onsd_ (@onsd_)


参加する勉強会

6/22 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
OWASP TOP 10のリスクを体感してみよう
OWASP TOP 10のリスクを体感してみよう 今回のチャプターミーティングでは、OWASP Kansaiとのコラボ企画のハンズオンです。 【初心者大歓迎!】やられWebアプリケーションをつかってOWASP TOP 10に掲載されている脆弱性を自分の手で実感してみよう! 今回はOWASP Kansaiで開催した「やられWebアプリケーション」へ実際に攻撃をかけることで、OWASP TOP 10に掲載されている脆弱性を自分の手で実感してみるハンズオンイベントになります。 特別講師 OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 対象者 セキュリティ初心者大歓迎です 普段診断を行なっているっていうプロやセミプロの方は混雑具合に応じてご配慮頂けると助かります 自分でWebアプリケーションを作ってはいるけれど、セキュリティの検査って何からどうすればいいのかわからない人 OWASP TOP 10って存在は知ってるけど中身はちゃんと知らないよっていう人 使用ツール やられWebアプリケーション BadLibrary 事前準備 手元のPCにNode.js(8系(8.11.1や8.15.0)推奨)をインストールしてください。 BadLibraryのZIPをダウンロードしてください。 ZIPをダウンロードしたら展開し、BadLibrary/src ディレクトリ内で npm install を実行してください。 BadLibraryをインストール後にログインできることを確認してください。 ご準備いただく持ち物 ノートパソコン(メモリ8GB以上推奨) 延長コード 会場 株式会社中電シーティーアイ(CTIイノベーションLab(ラボ)) NHK名古屋放送センタービル 20F 名古屋市営地下鉄 東山線・名城線「栄」駅下車、徒歩約5分。 開催ビル棟の20Fのエレベータ前でOWASPストラップを付けたスタッフがいます。会場までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 13:00 開場 13:30 - 13:45 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 坂梨、村井 13:45 - 14:00 自己紹介タイム 各グループ 14:00 - 14:30 OWASP TOP10概要説明 OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 14:30 - 14:45 休憩 14:45 - 15:45 OWASP TOP10ハンズオン(前半) OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 15:45 - 16:00 休憩 16:00 - 17:00 OWASP TOP10ハンズオン(後半) OWASP Kansai 桝谷氏、安達氏 17:00 - 17:15 クロージング OWASP Nagoya Chapter 丹羽 お願い 参加者の方は上記事前準備(Node.jsとBadLibraryのインストール、動作確認)を予め実施の上、参加ください。 Node.jsはWindows、Linuxともに「8系(8.11.1や8.15.0)」をインストールしてください。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物は、ペットボトルなどふた付きの飲み物のみ持ち込みできます。 コンビニのカップコーヒーは持ち込みできません 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください


過去の勉強会

6/14 (金)

357082a29137e56db4dad81237b27e2d Cloud Native JP
始めよう!Kubernetes & Cloud Native生活
Cloud Native 名古屋 #01 開催概要 海外では、Kubernetesを用いたコンテナ関連技術のサービスやビジネスが急速な拡大を見せています。 事実上の「コンテナ関連技術業界団体」と言えるCloud Native Computing Foundation (通称CNCF)も 2017年になってAmazon、Microsoft、VMwareなどの大手ベンダーが相次いで加盟しました。 ・Cloud Native Computing Foundation (CNCF) 加盟企業一覧 " rel="nofollow">https://www.cncf.io/about/members/ 今回の「Cloud Native Nagoya #01」では、Cloud Nativeとは何か、また、関連技術や、それを活用したアプリケーションのアーキテクチャなどに関するセッションをお話しいたします。 こんな方に是非来ていただきたい!!! 技術が好きで好きでたまらない人たち Cloud Nativeってなに? って初心者の方 Cloud Nativeなアーキテクチャが好きな人たち マイクロサービス、サービスメッシュの運用について語り合いたい人たち Kubernetesってなに? 少し触った事あるぜ って初心者の方 Dockerってなに? 少し触った事あるぜ って初心者の方 これからのアプリケーションのアーキテクチャに関心がある コンテナ(オーケストレーション)についての課題や悩みを抱えてる方々 登壇予定者(敬称略、順不同) 新藤 洋介 大西 勉 だびっつ (@dabits) 会場・時間 日時:2019年6月14日(金) 19:00 (開場18:30)~ 20:30 会場:エイチーム本社(名古屋駅全線より地下で直結) 住所:名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F (*増枠につき、階が変更になりました!) Web:" rel="nofollow">https://www.a-tm.co.jp/about/outline/ タイムテーブル ※ LTご希望の方は、LT枠に登録のうえタイトル等メッセージをください! 時間 講師 タイトル 18:30- 開場 19:00- 新藤洋介 (@shindoy) オープニング「世界における急速なCloud Native化の流れと日本の現状」 19:30- 大西勉 (@tsutorm) 「遊びながら感じた Kubernetes の魅力」 19:45- だびっつ(@dabits) 「コンテナビルド高速化への道(仮)」 20:00- <LT1> @手羽先 「Cloud Immigrant: オンプレウェブアプリをコンテナ化して Amazon ECS にデプロイするまで」 20:05- <LT2> @DaichiYamaguchi Dockerインストール後の設定をしよう 20:15- ネットワーキングタイム 20:30 クロージング

