KatsuakiTakagi (@tkgtransit)


参加する勉強会



過去の勉強会

8/6 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜Webフロントエンドを支えるノウハウを共有〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第3回目となる今回は、Webフロントエンドを支える様々な取り組み紹介やノウハウ共有の場とし、ヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、Webフロントエンドまわりについて名古屋で語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:20 セッション1)Nuxt.jsを使った電子書籍販売サービスの構築 沢田 晃一 (ヤフー株式会社 コマースカンパニー事業推進室 イーブックイニシアティブジャパン支援室) 19:20-19:35 セッション2)Reactのメジャーバージョンアップ〜react-railsを用いた事例〜 渡邉 悠真 様 (株式会社スタメン) 19:35-19:45 休憩 - 19:45-20:00 セッション3)Yahoo!ニュースでAtomicDesignを実践したときにやったこと 鹿山 玲子(ヤフー株式会社 メディアカンパニー メディア統括本部 プロダクト企画・デザイン本部) 20:00-20:15 セッション4)カオスなユニットテストからの脱却 松岡 やよい 様(株式会社カルテットコミュニケーションズ) 20:15-20:30 セッション5)Yahoo!検索におけるNext.jsの利用事例 岸本 耀平(ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部 検索プラットフォーム開発本部) 20:30-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 沢田 晃一 (ヤフー株式会社 コマースカンパニー事業推進室 イーブックイニシアティブジャパン支援室) 2008年にヤフー株式会社のエンジニアとして新卒入社。Yahoo!ニュース、天気、地図などの担当を経て 現在は電子書籍販売サービス「ebookjapan」の開発を担当しています。 Nuxt.jsを使った電子書籍販売サービスの構築 ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同で運営する電子書籍販売サービス「ebookjapan」が2018年10月にリリースされました。 コンポーネント設計としてAtomicDesignに挑戦してみた話や、状態管理をどうおこなっているかなど主に設計についてお話していきます。 渡邉 悠真 (株式会社スタメン) 2019年4月に株式会社スタメンに新卒入社。フロントエンドエンジニアとして、TUNAGの開発に従事し、Reactによる新規機能の開発や改善を担当している。 Reactのメジャーバージョンアップ〜react-railsを用いた事例〜 株式会社スタメンで開発している「TUNAG」はリリースしてから約2年半経ちます。 その間、Reactのバージョンを更新しておらず、古くなっていました。新しいReactのAPIや、ライブラリを利用するため、Reactのバージョンアップを行ったので、そこで得た知識を紹介します。 鹿山 玲子 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー メディア統括本部 プロダクト企画・デザイン本部) 2016年にヤフー株式会社にデザイナーとして新卒入社。 現在はヤフーニュースでWeb・アプリのフロントエンドとUIデザインを担当。名古屋グルメは味噌カツが大好きです。 Yahoo!ニュースでAtomicDesignを実践したときにやったこと Yahoo!ニュースのWeb版をリニューアルすることになり、AtomicDesignの思想を取り入れた設計でデザイン・開発を行いました。 なぜAtomicDesignを取り入れることにしたのかという話から、その結果についてお話したいと思います。 松岡 やよい (株式会社カルテットコミュニケーションズ) 2013年に株式会社カルテットコミュニケーションズに入社。リスティング広告の運用者向けサービスのフロントエンド開発に従事。 カオスなユニットテストからの脱却 フロントエンドでコンポーネント開発をするにあたり、機能が追加されるたびにカオスになっていくテストコードに悩んでいました。 悩んだ末にたどり着いたテストとの向き合い方やスタイルをコードを交えて紹介したいと思います。 岸本 耀平 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部 検索プラットフォーム開発本部) 2015 年ヤフー株式会社に入社。Yahoo!検索のウェブ検索やバーティカル検索の開発を担当し、2017 年よりウェブ検索フロントエンドのアーキテクチャ刷新を担当。 Yahoo!検索におけるNext.jsの利用事例 Yahoo!検索ではフロントエンドにおいてReactを利用した開発を進めており、フレームワークとしてNext.jsを利用しています。Next.jsをサービスの開発に利用したいと考えている人向けに、Yahoo!検索におけるNext.jsのフロントエンド開発への組み込み方や、カスタマイズの事例について紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19:30までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 ※ 必要であれば机、電源を準備します。 Twitter実況枠 イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 ※ 必要であれば机、電源を準備します。 ※ イベント開催後にtogetterを利用してまとめを作成します。イベント終了後にTweet削除はしないようにお願いします。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 今回のテーマにあう内容でなにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 懇親会 当日、20:30頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 注意事項 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。 ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等を行うこと。また、宗教活動または政治活動をすることは禁止します。 その他、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為、イベント内容に積極的に参加されてないと見受けられる行為、飲食を目的としていると見受けられる行為など、本来のイベント趣旨とは異なる行為があった場合、次回以降のイベント参加をお断りさせて頂きます。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/31 (金)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜インフラ技術カンファレンス/Kubernetes Meetup Tokyo を生中継!〜
