osonoi (@osonoi)


参加する勉強会

8/31 (月)

D341800d43eb5aa8b546cf24a9d676e5 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ スポンサーさまご紹介 機械学習名古屋の勉強会はスポンサーさまのご協力をいただき開催しております。 どなたでも無料で参加できます。 来栖川電算さま   Forkwell(株式会社grooves)さま / ソニー株式会社さま   ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ Watson Studio Auto AIのハンズオン 今回も、前回に引き続きオンラインでの開催を行います。 前回は、LTのみでしたが、今回はWatson Studio Auto AIのハンズオンを行います。 時間割 *今回は、ハンズオンのみで、発表は無しと考えています。 19:00-19:10 オープニング 19:10-20:40 Watson Studio Auto AIのハンズオン 参加方法 完全オンラインイベントです。 Google Meet を利用します。 開催の数日前に、connpass登録の連絡先にミーティングコードを含むURLを案内いたします。 PCで参加の方は、そのURLにアクセスし、ニックネームを入力(オプション)して参加してください。 スマホアプリ もあります。会議コード(ミーティングコード)を入力して参加してください。 接続先情報は、このイベントページの『参加者への情報』にも掲載予定です(時々チェックしてみてください) 発表者は、画面共有機能で発表スライドを表示できます。事前にご自分の発表資料が正常に共有表示できるかご確認いただくことをおすすめします。 事前準備 ハンズオンには事前に以下のご準備をお願いします: IBM Cloud アカウント(無料) の取得をお願いします。 3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 Webブラウザー: Chrome または Firefox AutoAIについて Watson Studioで動くAutoAIを使って、機械学習に詳しくないユーザーもCSVファイルの準備とマウス操作で簡単に機械学習モデルを作ることが可能です。作成したモデルはWebサービス化して外部から利用できます。 AutoAIは次のものを自動化します: データの前処理 モデルの開発 フィーチャー・エンジニアリング ハイパーパラメーターの最適化 ぜひハンズオンでAutoAIを体験してみてください。 お問い合わせについて お問い合わせのある方は、このページの「イベントへのお問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。 フィードからのお問い合わせには気付かずに返信ができない場合がありますのでご了承ください。


過去の勉強会

6/25 (木)

