shassbeleth (@shassbeleth)


参加する勉強会

9/30 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
2017 OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します
好評につき第2サテライト会場を開設しました。 第2サテライト会場はこちらから 参加希望の方は、第2サテライト会場の申し込みページから申込みをお願いします。 第2サテライト会場は以下のページです。 2017 OWASP World Tour Tokyo / Nagoya Satellite #2 2017 OWASP World Tour Tokyo が東京で開催されます OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します。 東京で開催されるイベントはこちら 2017 OWASP World Tour Tokyo OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP World Tourとは アプリケーションセキュリティのアプローチには、あらゆる側面が含まれています。その問題の解決には、人、プロセス、および技術の視点で取り組むことが必要です。こうしたコンセプトを推進する一環として、OWASPは、SDLC全体にセキュリティを組み込むことを希望する開発者のための基本的なAppSecトレーニングを提供します。 2017年において、このトレーニングは東京、テルアビブ、ボストンでそれぞれ開催されます。 OWASPの2017年の戦略目標にしたがって、それぞれのトレーニングイベントは各都市500名以上の開発関係者を対象とし、Call For Trainersのプロセスを経てOWASPが採用したプロフェッショナルによって以下のとおりトレーニングが提供されます。東京での開催においては、日本各地のサテライト会場とともに、できるだけ多くの方がこのイベントをきっかけにアプリケーション・セキュリティの扉を開いていただけるようにしたいと考えています。 トレーニング内容 このトレーニングイベントの目的は、以下のようなアプリケーションセキュリティに関するトピックの概観を提供することです。(以下の項目をすべて網羅することよりも実践的であることを求めます。また、ここに記載のないトピックを排除することもしません) アプリケーションセキュリティに関連する一般的なセキュリティ原則を理解します。 最小権限 多層防御 アタックサーフィス(攻撃面)の削減 フェール/クローズ セキュア セキュアなデフォルトの使用 潜在的な危険とその制限 アプリケーションセキュリティ固有のトピックを扱います。 入力の検証とエンコーディング SQLi(インジェクション)を防ぐためのクエリのパラメータ化 認証と認可 機密データ、TLSおよび暗号化の保護 セッション管理 ロギング、監査、侵入検知 エラー処理と例外管理 アプリケーションインベントリ/保有資産を知る クライアント側のJavaScriptの誤用、データ漏洩、HTML5 OWASPプロジェクトが、どのように役立つかを考慮します。 OWASPトップ10 プロアクティブコントロール OWASPチートシートシリーズ OWASP ASVS OWASP OpenSAMM OWASPトップ10 OWASP ZAP OWASP Dependency Check OWASP AppSensor OWASP ESAPI - 入力値の検証とエンコーディング 会場 愛知大学名古屋キャンパス(笹島)  講義棟7階、L701教室 JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋」駅下車、徒歩約10分。 あおなみ線「ささしまライブ」駅下車。 近鉄「米野」駅下車、徒歩約5分。 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 主催 OWT Tokyo 2017実行委員会:owt2017 [at] owaspjapan [dot] org OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/


過去の勉強会

9/24 (日)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
Misocaでの開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 登壇希望もこちらのFBで! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 15:00 開場 15:30 オープニング 15:40 LT:会場スポンサーLT 株式会社misoca LT: 音のなるIoTデバイス まぐろさんチーム (@MagurosanTeam) LT: ソーシャルリモコン(仮) @ueponx LT: 太陽光発電を監視したい! ぶぁぶぁくん(@buabuakun) LT: 名古屋駅裏にLoRaがやってきた ytsuboi LT: くぅ LT: IoTのサイバセキュリティ対策 @kaizen_nagoya(nmiri) LT: クラウドファンディングの話とか わみ 16:30 交流会 17:30 締め 17:45 完全撤収 IoTに興味のある、ハードウェア/Webエンジニアの方を中心にどなたでもご参加できます! LT発表を希望の方はFacebookページの投稿にコメントをください。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 参加費 • 本編 無料 • 交流会 100円程度 主催 わみ NefryやSofmoなどのハードウエアをつくってます。 http://nefry.studio/ くぅ - kudu C# と Xamarin が好きな大学生。最近は、MSPになったらしい。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technorigies

