とが (@togazo)


参加する勉強会

8/30 (日)

3e0c8ed6f08c5d2a75cb88f9889db2fa PyCon JP
ProcessingでPythonのモブプログラミング!
PyCon JP 2020 Youth Coder Workshop ProcessingでPythonのモブプログラミング! 今年はProccessing.pyといわれる、電子アートとビジュアルデザインのための環境を使って、Pythonを学びます。 グラフィックを書くための機能がたくさん用意されているので、簡単にビジュアルプログラミングを楽しめます。 また、モブプログラミングは複数人数でプログラミングを行う手法で、メンバー1人がプログラミングをし、残りのメンバーはプログラミングのサポートやアドバイスを出す役割をします。また、役割を時間ごとに区切って交換し、この流れを複数回行います。 今回のワークショップでは1グループ、3人から4人で作品作りに挑戦します。 参加枠について: 募集人数は24名です。募集締め切りは8月28日18時までになります。 申込みは先着順となります。定員に達した場合はキャンセル待ちとなります。 参加可能の可否について募集締め切り後、当ページにてご確認ください。 *本ワークショップは、PyCon JP 2020のイベントとして8月30日に開催されます。本年度はCOVID-19の影響によりオンライン開催となりました。本チケットは、Youth Coder WorkshopへのZoomでの参加チケットです。 参加対象: 本ワークショップの対象は小学4年生から中学生くらいまでを想定しています。 また、アルファベットの大文字小文字の違いがわかることが望ましいです。 教材について: 本ワークショップでは以下の教材を使用します Proccessing.py Proccessing.pyの概要 EduBlocks 当日はEduBlocksといわれる、ブラウザ上でプログラミングできるツールを使います。 EduBlocksの概要 参加方法について: 本ワークショップはオンラインでの開催となります。参加に伴い、以下のご準備をお願いします。 パソコン 本イベント参加のため ブラウザ(InternetExplorerを除く) 動作確認などを行うため Zoomのアカウント 本イベントの参加のコミュニケーションツールとして使用するため Googleアカウント EduBlocksというツールを使い、モブプログラミングをするため ワークショップの時間について: ワークショップは以下の時間(予定)にて実施されます。 全体学習 10:30 - 12:00 お昼休憩 12:00 - 13:30 グループ学習 13:30 - 15:00 成果発表会 15:00 - 15:30 行動規範 保護者様には本ワークショップの参加に際してPyCon JP 2020の行動規範を一読いただき、遵守いただきますようお願い申し上げます。 PyCon JP 2020 行動規範 ワークショップ協力(あいうえお順。敬称略) 今津 善文(所属 CoderDojo 厚木) 瀬戸 亮一(所属 CoderDojo 浦安) 田中 真輔(所属 CoderDojo 大船) 土井 敬司(所属 CoderDojo 大船) 千葉 幸恵(所属 CoderDojo 鎌ヶ谷) 野田 浩晶(所属 CoderDojo 鎌ヶ谷) とがぞの (所属 CoderDojo 小平) 増澤 智将(所属 CoderDojo 船橋) 矢嶋 貴宜(所属 CoderDojo 船橋)


過去の勉強会

4/11 (土)

