Henrique (@takashi0609)


参加する勉強会



過去の勉強会

7/2 (木)

911404cf9547354b5a2b81732ae5e53f 5Gイノベーション
~5Gとデジタル技術に出来ることは何か~
5GI-Live#3:withコロナの新しい日常を考える~5Gとデジタル技術に出来ることは何か~ ※配信サービスを利用したオンラインイベントです※ 中国の武漢で原因不明の肺炎患者が発生したとの報が出されたのが1月頭。 その後、半年経たないうちに世界中に広がった新型コロナウイルスは、我々の生活や過ごし方を大きく変えてしまいました。日本での感染の拡大はひとまず収まったものの、完全な収束がいつになるのかはまだ先が見えません。 アフターコロナ、ポストコロナといった先を見据えた議論も行われてはいますが、ワクチンの開発も途上な今、それよりもまず足元をどう過ごすかの方が気がかりという方は多いのではないでしょうか? そこで、今回のイベントではコロナ環境下でみなさまがどのような困りごとに向き合っており、不便の多い中でデジタルツールを生かしてどのような工夫を重ねて過ごしているのかという課題と工夫の持ち寄りを行います。 5Gを使えば、あるいは最新のデジタルツールを使えば課題なんてなかったかのごとく何もかも解決するなんて展開であれば楽でいいのですが、現実は簡単にいきません。オフィスが使えないなか仕事をどう進めるのか。人が集まれず移動もできない中で店をどのように運営するのか。教室が”密”となってしまうところ学校教育をどのように進めるのか。リテールや教育といった各業界の現場で日々苦労を重ねている当事者の方々にお話を伺います。 また、今回はなるべく課題と工夫を皆で共有すべく、頂いたアンケート内容については差支えない範囲で共有を行います。事前アンケートに共有や公開が可能かの回答項目を設定しますので、大丈夫という方はご協力ください。参加した皆さまの不安と悩みが一つでも楽になる会にしたいと思います。 開催概要 イベント名:「5GI-Live#3:withコロナの新しい日常を考える~5Gとデジタル技術に出来ることは何か~」 日時:2020年7月2日(木) 16時00分〜18時00分 会場:オンライン開催(MS [email protected]本編、spatial [email protected]アフタートーク) 費用:無料 定員:230名(一般枠) ※増枠する場合がございます。 主催:株式会社NTTドコモ 運営協力:日本仮想化技術株式会社 ・前日(7/1)、当日(7/2)、イベント開始15分前頃 に接続先URLをconnpass参加登録者にメールで通知致します。  connpassに登録されているメールアドレスが受信可能なものであることをご確認ください。  また迷惑メール設定によっては受信できない可能性がありますので、ドメイン「@connpass.com」からのメールを  受信許可するように予め設定をお願い致します。  ※アフタートークのツールとして、今回は「spatial chat」を利用します。   接続確認用のミーティングルームをOpen致します。接続やUIの確認など実施頂けます。   日程については、ご参加申し込み頂いた方にご連絡いたします。   参考:Spatial.chatって画期的なオンライン交流ツール試して欲しい ・ツールやネットワークの接続など、個別の質問には対応しかねますことご了承ください。 ・配信ツールの問題(サービスが落ちているなど)で緊急時に事務局から配信ツール経由で連絡を行えない場合、  緊急連絡にconnpass本イベントページへの掲載、もしくはconnpassからの参加者一斉メールにて連絡を実施いたします。 ・本イベントの録画録音は禁止とさせて頂きます イベントプログラム 16:00-16:05:イベントの進め方とツールの注意点等説明 (大串@MGN) 16:05-16:10:5Gイノベーションとは(秋永@NTTドコモ) 16:10-16:15:本日のイベントについて(5Gイノベーション事務局) 16:15-16:45:ゲストトーク(15分×2名) 16:45-17:30:座談会/参加者からの質問会 モデレータ:渡辺@5Gイノベーション事務局 秋永@NTTドコモ 各登壇者 17:30-17:40:休憩 17:40-18:00:アフタートーク ※イベント内容、タイムテーブルについて変更になる可能性がございます。 登壇者プロフィール 小笠原 伸(おがさわら・しん) 白鴎大学 ビジネス開発研究所所長 白鴎大学 経営学部 教授 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、同大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程修了。武蔵野美術大学助手などを経て現職。専門は都市戦略、地方創生、新産業創造。中部圏のロボット産業振興プログラムに携わり、国土形成計画に知恵の場や知的対流拠点等「熱源」の必要性を指摘。茨城県結城市まち・ひと・しごと創生推進会議などで助言を行う。論文に「サードプレイスと都市との関係」、共著に「ソーシャルメディア論」(青弓社)など。 唐笠 亮(からかさ りょう) 株式会社パルコ デジタルマーケティング コンサルティング一部 部長 株式会社パルコ デジタル・CRM支援チーム 部長 一般社団法人ジャパンイーコマースコンサルタント協会JECCICA 特別講師 青山学院大学卒。数々のアパレル・雑貨ブランドでマーチャンダイザー・事業責任者を務めた後、Eコマースやデジタルマーケティングの経験を活かし、「株式会社パルコ」「株式会社パルコデジタルマーケティング」でPARCOをはじめとするショッピングセンターや小売・専門店企業のオムニチャネル・デジタルシフトを支援している。 イベント当日資料及び動画 イベント資料は後日Slideshareにて公開予定です。 今回はイベント動画の公開は予定しておりません。 ※YouTubeにて、過去のオフラインイベント動画を公開しております。 ドコモ5Gイノベーション YouTubeチャンネル オンラインアンケート イベントにご参加いただいた方は、是非オンラインアンケートにご協力をお願いいたします。 今後のイベント運営のために皆様の声をお聞かせください。 イベント参加者アンケート その他 キャンセルに関して ご参加出来なくなった場合には、お手数ですがconnpassの申し込みページにてキャンセル処理をお願い致します。 お問合せ イベントについて不明点がありましたら、connpassの申し込みページにてお問い合わせのほどお願い致します。 5Gイノベーション広報サイト 本イベントシリーズ及び5Gイノベーションの活動についてはこちらのサイトをご覧ください。 5Gイノベーション 広報サイト