9/13 (水)

Cccf4b48b1d0674a197e30ef8728e124 HoloMagicians
名古屋初開催!Mixed Realityで盛り上がろう!
開催概要 HoloLens Meetupが名古屋にやってきた!! 2017年1月の日本上陸直後から、HoloLensに期待する人々を各地で繋いで来たHoloLens Meetupが遂に、名古屋初上陸!! 日中前半は、業界動向&事例セミナーと、開発者向けハンズオンの2トラックに分かれます。夜は、コミュニティイベントの醍醐味でもあるMeetupで盛り上がりましょう! *9/12 18:00Update: 積木製作さん、第二部にご登壇決定!タイムテーブルに調整が入りました! *9/8 15:30Update: 開発者ハンズオンの開発環境をUpdateしました!ご準備をお願いします! *9/7 Update: トヨタ自動車様よりご登壇決定!! 第一部マーケティングセッションと、第二部のMeetupそれぞれで、自動車メーカーにおけるxR技術の活用法やスタンスについてお話を頂けることになりました!!必見!! *8/13 Update: 小柳建設より、代表取締役の小柳卓蔵社長ご登壇決定!! MRで実現する未来の建設業についてお話を頂きます!!恐らくコミュニティイベントでは初のご登壇!! *8/13 23:30Update: LT登壇者につきましては応募多数につき締め切りました!!以降、LT登壇希望でお申し込みを頂きましてもご登壇頂けない可能性が高いです。(デモ展示のみのご希望の場合には会場調整を実施したいと思います。) ■注意事項 ・体験会ではありませんので主催側で体験ブース等は設けません。もちろん、参加者が相互でご自身のコンテンツ等を楽しんでもらうのは構いませんが、機材の破損などについて主催側でその責任は負えません。 ・第一部のアプリ開発者ハンズオンで使うHoloLens及び開発機等機材は参加者各位でご準備をお願いします。主催側からの実機や開発用PCの貸し出しは行いませんので、ご了承ください。 ・イベント中に取材が入る可能性があります。またイベントスタッフによる写真やビデオ撮影等を予定しております。撮影されました内容は後日主催者や会場提供者によるイベントの開催レポート等に使わせていただくことがありますので予めご了承ください。 ■第一部タイムテーブル 開始時間 企画&マーケティングセッション 開発者ハンズオン 14:30 開場 15:00 前説、アイスブレイク 15:15 「Windows Mixed Reality(仮)」高橋忍さん@日本マイクロソフト 「UnityでHololensアプリ開発に挑戦!」講師:中村薫さん@ホロラボ 16:00 休憩 休憩 16:15 「トヨタの3Dデータ活用事例紹介 ー AR/VR/ホロレンズを用いて」栢野浩一さん@トヨタ自動車 同上 16:45 休憩 休憩 17:00 「Mixed Realityで実現する未来の建設業」小柳卓蔵社長@小柳建設代表取締役 同上 17:40 Mixed Reality Lightning Talk 5分 x 2名(予定) 同上 18:00 Wrap Up、Meetup懇親会へ転換 ■第二部Meetupタイムテーブル 開始時間 内容 18:30 開場/デモ体験 19:00 前説、アイスブレイク 19:10 「Microsoftが実現するMRの世界(仮)」高橋忍さん@日本マイクロソフト 19:30 「Mixed Realityとコミュニティ」中村 薫さん@ホロラボ 19:45 「MR(Mixed Reality)で働き易い工場を作る」~仮想と現実を融合したトヨタ流ものづくり改革への挑戦~榊原さん@トヨタ自動車 20:10 フリータイム 20:25 VR/MRビジネスの現在と未来~積木製作の事例を交えて~赤崎さん@積木製作 20:50 HoloLens Lightning Talk 5分x6名(予定) 21:30 Wrap up、記念撮影 22:00 撤収 ■企画&マーケティングセッション登壇者/登壇内容のご紹介 高橋 忍さん 「Windows Mixed Reality」 日本マイクロソフト プリンシパル テクニカル エバンジェリスト https://blogs.msdn.microsoft.com/shintak/ 栢野 浩一さん 「トヨタの3Dデータ活用事例紹介 ー AR/VR/ホロレンズを用いて」 トヨタ自動車株式会社 エンジニアリング情報管理部 情報管理企画室 