4ef3c607af496c241adf39493e3df21d CoderDojo奈良・生駒・田原本
4月もオンラインだ!
4月もオンライン開催にします! 今月は通常開催に戻すぞ!って思ったましたが、やはり現在の状況を考慮してオンライン開催に変更します。 オンラインCoderDojoのやり方 オンラインCoderDojoは自宅などのインターネットに接続できる場所から「zoom」というオンライン会議システムを使って接続し参加します。「zoom」の接続方法については、後で説明します。 オンラインCoderDojoに参加する場合は、必ず保護者の方の許可を貰ってください。保護者の方の許可がないことが分かった場合は、接続を解除することがあります。 今回は以下の形でやりたいと思います。 みんな家にいることが多くて他の人と話す機会が減っていると思うので、みんなとコミュニケーションする場として開催します。 オンラインで長時間はちょっとしんどいので(もしかするとニンジャのみんなは大丈夫かもしれないけど、大人はつらい)14:00〜16:00と普段のDojoよりも短めです。 最初の1時間は「雑談タイム」もちろんプログラミングをしてもいいけど(それが本来のCoderDojoだっけ)雑談してるだけでもOKです。家でどんなことしてるとか、どんなことをしたら面白かったとか、この機会に家でやっておきたいことをメンターさんに質問するとか、なんでもOKです。 グループで一緒に作業したい場合はグループ専用の部屋を作ります。ただし、グループ専用の部屋には最低ひとり大人のメンターが入ることを条件とします。もし一緒に入ってくれるメンターさんがいない場合は、申し訳ありませんが諦めてください。 後半の1時間はいつもの「発表タイム。1時間としていますが、発表数が多い場合はそれ以上の時間やるかもしれません。発表タイムから参加しますというのもOKです。色んなニンジャの発表が聞ける機会になると思うので、たくさん参加して欲しいし、たくさんのニンジャに発表してもらいたいです。もちろん、メンターの発表も大歓迎です。 発表タイムについては、もしみんながOKしてくれるならYouTube Liveで配信してもいいかなと思っています。もちろん、その時にはカメラオフで構いません。当日相談させてください。 まだまだオンラインについては試行錯誤中ですが、オンラインだからできる楽しいDojoを作っていきましょう! 使用するオンライン会議システムについて 今回「zoom」という会議システムを利用します。 zoomやオンライン会議システムが初めてという方は、CoderDojo小平のチャンピオンとがぞのさんが作ってくださった、こちらのスライド「zoomの使い方はじめてのWeb会議の参加方法」をご一読ください。 オンライン会議の環境と接続までの手順 「zoom」はアプリのダウンロードが必要ですが、Mac / Windows / iPhone / iPad / Androidのいずれでも使えます。 Windows/Macで参加される方はこちら。 iPad/iPhoneで参加される方はこちら。 Androidで参加される方はこちら Windows/Macの場合は事前にダウンロード・インストールしていなくても会議参加時に自動でダウンロード・インストールされますが、会議参加時にダウンロードが始まると参加までに時間がかかってしまうので、事前のインストールをお願いします。 アプリをインストールしたら、後日連絡する接続用URLににアクセスしてください。自動的にアプリに切り替わり、オンライン会議が始まります。 接続先は、参加申し込みされた方のみにお知らせします 接続できなかった時の問合せ先 そもそも接続できなかったらどうすればいい?という方は、以下のいずれかにご連絡ください。 Facebookをやってる方向け奈良のCoderDojoに参加する人の公開グループ こちらはFacebookのグループです。Facebookをやってる方はこちらに参加して質問などをかきこんでください。 LINEをやってる方向けCoderDojo奈良・生駒・田原本のオープンチャット こちらは、LINEのオープンチャット(LINEグループのようなもの)です。こちらに参加してもみなさんのLINEアカウントが参加者に知れることはありません。 上記以外の方は、若林までメールでご連絡ください。

12/21 (土)

10565 normal 1572097536 icon facebook doorkeeper DojoCon Japan
DojoCon Japan 2019 懇親会 開催日: 2019年12月21日(土) 時間: 18:00 - 20:00 場所: MU GARDEN TERRACE 名古屋 (名城大学のナゴヤドーム前キャンパスのカフェレストラン) 参加費: 有料(事前申込、当日現金払い) 参加費の詳細 対象 料金(税込) 内容 備考 未就学児 1,500円 ビュッフェ+ソフトドリンク飲み放題 小学生 2,500円 ビュッフェ+ソフトドリンク飲み放題 中学生以上 3,700円 ビュッフェ+ソフトドリンク飲み放題 大人も可能 成年 4,200円 ビュッフェ+ソフトドリンク飲み放題+アルコールドリンク飲み放題 満20歳以上に限る ※ ビュッフェスタイルをとっていますが、食べ放題ではありませんので、仲良く取り分けてください。 【注意事項】 懇親会に申し込むためには本編イベントの入場チケットが必要です。 本編イベントの入場チケットについてはこちらからお申し込みください。 → https://dojocon-japan.doorkeeper.jp/ お支払いについて 本編イベントの入場受付の際に、総額を現金にてお支払いいただきます。 恐れ入りますが、お釣りのないように現金をご用意いただけますと幸いです。 キャンセルについて キャンセルされる場合は、2019/12/16(月) 23:55までに人数の変更または申し込みのキャンセルをお願いします。それ以降のキャンセルまたは欠席の場合、参加費をご請求させていただく場合がございます。 食物アレルギーについて 食物アレルギーのある方は、申し込み時に詳細な情報をご記入ください。 尚、本カフェレストランの厨房では、ピザやパスタなどの小麦粉を原材料とする食材を調理しています。 カフェレストランのイメージ写真