イベントについて コンテナ技術をテーマに開催のヤフー名古屋 Tech Meetup #2の番外編ということで、Yahoo! JAPAN MEETUP #32 インフラ技術/Kubernetes のパブリックビューイングをヤフー名古屋オフィスで開催します。 ヤフー名古屋オフィスでわいわいしながら配信をみんなで見て交流しましょう。 ※ 今回のイベントは YouTube配信のパブリックビューイングイベントです。東京会場の人に質問したりすることは出来ません。 タイムテーブル 時間 内容 備考 18:30 受付開始 - 18:50 名古屋内でのOpening - 19:00~19:05 Opening (5min) ここから配信開始 19:05~20:05 The origins and future of Kubernetes (en/英語) (60min) Joe Beda (@jbeda), VMware 20:05~20:35 Kubernetes at Yahoo! JAPAN IaaS team (30min) Ryutaro Inoue, Yahoo! JAPAN 20:35~21:05 懇親タイム 名古屋でも懇親タイムとします 21:05-21:30 LT大会x5 (Lightning Talks x5) (各5分) 配信ここまで 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 懇親タイム お菓子と飲み物をご用意します。参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者側では一切責任を負えません。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/28 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜コンテナ技術〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第2回目となる今回は、コンテナ技術の知見共有をテーマにヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、 名古屋でコンテナ技術を語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:45 キーノート) Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) 19:45-19:55 休憩 - 19:55-20:10 セッション1) エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから 大西 勉 様 (株式会社エイチームライフスタイル CTO) 20:10-20:25 セッション2) コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 清水 昭弘 (ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サービスプラットフォーム本部) 20:25-20:40 セッション3) 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部ローカル検索本部) 20:40-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) ヤフー株式会社所属。第8代黒帯〜Kubernetes〜。 2015年からヤフーの子会社であるゼットラボ株式会社に出向し、Kubernetesを中心としたインフラ基盤の研究開発・技術支援に従事。 近頃は、Kubernetesでの永続ストレージやステートフルアプリケーションの運用に関する調査や開発、技術支援を担当している。 Kubernetes Meetup Tokyo、Cloud Native Deep Dive の共同主催者で、CNCF Ambassador でもある。 共著書に『Kubernetes実践入門』、『みんなのDocker/Kubernetes』(技術評論社)、監訳書に『入門Prometheus』(オライリー・ジャパン)がある。 Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 大規模環境でのコンテナの利用において、Kubernetes がデファクトスタンダードになりました。 Yahoo! JAPAN は、2017年10月頃から一部のサービスが本番環境で Kubernetes の利用を開始し、現在では多くのサービスが利用しています。 その結果、Yahoo! JAPAN では数百の Kubernetes クラスタが運用されています。 本セッションでは、Kubernetes の概要から、数百の Kubernetes クラスタの運用を可能にする Yahoo! JAPAN のプライベートマネージド Kubernetes サービスの紹介とそれを支える技術についてお話します。 大西 勉 様(株式会社エイチームライフスタイル CTO) 中小ソフトハウスで13年受託開発を経験、2014年にエイチームライフスタイルに入社。 ナビクルなどのサービス開発エンジニアとしてサービス改善や新規事業、TOYOTA NEXTなどに貢献。 2019年2月より、CTOに就任。 エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから エイチーム子会社のエイチームライフスタイルにおける仮想化技術の変遷と、 今後、コンテナ仮想化技術をどの様に事業活用していくかについての展望をお話したいと思います。 清水 昭弘(ヤフー株式会社 テクノロジーグループシステム統括本部サービスプラットフォーム本部) 2008年アルプス社から転入。地図サービスのデータからフロントエンドまわりに従事 2018年よりプラットフォーム開発チームでスクラムマスターおよび開発を担当 コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 利用者側がコンテナで利用できるRestAPIの機能を持ったDockerイメージの提供を行っています。 利用者が意識することなくデータファイルやシステムが定期的に更新される仕組みについてご紹介します。 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー検索統括本部ローカル検索本部) 2018年ヤフー株式会社に新卒入社。入社後はフロントエンドアプリ開発を経験、現在は地図サービスのバックエンドの開発に従事し、主にプラットフォーム移行を担当している。 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 仮想マシンなどで稼働しているサービスをPaaSやKaaSに移行する際にどのような視点で移行先を選定するのかをヤフーの地図サービスの事例を元に紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 なにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 Twitter実況枠(※ 5/16追記) イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 懇親会 当日、20:40 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/25 (土)

A6a703109d563328a55d18c7fef07053 若手Web名古屋
今回のテーマは 新卒エンジニア
若手WEB名古屋 「若手WEB名古屋」とは将来のWEB業界を支えていく、名古屋若手エンジニアの技術発信の場です。若手の定義は「学生」「新卒○年目」「気持ちが若手なら若手」なのでお気軽にご参加ください!もちろん名古屋以外の方も歓迎です。名古屋の若手WEBエンジニア同士の交流の場を通じて将来の名古屋におけるWEB業界の発展を目指します! 第8回のテーマは 新卒エンジニア 第8回の若手WEB名古屋のテーマは、「新卒エンジニア」です。春に社会人になったばかりの新卒エンジニアの方々のLT大会を開催します!会社を超えた新卒エンジニア同士のつながりが欲しい方、社会人1年目からどんどん発信したい方、技術的な内容から新卒エンジニアとしての抱負などいろいろな内容のLTを募集しています!新卒以外の先輩エンジニアのLTまたは参加も募集していますので奮ってご応募ください。 対象者 新卒のエンジニア 新卒N年目のエンジニア 先輩エンジニア 学生 テーマは新卒エンジニアですが幅広く募集しています。 日程 5月25日(土)15:00 - 17:00 会場 ヤフー名古屋オフィス 名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ50階 内容 LT (発表時間は7分でお願いします) 質疑応答1~2問と入替え込みで10分です テーマはフリーです 懇親会について 17:30~20:00に、名駅近辺の飲食店で懇親会をします。 参加したい方は、申込時アンケートに回答してください。 4,000円~5,000円を想定しています。 参加予定の方に後日、PayPayの支払いQRコードを事前にお送りします。(事前支払いにご協力ください) スケジュール スケジュール 発表順は当日にランダムで決定します。タイムテーブルの順番は仮です。 敬称略 Time Description Speaker 14:30 開場 15:00~15:05 オープニング 15:05~15:15 スポンサー紹介 ヤフー ・ スタメン 15:15~15:25 RubyのProcについて @natsu375_ (スタメン新卒) 15:25~15:35 yir (エイチーム新卒) 15:35~15:45 keisuke519 (新卒枠) 15:45~15:55 LINE Botを用いた サークルシステムの開発 kozasa (その他枠) 15:55~16:05 OpenAPI Generator yuji38kwmt (その他枠) 16:10~17:00 雑談タイム 17:00 ~ エンディング & 解散 17:30~20:00 懇親会 懇親会に参加する方は会場に移動します。 運営について 運営メンバーを募集中です

3/11 (月)

4ee21041446c1f7bc52d68d6120f9144 Yahoo! JAPAN Nagoya
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスの新オフィス移転を機に、毎月1回クリエイター向けの勉強会イベントを開催します。1回目となる今回は、ヤフーのクリエイターマインドやサービスを支える技術についてご紹介します。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 19:05-19:25 キーノート) クリエイターの才能と情熱を解き放つ!そのためにヤフーが名古屋でやりたいこと。 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) 19:25-19:35 セッション1) 画像認識技術のローカルサービスへの適用 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:35-19:45 セッション2) 東名阪をまたいだLeSS HugeにおいてScrum Masterとして実践したこと 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:45-19:55 セッション3) 現場のインフラエンジニアから見たヤフー 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 19:55-20:05 セッション4) キャラクターを使ったユーザーコミュニケーション 〜けんさくとえんじんの秘密〜 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 20:05-20:10 クロージング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 20:10-20:20 休憩 - 20:20-21:30 懇親会 ヤフー社員によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) クラウドソーシングやIoTなどの新規事業の開発やエンジニアリングマネージャーを経て、Developer Relationを担当。 現在はアドボケートとして、ヤフーの技術的な取り組みや開発文化を社外に広める技術ブランディング活動を行っています。 普段はヤフーの大阪拠点で働いていて、プライベートではデブサミ関西の実行委員をしています、毎年秋に開催してるので遊びにきてください! 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 住所検索エンジンや自動車の走行ログ分析などのローカルサービスのデータ処理を専門にキャリアを構築。2016年にヤフー株式会社に2度目の入社。 現在はMapアプリ、カーナビアプリのデータパイプラインの構築と情報検索の改善。 画像認識の力に魅入られローカル領域に適用するべく勉強中 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 2017年10月中途入社。 ヤフーカーナビアプリ担当、スクラムチームの立ち上げなど実施。 地元は愛知県一宮市。東京での戦いに疲弊し今は名古屋で頑張ってます。 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 2015年新卒入社。ヤフーのサービスを提供するインフラ部隊にて、ストレージ分野を主に担当。 データ保持の最適化を目的に、検証・設計・構築・運用・可視化・ツール開発など手広く行う。 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 2015年コミュニティファクトリーから転籍。 キャラクターを使用したブランディングのおしごと。イラストを描いたり、キャラクリエイティブ全般の監修を担当。 東京から来ました。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可 懇親会 当日、20:20 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

