sy250f (@sy250f)


参加する勉強会



過去の勉強会

7/27 (土)

C31b58ff1fa1b4404a8d37b0100e10c1 Code for AICHI
名古屋初!LINE Thingsとkintoneを連携するハンズオン
※6/28:定員を25人に増枠しました 東京や大阪で開催されているLINE Thingsハンズオンを名古屋で開催します!! 皆さんはLINE Thingsを知っていますか?スマホのLINEアプリからハードウェアを接続することができるプラットフォームです。 LINE Thingsは主に2つの機能があります。 LIFF(LINE Frontend Framework)経由でデバイスにBLEを利用し接続した双方向の通信 予め登録したトリガーとアクションから、バックグラウンドでの自動通信(Webhookを使っています) このハンズオンでは、上記2つの機能を基礎から理解していただけます。さらに自動通信から受け取った値をデータに貯めるためにkintoneを使ってデータを貯めて定期的にbotに通知する機能も実装していきます。 LINE Thingsについて (https://developers.line.biz/ja/docs/line-things/about-line-things/ ) そして今回のイベントでは東京からLINE、サイボウズのテクニカルエバンジェリストの方も起こしいただく予定ですので、何かわからないことがあったら気軽に聞いてサポートをしていただけます。 盛りだくさんの内容になっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております! 内容 このハンズオンでは以下の内容を行います。 LIFFの作成方法とLINE Things設定 kintoneを使用したデータの蓄積、通知 対象の方 以下に当てはまる方でしたらどなたでも参加していただけます。 LINEを使った新しいサービスを作ってみたい方 そもそもLINE Botを作りたい方(事前にどんなものか知っているとハンズオンがスムーズに進みます) kintoneの活用法を知りたい方(アカウントの作成方法はこのページの下記に掲載しています) IoTに興味がある方 フロントエンドに興味がある方 ハードウェアに興味がある方 BLEについて知りたい方 イベント詳細 日時:2019年7月27日(土)14:00~18:30(13:30 会場) 場所:サイボウズ名古屋オフィス(愛知県名古屋市中区栄4-1-8 栄サンシティビル 12階、中区役所のあるビルです。) 参加費:1000円 タイムスケジュール 時間 内容 13:30 受付開始 14:00〜16:00 LINE Thingsハンズオン(LIFFの設定とデバイスの動作確認) 16:00〜16:15 休憩 16:15〜18:30 kintoneハンズオンとLINE Thingsハンズオン(自動通信の設定とLINE botからの通知) ※予定は変更することがございます。 当日の持ち物【必須】 Wifiが使えるノートパソコン(Wifiは会場でご利用いただけます。デバイスと接続を行うので、USB Type-Cのみのパソコンをお持ちの方はType-Aを接続するためのアダプターをご用意ください) LINEアプリがインストールされたスマートフォン ※ハンズオンに使用するマイコンボードは貸し出します。 事前準備【必須】 curlコマンドが必須となります。こちらを参考に、お使いのPCのPowershellやターミナルでcurlが問題なく実行出来ることをご確認下さい。 Atom、VSCode等何らかのプログラミング用テキストエディタが使える用にしておいて下さい。 LINE Developerでご自身のLINEアカウントでログインできるかを確認しておいてください。 Githubを使用しますのでアカウント登録をしておいてください。 kintoneのライセンス登録をしておいてください。まだ登録していない方は、kintoneの開発者ライセンスから登録していただくと無料でお使いいただけます。ライセンスの発行にはメンテナンス等、時間がかかることがあるので、お時間に余裕を持って登録しておいてください。 自動通信機能を使うにはLINEアプリの9.6以上が必須となります。ご確認の上ご参加下さい。

6/15 (土)

