の夜から日曜日までの54 時間で、仲間づくりをしながらアイデアをビジネスのプロトタイプにまで作りあげる起業体験プログラムです。2007年にシアトルで始まり、今まで全世界で4,500 回以上、36 万人以上が参加しています。豊橋では2017年に始まり今回が第4回目となります。  「何かを本当に始められる人を育てる、そのためのスキルと意思を育ませるための実践的人材教育の場を設ける」ことこそがStartup Weekend の真の目的です。これはStartup Weekend が掲げるスローガン「No Talk, All Action」(あえてくだけて訳すならば「やってみて、なんぼ」)にも現れています。  プログラムは金曜の夜にみんながアイデアを発表する1分間のピッチから始まります。そこからは、日曜の午後までに必要最小限の顧客体験を備えたビジネスモデルを作り上げます。そして日曜の夕方には投資家を想定した審査員の前で投資を呼び込むプレゼンを行います。  参加者は初日に「ハッカー」「ハスラー」「デザイナー」の中から役割を選択します。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。誰とチームを組むのか(また離れるか)は参加者の自由です。役割を臨機応変に変えつつ3日間を通し共に事業開発に情熱を注ぎます。  参加者は、ITエンジニア・デザイン・マーケティングなどとしてのスキルを持つ方もいれば、特定の知識・スキルは無くとも起業を目指している人、何となく参加する人と様々ですが、前述の役割に従って誰もが活躍する場があります。また、過半数の方々が一人で初めて参加する方々です。豊橋または他都市で開催されたSWの経験者が再び熱狂を求めて参加することもあります。  この刺激的な週末3日間が人生を変えるきっかけになる例も少なくありません。そのような例を増やしていくため、SWは単なる一時的なイベントではなく、起業家のための継続的なコミュニティ形成を目指しています。SWは参加者の意識を育み、今までにない付加価値を生み出し、ひいては社会を良くしていこうとする取り組みです。 ◆どのような方が参加されるか? 起業志望者、企業内起業家、フリーランスなどのバリバリ派だけでなく、起業を志望していない会社員や学生、主婦、アーティスト、謎の人など、ジャンル問わずどのような方も参加しています。ここには「起業とまではいかないけれど何かを創りあげて世の中に広めたい!」と考えている方も含まれます。 ◆どのような目的で参加される方が多いか? 参加資格はヤル気のみ。専門的なスキルや作りこまれた起業アイデアは無くても大歓迎です。もちろん金曜日にピッチするコンセプトについて、できれば何か起業アイデアを言った方がいいですが、アイデアが無ければエンジニア・デザイン・マーケティング・企画・営業などの自分が持つスキルなどを発表してもいいかもしれません。つまり、武者修行、力試し、仲間探し、何となく、どのような目的でも参加いただくことができます。かっこよく作りこまなくても、日ごろの不満や悩みをピッチすることで、仲間が集まりそれが具体的なビジネスアイデアに繋がることもあります。 過去開催した様子 第3回Startup Weekend 豊橋の様子はこちら。 <1日目>https://trialvillage.net/2018/12/startup-weekend-day-1/ <2日目>https://trialvillage.net/2018/12/startup-weekend-day-2/ <3日目>https://trialvillage.net/2018/12/startup-weekend-day-3/ ◆審査員 Judge 株式会社テクムズ 代表取締役 鈴木 孝昌 1974年6月生まれ。豊橋高校出身。米国オハイオ州立大学航空経営学部を卒業後、外資系メーカーの日本支社立ち上げやエンドユーザーシステム部門での役員など、日本のみならず欧米や東南アジアなど世界各国でグローバルなビジネス感覚を養う。その後、日本の素晴らしさを海外に伝えたいという想いから、(株)テクムズを起業。2019年6月に総額6.7億円の資金調達を完了。 UHY東京監査法人名古屋事務所長 三浦 伸太郎 野依小学校⇒南稜中学校⇒時習館高校卒。2005年にあずさ監査法人に入所し、金商法監査、会社法監査を中心に、IPO業務、包括外部監査、私学助成法監査など幅広い業種の監査に従事。社外活動として、公認会計士協会士補会東海会幹事、公認会計士協会愛知県会役員を歴任。2014年に監査法人を退職し、同年7月にレンタルスペース運営や起業家支援を中心とした業務を行う株式会社を設立し、経営者となる。2015年からは、MBA取得を目指し大学院生となり、経営者、会計事務所としての業務と3足のわらじを履き始める。2017年7月におおなんBizセンター長に全国公募で選ばれ、同年10月f-Bizモデルのセンター長に就任。2019年3月退任し現在に至る。 武蔵精密工業株式会社 上席執行役員 伊作 猛 経営企画、新規事業開発担当、CVC Director Western Michigan 大学卒業。武蔵精密入社後18年間アメリカ駐在し主に自動車OEM向け営業を統括。今年度より新規事業開発を担当し、社内ベンチャーの立上げ、メンタリング、AI事業開発に従事。CVC Directorとしてイスラエル、シリコンバレー、日本における4件のベンチャー投資、VC出資を担当推進。現在Musashi Innovation Labの年内設立を準備中。豊橋発のInnovationで地球社会の問題解決を目指す! 中京テレビ放送株式会社 ビジネス開発部長 中嶋 裕之 1967年、東京都生まれ。1991年明治大学政治経済学部卒業。広告代理店で営業や媒体担当を経験。1998年中京テレビ放送に入社。東京営業など営業局一筋で20年従事。今年6月、新設のビジネス推進局ビジネス開発部に異動。地上波放送局ならではの新規事業開発に取り組む。長らく培った営業感覚を生かし、新しいビジネスを産むことに情熱を傾ける。 ◆コーチ Coach 株式会社タスキ 代表取締役 種田 憲人 大学卒業後、都市銀行に入行し、企業に対する融資等の総合的な業務に従事。 2016年、株式会社タスキを設立。地域の抱える従業員・経営者の人材的課題の解決はもちろん、幅広い視点で企業のニーズに対応。2018年「モグジョブ」をリリースし全国展開を進める。 株式会社 eight 代表取締役 鬼木 利恵 ■プロフィール 株式会社リクルート(現リクルートキャリア)にて人材採用から育成に関する営業、株式会社リクルートHRM(現リクルートジョブズ)にて人事採用、営業、営業チーフを経験。 2人目出産時に退職。夫の転勤に伴い2011年奈良県にて独立。リクルート代理店より業務委託で奈良の企業の採用のお手伝いや、研修講師、就活生へのアドバイザーの仕事を受けながら、キャリアコンサルタントとして女性と子どものキャリア形成に関わる。娘2人を育てながら、夫の転勤や転職とともに働き方を変え「自分の頭で考え主体的にキャリアを積む」というテーマをもって歩んできた。「すべては子どもたちのために」が使命。 働くを通してママの輝く場をつくり、大人になって働くことが楽しみな社会をつくりたいと奔走中。2016年2月に三女出産。子育てをしながら働き続けている真っ只中。等身大だからこそ伝えられるリアルを大事に研修や講座の講師を務めている。 株式会社オレンジボックス 代表取締役社長 清田 高博 ■プロフィール 1973年生まれ。渥美農業高校卒業後29歳まで農業を経営。2004年に生花卸会社 有限会社オレンジマムを設立。映像制作・イベント企画会社として業種転換すると同時に社名をオレンジボックスへと変更。2019年2月に中日本アグリサービスを共同出資により設立、取締役副社長に就任。農業者としての経験と映像制作で養ったドローンの技術を生かし、農業を中心とした産業用ドローンの販売・教習・メンテナンス事業を行う。 税理士法人SHIP 税理士/MBA 鈴木 克欣 ■プロフィール 豊橋市出身。京都大学MBA卒。日本経営会計専門家研究学会理事。税務会計事務所を経営する傍ら、組織構築などに必要なマネジメントや若手経営者や後継者のコミュニケーション能力講座など、様々なセミナーを通して「経営者の意識変革が企業を強くする」ことを訴えている。東三河の花文化を盛上げる「花男子プロジェクト」マネジャー。 DSJP Consulting 創業者 湧田 リカルド ■プロフィール 1973年生まれ、ブラジルのカンポ・グランデ出身。18歳のときに来日し、製造業の派遣やセールスを行う。その後、ブラジルファッションEC「SANNA’S」と、一般人同士が商品を取引できる在日ブラジル人向けWEBサービス「LEILAO」の運営に携わる。ブラジル発アプリの日本進出に携わったことをきっかけに、スタートアップの資金調達に興味を持ち、2018年にDSJP CONSULTINGを設立。スタートアップ・VC間の課題解決を行い、より良いスタートアップエコシステムの構築を目標に掲げている。 ◆ファシリテーター Facilitator マツモトサトシ 弥生株式会社 技術フェロー 京都府、丹波地方生まれ。 大学生時代は三国志好きが高じて、中国を始めとして、モンゴル、東南アジアの国などを巡る旅に出る。卒業後は大学発ベンチャーの開発受託企業などに数年間務めた後、それまで名古屋ではほぼ皆無だったIT系勉強会を主催するように。 CSNagoya主催、名古屋Ruby会議1,2実行委員長、名古屋GeekBarなどで活動。2011年11月にスタンドファーム株式会社(現、株式会社Misoca) 取締役に就任。クラウド請求書管理システム Misocaを開発、サービスを広めるべく幅広く活動中。Startup Weekend Nagoyaのリードオーガナイザーを歴任後、2014年11月開催のStartup Weekend Nagoya Womanにて初ファシリテーション。サーバが趣味。 ◆タイムテーブル 当日のタイムスケジュール(仮) 8/9(金) 8/10(土) 8/11(日) 18:30 集合開始、名刺交換等 9:00 朝食、作業開始 9:00 朝食、作業開始 19:00 夕食 & 交流会 12:00 昼食 12:00 昼食 19:20 開会の挨拶 14:00 コーチへ援助要請 15:00 tech check 19:00 夕食 & 交流会 18:30 夕食 17:00 最終ピッチ 19:30 ピッチ開始 21:00 解散 18:30 審査 & 授賞式 21:00 チーム形成 & 作業開始 19:00 交流会 21:30 解散 21:00 解散 イベント参加以外の見学も大歓迎です。8/11(日)17時から行われる最終ピッチの見学は無料です。ただしその後のアフターパーティーまで参加をご希望される場合、一人2,500円いただきます(会場払い)。申込時にキャンセル待ちと表示される可能性がございますが、枠が余っている場合は追加致しますのでご安心ください ◆会場スポンサー MUSASHi Innovation Lab CLUE - 武蔵精密工業 Co-working space Trial Village ◆スポンサー ゴールドスポンサー オーエスジー株式会社 シルバースポンサー 中京テレビ放送株式会社 武蔵精密工業株式会社 ブロンズスポンサー イノチオホールディングス株式会社 株式会社コーワメックス 株式会社サイエンス・クリエイト 株式会社サーラコーポレーション 大三紙業株式会社 豊橋信用金庫 株式会社フェニックス ヤマサちくわ株式会社 ◆全国スポンサー 弥生株式会社 ◆後援 豊橋市 豊橋商工会議所 株式会社サイエンス・クリエイト ◆オーガナイザー(運営) 神藤 将弘 玉谷 幸代 柴田 篤 樅山 登一 室井 崇広 ◆最終ピッチ&懇親会 最終ピッチ開始17:00〜 懇親会開始  19:00〜 ※申し込み時にキャンセル待ちと表示される可能性がございますが、枠が余っている場合は追加致しますのでご安心ください よくある質問 こちらからご確認ください。 https://goo.gl/X8IEhW

8/6 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜Webフロントエンドを支えるノウハウを共有〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第3回目となる今回は、Webフロントエンドを支える様々な取り組み紹介やノウハウ共有の場とし、ヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、Webフロントエンドまわりについて名古屋で語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:20 セッション1)Nuxt.jsを使った電子書籍販売サービスの構築 沢田 晃一 (ヤフー株式会社 コマースカンパニー事業推進室 イーブックイニシアティブジャパン支援室) 19:20-19:35 セッション2)Reactのメジャーバージョンアップ〜react-railsを用いた事例〜 渡邉 悠真 様 (株式会社スタメン) 19:35-19:45 休憩 - 19:45-20:00 セッション3)Yahoo!ニュースでAtomicDesignを実践したときにやったこと 鹿山 玲子(ヤフー株式会社 メディアカンパニー メディア統括本部 プロダクト企画・デザイン本部) 20:00-20:15 セッション4)カオスなユニットテストからの脱却 松岡 やよい 様(株式会社カルテットコミュニケーションズ) 20:15-20:30 セッション5)Yahoo!検索におけるNext.jsの利用事例 岸本 耀平(ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部 検索プラットフォーム開発本部) 20:30-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 沢田 晃一 (ヤフー株式会社 コマースカンパニー事業推進室 イーブックイニシアティブジャパン支援室) 2008年にヤフー株式会社のエンジニアとして新卒入社。Yahoo!ニュース、天気、地図などの担当を経て 現在は電子書籍販売サービス「ebookjapan」の開発を担当しています。 Nuxt.jsを使った電子書籍販売サービスの構築 ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同で運営する電子書籍販売サービス「ebookjapan」が2018年10月にリリースされました。 コンポーネント設計としてAtomicDesignに挑戦してみた話や、状態管理をどうおこなっているかなど主に設計についてお話していきます。 渡邉 悠真 (株式会社スタメン) 2019年4月に株式会社スタメンに新卒入社。フロントエンドエンジニアとして、TUNAGの開発に従事し、Reactによる新規機能の開発や改善を担当している。 Reactのメジャーバージョンアップ〜react-railsを用いた事例〜 株式会社スタメンで開発している「TUNAG」はリリースしてから約2年半経ちます。 その間、Reactのバージョンを更新しておらず、古くなっていました。新しいReactのAPIや、ライブラリを利用するため、Reactのバージョンアップを行ったので、そこで得た知識を紹介します。 鹿山 玲子 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー メディア統括本部 プロダクト企画・デザイン本部) 2016年にヤフー株式会社にデザイナーとして新卒入社。 現在はヤフーニュースでWeb・アプリのフロントエンドとUIデザインを担当。名古屋グルメは味噌カツが大好きです。 Yahoo!ニュースでAtomicDesignを実践したときにやったこと Yahoo!ニュースのWeb版をリニューアルすることになり、AtomicDesignの思想を取り入れた設計でデザイン・開発を行いました。 なぜAtomicDesignを取り入れることにしたのかという話から、その結果についてお話したいと思います。 松岡 やよい (株式会社カルテットコミュニケーションズ) 2013年に株式会社カルテットコミュニケーションズに入社。リスティング広告の運用者向けサービスのフロントエンド開発に従事。 カオスなユニットテストからの脱却 フロントエンドでコンポーネント開発をするにあたり、機能が追加されるたびにカオスになっていくテストコードに悩んでいました。 悩んだ末にたどり着いたテストとの向き合い方やスタイルをコードを交えて紹介したいと思います。 岸本 耀平 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部 検索プラットフォーム開発本部) 2015 年ヤフー株式会社に入社。Yahoo!検索のウェブ検索やバーティカル検索の開発を担当し、2017 年よりウェブ検索フロントエンドのアーキテクチャ刷新を担当。 Yahoo!検索におけるNext.jsの利用事例 Yahoo!検索ではフロントエンドにおいてReactを利用した開発を進めており、フレームワークとしてNext.jsを利用しています。Next.jsをサービスの開発に利用したいと考えている人向けに、Yahoo!検索におけるNext.jsのフロントエンド開発への組み込み方や、カスタマイズの事例について紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19:30までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 ※ 必要であれば机、電源を準備します。 Twitter実況枠 イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 ※ 必要であれば机、電源を準備します。 ※ イベント開催後にtogetterを利用してまとめを作成します。イベント終了後にTweet削除はしないようにお願いします。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 今回のテーマにあう内容でなにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 懇親会 当日、20:30頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 注意事項 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。 ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等を行うこと。また、宗教活動または政治活動をすることは禁止します。 その他、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為、イベント内容に積極的に参加されてないと見受けられる行為、飲食を目的としていると見受けられる行為など、本来のイベント趣旨とは異なる行為があった場合、次回以降のイベント参加をお断りさせて頂きます。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

7/27 (土)