F4514e929cff3cd63442ceaac41d2041 IBM User Group Conference
カンファレンス概要 ( Overview ) 現在、IBM CloudやIBM発のOSSは常に進化をしながら開発に貢献しています。この動きに合わせて、多くのUser Groupが日々、様々な情報を発信してきました。 当カンファレンスはこうしたUser Groupが一堂に会する機会を作り、最新情報に触れながら技術に携わる皆さんとの交流と情報発信を行うことを目的にしています。 Today, IBM Cloud and OSS are constantly evolving and contributing to development.And many User Groups have been sending out various information. The purpose of the IBM User Group Conference is to create an opportunity for these user groups to meet together and to communicate with people who are involved in the technology while touching the latest information. 開催日時 ( Schedule ) Day1 6月25日(木) 19:00~21:00 (Thursday, June 25, 2020 19:00 - 21:00 (JST)) Day2 6月26日(金) 19:00~21:00 (Friday, June 26, 2020 19:00 - 21:00(JST)) 企画・運営 ( Operating Community List ) Japan IBM Middleware User Community (JIMUC) IBM Cloud Users Group (BMXUG) Kabanero Meetup Node-RED UG TJBot Fan IBM見習い隊 水曜ワトソンカフェ 参加方法 Zoomになります。Zoomの都合で、1セッションあたりの参加はスピーカー含めて100名が上限となっておりますので、ご注意ください。 プログラム ( Program ) テクニカルセッションセッションとハンズオンで構成しています。 Technical Sessions & Hands-on Session Day1 キーノートは録画し、後日配信予定。 Keynote 19:00-20:00 AI、IoT、量子コンピュータ、クラウド、私たちは今何を学んでおけば良いのか? スピーカー 西川浩平 / 田中正吾 Track1 Track2 20:00-20:20 Only Tweet , Auto Analyzes China daily GDP Watson Discoveryによる回答の適切性改善 スピーカー 山口 章 増田 和紀 種別 ビジネス事例 ミドルウェア関連・AI 20:20-20:40 TJBot zeroで遊ぼう(2020春) IBMの公式外部アドボケイトを目指してみよう! スピーカー 柿本 大地/境川 章一郎 萩野 たいじ / ハーバート・ダリィ博士 / 蕪木 貴央 種別 AI, IoT IBM Champion Program 20:40-21:00 学生が語る「IBM Cloudの活用例」 今、開発者にできること。「Call for Codeグローバルチャレンジ」について知っておこう! スピーカー 髙尾 凌我 , 岡崎 竜也 戸倉彩 種別 やってみた 社会貢献・新規事業 Day2 キーノートは録画し、後日配信予定。 Keynote 19:00-20:00 ユーザーコミュニティと歩むIBMの未来 スピーカー IBM Developer Advocateの皆様 Tack1 Track2 20:00-20:20 AIは美味しいホルモン焼きを食べるか? codewindで実現!簡単コンテナ開発 スピーカー 江澤 美保 榎本 陽祐 種別 AI ミドルウェア関連 20:20-20:40 Laravel + Node-RED + KNX + DALIを使ってガチビジネスの遠隔照明制御システムをつくってみた Kabaneroを使ったJava EEアプリケーションのモダナイゼーション ~episode 0~ スピーカー 中畑 隆拓 平岡 大祐 種別 ビジネス事例 ミドルウェア関連 20:40-21:00 IBMが考えていること ー新しいコミュニティー”IBM Community Japan"の発足ー 運用マチュリティモデルで見るモダナイゼーション スピーカー 郷 みさき 加藤 勇 種別 コミュニティ紹介 ミドルウェア関連 ハンズオン 動画を視聴しながら手を動かす形式です。途中での質問などはSlackを通して回答します。 資料URL https://speakerdeck.com/kolinz/iotfalseji-ben-hanzuon-2020nian-5yue-ban 動画URL https://www.youtube.com/watch?v=-VLCSdjZvSw&list=PLziEfUdVSWb9MNDcUF6pEPJ50o89MGPKi 質問先(bmxug slack) https://bmxug.slack.com/ ハンズオンのチャンネルでご質問ください。 bmxug Slackに未参加の方は、前日までに下記より参加申請をお願いします。 未登録の方で、当日の場合は、こちらのフォームからご質問ください。 イベントページもあります(Event Page) イベントの詳細や登壇者の情報はこちらからもご覧いただけます。(You can see a detail about the conference from here) ご準備いただきたいもの オンライン開催のため、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、インターネットに接続可能な端末からご参加ください。 注意事項 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 以下のような行動を取られた方は、退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 講師および参加者に対して、勉強会の妨害と見られる言動や行動、人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘など。

4/22 (水)

1a06f44dd1dc2dab17ed0192961bc6be Drupal Meetup 豊田
Drupal Meetup 名古屋地域【オンライン】
Drupal Meetup 豊田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)に興味があり豊田・名古屋地域を中心に活動する人達が交流する場所です。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。最新版のDrupal8は、エンドユーザーにも使い勝手が良くなっており、また、他システムと連携等、数多くの機能が向上しています。 https://www.drupal.org/ Drupal (ドルーパル)は、デジタルデータプラットフォームとして世界中で支持されており、テスラモーターズ、GE、NASA、ホワイトハウスといったグローバルな大企業・政府機関などで、多くの採用実績があります。 Drupal は、単なるウェブサイトの構築・管理にとどまらず、バックエンドのプラットフォームとして利用する事が可能で、デジタルサイネージやスマートウォッチなどのデバイスに表示・通知したり、IoTやAI(人工知能)といったシステムと連携することもできます。 また、Drupalホスティング会社であるアクィア社は、2019年の大手調査会社ガートナーのWCM(Web Content Management)部門のマジッククアドラントで業界リーダーとして6年連続評価されています。 Drupal 技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal やオープンソースにご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 オンライン開催 新型コロナウィルスの関係で、Meetup開催が難しくなっております。 今回は、Drupal Meetup 豊田としては初となるオンラインでの開催となります。 ■オンライン開催概要 Zoomというオンライン会議システムを利用したネット上での開催となります。 https://zoom.us/ ※Zoom利用環境 パソコン(カメラ&マイク機能付き) スマートフォン(Zoomアプリのダウンロード) ☆別途、Zoomの参加用リンクとパスワードをお送りいたします。 ※ビデオ画像ONでのご参加お願いいたします。 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 東京地区 Drupal Meetup 羽田 Drupal Meetup Tokyo 大阪地区 Drupal Meetup 梅田 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。 過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘活動