12/10 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 忘年会LTパーティ! LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 今回は12月に開催ということで忘年会!2017年の締めくくりとなるようなLTをお待ちしています! LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す 機械学習は魔法じゃない 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 当日はOthloTechが軽食(ピザ等)とお酒・ソフトドリンクを用意します!LTを聞いたり参加者と交流しましょう! 時間 内容 17:00 開場 17:30 開会のあいさつ 17:45 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 20:00 LT終了・投票 20:10 結果発表 + 表彰 20:30 クロージング 発表者 決まり次第順次更新してきます!発表順は当日ランダムで決定します。 発表枠に申し込んだ方は後日で構いませんのでタイトルと、ページに表示する名前を教えてください。 氏名 タイトル ぽこひで LTを楽しくするChrome拡張「Recho」作った くぅ LT のやり方 KatsuakiTakagi monacoinをはじめてみた いっちゃんとか、ヒロとか 学生の特権まとめてみた @ジュジュ 低レイヤの歩き方 影白 MacとWindowsを併用する環境構築 Ryoga CustomVisionServiceを使って抵抗仕分けてみた 小柳 陽光 VR2.0時代~クロスモーダル知覚と身体所有感による超臨場感~ オザキ 量子コンピュータのざっくりとしたまとめ iked 初めてのUnity うぃる Othlohack2017のつづき 久保 怜也 WebでマルチVRゲームを作ってみた 鷲見陽介 外国人留学生の就活Webサービスについて RyoheiMasujima Unity ちーず web制作におけるUXデザインのお話 すなお ロゴデザインについて gasso 1年で月10万ビュー行って見た(仮) ryoka 結局、何になりたいの? 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼10/7,8に第2回目となる学生ハッカソンを開催しました OthloHack2017 Twitterモーメント

12/7 (木)

1f71846c9188badb9095852d9867f815 Hack U
対象者 参加対象者を学生の方、または若手のエンジニアに限定させていただきます。 我こそは若手エンジニアという方、奮ってご参加ください。 追記(11/13 学生優先ということで、学生枠を10枠に増枠させて頂きました。 キャンセル待ちの方へ 追記2(12/1 好評のため、おかわり講演を検討しております。乞うご期待!! 今回のテーマ 今回のテーマは、【Google Home】です! 発売されたばかりのGoogle Home向けのアプリをActions on GoogleとDialogflowを使って作ってみましょう! https://developers.google.com/actions/ https://dialogflow.com/ ワークショップについて まずActions on GoogleとDialogflowの使い方、Google Home向けのアプリの作り方を説明します。 その後のハンズオンで実際に動くGoogle Home向けのアプリを作ります。 ハンズオンでは、Yahoo! JAPANの現役エンジニアたちがサポートするので、 スキルに自信がない方も安心してご参加ください! 開催概要 日時 2017年12月7日(木)17:30受付開始、18:00開始、21:00終了予定 タイムスケジュール 時間 内容 17:30〜18:00 会場受付 18:00〜21:00 Google Home ハンズオン 会場 ヤフー名古屋オフィス アクセス ヤフー株式会社 名古屋オフィス (愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー) 地下鉄「名古屋」駅 徒歩4分 JR各線「名古屋」駅 徒歩7分 名鉄「名古屋」駅 徒歩9分 近鉄「名古屋」駅 徒歩9分 持ち物 ノートPC(WindowsあるいはMac)/ 充電ケーブル(会場に電源タップの用意はございます) 事前準備 Googleアカウントをご用意ください。 注意事項 当日のイベント内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 イベントレポート作成のため、お写真や動画を撮らせていただくことがございますのであらかじめご了承ください。 イベントはやむを得ず中止させていただく場合がございます。 Twitter, [email protected] ヤフーでは今後もイベントを行う予定です。 イベント情報は以下のアカウントで随時配信しますので、ぜひフォローしてください! https://twitter.com/hackujp https://page.line.me/hacku