10565 normal 1572097536 icon facebook doorkeeper DojoCon Japan
ライトニングトーク(LT)募集 - DojoCon Japan 2019 懇親会 DojoCon Japan 2019 の懇親会で、ライトニングトーク/Lightning Talk(LT)を行いますので、そこでの発表者を募集します。 開催日: 2019年12月21日(土) 時間: 18:00 - 20:00 (懇親会) 場所: MU GARDEN TERRACE 名古屋 (名城大学のナゴヤドーム前キャンパスのカフェレストラン) 発表内容: CoderDojo に関すること 発表時間: 5分間 スライド: サイズ(縦横比)は自由です。 発表用PC: VGAまたはHDMIに接続可能なPC等をご持参ください。 スライドチェック:事前にスライド内容を確認させていただきます。 発表者の選考:応募者が多数の場合、実行委員会で発表者を選考させていただきます。 【注意事項】 LTに申し込むためには本編イベントの入場チケットおよび懇親会チケットが必要です。 本編イベントの入場チケットおよび懇親会チケットについてはこちらからお申し込みください。 → https://dojocon-japan.doorkeeper.jp/

6/10 (月)

72514134de6a091df4b48b94fc5dca25 WP ZoomUP
2019年5月21日発売の新刊「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」の著者陣をお招きし、書籍に沿って実際にサイトを作っていく予定です。(詳細が決まり次第、内容を更新します) ▼WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版 https://www.amazon.co.jp/dp/4844368664/ スピーカープロフィール 竹下 和人(たけした かずと) プログラマー システム会社に勤務したのちに独立し、WordPressをはじめとするWebサイト・Webシステム開発を行う。 WordPressコア開発貢献・公式プラグイン開発を通じて得た知識をもとに、制作だけではなく運用サポートも行っている。 地元神戸のWordPressやAWSなどのコミュニティ運営にも参加している。 趣味はドローンでの空撮。事業として空撮も行なっており、テレビCMなどに映像提供もしている。 https://mt8.biz 額賀 順子(ぬかが じゅんこ) 大阪芸術大学卒。Webデザイナー、写真家、文筆家。WordPressを中心に活動し、WordCamp Kansai 2014 実行委員長、WordCamp Ogijima 2018 副実行委員長、グローバルのWordPress Community Team で Deputyをつとめる。 2014年より瀬戸内海にある人口160人の男木島に住み、社会活動として私設の図書館、男木島図書館を開館している。 https://nuuno.net/ https://nukagajunko.com/ https://ogijima-library.or.jp/ 占部 紘(うらべ ひろし) 長野県内のWEB制作会社に勤務した後フリーランスのフロントエンドエンジニア・WordPress テーマ・プラグイン開発者として活動。現在、株式会社HAMWORKS所属。WordPress サイトの構築・プラグイン開発や、CSS設計、Vue/Reactを用いたフロントエンド開発を手がける。 WordPressへの様々な貢献活動や長野県内外のコミュニティ活動にも参加・運営している。 https://torounit.com シマキョウスケ 株式会社 パルスデザイン 勤務 フロントエンドエンジニア Web制作会社に勤務。WordPressを使ったWebサイト制作や自社でイラスト等の素材配布サイト「素材工場」を運営。 WordCamp Kyoto 2017・Osaka 2018 などに実行委員として参加。 山歩きと餃子とレモンサワーと音楽が好き。 https://shimakyohsuke.com/ https://hiking-hiking.com/ イベントの流れ 参加用URLを、開催の30分前までと開始直前にconnpassメールにてお送りします。 (※ 開始後はTwitter・Facebookに掲載します。途中からでもお気軽にご参加ください) 開場は20:50です。21:00より開始となりますので、それまでにご参加開始いただくとスムーズです。 以下のように進行します。 