12/7 (土)

A97a67aa17acf2afa7aabb30e4b86195 Drupal Meetup 田
オープンソース Drupal(ドルーパル)に関する コミュニティーイベントです。
オープンソース Drupal(ドルーパル)に関する コミュニティーイベントです。 https://www.drupal.org 今回のイベントのランディングページは下記↓です。 https://drupal-camp2019.den-japan.org/ イベントの目的 ・Drupal関連の最先端の動向を学びあう ・Drupalに興味を持ってもらいその魅力を伝える ・Drupalおよびデジタルマーケティング・プラットフォーム関連技術者の交流の場~年1回は集まろう! ・Drupalの活用事例・情報提供の場 対象者 ・所属:一般ユーザー、企業、Webエージェンシー、フリーランス   ・職種:マーケター、デザイナー、ディレクター、エンジニア、その他 ・レベル:Drupal初心者から上級者 Drupalとは ・オープンソースのCMS・デジタルマーケティング・プラットフォーム ・多機能・多言語に特徴 ・他システムとの連携 ・グローバル企業や機関で実績 ・Drupal Associationが運営しています Drupal (ドルーパル)は、デジタルデータプラットフォームとして世界中で支持されており、テスラモーターズ、GE、NASA、ホワイトハウスといったグローバルな大企業・政府機関などで、多くの採用実績があります。 Drupal は、単なるウェブサイトの構築・管理にとどまらず、バックエンドのプラットフォームとして利用する事が可能で、デジタルサイネージやスマートウォッチなどのデバイスに表示・通知したり、IoTやAI(人工知能)といったシステムと連携することもできます。 また、Drupalホスティング会社であるアクィア社は、2019年の大手調査会社ガートナーのWCM(Web Content Management)部門のマジッククアドラントで業界リーダーとして6年連続評価されています。 ・Drupalを日本でもっと広めたいの思いで、2017年12月 Drupalグループ DEN(田)を発足 ・ Drupal Meetup 羽田(2017年9月より毎月開催) ・ Drupal Meetup 梅田(2017年12月より隔月開催) ・ Drupal Meetup 豊田(2018年5月より隔月開催) ・2018年11月17日に第1回 【DEN Camp 2018】を東京羽田で開催いたし、今回第2回目は、名古屋での開催です。 https://drupal-camp2018.den-japan.org/ ・来年は梅田での開催予定です。 主催 DEN(drupal Experience Network) 実行委員長:小薗井 康志    日時 2019年12月7日(土)  イベント 10:00~17:30 (無料) 懇親会  17:30 ~19:30(会費制) 別会場 会場 なごのキャンパス(旧那古野小学校跡地)  〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野2丁目14−1   交通アクセス ・JR/名鉄/地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅 桜通口より徒歩8分 ご挨拶・メッセージ タイムテーブル タイトル 登壇者 10:00~10:05 イベント開始のご挨拶  実行委員長 小薗井 康志 10:05~10:10 「Driesからのメッセージ」動画の発表  西尾 正博様 セッション 【キーノートスピーチ】 タイムテーブル 登壇者 タイトル・紹介 10:10~11:00 Principal Product Manager, GATSBY 米国NewYork  Preston So(プレストン・ソー)様 タイトル【The new CMS paradox: Coming conflicts in content management】  概要:イノベーションリーダー、研究者、講演者、Decoupled Drupal in Practice(Apress、2018年)の著者。ユーザーエクスペリエンス、Web開発、オープンソースイノベーション、新興技術などのトピックに関する人気プレゼンター。昨年まではAcquia OCTO Director Twitter @prestonso  【パネルディスカッション】 タイムテーブル 登壇者 概要  11:10~11:50 Preston So(プレストン・ソー)様・Gautam Das(ガウタム・ダス))様・岸俊兵様  【API、デカップルドをテーマ】にしてのグループトーク 米国・インド・日本 3か国先端エンジニアによる最新開発手法についてディスカッション コーディネーター 萩原 高行様 【セッション】 タイムテーブル タイトル 登壇者 13:00 - 13:20  Drupal認定試験にチャレンジしよう!アクイア認定プログラムのご紹介 アクイアジャパン合同会社 丸山ひかる 様    会員制サイトを事例とした設計・構築手法  合同会社ユビキタスライフスタイル研究所 萩原 高行 様 13:30 - 13:50  Drupal ニュース 2019~20 のまとめ - A Summary of Drupal News 2019-20 株式会社アウトソーシング テクノロジー 西尾 正博 様    プロトタイプツールデザインワークフローと課題  株式会社ハイフン 神明 篤志 様 14:00 - 14:20 Kubernetes/OpenShiftを使ってDrupalの世界を広げよう! 日本アイ・ビー・エム株式会社 小薗井 康志 様    アップデート奮闘記  SCSK株式会社 片井隆元 様 14:30 - 14:50 Drupal最速開発ツール、Acquia Developer Studioの紹介   アクイアジャパン合同会社 岸 俊兵 様 様   Amsterdam 2019とOpen Social Summit参加報告 イッセイ株式会社 直江 健介 様 15:00 - 15:20 CMSではなく、DMS(データ・マネジメント・システム)としてのDrupal 株式会社ANNAI 太田垣 恭子様       ジェネロ株式会社 Matthew Messmer 様 15:30 - 15:50 デジタルエージェンシーが見たAcquia Engage 電通アイソバー株式会社 門別 諭様・菊池源吾様    動画共有サイトを事例としたアクセス制御について  株式会社エネルギア・コミュニケーションズ 宍戸 祐太郎様 16:00 - 16:20 Drupalの日本語検索 スタジオ・ウミ 新田 幸子 様   Decoupling Drupal and the integration with Gatsby  ジェネロ株式会社 Gautam Das 様 16:30 - 17:20  クロージングセッション&交流会  Acquia社のDrupal認定試験 タイムテーブル タイトル 主催者 13:00 - 14:15 Acquia認定サイトビルダー試験 アクイアジャパン合同会社 14:30 - 15:45 Acquia認定サイトビルダー試験 アクイアジャパン合同会社 *「DrupalCamp DEN 2019 Nagoya」の参加者様は会場にて、無料にてを受験できます。 compassで参加登録後、以下よりお申込みください。 お申込み、詳細はこちらをご覧ください。 https://www.acquia.com/jp/certification/events/drupalcamp-dec7 ※Drupal Camp DENでは当日の会場の運営を手伝っていただけるボランティアを募集中 ※お弁当、スタッフTシャツの提供あります。 ※申し込み・問い合わせ先は「参加する」から申込み、アンケートにお答えする形でお申込みください。 Drupal 興味がある方、共感していただける方。またDrupalって何?という方ももちろんサポートを歓迎しております。 年齢性別不問、未経験者の方も大歓迎ですので、ぜひご参加ください。 スポンサー様受け付けております。 【スポンサー概要】 1.スポンサー費:3万円(税別) 2.スポンサー特典 セッション登壇者のスピーカー枠 イベントサイトへの貴社バナー掲載 ※お問合せ、お申込みは、事務局岩田 「[email protected]」 迄お願いいたします。 個人スポンサー様受け付けております。 1.スポンサー費:1万円(税込) 2.スポンサー特典 ・イベントサイトへのお名前バナー掲載 ・DrupalCampTシャツ ※お申込みは以下より、金額入力の上PayPal決済にお進みください。 https://paypal.me/DrupalCampDEN?locale.x=ja_JP メディアスポンサー様受け付けております。 ※お問合せ、お申込みは、事務局岩田 「[email protected]」 迄お願いいたします。 ※スポンサー様ご紹介(お申し込み順) 日本アイ・ビー・エム株式会社 スタジオ・ウミ 株式会社メタ・インフォ ソリッドコミュニケーション株式会社 イッセイ株式会社 大井電気株式会社 アクイアジャパン合同会社 合同会社ユビキタスライフスタイル研究所 アーツ株式会社 電通アイソバー株式会社 WAM(ワム) Web & マーケティング hi‐fn 株式会社オプテージ 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ ANNAI 株式会社 株式会社アウトソーシングテクノロジー ジェネロ株式会社 ※協力 名古屋Webマーケティング交流会[NAWM] Drupal is a registered trademark of Dries Buytaert.