A6b08fdd8d7caafa90d26a45c2f61dfb SORACOM UG
SORACOM User Group 東海 #5 概要 SORACOM User Group 東海として5回目のイベントとなる今回は、GPSトラッカーの制作を通じて、PoCを実体験いただく予定です。 (画像はイメージです。実際に制作するものとは違います。) ★本勉強会ではLT登壇者を募集中です。我こそはと思う人はぜひご連絡ください。初めての人も大歓迎です。 タイムスケジュール(予定) 時刻 時間 内容 登壇者 12:30~13:00 30min 会場 ー 13:00~13:10 10min オープニング SORACOM-UG東海 高野さん 13:10~13:20 10min 開発環境の説明 Seeed 松岡さん 13:20~14:00 40min SORACOM最新アップデート ソラコム 松下さん(Max) 14:00~15:00 60min GPSトラッカーの制作 牧さん 15:00~15:10 10min 休憩 ー 15:10~16:00 50min フィールドテスト(予定) 牧さん 16:00~16:30 30min 振り返り Seeed 松岡さん 16:30~17:00 30min LT大会 3名予定 17:00~17:10 10min クロージング SORACOM-UG東海 高野さん 17:10~17:30 20min 後片付け&会場撤収 ー ※イベント終了後、近くのHUBで懇親会を行いたいと思います。キャッシュオンなので軽く一杯でも全然構いませんのでこちらもぜひご参加ください。 参加対象者 SORACOM/IoTに興味がある方(エンジニア、セールス、企画、マーケティング等)誰でも参加可能です。 担当分野(ハードウェア、ソフトウェア、クラウド等)は問いません。 事前準備 事前にWio LTEハンズオン 開発環境の準備を実施してください。 イベント直前だと、問題があったときに解決が間に合わないかもしれませんので、日程に余裕をもって作業してください。 不明な点があればconnpassの「イベントへのお問い合わせ」で管理者に症状をご連絡ください。 持ち物 必須 パソコン(スペック) USBモバイルバッテリー ハサミ ←追加しました 推奨 有効なSORACOMアカウント SORACOM Air SIM nanoサイズ Plan-D(←持っていない場合は当日プレゼントします) Wio LTE Cat.1(←当日貸出します) Wio LTE接続用USBケーブル(←当日貸出します) Grove - GPS(←当日貸出します) Groveケーブル(←当日貸出します) マスキングテープ ←追加しました 注意事項 当日、SORACOMアカウントを作る場合は、クレジットカードと受信可能なメールアドレスが必要です。 会場への入室 ビルセキュリティーの関係で入室は12:30-13:00の間にお願いします。退室は自由です。 大名古屋ビルヂング1F 大名古屋DINING側のオフィス入口(ピザ屋さんの横)からお入りください。 案内図(https://dainagoyabuilding.com/floor/#floor_1F) オフィスエントランスはセキュリティーカードが無いと入れません。係りのものがいますので、UGに来たとお伝えください。 遅れる場合はメールにて連絡手段をご案内しておりますのでそれに従ってください。 ご協力 株式会社ソラコム アイレット株式会社

6/10 (月)