C31b58ff1fa1b4404a8d37b0100e10c1 Code for AICHI
名古屋初!LINE Thingsとkintoneを連携するハンズオン
※6/28:定員を25人に増枠しました 東京や大阪で開催されているLINE Thingsハンズオンを名古屋で開催します!! 皆さんはLINE Thingsを知っていますか?スマホのLINEアプリからハードウェアを接続することができるプラットフォームです。 LINE Thingsは主に2つの機能があります。 LIFF(LINE Frontend Framework)経由でデバイスにBLEを利用し接続した双方向の通信 予め登録したトリガーとアクションから、バックグラウンドでの自動通信(Webhookを使っています) このハンズオンでは、上記2つの機能を基礎から理解していただけます。さらに自動通信から受け取った値をデータに貯めるためにkintoneを使ってデータを貯めて定期的にbotに通知する機能も実装していきます。 LINE Thingsについて (https://developers.line.biz/ja/docs/line-things/about-line-things/ ) そして今回のイベントでは東京からLINE、サイボウズのテクニカルエバンジェリストの方も起こしいただく予定ですので、何かわからないことがあったら気軽に聞いてサポートをしていただけます。 盛りだくさんの内容になっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております! 内容 このハンズオンでは以下の内容を行います。 LIFFの作成方法とLINE Things設定 kintoneを使用したデータの蓄積、通知 対象の方 以下に当てはまる方でしたらどなたでも参加していただけます。 LINEを使った新しいサービスを作ってみたい方 そもそもLINE Botを作りたい方(事前にどんなものか知っているとハンズオンがスムーズに進みます) kintoneの活用法を知りたい方(アカウントの作成方法はこのページの下記に掲載しています) IoTに興味がある方 フロントエンドに興味がある方 ハードウェアに興味がある方 BLEについて知りたい方 イベント詳細 日時:2019年7月27日(土)14:00~18:30(13:30 会場) 場所:サイボウズ名古屋オフィス(愛知県名古屋市中区栄4-1-8 栄サンシティビル 12階、中区役所のあるビルです。) 参加費:1000円 タイムスケジュール 時間 内容 13:30 受付開始 14:00〜16:00 LINE Thingsハンズオン(LIFFの設定とデバイスの動作確認) 16:00〜16:15 休憩 16:15〜18:30 kintoneハンズオンとLINE Thingsハンズオン(自動通信の設定とLINE botからの通知) ※予定は変更することがございます。 当日の持ち物【必須】 Wifiが使えるノートパソコン(Wifiは会場でご利用いただけます。デバイスと接続を行うので、USB Type-Cのみのパソコンをお持ちの方はType-Aを接続するためのアダプターをご用意ください) LINEアプリがインストールされたスマートフォン ※ハンズオンに使用するマイコンボードは貸し出します。 事前準備【必須】 curlコマンドが必須となります。こちらを参考に、お使いのPCのPowershellやターミナルでcurlが問題なく実行出来ることをご確認下さい。 Atom、VSCode等何らかのプログラミング用テキストエディタが使える用にしておいて下さい。 LINE Developerでご自身のLINEアカウントでログインできるかを確認しておいてください。 Githubを使用しますのでアカウント登録をしておいてください。 kintoneのライセンス登録をしておいてください。まだ登録していない方は、kintoneの開発者ライセンスから登録していただくと無料でお使いいただけます。ライセンスの発行にはメンテナンス等、時間がかかることがあるので、お時間に余裕を持って登録しておいてください。 自動通信機能を使うにはLINEアプリの9.6以上が必須となります。ご確認の上ご参加下さい。

7/19 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
今回のテーマは「Vtuberのビジネス戦略」
イベントについて 「Vtuberのビジネス戦略」のテーマに関する意見交換をする場です。 イベントの対象者 Vtuberのビジネス戦略に興味のある方。 Vtuberに興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年7月19日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 Vtuberのビジネス戦略に興味のある方 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUp Sasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、予告なく変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ゲストスピーカートーク① キミノミヤプロデューサー ココン 19:40 ゲストスピーカートーク② 中京テレビ放送 「Vtuberビジネスについて」 河原様 20:00 懇親会 20:55 集合写真撮影 21:00 イベント終了/撤収 注意点 会場のエントランスは19:30に締まります。もしそれ以降でお越しになる場合には事前にご連絡ください。Connpassにて管理者までご連絡いただければと思います。 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合には事前にイベント運営側までお知らせください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。

7/13 (土)

9650 normal 1551697433 icon contents.nagoya
セッションへの参加登録について 現在、セッション内容については調整中ですが、各セッションの席数は限られていますので早めのご登録をおすすめいたします。 複数のセッション選択について 事前登録は 1セッションのみの選択していただいていますが、事前登録者の人数によってはいくつかのセッションを当日の受付にて追加登録が可能です。 ただし、先着順になりますのでお早めにご来場ください。 キャンセル待ちになっている場合 当日までステータスがキャンセル待ちだった場合、セッションを選択していない状態になります。当日席も用意しておりますので、事前登録では他のセッションを選択し、早めにご来場いただいて事前登録できなかったセッションの当日席を確保することも可能です。 懇親会について 懇親会は参加登録とは別にこちらの「懇親会申し込みページ」から申し込みをお願いします。ご参加される方は必ず事前に申し込みをお願いいたします。 懇親会の締め切り:2019年7月10日(水)18時まで イベント内容 contents.nagoya では、Web業界で活躍されている方を登壇者に迎えたセッションや、CMSなどのコンテンツに関わるプロダクトを開発している様々な企業がブース出展します。各ブースでは、その企業が運営しているサービスについての説明を聞くことができます。参加費は無料で、出入り自由なのでお好きな時間にお越しください。 より詳しい情報は、contents.nagoya 公式サイト からご確認ください。 ※イベント詳細については随時更新しています。 contents.nagoya 概要 日時: 2019年7月13日(土) 10:00 - 17:30 会場: 名古屋国際センタービル 3F、4F、5F(受付4F) 参加費: 無料 対象: Web/IT系、コンテンツ制作に携わる方々 ※ご来場の際はまず4Fにて受付をお願いします。 セッション内容 .session-list { list-style: none; padding-left: 0; } .session-list .session-item { margin-bottom: 20px; } .session-head { display: flex; } .session-image { height: 80px; width: 80px; background-position: center; background-repeat: no-repeat; background-size: cover; } .session-contents { flex: 1; margin: 10px; word-break: break-all; } .session-image { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } .session-contents p { margin: 0; } .session-contents h3 { margin-top: 0; margin-bottom: 10px; } .session-p { margin: 0; word-break: break-all; } アセットが鍵をにぎる、新しいネット広告の活かし方 寳 洋平 さん(アユダンテ株式会社 チーフSEMコンサルタント) ネット広告は「キーワードを選んで出すもの」だと思っていませんか? 今、ネット広告の代表選手であるGoogle広告では、最適な広告を出すために、コンテンツや商品情報データベースといった「アセット」を使うようになっています。 目を向けるべきは「アセット」なんです。 でも大多数のサイトでは意識が向いておらず、アセットが不足してしまっているケースがほとんどです。 アセットの限界を突破することで、ビジネスを成長させたい。 このセッションでは、ネット広告運用に長く携わってきたスペシャリストが、広告を活用してサイトのアセットを増やす方法について、みなさまに共有します。 動画をサイトに活用!「ウェブ動画プロトタイピング」のすすめ 上野 勝之 さん(コンクリートファイブジャパン株式会社 取締役 CCO) 動画をウェブマーケティングに導入したい、ウェブサイト制作者、企業などのウェブ担当者向けに考案した「ウェブ動画プロトタイピング」を提案します。動画制作は、通常のウェブ制作よりも時間(費用)や期間がかかります。そんな時に手戻りが起こったら大変です。そんな時に使えるのがウェブ動画プロトタイピング!動画制作のステップを関係者全員が理解しながらよりよいウェブ動画の素材作りに活用できます。今からウェブ動画を始めたいと思っている方にも役立つ内容です。動画をウェブサイトの素材の一部として使いたいと思っている方に時間いっぱいノウハウを詰め込んで紹介します。 ウェブライダーの成功事例から考える、2019年からのSEOにおいて大切な思考 松尾 茂起 さん(株式会社ウェブライダー 代表取締役/株式会社Betters 代表取締役) 今、検索結果が大きく変わりつつあります。多くのクエリにて、その検索結果が1年前、数ヶ月前とは異なるといった現象が起きています。 常に上位表示されていたようなサイトが順位を落とす一方、新規サイトにもかかわらず、短期間で上位表示するケースも見られるようになりました。そんな中、ウェブライダーが手がける新規サイトも、たった2記事のコンテンツ量に関わらず、検索結果にて1位表示されています。 その理由は何なのか? SEOで成功するために今後求められる思考とは何なのか? 本セッションでは、ウェブライダーの成功事例をもとに、SEOの未来について語ります。 UI改善にキラリと役立つ! 効果的なウェブのインタラクションデザインの作り方 池田 泰延 さん(株式会社ICS 代表/筑波大学 非常勤講) スマートフォンが普及して約十年。良質なスマホアプリなどによって、デジタルコンテンツを体験するユーザーの目は肥えてきており、ウェブサイトもより良いユーザー体験を提供する必要性が高まってきました。ユーザー体験向上の手段のひとつとして、インタラクションデザインが挙げられます。ボタンタップ時やページ遷移時のインタラクションとして、気持ちのいい演出を実装することでウェブサイトの印象は大きく変わります。 しかし、制作のための手法はあまり知られていません。デザイナーはどうやってアニメーションを制作するのか、エンジニアはどのようなコードで実現するのか、困ったことのある方も多いのではないでしょうか。このセッションでは、デザインとHTMLコーディング、JavaScript開発のそれぞれの側面から、インタラクションデザインの作り方を解説します。 主に扱うツールや技術は、Adobe XD、Vue/React、アクセシビリティ(WAI-ARIA)ですが、それらのスキルを持ち合わせていない方にも役立つ内容でお話しします。 ウェブクリエイターのための著作権と契約のポイント 木村 剛大 さん(小林・弓削田法律事務所 弁護士) ウェブ制作では様々な権利が関係しますが、中心になるのは著作権でしょう。 普段、気になっていながらも著作権法のルールを意識的に確認したことがない方も多いのではないでしょうか。それも無理はありません。著作権法はなかなか白黒の線引きをすることができず、専門家でも難しい分野なのです。うっかり著作権侵害の素材を使用して納品してしまい、クライアントが権利者から訴えられてお金を払った場合、ウェブクリエイターはどの範囲で責任を負うのでしょうか。これは契約の内容によって結果が違ってきます。 このセッションでは、具体的な事例を紹介しながら、クリエイターの身を守るための著作権や契約のポイントをお話しさせていただきます。 制作現場で役立つ! Webフォントの基礎知識と最新トレンド【協賛セッション】 関口 浩之 さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社/Webフォント エバンジェリスト) 日本でWebフォントがスタートして8年が経ち、アクセシビリティやブランディング観点から、多くの企業がWebフォントを導入しています。FONTPLUS、TypeSquare、Adobe Fonts(Typekit)、Google Fontsなど各社サービスが充実し、Webフォントは日本語環境においても身近な存在になりました。 それらサービスを俯瞰して理解し、最近リニューアルした案件の中から優れたWebフォント事例をみながら、導入効果を一緒に学びましょう。 また、制作現場からよく耳にする「Webフォントを導入したら遅くなったけど改善方法ないですか?」「クライアントにうまく提案できずに困っているのですが良い提案方法ないですか?」「何百何千のフォントがあるけど書体はどれを選べばいいの?」などの疑問にもお答えします。 ブラウザ表現が、紙での表現に近づいてくる中、フォントやウェブタイポグラフィの知識は、デザイナーに限らず、エンジニア、ディレクターなど全ての人にとって必修科目になりつつあります。フォントを楽しく深く学んで、クライアントへの提案力を高めよう! iPadだけでここまでできる!打ち合わせ、プレゼン資料作成から制作ツールとしてのiPad活用術 五藤 晴菜さん(iPad Proクリエイター) iPadを持っているがイマイチ使いこなせていないなと感じている人や、PCレスにiPadだけで身軽に仕事をしたい人におすすめの活用方法をお話しします。 ・打ち合わせ時に便利なメモの取り方 ・プレゼン資料作りにおすすめの使い方 ・ラフスケッチ〜制作に便利なアプリ iPadだけで完結するワークスタイルを日々研究中です。 意外と知らないiPadの基本操作や、おすすめのアプリ紹介、実際の使い方デモを交えて、iPadを最強の制作ツールにする方法をまとめます。 デザイナーでもできるEC-CUBEカスタマイズ【協賛セッション】 樋本 直巳 さん(株式会社イーシーキューブ デザイナー) EC構築パッケージ「EC-CUBE」は、優れたカスタマイズ性で人気がある反面、非エンジニアやデザイナー/コーダーにとっては敷居の高い印象があります。 このセッションでは、実際のデザインカスタマイズ例を踏まえ、どの範囲であればデザイナーでもカスタイズできるのかご紹介いたします。 ■こんな人におすすめ ・今までネットショップ案件を避けていた方 ・ブログ系CMSをカスタマイズしていた方 ・レンタルカートASPなどを利用していた方 ・HTML・CSSはわかるけどphpはちょっと…という方 ■EC-CUBEについて EC-CUBEは「日本発オープンソース」のEC構築システムとして、2006年に公開以降、日本国内だけでも35,000店舗以上の構築実績を持ち、全国の開発者や数百社のEC関連企業がEC-CUBE経済圏を構成しビジネスを行っています。 Canvaのデザイン共有で、作業からの脱却!【協賛セッション】 神森 勉 さん(株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ) デザイン業務で発生する単純な文字や色の変更やサイズ展開などの作業を、クライアントやデザイナーではないチームメンバーでもできたらいいなと思いませんか?バナーやブログアイキャッチ、さらにはチラシやカードなどの紙媒体まで、Web上でデザインができるCanvaというサービスを利用して業務を効率化させるための方法を探ります。 デザイナーがCanvaで作成したデザインを共有すれば、特別なアプリケーションを持っていなくても誰でも簡単に編集することができます。 例えば、クライアントとデザインを共有すれば更新作業をクライアント側で行えるようになり、他の業務に注力できるようになります。 社内チームで共有すれば、デザイナー以外のメンバーがそのまま修正できるようになり、お互いに修正依頼を受ける時間と手間の節約につながります。 案件によって適切な作業方法を採用して、業務の効率をアップさせましょう。 CMS + kintoneでできる、コンテンツ超活用【協賛セッション】 たにぐち まことさん(株式会社エイチツーオー・スペース代表取締役/ともすた合同会社代表) CMSでサイトを構築するとき、こんなことで困ったことはありませんか? ・問い合わせの内容などをデータベースにして経営に活かしたい ・蓄積したデータを、誰でも検索できるようにしたい ・店頭在庫とネット上の在庫情報を一致させたい こんな時、困るのが安全性と利便性です。個人情報を安全に管理するには、どんなサーバー構成にするのか、管理画面で管理するのか、Excelなどで蓄積されたデータはどのように投入するのか。 そんなことを考えて、開発を諦めるなんてことも多いかもしれません。しかし、kintoneを利用すれば、APIとの連携で簡単に組み込むことができます。また、国内では最高レベルの安全性を保ったサイボウズの基盤(サイボウズ.com)に保管されるため、安心して個人情報や機密情報を入力することができます。 本セッションでは、そんな kintoneの魅力と、CMSとの連携方法について紹介します。 contents.nagoya とは 企業や製品のウェブサイトにおいて「コンテンツ」の重要度は昨今ますます大きくなっています。有益・魅力的なコンテンツとは、テキストや写真といった要素、構成や更新といった運用面など、多様な内容が連携することによってかたち作られていると言えます。 contents.nagoya(コンテンツ ドット ナゴヤ)は、よりよいウェブサイトのために「コンテンツ」にクローズアップしたイベントです。ライティング、写真・イラストレーションからコンテンツマネージメントシステム、運用、サーバーまで、幅広い視点でコンテンツをよりよくするためのヒントを見つけられる場を目指します。 本イベントの主催について 主催の有限会社アップルップルは、2007年よりWeb系セミナーイベント「WCAN」を10年以上継続して開催してきました。WCANは名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わるみなさまのコミュニティとしても受け入れられており、Web制作者・Web担当者の交流の場としても機能しています。今回開催する「contents.nagoya」は、コンテンツとコンテンツを管理するシステム(CMS)に関わるみなさまのスキルアップ支援や交流に大きく寄与するイベントとなるよう取り組んでまいります。 協賛 /* 全体 */ #contentsNagoya-sponser { margin-bottom:50px; } #contentsNagoya-sponser h2 { color: #333; line-height: 1.4; margin: 25px 0 10px 0; font-size: 16px; padding-bottom: 5px; border-bottom: 1px solid #e3e5ec; } #contentsNagoya-sponser p { display: flex; justify-content: flex-start; align-items: center; flex-wrap: wrap; } #contentsNagoya-sponser a { display: block; text-align: center; } #contentsNagoya-sponser img { max-height: 113px; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; } /* ゴールド協賛 */ #contentsNagoya-sponser #gold a { width: 240px; } #contentsNagoya-sponser #gold img { width: 220px; } /* シルバー協賛 */ #contentsNagoya-sponser #silver a { width: 170px; } #contentsNagoya-sponser #silver2 a { width: 143px; } #contentsNagoya-sponser #silver img { width: 150px; } /* ブロンズ協賛 */ #contentsNagoya-sponser #bronze a { width: 100px; } #contentsNagoya-sponser #bronze img { width: 80px; } 現在contents.nagoya 2019に協賛していただける企業・団体を募集しております。詳しくは contents.nagoya 2019 協賛について | WCAN をご覧ください。 ゴールド協賛 シルバー協賛 ブロンズ協賛 プレゼント協賛 現在募集中です。 WCAN通年協賛