主幹 小柳 卓蔵さん 「Mixed Reality で実現する未来の建設業」 小柳建設株式会社 代表取締役社長 http://n-oyanagi.com/ ■第二部Meetup登壇者のご紹介(一部) 榊原 恒明さん 「MR(Mixed Reality)で働き易い工場を作る」 ~仮想と現実を融合したトヨタ流ものづくり改革への挑戦~ トヨタ自動車株式会社エンジニアリングIT部 第3エンジニアリング室 主幹 写真提供:マイナビニュース 赤崎 信也さん 「VR/MRビジネスの現在と未来~積木製作の事例を交えて~」 株式会社積木製作/取締役 マネージャー " rel="nofollow">http://tsumikiseisaku.com/vrox/ ■開発者向けハンズオン担当講師のご紹介 中村 薫さん ホロラボ 代表取締役CEO / TMCN / Microsoft MVP http://hololab.co.jp/ ■重要!ハンズオン 持ち物と事前準備 こちらに開発環境についてまとめました。開発者ハンズオンにご参加の方は必ずダウンロードの上、事前に内容をご確認をお願いします。 (バージョン情報をUpdateしました!) 【HoloLensアプリ開発環境セットアップ】 https://www.slideshare.net/kaorun55/hololens-79529893 1) HoloLens実機 (みなさんのmy HoloLens) HoloLensに[Holographic Remoting Player]アプリをインストール https://www.microsoft.com/en-us/store/p/holographic-remoting-player/9nblggh4sv40 *HoloLensからアクセスした場合のみインストール可能です。 2) 開発用PC 下記バージョン含めてご確認ください。バージョンが異なることにより動作しない等の可能性があります。 (1) Windows 10 (Home/Pro) (2) Unity 5.6.2f1 (Personal可) https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive 必須Option項目:Windows Store .NET Scripting Backend (3) Visual Studio 2015 Update3のインストール(Community可) https://www.visualstudio.com/ja-jp/news/releasenotes/vs2015-update3-vs 必須Option項目:ユニバーサル Windows アプリ開発ツール ツール(1.4.1)およびWindows 10 SDK(10.0.14393) (4) HoloToolkit-Unityのダウンロード HoloToolkit-Unity for Unity 5.6.2f1 (v1.5.8.0) https://github.com/Microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/releases/tag/v1.5.8.0 *必ず事前にダウンロードとインストールを実施して参加ください。1GBを超えるもの等もあり、会場でダウンロードは不可能です。 ■開催概要 イベント名:Nagoya HoloLens Meetup vol.01 日程:9月13日(水) 時間:14:30 受付開始    第一部:15:00~18:00     (1) 企画&マーケティングセッション     (2) 開発者向けハンズオン    第二部:19:00~21:00 (撤収22:00)     Meetup/懇親会 会場:シンフォニー豊田ビル (16Fセミナールーム/17Fカフェテリア) 住所 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目11−27 費用:1,000円  (現地現金、懇親会にて軽飲食付き) *第一部のみ、第二部のみ、両方参加でも全て1000円でご参加頂けます。 *参加費は一般社団法人T.M.C.Nにて集金させて頂きます。 持物:第一部開発者ハンズオンのみ、HoloLensと開発環境 [主催] ・HoloMagicians ・株式会社ネクスティエレクトロニクス ・TMCN [協力] ・日本マイクロソフト株式会社 ・株式会社ホロラボ