6/28 (水)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
#1 Xamarinハンズオン
今回のイベントについて 今回のイベントはCU学生の皆さんにXamarinを使ったアプリ開発の簡単なハンズオンを体験していただく予定です. この勉強会は,まだアプリ開発の経験がないCU学生でも気軽に参加できる内容となっておりますので,C#やプログラミング経験が少なくても参加しやすい内容となっております. この勉強会を通じて,アプリ開発に関する勉強のキッカケにしていただければと思います. 実際に真面目に取り組む際には,C# or java などの言語を学ぶ必要があります. タイムスケジュール 時間 発表者 内容 16:50 - 17:00 開場 17:00 - 17:20 Katsuaki 概要の説明 17:20 - 18:20 ハンズオン 18:20 - 18:30 Katsuaki クロージング ※途中退室は可能です. ※途中参加の場合は既に参加してる人を優先にさせていただきますので,ご了承ください. 対象 Xamarinを使用してみたい方. アプリ開発に触れてみたい方. Microsoftの製品に興味がある方. クラウドに興味がある方. 事前準備 本勉強会に参加される方は,【Visual Studio Community 2017】の【Xamarin】を利用するので出来る限りのご準備をお願いします. 事前準備の方法は,http://ytabuchi.hatenablog.com/entry/visualstudio2017 を参考におこなってください. ※実行には時間がかかる為、自宅の有線環境で行うことを強く推奨します. 開催場所 中大の不言実行館の3階のプレゼンテーションルームで行います. 持ち物 個人の所持のノートパソコン(事前準備を出来る限り進めていること) 本イベントに参加することで学べること Microsoft製品の面白さを体験出来る. Xamarinでのアプリ開発を体験出来る. SNSに投稿について #mspjp #中部大学P研 シェアをよろしくお願いします! Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ,楽しさを学生に伝え,学生の『Microsoft Fun!』を増やす活動を行っています. ▼リンク https://aka.ms/mspjapan ※このイベントはMicrosoft Student Partnersが主催し,中部大学パーソナルコンピューター研究会が協力しています.