はじめの挨拶 本イベントについて、インタラクティブ・アンケート、フィードバック、注意事項 セッション 質問タイム 懇親会 WP ZoomUP とは? WP ZoomUP は WordPress を使っている人、使いたい人たちが集まって、知識を共有したり質問をしたりするオンライン勉強会です。 https://wpzoomup.com/ WordPress を使っている人、WordPress に興味がある人なら、知識の量や技術の有無に関係なく、誰でも参加することができます。 月に2回の開催で、「セッション回」と「座談会」を一度ずつ開催します。 「セッション回」では、毎回テーマを設定して、その道のスペシャリストを招いて話してもらったり、参加者の有志が研究結果を発表したりします。その後、関連する内容についてワイワイ話し合ったり質問できる時間を作ります。 「座談会」は、Q&A、雑談のためのゆるっとした形で進めていこうと思います。 発言や質問は、自由なタイミングでどんどんしてください。初心者、コードを書く人、コンテンツを作る人、ものを売る人、デザインする人、考える人、ビジネスをする人などなど、さまざまな人たちの多様な視点が持ち込まれることで、参加者全員の理解が深まるからです。一方向ではないコミュニケーションが活発な勉強会にしましょう。分からないと声を上げたり、提案をすることは、必ず歓迎されます。 WP ZoomUpは参加者の協力によって改善されていきます。フィードバックを取り込んで、2時間ができるだけ濃く、役に立つように変えていきますので、よろしくお願いします。 フィードバック方法 #wpzoomup をつけてつぶやく 登壇者/セッション内容提案フォーム から、聞いてみたいセッションを送る セッション登壇立候補フォームから、話してみたいことを送る イベント改善提案フォームから、イベント自体の改善について提案する 他、このページの一番下にある運営者への個別の連絡も可能です。 参加方法は? Zoomというオンラインミーティングツールを利用します。アプリをインストールすることで、パソコンでもスマホ・タブレットでも参加することが可能です。 イベントに参加申し込みをした方々に事前にシェアされるURLにアクセスすることで、アプリが自動的に立ち上がり、WP ZoomUPに参加できるようになります。 イベント開始後しばらくすると、URLは一般に(Twitterなどで)公開され、事前申し込みがなくても参加できるようになります。 Zoom の勉強会場に入ると、名前を入れたり、デフォルトではオフになっているカメラやマイクをオンにできます。本名を使うのかハンドルネームにするのか、カメラをオンにするかどうかは自由です。顔が見えるほうが盛り上がりますので、できる方はオンにしてみてください。 マイクは発言をするとき以外はオフにしておいてください。 Zoom には、オンラインでできるチャットもついています。セッション中に「○○についてもっと詳しく!」ですとか、誰かの質問に対して「それ私も知りたかった!」など、場を活性化させる参加者でいてください。 Zoom の録画機能を利用して、後日、YouTubeやWordPress.tvに公開することを考えています。第一回目は、「今から録画します」と宣言をしながら部分的に録画してみます。 オススメのデバイス 参加(動画と音声発信)の方へ 【一番オススメ】 パソコン(マイク+WEBカメラ) 画面の切り替えなどが柔軟にできるのでオススメです。懇親会では自己紹介タイムなどもありますのでマイクとカメラがあるとベストです。 【オススメ】 タブレット WEBカメラやマイクがない場合はタブレットからでも参加いただけます。ただし、MentimeterというWEBサービスを使って質問に回答していただく時やチャットへの参加がタブレットでは操作上しにくいところがあります。 【参加可能】 スマートフォン スマートフォンからでも参加いただけます。画面が小さいのでスライドやサイトをみて解説するときに見にくい可能性があります。 視聴(見るだけ参加)の方へ 【一番オススメ】 パソコン 画面の切り替えなどが柔軟にできるのでオススメです。 【オススメ】 タブレット・スマートフォン MentimeterというWEBサービスを使って質問に回答していただいたりしています(参加していただけたら嬉しいですが、参加されなくても大丈夫です)。タブレット・スマートフォンでは画面の切り替えがしづらく答えにくいところがあります。 【視聴可能】 スマートフォン スマートフォンからでも視聴いただけます。画面が小さいのでスライドやサイトをみて解説するときに見にくい可能性があります。 歓迎されること WP ZoomUP をすべての人たちにとって開かれた場所にします。ジェンダー、性的指向、障害、人種、宗教、好きなOS、好きなプログラミング言語、使っているテキストエディター、使っているCMS、技術のレベルがなんであっても、誰でも安心していられて、自分は歓迎されているんだと思える、友好的な場所にします。 