7/5 (金)

9480 normal 1510148836 22471320 285705888600184 1870891711 n ミッドランドインキュベーターズ
※3回目の開催ですが、初めての方もご参加いただけます! ※対象者を「大学生」から「高校生、大学生」へと変更しました! MVP構築プログラミング教室は「これから起業したい」「サービスを作りけど、プログラミングができないから困っている」という方達向けの教室です。 巷ではプログラミング関連の書籍やサービスなど溢れるほど提供されておりますが、未経験者にとって一番難しい開発環境の設定を易しく解説しているサービス等はまだ少ないです。 この教室では一から全て手取り足取り教えるのではなく、あくまでも自分で取り組み、 わからないところは教えあったり、開発経験があるメンバーから解決するための道筋を学び 自分一人でもサービスを開発運営することができるようにする場所です。 このカリキュラムでは10週間で自分の作りたいWebサービスを構築します。 正直プログラミングは非常に難しいですし、 未経験から10週間で作り上げるという作業はかなり大変だと思います。 ですが、同じような志を持った仲間にも出会えるチャンスですし、 もしかしたら同じような課題感を持った共同創業者にも会えるかもしれません。 やる気とパソコンさえあればできるので、「起業してみたいな」と思っているなら是非ご参加ください! 参加資格 ※参加費無料 起業を考えている ・高校生、大学生 (お金をかけずにプログラミングを学びたい、起業に関する相談もしたい) ・社会人 (いきなり退職するのではなくある程度形にしてからリスクを下げて起業したい) の方が対象となります。 スケジュール 16:00 開場 21:00 終了 16:00ちょうどから全員でスタートするのではなく、都合の良い時間帯に来ていただき 各々プログラミング行うスタイルで進めていきます。 6月21日から毎週金曜日、同じ時間帯で開催しますが、 初めて参加していただいた日をスタート地点として10週間でMVPを構築していただくので、 ・前回参加していない ・途中参加になってしまう という場合でも問題ございません! ご都合があえばご参加よろしくお願いいたします! 教材 Progateのサービスを利用します。有料プランを利用するので月額980円(税込)です。 URL: https://prog-8.com/plans/for_users HTML, CSS, Ruby(Ruby on Rails) をメインで学んでいただきます。 持ち物 パソコンとパソコンの充電器 想定カリキュラム かなり短期間でカリキュラムを組んでいますが、 仕事や学業の兼ね合いもあるかと思いますので、最終的にはご自身で開発スピードを決めていただければと思います。 6月21日 (1週目):HTML/CSSの基礎・応用 6月28日 (2週目):Rubyの基礎・応用 7月5, 12日 (3, 4週目):Ruby on Railsの基礎 7月19, 26日 (5, 6週目):Ruby on Railsの応用 8月2日 (7週目):作りたいサービスの設計 8月9, 16, 23日 (8~10週目):サービス作り込み 講師プロフィール 大久保将広 ( おおくぼまさひろ ) 株式会社RAKUDO 取締役 略歴 1993年愛知県出身。愛知大学経営学部卒業。 卒業後は営業コンサルティング会社に就職。営業戦略立案やアポイント設定等を行い顧客の営業支援に従事。 その後株式会社RAKUDOにジョインし、経営戦略やマーケティング戦略の立案・実行をメインで行うが フルスタックエンジニアとしてプログラミングも行う。 2019年より10年間の構想である起業家支援をスタートさせる。

6/30 (日)

1f35adff100107f73125a2a24a49ed04 IBM見習い隊
※6/8 定員を20人→25人に増枠しました。 内容について 第1回目の今回はWatson Assistantを使ってLINE botを作っていきます。ワトソンは簡単に導入することができ、手軽に人工知能アプリを作成することができます。通常はLINE botを作成するにはプログラムを書く必要がありますが、このハンズオンではNode-REDと呼ばれるブロックエディターを使って作成しますので、プログラミング未経験者でも自信の無い方でも楽しんでいただけます。チャットボットをどうやって作ればいいのか分からず悩んでいる方、Watsonに興味がある方でしたらどなたでも参加して頂けます。さらに、東京からIBM Developer Advocateの萩野さんをお招きします。 ご参加お待ちしております! 予定 時間 内容 15:30 開場、入場開始 16:30~18:00 前半 18:00~18:15 休憩 18:15~19:30 後半 ※予定は多少変更する可能性があります。 ※終了後、有志で懇親会を予定しております。 持ち物 ※必須 Wi-Fiが使えるノートパソコン(Wi-Fiは会場で使えます) 事前準備 ※必須 IBM Cloudアカウント作成は以下のURLからお願いします: https://ibm.biz/BdzqZd 取得方法のガイドはこちら(動画): https://youtu.be/Krn1jQ4iy_s?t=44 (動画は https://ibm.biz/BdzB7N にアクセス後の部分から開始するようになっています。 アカウント作成のURLは動画のものではなく https://ibm.biz/BdzB7N からお願いいたします) LINE Developersにログインできるようにしておくとスムーズにハンズオンができます。 https://developers.line.biz/ja/

6/28 (金)

63d4f426e73cc664abc00e61578c33ce xR Tech Nagoya
VR空間創造プラットフォーム『STYLY』体験会
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流、名古屋コミュニティの形成を目的としています。 イベント内容 ①登壇セッション(19:10~20:30予定) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う 15分トークセッション(+質問5分) 5分LT(+質問&交代5分) ②自由セッション(20:30~21:20予定) VR空間創造プラットフォーム『STYLY』体験会 Oculus製デバイス体験会&展示会(ゴーグル以外の持ち込みは事前に主催まで連絡をお願い致します) 参加者間で自由に交流 対象者 VR / AR / MR に興味のある方 持ち物 LT発表の方はPC VR機器の持参は任意( ゴーグル以外の持ち込みは事前に主催まで連絡をお願い致します ) タイムテーブル 時間 内容 19:00-19:10 受付(入場は18:30~可能)&オープニング 19:10-19:30 15分セッション① 『VR Creative Platform STYLY』Psychic VR Lab - afjk(エーエフ)(@afjk01) 19:30-19:35 休憩 19:35-19:55 15分セッション② (Virtual)『バーチャルライブコーティングやってみた』よーへん(@361Yohen) 19:55-20:00 休憩 20:00-20:10 5分LT① (Virtual)『Windows APIで、Unityでもできることを広げよう』 キルロボ (@kirurobo) 20:10-20:20 5分LT② EXR. Inc Co-Founder - Makoto Kanie (@kanipon) 20:20-20:30 5分LT③ 『初心者のワールド作成』 道草 (@MichikusaCrypto) 20:30-21:20 自由セッション - 空間創出プラットフォーム『STYLY』体験会 21:20-21:25 エンディング - 次回開催のお知らせ 21:25-21:30 記念撮影 21:30 撤収 ※登壇者敬称略 注意点 お借りする『Quest』,『Rift S』の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。 運営側からの飲食提供はございません。 会場は飲食可ですが、ゴミ等はご自身でお持ち帰り頂きますようお願い申し上げます。

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
IoTLTオンラインと接続してやります!
名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになっていますが、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 基本的には、今回は同じ時間に東京で行われている「IoTLT オンライン vol2 - 赤坂TBSより配信」とオンラインで結んでのイベントとなります。予定としては名古屋のLTも東京に飛ばしたいと考えています。(LTの内容は一般公開されますので、ご注意ください) https://iotlt.connpass.com/event/131844/ 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。3件程度を想定しています。 時間 内容 発表者 19:00 開場 19:30 オープニング 19:40 オンライン接続 東京側との接続をいたします LT枠① @KokiMiura 「LINE Thingsで遊んでみた(仮)」 22:00 解散

6/24 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
自己紹介LT大会@名古屋ギークバー 5分間の自己紹介を繰り広げる企画 名古屋ギークバーで自己紹介をしよう! LT内容は、自己紹介であればOK お互いを知ることで新たな「○○ナイト」が生まれるかも!? 初LT・初参加の方も大歓迎 \(^o^)/ 運営メンバーもLTします!!   タイムテーブル 時間 内容 19:00 開場 19:30 説明 19:35 LT(5分) ×5 20:05 休憩 20:30 LT(5分) ×5 21:00 歓談 ※ LT希望の方は、LT枠にて登録をお願いします。   名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

6/21 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
今回のテーマは「動画コンテンツの企画から運用まで」
イベントについて 「動画コンテンツの企画から運用まで」のテーマに関する意見交換をする場です。 イベントの対象者 動画コンテンツの企画から運用に興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年6月21日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 動画コンテンツの企画から運用に興味のある方。 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUp Sasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ゲストスピーカートーク① 「Vtuberの企画・運用・データ解析について」アイデアクラウド 田中様ほか 19:40 ゲストスピーカートーク② 「中京テレビの動画マルチプラットフォーム戦略」中京テレビ 林様、辻村様 20:00 懇親会 20:55 集合写真撮影 21:00 イベント終了/撤収 注意点 会場のエントランスは19:30に締まります。もしそれ以降でお越しになる場合には事前にご連絡ください。Connpassにて管理者までご連絡いただければと思います。 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合には事前にイベント運営側までお知らせください。 ライトニングトークの接続環境はHDMIのみとなりますので、別途変換コネクタが必要な場合にはお持ちください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。

6/20 (木)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
AWS Summit Tokyo 2019 振り返り勉強会 6月のJAWS-UG名古屋は、6/12〜6/14の3日間幕張メッセで開催されるAWS Summit Tokyo 2019の振り返り企画です。Summitでは毎年たくさんの新しいサービスやアップデートが発表されます。 すべてのサービスチェックするのも大変なので、ユーザグループのメンバーで得意、興味のある分野を分担して、ダイジェスト版を発表、共有する会にしたいです。 Summitに参加できない方も、この勉強会でアップデート情報をすばやくキャッチできると思います。 LT募集中です! 今回のメインテーマはSummit振り返りですが、AWSに関わるLT(5分程度の発表)も随時募集しています。ぜひ、アウトプットしてみてください。 希望者は、doorkeeper上の主催者へのお問い合わせで連絡ください。 スタッフ募集中です! 一緒にコミュニティーを盛り上げていただけるスタッフも随時募集しています。 スケジュール 時間 内容 スピーカー 18:30~19:00 受付 19:00〜19:30 AWS Summit Tokyo 2019 ダイジェスト(仮) アマゾンウェブサービスジャパン エバンジェリスト 亀田治伸さん 19:30〜19:45 自動走行レースAWS DeepRacerリーグ体験記(仮) JAWS-UG 名古屋 筒井孝典さん 19:45~20:00 コンテナ系アップデート(仮) JAWS-UG 名古屋 森 久由生さん 20:00~20:15 ManagedBlockchainアップデート(仮) JAWS-UG 名古屋 川路義隆さん 20:15~20:30 機械学習系アップデート JAWS-UG 名古屋 山口陽平さん 20:30~20:35 (LT)AWS Summit Tokyo 2019 に初参加しました JAWS-UG 名古屋 可知 将さん 20:35~20:40 (LT) 【祝・東京リージョン上陸!】AWS Client VPNを使ってみる hmatsu47(松久裕保さん) 20:40~20:45 (LT)セキュリティー系アップデート 株式会社エイチームライフスタイル 杉本啓史さん 20:45~20:50 (LT)TUNAGのETL基盤 株式会社スタメン 松谷 勇史朗さん 20:50 後片付け、退室 場所 ラルゴ会議室 愛知県名古屋市中村区竹橋町5-12 THE WHITE OISE 部屋番号は403号室 懇親会 懇親会申込みサイト 【懇親会】JAWS-UG名古屋 AWS Summit Tokyo 2019振り返り https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/92828 懇親会LTも募集しています

6/15 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ スポンサーさまご紹介 機械学習名古屋の勉強会はスポンサーさまのご協力をいただき開催しております。 どなたでも無料で参加でき、懇親会費用も一部、ご負担頂いております。 来栖川電算さま  会場費用全額と懇親会費用の一部負担 groovesさま  懇親会費用の一部負担 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 勉強会について 今回は、「人工知能といったらワトソン!」ということで、IBM ワトソンの Watson API を使ったセッション・ハンズオンを行います。 セッション・ハンズオンはIBMの方に来て頂き行なって頂きます! IBM ワトソンも実は、APIを使ったサービスを提供してくれています。 IBM ワトソンと言ったら、人工知能の代名詞のような存在で、その人工知能を手軽に利用できるんですね。 ワトソンの人工知能のサービスを手軽に利用でき、かつ、東京でしか聞けない内容を名古屋で聴けます。 ぜひ、ご参加ください! ハンズオン・セッション資料 https://speakerdeck.com/kyokonishito/lets-use-watson-at-nagoya https://speakerdeck.com/kyokonishito/watson-studio-watson-api-hands-on 準備 勉強会用のIBM Cloudアカウント作成は以下のURLからお願いします: https://ibm.biz/BdzB7N 取得方法のガイドはこちら(動画): https://youtu.be/Krn1jQ4iy_s?t=44 (動画は https://ibm.biz/BdzB7N にアクセス後の部分から開始するようになっています。 アカウント作成のURLは動画のものではなく https://ibm.biz/BdzB7N からお願いいたします) 2. 発表(LT) 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 antimon2: Julia v1.2 の紹介(仮) alex: Fast.ai について(仮) Watson API とIBM Cloudで作るLINE Bot(仮) 時間割 13:00-16:00 Watson Studioのjupyter notebookを使用したWatson APIのハンズオン 16:10-16:20 発表 antimon2 - Julia v1.2 の紹介(仮) 16:20-16:30 発表 alex - Fast.ai について(仮) 16:30-16:40 発表 KMiura - Watson API とIBM Cloudで作るLINE Bot(仮) 16:40-16:50 発表 yuji38kwmt - AnnoFab使って、機械学習してみた(仮) 会場について 名古屋市中区栄4丁目16番29号 中統ビル 4001 飲食可能(ゴミはお持ち帰りください) Wi-fi なし(テザリング環境等は各自でご用意をお願いいたします) 電源あり(電源タップケーブルを持ってきていただけると助かります) 勉強会開始前はバスケットボールのゲームをスクリーンに流しています。 懇親会について connpassより申し込みを行っていただきます。 下記よりお申し込みください。 https://machine-learning.connpass.com/event/129961/ ※当日参加はできませんので、ご了承ください。 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。