72514134de6a091df4b48b94fc5dca25 WP ZoomUP
2019年5月21日発売の新刊「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」の著者陣をお招きし、書籍に沿って実際にサイトを作っていく予定です。(詳細が決まり次第、内容を更新します) ▼WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版 https://www.amazon.co.jp/dp/4844368664/ スピーカープロフィール 竹下 和人(たけした かずと) プログラマー システム会社に勤務したのちに独立し、WordPressをはじめとするWebサイト・Webシステム開発を行う。 WordPressコア開発貢献・公式プラグイン開発を通じて得た知識をもとに、制作だけではなく運用サポートも行っている。 地元神戸のWordPressやAWSなどのコミュニティ運営にも参加している。 趣味はドローンでの空撮。事業として空撮も行なっており、テレビCMなどに映像提供もしている。 https://mt8.biz 額賀 順子(ぬかが じゅんこ) 大阪芸術大学卒。Webデザイナー、写真家、文筆家。WordPressを中心に活動し、WordCamp Kansai 2014 実行委員長、WordCamp Ogijima 2018 副実行委員長、グローバルのWordPress Community Team で Deputyをつとめる。 2014年より瀬戸内海にある人口160人の男木島に住み、社会活動として私設の図書館、男木島図書館を開館している。 https://nuuno.net/ https://nukagajunko.com/ https://ogijima-library.or.jp/ 占部 紘(うらべ ひろし) 長野県内のWEB制作会社に勤務した後フリーランスのフロントエンドエンジニア・WordPress テーマ・プラグイン開発者として活動。現在、株式会社HAMWORKS所属。WordPress サイトの構築・プラグイン開発や、CSS設計、Vue/Reactを用いたフロントエンド開発を手がける。 WordPressへの様々な貢献活動や長野県内外のコミュニティ活動にも参加・運営している。 https://torounit.com シマキョウスケ 株式会社 パルスデザイン 勤務 フロントエンドエンジニア Web制作会社に勤務。WordPressを使ったWebサイト制作や自社でイラスト等の素材配布サイト「素材工場」を運営。 WordCamp Kyoto 2017・Osaka 2018 などに実行委員として参加。 山歩きと餃子とレモンサワーと音楽が好き。 https://shimakyohsuke.com/ https://hiking-hiking.com/ イベントの流れ 参加用URLを、開催の30分前までと開始直前にconnpassメールにてお送りします。 (※ 開始後はTwitter・Facebookに掲載します。途中からでもお気軽にご参加ください) 開場は20:50です。21:00より開始となりますので、それまでにご参加開始いただくとスムーズです。 以下のように進行します。 はじめの挨拶 本イベントについて、インタラクティブ・アンケート、フィードバック、注意事項 セッション 質問タイム 懇親会 WP ZoomUP とは? WP ZoomUP は WordPress を使っている人、使いたい人たちが集まって、知識を共有したり質問をしたりするオンライン勉強会です。 https://wpzoomup.com/ WordPress を使っている人、WordPress に興味がある人なら、知識の量や技術の有無に関係なく、誰でも参加することができます。 月に2回の開催で、「セッション回」と「座談会」を一度ずつ開催します。 「セッション回」では、毎回テーマを設定して、その道のスペシャリストを招いて話してもらったり、参加者の有志が研究結果を発表したりします。その後、関連する内容についてワイワイ話し合ったり質問できる時間を作ります。 「座談会」は、Q&A、雑談のためのゆるっとした形で進めていこうと思います。 発言や質問は、自由なタイミングでどんどんしてください。初心者、コードを書く人、コンテンツを作る人、ものを売る人、デザインする人、考える人、ビジネスをする人などなど、さまざまな人たちの多様な視点が持ち込まれることで、参加者全員の理解が深まるからです。一方向ではないコミュニケーションが活発な勉強会にしましょう。分からないと声を上げたり、提案をすることは、必ず歓迎されます。 WP ZoomUpは参加者の協力によって改善されていきます。フィードバックを取り込んで、2時間ができるだけ濃く、役に立つように変えていきますので、よろしくお願いします。 フィードバック方法 #wpzoomup をつけてつぶやく 登壇者/セッション内容提案フォーム から、聞いてみたいセッションを送る セッション登壇立候補フォームから、話してみたいことを送る イベント改善提案フォームから、イベント自体の改善について提案する 他、このページの一番下にある運営者への個別の連絡も可能です。 参加方法は? Zoomというオンラインミーティングツールを利用します。アプリをインストールすることで、パソコンでもスマホ・タブレットでも参加することが可能です。 イベントに参加申し込みをした方々に事前にシェアされるURLにアクセスすることで、アプリが自動的に立ち上がり、WP ZoomUPに参加できるようになります。 イベント開始後しばらくすると、URLは一般に(Twitterなどで)公開され、事前申し込みがなくても参加できるようになります。 Zoom の勉強会場に入ると、名前を入れたり、デフォルトではオフになっているカメラやマイクをオンにできます。本名を使うのかハンドルネームにするのか、カメラをオンにするかどうかは自由です。顔が見えるほうが盛り上がりますので、できる方はオンにしてみてください。 マイクは発言をするとき以外はオフにしておいてください。 Zoom には、オンラインでできるチャットもついています。セッション中に「○○についてもっと詳しく!」ですとか、誰かの質問に対して「それ私も知りたかった!」など、場を活性化させる参加者でいてください。 Zoom の録画機能を利用して、後日、YouTubeやWordPress.tvに公開することを考えています。第一回目は、「今から録画します」と宣言をしながら部分的に録画してみます。 オススメのデバイス 参加(動画と音声発信)の方へ 【一番オススメ】 パソコン(マイク+WEBカメラ) 画面の切り替えなどが柔軟にできるのでオススメです。懇親会では自己紹介タイムなどもありますのでマイクとカメラがあるとベストです。 【オススメ】 タブレット WEBカメラやマイクがない場合はタブレットからでも参加いただけます。ただし、MentimeterというWEBサービスを使って質問に回答していただく時やチャットへの参加がタブレットでは操作上しにくいところがあります。 【参加可能】 スマートフォン スマートフォンからでも参加いただけます。画面が小さいのでスライドやサイトをみて解説するときに見にくい可能性があります。 視聴(見るだけ参加)の方へ 【一番オススメ】 パソコン 画面の切り替えなどが柔軟にできるのでオススメです。 【オススメ】 タブレット・スマートフォン MentimeterというWEBサービスを使って質問に回答していただいたりしています(参加していただけたら嬉しいですが、参加されなくても大丈夫です)。タブレット・スマートフォンでは画面の切り替えがしづらく答えにくいところがあります。 【視聴可能】 スマートフォン スマートフォンからでも視聴いただけます。画面が小さいのでスライドやサイトをみて解説するときに見にくい可能性があります。 歓迎されること WP ZoomUP をすべての人たちにとって開かれた場所にします。ジェンダー、性的指向、障害、人種、宗教、好きなOS、好きなプログラミング言語、使っているテキストエディター、使っているCMS、技術のレベルがなんであっても、誰でも安心していられて、自分は歓迎されているんだと思える、友好的な場所にします。 以下のことを歓迎します。 思慮深く、他者を尊重し、協力的であること。 他の人の品位を傷つけたり、差別したり、嫌がらせとなる言動を控えること 会の状況や他の参加者の様子に気を配ること。 ちょっと問題かな、と思えることがあったら、それをすぐに運営者に伝えること。 積極的に参加して、提案して、発言することで、会をよくしていき、自分のものにしていくこと。 参考にした文書: Code of Conduct – Make WordPress Communities https://make.wordpress.org/community/handbook/meetup-organizer/resources/code-of-conduct/ 運営者について 西川 伸一 @shinichiN 東京、バンコク、男木島と家族で移り住みながらWordPressで仕事をしています。WordCamp Tokyo 2012とWordCamp Ogijima 2018 の実行委員長をしたり、バンコクのWordPressコミュニティーを始めたり。WordPress 専門メディア Capital P の共同運営、著書に『サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル』他。ブログとポッドキャスト「男木ラジオ」やっています。 村上 直子 @ud_fibonacci 1984年生まれ、山口県山口市在住のフリーランス。クリエイティブハント山口メンバー、WordCamp Ogijima 2018 実行委員。3歳の娘と夫と3人暮らし。 Windows用パッケージソフトの開発を経験後、結婚を機に退職。その後、山口市に移住しフォトグラファーのアシスタントを務める。出産後、在宅で写真の補正・現像の仕事を受けるようになり、個人事業主となる。 その後知人に『家にいるならちょっとチラシ作ってみない?』『ウェブもできるんじゃない?』と声を掛けられ、全くの未経験からDTP・ウェブ業界に飛び込むことになった。 額賀 順子 @nukaga 1974年福島県生まれ、大阪での生活を経て男木島へ。フリーランスのWebデザイナー。写真を撮ったり文章を書いたりも。男木島では男木島図書館という小さな私設図書館を運営しています。WordPressではグローバルのコミュニティチームをお手伝いしています。 https://nukagajunko.com/ https://nuuno.net/ http://yorunonaka.com/ 占部 紘 @Toro_Unit 長野県松本市在住のフロントエンド/ WordPress エンジニア。HAMWORKS のフロントエンドとWordPress担当。 信州 WordPress Meetup オーガナイザー。テーマ「Vanilla」、プラグイン「Custom Post Type Permalinks」等を開発。 WordPress 5.0 コントリビューター。 http://torounit.com 三浦 佐代子 @NOCE_WEB_DESIGN 岡山県岡山市在住のフリーランスWebクリエイター。専門学校webデザイン学科非常勤講師。Okayama WordPress Meetup オーガナイザー。山口県下関市出身。福岡市でプログラマーを経験後、岡山市で専門学校情報システム学科講師、医療事務講師、ビジネスマナー講師、ソフトウェア会社勤務などを経て現在。https://noce-w.com/ 齋木 弘樹 (さいき ひろき) フロントエンドエンジニアを目指しているエンジニア。 大学卒業後、17年にわたってDucati専門のチューニングショップでメカニックとして勤務。腰痛のため退職の後、Webに関する勉強をイチから始め、手始めに勉強会に行きまくる。2012年6月よりWeb制作会社に勤務。2017年10月から 株式会社mgn所属。 WordCamp東京、東京WordPressMeetupなどWordPress関連の勉強会、またCSS nite、HTML5 Conference、JavaScript祭、DISTなど多くのWeb系イベントにスタッフとして参加。 河野 千秋 (こうの ちあき) @kouno_chiaki 香港在住11年目。香港でWEBマーケティング&制作会社をしています。好きな点心はもち皮揚げ餃子の咸水角(ハムソイゴッ)。 WordCamp Hong Kong 2019 実行委員、WordCamp Ogijima 2018 実行委員、Tsurukame Creative、香港ブログ Love Life 香港!。 その他 WP ZoomUP が始まった経緯については、「オンライン勉強会 WP ZoomUP (仮)」をお読みください。

5/28 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜コンテナ技術〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第2回目となる今回は、コンテナ技術の知見共有をテーマにヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、 名古屋でコンテナ技術を語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:45 キーノート) Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) 19:45-19:55 休憩 - 19:55-20:10 セッション1) エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから 大西 勉 様 (株式会社エイチームライフスタイル CTO) 20:10-20:25 セッション2) コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 清水 昭弘 (ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サービスプラットフォーム本部) 20:25-20:40 セッション3) 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部ローカル検索本部) 20:40-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) ヤフー株式会社所属。第8代黒帯〜Kubernetes〜。 2015年からヤフーの子会社であるゼットラボ株式会社に出向し、Kubernetesを中心としたインフラ基盤の研究開発・技術支援に従事。 近頃は、Kubernetesでの永続ストレージやステートフルアプリケーションの運用に関する調査や開発、技術支援を担当している。 Kubernetes Meetup Tokyo、Cloud Native Deep Dive の共同主催者で、CNCF Ambassador でもある。 共著書に『Kubernetes実践入門』、『みんなのDocker/Kubernetes』(技術評論社)、監訳書に『入門Prometheus』(オライリー・ジャパン)がある。 Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 大規模環境でのコンテナの利用において、Kubernetes がデファクトスタンダードになりました。 Yahoo! JAPAN は、2017年10月頃から一部のサービスが本番環境で Kubernetes の利用を開始し、現在では多くのサービスが利用しています。 その結果、Yahoo! JAPAN では数百の Kubernetes クラスタが運用されています。 本セッションでは、Kubernetes の概要から、数百の Kubernetes クラスタの運用を可能にする Yahoo! JAPAN のプライベートマネージド Kubernetes サービスの紹介とそれを支える技術についてお話します。 大西 勉 様(株式会社エイチームライフスタイル CTO) 中小ソフトハウスで13年受託開発を経験、2014年にエイチームライフスタイルに入社。 ナビクルなどのサービス開発エンジニアとしてサービス改善や新規事業、TOYOTA NEXTなどに貢献。 2019年2月より、CTOに就任。 エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから エイチーム子会社のエイチームライフスタイルにおける仮想化技術の変遷と、 今後、コンテナ仮想化技術をどの様に事業活用していくかについての展望をお話したいと思います。 清水 昭弘(ヤフー株式会社 テクノロジーグループシステム統括本部サービスプラットフォーム本部) 2008年アルプス社から転入。地図サービスのデータからフロントエンドまわりに従事 2018年よりプラットフォーム開発チームでスクラムマスターおよび開発を担当 コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 利用者側がコンテナで利用できるRestAPIの機能を持ったDockerイメージの提供を行っています。 利用者が意識することなくデータファイルやシステムが定期的に更新される仕組みについてご紹介します。 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー検索統括本部ローカル検索本部) 2018年ヤフー株式会社に新卒入社。入社後はフロントエンドアプリ開発を経験、現在は地図サービスのバックエンドの開発に従事し、主にプラットフォーム移行を担当している。 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 仮想マシンなどで稼働しているサービスをPaaSやKaaSに移行する際にどのような視点で移行先を選定するのかをヤフーの地図サービスの事例を元に紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 なにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 Twitter実況枠(※ 5/16追記) イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 懇親会 当日、20:40 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

4/23 (火)

9da445bc110992793409c6b9353a279a JBUG(Japan Backlog User Group)
Backlogについてだけでなく、「プロジェクト管理」について知見をシェアし、学び合いましょう!
更新情報 2019/3/25 イベントページを公開しました! イベント概要 Backlogのユーザーコミュニティ、 JBUG(Japan Backlog User Group) です。 今回は、初の名古屋開催!プロジェクト管理に関するセッションや、参加者同士でのディスカッションを行えればと思っています。Backlogユーザーであれば参加可能です。招待もご自由に! また、JBUGは、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんよりバックアップいただき、軽食やドリンク(アルコール含む)などをご用意いたします!※懇親会(参加任意)にかかる費用は各自で負担いただきます。 発表したい方も募集中! JBUG(ジェイバグ)とは JBUG(ジェイバグ:Japan Backlog User Group)は、Backlogユーザーによるコミュニティです。 プロジェクト管理は、全ての業種/職種において必須のスキルである一方、そのノウハウが学べる場はあまり多くありません。Backlogは国内最大級のプロジェクト管理ツールであり、すでに100万人を超えるユーザーがいることから、「プロジェクト管理」「仕事のうまい進め方」に関する知識やテクニック、ノウハウを学び合うことをねらいとして、JBUGが発足されました。 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通し、より「働くを楽しくする」を実現したいと思っています。 直近のイベント 各拠点のJBUGがとても盛り上がっています!名古屋も一緒に盛り上げていきましょう。 2/21 #JBUG (東京#8) Backlog World 2019 reCapミートアップ 2/22 #JBUG (札幌#3) プロジェクト管理について、もっと学ぼう! 3/6 JBUG (福岡#7) Backlog World 2019 reCapミートアップ 4/13 JBUG (岡山#2) 遅れてきたBacklog World2019 岡山サテライト これまでのJBUGの様子 JBUGのイベントの様子は、こちらのブログよりご確認いただけます♪ スピーカー紹介 スピーカー①:なかいけんじ / 株式会社セルズ プロフィール 株式会社セルズ 開発 自社のオンプレソフトから移行するクラウドサービスを作ってます セッション情報 ・発表タイトル:バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) ・発表概要:新規開発の進捗管理に約半年使ったBacklogを使った感想と、現状の課題とお話しします スピーカー②:小久保 祐介 / 株式会社ヌーラボ Backlogのエンジニアリングマネージャー セッション情報 ・発表タイトル:BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 ・発表概要:BacklogはTypetalkとの連携を一番のウリにしていますが、最近SlackやChatworkとも連携できるようになりました。このプロジェクトで、チームが発足してから、リリースされるまでのチームビルディングの過程についてお話します。 タイムテーブル TIME WHO WHAT 18:45 開場 19:00 スタート 19:00-19:10 Meggy オープニング 19:10-19:40 全員 自己紹介 19:40-20:00 なかいけんじ バックログはじめて6か月の進捗管理(ヘイシャの場合) 20:00-20:10 全員 休憩 20:10-20:30 小久保 祐介 BacklogがSlackやChatworkと連携するまでのチームの様子 20:30-20:35 全員 グループフォト撮影&アンケート 20:35-20:50 全員 ネットワーキング 21:00 希望者 懇親会へ ブログレポーターについて ご自身のブログで、当日の様子をレポートしてください!ブログレポーターとして参加してくださる方には、Backlog提供元の(株)ヌーラボさんオリジナルのトートバッグをプレゼントいたします!ぜひ一緒にJBUGを盛り上げましょう。 また、こちらから内容指定や事前の校閲も行いませんので、ぜひ気軽に参加 & 発信してくださいね! (スピーカーの方の希望があった場合など、部分的な削除・改変依頼をさせていただく可能性はございます)

