stmtk (@stmtk_yu)


参加する勉強会

11/27 (金)

2e06616614c0907c9da8e65cee9ccfa0 EDGE
ゲームAI関係のお仕事に携わってる人、 又はAI関係の勉強をしていたり興味ある人向けにオンライン勉強会を開催致します。 clusterというバーチャルSNSを用いての開催となるので、スマホやPC、VR機器などからお気軽にご参加ください。 clusterのページへは以下のリンクからご確認ください https://cluster.mu/en/e/3ea4a206-75cc-4611-9cb4-88ad4bdaf626 Game AI Tech #1 主催:ろっさむ(九谷 美生) Twitterタグ:#GameAITech GameAIに関する知見をフランクな雰囲気で共有して頂こうと思います。 セッションタイトル 1. Game AIとは 2. AI Planner入門 3. エージェントのビヘイビアを簡単に書けるDSL作ってみた。 4. バランスチューニングの自動化に挑戦してみた! 懇親会は現在予定しておりません。 知識欲に溢れている・仕事で使える道具(技術)が欲しい・興味がある… ゆるく継続していくのが目的の勉強会ですので、興味があればどなたでも参加可能となっております。 皆様のご参加をお待ちしてます。 ー開催概要ー ・開催日時:2020年11月27日(金)20:00-23:00 (開場は19:30) ・開催場所:cluster https://cluster.mu/en/e/3ea4a206-75cc-4611-9cb4-88ad4bdaf626 ・人数:会場の最大接続人数500 ・参加費用:無料 ー開催内容ー *SESSIONS ①Game AIとは 登壇者:ろっさむ 紹介:2018年4月からMicrosoft MVP受賞。仕事ではソシャゲ開発、VRゲーム開発を得て、現在はLipsyncなどのエンジニアリングを新天地でボチボチしています。また、趣味でUE4のゲーム開発プロジェクトを進めたりしています。 内容: 第一回目ということで「GameAIってどんなAIだ?」というところから、まずは埋めてみましょう。 GameAIに今まで触れたことない人にもできるだけわかりやすく解説しようと思います。 スライド撮影:OK SNS内容投稿:OK ②AI Planner入門 登壇者:じゅーいち。 紹介:バーチャルな存在が当たり前になる世の中を目指して日々精進中。 ㈱Synamon/@Q1J011/http://q1j011.info 内容: AI PlannerはUnity Labで開発が進められているDOTSベースのゲームAIライブラリです。 未だプレビュー版ながら毎年Uniteで発表が行われており、十分に可能性を感じるものとなって来ています。 ただ「どう使うのか」「何の役に立つのか」などが分かりにくい為か紹介が十分でなく、 存在自体を知らない方も多いのではないかと思います。 ここではこのUnity公式のゲームAIが発展していくことを期待して、 興味を持ってもらう人が増えるように使い方、Tips、サンプル内容などを紹介します。 スライド撮影:OK SNS内容投稿:OK ③エージェントのビヘイビアを簡単に書けるDSL作ってみた。 登壇者:片岡大哉 紹介:VRゲーム作りたくてプログラミング始めたら気がついたらロボットでサッカーやってた人、 特に自律移動が好き 内容:ロボットやゲームAIようなエージェントを作る際にいつも自分が課題に感じてきた 狙った行動を作る調整がやりにくいなという課題を独自プログラミング言語を開発することで 解決できないかとトライしてみました。 スライド撮影:OK SNS内容投稿:OK ③バランスチューニングの自動化に挑戦してみた 登壇者:少佐 紹介:趣味のチームでゲーム開発してます。 リアルタイム戦略シミュレーションが主です。 最近、プログラマが作るUIでバズりました。 アカウント @__syousa__ 内容:ゲーム内のバランスのチューニングは人手により行われることが多く、 プランナーの職人芸に頼ることが多いです。 それらの自動化に挑戦してみます。 スライド撮影:OK SNS内容投稿:OK ータイムスケジュールー 各セッションにて質疑応答・感想の受付時間を10分ほど設けております。 時間 内容 19:30 開場 20:00-20:10 挨拶と会場説明 20:10-20:40 Game AIとは 20:40-20:45 5分休憩 20:45-21:25 AI Planner入門 21:25-21:30 5分休憩 21:30-21:55 エージェントのビヘイビアを簡単に書けるDSL作ってみた。 21:55-22:00 5分休憩 22:00-22:30 バランスチューニングの自動化に挑戦してみた! 22:30-22:40 挨拶と撮影 22:40-23:00 バッファ ーキャンセルに関してー 無料でのオンライン開催のため、特にご連絡などは必要ありません。 お気軽にご参加下さい。 その他、連絡・ご質問などあれば Twitter: @4_mio_11 Gmail:mio041100505@gmail.com 上記の連絡先にメッセージを送って下さい。


過去の勉強会

3/16 (土)

8e4f7fce315670850c7a34f9a7813c1b ProofCafe
名古屋COQ勉強会
萩原、アフェルト 著 「Coq/SSReflect/MathCompによる定理証明」森北出版 を最初から読んでいきます。 進め方は当日話し合って決めます。参加者は上記の本を持参してください。 また可能ならば、SSReflect/Mathcomp をインストールしたPCを用意してください。 インストール方法などについての質問も常に歓迎です。 会場は直前に変更になる場合があります。 参加登録された方も、当日の本ページおよびTwitterの ハッシュタグ #ProofCafe に注意してください。 以上

3/7 (木)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はクックパッド株式会社様のご協力によりイベントを開催することになりました! ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント概要 LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? 発表内容は、「最近興味がある技術」であれば何でもOK。 また、軽食とドリンクを用意します。気軽にゆるふわな会にしましょう。 ▼こんな学生さんに向いています▼ Web業界でエンジニアとして働くことに興味がある エンジニアのキャリアパスはどんなものがあるのか知りたい 愛知出身のエンジニアがどんな活躍をしているのか聞いてみたい クックパッドCTOと話をしてみたい クックパッドに興味がある 登壇者 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui ユーザ・決済基盤部 エンジニア 宇津宏一 西尾市出身。豊田高専を卒業後、2009年に株式会社ドワンゴに新卒入社し、ニコニコ動画関連サービスの開発を担当。クライアントサイド開発業を軸に職を転々とした後、2017年にクックパッドへ入社。入社後はAndroid版クックパッドアプリの開発環境改善に取り組み、現在はモバイルアプリの認証と決済システムの開発に従事。青春を共にした知立駅の立ち食いそばの復活を密かに望んでいる。 Twitter: @uzzu GitHub: @uzzu タイムテーブル LT発表は5分以内でおねがいします。 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 LT開始 19:30~19:50 学生のLT 19:50~19:55 クックパッドのLT 19:55~20:10 学生のLT 20:10~20:15 クックパッドのLT 20:15~20:30 学生のLT 20:30 懇親会 21:30 完全撤収 執行役CTO 成田一生 さんから「趣味はメールマガジンのオプトアウト、とは何か」のLTがあります。 ユーザ・決済基盤部 エンジニア 宇津宏一 さんから「ブログ作り直した」のLTがあります。 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 持ち物 LT発表者はPCを持参していただくようお願いします。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech