面川泰明 (@omokawa_yasu)


参加する勉強会

8/27 (木)

418cd86103b6a1d3d1e23a27be335f84 株式会社ミクシィ
様々なカスタマーサポートの課題を技術で解決する勉強会
※本イベントはオンライン開催となります。 ※参加方法は後日こちらのconnpass経由でお知らせいたします。 ※質問等も受付ながらのインタラクティブなコミュニケーションができるようにする予定ですので、是非、ライブでご参加ください。 『Customer Support Tech Meetup』とは? カスタマーサポート(CS)の現場には、プロダクトやサービスの内容によって異なる様々な課題があり、各社が個々に解決に取り組んでいます。しかし現場は違えど、共通の課題は多いかもしれません。 最近耳にする機会が増えてきた「CRE」は、ユーザーに寄り添いながら技術でCS課題を解決するエンジニアロールです。 Customer Support Tech Meetup では「CREがどのようにしてCS課題を解決しているのか?」その最新情報を事例とともにご紹介します。参加者の皆様にとってこのイベントが知見共有や情報交換のきっかけになれば幸いです。 今回はミクシィCREの事例に加え、ミクシィ健全化チームから、エンジニアでないCSメンバーが不正対策に技術を活用している事例をご紹介します。さらに、第1回でご好評をいただきましたカラクリ株式会社様の事例に加え、今回はトレジャーデータ株式会社様からも事例をご紹介します。 前回のアーカイブはこちら https://youtu.be/9MlUJ27Z86A タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 19:00-19:05 オープニング ミクシィCSとCREのご紹介 ミクシィ豊川 弘樹 19:05-19:20 『激録!!密着 健全化24時!! ~ CREとの関わり方 ~』 ミクシィ戸谷 栄一 19:25-19:40 『管理ツール開発は問い合わせ対応のためだけではない!チート対策のための管理ツール開発とは』 ミクシィ上埜 かおり 19:45-20:00 急増中のVoCをリアルタイムで検出!次世代のCSに不可欠なトレンドアラート カラクリ吉田 雄紀 20:00-20:10 休憩 20:10-20:25 『問い合わせ対応のデータを宝の山にするために』 ミクシィ本間 光宣 20:30-20:45 『サポートエンジニア とカスタマーサクセスによるプロアクティブなコミニュケーションを加速させるCSダッシュボード作り』 トレジャーデータ佐藤 功基 20:50-21:05 『CSスタッフの能力を最大限に引き出すための3つの工夫』 ミクシィ橋本 淳 21:05 クロージング ご挨拶 ミクシィ豊川 弘樹 セッション概要 『激録!!密着 健全化24時!! ~ CREとの関わり方 ~』 健全化としての問題点や課題を解決していくために、どのようにCREと関わってきたか。また、CREと関わることのメリットなどを非エンジニア側からお話しできればと思います。 株式会社ミクシィ 健全化チーム / 戸谷 栄一 『管理ツール開発は問い合わせ対応のためだけではない! チート対策のための管理ツール開発とは』 ミクシィではユーザに安心してサービスを利用していただくために、不正な使い方をしているユーザがいないか巡回し悪質な場合は利用を制限して、健全なサービスを維持しています。CREでは、カスタマーサポートだけでなく、サービスの健全化に必要な機能も開発しております。今回は健全化対応のためのツールをどのように開発しているかと、現状の課題・今後の展望についてお話ししたいと思います。 株式会社ミクシィ CREグループ / 上埜 かおり 急増中のVoCをリアルタイムで検出!次世代のCSに不可欠なトレンドアラート カスタマーサポートの問い合わせを、サービス改善の資産に変える施策をご紹介します。 カスタマーから寄せられる問い合わせは、サービスのボトルネック発見のためのネタの宝庫です。 