5/31 (金)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜インフラ技術カンファレンス/Kubernetes Meetup Tokyo を生中継!〜
イベントについて コンテナ技術をテーマに開催のヤフー名古屋 Tech Meetup #2の番外編ということで、Yahoo! JAPAN MEETUP #32 インフラ技術/Kubernetes のパブリックビューイングをヤフー名古屋オフィスで開催します。 ヤフー名古屋オフィスでわいわいしながら配信をみんなで見て交流しましょう。 ※ 今回のイベントは YouTube配信のパブリックビューイングイベントです。東京会場の人に質問したりすることは出来ません。 タイムテーブル 時間 内容 備考 18:30 受付開始 - 18:50 名古屋内でのOpening - 19:00~19:05 Opening (5min) ここから配信開始 19:05~20:05 The origins and future of Kubernetes (en/英語) (60min) Joe Beda (@jbeda), VMware 20:05~20:35 Kubernetes at Yahoo! JAPAN IaaS team (30min) Ryutaro Inoue, Yahoo! JAPAN 20:35~21:05 懇親タイム 名古屋でも懇親タイムとします 21:05-21:30 LT大会x5 (Lightning Talks x5) (各5分) 配信ここまで 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 懇親タイム お菓子と飲み物をご用意します。参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者側では一切責任を負えません。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/28 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜コンテナ技術〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第2回目となる今回は、コンテナ技術の知見共有をテーマにヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、 名古屋でコンテナ技術を語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:45 キーノート) Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) 19:45-19:55 休憩 - 19:55-20:10 セッション1) エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから 大西 勉 様 (株式会社エイチームライフスタイル CTO) 20:10-20:25 セッション2) コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 清水 昭弘 (ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サービスプラットフォーム本部) 20:25-20:40 セッション3) 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部ローカル検索本部) 20:40-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) ヤフー株式会社所属。第8代黒帯〜Kubernetes〜。 2015年からヤフーの子会社であるゼットラボ株式会社に出向し、Kubernetesを中心としたインフラ基盤の研究開発・技術支援に従事。 近頃は、Kubernetesでの永続ストレージやステートフルアプリケーションの運用に関する調査や開発、技術支援を担当している。 Kubernetes Meetup Tokyo、Cloud Native Deep Dive の共同主催者で、CNCF Ambassador でもある。 共著書に『Kubernetes実践入門』、『みんなのDocker/Kubernetes』(技術評論社)、監訳書に『入門Prometheus』(オライリー・ジャパン)がある。 Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 大規模環境でのコンテナの利用において、Kubernetes がデファクトスタンダードになりました。 Yahoo! JAPAN は、2017年10月頃から一部のサービスが本番環境で Kubernetes の利用を開始し、現在では多くのサービスが利用しています。 その結果、Yahoo! JAPAN では数百の Kubernetes クラスタが運用されています。 本セッションでは、Kubernetes の概要から、数百の Kubernetes クラスタの運用を可能にする Yahoo! JAPAN のプライベートマネージド Kubernetes サービスの紹介とそれを支える技術についてお話します。 大西 勉 様(株式会社エイチームライフスタイル CTO) 中小ソフトハウスで13年受託開発を経験、2014年にエイチームライフスタイルに入社。 ナビクルなどのサービス開発エンジニアとしてサービス改善や新規事業、TOYOTA NEXTなどに貢献。 2019年2月より、CTOに就任。 エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから エイチーム子会社のエイチームライフスタイルにおける仮想化技術の変遷と、 今後、コンテナ仮想化技術をどの様に事業活用していくかについての展望をお話したいと思います。 清水 昭弘(ヤフー株式会社 テクノロジーグループシステム統括本部サービスプラットフォーム本部) 2008年アルプス社から転入。地図サービスのデータからフロントエンドまわりに従事 2018年よりプラットフォーム開発チームでスクラムマスターおよび開発を担当 コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 利用者側がコンテナで利用できるRestAPIの機能を持ったDockerイメージの提供を行っています。 利用者が意識することなくデータファイルやシステムが定期的に更新される仕組みについてご紹介します。 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー検索統括本部ローカル検索本部) 2018年ヤフー株式会社に新卒入社。入社後はフロントエンドアプリ開発を経験、現在は地図サービスのバックエンドの開発に従事し、主にプラットフォーム移行を担当している。 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 仮想マシンなどで稼働しているサービスをPaaSやKaaSに移行する際にどのような視点で移行先を選定するのかをヤフーの地図サービスの事例を元に紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 なにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 Twitter実況枠(※ 5/16追記) イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 懇親会 当日、20:40 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/27 (月)

9e63bb1f875a5da969b6c2294095399d Bluemix Users Group
Call for Code 2019 説明会@名古屋 【概要】 Code の力で世界の未来を変えよう! 人生が変わるような革新的なオープンソース技術を開発し、それを世界中に普及させるために、IBM は Code and Response を始めました。4年間で2500万ドルの投資、オープンソース技術による災害対策・災害復興ソリューションの開発、強化、テスト、配備、これらを世界の人々や地域コミュニティに普及させるイニシアチブです。 Code and Response https://developer.ibm.com/jp/code-and-response/ 優勝賞金$200,000(2,200万円相当)のコンテストであるCall for Code 2019の説明会とミニセミナーを名古屋で初開催します。この機会を逃さず奮ってご参加ください。 【開催】 2019.5.27(月) 19:00 - 21:00 (受付18:30開始)  参加募集数 20名  場所 IBM名古屋オフィス    愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1 JPタワー名古屋 28階 【参加対象者】 地域コミュニティの災害対策に興味のある方 エンジニア・非エンジニアで最新技術に興味のある方 災害対策やヘルスケアに取り組む専門学校生・大学生 【プログラム概要】 時間 内容 18:30 受付開始 19:00 オープニング 19:10 Call for Code について 19:20 ミニセミナー1  Watson Build 事例「Watsonを利用した物流課題の解決」 (株)セイノー情報サービス 石井 哲治 19:40 ミニセミナー2 「Call for Code 2019 を掴むコツ」  IBMデベロッパーアドボケイト戸倉彩 20:00 休憩(10分) 20:10 グループディスカッション 「私たちができる身近な災害対策」 20:50 クロージング 21:00 終了 ※プログラムは変更になる可能性があります。ご了承ください。 【事前準備】 ・なし ・コンテストにエントリーする方はパソコンをお持ちください

5/24 (金)

63d4f426e73cc664abc00e61578c33ce xR Tech Nagoya
Oculus新製品ゴーグル体験
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流、名古屋コミュニティの形成を目的としています。 イベント内容 ①LTセッション(19:10~20:30予定) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う 質問タイム含めて最大15分程 ②自由セッション(20:30~21:20予定) 5月21日発売のOculus社新デバイス『Quest』,『Rift S』の体験会 『pieinput』展示会(ヨルノイシさん) 参加者間で自由に交流(ソフトドリンク有り) 対象者 VR / AR / MR に興味のある方 Oculus新デバイスに興味のある方 持ち物 LT発表の方はPC 『Quest』,『Rift S』の持参は任意(当日タグ付けを行います) タイムテーブル 時間 内容 19:00-19:10 受付&オープニング 19:10-19:25 LT① 『フォトグラメトリとVRChatでの空間盆栽』(Virtual) VoxelKei (@VoxelKei) 19:25-19:40 LT② 『Virtual失禁はVRなのか』(Virtual) 亀岡 嵩幸 (@faruco10032) 19:40-19:45 休憩 19:45-20:00 LT③ 『初心者が3Dモデルを完成させるまで』 道草 (@MichikusaCrypto) 20:00-20:15 LT④ 『スマホ向けVRのUI作ろうとしたら使いやすいキーボードができた話』 ヨルノイシ (@yorunoisi) 20:15-20:30 LT⑤ 『アフリカでMRを使って物理を覚えた話』 Feel Physics (@feelphysicsjp) 20:30-20:35 記念撮影 20:35-21:25 自由セッション - Oculus新製品体験会、『pieinput』展示 21:25-21:30 エンディング - 次回開催のお知らせ 21:30 撤収 ※登壇者敬称略 注意点 お借りする『Quest』,『Rift S』の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。 参加費の100円はドリンク代に充てさせて頂きます。

5/20 (月)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
アイデア供養祭 REIWA
アイデア供養祭 REIWA in 名古屋 Supported by MA そのアイデア、放置してると化けて出ますよ! この会は着手したけどいろいろな理由(情熱が続かない、技術的に難しそう、物が売ってないなど)で放置しているプロジェクトを紹介して成仏させるLT大会となります。 新年度・新元号も始まるので、新たなチャレンジに向けて中途半端なアイデアに見切りをつけよう! こんな作品はありませんか? Protopdiaに登録しておきながらも完成させられなかった作品 居眠りをして応募期限に間に合わなかった作品 ずっとあっためているけれど着手出来なかったアイデア 闇に葬るには勿体ない作品 むしろ、闇に葬りたい作品 最後に一笑いとって少しでも元を取りたいアイデア などなど 折角ハッカソンで生まれたのに放置して、化けて出る可能性があるアイデアや作品を最後にLTして供養しましょう!! もしかしたら、その場でそのアイデアを引き継ぐ人や課題の解決方法を知ってる人が出てくるかもしれません… 供養LTの内容(こんな話をしてもらえると嬉しいです!) やり始めた理由 こうなるはずだったのに… 何で詰まったか 今後どうしたいか 動機 続けてくれるならこんな里親がいい! などなど ドタ参加で供養(LT)をしてくれる人も大募集いたします!! ご希望の方は供養枠で申し込みください。 供養(LT)枠 参加者募集中 現在LT参加者募集中 イベント観覧のみの方はDoorkeeprからお願いします。 LTを行う方は、追加でこちらのページから申し込みをお願いいたします。 LT枠に余裕があれば、ドタLTもOKにしようと考えています。 LT1枠5分となります。5分でぶった切りますのでご協力よろしくお願いいたします。 開催概要 日程:2019年5月20日(月)19:30~22:30 ※19:00開場 場所:名古屋Geekbar(名古屋市中区葵1-27-37シティハイツ1F Club Adriana) 参加費:1500円(会場払い)※スナック、ノンアルコールドリンク含 アルコール、フード類は有料です タイムスケジュール(予定) time 内容 19:00 ~ 開場・フリータイム 19:30 ~ イベントスタート・乾杯など 19:35 ~ LT 前半戦スタート 20:30 ~ ハーフタイム 20:45 ~ LT 後半戦スタート 21:50 ~ フリータイム 22:00 一旦クロージング 主催 Mashup名古屋 https://www.facebook.com/groups/319927368469133/

5/17 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
今回のテーマはデータ解析
イベントについて データ解析をテーマに関する意見交換をする場です。 申し込み多数のため、参加枠を増やしました。 イベントの対象者 データ解析に関して興味のある方。 データ利活用に興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年5月17日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 データ解析に関して興味のある方・データ利活用に興味のある方。 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUp Sasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ゲストスピーカートーク① 「視聴データを活用したテレビの未来」中京テレビ放送株式会社 山田様 19:40 ゲストスピーカートーク② 「画像認識技術のローカルサービスへの適用」ヤフー株式会社 検索プラットフォーム開発本部 西岡様 20:00 懇親会 20:55 集合写真撮影 21:00 イベント終了/撤収 注意点 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合には事前にイベント運営側までお知らせください。 ライトニングトークの接続環境はHDMIのみとなりますので、別途変換コネクタが必要な場合にはお持ちください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。

5/10 (金)

『イヌもカイヌシさんもシアワセになる講座』を2019年より開講し 受講生の方達に、『イヌたちとストレスなくシアワセに暮らす方法』 を詳しくお伝えしています。 『イヌのトレーニング』 『しつけ教室』 ではないの? と聞かれることがとても多いです。 カイヌシさんが学ぶという文化は 今まで日本にはあまり浸透していませんでした。 けれど、私は『カイヌシさんが学ぶ』ということの 重要性について自ら経験しました。 私の無知から 本当はイヌたちが望んでいないことを 一生懸命に良かれと思ってしていたり 過保護、過干渉になってしまって 最終的にはうちのイヌたちは ストレスで壊れそうになりました。 あのまま放っておいたら 今頃生きているかどうかすら わからないくらいでした。 イヌの問題行動が起きたとき イヌだけが原因ではありません 群れ(パック)で暮らすことが基本のイヌたちにとって それぞれのすれ違いや勘違い、誤解などが生じて イヌに問題行動が起きる場合がほとんどです。 カイヌシさん家族全体で 問題を解決していくことで 『イヌもカイヌシさんもシアワセになる』 のです。 この講座では ◆イヌは毎日どうしていたいの? ◆イヌたちは何をしてもらったら嬉しいの? ◆本当のイヌとのコミュニケーションって? ◆理想のカイヌシさん家族とは? について詳しく学んでいきます。 犬が生まれてきてからどんな成長過程があり 犬たちはどんな生活環境を望み 犬たちのそれぞれの犬種の特性、体の特性があるのか など、本当に手厚くイヌたちを育てている ブリーダーさんレベルのイヌの専門家と呼ばれる人たちしか 知らない情報をカイヌシさんが知ることで イヌたちともっとストレスがなく 今より何十倍もシアワセに暮らすことが できるようになる講座を たくさんの人や講座から私自身が学び集大成として 私小園恵子がこの講座を作りました。 私だけでなく 受講された方のところのワンちゃんが どんどん笑顔になっていき カイヌシさんも笑顔になっていき 理想のワンライフを手に入れられる方が 日に日に増えています。

4/26 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
WEBマーケティングについて
イベントについて WEBマーケティングのテーマに関する意見交換をする場です。 イベントの対象者 WEBマーケティングに関して興味のある方。 WEBマーケティングに関するプロデュース・ディレクションに興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年4月26日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 WEBマーケティングに関して興味のある・WEBマーケティングに関するプロデュース・ディレクションに興味のある方。 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUpSasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ライトニングトーク枠1 抽選により決定 19:25 ライトニングトーク枠2 抽選により決定 19:30 ライトニングトーク枠3 抽選により決定 19:35 ゲストスピーカートーク① 「0からプロダクトを開発して商売にするまでのWEB戦略」アイデアクラウド 代表取締役 田中様 19:50 ゲストスピーカートーク② 「大規模・企業向けWebマーケティングの実情」アクアリング ウェブインテグレーショングループ マネージャー/ディレクター片山様 20:05 ゲストスピーカートーク③ 「マーケティングを活用した新しいCM企画 ~テレビ価値向上の可能性~」中京テレビ 営業推進部 堀田様 20:20 懇親会 20:55 集合写真撮影 20:55 イベント終了/撤収 注意点 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合にはイベントの事前にスタッフまでご連絡ください。 ライトニングトークの接続環境はHDMIのみとなりますので、別途変換コネクタが必要な場合にはお持ちください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。 当日は写真撮影を行います。撮影がNGの方は会場受付時にお申し出ください。

4/24 (水)

