ryuji0724 (@ryuji0724)


参加する勉強会



過去の勉強会

12/21 (土)

96a6656c6905e7a55373be7fbbaae3f2 xR Tech Nagoya
冬の名古屋xR祭り!
当グループ概要 VR / AR / MR に関連する知見共有と交流を目的とした名古屋xRコミュニティです。 今回の後半では展示&懇親会と、初心者向けの大規模VR体験会を開催致します。 イベント内容 登壇セッション(13:00~15:45予定、受付は12:30~) 発表者は関連したテーマを自由に持ちこみ、プレゼンを行う 時間 登壇者名 13:00 オープニング 13:10 スポンサーセッション① ワンダープラネット株式会社 13:15 -13:50 次世代バーチャルライブエンタメへの挑戦 -35分 イクスアール株式会社 COO 小池 健輔 13:50 -14:20 OculusQuest向けアプリ開発の裏側 -30分 ワイクウーデザイン(株式会社桑山瓦) 堀越 俊行 14:20 10分休憩 14:30 -14:45 マグロ様のパーティクルライブを作ってみた -15分 せぎゅ 14:45 -15:00 XRで起業してみた。 Holotch株式会社 CEO Hiroki Koike 15:00 -15:10 大阪万博のおかげで関西のMR・XRが‥‥あついかも? -10分 ホログラム株式会社 代表取締役 橋口 和矢 15:10 -15:20 配管屋見習いがUE4使って仕事に活用した -10分 TARK 15:20 -15:30 シェーダーで行うモデリング -10分 tonoSHAKE 15:30 -15:40 自作アプリでやったMRの研究 / 被災地をフォトグラメトリすることで現れる効果 -10分 道草 15:40 -15:45 VR空間を利用した個人商店の拡張 -5分 ペット先生 15:45 スポンサーセッション② 栄Virtual Portal 15:50 運営からのお知らせ 展示ブース紹介(展示物詳細は下記参照) 16:00 展示体験会&懇親会 17:50 エンディング&記念撮影 ※登壇者敬称略 展示体験会&懇親会(16:00~17:50予定) xR展示体験会 食事付きの交流会 № 内容 ① VR体験会『同時多人数で遊ぶVRChatワールドツアー』 ② ホログラム株式会社製 低価格MRグラス『だんグラ』 展示 ③ ヨルノイシ VR用キーボードソフトウェア『Pieinput』 ④ ワイクウーデザイン『UnityJapanOfficeVR〜BIM Importer〜』 ⑤ TARK 『VRで配管職人体験をしてみよう』 ⑥ キルロボ 『Oculus QuestからプリメイドAIを操作してみる』 ⑦ VR空間創出プラットフォーム『STYLY』で空間制作 ⑧ botamochi6277 オリジナルVRゲーム ⑨ 撫子大和 『VRDrum』 ⑩ ヤス 『KinectV1で自分をobjファイルにしてみよう。(USBメモリで持ち帰り可)』 ⑪ Holotch株式会社 『簡易ホログラムキャプチャースタジオ』 ※展示者敬称略 Oculus Quest持参者募集中 #8 協賛企業・団体 会場提供:ワンダープラネット株式会社 協賛:栄Virtual Portal 注意事項 展示用に持ち込まれた機器の故障、破損に繋がるような乱暴な扱いはお控え下さい。

3/16 (土)

1ee7f1b94d319524d130fe90d7fcea29 VRM名古屋
VRM名古屋の記念すべき初回は、コミュニティの立上げとなる懇親会を開催致します! 開催日時:3/16(土)16:00~18:30(途中入退場自由) 参加費 :無料 飲食有無:自由に持ち込み イベント終了後は希望者のみで夕食へ行く予定です。 ●VRM名古屋に参加すると、以下の体験が得られます! ・VRM(※)の最新情報、知見の共有 ・名古屋にいる同じ興味を持った人達との出会い ・VRMに留まらず、その他VR機器を用いてのハンズオン ・自他が取り掛かる作業等の成果発表やディスカッション ●VRM名古屋は以下に興味のある人を歓迎します! ・バーチャルYouTuber ・3Dキャラモデリング(MMDなど) ・VR技術そのもの VRM名古屋は初心者上級者問わず、あなたをお待ちしています! ※VRMとは?・・・VRアプリケーション向けの人型3Dアバターを扱うためのファイルフォーマット →詳しくは https://dwango.github.io/vrm/ をご参照下さい!