9/9 (土)

人工知能の基本と、ビジネスシーンでの活用事例を
人工知能の基本と、ビジネスシーンでの活用事例を中心に、各業界での現在の事業への利用のヒントになるよう今可能な人工知能の技術的な話などをお話ししていきます。 もっと身近にAI情報を。ということで、我々N2iは名古屋エリアで人工知能に関するセミナーを実施。ぜひお気軽に申し込みくださいませ。 ■セミナー内容 AIブームの背景 AIについての基本知識 AIができること AIを使った解析 活用国内事例 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 主催 :人工知能・WebプロモーションのN2i inc. 人工知能の受託開発のご相談は下記問い合わせフォームまで https://n2i.jp/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9/2 (土)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★  来栖川電算様にスポンサーになって頂きました。  ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ 参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。 ☆★☆★☆★ 1. Google の機械学習APIを使ったハンズオン 前回の東建ホールの大発表会で、Google、Microsoft、ドコモ等の機械学習APIを使った発表がありました。 非常に興味深い内容の発表でしたが、今回は、Google APIを使ったハンズオンを行いたいと思います。 普段、API等は使わずに自作の機械学習プログラムを使用している方も多いと思いますが、APIを使った手軽な機械学習をお試しください。 https://cloud.google.com/products/machine-learning/?hl=ja のサービスを利用します。 クレジットカードの登録が必要です。下記 ハンズオン資料 (1) の 0. GCP ML サービス無料トライアルを開始する を参考に『無料トライアル』のサインアップまでは勉強会開始前までに済ませてください。 ハンズオン資料 ハンズオン資料 (1) ハンズオン資料 (2) ハンズオン資料 (3) 2. 発表 何か発表をしていただける方は、ご連絡をお願いします。 機械学習/ディープラーニングに関することや、関連する内容ならなんでもOKです。 櫻井  ドイツのIndustry4.0戦略、CeBITの報告 antimon2 NGK2017Bの告知 時間割 13:00-13:10 挨拶 13:10-14:30 各自でハンズオン 14:40-15:00 ハンズオンの解説・質疑応答 15:00-     発表 会場や会費について 会場:名駅南VIPルーム 住所:名古屋市中村区名駅南1丁目19-27 オリファビル3階 会費:無料 お気軽にご参加ください。 懇親会について 懇親会も来栖川電算様が一部、負担をしていただけます。 ぜひ、ご参加ください。

8/19 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやでも Xamarin
なごやでもXamarin の勉強会が開催されます! 今回は、なんと!講師として、Xamarin 社で Xamarin を開発し、現在 日本マイクロソフト で働いている Atsushi Enomoto さん、 日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストの 千代田まどかさん(ちょまどさん(@chomado))にも来ていただきます! 開催概要 Xamarin にすでに触れたことのある方向けに、 Xamarin の最新技術ってどうなってるの? Xamarin の周辺技術にはどんなのがあるの? Xamarin を支えてる技術は? といった疑問にお答えする勉強会です。 タイムスケジュール 時間 タイトル スピーカー 13:00 参加者入場 13:15 OP まるちゃん 13:30 私は Xamarin が好きだ ちょまどさん 14:20 休憩 14:30 AIをアプリに取り込む! くぅ 15:20 休憩 15:30 Embeddinator-4000から学ぶXamarinの基礎 えのさん 16:20 休憩 16:30 わくわくLT まるちゃん 16:50 懇親会 17:20 ED まるちゃん 17:30 終了 Gitter Gitter は、公開されてるLineみたいなものです。 Twitter アカウント or Github アカウントがあれば利用できます。 ここで、質問すると登壇者の方に後で答えてもらえるかも!? https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 ※ この勉強会は、 MSP と JXUG が共催している勉強会です。 会場について 日本Microsoft 中部支店のセミナールームをお借りして開催いたします。 住所 愛知県名古屋市西区牛島町 6-1 名古屋ルーセントタワー 21F 会場では、 Wifi, 電源が使えます。 Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク http://mspjp.net/

7/24 (月)