5/28 (火)

8eb3cb88c9f23c013afda236a0d6c4c7 Yahoo! JAPAN Nagoya
〜コンテナ技術〜
今回のテーマ ヤフー名古屋オフィスでは定期的にクリエイター向けの勉強会イベントを開催します。 第2回目となる今回は、コンテナ技術の知見共有をテーマにヤフーでの事例紹介や他社様の事例紹介をし、 名古屋でコンテナ技術を語れる場としたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 18:30 受付開始 - 19:00-19:05 オープニング - 19:05-19:45 キーノート) Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) 19:45-19:55 休憩 - 19:55-20:10 セッション1) エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから 大西 勉 様 (株式会社エイチームライフスタイル CTO) 20:10-20:25 セッション2) コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 清水 昭弘 (ヤフー株式会社 テクノロジーグループ システム統括本部 サービスプラットフォーム本部) 20:25-20:40 セッション3) 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー 検索統括本部ローカル検索本部) 20:40-21:30 懇親会 公募によるLTを3本予定しています 登壇者プロフィール&発表概要 須田 一輝 (ヤフー株式会社 第8代黒帯〜Kubernetes〜) ヤフー株式会社所属。第8代黒帯〜Kubernetes〜。 2015年からヤフーの子会社であるゼットラボ株式会社に出向し、Kubernetesを中心としたインフラ基盤の研究開発・技術支援に従事。 近頃は、Kubernetesでの永続ストレージやステートフルアプリケーションの運用に関する調査や開発、技術支援を担当している。 Kubernetes Meetup Tokyo、Cloud Native Deep Dive の共同主催者で、CNCF Ambassador でもある。 共著書に『Kubernetes実践入門』、『みんなのDocker/Kubernetes』(技術評論社)、監訳書に『入門Prometheus』(オライリー・ジャパン)がある。 Yahoo! JAPANのマネージド Kubernetes サービスを支える技術 大規模環境でのコンテナの利用において、Kubernetes がデファクトスタンダードになりました。 Yahoo! JAPAN は、2017年10月頃から一部のサービスが本番環境で Kubernetes の利用を開始し、現在では多くのサービスが利用しています。 その結果、Yahoo! JAPAN では数百の Kubernetes クラスタが運用されています。 本セッションでは、Kubernetes の概要から、数百の Kubernetes クラスタの運用を可能にする Yahoo! JAPAN のプライベートマネージド Kubernetes サービスの紹介とそれを支える技術についてお話します。 大西 勉 様(株式会社エイチームライフスタイル CTO) 中小ソフトハウスで13年受託開発を経験、2014年にエイチームライフスタイルに入社。 ナビクルなどのサービス開発エンジニアとしてサービス改善や新規事業、TOYOTA NEXTなどに貢献。 2019年2月より、CTOに就任。 エイチームライフスタイルにおける仮想化技術の今までとこれから エイチーム子会社のエイチームライフスタイルにおける仮想化技術の変遷と、 今後、コンテナ仮想化技術をどの様に事業活用していくかについての展望をお話したいと思います。 清水 昭弘(ヤフー株式会社 テクノロジーグループシステム統括本部サービスプラットフォーム本部) 2008年アルプス社から転入。地図サービスのデータからフロントエンドまわりに従事 2018年よりプラットフォーム開発チームでスクラムマスターおよび開発を担当 コンテナ技術によるデータの継続的な自動更新事例の紹介 利用者側がコンテナで利用できるRestAPIの機能を持ったDockerイメージの提供を行っています。 利用者が意識することなくデータファイルやシステムが定期的に更新される仕組みについてご紹介します。 高木 克彰 (ヤフー株式会社 メディアカンパニー検索統括本部ローカル検索本部) 2018年ヤフー株式会社に新卒入社。入社後はフロントエンドアプリ開発を経験、現在は地図サービスのバックエンドの開発に従事し、主にプラットフォーム移行を担当している。 仮想マシンからの移行先としてPaaSとKaaS、どちらを選ぶか? 仮想マシンなどで稼働しているサービスをPaaSやKaaSに移行する際にどのような視点で移行先を選定するのかをヤフーの地図サービスの事例を元に紹介します。 参加資格 キャンセルポリシーに同意頂ける方。 夜間のイベントのため、18歳以上の方のみ ※18歳未満でも保護者同伴なら可。 会場運営上、19時半までにご来場頂ける方を優先させて頂けたらと思います。 ブログ枠 イベント参加後にブログなどに参加レポートを書いて頂ける方の応募枠です。 レポートを書いて頂ける方は、こちらから応募して頂けたらと思います。 LT枠 懇親会時にLTを実施します。 なにか話したい内容があればこちらから応募をお願いします。 LTはひとり180秒でお願いします。 Twitter実況枠(※ 5/16追記) イベント盛り上げのためにリアルタイムでのTwitter実況をして頂ける方の応募枠です。 Twitterのタイムラインの盛り上げに力を貸してください。 懇親会 当日、20:40 頃から同会場で懇親会を行います。 軽食、飲み物をご用意しております。 参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。 参加費 無料 キャンセルポリシー 予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。 参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご注意 会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。 撮影された写真や動画はヤフーの公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。 他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。 ご質問・ご相談 本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