4/3 (水)

A0f8ecfff28bcc54175d506e92d91c9b Nagoya Frontend User Group
TypeScriptや設計の話がしたい!という熱い想いで開催します!
TypeScript 勉強会 TypeScriptや設計の話がしたい!という熱い想いで開催します! 参加登録前にアンチハラスメントポリシーをご確認ください。 登壇枠 TypeScriptに関することなら何を話しても大丈夫です 1人持ち時間は10分です。 質問や交代時間を考慮して15分に押さえています。 登壇枠で申込まれた方は、NFUGのSlack にて発表タイトルをmanageチャンネルへ投稿してください。 申込時には未定でもかまいませんが、仮タイトルだけでも貰えると嬉しいです。 時間 内容 登壇者 18:50 開場 19:00 TypeScriptの好きなところ @iBotchME 19:15 サーバーサイドTypeScript書いてみた @corocn 19:30 TypeScript&eslintで開発をラクにしよう @smogami 19:45 VueでTypeScriptを使ってみよう! Brandon Pittman 20:00 フロントエンドが好きだけどTypeScriptの型について調べてみた @bleis 20:15 npmにライブラリを公開する際のTypeScriptの設定のあれこれ steelydylan 20:30 TypeScript から JavaScript への変換が見えやすくするビューワーを作った話 @girigiribauer 20:35 TypeScript Deep Dive読もうぜ @count0 20:40 kintoneとTypeScript Kazuhiro.Yoshida 20:45 今後のTypeScript勉強会のやり方座談会 all 機材情報 プロジェクタ コネクタ: HDMI 解像度: 1280x800 アスペクト比: 16:9 勉強会グループについて、アンチハラスメントポリシーについて connpass のグループのページをご覧ください。 https://nfug.connpass.com

3/11 (月)

4ee21041446c1f7bc52d68d6120f9144 Yahoo! JAPAN Nagoya
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスの新オフィス移転を機に、毎月1回クリエイター向けの勉強会イベントを開催します。1回目となる今回は、ヤフーのクリエイターマインドやサービスを支える技術についてご紹介します。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 19:05-19:25 キーノート) クリエイターの才能と情熱を解き放つ!そのためにヤフーが名古屋でやりたいこと。 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) 19:25-19:35 セッション1) 画像認識技術のローカルサービスへの適用 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:35-19:45 セッション2) 東名阪をまたいだLeSS HugeにおいてScrum Masterとして実践したこと 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 19:45-19:55 セッション3) 現場のインフラエンジニアから見たヤフー 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 19:55-20:05 セッション4) キャラクターを使ったユーザーコミュニケーション 〜けんさくとえんじんの秘密〜 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 20:05-20:10 クロージング 河原崎 英夫 (システム統括本部大阪開発本部テクノロジー部) 20:10-20:20 休憩 - 20:20-21:30 懇親会 ヤフー社員によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール 山本 学 (テクノロジーグループ Developer Relations アドボケート) クラウドソーシングやIoTなどの新規事業の開発やエンジニアリングマネージャーを経て、Developer Relationを担当。 現在はアドボケートとして、ヤフーの技術的な取り組みや開発文化を社外に広める技術ブランディング活動を行っています。 普段はヤフーの大阪拠点で働いていて、プライベートではデブサミ関西の実行委員をしています、毎年秋に開催してるので遊びにきてください! 西岡 孝章 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 住所検索エンジンや自動車の走行ログ分析などのローカルサービスのデータ処理を専門にキャリアを構築。2016年にヤフー株式会社に2度目の入社。 現在はMapアプリ、カーナビアプリのデータパイプラインの構築と情報検索の改善。 画像認識の力に魅入られローカル領域に適用するべく勉強中 田中 優之 (メディアカンパニー 検索統括本部 ローカル検索本部 開発2部) 2017年10月中途入社。 ヤフーカーナビアプリ担当、スクラムチームの立ち上げなど実施。 地元は愛知県一宮市。東京での戦いに疲弊し今は名古屋で頑張ってます。 上田 雅幸 (テクノロジーグループ システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部) 2015年新卒入社。ヤフーのサービスを提供するインフラ部隊にて、ストレージ分野を主に担当。 データ保持の最適化を目的に、検証・設計・構築・運用・可視化・ツール開発など手広く行う。 武井 友里恵 (コーポレートコミュニケーション本部 ブランドマネジメント室) 2015年コミュニティファクトリーから転籍。 キャラクターを使用したブランディングのおしごと。イラストを描いたり、キャラクリエイティブ全般の監修を担当。 東京から来ました。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可 懇親会 当日、20:20 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