No image 108x72 g JPSPS 名古屋分科勉強会
ますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕
〜名古屋・東海のSharePoint/Office365をもっと盛り上げたい︕〜 おかげさまを持ちまして先日無事第六回を終え、このたび(予定通り)第七回を開催することになりました。 SharePoint/Office365はますますMicrosoft社のクラウドファーストの号令のもと進化してきており、 当勉強会の意義も高まるばかりです。 昨今はMizrosoftの他のCloud関連のサービスとの連携も強化され、これからますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕ 第七回もいつものように、各登壇者による濃密なセッションをベースにお送りします。 登壇内容は以下に紹介しているもの以外は現在検討中でございます。 追って更新しますので、当ページのチェックよろしくお願いします。 【メインセッション】 Takeshi Kagata(Microsoft MVP)   「データソースとしての SharePoint Online」   ~ Power BI SharePoint風味 ~   ・さまざまなデータソースからデータを取得し、さまざまなデバイスに表示できるダッシュボードやレポートを表示し、さまざなな立場のひとに"気付き"を共有するのが Power BI です。   ・SharePoint Online にフォーカスした Power BI の機能や役割を紹介します 秋本省吾(日本マイクロソフト)   「SharePoint Online / OneDrive for Business によるマルウェア対策」 山田 晃央(株式会社アイシーソフト)   「スタッフの悲哀はOffice365で解消するのか」 松岡 由香里(株式会社エイペクス)   「SharePoint Onlineをコマンドで操作しよう!」 【LT】 くぅ   「Microsoft Forms を運用してみた」 黒宮 浩介   「Groups と Teams利用の事例紹介」 (敬称略) LT枠まだまだ余裕ありますので、ちょっと話したい!聞いてみたい!教えてほしい! ことがある方は、適宜LTお申し込みください。 LT希望(あるいは予定だが未定)の方は、参加申し込み時に一言コメントいただけると幸いです。 (当日いきなりもOK!) 資料無くてもOK! 時間無制限でもライトニングならOK! *関連勉強会告知OK! LTって、なんかすごいこと話さなければいけないような・・・ と思ってる方、そんなことはありません。 ・こんなことを試してみたけど、結局わからなかった!教えてPLZ! のようなネタでも大歓迎です! JPSPS名古屋分科会は、参加者の皆様が主役のコミュニティの場です。 是非積極的に参加してください。 それではみなさまにお会いできるのを楽しみにしております! ※参加費(¥1,500)には会場でのフリードリンク、フリースナック+主催者からのフードサービスが含まれております。

7/22 (土)

0d4bfa138ce590a58a38050b57fb80ad 名古屋ゲーム制作部
移転のお知らせ (最寄り駅:久屋大通) 5月より活動場所を久屋大通の方へ引っ越ししましたので 以前の会場に来られたことがある方も 会場地図・住所を参考の上ご来場ください。 名古屋ゲーム制作部 7月22日(土) 名古屋ゲーム制作部 定期開催分です。 名古屋ゲーム制作部について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はFacebookページをご覧ください。 参加費 部費として700円をお願いいたします。 開催時間について 表記の時間は必ず開いている時間となります。 終了時間以降も作業を続けていただいて構いません。 持ち物 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 会場のWi-Fiは使用可です。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 その他 その他、ご質問等ありましたら [email protected]までお問い合わせいただければと思います。

7/12 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
DevOpsを知ってみよう
「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、スクラムやアジャイルが大切にしている思想をチームで試すことはできても、組織全体で取り組むのはなかなか難しいでしょう。 そんな人のために「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2tQbn0K このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の前半を中心に「エンタープライズレベルでのアジャイル」をテーマにします。 DevOps知らないというかた、スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体の紹介 1920 - 2000 : 「バリューストリームマップのワークショップ」 by @kyon_mm 2010 - 2100 : ディスカッション 目次参考 第1章 変革を理解する 第2章 アジャイルチームを拡大する上での課題 第3章 ビジネス目標と重要な最初の一歩 第4章 エンタープライズレベルの継続的改善 第5章 アジャイルなエンタープライズ計画 第6章 DevOps展開におけるビジネス目標 第7章 メインブランチで開発を進める文化を作る 第8章 組織にしっかりした土台を作る 第9章 継続的デリバリー 第10章 デプロイパイプラインの設計 第11章 安定性の向上 第12章 さぁ始めよう 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「変革の軌跡【世界で戦える会社に変わる"アジャイル・DevOps"導入の原則】 MeetUp 」の札もしくは書籍をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

7/8 (土)