5/12 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechは東海圏のIT界隈を盛り上げることを目標に活動しているコミュニティです。 主に学生向けに月1-2回のペースでイベントを開催しています。 本イベントは学生(大学/専門/高専/高校/中学)と若手社会人(25歳以下)にご参加いただけます。 今回は株式会社リブセンス様のご協力により、「データ分析勉強会〜SQL活用〜」を開催いたします。 イベント概要 SQLを活用したデータ分析についての勉強会です。 普段なかなか知ることがない、企業での実務的なSQLの使い方を知ることができます! 今回はリブセンスさんをお招きして、エンジニアリングとビジネスの2つの観点からセッションをしてもらいます。 ・ 非エンジニアのSQL活用が加速させる事業成長(ビジネス) ・ 大量の物件情報を短時間で処理するハック(エンジニアリング) 最後にはエンジニアの方に講師になっていただき、セッションの内容を踏まえてハンズオンを行います! こんな人におすすめ ・データ分析に興味がある人 ・SQLがビジネスにどの様に活かせるのか興味ある人 ・データベースを学んでいる人&学び始めた人 発表内容 稲垣 景子 (Keiko Inagaki) 株式会社リブセンス IESHILチーフプロダクトマネージャー。愛知県出身。2008年東京大学卒。ブライダル企業にて集客戦略の企画・運用や、CRM・業務サポートシステムの開発販売を行う子会社立ち上げに参画。2014年株式会社リブセンスに入社。賃貸サイト「DOOR賃貸」のディレクターを経て、事業部横断でのSEO戦略企画に従事。2017年以降は不動産事業部にて、B向け不動産情報サービス「IESHIL CONNECT」の立ち上げや、中古マンション査定価格サイト「IESHIL」のプロダクトマネジメントを行う。 非エンジニアのSQL活用が加速させる事業成長(ビジネス) リブセンスのプロダクトマネージャーが普段どのようにSQLを活用しているか・またSQL活用で事業成長にどんな嬉しいことがあるかを具体例を交えてご紹介します。 小沼 陸 (Riku Onuma) 明治大学経済学部を卒業して2016年からリブセンスで働いています。リブセンスではデータエンジニアとして大量の不動産情報の処理、統計分析、機械学習を用いた物件の価格査定などをやっています。 大量の物件情報を短時間で処理するハック(エンジニアリング) データエンジニアがどんな仕事をしているのかの紹介を始め、エンジニアリングを行う上でのDBとの向き合い方を解説します。 ワークショップ TreasureDataとHivemall(SQLで書く機械学習フレームワーク)を使って、簡単な機械学習のドラフトと検証を行ってみます。 タイムテーブル 時間 内容 13:30 開場 14:00 開会のあいさつ 14:10 稲垣 景子 (Keiko Inagaki) 非エンジニアのSQL活用が加速させる事業成長 14:40 休憩 14:50 小沼 陸 (Riku Onuma)大量の物件情報を短時間で処理するハック 15:30 質問タイム 16:10 ハンズオン 16:30 懇親会(軽食を出します) 17:30 クロージング 会場 ・場所 : メーゾンオザワビル 403 ・住所 : 愛知県名古屋市中区栄4丁目16−24 メーゾンオザワビル ・アクセス : 地下鉄矢場町駅から徒歩5分。 懇親会について 軽食とアルコール、ソフトドリンクをご用意します。 この機会に学生、社会人枠を超えて交流しましょう! ※アルコールを提供する関係上、未成年の方は受付時にお申し出ください。お手数をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。 備考 ・ 持ち物 : PC ・ Wi-Fi: あり ・ 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 株式会社リブセンスについて "あたりまえを、発明しよう。" わたしたちが取り組むのは、『情報の非対称性』『日常の不便や不満』『旧態依然とした業界』といった社会的な課題です。 新しい物の見方・行動の仕方で、世の中に常識として定着するサービスを開発するという意志で、誰もがほしいけれど世の中にまだないサービスをつくっています。 データ活用と柔軟な発想から、社会に対してポジティブで不可逆的な変化を生み出し、幸せを増やすことに挑戦しています。 ▼コーポレートサイト https://www.livesense.co.jp/ ▼リブセンスのエンジニア文化について https://recruit.livesense.co.jp/lp/engineer/overview OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。 専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。 学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Twitterアカウント @OthloTech Facebookページ

3/29 (金)