4/17 (月)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
ゼロから作る Deep Learning 読書会+ハンズオン その1
機械学習 名古屋 分科会 機械学習名古屋 勉強会の分科会です。 この分科会では、より理論・実装に重きを置いた勉強をしていきます。 機械学習エンジニア として仕事をしている/仕事をしたい人 機械学習(Deep Learning)の 理論を知りたい 人 ぜひ、ご参加ください。 (最新動向・実践等は、通常会(次回:第10回)で扱います) 参加枠について 現在、「一般参加」「サテライト1」「サテライト2」の3つの参加枠が存在します。 どちらも会場は同じビルの同じフロア(別会議室)です。 司会進行は、大会議室側(一般参加枠側)で行います。収容人数とそれ以外に各参加枠の違いはありません。 各会議室は、TV会議システムで繋がっています。質疑応答等はリアルタイムにやり取りできます。 一般参加枠で補欠の方で、サテライト枠に切り替えたい場合、一旦参加申込をキャンセルして新しい枠で参加登録し直す必要がございます。自動で空いている枠への振り分け等はされませんのでご注意ください。 動画配信について 当日、Facebook Live を利用して勉強会の動画配信を行います。 参加出来なかった方も、ご自宅や職場で勉強会の様子をご覧いただけます(正常に視聴するには Facebook にログインする必要があるかもしれません)。 ライブ配信URLは当日、このイベントページおよびTwitterでお知らせします。 また動画は勉強会終了後、機械学習名古屋 の Facebookページ 内で視聴できるようになります。 ※ただいま動画配信中! https://www.facebook.com/mlnagoya/videos/1740496489574560/ 『ゼロから作る Deep Learning』読書会+ハンズオン 分科会のテーマとして、初回からしばらく、書籍『ゼロから作る Deep Learning』の読書会を行います。 進め方 参加者でさらっと読み合わせる(担当者は決めずその場で回し読み) Jupyter notebook でコードを実際に書いて動作確認をする(ハンズオン) みんなで疑問点を質問、解消していく 機械学習エンジニア として実際に仕事をしている人から解説もらってハッピーになる 内容 補足 参加者自己紹介 1人あたり1分程度で簡単に※1 会場について ヤフー株式会社様より、会場についての注意事項 オリエンテーション 初回ということで、勉強会の方向性等の説明をします Python 環境の確認 ※2 ゼロから作る Deep Learning第1章の読み合わせ+サンプル実行確認 Jupyter notebook でハンズオン適宜疑問点の質問も受付 次回以降のスケジュールについて ※3 (LT) 希望者がいて時間が余れば 片付け 会議室の原状復帰にご協力をお願いします ※1 人数が多い場合は省略いたします。 ※2 参加者ごとの環境統一のため、勉強会用の Dockerイメージ を作成しました! → antimon2/mlnsc-dlscratch ↑の使い方解説ページ ぜひご利用ください! ※3 第2回以降は、毎月第1金曜日(第2回は第2金曜日)に開催予定。 第2回:2017/05/12(金)(予定) 第3回:2017/06/02(金)(予定) 会場 ヤフー株式会社様のご厚意により、会場をご提供いただきました! ヤフー株式会社 名古屋オフィス 会議室 愛知県名古屋市西区名駅2丁目27−8 名古屋プライムセントラルタワー4F(地図) JR・名鉄・近鉄・地下鉄 名古屋駅 徒歩5分(地下鉄1番出口から) 注意事項 できる限り18:20~18:40の間にお越しください。会場の4Fまで直接お越しください。 4F 入り口にて、connpass の「受付票」をご提示ください。イベントページから「受付票を見る」リンククリックで表示できます。事前に印刷/その場でスマホ等で表示してご提示ください。 遅れてくる場合も、20:00までに会場の4Fまでお越しいただき、警備員に勉強会参加の旨を伝え、「受付票」を提示してください。20:00以降は入場は出来ません。 終了時間はあくまでも目安ですので、前後する可能性があります。 書籍「ゼロから作る Deep Learning」はご持参ください。 電子書籍版もあります。→ https://www.oreilly.co.jp/ebook/ から「ゼロから作る」で検索 PCをご持参ください。実際にコードを打ち込んで動作確認していただく予定です。 無線LANの提供はあります。 大画面モニタはあります。

3/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 年度締めLT大会 LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。 学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています などなど。今回は年度締めLTなので、今年度の振り返りや成果発表、来年度への意気込みや挑戦してみたい技術でもOK! 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す Sketchは学割で買いましょう 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 イベント当日はOthloTechがお酒と軽食を用意いたします。またお菓子やお酒の持ち込みも大歓迎! 時間 内容 17:45 開場 18:00 開会のあいさつ 18:10 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 19:25 休憩 19:30 LT(第3部) 20:10 LT終了・投票 20:30 結果発表 + 表彰 会場は9時まで確保しているので、20:30以降は自由参加です。 更にもう1時間延長もあるかも!? 発表者 決まり次第順次更新してきます。発表者順は更新のたびにランダムで決定されます。 最終更新:2017/3/24/22:48 氏名 LTタイトル 山根丈亮 最先端の機械学習 いっちゃん D言語ではじめるメディアプログラミング にーさん エンジニアの常識 渡辺稜太 大学5年間を振り返って yufuinn C++17でもっと強くなるC++ オトモレ ストリートコンピューティングのすヽめ(仮) ライダー 一貫したデザインを創るために意識すべきこと 影白@KageShiron Webセキュリティ入門(仮) みつの 機械学習は魔法じゃない ちーず npm trendsであーそぼ! 森 UnityCollabrate及びUnity最強説 Katsuaki_TAKAGI GPGPUの実験環境構築はAzureを使えば割と秒! @iyuto_ ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 会場 会場:AOI CAFE IZUMI 住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-22-30 アクセス:地下鉄東山線 栄駅 徒歩8分 地下鉄名城・名港線 久屋大通駅 徒歩3分 地下鉄桜通線 久屋大通駅 徒歩3分 URL:http://aoicafe-izumi.com/access.html その他 Wi-Fiあり 電源は限られておりますので、譲り合ってご利用ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