0d4bfa138ce590a58a38050b57fb80ad 名古屋ゲーム制作部
移転のお知らせ (最寄り駅:久屋大通) 5月より活動場所を久屋大通の方へ引っ越ししましたので 以前の会場に来られたことがある方も 会場地図・住所を参考の上ご来場ください。 名古屋ゲーム制作部 7月8日(土) 兼 Live2Dの日 名古屋ゲーム制作部 兼 Live2Dの日 定期開催分です。 通常利用可能です。 Live2D勉強会@ナゴヤについて 名古屋でユーザー主体のLive2Dの勉強会を開催いたします。 初心者から経験者まで、Live2Dに興味がある方で集まる、勉強会という名の実質もくもく会です。 対象: Live2Dに興味がある方・始めてみたい方・普段使用してる方 Live2Dがよく分からないのでどんなものか知りたい、今後取り入れようか検討している、という方も お気軽にどうぞ。 内容: 初心者の方は公式チュートリアルを、チュートリアルを終えてる方は作りたいものを作ります。 普段からLive2Dを使ってる人が常駐してますので、随時質問も受け付けています。 名古屋ゲーム制作部について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はFacebookページをご覧ください。 参加費 部費として700円をお願いいたします。 開催時間について 表記の時間は必ず開いている時間となります。 終了時間以降も作業を続けていただいて構いません。 持ち物 名古ゲ部: 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 Live2D勉強会@ナゴヤ: ノートPCもしくはタブレット Live2Dが初めての方・・・無料版をあらかじめ入れてきていただけるとスムーズに作業できます。 (分からなければダウンロード手順からお教えします) 経験者の方・・・作りたいデータ よりスムーズに作業したい方はパーツ分けまで済ませた状態でお持ちください。 ※見学のみ希望の方は不要 会場のWi-Fiは使用可です。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 #live2dnagoya その他 その他、ご質問等ありましたら [email protected]までお問い合わせいただければと思います。

7/5 (水)

4245529281bbabc0f5ab44784ae5fd88 HTML5NAGOYA
フロントエンドまわりと、それ以外のこともやるもくもく会です。終わった後もぐもぐもします。
もくもく会とは、自由に集まってもくもくと作業を行う会のことです。 フロントエンドもくもく会では、月1回程度のペースで各自集まって、もくもくできる場を用意していきたいと思います。 プロジェクタも会場に用意しますので、映したものに対して色々議論してもいいですし、 あるいは集中してもくもくと作業した成果を、最後の方で披露するために使っていただいても構いません。 もくもく会が終わった後は、懇親会でみんなでもぐもぐもします。 お気軽にご参加ください! ルール テーマはフロントエンドを中心にしつつも自由です。 何をもくもくしても良いです。 プロジェクタはあるので、つなげて勝手に喋り出すのは自由です。 写したものに対して質問も自由です。写した人が質問するのも良いです。 可能であれば、自分の画面をプロジェクタに映せるような準備をしておくと良いです。(実際に映すかどうかは別にして) 懇親会 も基本行います。当日確認します。 その他、会場のルールに準じます。 ルールは極力少なくしたいので、公序良俗に反しない範囲での行動を各自お願いします。 当日の流れ 時間 内容 19:00 - 19:10 最近見つけた面白技術の紹介(誰か) 19:10 - 19:15 本日やることを名前とともに宣言 19:15 - 21:00 もくもく その後もぐもぐしたい方で各自懇親会へ。 持ち物 PC (or もくもくできる何か、書籍など) 会場付近のおいしいお店情報 もくもく会で何をやるかを考えてくる 今後の日程 8/8 フロントエンドもくもく会 #06 都合が合わないなどの理由で変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

7/1 (土)

0d4bfa138ce590a58a38050b57fb80ad 名古屋ゲーム制作部
移転のお知らせ (最寄り駅:久屋大通) 5月より活動場所を久屋大通の方へ引っ越ししましたので 以前の会場に来られたことがある方も 会場地図・住所を参考の上ご来場ください。 名古屋ゲーム制作部 7月1日(土) 名古屋ゲーム制作部 定期開催分です。 名古屋ゲーム制作部について 東海圏でゲームを作る人が繋がれる・集まれる場所を作りたいなということで 「ゲーム製作に関する、自分の作業や勉強等をする場所」として 「その時に周りにいる人がゲーム関係者だといいよね」といった会をしています。 活動としては、特に勉強会等ではなく、もくもく会に近く、 基本的には各自、自分の作業を持ち込んで行う場所となります。 もちろん作業以外に 「こういうゲーム作ってるんだけど」 「こういうゲーム作りたいんだけど」 「ゲームに関して語り合いたい」 「多人数プレイのゲームを参考用に一緒に遊びたい」 等でもOKです。 学生時代の放課後残っての勉強や部活の感覚で ゆるい感じでくることができる場所として、 そこで知り合ってゲームを作ったり、広がったりできればいいな、と思っています。 参加条件はゲームに関係する活動をしていれば他は特になく、 そういうお仕事をしている・インディー・趣味何でもOKです。 詳細はFacebookページをご覧ください。 参加費 部費として700円をお願いいたします。 開催時間について 表記の時間は必ず開いている時間となります。 終了時間以降も作業を続けていただいて構いません。 持ち物 特に勉強会等ではないので、やることを持ってきてください。 もちろんお話しにきたり、一緒にゲーム制作する仲間を探しに、でもOKです。 会場のWi-Fiは使用可です。 Twitterハッシュタグ #名古ゲ部 その他 その他、ご質問等ありましたら [email protected]までお問い合わせいただければと思います。