E2b9c3afe4886e57c8d5ad48c5b0753a JellyWareクラゲのIoTイベント
Intel® Movidius™ Neural Compute Stickでリアルタイム画像認識
【概要】 「Techツクール名古屋」の無料体験ハンズオンセミナーとして開催される本イベントは、ディープラーニング推論をゼロから学べるイベントです。 開発環境構築、プログラミング基礎、ディープラーニング概要などの講義・ハンズオンから始まり、段階的な演習を経て「GoogLeNet応用アプリ」を完成させます。 ハードウェアとしてIntel Movidius Neural Compute StickとRaspberryPi、USBカメラを主に使います。 プログラミングはPythonを使用し、NumPyやOpenCVなどを活用します。 Neural Compute StickのNCAPIを使うことにより、ディープラーニング推論を手軽に実行することができます。 NCAPIはディープラーニングのフレームワークとしてTensorFlowとCaffeをサポートしています https://software.intel.com/en-us/movidius-ncs 【学べること】 Neural Compute Stick概要と導入方法・開発手法 ディープラーニング概要と推論 Python基礎 NumPy基礎 OpenCV基礎 GoogLeNet応用アプリ USBカメラに写した映像をリアルタイムに画像認識し、物体名と認識率を同一画面上に描画します。 その他、GenderNetやTinyYoloを応用したアプリの実行体験も行う予定です。 GenderNet応用アプリ USBカメラに写した映像をリアルタイムに性別を判別し、性別に応じた画像を表示 TinyYolo応用アプリ 動画をリアルタイム物体認識し、認識した位置を利用したAR 【参加費】 無料 【必要な持ち物】 名刺2枚(学生の方などお持ちでない場合は受付にて用紙にご記入下さい) USBメモリ(資料やご自分で打ち込んだコードをお持ち帰りしたい方のみ) ※PCは不要です。Neural Compute Stick、RaspberryPi、ディスプレイ、マウス、キーボード、カメラ等はこちらで貸し出し致します 【必要な事前準備】 なし ※Raspbian、NCSDKがインストール済の環境を用意しております 【必要なスキル】 何らかのプログラミング経験があること(趣味の初級者レベルでOK) ※Neural Compute Stick、RaspberryPi、ディープラーニング、Python、NumPy、OpenCVについて、全くの初心者でも問題ありません ※事前にPython基礎についてざっくり学んでおくと、当日スムーズに進められます http://jellyware.jp/kurage/movidius/c05_python.html 【日時】 2019年4月24日(水) 13:00〜18:30 (12:45開場) 【場所】 株式会社エスケイワード 名古屋市東区泉一丁目21番27号 泉ファーストスクエア9階 桜通線「高岳駅」1番出口より徒歩5分 桜通線「久屋大通駅」1B出口より徒歩7分 ※駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用いただくか、お近くのコインパーキングをご利用ください。 【タイムテーブル】 時間 内容 詳細 12:45~ 開場・受付 ※時間は前後する場合があります 13:00~ オープニング 主催挨拶/Techツクール名古屋の紹介など 概要 ゴール、学べる事、流れ Neural Compute Stick講義 特徴、開発環境、NCSDKインストール ディープラーニング講義 概要、AIとは、学習と推論、ネットワーク RaspberryPi講義&ハンズオン 環境構築、開発スタイル、OSインストール プログラミングハンズオン Python基礎、NumPy基礎、OpenCV基礎 ディープラーニング演習 NCAPI、GoogLeNet、リアルタイムカメラ対応 Appendix GenderNet応用アプリ、TinyYolo応用アプリの実行 ~18:30 クロージング アンケートなど ※内容や時間配分は状況に応じて変動する場合がございます 【備考】 【WiFiについて】 WiFiはRaspberryPi用途のみ準備しています。お持ちの機器等で必要な方はモバイルルーターやテザリングなど各自でご準備お願いします。 【開発スタイルについて】 こちらで準備しているRaspberryPiに直接ディスプレイ、キーボード、マウスを接続して行います。ご自身のRaspberryPiやご自身のノートPCを使ってSSH/VNC接続などを行う開発スタイルは想定しておりません。ご了承ください。 【注意事項】 ハンズオンイベントですので時間は厳守でお願いします。 途中からの参加や退出はご遠慮ください。 欠席になりそうな場合は、キャンセル処理のご協力をお願いします。 当日はconnpassの受付票(6桁の数字が掲載されている画面)を受付係にご提示ください。 【個人情報の取り扱い】 本イベントに関して登録いただいた個人情報は主催者で管理・保管し、本イベントの参加受付・運営および今後主催者が開催するイベントのご案内に限って利用させていただきます。主催者の個人情報の取扱方針は以下のホームページをご覧ください。 http://jellyware.jp/privacy 【お問い合わせ】 ハンズオン事務局:JellyWare株式会社 Email : [email protected] Tel:03-6273-0758 【共同主催】 【参考リンク】 AIガジェットを作りながらゼロから学ぶディープラーニング推論

4/17 (水)

A6c658ed31e02406b25e91865b61061f Nagoya.unity
Nagoya.unityとは? 概要 名古屋を中心に活動を行うUnityユーザのコミュニティです。 Unityに興味がある人であれば、どなたでもご気軽にご参加いただけます! コンセプト 企業や個人が持っているUnityノウハウを共有する場として機能する 主に企業や個人にスポットを当てて、各自のプレゼンス(業界における価値や存在感)を向上する機会として機能する Unityクリエイター同士の交流の場として機能する 会場 ワンダープラネット株式会社 名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビル11F (GoogleMap) 名古屋市営地下鉄 東山線/名城線「栄」駅・名鉄瀬戸線「栄町」駅、地下街より直結 改札を出ましたら、そのまま地下の「クリスタル広場」まで進み、「[西 West]丸栄・ニューサカエビル」方面へお進みください。突き当たり右手に見えます「栄町ビル」の1F奥のエレベーターより、11Fオフィスまで直接お越しいただけます。 内容 LT枠 LTの発表者を募集します! (接続準備含め) "8分" の時間の中で発表を行っていただきます LTに関してはUnityに関係ある事柄であれば、特にテーマはありません! Unityに関するTIPS / 新機能の紹介 Unityコンテンツの運営ノウハウ アセット使ってみた 現在制作中のゲーム/成果物の紹介 ... etc 懇親会 (任意参加) 自己紹介したり、Unityの話したり、成果物の試遊したり、ゲームしたりしましょう! 同会場でそのまま実施します。 軽食と飲み物を用意する予定です。 無料でご参加頂けます。是非とも軽ーい気持ちでご参加ください! タイムスケジュール 時間 内容 発表者 19:00~ 受付開始 19:15~ イントロダクション @tomo2neco 19:25~ LT #1 Unityでシェーダーライブコーディング @oryoco2 LT #2 初めてのUnityによるゲーム制作 佐藤友紀 LT #3 Music Engineを使ってみた @akzkouki2 LT #4 openCV plus Unity試してみた @ichgw LT #5 @LandyNagata LT #6 LT #7 20:30~ 懇親会 21:00~ 解散 諸注意 参加者 会場ではWi-Fiを使用できます。 会場では電源を全員分提供できかねます。PC等をご使用になる場合、事前の充電にご協力ください。 都合が悪くなった場合は早めのキャンセル処理をお願いします。 体調不良や緊急の業務等、やむを得ない場合をのぞき、当日キャンセルは控えてください。 スムーズな運営のため、以下に該当する方はご参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。 反社会的勢力に属する方 飲食のみが目的と見られる方 保険/投資用不動産/宗教/ネットワークビジネス等の勧誘が目的と見られる方 主催者判断で不適切だと判断した方 トーク/LT発表者 発表に使用するコンピューターはご持参ください。 LT 希望の方は内容が決まり次第、コメント欄もしくは @tomo2neco までDMを頂けますと幸いです。 更新履歴 2019/3/25 … イベントを公開しました

3/26 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会   久しぶりの初心者向けの勉強会を開催します。 AWS アカウントの基本的な説明と、S3 の基礎、EC2 インスタンスの立ち上げワークショップなどを開催します。 手軽にサーバーを立ち上げることが出来る AWS の魅力を紹介します。 (ちょっと詰め込みすぎているかもしれないので、内容は若干変更する場合があります) こんな方に良いかもしれません。 AWS をやってみようと思っていたけど、なかなか始められなかった人 SSH (黒い画面) に恐怖感がない人 オンプレや VPS を使ってきて、まだクラウドに踏み込めていない人 エンジニア・インフラ担当者 初心に戻りたい人 堅苦しくなく、ゆるく、和気あいあいとすすめていきます。 ハンズオン持ち物 PC (Windows か Mac のノートパソコンで無線LAN付き) Cyberduck をインストールできる方はインストールしてください。会社PCのセキュティなどで出来なければ無理をなさらないでください。10分ほどの簡単なハンズオンのみで使用します。 SSH クライアントソフト (Windows は Bash on Ubuntu on Windows , Mac は 標準のターミナルや iTerm2 など) PuTTy で秘密鍵を ppk 形式でお使いの方は pem を ppk に変換していただく作業が必要です。 Putty を使われる場合、当日はこちらの作業ををしていただくことになりますが、ハンズオンではカバーしません。 AWS登録済みアカウント AWS アカウント作成の流れ を参考に AWS アカウントを事前に作成ください アカウント作成が必要な方は、少し早めに来場ください。アカウント開設には、クレジットカードと携帯電話が必要です。 AWSさんがハンズオン用にクーポンを発行していただけますので、実質無料で体験できます。 ※会場では無線 LAN が提供されます。   スケジュール 時間 内容 スピーカー 19:00~19:20 アカウント作成がまだの方用 アカウント作成補助 JAWS-UG名古屋 19:00~19:20 JAWS DAYS 2019振り返り JAWS-UG名古屋 森 久由生さん 19:20~20:55 EC2 S3入門ハンズオン JAWS-UG名古屋 Katz Ueno さん 20:55~21:00 記念撮影 EC2 S3入門ハンズオン内容 詳しいスライドなどは作らず、参加者の皆さんのレベルに合わせて丁寧にワークショップとしてすすめる予定です。 AWS の基本 ざっくり、AWS 利用に当たっての心構え ざっくり、料金の考え方 AWS マネージコンソールの画面を説明 ハンズオン:IAM アカウントの作成 ハンズオン:S3 の基礎 Bucket の作成 Cyberduck でFTPの様にアクセスしよう ハンズオン:EC2 を立ち上げよう t2.micro でインスタンスを立ち上げよう 【時間があれば】 デモ: Ansible でサーバー立ち上げ デモ:【時間があれば】CloudFormation の紹介 CloudFormation で簡単に EC2 インスタンスを建てよう きちんとインスタンスを終了しよう Q&A 場所 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 ※勉強会に関する、ベースキャンプ名古屋様へのお問合わせはご遠慮ください。 懇親会のご案内 終了後は懇親会を予定しています。 懇親会申し込みページ https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/88307

3/16 (土)

2864 normal 1458035951 mbed fest 2016 200x200 mbed祭り
2019年最初のmbed祭りは名古屋で開催! Mbedとは誰でも気軽に始められるマイコンモジュールです。 オンラインコンパイラや豊富なライブラリによりファーストステップがあっという間! Webと連動するガジェットやスマートフォンと連携するウェアラブルなプロトタイプも手軽に行えます。 このイベントは? mbed祭りはMbedに関するプレゼンや交流を楽しむ為のイベントです。 Mbed触ったこと無いけど興味が有る方 フィジカルコンピューティングに興味が有る方 手軽にハードウェアをプロトタイピングしてみたい方などなど 参加資格は特にありません。気軽にご参加下さい。 ※ mbed祭りは『mbed祭り実行委員会』の企画によるものです。 参加条件 誰でも参加頂けます。 作品展示について 会場にはMbedを使った作品を展示するスペースがあります。 ぜひ、作品をお持ちください。 お持ちいただける方は参加登録時のアンケートで、展示希望とお答えください。 スケジュール(変更する場合もあります) 時間 内容 発表者(敬称略) 13:30~13:35 オープニング mbed祭り実行委員会 13:35~13:55 Mbed(えんべっど)の概要と最新情報 アーム株式会社 渡會豊政 13:55~14:15 Pelion Device Management をセルラーで使ってみた Seeed株式会社 坪井義浩 14:15~14:35 Arm Pelion IoT Platform のご紹介 トレジャーデータ株式会社 中嶋淳子 14:35〜14:55 mbedマイコンボードを使っていたら、いつのまにか作っていた 有限会社来栖川電算 土井 伸洋 14:55~15:50 休憩・展示物鑑賞・Mbedふれあいコーナー(ミニ体験ワークショップ) 15:50~16:10 mbedとFPGAで作ったAIチップもどき とりてん 16:10~16:30 スムースデジタル時計の作り方 suupen 16:30~16:50 「ながら開発」は危険です! 余熱@れすぽん 16:50~17:20 LT(5分間のLightning Talks)枠 17:20~17:30 お楽しみ大抽選会、エンディング&集合写真 mbed祭り実行委員会 注意事項 初心者枠の方はMbedふれあいコーナー(ミニ体験ワークショップ)に参加いただけます。参加をご希望の方は、無線LANに接続可能なノートPCをお持ち下さい。事前にインストールが必要なソフトは特にありません。当日は貸し出し用のMbedボードを準備しています。 イベントについて 日時:3月16日(土) 13:30~17:30 場所:名駅ABCビル 主催:mbed祭り実行委員会 協賛 (順不同)  アーム株式会社  NXPジャパン株式会社  株式会社ウフル  Seeed株式会社  合同会社ランニングエレクトロニクス  トレジャーデータ株式会社  有限会社来栖川電算  ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社  ナダ電子株式会社  株式会社スイッチサイエンス  STマイクロエレクトロニクス株式会社  ローム株式会社  ルネサスエレクトロニクス株式会社 ライブ配信 当日は以下のURLでライブ配信を行う予定です。 https://www.youtube.com/watch?v=hC1ecxzSIJ0

3/11 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
生ハムを食べるぞ! 新体制でのギークバー、最初のイベントは生ハムを食べます。 美味しいお酒、マスターの素敵料理とともにご賞味いただければ幸いです。 生ハムナイトは、デンキヤギ さんの協賛によって開催されます。thx! その他 生ハムを食べながらワイワイしよう! ですが、「〇〇ナイトをやりたい」のプレゼン大歓迎です。 プレゼンOKだよ、という方は、@tomo2neco にご連絡いただくか、当日名乗り出ていただければと思います。 デンキヤギ株式会社について http://www.denkiyagi.jp/ デンキヤギ株式会社は 『ITエンジニアを場所の呪縛から解放する』 こんなことを目指して設立された、なごやの会社です。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

4ee21041446c1f7bc52d68d6120f9144 Yahoo! JAPAN Nagoya
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスの新オフィス移転を機に、毎月1回クリエイター向けの勉強会イベントを開催します。1回目となる今回は、ヤフーのクリエイターマインドやサービスを支える技術についてご紹介します。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 19:05-19:25 キーノート) クリエイターの才能と情熱を解き放つ!そのためにヤフーが名古屋でやりたいこと。 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) 19:25-19:35 セッション1) 画像認識技術のローカルサービスへの適用 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:35-19:45 セッション2) 東名阪をまたいだLeSS HugeにおいてScrum Masterとして実践したこと 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:45-19:55 セッション3) 現場のインフラエンジニアから見たヤフー 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 19:55-20:05 セッション4) キャラクターを使ったユーザーコミュニケーション 〜けんさくとえんじんの秘密〜 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 20:05-20:10 クロージング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 20:10-20:20 休憩 - 20:20-21:30 懇親会 ヤフー社員によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) クラウドソーシングやIoTなどの新規事業の開発やエンジニアリングマネージャーを経て、Developer Relationを担当。 現在はアドボケートとして、ヤフーの技術的な取り組みや開発文化を社外に広める技術ブランディング活動を行っています。 普段はヤフーの大阪拠点で働いていて、プライベートではデブサミ関西の実行委員をしています、毎年秋に開催してるので遊びにきてください! 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 住所検索エンジンや自動車の走行ログ分析などのローカルサービスのデータ処理を専門にキャリアを構築。2016年にヤフー株式会社に2度目の入社。 現在はMapアプリ、カーナビアプリのデータパイプラインの構築と情報検索の改善。 画像認識の力に魅入られローカル領域に適用するべく勉強中 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 2017年10月中途入社。 ヤフーカーナビアプリ担当、スクラムチームの立ち上げなど実施。 地元は愛知県一宮市。東京での戦いに疲弊し今は名古屋で頑張ってます。 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 2015年新卒入社。ヤフーのサービスを提供するインフラ部隊にて、ストレージ分野を主に担当。 データ保持の最適化を目的に、検証・設計・構築・運用・可視化・ツール開発など手広く行う。 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 2015年コミュニティファクトリーから転籍。 キャラクターを使用したブランディングのおしごと。イラストを描いたり、キャラクリエイティブ全般の監修を担当。 東京から来ました。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可 懇親会 当日、20:20 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

3/8 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
Vtuberを支える技術
イベントについて Vtuberを支える3DCG技術とコンテンツプロデュースをテーマ意見交換をする場です。 イベントの対象者 Vtuberを使用した3DCG技術を使用している技術者、または興味のある方。 Vtuberコンテンツのプロデュース・ディレクションに興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年3月8日(金)19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 Vtuberを使用した3DCG技術を使用している技術者、または興味のある方。      Vtuberコンテンツのプロデュース・ディレクションに興味のある方。 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUpSasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:15 ライトニングトーク枠1 抽選により決定 19:20 ライトニングトーク枠2 抽選により決定 19:25 ライトニングトーク枠3 抽選により決定 19:30 ライトニングトーク枠4 抽選により決定 19:35 ライトニングトーク枠5 抽選により決定 19:40 ゲストスピーカートーク 「xRの技術とクリエイティブについて」中京テレビ ビジネス推進部 工藤様アイデアクラウド 羽根田様 19:55 質疑応答 20:10 懇親会 簡単な軽食とソフトドリンクをご準備いたします 20:55 集合写真撮影・イベント終了 注意点 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合にはイベントの事前にスタッフまでご連絡ください。 ライトニングトークの接続環境はHDMIのみとなりますので、別途変換コネクタが必要な場合にはお持ちください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。 当日は写真撮影を行います。撮影がNGの方は会場受付時にお申し出ください。