以下のことを歓迎します。 思慮深く、他者を尊重し、協力的であること。 他の人の品位を傷つけたり、差別したり、嫌がらせとなる言動を控えること 会の状況や他の参加者の様子に気を配ること。 ちょっと問題かな、と思えることがあったら、それをすぐに運営者に伝えること。 積極的に参加して、提案して、発言することで、会をよくしていき、自分のものにしていくこと。 参考にした文書: Code of Conduct – Make WordPress Communities https://make.wordpress.org/community/handbook/meetup-organizer/resources/code-of-conduct/ 運営者について 西川 伸一 @shinichiN 東京、バンコク、男木島と家族で移り住みながらWordPressで仕事をしています。WordCamp Tokyo 2012とWordCamp Ogijima 2018 の実行委員長をしたり、バンコクのWordPressコミュニティーを始めたり。WordPress 専門メディア Capital P の共同運営、著書に『サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル』他。ブログとポッドキャスト「男木ラジオ」やっています。 村上 直子 @ud_fibonacci 1984年生まれ、山口県山口市在住のフリーランス。クリエイティブハント山口メンバー、WordCamp Ogijima 2018 実行委員。3歳の娘と夫と3人暮らし。 Windows用パッケージソフトの開発を経験後、結婚を機に退職。その後、山口市に移住しフォトグラファーのアシスタントを務める。出産後、在宅で写真の補正・現像の仕事を受けるようになり、個人事業主となる。 その後知人に『家にいるならちょっとチラシ作ってみない?』『ウェブもできるんじゃない?』と声を掛けられ、全くの未経験からDTP・ウェブ業界に飛び込むことになった。 額賀 順子 @nukaga 1974年福島県生まれ、大阪での生活を経て男木島へ。フリーランスのWebデザイナー。写真を撮ったり文章を書いたりも。男木島では男木島図書館という小さな私設図書館を運営しています。WordPressではグローバルのコミュニティチームをお手伝いしています。 https://nukagajunko.com/ https://nuuno.net/ http://yorunonaka.com/ 占部 紘 @Toro_Unit 長野県松本市在住のフロントエンド/ WordPress エンジニア。HAMWORKS のフロントエンドとWordPress担当。 信州 WordPress Meetup オーガナイザー。テーマ「Vanilla」、プラグイン「Custom Post Type Permalinks」等を開発。 WordPress 5.0 コントリビューター。 http://torounit.com 三浦 佐代子 @NOCE_WEB_DESIGN 岡山県岡山市在住のフリーランスWebクリエイター。専門学校webデザイン学科非常勤講師。Okayama WordPress Meetup オーガナイザー。山口県下関市出身。福岡市でプログラマーを経験後、岡山市で専門学校情報システム学科講師、医療事務講師、ビジネスマナー講師、ソフトウェア会社勤務などを経て現在。https://noce-w.com/ 齋木 弘樹 (さいき ひろき) フロントエンドエンジニアを目指しているエンジニア。 大学卒業後、17年にわたってDucati専門のチューニングショップでメカニックとして勤務。腰痛のため退職の後、Webに関する勉強をイチから始め、手始めに勉強会に行きまくる。2012年6月よりWeb制作会社に勤務。2017年10月から 株式会社mgn所属。 WordCamp東京、東京WordPressMeetupなどWordPress関連の勉強会、またCSS nite、HTML5 Conference、JavaScript祭、DISTなど多くのWeb系イベントにスタッフとして参加。 河野 千秋 (こうの ちあき) @kouno_chiaki 香港在住11年目。香港でWEBマーケティング&制作会社をしています。好きな点心はもち皮揚げ餃子の咸水角(ハムソイゴッ)。 WordCamp Hong Kong 2019 実行委員、WordCamp Ogijima 2018 実行委員、Tsurukame Creative、香港ブログ Love Life 香港!。 その他 WP ZoomUP が始まった経緯については、「オンライン勉強会 WP ZoomUP (仮)」をお読みください。