5/20 (水)

01c72ac55b5fca1eeb83bfda7f47b020 大阪駆動開発 - 関東支部
XR=AR/CR/MR/SR/VR等の先端技術の総称 飲食しつつまったり情報交換しましょう!
!!!重要!!! 新型コロナウィルス(COVID-19)への対応について 都内は緊急事態宣言が発令されいる状況の中で3密を避けることを目的に、当面の間本イベントはZoomによるオンライン接続での開催に変更いたします。 参加枠にエントリーしていただければ前日~当日にリマインドメールにて接続先のURLをアナウンスいたします。 オンラインでの開催のため、関東イベントとして登録していますが、その他の地域でも興味のある方の参加OKです。 概要 XR(AR/CR/MR/SR/VRの近未来技術)に関する情報共有や自作アプリのお披露目ができる場 としてイベントを開催します。 ある程度顔の見える人数でXR技術についての情報発信や意見交換をしませんか? 登壇者の話を聞きつつ気軽に会話しながらXR技術についての知見を深めましょう。 同日、各地域で実施する「XRミーティング」と中継でつなぎ、距離を超えたより広い範囲で 参加者同士が意見交換、ネットワーキングを構築できます。 クリエーター・エンジニア・デザイナーはもちろんのこと、それ以外の方や初めてお越しになる方も、 お気軽にご参加下さい。 参加するメリット 中継により、関西と関東両地域のXR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心を持つ者同士で関係が構築できます。 情報共有等を通じて仲間を増やしつつ、イノベーションを巻き起こしましょう! 中継地域(予定) 【北海道オンライン会場】XRミーティング 2020/5/20 #XRMTG 【オンライン】XRミーティング 2020/05/20【AR/CR/MR/SR/VR】 【福岡-オンライン】XRミーティング 2020/5/20 #XRMTG 【Zoom】【Hubs】 【佐賀】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 【名古屋】XRミーティング 2020/XX/XX【AR/CR/MR/SR/VR】 ※地域でXR系イベントを企画しているコミュニティで参加したいコミュニティはお気軽にお声掛けを。 参加可能な方 XR(AR/CR/MR/SR/VR等の近未来技術)に関心をお持ちの方 参加枠について 一般枠:XRミーティングでネットワーキングや情報情報交換をしたい人 発表枠:こんなことやったよ等情報共有したい枠(目安10分程度) 発表枠については、XRに関連する内容であれば何でもOKです。 〇〇作ってみた。 〇〇をやっているんだけど、ここからできない困った事例 これからこういうイベントやります仲間募集中! 特に技術的に困っていることやアドバイスがほしいなどがあればそれを軽くまとめて発表してみてください。 参加してる誰かが解決策を提示できるかもしれません。 料金 種別 参加費 一般枠 無料 開催場所 オンライン開催 コンテンツ 【19:45~ 20:00 】接続確認 【20:00~ 21:30 】情報共有(発表/デモ紹介) 発表(LT)は、XRに関連することであれば何でもOKです! 【21:30~22:00】オンライン上でのネットワーキング(チャットで雑談や交流) 発表内容 大阪枠 発表者 タイトル 時間 直彰 Holoニュースとか(今月のXRに関する情報共有) 30分 TBA TBA -分 関東枠 発表者 タイトル 時間 Miyaura 今月取組んだXRに関する開発技術に関する情報共有 20分 TBA TBA -分 札幌枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 福岡枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 長野/松本枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 佐賀枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 名古屋枠 発表者 タイトル 時間 TBA TBA -分 参加を希望される方は・・・ 必ず事前にconnpassで参加申し込みをしてご参加ください。 イベントの詳細については、後日リマインドメールをお送りしますので、必ずご確認ください。 コミュニティについて 当コミュニティ(大阪駆動開発)は、沢山の企業・団体・学校と共創させて頂きながら 関西を中心に先端技術のイベントを企画・運営しつつイノベーションを発信を行っています。 2019年1月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 日本経済新聞(1面トップ):未来の生活、万博通し描く 若者や外国人ら新発想 SankeiBiz:大阪万博が示す「未来の社会」準備本格化 VR、AI…技術進化どこまで 2018年12月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 [神戸新聞:VRで認知症治療 AI使い手術訓練 活気づく民間技術開発] [佐賀新聞:VR AI開発活気づく] 2018年11月に以下の新聞紙面にて大阪駆動開発の取り組みを掲載頂きました。 毎日新聞:開催決定祝い、VR体験イベント 大阪工大 産経新聞:目指すは五感の再現、VRで80億人来場目指す大阪万博 2018年1月に [Microsoft社よりコミュニティ活動への貢献賞]を受賞させて頂きました。 Microsoft HoloLens 国内発売1周年記念ファン感謝祭 開催レポート パート2 https://winblogs.azureedge.net/win/2018/01/38bf4023c1a24a9679b6390ae7058730.jpg