7/10 (火)

7c94c63157a6c7ee0601681900ede8ab kintone Café 名古屋
kintoneエバンジェリスト、名古屋に大集合!
kintone Café 名古屋 Vol.5 申込多数につき、参加枠増やしました! 前回の第四回から間が空いてしまいましたが、サイボウズが提供するクラウド型データベース「kintone」の勉強会「kintone Café 名古屋 Vol.5」を開催します。 今回のテーマは「kintone エコシステムを知ろう」 日本全国から豪華ゲスト陣が名古屋に大集結!名古屋の中心、いえ日本の中心でLT祭りを行いたいと思います!是非ご参加ください。 ※登壇者には10分程度とお願いしておりますのでLTかは定かではございませんが、面白いお話しが聞けると思います!ご期待ください 対象は、kintoneについて興味がある方であればどなたでも楽しめる内容を予定しております。難しい内容はございませんので、kintoneについて、情報を集めたいかた、kintoneを通じて、新しい交流を深めたい方のご参加をお待ちしております。 勉強会内容 時間(だいたい) 内容 講師 18:00〜18:05 開催のご挨拶 株式会社コラボスタイル 松本洋介 さん 18:05〜 LT1 kintone Café創始者セッション!ラジカルブリッジ 斎藤 栄 さん LT2 株式会社ウィルビジョン 内川 和茂 さん LT3 ニュートラル株式会社 鶴見 俊之さん LT4 株式会社サティライズ 榎並 央浩さん LT5 株式会社GEクリエイティブ 伊藤 和美さん LT6 株式会社ROBOT PAYMENT 乾 早紀さん トークセッション 元気でんき株式会社 代表取締役 河口 エレキテル さん LT7 株式会社ジョイゾー 山下 竜 さん LT8 アールスリーインスティテュート 金春 利幸 さん LT9 M-SOLUTIONS株式会社 植草 学 さん 〜19:50 LT10 株式会社ジョイゾー 四宮 靖隆 さん 19:50-20:00 フィードバック・質疑応答と閉会ごあいさつ 開催概要 場   所: 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12 アーク栄白川パークビル1階 カフェラウンジ.dot 参 加 費: 無 料 定   員: 40名→50名に変更(先着順) 主   催: kintone Café 名古屋支部 注意事項 懇親会 懇親会は20:00頃から.dotで開催します。会場の移動はありません。 会費:4000円

9/2 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★ 1. Google の機械学習APIを使ったハンズオン 前回の東建ホールの大発表会で、Google、Microsoft、ドコモ等の機械学習APIを使った発表がありました。 非常に興味深い内容の発表でしたが、今回は、Google APIを使ったハンズオンを行いたいと思います。 普段、API等は使わずに自作の機械学習プログラムを使用している方も多いと思いますが、APIを使った手軽な機械学習をお試しください。 https://cloud.google.com/products/machine-learning/?hl=ja のサービスを利用します。 クレジットカードの登録が必要です。下記 ハンズオン資料 (1) の 0. GCP ML サービス無料トライアルを開始する を参考に『無料トライアル』のサインアップまでは勉強会開始前までに済ませてください。 ハンズオン資料 ハンズオン資料 (1) ハンズオン資料 (2) ハンズオン資料 (3) 2. 発表 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 櫻井  ドイツのIndustry4.0戦略、CeBITの報告 antimon2 NGK2017Bの告知 時間割 13:00-13:10 挨拶 13:10-14:30 各自でハンズオン 14:40-15:00 ハンズオンの解説・質疑応答 15:00-     発表 会場や会費について 会場:名駅南VIPルーム 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 会費:無料 お気軽にご参加ください。 懇親会について 懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。 ぜひ、ご参加ください。