12/6 (金)

477b0addbd08240921b7de9721fa52a2 IBM Developer Dojo
Kubernetes 101 入門ワークショップ with OpenShift & Watson
概要 本Dojoでは、オープンソースのコンテナ実行環境である OpenShift と、その簡易的な実行環境である Minishift について解説します。また 101 ワークショップを通じてその操作を体験いただきます。 ワークショップで使用する ノートPCをご持参 ください。メモリが8GB以上ある機種が必要です。 タイムテーブル 受付は13:30より、会場のイベント受付にて手続きをお願いいたします。 時間 内容 発表者 13:30-14:00 開場 14:00-15:00(60分) オープニングOpenShift (Minishift) 解説 日本IBM 西戸 京子 15:00-17:00(120分) Minishift 101 ワークショップ(休憩含む) 日本IBM 西戸 京子 17:00-17:30 クロージング ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 また当日はワークショップで使用する ノートPCをご持参 ください。メモリが8GB以上ある機種が必要です。 ★注意点★ Windows 10 Home もしくはWindows 10以前のWindows OSを利用されている方は、Hyper-V を利用できません。その場合、Virtual Boxを使用した英語マニュアルを見ながらの操作となります。ご了承ください。 特に Windows 機の場合、セットアップには時間がかかります。以下のガイドを参照いただいて、できるかぎり事前に準備作業を進めていただけますと助かります。 Windows10 Hyper-V 環境に Minishift をインストールする方法まとめ 講師 西戸 京子 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 日本IBMにて主にIBMの社内システム開発・保守に従事 。要件定義から保守まで、開発者・PM・アーキテクトとして日本、AP各国の生産管理システムや購買システム、IT資産管理システム 等、幅広く経験。2018年4月より現職。

11/12 (火)

Db030560013a709f8c0620a37d7e8e09 IBM Developer Dojo
Blockchain (Hyperledger Fabric) を解説します
概要 本Dojoでは、IBM Cloud上で使えるIBM Blockchain Platform(IBP)とVSCode拡張機能を使ってHyperledger Fabricの使い方を学びます。こちらのコンテンツではKubernetesクラスタを使用しますので、IBM Cloudの標準アカウントが必要となります。 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 IBM Cloud 従量課金アカウントへのアップグレードクレジットカードのご登録が必要です。2分弱のビデオ によるアカウントのアップグレード方法もご参照ください。 もしくは 既にのIBM Cloud 有償アカウント (Subscriptionを含む) をお持ちのかた はそのIDをお持ちください ※ IBPデモでは有償アカウントを使用しますが、無料枠のなかで作業します。よって、実施によって利用料金が請求されることはありません。 また当日、デモに合わせて手を動かしたい方は ノートPCをご持参 ください。 タイムテーブル 受付は14:30より、会場のイベント受付にて手続きをお願いいたします。お名刺の用意をお願いいたします。 時間 内容 発表者 14:30-15:00 開場 15:00-16:00(60分) オープニングBlockchain (Hyperledger Fabric) 日本IBM 萩野 たいじ 16:00-17:00(60分) IBP操作デモ(休憩含む) 日本IBM 萩野 たいじ 17:00-17:30 クロージング ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 講師 萩野 たいじ 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 元美容師にて元音楽家。ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを起業。 その後商社系SIerを経て、現在はIBM GlobalチームにてDeveloper Advocateとして、技術者へリーチしたマーケティングDevRel(Developer Relations)を展開。 エールビールが大好きな二児の父。

Db030560013a709f8c0620a37d7e8e09 IBM Developer Dojo
初級エンジニアのためのクラウド入門
概要 本Dojoではシステム開発に関わって来られたけれど、クラウドは初めての方、社内IT担当者やこれからクラウドエンジニアを目指してみようという初級エンジニアを対象としています。 「プログラム?なんとなくは読めるけど、自分で書けと言われると…」ぐらいな感じの方をイメージしています。 IBM Cloudのアカウント種別や画面操作など、はじめに知っておいていただきたい内容をご説明します。今後のスキル習得のベースになる講座です。 タイムテーブル 受付は13:00より、会場のイベント受付にて手続きをお願いいたします。お名刺の用意をお願いいたします。 時間 内容 発表者 13:00-13:30 セッション準備、開場 13:30-14:30(60分) IBM Cloud 入門 日本IBM 加藤 典子 14:30-15:00 クロージング、次セッション準備 ※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい 参加条件 受講前に以下の条件準備をお願いいたします IBM Cloud アカウント(無料) の取得フリーメールではないメールアドレスが必要です3分程度のビデオ によるアカウントの取得方法もご参照ください。 また当日はノートPCをご持参いただくと、IBM Cloud 操作を体験できます。 当日説明資料 https://speakerdeck.com/norikokt/ibm-cloudru-men ハンズオン資料 https://qiita.com/yamachan360/items/f3f0f10e8ae41fd65f5d 講師 加藤典子 日本アイ・ビー・エム株式会社 デジタルビジネスグループ デベロッパー・アドボカシー事業部 Developer Advocate 日本IBMにてNotes/Dominoのアプリケーション開発・保守に従事。主にマーケティングと営業支援システムを担当。2016年よりDigital Sales部門(非対面営業)のビジネス・オペレーションを経験。2019年1月より現職。

9/25 (火)

96f9cc2b344ee55c353e0dac073d2d42 Drupal Meetup 豊田
Drupal Meetup 豊田は、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)に興味があり豊田・名古屋地域を中心に活動する人達が交流する場所です。 Drupal は、CX(カスタマーエクスペリエンス)・DX(デジタルエクスペリエンス)のプラットフォームとして世界中で支持されており、小規模なイベントサイトから、テスラモーターズ、GE、NASA、ホワイトハウスといったグローバルな大企業・政府機関まで、多くの採用実績があります。 最新のDrupal はAPI志向のアーキテクチャとなっており、単なるウェブサイトの構築・管理にとどまらず、バックエンドのプラットフォームとして利用する事が可能です。例えば、AngularやREACT等のJavaScriptフレームワークを使ってスマホアプリを開発したり、IoTやAI(人工知能)といったシステムと連携する事例もあります。 Drupal 技術者の方、デジタルマーケティング運用担当の方、また、Drupal やオープンソースにご興味がある方のご参加をお待ちしております。 Drupal 技術動向に関する発表や意見交換を行います。 ご要望があれば、ハンズオンの練習みたいのもやりたいです。 技術動向は知りたいけれど、技術者でないという方も、是非、気軽にご参加ください。 主催 Drupal Meetup 豊田 場所 (株)豊田中央研究所 厚生センター「アクタス Cホール 」 ※グリーンロード側正門から入り、受付ゲート前で右折 駐車場奥の建物です。 〒480-1192 愛知県長久手市横道41番地の1 ※ (株)豊田中央研究所へは問い合わせを行わないようお願いします ご準備いただくもの 飲食は各自ご持参お願い致します。 但し会場は会議室の為、アルコールはNGとさせて頂きます。 プログラム タイムテーブル タイトル 登壇者 18:30 ~ 18:35(5分) 開催の挨拶 18:35 ~ 19:05(30分) Drupalと私、この10年 日本テラデータ㈱ 小薗井 康志 (osonoi) 19:05 ~ 19:20(15分) Drupalにおける企業WebサイトのCMS調査・比較 浦 宏 19:20 ~ 19:35(15分) Decoupled DrupalDays NYCの報告 ジェネロ 竹内 大志 19:35 ~ 20:25(50分) 質疑応答 &意見交換、懇親会 20:25 ~ 20:30(5分) 閉会の挨拶 ※プログラムは予告なく変更する場合があります。 懇親会飲食は各自で持ち寄りとなりました。なお、アルコール飲料は不可です。 ※プログラムは決まり次第、順次掲載します。 ※一般公開するレポートもしくは記事等を制作のために写真撮影をする場合があります。写真に写るのがNGな方は、イベント当日に運営スタッフまでお申し出ください。 Drupalとは? Drupalは、オープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、数多くの企業や政府、自治体等に採用されています。最新版のDrupal8は、エンドユーザーにも使い勝手が良くなっており、また、他システムと連携等、数多くの機能が向上しています。 https://www.drupal.org/ 主催 Drupal Meetup豊田 後援 WAM ジェネロ株式会社 関連情報 ◆その他の場所で開催されているDrupal Meetup 東京羽田Meetup Drupal Meetup 羽田 大阪梅田Meetup Drupal Meetup 梅田 諸注意 ・プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 ・開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 ・本イベントは全ての参加者が楽しんでいただくことを主旨としております。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室していただく場合がございます。また次回以降の参加もお断りさせていただく場合がございますので了承下さい。 過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 1)イベントの妨害と見られる言動 2)講師および参加者に対して一方的な批判また攻撃的な言動 3)人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘

9/15 (金)

9e63bb1f875a5da969b6c2294095399d Bluemix Users Group
Bluemix や Watson をもっと知ろう!
はじめに Bluemix勉強会は、IBMクラウド「IBM Bluemix」の機能や使い方&Tipsをユーザーグループのみなさん、もしくはベンダーからご紹介をし、ユーザー同士&ベンダーとの議論ができる「語り合う場」として開催しております。 本勉強会は「Bluemix User Group (BMXUG)」が主催する、「Bluemix」をテーマにした勉強会です。インフラエンジニアも、開発エンジニアも、営業の方も、そうでない方も、クラウドに興味のある方の参加をお待ちしております。 主催 Bluemix User Group 日時 9月15日(金)20:00-22:00 場所 栄メンバーズオフィスビル 4Fセミナー室B 〒460-0008 名古屋市中区栄4-16-8 https://www.sakaem-office.com ※入館確認のため名刺をお持ちください。 プログラム タイムテーブル タイトル/ 登壇者 20:00 :「Watsonを使ってAIを体感しよう!」 日本IBM株式会社 小薗井 康志 概要:第3次AIブームと言われ様々なメディアで人工知能、AIが話題になっています。しかしながらあまりにも夢物語のような話も多く実際に試してみることに躊躇している方もいるのではないでしょうか?一方でうまく利用すればきっと普段の生活にやくに立つこともあるかもしれません。今回は、IBMが提供しているAIであるWatsonを活用事例とともにご紹介し、初心者の方でも試せるようなサービスの紹介、実装方法をデモを交えて紹介させて頂きます。 20:30 ** Watson体験タイム、参加者で上記で紹介したWatsonのサービスを使って見ましょう! 概要 ※プログラムは変更される場合がございます。 Bluemixとは? Bluemix は、様々なアプリケーションを構築、管理、実行するためのオープン・スタンダードとクラウドをベースとしたプラットフォームです。 約30秒というスピードで環境を構築したり、100以上のAPIやサービスが提供されていたり、みなさんのイノベーションをすぐ形にできる環境を提供します。 https://new-console.ng.bluemix.net/ Watsonとは? IBM Watson は、自然言語処理と機械学習を使用して、大量の非構造化データから洞察を明らかにするテクノロジー・プラットフォームです。 お客様の質問に答えたり、すべての資料から主要な情報を素早く取り出したり、さまざまなデータ間の洞察・パターンおよび関係を明らかにしたりすることができます。 協力 株式会社リフレクション Facebook BMXUG>>> https://www.facebook.com/groups/bmxug/ 諸注意 プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。 受付票に記載の本人のみが参加できます。受付票をお持ちでない方は入場できません。受付票を必ず印刷いただき、当日受付でお渡しください。 開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、Bluemix 勉強会 実行委員会による運営のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は、退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 講師および参加者に対して、勉強会の妨害と見られる言動や行動 人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