6/21 (水)

3cdc6744330730b170e3bc7407346a74 なごやかScrum
タスクカンバンで改善できるか
「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍をつかって、いろいろ考えたり、意見交換したりしよう。 スクラムは幅広く使われてきていますが、そもそもスクラムがつくられる前の開発手法では何が課題なのか?、スラクムチームを支える考え方は何か?など導入や進めているときに疑問におもったり、課題になったりすることもあります。 そんな人のために「今すぐ実践! カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント」という書籍が出版されています。 http://amzn.to/2oIaTrJ このイベントでは、この書籍に書いてあるトピックを中心に事例を発表しあったり、ワークショップしたり、議論したりします。 書籍を持っている必要はありませんので、お気軽にご参加ください。もちろん、書籍を購入して積極的に書籍の内容について話せると素晴しいです! テーマ 書籍の後半を中心に「タスクカンバンの活用」をテーマにします。 スクラムをやったことがないかた、ソフトウェア開発やっているけどチーム開発になやんでいるかた、スクラムやっているけどおさらいしたいかた、といった方でもご参加いただけます。 タイムテーブル 1830 - 1900 : 開場 1900 - 1910 : オープニング 1910 - 1920 : 書籍全体の紹介 1920 - 1940 : 未定 by 未定 1940 - 2020 : 「タスクカンバンのチェックリストについて」 by @kyon_mm 2030 - 2100 : ディスカッション 目次参考 コンポーネント、アプリケーション、サービスのデプロイメント 大規模な組織でカンバンを使用する サステインドエンジニアリング さらなる方策とカンバンを超えて 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント MeetUp 」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

6/17 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやか に、Xamarin を勉強していきましょう!
今回のイベントについて 今回のイベントは MSP と JXUG が共同で主催する勉強会で、Xamarin が Microsoft に買収され無料化してから1周年の記念勉強会も兼ねております。 この勉強会はタイトルにもある通り Xamarin に触れたことがない学生さんでも理解出来るような内容となっておりますので、 Xamarin が気になってるけど触ったことが無いという学生さんも大歓迎です!! また、今 Xamarin を勉強していたり、 Xamarin で何か作っているという方は是非 LT 枠へのご参加もお待ちしております! タイムスケジュール 時間 発表者 内容 09:00 - 09:45 スタッフ集合 09:45 - 10:00 開場(参加者入場開始) 10:00 - 10:10 オープニング 10:10 - 11:00 あめいさん Xamarin.Forms.GoogleMaps について 11:00 - 11:05 休憩 11:05 - 11:55 伊勢さん Xamarin アプリとプッシュ通知(仮) 11:55 - 12:40 昼休憩 12:40 - 13:30 田淵さん Xamarin 最新情報 2017.6 13:30 - 13:35 休憩 13:35 - 14:25 くぅさん(MSP) Xamarin with UnitTest, UITest 14:25 - 14:30 休憩 14:30 - 15:20 akinobu_yamamotoさん iPhoneアプリ(Xamarin.iOS)で ロボット「Robi」を動かしてみた。 15:20 - 15:30 休憩+プレゼント 15:30 - 15:50 LT 15:50 - 16:00 クロージング Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx LT 可知 usamik26 影白 Gitter https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 (ブログ枠は、イベントレポートを書いて、開催後にイベントページへブログ記事のURL をコメントする枠です。)