2/25 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
イベントやります。 運用している @dominion525 が東京に引っ越してしまうので、週次の定期開催を終了します。 ので、最終回記念イベントを行います。 (会場提供は今後も可能なのでよろしくお願いします) タイムテーブル 時間 内容 19:30- なんとなくわいわいします スピーカー (絶賛募集しています) 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円(本件イベントは先着30名無料です。 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

1/19 (土)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 今回はJAWS-UG × SORACOM-UG の共催です!! 「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」のハンズオンを中心とした勉強会です。 ★12/26日までに「購入」でお申し込み頂いた方は特別に3,980円(税別、送料不要)で購入頂けます。  大変お値打ちですのでこの機会にぜひご購入ください。  ※当日カード払い頂き、商品と交換となります。 ★本勉強会ではLT登壇者を募集中です。**我こそはと思う人はぜひご連絡ください。初めての人も大歓迎です。 【スケジュール】 時間 内容 スピーカー 12:00~13:00 開場 13:00〜13:10 オープニング JAWS-UG × SORACOM-UG 運営 13:10〜14:00 SORACOM LTE-M Buttonとボタンを支えるバックエンドシステムの紹介 SORACOM松下さん 14:00~16:00 SORACOM LTE-M Buttonハンズオン 16:00〜16:30 AWS重点ハンズオン「SORACOM LTE-M Button + Lambda + DynamoDB + SES連携ハンズオン」 JAWS-UG名古屋 筒井孝典 16:30〜16:50 (仮)IoT×AWSでできること JAWS-UG名古屋 髙野一 16:50〜17:00 クロージング JAWS-UG × SORACOM-UG 運営 17:00 後片付け、退室 懇親会のご案内 イベント終了後、近くのHUBで懇親会を行いたいと思います。キャッシュオンなので軽く一杯でも全然構いませんのでこちらもぜひご参加ください。 会場への入室 ビルセキュリティーの関係で入室は12:00-13:00の間にお願いします。退室は自由です。 大名古屋ビルヂング1F 大名古屋DINING側のオフィス入口(ピザ屋さんの横)からお入りください。 案内図(https://dainagoyabuilding.com/floor/#floor_1F) オフィスエントランスはセキュリティーカードが無いと入れません。係りのものがいますので、UGに来たとお伝えください。 遅れる場合はメールにて連絡手段をご案内しておりますのでそれに従ってください。 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/

1/4 (金)

名古屋Uターン飲み会とは 地元が名古屋で東京や大阪などで活躍中のクリエイターと、地元名古屋で活動しているクリエイターとのつながりを作ることを目的にしています。2016年8月に第1回を開催しました。 お互いのスキルアップ、仕事の悩みの解決、将来の帰省準備(お金・お仕事レベル・業界事情・住宅事情・働き方・育児・余暇の過ごし方)など、情報交換の場にしたいと考えています。 基本的には、楽しく飲めれば、それでよし! 途中参加、途中退席、少しの参加でも大歓迎! ふらっと気楽にご参加ください!   本イベントは東海地区のクリエイターの新年会も兼ねていますので、名古屋在住の方も是非ご参加ください。 学生の方ももちろん大歓迎です。 ソフトドリンクも用意してますので、アルコールがダメな方も大歓迎です。     主催企業株式会社アクアリング 株式会社アンティー・ファクトリー 株式会社スタジオディテイルズ ※五十音順   後援:日本ディレクション協会          イベント概要 日程2019年1月4日(金)19:00~21:30 (開場18:50)(LO21:00)   参加費4,000円 ※入退出自由です。 ※ちょっと顔を出すだけの方もご相談ください。ドリンク代だけとかにできます。   会場BeerSTA NewNAGOYA (名古屋市中村区名駅4-3-25 キャッスルプラザB1)【名古屋駅徒歩3分】   参加対象・名古屋や他の地域に住んでいるクリエイター ・どうせ飲むならクリエイターと飲みたい方 ・地元LOVE…だけど、地元以外で修行中!という方 ・そろそろ地元に帰って仕事をしようかなあ…と思案中の方 ・帰りたい…だけど不安!!な方 ・名古屋の制作会社の現状を知りたい方 ・名古屋のクリエイターと楽しく飲みたい方 ※クリエイターを目指している学生さんも大歓迎です     過去にご参加いただいた名古屋の企業株式会社アクアリング 株式会社アンティー・ファクトリー 株式会社エスケイワード 株式会社スタジオディテイルズ 株式会社リニカ 株式会社ワンダーズ ワンダープラネット株式会社 ※五十音順

12/20 (木)

IBM Developer Advocateがお送りする勉強会コンテナ編
概要 IBM Developer Advocateがお送りするIBMテクノロジーの勉強会です。 IBMが提供する技術サイトIBM Developer(developerWorks/IBM Code)にて、Code Patternsと題していろいろな業務シナリオに沿ったアプリケーションの作り方をソースコードとともに公開しています。 その中からテーマに沿ってコンテンツを設けみんなで学ぶ勉強会。今回のテーマはコンテナです! 以下の方は(そうでない方も)是非ご参加ください。 コンテナ/コンテナオーケストレーションにこれから触れて見たい人 IBMプラットフォームでのコンテナ技術を知りたい人 今よりもっとコンテナに精通したい人 コンテナな仲間を増やしたい人 開発のスキルアップと、参加者同士のネットワーキングに是非ご利用下さい。 どうぞお気軽にご参加ください! コンセプト エキスパートのみではありません。初心者のかたへも優しく接して下さい 利用プラットフォームは基本IBMベースです 必要な方は、開発用端末等は持参してください WiFiは主催側にて極力用意します(用意できない場合はごめんなさい 汗) 技術面で分からないことがあれば周りに聞きましょう! 聞かれた方は分かる範囲で快く答えましょう! とにかく楽しみましょう! *参加にあたり、会社名(又は学校名、フリーランスなど)とお名前を頂戴いたします 日時場所 IBM名古屋事業所 4階 オーデトリウム 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル https://www.ibm.com/ibm/jp/ja/office.html 当日の持ち物 公衆Wifiが利用可能なノートPC (PCの貸し出しは行いません) 下記LinkのKubernetesハンズオン事前準備を必ず事前に実施お願いします。 事前準備 *IBM Cloudライトアカウントの作成についても上記Linkにあります。 ※クーポンコード適用のため、既にIBM Cloudライトアカウントをお持ちの方も、このワークショップ用に新規作成お願いします。 詳細はLinkを参照ください。 進行 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 19:00 オープニング 運営チーム 19:10 Mashup名古屋のご紹介 (5min) Mashup名古屋運営 上田茂雄 19:15 HACK-CHU!のご紹介 (5min) 中京テレビ 上田茂雄 19:20 ハンズオンワークショップ前半 (50min) IBM 萩野たいじ 20:10 休憩 (10min) 20:20 ハンズオンワークショップ後半 (40min) IBM 萩野たいじ 21:00 Ask the Speakers & Networking 21:30 終了 終了後、希望者で懇親会を開催します。 お願い 準備や片付けのできる範囲でのお手伝い、会場でのマナー遵守等、ご協力下さいますようお願い申し上げます。 運営協力 Mashup名古屋 BMXUG (IBM Cloud User Group) 担当 IBM Digital Business Group Developer Advocate 萩野たいじ(ハギノタイジ) [email protected] 080-6706-3952 @taiponrock

11/7 (水)

7abb5f8a15e5f52a3ed3f3ea25602c04 MashupAwards
MashupAwards2018の東海予選【発表者】
MA2018の1次予選 Mashup Battle 1stSTAGE!! 11月06日(火)18時までにご登録をお願いいたします こちらは、Mashup Battle 1stSTAGE(Mashup Awards 2018)への「発表者」「見学者」の申し込みページになります。 当イベントにて作品の発表を行う方は、Mashup Awards 2018に応募を頂いている事が前提となります。こちらの申込を頂いても、発表者としてご参加いただけるわけではありません。該当される方は事務局よりご連絡をいたします。 本イベントについて MashupAwards2018の地域予選。1作品のみが2ndSTAGE(12/1)と呼ばれる「みんなで選ぶヒーロー」の決勝に参加することができます。 プレゼンとは言え、Mashup Awardsの プレゼンはデモが中心! 東京(2回)、関西、東海、北陸の4地域5回開催する、作品のプレゼンで上位1作品を決める予選です。 会場での相互投票によって上位1作品が決まり、2ndSTAGE(「みんなで選ぶヒーロー」の決勝)へ進出となります。 本イベントの申し込みについて 応募者(発表者) 発表をされる方・チームはご来場者さま全員のご登録お願いします。 事前申し込みが無い場合は、当日のご来場をお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。 出席される方は必ずこちらのページより事前に参加者登録をお願いいたします。 発表作品一覧(発表順) ① Filmatch ② 鳥籠の人工苔は電気琴鳥の夢をみるか ③エアースイカ割り(スイカ割りスキル) ④スケジュール管理 by Alexa AND Pepper ⑤足指メモ ⑥ぼくのすいいセンサー ⑦ まねっこLEDミラー ⑧先端発見! ⑨GameControllerizer ⑩matatavi 見学者の方 本イベントはどなたでもご見学をいただけます。 注意 写真撮影しますので、写りたくない方はご自身で対処願います。 参加者が4名以下の場合は、イベント開催を見送らせていただきます。 ロボットやドローン等特別な機体等をお持ち込み頂く方は、申込時のアンケート欄にてご相談下さい。 発表の順番は前日までにこちらのページにて発表を致します。 プレゼンルール 発表時間:5分 ※時間厳守 プレゼン:作品の完成度がわかる「デモ(もしくは動画)」を必ず含める事 審査基準  ●チャレンジ度(ぶっ飛び度、変化球、新規性、アイデア)  ●ギーク度(突き抜け度、こだわり度、完成度)  ●ワクワク感(表現手法、体験、デザイン) 審査員:会場での相互投票 接続環境   ・wifi,電源あり   ・Thunderbolt変換ケーブルあり タイムテーブル time contents 18:30〜 開場 ※接続確認等 19:30〜 イントロダクション+乾杯 19:45〜 プレゼンタイム 21:00〜 懇親会 21:30〜 結果発表 〜22:00 終了 最初から軽食提供予定です。 ※来栖川電さま提供 当日の注意 connpassの6桁の受付番号を準備下さい。 イベントの様子を記事として公開するために撮影が入ります。 内容は変更になる場合があります。 プレゼンが3作品に満たない場合、2ndSTAGEへの進出権は見送りとなります。 以上につき、あらかじめご了承ください。 開催協力 来栖川電算

9/29 (土)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
LINE BOOT AWARDS 2018 とは LINE BOOT AWARDS 2018は、LINEのMessaging APIおよびClova Extensions Kitを活用した 「グランプリ賞金1000万円」 の開発コンテストです。 コミュニケーションアプリ「LINE」・AIアシスタント「Clova」をベースに 様々な技術要素やアイデアが組み込まれ、 人と人のコミュニケーションを活発にする、人とモノ・情報・サービスとの接点を豊かにする、 多くの人々から愛されるサービスのご応募をお待ちしております!! 今年も開催!MashupAwards! 「自由なものづくり」をテーマに、チャレンジ度、ギーク度、ワクワク度を競い合う日本最大級の開発コンテストであるMashup Aawards。今年の名古屋のイベントでは、これまでと開催形態を少し変え、技術サポート企業からのハンズオンなどとモノづくりに集中するもくもく会の形式で開催します。 今年のMAホームページはこちらです。 https://ma2018.we-are-ma.jp/ 今年も各地で地方予選を開催し、12月に2nd STAGE(全国大会)が開催される予定です。 予選を通れば全国から集まるツワモノ供と出会い、お互いの作品に触れ、話をしたり、懇親会で友だちになったり、モノづくりのネットワークが広がります。 どんな人向け? 何かアプリとかサイトとか、ロボットとかセンサーとか使ってみたかった方、何か週末作業しようと思っていた方、ハッカソンと言われてもよく分からない方、ハッカソン好きな方、みなさん集まってモノづくりしましょう! その場で思いついたアイデアを形にするのもよし、テクニカルサポートで来てくれてる人から技術を習得するもよし、単にものづくりを楽しむもよし、想いは人それぞれ。ぜひ作品作成のヒントや仲間集めをこのイベントでしてみてはいかがでしょうか? MA作品応募期間:2018/9/11(火)~11/5(月)※23:59:59締切 開催概要 【日程】 2018年9月29日(土)10:00 ~ 2018年9月30日(日)17:00(9:30 開場予定) 【対象】 アイデアソン・ハッカソンなどにご興味のある方、新しい技術への興味がある方 【場所】 名古屋工業大学 講堂 (NITech Hall) 2階 ラーニングコモンズ(愛知県名古屋市昭和区御器所町) 【主催】 Mashup名古屋・一般社団法人MA タイムテーブル 予定 ※以下のスケジュールは現時点の予定のため、変更される場合がございます。 初日: 時間 内容 09:30~10:00 開場/受付 10:00~10:10 会場説明・はじめに・オープニング 10:10~12:30 テクノロジー紹介・ハンズオン LINE様 12:30~13:30 休憩・みんなでランチ 13:30~14:30 チーム組んだり・アイデア出したり 14:30~17:00 もくもく会・技術の質問など 二日目: 時間 内容 09:30~10:00 開場/受付 10:00~10:10 オープニング 10:10~12:30 IBM Watson紹介・ハンズオン※予定 12:30~13:30 休憩・みんなでランチ 13:30~17:00 もくもく会・最後にみんなで成果発表 現在詳細に関して調整中、随時更新します。 Mashup名古屋とは? 当日のご注意 イベントの様子を記事として公開する可能性があるため撮影いたします。あらかじめご了承ください。 ハンズオン・もくもく会の続きはMashupAwardsのハッカソンで! ハンズオンに参加頂くと、、、「実際にこんなアプリを作ってみたいな〜」となると思います。 今回のハンズオンの続きを9月6日から開催がスタートするMashupAwardのハッカソンで作品の具現化してみてはどうでしょうか?

9/25 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 今回は最近の AWS のサービスの中でも Docker 系のものにテーマを絞った勉強会です。Docker を使ったモダンなソフトウェアの開発・運用について、みんなで学びましょう。 本勉強会では登壇者を1名募集中です。我こそはと思う人はぜひ応募してください。初めての人も大歓迎です。 【スケジュール】 時間 内容 スピーカー 18:45~19:00 受付開始 19:00〜19:10 告知とか JAWS-UG名古屋 だれか 19:10~19:30 Docker初めての方へのECSとFargate♪ JAWS-UG名古屋 森さん 19:30〜19:50 WindowsユーザーだってECSSpot fleetでお安くコンテナ使いたい cloudpack 内木さん 19:55~20:15 タイトル未定(AWS Batch, ...) 来栖川電算 山口さん 20:15〜20:35 タイトル未定(Amazon EKS) JAWS-UG名古屋 川路さん 20:35〜20:55 ECSをやろうとしました フリーランス 古渡晋也さん 21:00 後片付け、退室 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/ 懇親会のご案内 勉強会後に懇親会も行います。懇親会の申し込みは以下からお願いします。 【懇親会申し込みページ】JAWS-UG名古屋 AWS勉強会 Dockerやろうぜ懇親会 懇親会のみ参加も大歓迎です。

9/3 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
アイデア供養会 名古屋の陣 -Supported by MA そのアイデア、放置してると化けて出ますよ この会は着手したけどいろいろな理由(情熱が続かない、技術的に難しそう、物が売ってないなど)で放置しているプロジェクトを紹介する(成仏させる)LT大会です。 今年のMAもこれから本番シーズン、新たなチャレンジに向けて中途半端なアイデアに見切りをつけよう! HacklogやProtopdiaに登録しておきながらも完成させられなかった作品 ずっとあっためているけれど着手出来なかったアイデア 闇に葬るには勿体ない作品 最後に一笑いとって少しでも元を取りたいアイデア などなど そんな化けて出る可能性があるアイデアや作品を最後にLTして供養しましょう!! もしかしたら、今後そのアイデアを引き継ぐ人や課題の解決方法を知ってる人が出てくるかもしれません… 供養LTの内容(こんな話をしてもらえると嬉しいなあ) やり始めた理由 こうなるはずだったのに… 何で詰まったか 今後どうしたいか 動機 続けてくれるならこんな里親がいい! などなど 当日、供養(LT)をしてくれる人も大募集いたします!! ご希望の方は供養枠で申し込みください。 供養(LT)枠 タイトル 発表者 未定 未定 タイムスケジュール(予定) time 内容 19:00~ 開場・フリータイム 19:30~ イベントスタート・乾杯 19:40~ LTスタート 21:00~ フリータイム 21:15~ 今年のmaのスケジュールなどのご紹介 21:30 一旦クロージング 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

8/29 (水)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
突発開催!!IoT・電子工作で有名なSeeed株式会社での開催!
今回、突発的な開催でかつ会場が狭いので、普段のLTスタイルではなく、参加者みなさんで意見交換するような会にしたいと思っています! 業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 19:00 開場 19:30 オープニング 19:40 LT:会場スポンサーLT Seeed株式会社 19:45 各参加者LT 21:00 懇親会 21:45 撤収

8/28 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 JAWS-UG (Japan AWS User Group) は全国に50以上の支部を持つAWSユーザー会です。 名古屋にはJAWS-UG名古屋支部があり、毎月勉強会を開いています。 8月はAWSome Day会場に併設して勉強会を開催します。地域のAWS勉強会を体験してみませんか? AWSome Day https://pages.awscloud.com/AWSomeDay2018Nagoya.html 【スケジュール】 時間 内容 スピーカー 18:15~18:30 開場 18:30~18:35 開演・オープニング JAWS-UG名古屋 筒井さん 18:35~18:45 JAWS-UGおよびJAWS-UG名古屋支部のご紹介 JAWS-UG名古屋 内木さん 18:45~19:15 AWSサービスアップデート AWSJ エバンジェリスト 亀田さん 19:15~19:25 サーバーレス開発を1年で完全にマスターする学び方 来栖川電算 立野さん 19:25~19:35 「学びの先にあるもの」 JAWS-UG名古屋 森さん 19:35~19:55 AWSビンゴ大会(豪華景品あり) JAWS-UG名古屋 川路さん 19:55~20:00 終演・クロージング AWSJ コミュニティプログラム担当 沼口さん ※LTの順番については順番調整中です。 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/ 懇親会のご案内 勉強会後に懇親会も行います、場所は楽楽名駅店で20:30からスタート予定。 懇親会のみ参加も大歓迎です。 JAWS-UGナイト参加者の方は、会場から懇親会会場までみんなで歩いて行く予定です。 楽楽名駅店 愛知県名古屋市中村区名駅3-5-7 https://www.nagoya-rakuraku.com/

8/22 (水)

9e63bb1f875a5da969b6c2294095399d Bluemix Users Group
IBM CLoud勉強会 @名城大学天白キャンパス Green Bakery BOOK CAFE
BMXU女子部@名古屋 参加者の方へ 会場へのアクセス 地下鉄「塩釜口」1番出口を出て右(西)に向かい郵便局を目指してください。郵便局の看板のところにある階段から「交友会館」2階に上がれます。 約1年ぶりに開催します。Bluemix User's Group 名古屋女子部。 今回はWatson AssistantとNode-REDを使ってLineのチャットボットを作ってみたいと思います。 ブラウザで動くGUIツールを使って、気楽にポチポチわいわいしながらチャットボットを作ってみましょう。 開催概要 日時 8/22 水曜日 受付 18:30 開始 19:00 終了 21:00 場所 名城大学 Green Bakery BOOK CAFE 〒468-0077 愛知県名古屋市天白区八事山 名城大学 天白キャンパス 交友会館 2F 参加定員 20人 参加費用 1000円 領収書の発行はありません。 無料になりました。 サンドイッチとワンドリンクが付きます。 コンテンツ内容 *敬称略 時間 タイトル 19:00 開会の挨拶 Call for Codeのご紹介 日本IBM株式会社:矢田睦美 19:15 Watson Assistant ,Watson Visual Recognition とNode-REDでLINE botを作ろう !(仮) ヘルプリー:富田 篤 20:10 あなた好みのWatsonの作り方 〜Watson Knowledge Studioの活用法〜 日本IBM ソフトウェア&システム開発研究所 Watson開発 野村有加 20:40 閉会の挨拶&記念撮影 20:45 懇親会 ※タイムスケジュールおよび内容は、都合により変動する場合もございます。ご了承ください。 ※レポート作成のため、写真撮影があります。 持ち物 名刺 ノートパソコン Windows or Mac or Linux Wi-Fiに接続可能なこと。できればChromeを入れておいてもらえると無難です。 IBM Cloud ライトアカウント http://bluemix.net -- 最新版IBM Cloud ライトアカウント登録手順(2018-05-06時点) - Qiita スマートフォン LINEがインストールされて、、ますよね? LINE ID LINE Developer ID LINE Developers 協力 日本IBM株式会社 公式Facebookページ IBM Cloud:https://www.facebook.com/IBMCloud/ Bluemix User Group(BMXUG):https://www.facebook.com/groups/bmxug/ BMXUG Girls:https://www.facebook.com/groups/bmxuggirls/ Node-RED https://nodered.jp/ 個人情報保護方針 ⽇本IBM株式会社 http://ibm.com/jp/privacy/ 取得した個人情報は上記「個⼈情報の取扱いについて」 に従って適正に管理します。なお、申込みにて取得した個人情報は以下の通り共同利用いたします。 利用される個人情報の項⽬ : 会社名、部署名、役職、お名前、電話番号、メールアドレス 利用する者の範囲 : ⽇本IBM株式会社 利用する個⼈情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 : 上記“共同して利用する者の範囲”の項に⽰す会社間にて管理し、その責務を負います。 利⽤する者の利⽤⽬的 : メールマガジンの送付・電話やメールによるサービスやセミナー等のご案内 諸注意 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 受付票に記載の本人のみが参加できます。受付票をお持ちでない方は入場できません。受付票を必ず印刷いただき、当日受付でお渡しください。 開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、Bluemix 勉強会 実行委員会による運営のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 講師および参加者に対して、勉強会の妨害と見られる言動や行動 人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

7/24 (火)

8676 normal 1509784811 classcat n ClassCat Analytics & Deep Learning
なぜいま人工知能に取り組まないといけないのか? ~ 新たな時代に入った人工知能テクノロジーと社内利用を考える ~ 日本は「課題先進国」と呼ばれ、「少子高齢化」「労働人口の減少」「エネルギー」「環境」「教育」など様々な課題が更に加速度的に進んでいく現状において、これら課題の機械化・自動化を実現するため人工知能テクノロジーを採用する企業が増えてきております。 しかしながら人工知能テクノロジーの社内適応の実態は多くの課題を抱えており、頓挫するケースも多々あります。この新しい人工知能テクノロジーを適応する上での考慮点ならびに自社におけるディープラーニング活用のための具体的なステップを解説いたします。 加えて、IBM や Google がリードしている OpenPower Foundation で推進しているHPC (High Performance Computing) の紹介と共に、人工知能における活用事例を日本アイ・ビー・エム社から紹介いただきます。 詳細なアジェンダは下記URLを参照ください。 http://www.classcat.com/2018/05/11/0724-2/ セミナー参加者向け個別相談会(無償)実施中! http://www.classcat.com/ai_individual_consultation 日時:2018年7月24日(火) 15:00-17:30 (14:30 受付開始) 会場:日本アイ・ビー・エム(株) 名古屋事業所 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル 地図:https://goo.gl/bks88j 共催:(株)クラスキャット、(株)XEENUTS 後援:日本アイ・ビー・エム(株) 参加費:無料 (事前登録制) 定員:30名 (申込順で受付) 対象:事業責任者ならびに経営者、新規ビジネス企画役員

7/7 (土)

7c3fd174055ec2345c9482652c21d6df SORACOM UG
第3回目は技術・事例盛りだくさんの登壇祭りです!!
SORACOM User Group 東海 #3 IoTプラットフォームSORACOMでは、SIMを利用することで、さまざまなモノに、リーズナブルに、だれでも、いつでも、どこでもモバイルデータ通信を組み込むことができるようになりました。 SORACOM User Group 東海として3回目のイベントとなる今回は、SORACOMに関する技術・事例盛りだくさんの登壇祭りとなります。 ぜひご参加ください!! 途中、香川県で行われているUG四国とリモートでつないで現地からのレポートもあります! タイムスケジュール(予定) 時刻 時間 内容 登壇者 12:00~13:00 30min 会場オープン ー 13:00~13:10 10min オープニング SORACOM-UG東海 高野さん 13:10~14:00 50min SORACOM最新アップデート 松井さん(SORACOM) 14:00~14:20 20min WioLTE/Wio3G 知っトク情報2本立て 松岡さん(Seeed) 14:20~14:30 10min 休憩 ー 14:30~14:50 20min サーバレスでIoTやってハマったこと JAWS-UG名古屋 筒井さん 14:50~15:10 20min SORACOM BeamでAzure Logic Apps連携 SORACOM-UG信州 沖さん 15:10~15:30 20min BeamでセキュアなIoT 河本さん(Iret) 15:30~15:40 10min 休憩 ー 15:40~16:00 20min 農業とIoTで何ができるか 沖さん(IT工房Z) 16:00~16:20 20min Watson IoTのご紹介 菅さん(IBM) 16:20~16:40 20min オリーブの島から愛をこめて SORACOM-UG関西 辻さん(KYOSO) 16:40~16:50 10min 休憩 ー 16:50~17:50 60min LT大会 6名予定(篠さん(KYOSO),渡邉さん,熊崎さん) 17:50~18:00 10min クロージング SORACOM-UG東海 高野さん 18:00~18:15 15min 撤収 ー ※イベント終了後、近くのHUBで懇親会を行いたいと思います。キャッシュオンなので軽く一杯でも全然構いませんのでこちらもぜひご参加ください。 参加対象者 SORACOM/IoTに興味がある方(エンジニア、セールス、企画、マーケティング等)誰でも参加可能です。 担当分野(ハードウェア、ソフトウェア、クラウド等)は問いません。 持ち物 特になし 注意事項 ビルセキュリティーの関係で入室は12:00-13:00の間にお願いします。退室は自由です。 もし遅れる場合はメールにてご連絡をお願い致します。※詳しくは再度メールにてご連絡致します。 ご協力 株式会社ソラコム アイレット株式会社

Bd0347d88e6d016dd11ad7076e072e88 Alexaスキルアワード2018
Alexa でつくる、テクノロジーと人がもっとつながる未来。
〜Alexa でつくる、テクノロジーと人がもっとつながる未来〜 Alexaスキルアワード2018の公式ハッカソン!! Amazonでは多くのユーザーにとってさらに魅力的なスキルが提供され、Alexaを通じテクノロジーと人がもっとつながりあう未来が来る事を期待し、Alexaスキルアワード2018を開催することとなりました。 ※開催期間:6/13(水)〜8/27(月) 今回のハッカソンはチームビルディングやアイデアソンから始まり、2日間でスキル開発完了を目指します。 2日目の最後には参加者全員によるスキル体験会を通して、Alexaスキルの開発者同士の交流の場を設けたいと思います。  ※1日のみの参加も可能です Alexaのスキルを開発して、Alexaスキルアワード2018にエントリーしよう! 「Alexaスキル」は世界では4万以上、日本では700以上のスキル(2018年5月末時点)が開発されており、スキルの数は日々増え続けています。 本ハッカソンで魅力あるAlexaスキルの開発にチャレンジし、完成したスキルをAlexaスキルアワードに応募してみませんか。 テーマ:フリー 当日はスキルアワード2018の解説をいたしますが、ハッカソンのテーマは自由とします。 ※Alexa Skills Kitの使用は必須とさせて頂きます。 こんな人に来て欲しい!! Alexaスキル開発 に興味がある方。  スキル開発を一緒に行う仲間を集めたい方。 スキル開発をしてアワードにエントリーしてみたい方。 何か週末作業しようと思っていた方。 ハッカソン好きな方。 みなさん集まってモノづくりしましょう! その場で思いついたアイデアを形にするのもよし、テクニカルサポートで来てくれてる人から技術を習得するもよし、単にものづくりを楽しむもよし、想いは人それぞれ。ぜひハッカソンを通して何かを形にしてみてください。 ハッカソンとは 「Hack」と「Marathon」をあわせた造語で、短期/集中的に共同作業でソフトウェアを開発する、技術とアイデアを競い合うイベントです。 『クリエイティビティ』を刺激をする場として、開発の楽しみを知る場として、ご参加をいただけると幸いです。 ハッカソンでの審査 本ハッカソンでは審査を行いません。 テクニカルサポート企業 Twilio (株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ) Twilio(トゥイリオ)は、コミュニケーションの未来を切り拓くためのツールです。音声通話、メッセージング(SMS、チャットなど)、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段を、アプリケーションやビジネスへ容易に組み込むことを可能にします。創業当初からのAPI提供のほか、ドラッグ&ドロップでオムニチャネルを実現できる顧客エンゲージメント・クラウドとして日々進化し続けています。 kintone(サイボウズ株式会社) kintoneはサイボウズ株式会社が運営するクラウド基盤「cybozu.com」上で提供されています。ドラッグ&ドロップでデータベースを設計できるので、プログラム経験がない方でも「あっ!」という間にWebアプリケーションを作成できます。 開発者のためのサイトではJavaScriptやREST APIによるカスタマイズの仕様やサンプルを多数掲載しています。 無償の開発者用ライセンスもお申し込みいただけます。 YuMake気象情報API(YuMake合同会社) YuMake気象情報APIは、気象庁の情報を元にしたAPIです。 天気予報・観測情報・防災情報など様々な気象データの中から、Alexa Skill Award向けに下記のデータを提供します。 ・天気予報(今日明日、週間、時系列の3種類のAPI) ・現在の天気・気温(推計気象分布API) ・10分間隔、60分先までの降水・雷・竜巻予測(降水ナウキャスト、雷ナウキャスト、竜巻発生確度ナウキャスト) エリアコードや緯度経度情報を元にリクエストし、JSONで取得可能なAPIです。 利用申請はコチラからお願いいたします。 持ち物と準備 ご自分のAmazon Echoがある方は持ってきて下さい。 会場のWi-Fi接続数に限りがございます。ご自身でWi-Fi環境などをお持ちの方はご準備を頂けますようお願いいたします。 Amazon Alexa スキルの開発者アカウント Alexaスキル開発はAmazon開発者ポータルで行いますので、こちらから事前にアカウント作成をお願いいたします。登録は無料です。※アカウント開設の際には、こちらの点にご注意ください。 AWSアカウント 開発にご使用になられる方は、事前にAWSの無料アカウントを作成ください。作成方法はこちら。 kintone開発者ライセンス 無償の開発者用ライセンスをお申し込みいただけます。作成方法はこちら タイムテーブル 1日目 time contents 9:30 開場 10:00 インプット、サポート紹介 11:00 アイデアソン 12:30 ランチ ※チームごとに外のレストランにて 14:00 アイデア発表 14:30 ハッキングスタート 20:00 1日目終了 2日目 time contents 9:30 開場 10:00 作品情報入力 ハッキングタイム 12:00 ランチ ※チームごとに外のレストランにて 15:30 作業終了 16:00 各作品プレゼン 17:30 タッチ&トライ 18:30 終了 ※会場での飲食が出来ないため、ランチはチームごとに行って頂きます ※懇親会は終了後近くの居酒屋などで行います(実費)参加希望の方はアンケートにてご回答ください。 当日の注意 connpassの6桁の受付番号を準備下さい。 内容は変更になる場合があります。 当日名刺1枚を会場受付へお持ちください。名刺をお持ちでない方は、お名前とメールをフォームにご記入いただきます。また、ハッカソン中にベンダーIDを確認させていただきますので、事前に開発者ポータルにてアカウントをご登録いただき、こちらからIDをご確認ください。 本イベントにおいて、Amazonは広告、宣伝及び広報等の目的で貴殿を含む参加者の写真を撮影させていただくことがあります。撮影に同意いただいた場合、貴殿は、写真に表示された貴殿の画像を当該目的のためにオンライン又はオフラインのメディアで表示する資料として使用することを、アマゾンジャパン合同会社及びその関連会社に対して承認したものといたします。また、本イベントはメディアによる取材が入る可能性がありまます。あらかじめご了承ください。 以上をご了解の上、お申し込みください。 当日のファシリテーター ちゃんとく(dotstudio株式会社) IoTのスタートアップであるdotstudio株式会社のエンジニア兼テクニカルライターとして参加。Web開発,電子工作,情報教育など広い分野で活動している。Node.jsユーザグループ内の女性コミュニティ「Node Girls」を主催。趣味の電子工作では日本最大のIoTコミュニティ「IoTLT」では体当たり電子工作を発表中。 Amazon Alexa スキルアワード 2018、Amazon、Amazon .co.jp 、Amazon AlexaおよびそれらのロゴはAmazon. com, Inc.またはその関連会社の商標です。