6e2a6c0cefb0c006b84418425f24e487 名古屋アジャイル勉強会
アジャイル開発手法を職場で活かすための勉強会です。
イベント概要 開発チームは『組織』の中に存在するため、アジャイルチームであろうとなかろうと『組織』の影響を大きく受けます。 今回は、アジャイル開発から少し離れて『組織』をテーマに勉強会を開催します。 2018年1月に日本語版が発行されて以来、マネジメントの分野で反響の大きい書籍「ティール組織」。 今回の名古屋アジャイル勉強会では、この「ティール組織」をテーマに行います。 ・上下関係も、売上目標も、予算もない!? ・従来のアプローチの限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。 ・膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。 従来型の組織と、ティール組織は何が違うのか、ワークショップを通じて理解を深めて頂きます。 書籍のご紹介 http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2226 当日の進め方について 1時間半程度の内容となりますので、イベント中に休憩時間は設けておりません。 勉強会では議論を行うこともありますので、必要であれば事前に飲み物をご用意 ください。 参加条件・イベントの対象者・持ち物 特にありません。どなたでもご参加頂けます。 当日は、事前準備や前提知識なしにお気軽にご参加頂けるプログラムをご用意致します。 (ソフトウェア開発・プロダクト開発についての知識/経験、社会人/学生かどうかも不問です) ふるってご参加ください。 参加費 200円 (会場費、用具代、お菓子代に充当します) ☆「ペア割」「初参加割」「学割」キャンペーン!☆ ペアでご参加の方、初参加や学生の方は、それぞれ参加費を100円とします。 開催日時 2019年3月29日(金) 19:00-21:00 (18:30より受付開始予定) 当日早めにお越し頂ければ、アジャイル開発についてのお悩み相談等も対応可能 です。 会場 イーブルなごや(旧:名古屋市女性会館) 1階 第1集会室 (名古屋市営地下鉄 名城線 東別院駅 1番出口から直進 徒歩約3分) https://sites.google.com/site/nagoyaagile/Home/katsudou/guide_map/womens_association_hall 会場への行き方は上記リンクをご参照ください。 懇親会 イベント終了後、懇親会を開催します。気分を変えて楽しく語り合いましょう。 場所は東別院駅周辺の居酒屋となります。 参加費は現地徴収で3,000円程度を予定しております。 主催 名古屋アジャイル勉強会 イベントについてのお問い合わせ・ご質問は、connpassの問い合わせでご連絡く ださい。 名古屋アジャイル勉強会ポータルサイト https://sites.google.com/site/nagoyaagile/ アジャイルとは俊敏でチーム中心のソフトウェア開発手法でありマネジメント手 法です。 名古屋アジャイル勉強会は、アジャイルの考え方や方法を体験的に学び、 職場で活かすことを応援する、どなたでも参加できるグループです。 月に2度の勉強会が主な活動です。皆様のご参加をお待ちしています。 過去の勉強会の様子は、Facebookやブログでご覧いただけます。

1/26 (土)

A6a703109d563328a55d18c7fef07053 若手Web名古屋
ゲストに株式会社スタディストの北野 勝久氏をお招きして、SRE をテーマにします!
名古屋若手Webエンジニア交流会 若手Webエンジニアがざっくばらんに話す場所です。 フロントエンド、サーバサイド、インフラ問いません。 若手の定義は「学生」「新卒○年目」「気持ちが若手なら若手」です。 東京や大阪に行かなくても、名古屋でWebエンジニアが集まってわいわいしている場所がもっとほしい!そんな動機で開催致します。 参加費は場所代や飲食代のために使います(余りは次回の運営費に囘します)。 第6回について 今回はSRE(Site Reliability Engineering)をテーマにします!!SREに関しては例えば..以下の記事を御覧ください。 https://codezine.jp/article/detail/11002 SRE Loungeをフィーチャリングしています。 https://sre-lounge.connpass.com ゲストは↑の記事を執筆していてSRE Loungeの運営もしている北野 勝久さんです。 北野 勝久(きたの かつひさ) 株式会社スタディスト 印IT企業でインフラ・ミドルウェアエンジニアとして勤務した後、スタディスト入社。 マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」の新規機能開発を担当の後、SRE チームの立ち上げを行う。 信頼性に関わる一連の実装、運用を担当する。 日程 1月26日(土)14:00 - 17:00 会場 株式会社スタメン 〒453-0012 愛知県名古屋市中村区井深町1-1 https://stmn.co.jp/ スケジュール 時間 タイトル 内容 スピーカー 13:30 開場 14:00 オープニング 14:05 スポンサー紹介 14:10 SRE Lounge主催者が見てきた各社のSRE的取り組み 私は、SRE Lounge 主催者の1人として、各社のSRE的取り組みに関する発表を聞いてきました。本講演では、SRE Lounge で発表された各社の取り組みを振り返り、SRE本らしく彼らの発表をまとめます。 北野 勝久 14:30 Q&Aタイム 14:35 サーバーレスでのSRE試行錯誤 (来栖川電算) サーバーレースアーキテクチャでは、運用上の多くの責務をクラウドプロパイダーに任せることで、開発者がイノベーションに注力しやすくなると言われます。その恩恵は大いに感じていますが、だからといって放ったらかしでサイトの信頼性がよくなることはなく、普通のアプリ同様、不断の努力が欠かせません。来栖川電算における初めてのサーバーレスアーキテクチャ製品で、どのようにサイト信頼性エンジニアリングに取り組んでいるかをお話します。 @smogami 14:55 Q&Aタイム 15:00 休憩 15:10 Infrastructure as Code: Terraformがもたらす恩恵と苦悩、希望の光 エイチーム引越し侍さんよりInfrastructure as codeと、Terraform 0.12 に関する発表です。 坂宮 智樹 15:30 Q&Aタイム 15:35 信頼への一歩目 (株式会社スタメン) SREチームとして動き出して間もないですが、SREチーム立ち上げの背景と直近の仕事内容についてお話します。 松谷 勇史朗 (@uuushiro) 15:55 Q&Aタイム 16:00 懇親会 17:00 エンディング 運営 定期開催のためにも、運営メンバーをいつでも歓迎です。 毎回呼びたい方をお呼びするという裏目標があります。 久我(@gkuga) 名古屋で働く若手Webエンジニア mziyut 東京から名古屋に来たWebエンジニア 松谷(@uuushiro) 名古屋のスタートアップで働くWebエンジニア ヒラノ(yir) 2019卒 / Laravel / フロント好き / 細目 ひでお(hkawaras) 東京から名古屋にやってきた転勤4年目の新卒◯年目の若手エンジニア