システム監視で見落とされる不具合の発見、世の中のトレンドの変化による思わぬ利用方法の増加によるサービス価値の発見や、ときにはサービス価値の毀損につながる発見など、今までの仕組みでは発見できなかった顧客のニーズの可視化をしてCSからサービス強化の支援をしていきましょう。 カラクリ株式会社 テックリード / 吉田 雄紀 『問い合わせ対応のデータを宝の山にするために』 日々蓄積される問い合わせ対応のデータは将来活用することで大きな価値を生むことができる大切なデータです。 しかし、データの管理方法によっては活用したいと思った時にあまり活用できないデータになってしまう可能性があります。 今回はCSで機械学習を利用した経験を基に、どのようなデータを保管しておくと将来活用することができるのかについてお話します。 株式会社ミクシィ CREグループ / 本間 光宣 ( @mitsu9 ) 『サポートエンジニア とカスタマーサクセスによる プロアクティブなコミニュケーションを加速させるCSダッシュボード作り』 弊社Treasure Dataでは私たち自身がTreasureDataを活用し、データを用いてカスタマーサクセスチームのための顧客の利用傾向分析に役立てる試みをしています。 私たちがどのようにデータパイプライン構築を行い、サポートエンジニアリングチームとしてどのようにカスタマーサクセスチームを支えているかを紹介します。 トレジャーデータ株式会社 / 佐藤 功基 ( @kohki1234 ) 『CSスタッフの能力を最大限に引き出すための3つの工夫』 前回のMeetupでは、「一人ひとりに寄り添った対応」を目指し、新たなCRMツール開発のプロセスをご紹介しました。 今年度に入ってからは、さらなるツールの機能追加を通じ、CSスタッフの能力を引き出すための新たなワークフローの導入を進めてきました。 本発表では、その中から3つの取組みについてピックアップし、事例を交えつつご紹介します。 株式会社ミクシィ CREグループ / 橋本 淳 ( @hashijun ) ゲスト・スピーカー 企業紹介 カラクリ株式会社 2016年に創業したAIスタートアップ。2018年のICCサミット「スタートアップ・カタパルト」では4位に入賞し、2020年には「Google for Startups Accelerator 」に採択される。「今までにないカラクリで世の中を豊かに」をミッションに、カスタマーサポート業務に特化した事業開発やAIソリューションを提供。正答率95%保証のAIチャットボット「KARAKURI chatbot」やFAQページを自動生成・最適化するAI「KARAKURI smartFAQ」等のサービスを提供し、CS業務の人手不足解消や顧客ロイヤリティ向上に寄与している。 トレジャーデータ株式会社 世界はかつてない程にリアルタイムでダイナミックに変化しています。意思決定に必要なデータの量は指数関数的なペースで増大しており、この新しいデジタルビジネスの時代において、Treasure Dataの何百社ものお客様は、増え続けるデータから新しい使い方や価値を生み出し、すでに様々な形でビジネスを変えつつあります。 Treasure Dataはデータドリブンビジネスを推進するために、必要なプラットフォームを提供しています。 企業における誰もが、サイロ化されたデータを”簡単に収集”、”一元管理”、”素早く分析”、”施策に連携”できるデータマネージメントプラットフォームを私たちは提供しています。 アンチハラスメントポリシー 全ての参加者が技術共有/交流に集中できる様、以下のようなハラスメント行為はご遠慮ください。該当する行為が発覚した場合、NGユーザーの登録などを行う可能性があります。 性差、性同一性と表現、性的指向、障害、外見や身体的特徴、人種、宗教、公共な場での性的な画像や類する表現、脅迫、つきまとい、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、およびそれらに関連した不快な言動 万が一、ハラスメント行為を見聞きした場合は、connpass上から「イベントへのお問い合わせ」でご連絡いただけますと幸いです。