6/23 (土)

146d937e0c18942975f6ce75c54a9376 Seeed
たくさんの方に申し込みいただけたので、ミッドランドホールの会議室を借りて増枠しました。 概要 Alexaでコントロールするデバイスを、Wio Nodeで作ってみよう!というテキストを作る会です。 ベースとなるテキストはアマゾンジャパンが用意する予定です。(←ありがとうございます!) このテキストを参考に、参加者でワイワイと問題解決、テキストをブラッシュアップできればと思っています。 対象者 保有するデバイス/オリジナル製品を、Alexaでコントロールできるようにしたいと考えている開発者 Alexaスマートホームスキル対応の製品を作ってみたい開発者 Wio NodeとAlexaを連携させてみたい開発者 ※ 今回、初回なので対象者は開発者のみです。「開発者じゃないけど参加したい」という方は、そのやる気をコメント欄にアピールで! 持ち物 (必須)Wio Node (必須)Amazon Echo or Echo Plus or Echo Dot (推奨)Wio Nodeが対応しているGroveモジュール 講師 講義、講演ではありませんが、技術フォローとしてアマゾンジャパンから2名、Seeedから2名、同席する予定です。 タイムスケジュール 時刻 内容 担当 12:30 開場・受付 13:00 オープニング Seeed 13:05 Wio NodeとAlexaスマートホームスキル開発の全体像 Seeed 13:15 Wio Nodeウォークスルー Seeed 13:30 Alexaスキル開発ウォークスルー アマゾンジャパン 14:30 参加者でワイワイ 16:30 成果発表(口頭) 17:00 終了 17:30 撤収完了 18:00- 近くの居酒屋で懇親会 QA Q1. 持ち物に個人のamazon echoとありますが、当日はwifiが提供されて、そこにechoとPCを繋げられるのでしょうか?それとも、自前でテザリングなどでネットワーク用意しないといけないのでしょうか? A1. 運営側で、Wi-Fiアクセスポイントを用意します。 ので、テザリングなどでWi-Fiをご用意いただく必要はございません。 Q2. amazon echoの開発者アカウントを取っておいた方がよいのでしょうか? A2. 当日でも大丈夫かと思いますが、いま分かる範囲で、 Alexaアカウント(Echoなどの設定) Amazon開発者アカウント(スキル作成) AWSアカウント(スキルから呼び出すLambda開発に必要?) Wioサーバーアカウント(Wio Nodeの設定) が必要です。 わたしもすべてを把握していないので、、、 アカウントに関しては当日に周りに聞きながら対応するのが良いと思います。 Q3. >(推奨)Wio Nodeが対応しているGroveモジュール これはどのようなものがありますでしょうか? A3. Wio Nodeで利用可能なGroveモジュールは、こちらに一覧があります。 http://wiki.seeedstudio.com/Wio_Node/#grove-support-list この表がちゃんとメンテナンスされているか不安ではあります(汗 「どれを購入すればいいのか分からない!?」という方は、 弊社からいくつかGroveモジュールを持っていきますので、 当日にあれこれ試してから、後日購入するのが良いと思います。 Q4. >講習に使う言語がpythonということですが、予めパソコンに入れておいた方が良いのでしょうか? >入れるとしたらバーションなど教えて頂ければと思います。 PythonはAWS Lambdaのコーディングで使用します。 Webブラウザで書くことができますので、パソコンへのPython開発環境のインストールは不要です。 ↓↓以下、宣伝です。 必須ではありませんが、、、 Wio Nodeのツールに「wio-cli」というのがあって、まぁまぁ便利なのでわたしは使っています。こちらのツールを動かすには、Python2系が必要です。 https://github.com/Seeed-Studio/wio-cli

6/21 (木)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
JAWS-UG名古屋 Alexaハンズオントレーニング・ダイジェスト版 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/74649 の懇親会受付用 Doorkeeper です。 一人 3500円の飲み放題付きのコースとなります。 お店の空き次第では事前に申し込んでいない方も入れるかもしれませんが、 当日の混乱を避けるためにも、お申込みお願いいたします。 懇親会予約会場 魚河岸本舗 ぴち天 本店 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-17 https://r.gnavi.co.jp/n056305/ ※勉強会会場のMISOCAさんから徒歩3分くらいです。勉強会終了後みんなで歩いて移動します。 詳細は、勉強会当日にご案内いたします。 参加人数を確定させるため、前日17時までの参加表明をお願い致します。 お断り 当日キャンセルはご遠慮ください。 こちらの Doorkeeper の申込人数で、 前日 6/20 17時 に予約を確定します。

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 Alexaスキル開発を、Alexaエバンジェリストと一緒にステップバイステップで実施します。サンプルコードからのコピー&ペーストだけで、Amazon Echo と対話するスキル開発を体験できます。 通常4時間で行うハンズオンですが、ダイジェスト版の2時間の講習となっています。 対象者: Alexa開発のスキル作成もトライしたけど途中で挫折した方、これから開発したいけど最初に基礎をざっくり知りたい方、独学だから体系的に学びたい方等など。Webデザイナー、プログラマー、システムエンジニア、デバイスエンジニア、その他のご職業の方も高度なプログラミングスキルは必要ないので安心してご参加いただけます。 当日の持ち物と事前準備: (1)ご自身のPC、またはMac電源アダプター    Firefox または Chrome が使えるパソコンのご用意をお願いいたします。    当日は、会場のWi-Fiをご使用いただけます。 (2)Amazon開発者アカウントの作成    Alexaスキル開発はAmazon開発者ポータルで行いますので、こちら(https://developer.amazon.com/login.html)から    事前にアカウント作成をお願いいたします。    登録は無料です。    ※アカウント開設の際には、    こちら(https://developer.amazon.com/ja/blogs/alexa/post/9f852a38-3a44-48bd-b78f-22050269d7c7/hamaridokoro)    の点にご注意ください。 (3)AWSアカウントの作成 トレーニングで使用しますので、事前にAWSの無料アカウントを作成した上でお越しください。    作成方法はこちら( https://aws.amazon.com/jp/register-flow/ )。 (4)お手持ちのEchoデバイス(任意)    演習課題はAlexaシミュレーターを使って行いますが、必要な方はお手持ちのEchoデバイスをご持参いただいても構い    ません。時間が余った方はEchoデバイスを使ってみましょう。 【スケジュール】 時間 内容 スピーカー キーワード 18:45~19:00 受付開始 19:00~19:15 司会 来栖川電算 山口さん(名古屋) 19:15〜21:15 Alexaハンズオン・ダイジェスト版 ゲスト講師:Amazon Japan 畠中さん Alexa,Lambda,echo 21:15~21:20 司会 21:20 後片付け、退室 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/ 懇親会のご案内 以下でリンク先にて、募集しております。懇親会のみ参加も大歓迎です。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/74704

6/16 (土)

2864 normal 1458035951 mbed fest 2016 200x200 mbed祭り
2018年夏のmbed祭りは名古屋工業大学で開催! 今回のイベントは、なんと!あのMashupAwardsとのコラボイベントです。 いつもの初心者枠とは異なり、Mbedのハンズオンは以下からの申し込みになります。 ハンズオン希望の方は、必ず本ページと下記ページ、両方に申し込みください! https://mashupawards.connpass.com/event/88847 Mbedとは誰でも気軽に始められるマイコンモジュールです。 オンラインコンパイラや豊富なライブラリによりファーストステップがあっという間! Webと連動するガジェットやスマートフォンと連携するウェアラブルなプロトタイプも手軽に行えます。 このイベントは? Mbedに関するプレゼンや交流を楽しむ為のイベントです。 Mbed触ったこと無いけど興味が有る方 フィジカルコンピューティングに興味が有る方 手軽にハードウェアをプロトタイピングしてみたい方などなど 参加資格は特にありません。気軽にご参加下さい。 過去のイベントのレポートはこちらをご覧下さい。 https://os.mbed.com/teams/mbed-fest/wiki/history 参加条件 誰でも参加頂けます。 作品展示について 会場にはMbedを使った作品を展示するスペースがあります。 ぜひ、作品をお持ちください。 お持ちいただける方は参加登録時のアンケートで、展示希望とお答えください。 スケジュール 時間 内容 発表者(敬称略) 14:00~14:05 オープニング mbed祭り実行委員会 14:05~14:25 Mbed(えんべっど)の概要 アーム株式会社 渡會 豊政 14:25~14:45 Mbedとは何か Seeed株式会社 坪井 義浩 14:45~15:05 うおーるぼっとGについて 株式会社ウフル 勝 純一 15:05~15:20 Mbed+FlashAir=Airio-Base 株式会社クレイン電子 福屋 新吾 15:20~15:35 台湾生まれのウィンボンドです ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社 菅井 研作 15:35~15:40 About uTensor project Micheal Bartling, Arm Ltd., 15:40~16:30 休憩・展示物鑑賞 16:30~16:45 ロームセンサ評価キットについて ローム株式会社 久保 天外 16:45~17:00 Visual Studioのススメ Seeed株式会社 松岡 貴志 17:00~17:15 EVK-NIA-B1(nRF52832評価ボード)のSEGGERをDAPLINKに改造します。 富士エレクトロニクス株式会社 小越 博昭 17:15~17:30 GameControllerizer ~あらゆるIoT機器をゲームコントローラーに~ (有)来栖川電算 土井 伸洋 17:30~17:45 LT枠(1人5分間) 17:45~18:00 お楽しみ大抽選会&クイズ大会&エンディング mbed祭り実行委員会 イベントについて 日時:6月16日(土) 14:00~18:00 場所:名古屋工業大学 NITech Hall 2階 ラーニングコモンズLI:NCs 主催:mbed祭り実行委員会 共催:名古屋工業大学 白松研究室 協賛 (順不同)  アーム株式会社  NXPセミコンダクターズジャパン株式会社  Seeed株式会社  株式会社ウフル  合同会社ランニングエレクトロニクス  株式会社スイッチサイエンス  STマイクロエレクトロニクス株式会社  ルネサスエレクトロニクス株式会社  ローム株式会社  ナダ電子株式会社  ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社  富士エレクトロニクス株式会社

6065c9baaba102ec84d891bfdab0a845 MashupAwards
micro:bitとMbedおさわり会+MAモクモク会
micro:bitもしくはMbedに興味がある人向け(+モクモク席も準備) micro:bitもしくはMbedに興味ある。そんな人のための講習会です。 まずはどんなことができるのか?触りに来ませんか? そんな講習会の席と、ただモクモク作業したい人の席と2スペース準備しています。モクモク席はmicro:bitやMbedに関係なくてもOK! モクモクスペースは1日中開放しており、同会場では午前は「おさわり会」、午後は「mbed祭り」が同時に行われています。 おさわり会やmbed祭りを遠くから眺めながらモクモクしててOKです。(ちょっとうるさいけどね) mbed祭りでの展示者や発表者が午前中だけモクモクしにきて、午後はmbed祭りに参加するのもOKだよ。 講習会を受けたい人も、ただモクモクしたい人もカモーン。 mbed祭りへの参加登録は本ページの登録とは別になります。以下のページから申し込み下さい。 https://mbed.doorkeeper.jp/events/74869 micro:bitとは... BBC(英国放送協会)が主体となって作っている教育向けマイコンボードです。 仕様は25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、BLE機能を搭載したマイコンボードです。 任意のウェブブラウザーからブロックエディター、Javascript、Python、Scratchなどを使ってプログラムすることができます。ソフトのインストールは必要ありません。 手軽にマイコンボードで遊びたい方にオススメです。 Mbedとは… MbedはArm社のプロトタイピング用ワンボードマイコンおよびそのデバイスのプログラミング環境。特徴はWeb上でプログラム開発ができること。パソコンには開発環境をインストールすること無く、インターネットブラウザが動けばOSを選びません。 オフラインでの開発も可能。開発言語はC/C++です。 プロトタイピングから製品化を目指したい方にオススメです。 ちなみにmicro:bitもMbedです。 以下は講習会に参加する方向けの内容になります。 概要 micro:bitの環境設定と基本的な使い方をレクチャーします Mbedの環境設定と基本的な使い方をレクチャーします 持ち物 Wi-Fiでネットワークに接続可能なパソコン お持ちの方はmicro:bit お持ちの方はMbed OS 5.8対応ボード ※お持ちでない方は、運営側で貸し出します 講師 勝 純一 - mbed祭り主催 本職は組み込みソフトのエンジニア 趣味の延長で書籍の執筆、講師、Mbedのエバンジェリストを行っている 最近、micro:bitに興味深々 執筆した書籍:Amazon 勝 純一 書籍一覧 ▼アジェンダ(micro:bit編) micro:bitとは ブラウザ上でブロックを繋げるだけのファーストステップ ボタンを押して好きな模様を表示してみよう 内蔵しているセンサを使ってみよう こんなこともできるmicro:bit 自由に作ってみよう ▼アジェンダ(Mbed編) Mbedとは Mbed OSのファーストステップ Mbedサイトの使い方 バージョン管理をしてみよう プログラムをパブリッシュしてみよう オフライン開発環境の紹介 おさわり会:開催概要 日程:2018年6月16日(土)10:00~12:30 ※9:30開場 場所:名古屋工業大学 NITech Hall 2階 ラーニングコモンズLI:NCs 参加費用:無料 micro:bit枠参加募集数:10名 Mbed枠参加募集数:10名 主催:一般社団法人MA、mbed祭り実行委員会 共催:名古屋工業大学 白松研究室 time 講習会 9:30〜 開場、フリータイム 10:00〜 講習会 (micro:bit席、Mbed席にわかれます。) 〜12:30 終了 モクモク会:開催概要 日程:2018年6月16日(土)10:00~18:00 ※9:30開場 場所:名古屋工業大学 NITech Hall 2階 ラーニングコモンズLI:NCs 参加費用:無料 参加募集数:20名 主催:一般社団法人MA、mbed祭り実行委員会 共催:名古屋工業大学 白松研究室 time 講習会 9:30〜 開場、フリータイム 10:00〜 もくもく会(午前の部) 〜12:30 終了 12:30〜 ランチ 13:30〜 開場、フリータイム 14:00〜 もくもく会(午後の部) 〜18:00 終了 ※タイムテーブルは当日変わる可能性あります。 ※モクモク会参加者はずっとフリータイムです ※ランチは外食になります。学食も営業しています。 スケジュールについての緊急連絡先 開催に関する緊急なお知らせ等は以下よりご連絡・公開させて頂きます Facebookページ Facebookグループ Twitter ※当日は記録のための写真撮影などもする場合がありますが、ご了承ください

6/15 (金)

2473c1358aea439ba1431b3dfcaf859e HAJIME MIYAUCHI
Google Maps APIと、PostgreSQL/PostGISを使って大量の位置情報をエンタープライズでも使えるレベルの速度で表示する手法を実践形式で学ぶためのワークショップです。 概要 日時:6/15 19:00-21:00 場所:ベースキャンプ名古屋 参加費:1000円(会場費として) 参加にあたって必要なのは「なんとなくJavaScriptが使える(if文/for文がかける)」ということとノートPCです。 今回はショートバージョンということで下記内容を予定しています。 PostGISの紹介 QGISを使ったデータの表示 Google Maps APIを使ったデータの表示 オープンソースGISに使えるライブラリ等の紹介 ロングバージョンでは上記に加えてPostGISの構築方法や、データのインポート方法、緯度経度の取扱についての座学を予定しています。 懇親会 終了後に周辺の居酒屋で懇親会を予定しています。よろしければご参加ください。 ※懇親会は別料金となります。