12/22 (土)

開催概要 「高専カンファレンス」は、高専に関係している人々が中心となり行う、勉強と他の方との交流を目的とした会です。 日時:2018年12月22日 場所:東カン名古屋キャステール2階 大会議室 テーマ:「ものづくり」 ”思いを形にする「ものづくり」というものに着目し、このテーマに決定いたしました。昔からものづくりで栄えてきたこの愛知県で様々なものを創るみなさん、また何かものを創ってみたいみなさんのご参加をお待ちしております。 参加費用(本会のみ、懇親会のみの参加でも同額です : 学生:500円 社会人:1000円 定員:80名ほど 当日の受付 受付の際は応募いただいたユーザーネームを受付担当に申し出ていただきますようお願いします。 開場は 12時から オープニングは13時から行う予定ですので、間に合うように入場していただけますよう、よろしくおねがいします。遅刻した場合でも問題なく入場することは可能ですが、参加費は変わりませんので悪しからず。 LT/一般発表について 登壇の応募はこちらからお願いいたします。 登壇応募は締め切らせていただきました プレゼン応募について 募集期間 ~11/22(木) 当落通知予定(都合により前後する場合がございます) 12/1(土) 発表形式はLT(5分枠)もしくは一般発表(10分枠)のどちらかを選んでいただきます。また、LTは11枠、一般発表は4枠を予定しております。 当日、時間によっては飛び込みLTもございますので、よろしければ発表者以外の方もスライドを用意していただければと思います。 プレゼンタイムテーブル 開始時間 発表者 発表形式 タイトル 13:20 RΛwxii LT 校歌Remixで始めるDTM入門 福野泰介 LT kosen solid / 今こそ高専生発のSNSを! sublimer LT Androidアプリを作ったら(だいたい)2万ダウンロードになった話 てぃあ LT Pythonの話 ちげ LT フォントばっかり あけまつしんじ 一般 高専教育リライト計画。 14:28 ちゅーり LT 高専ネットワークの場「KOSENメディアラボ」について onsd_ LT KOSENハッカソン はやた LT HackDay参加記録 はすみ 一般 技術同人誌を作った話 Siketyan 一般 ASP.NET Core ではじめる簡単Web開発 15:33 しゅんぴ LT どろーんの本を作っちゃう話 Y.Yamashiro LT ものづくりカフェ ぽちゃま LT そのセ↑キュ↓リ↓ティ↑で大丈夫?? ヤマゲン 一般 ぼくの考えた最強のものづくり 懇親会 会場は同じです。参加者同士の交流を深めることを目的にしておりますので、名刺等用意しておくことをおすすめいたします。 配信について 発表のようすをライブ配信する予定です。撮影NGの場合は受付にてお申し出ください。よろしくお願いいたします。 公式ホームページ https://kosen.cf スタッフ 名前 担当役職 ひとこと ヤマゲン 実行委員長 ゆで卵が上手に剥けません。 Siketyan 受付・HP作成 C#とかJavaとかできません。よろしくおねがいします。 てぃあ 懇親会 DDRはじめました asasigure デザイン だれか僕の自己紹介考えて らっふぃ 会計 一言:転んでも立ち上がるタイプ たか プレゼン 助っ人外国人です