過去の勉強会

11/3 (日)

34dfa58d86a43a33fc3dcbb96f28eef1 yapcjapan
YAPC::Nagoya::Tiny 2019 の懇親会の参加募集を開始しました! ゲスト・スピーカー・スポンサー・スタッフ・参加者とともに飲みましょう! チケット購入に関する注意事項 本懇親会へのご参加は、原則として YAPC::Nagoya::Tiny 2019 のチケットをお持ちの方のみとさせていただきます。 枚数に限りがありますのでご注意ください。 学生の方は参加無料となります(学生チケットをご購入ください)。学生証を拝見させていただきます。お持ちでない場合、入場をお断りさせていただく可能性があります。 その他の注意事項 お車を運転する方の飲酒提供はお断りさせて頂きますので予めご了承ください。

34dfa58d86a43a33fc3dcbb96f28eef1 yapcjapan
YAPC::Japanが名古屋に初登場! 2016年から北海道、大阪、福岡、沖縄、東京で開催してきたYAPC::JapanがTinyとなって名古屋に登場です! YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で草の根的に始まったPerlのカンファレンスです。私達YAPC::Japanは一般社団法人JPAが主催する、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。 Perlだけにとどまらない多様な分野のトークセッションを通じ、情報交換や交流を行っていただくことで、JPAのミッションである「日本におけるPerlコミュニティを脈々と続くものとして」盛り上げていくことが目標です。 ☆ 懇親会についても開催を予定しております。詳細が決まり次第、順次お知らせいたします。 【運営】一般社団法人Japan Perl Association 公式サイト 懇親会申し込み https://yapcjapan.connpass.com/event/151828/ LT募集 LT募集を開始しました。LT募集フォームからご応募ください。 ゲストスピーカー 伊奈 林太郎 伊奈 林太郎(いな・りんたろう) 京都大学大学院情報学研究科修了。日本学術振興会特別研究員を経て、2013年株式会社はてな入社。2015年よりテックリードとして「はてなブックマーク」リニューアルプロジェクトを主導する。 YAPC::Nagoya::Tiny 2019のゲストに、株式会社はてな から伊奈 林太郎氏をお迎えいたします! はてなブックマークがScalaを使ってリニューアルされたのはみなさんご存知でしょうか? 開発言語の置き換えを始めたという話はよく聞きますが、置き換えた、という話はほとんど聞きません。 そんな中リニューアルプロジェクトを主導された伊奈 林太郎氏をお呼びしてお話していただきます。 タイトルは「10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方」です! スポンサー スポンサーメニュー スポンサーお申し込みフォーム スケジュール 20分もしくは40分枠のトーク 5分枠のLT を予定しています 時間 内容 発表者 10:30 開場 11:00-11:10 開会の挨拶 11:10-11:30 PerlウェブサービスにDocker, ECS, CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう Windymelt 11:35-11:55 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 hkoba 12:00-12:20 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; Dan Kogai 12:20-13:30 昼休憩 - 13:30-13:50 Makefile生活 azumakuniyuki 13:55-14:35 10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方 ゲスト: 伊奈 林太郎 14:35-14:45 休憩 - 14:45-15:05 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ うたがわきき 15:10-15:50 40分で学ぶPerl入門 木本裕紀 15:55-16:15 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて ybrliiu 16:15-16:25 休憩 - 16:25-16:45 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 hitode909 16:50-17:30 2019年のらくらくPerl6入門 八雲アナグラ 17:35-17:55 LT - 18:00-18:10 クロージング トーク内容 PerlウェブサービスにDocker,ECS,CDKを導入して開発に集中できる環境作りをしよう / Windymelt はてなで開発しているマンガビューワ(GigaViewer)にDocker,ECS,CDKを導入していった手順を共有します。 お手元のPerlアプリケーションの環境構築に時間がかかったり,チーム内で環境を揃えるのに困っていませんか。 このトークを聴くことで,お手元のPerlアプリケーションの環境構築が職種を問わず簡潔に行えるようになり,AWSの各種サービスとの統合も簡単になります。 秘伝の開発サーバをコツコツと壊さないようにいじっていませんか。 このトークを聴くことで,検証環境を1コマンドでデプロイできるようになり、実行の記録もAWSのCloudwatch LogsやX-Rayといったグッズを使って眺められるようになります。 スキマ時間でも大丈夫! [このトークのゴール] * Perlで書かれたWebアプリケーションをDocker化し,チームの負荷を軽減できるようになる * WorkerManager/TheSchwartzといったジョブキューをECSで動かし,X-Rayで動作を追跡できるようになる * CDKを用いて多要素からなるインフラストラクチャををコード化し,実験環境を素早く作れるようになる [想定聴衆] * 開発環境が古びている人 * 手元の開発を楽にしたい人 * チーム開発の環境構築が大変な人 Rust に入門したくて!libperl を bindgen して Perl の ASTを舐め始めた話 / hkoba 皆さんは、日常の業務で使うプログラミング言語と、 技術者界隈の流行のギャップに悩むことって、ありませんか? 私も仕事では主に Perl のコードを書き保守していますが、 ニュースやツイッターに流れる『学ぶべきでない言語ランキング』的なものに心を痛める毎日です。 そんな私ですが、 Rust なら * 自前の GC を持たない分、既存の C言語ベースのライブラリ群と組合せやすいらしい、 * 特に bindgen というツール兼ライブラリを使えば、C言語で書かれた関数を叩くための Rust の型宣言のコード(FFI bindings)を自動で作ってくれるらしい と知りました。 それなら、Perl の実行時エンジンである libperl を bindgen してみたらどうなるかしら? Rust を勉強する入り口にもなるし… そうして今夏に書き始めたライブラリが libperl-rs です。まだ Proof-of-Concept レベルですが、現段階で Perl 5.22〜5.30 (thread 有り/なし) の binding を 生成できています。 このトークでは、Rust 未経験者だった私が Rust に入門する時に辿ったプロセスを 一つの具体例として紹介します。それを通して、これから Rust に入門しようか 迷っている方の背中を押すことが出来ればと考えています。 想定する視聴層は - Rust は興味が有るけれど、使い始める理由・切っ掛けを探している 方々です。 C 言語で書かれたライブラリーや動的言語の内部実装に多少の知識が有る方が、楽しいかもしれません。 あと Perl の内部実装の話が好きな人にもウケるかもしれません。 逆に - Rust の歴史やより良い使い方について、最新の正確な話が知りたい方 には不向きな話になるでしょう。 (my$name="Perl 6")~~s/Perl\s*6/Raku/; / Dan Kogai というわけで Perl 6 は Perl ではなくなり、Perl 5がただのPerlとなることとあいなりましたが[^0]、そうなるとどうなるかをトーク時間いっぱい考察します。 * @TimToady「今、楽にしてやる」 * YAPCからYARCがフォーク? * ラクダは楽だがRakuは落下? * Python 3 の災難 * 他 [^0]: https://github.com/perl6/problem-solving/pull/89 Makefile生活 / azumakuniyuki 信頼と実績、歴史と伝統に裏打ちされたMakefileは現代でも、そしてコンパイル以外でも充分に活躍できる枯れた技術です。長いコマンドをたくさんの引数とともに書いておく、複数のコマンドをまとめてmakeコマンド一発で実行できるようにする、などのタスクランナーとしての用途やタスクの自動化、特にディレクトリの位置に依存した処理の効率化においては一日の長があります。 本演目では$HOMEやリポジトリ、サーバの特定ディレクトリで使うMakefileで便利な用例を、演者が実際に使っているMakefileをとりあげて紹介します。 他言語ユーザから見たPerlのおもしろさ / うたがわきき 私はふだんPythonを書いているのですが、このたび業務でPerlを書くこととなりました。このトークでは、業務でPerlを書くにあたって気になったこと、おもしろかったことについて、主にPythonとの比較を交えつつお話しします。 例として以下のようなトピックを取り上げる予定です: - Perlのデータ構造とリファレンス - サブルーチンとbless - DESTROYメソッド - CPANというエコシステム 40分で学ぶPerl入門 / 木本裕紀 Perlを知らない人向けと、Perlを学び始めて少したった人向けの Perlの入門的な内容をトークします。 Perlを知らない方向けに 正規表現 フィルタプログラミング ワンライナー Linuxコマンドとの組み合わせ Perlを学び始めて少したった人向けに パッケージ オブジェクト指向 CPANリリース方法 を40分を前半・後半に分けて、20分づつ、お話します。 Perlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて / ybrliiu Perlでは他の言語と比べ、言語の柔軟性や文化的により動的にモジュールロードされることが多いと思います。 動的なモジュールロードは拡張性や実装の手間と言った面で多大な恩恵をもたらしますが、それと引き換えに様々なデメリットももたらします。 このトークでは、そういったPerlにおける動的なモジュールロードのメリットとデメリットについて発表します。 また、どういうときに動的なモジュールロードを行うといいか、動的なモジュールロードを行わず実装するにはどうすればいいのかについても触れます。 似ているけどちょっと違うものたちをモデリングする技術 / hitode909 はてなマンガチームで開発しているGigaViewerは、マルチテナント型アーキテクチャを採用しており、複数の漫画サイトのコードベースを共通化して、集約して開発しつつも、柔軟なカスタマイズを可能にしているプロダクトです。 本発表では、GigaViewerで配信しているサイト同士の微妙な差異=似ているけどちょっと違うものたち、をどのようにモデリングしてきたか、について語ります。 * アジェンダ - 似ているけどちょっと違うものたちの紹介 -- 無料のマンガ配信だけのサイトから、ユーザー登録、課金のあるサイトまで -- 現状の構成や、検討したけど採用しなかった設計の紹介 - 似ているけどちょっと違うものたちに立ち向かうための設計 -- サイトごとの差異を前提としたネームスペース -- 重要なオブジェクトをみつけて知識を集約する - サイトごとの機能リストを宣言し、ありとあらゆることに使う -- 画面の出し分けに利用する -- メソッド呼び出し時の権限チェックに利用する -- ルーティングにも利用する -- フィーチャートグルとの関係性 - 似ているけどちょっと違うものがある前提の暮らし -- パターン集をドキュメント化する -- ループを避け、ルールベースで共通化する -- 値置き場を定義ファイルに追い出す - 困っていることを紹介して会場の識者の皆様にアドバイスを頂くコーナー -- 困りごとベスト3を共有する * この発表のゴール - 似ているけどちょっと違うものたちに対面したときにうろたえなくなる - 似ているけどちょっと違うものに立ち向かうためのリファクタリングができるようになる 2019年のらくらくPerl6入門 / 八雲アナグラ このトークではPerl6の歴史を含めた基礎から現在の最新情報、そして実際にプログラムを書いて見るにはどうしたらいいのかについてお話します。 Perl6を勉強するにはどうしたら良いのか、実際にプログラムを書くには何が良いのか、そしてPerl6自体はどのように作られているのか、海外では? などなど、Perl6の様々な話題を勢いで話していこうと思いますので、あなたとPerl6今すぐダウンロード! ## アジェンダ(仮) - Perl6とは - 書籍情報 - Perl6の歴史 - Perl6の実行方法 - Perl6とOOP - モジュールとPerl6 - WebAppをPerl6で - Perl6の海外の動向 - Perl6そのものの構成 注意事項 受付にてconnpassの受付票をご提示ください 行動規範(CoC)を遵守してください