3/6 (火)

AIエージェント基盤で対話型サービス参入を目指せ!
NTTドコモ AI活用セミナー&ミートアップ 株式会社コードエデュテインメントでは、名古屋でのAI活用の機会創出として、株式会社NTTドコモが提供するAIエージェント基盤をテーマとしたセミナーを実施します。 AIの広がりにより、あらゆる分野で対話型サービスなどが導入可能となり、名古屋でも新たな技術の活用やサービス、ビジネスの展開が待たれます。そうしたAI活用をさらに加速させる状況とはどのようなものか。 今回のセミナーでは、「AIエージェントAPI」の開放などで、サービス提供事業者やメーカーのAI分野への参入を容易にするNTTドコモのキーパーソンを迎え、同社のプロジェクトの概要や、サービス提供までを分かりやすく解説するほか、開発実演も行います。 技術者の方から経営者の方まで、AIおよびその技術に関心のあるみなさまのご来場をお待ちしております。 イベント概要 日時 2018年3月6日(火) 18:30-21:00(開場18:00 / 懇親会20:20-21:00) 会場 オフィスパーク名駅カンファレンスセンター5階 (名古屋市中村区名駅3丁目22番4号 名駅前みどりビル) http://www.officepark-net.jp/conference/meieki_conference/?tab=3 定員 50名 参加費 無料 参加申込 Connpassよりお申し込みください。 ※申込締切:2018年3月5日(月) ※締切以降にお申し込みご希望の方はご相談ください。 ※定員到達の際は早期締切の場合もありますのでご了承ください。 主催 株式会社コードエデュテインメント 共催 株式会社NTTドコモ プログラム(予定) 18:00~ 会場 18:30~ 開会の挨拶 18:40~ Seminar 1 ドコモAIエージェントパートナーイニシアチブのご紹介 株式会社NTTドコモ 秋永 和計 様 19:10~ Seminar 2 エージェントサービスを実現するシステム構成 株式会社NTTドコモ 山崎 光司 様 19:40~ Seminar 3 エージェントサービスの開発実演 株式会社GClue 佐々木 陽 様 20:20~ 懇親会 参加対象者 ・AIの活用に関心があるITエンジニア ・IT企業関係者 ・AIの技術を学びたいITコミュニティ関係者 ・AIの活用でビジネスを拡大させたい各種事業者・メーカー ・AI活用や技術に関心がある学生(大学生、院生、高専生、専門学校生など) ・情報産業振興に関心がある自治体および公的団体関係者 ・その他、本イベントに関心のある方 登壇者プロフィール 秋永和計(あきなが よしかず) 株式会社NTTドコモ イノベーション統括部 クラウドソリューション担当 担当課長 NTTドコモで現在AIエージェントプロジェクトをリード。前身のしゃべってコンシェルの時代からアーキテクトとして関与していたが、1年前社内プロジェクトとしてAIエージェント基盤プロジェクトSebastienを社内有志で立ち上げ、現在に至る。 山崎光司(やまざき こうじ) 株式会社NTTドコモ イノベーション統括部 クラウドソリューション担当 チャットボットサービスであるRepl-AIなど、NTTドコモで一貫してチャットボットや対話システムの開発に従事。今回の開発者向けダッシュボードの開発をリードし、AIエージェント基盤上で誰でもエキスパートエージェントが作れるシステムを開発。 佐々木陽(ささき あきら) 株式会社Gclue 代表取締役 2001年8月に株式会社GClue設立。スマートフォン(モバイル)+αのICT技術に特化した開発事業を展開、2014年には、会津ものづくり工房「Fab蔵」を立ち上げ、3Dプリンタ、レーザカッター等を使ったハードウェア作りやアプリ+ハードウェア開発のワークショップなど開催し、ICT人材の交流・育成にも取り組む。2016年、「オープンソースハードウェア」の概念を取り入れ開発した「fabo」を正式リリース。 NTTドコモのAIエージェント基盤の提供について 株式会社NTTドコモはユーザーのライフスタイルを革新する新AIエージェントの実現に向け、中核となる「AIエージェントAPI」を開発。これをオープン化し、新たなサービス提供スタイルの共同開発を行う「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ」を推進しております。 今回はNTTドコモが提供するAIエージェント基盤の中から多目的対話エンジンのSpeakを紹介します。サービス提供事業者様やメーカー様が、NTTドコモの基盤を利用することで様々なAIエージェントサービスの提供が可能です。 NTTドコモは今後公開するAIエージェント等を経由してサービスを提供できるようAPIを開放し、様々なパートナー企業との連携を開始しています。 関連WEB⇒ https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/10/18_05.html お問い合わせ先 株式会社コードエデュテインメント [email protected]