12/2 (日)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
カジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨く
Micro Hardening @ Nagoyaを開催! 今回のチャプターミーティングでは、株式会社川口設計の川口洋さんによるサイバー演習 MicroHardeningを実施します。 Micro Hardening とは? 戦う相手は過去の自分 Micro Hardening は「衛る技術の価値を最大化することを目指す」プロジェクトであるHardening Project から生まれたサブプロジェクトです。「セキュアなハードニングをカジュアルに競技形式で学ぶ勉強会」であるMINI Hardening Project よりもさらにカジュアルに「ゲーム感覚で」サイバー攻撃に対処する能力を磨くことを目指しています。 Micro Hardeningでは、参加者は45分という限られた時間のなかで、提供されたECサイトに対する様々なサイバー攻撃に対処することが求められます。参加者は用意されたECサイトにログインし、スタートコマンドを実行することで、ゲームの開始を任意のタイミングで行うことが可能です。スタートコマンドが実行されると、ECサイトに対して買い物を行うクローラが動き出します。このクローラがECサイトで購入した金額が参加者の得点となり、ECサイトを安定稼働させることが高得点につながります。クローラが動作する裏側では自動的に多数のサイバー攻撃も行われ、ECサイトの安定稼働を妨害します。参加者は次々と発生するサイバー攻撃を防御し、停止したECサイトを復旧することで売上を稼ぎ、さらに防いだ攻撃に応じたボーナス得点(追加のクローリング)を得ることができます。Micro Hardeningの評価は単純に稼いだ得点のみを対象としています。 Micro Hardeningのゲームは45分を1セットとし、複数セット(最低3回以上)繰り返すことを想定しています。毎回、同じタイミングで同じ攻撃が発生するように設定しています。Micro Hardeningは報告書作成や、攻撃手法や防御方法の解説の時間を組み込まない代わりに、毎回少しずつ攻撃の状況を観測し、対処する方法を試すことで、エンジニアとしての能力向上が実現できることを目指しています。理想的にはシューティングゲームのように、敵の攻撃のパターンを覚えることで高得点を稼ぐことができるシステムにしたいと願っています。 自分のスコアが少しずつ上がっていく達成感を味わいながら、サイバー攻撃に対応する経験を積んでもらえたらなと思っています。戦う相手は過去の自分。 4人を1チームとして、チーム作る予定です。他の人の取り組みからも学んで帰ってください。 ご提供者 川口 洋氏 株式会社川口設計 代表取締役 対象者 情報セキュリティに興味のある方 基本的なUNIX/Webセキュリティの知識のある方 参加枠 自分でモバイルルータを持っていくよ枠:ご自身でモバイルルータを持参可能な方 同じチームにモバイルルータを持ってない参加者がいたら、相乗りさせていただけますと幸いです どなたかモバイルルータに相乗りさせてください枠:ご自身でモバイルルータを持参できない方 ご準備いただく持ち物 WiFiやテザリング(ネットに接続できる環境) 運営側では用意しませんので、ご注意ください。 ノートパソコン 延長コード SSHターミナルクライアント(必須) Windowsの方はTeratermセットが便利 VNCクライアント 自分のパソコンのhostsファイルを編集できること (管理者権限を持っていること) 健康な体 多少のトラブルを笑って受け入れられる広い心 会場 株式会社中電シーティーアイ(東桜第一ビル) 地下鉄「久屋大通」駅下車、徒歩約5分。 開催ビル棟の1FにOWASPストラップを付けたスタッフがいます。場所や教室までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 12:30 開場 13:00 - 13:15 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 村井 13:15 - 13:45 Micro Hardening説明 株式会社川口設計 川口 洋氏 13:45 - 17:30 Micro Hardening競技 45min/回 * 3回(休憩含む) 株式会社川口設計 川口 洋氏 17:30 - 17:45 Softning 株式会社川口設計 川口 洋氏 17:45 - 18:00 クロージング OWASP Nagoya Chapter 坂梨 お願い 参加者宛に5日前~前日に当日の情報交換用Slackに招待しますので予め参加ください。 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 デザリング時はWindows Updateなどが実行されないようご注意ください。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 飲み物は、ペットボトルなどふた付きの飲み物のみ持ち込みできます。 コンビニのカップコーヒーは持ち込みできません 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASPとは OWASP - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/ Slack こちらから登録してください Micro Hardening参加者の体験談 第1回、microhardening バージョン1 東京編 ~ 聖地さくらインターネット開催編 - Togetter Micro Hardening v1.0に参加してきました | *白百合めも* Webエンジニアのためのセキュリティ実践演習: Micro Hardening体験 | owlWorks やろう、ハードニング | セキュリティ | DoRuby Micro Hardening in 鹿児島 に参加しました | 降灰注意報! 湯るセキュ Micro Hardening in 草津温泉に行ってきました。 - Flying Cat Penguin Micro Hardening in 草津 参加してきました?? - 努力なくして力なし 第7回tktkセキュリティ勉強会Tweetまとめ( #tktksec #microhardening) - Togetter 第7回tktkセキュリティ勉強会~Micro Hardening~で汚名返上しようとした結果 R3 Cloud Journey Micro Hardening v1.x@沖縄に参加しました! - nmtysh.log Micro Hardening v1.x@長野 writeup - blog.toxn Micro Hardening v1.x@長野でドン勝!! - nuwaa

9/1 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 Dockerの日本語ドキュメントも作成している前佛 雅人様を講師としてお呼びしてコンテナオーケストレーションツールであるKubernetesについての勉強会およびハンズオンを行います。具体的には下記の内容が学べます。なお、ハンズオンではRancher 2.0を利用します。 勉強会 Kubernetesってなに? Kubernetesの基本的な動作 Kubernetesってどんな時に使うと便利? ハンズオン Kubernetesクラスタの作り方 kubectlを利用してKubernetesを操作する Kubernetesを利用したアプリケーションのスケーリング Kubernetes上でpod(コンテナ)が停止した場合にどのように復旧するのか こんな人におすすめです コンテナ技術に興味がある 大規模でコンテナを運用するためにどのようなツールを利用するのか知りたい インフラエンジニアに興味がある ※ある程度Dockerの基本コマンドが使えると好ましいです。 資料:https://www.slideshare.net/zembutsu/docker-container-image-command-introduction-2017-03 Kubernetesとは Kubernetesはコンテナのオーケストレーションツール(配備/設定/管理の自動化ツール)のデファクトスタンダードと言われており、Googleが開発したBorgというソフトウェアを元にして開発されたオープンソースソフトウェアです。(k8sと呼ばれることもあります。)GoogleではDockerがオープンソース化されるよりもかなり前からコンテナ技術を利用しており現在では毎週20億を超えるコンテナが立ち上がっているようです。Kubernetesはその知見を活かして開発が行われており、大規模開発において必要な機能を備えています。 参考: Kubernetes kubernetesによるDockerコンテナ管理入門 続・KubernetesによるDockerコンテナ管理入門 タイムスケジュール 時間 内容 12:45 開場 13:00 イベント開始 13:10 会社説明(さくらインターネット様) 13:20 会社説明(スタメン様) 13:30 Kubernetesについての概要説明 14:30 Kubernetesのクラスタを作成する 15:30 休憩 15:45 kubectlを使ってKubernetesを操作する 16:30 ハンズオン終了・懇親会準備 17:00 懇親会 18:00 撤収 会場 会場:株式会社スタメン 住所 : 愛知県名古屋市中村区 井深町1-1 持ち物 PC (WSL環境のあるWindows, Mac, Linux) 事前にdockerのインストールをお願いします。 https://qiita.com/Aruneko/items/c79810b0b015bebf30bb 充電器 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech さくらインターネット株式会社について さくらインターネットは国内の自社運営データセンターでレンタルサーバーや 専用サーバー、VPS、クラウドなどのインターネットインフラサービスを幅広 く提供しています。 また、IoT分野において通信モジュールとセキュアなプラットフォームを統合 した「sakura.io」や、人工知能やディープラーニングの研究などに必要とな る大量の演算リソースに特化した「高火力コンピューティング」など、インター ネット環境の変化とともにユーザーのニーズに応じた多様なサービスを開発し、 ビジネスを支援しています。 会社情報:https://www.sakura.ad.jp/

8/1 (水)

1f71846c9188badb9095852d9867f815 Hack U
UPDATE インタラクション 〜すごいコール&レスポンスをつくろう〜
UPDATE インタラクション 〜すごいコール&レスポンスをつくろう〜 Hack U は、ヤフー社員のサポートのもと、限られた時間の中で学生がプロダクトを自ら企画・開発・発表するイベント(ハッカソン)です。 他の学生と出逢い、切磋琢磨し、新しい発想・技術に触れてみませんか? 【公式サイト】 スケジュール・ルール詳細等は以下「Hack U 2018 公式サイト」をご覧ください https://hacku.yahoo.co.jp/2018/ 【参加条件について】 小学生以上の学生・生徒・児童であること(社会人学生を除く) 2名以上6名以下でチームを組み、出場申し込みはこちらのconnpassよりメンバー一人ずつ全員が行ってください 「Hack U 2018」全国開催の内、何れか一つの開催にのみエントリーとし、重複参加を行わないでください 出場申込書の内容に同意の上、お申込みください https://yahoo.jp/x-DT7B 成年の方は、イベント参加時に出場申込書に署名の上、ヤフー運営担当までご提出ください イベント開始日時点で未成年の方は、保護者の同意が必要です。参加時に出場申込書へ保護者の署名捺印をいただいた上、ヤフー運営担当までご提出ください

6/16 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント概要 クックパッドは多くのトラフィックを処理し、日々開発されるサービスをユーザに届けるため、高度なインフラストラクチャーを構築しています。 今回は、一般的な Web サービスの成長に合わせて必要となるスケーラブルなインフラ作りやパフォーマンスチューニング (Ruby on Rails が題材) について、クックパッドの事例紹介もふまえつつ、実際に手を動かしながら解説します。 内容 アプリケーションサーバ1つでサービスを開始した Web アプリケーションを題材として、アプリケーション・インフラの両面から高速に、スケーラブルに改善していきます。 具体的には以下のような内容を扱う予定です (変更される可能性があります)。 systemd を用いた Rails アプリケーションの起動について Web アプリケーションサーバとHTTP サーバの実装モデルについて サーバ上における簡単なパフォーマンスモニタリングについて RDBMS の仕組みと実践的なクエリチューニングについて Nginx の設定とチューニングについて アプリケーションサーバのスケールアウトについて キャッシュの種類と導入について それぞれの効果を実感できるよう、何らかの形でベンチマークできる環境を用意する予定です。 実習にあたり使用する AWS (Amazon Web Services) 環境についてはクックパッド側で用意します。 講師 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui インフラストラクチャー部 部長 星 北斗 Site Reliability Engineer。 Web サービスのインフラ設計・構築・運用やサービス・オフィス問わずセキュリティ領域全般に携わる。 クックパッド株式会社には2010年より学生アルバイトとして、2013年に新卒として入社。AWS とログが好き。 Twitter: @kani_b Github: @kanny インフラストラクチャー部 SRE グループ 吉川 竜太 クックパッド株式会社の Site Reliability Engineer。18 歳の頃より大学に通いながらインフラ構築・運用専門の会社で様々な条件・規模のシステム設計・構築・運用を 6 年間に渡り経験。2017 年からクックパッド株式会社にて、アプリケーションレイヤでのチューニングやミドルウェア開発など、サイトの信頼性に関わる全てのレイヤを責任範囲としている。 Twitter: @rrreeeyyy Github: @rrreeeyyy タイムスケジュール 時間 内容 09:45 受付開始 10:00 イベント開始 12:00 昼食 13:00 午後の部開始 18:00 懇親会(軽食をご用意します) 19:00 終了 昼食は各自ご自由にお取りください。会場内に持ち込むことが出来かねますのでご了承ください。 会場 場所:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口 住所:愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル アクセス:名古屋駅から徒歩5分 会場には電源とインターネット接続可能な Wi-Fi をご用意します。 持ち物・事前準備 macOS 10.12 (Sierra) 以降が動く Mac もしくは Ubuntu 16.04 LTS が動く PC (仮想環境も可) 電源アダプタ 筆記用具 Slack ※今回、イベント中にSlackを利用します。応募期間終了後、ご記入いただいたメールアドレス宛に招待メールをお送りします。事前に招待メールが届いているか確認の上、ご連絡ください。 個人情報について ご応募時にご記入いただいた情報は今回のイベントのご連絡をさせていただくために利用します。 個人情報の取扱いについてをご確認ください。 本イベントに関してのお問い合わせ 本イベントに関する事前準備や、当日の連絡などございましたら、クックパッド新卒採用担当宛([email protected])にご連絡ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech クックパッド株式会社について 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営している会社です。1998年3月にサービス開始し、現在投稿レシピ数は270万品以上、月間約6000万人にご利用いただいています。 クックパッド株式会社 会社概要

5/27 (日)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 イベント内容 イラストコミュニケーションサービスpixivをはじめとするサービス開発で培われてきた画像配信を中心に、ピクシブ、そしてImageFluxのインフラ基盤について次のようなトピックをご紹介します。 画像配信のスケールアウト/スケールアップ ImageFluxはなぜ生まれたのか ImageFluxの画像変換技術 また、後半のハンズオンでは、実際のImageFluxにふれていただき、どれだけ簡単に画像を利用することができるようになったのかを体験していただきます。 こんな人におすすめです Webサービスのインフラ技術に興味のある方 Webサービスにおいてどういう画像変換が行われているのか知りたい方 いわゆるインフラエンジニアと呼ばれている人が何をしているのか気になる方 ImageFluxとは ImageFluxは、1枚の画像をもとに画像の拡大縮小、切り抜き、合成などによりデバイスに最適化された画像を簡単に生成し、高速かつ高品質で配信するクラウドサービスです。 アプリケーションの開発で必ず必要になる画像の配信部分を長年画像配信を続けてきた株式会社ピクシブの技術を利用してSaaSで利用できるようにしています。画像を配信する際には画像サイズをURLで指定することができ、画像変換にかかる開発コストを削減することが可能です。 ImageFlux概要図 参考: ImageFlux 画像の価値は上がったのに、技術は10年前から変わっていない ─ ImageFluxで描く画像変換の世界(前編) タイムスケジュール 時間 内容 14:45 開場 15:00 イベント開始 15:15 会社説明(ピクシブ様) 15:30 ImageFluxについての講演 16:30 ImageFluxのハンズオン 17:00 懇親会 + LT 18:30 クロージング&撤収 LT内容 LTのテーマは自由です!ふるってご応募ください。 おひとり様5分以内でお願いします! 登壇者 タイトル くぅ - kuxu Booth で販売している同人誌を商業出版してみた hiww リソースの無駄遣いをしてみた KageShiron Re:WSLで始める快適Linux生活 @ジュジュ Dockerfileの書き方を伝えたい 会場 会場:クリエイトベース金山 住所: 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山一丁目14番16号 トキワビル8F アクセス:金山駅から徒歩3分 持ち物 PC (Windows, Mac, Linux) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はございません。譲り合ってご利用いただければ幸いです。) OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ピクシブ株式会社について ピクシブ株式会社は「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」をスローガンに2005年に設立された会社です。2007年にローンチされたpixivをはじめとして、世界中のクリエイターがファンと身近に触れ合えて、もっと便利な創作活動ができるような場の提供をしています。 会社情報 https://www.pixiv.co.jp/

4/14 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
NVIDIA社のGPUとツールを使って、機械学習を体験してみよう!
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※ 学生限定のイベントです。社会人の方は参加できません。 ※ 16歳未満の方のイベント参加には、保護者の同意が必要です。 機械学習ハンズオン! 今回は機械学習で有名なNVIDIA様の機械学習のための学習コンテンツを使って、機械学習のハンズオンを行います! 普段は有料のコンテンツですが、NVIDIA様のご協力により、今回は無料で使用することができます! また、NVIDIAの社員さんも来ていただけるので、普段聞けないような珍しい話も聞けるかも!? 今回のイベントは機械学習に関する知識がなくても参加でき、楽しんでいただける内容となっています。 具体的なテーマはこの2本立て! 0から9までの手書きの文字画像を画像分類! ある画像の中の物体がどこにあるかを認識! 本イベントのハンズオンは講義形式で行います。ハンズオン中、分からないことがあったらNVIDIAの社員さんもサポートします。 「ディープラーニングって何?」「機械学習って、具体的に何をするか分からない・・・」という方は是非! タイムスケジュール 時間 内容 12:45 開場 13:00 開会のあいさつ 13:15 会社説明(NVIDIA様) 13:30 機械学習・ディープラーニングとは? 14:00 ハンズオン01:DIGITS によるディープラーニング画像分類 15:30 休憩 15:45 ハンズオン02:DIGITS による物体検出入門 17:15 懇親会 18:15 クロージング 18:30 撤収 会場 会場:中部大学 名古屋キャンパス 505講義室 住所: 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-14-22 アクセス:JR中央本線「鶴舞」から徒歩5分      地下鉄「鶴舞」から徒歩5分 持ち物と注意事項 PC (WIndows,Linux,Mac可)、Wi-Fiに接続できるPCであれば何でもOK!GPUは必要ありません。 Google Chrome または FireFox の最新版をインストールしてください。(Internet Explorer では正常にハンズオンが動作しません) アンチウィルス ソフトウェアのリアルタイム保護機能を無効化してください。(リアルタイム保護が有効の場合、ハンズオンラボに支障を来した事例が複数あります) 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech