nk-tamago (@nk_tamago)


参加する勉強会



過去の勉強会

4/12 (金)

8f09eea256d390183d97bdc465548f78 Mobile Act
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 Mobile Act NAGOYA の第 15 回を開催いたします。 Mobile Act NAGOYA はフェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会です。 平成最後の Mobile Act NAGOYA です。(このキーワードを使いたかった!) 4月という新たな節目を迎え、新しい情報の共有や、目標や成果の発表などしてみませんか ? いろいろな情報を LT (募集4名) 形式で発表、後半は懇親会という構成としたいと思います。 後半の懇親会のみの参加も!! LT の前に フェンリル東京支社のメンバーよりクロスプラットフォームに関してのお話をさせていただこうと思っております。 詳細は随時更新させていただきます。 ご興味のある方は是非参加してください。 懇親会ではアルコールも提供いたしますが、未成年の方はご遠慮ください。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前に入場されますと、ベースキャンプ名古屋の利用料がかかりますのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 開場/受付開始 19:25 挨拶 19:30 フェンリルメンバー 発表 19:50 LT 発表 (4名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 LT 発表内容(発表順) 発表者 発表内容 むらやま Androidアプリのリファクタリングで大変だったこと Tiny Mouse 蔵書管理アプリを作っています 1coin 未定 warumonogakari あたらしいメンバと たのしくコミュニケーションを とってみよう 懇親会 軽食(ピザ、寿司やお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!(フェンリル株式会社からの提供です)。 開催履歴 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 第 5 回 [connpass] 第 6 回 [connpass] 第 7 回 [connpass] 第 8 回 [connpass] 第 9 回 [connpass] 第 10 回 [connpass] 第 11 回 [connpass] 第 12 回 [connpass] 第 13 回 [connpass] 第 14 回 [connpass]

3/18 (月)

概要 エンジニアリングマネージャ、エンジニアのマネージメントというと、どういったことを思い浮かべるでしょうか? わたしの知る限り定見はなく、会社や人それぞれでノウハウや工夫、そして悩みがあるのではないかとおもいます。 本イベントでは、エンジニアリングマネージャや、エンジニアのマネージメントに関わっている方、これからマネージャになるかもな方など、エンジニアリングマネージャとその周辺について関心のある方々が語り合い、知見や悩みを共有できる場をめざします。 調子がよければEngineering Manager Meetupの名古屋支部みたいものを目指せたらとおもっています(まずは月一でなにかしらのイベントをしてみる) 今回のお悩み相談会では、臨床心理学の事例検討の場で使われている PCAGIPという手法を活用していきます。 PCAGIPについては、お悩み相談・事例検討のススメをご参照ください。職場でのお悩み相談、今話題の 1on1 にでも活用・お持ち帰りできる手法だとおもっています。 こんなことにお悩みなかたに メンバーであるエンジニアにどう接したらよいか、よりよく接するにはどうしたらよいか より上位のマネジメント層に働きかけるにはどうしたらよいか 社内ルールが展開されようとしているが、どうみても現場とあわず人知れず悩んでいる 著作権など知的財産権や、安全保障貿易・個人情報保護など法律と、現場での運用にかかわる悩み キャリア形成、あなた自身の課題は?、あなたは何をする人ですか? といわれて。。もやもやしている、手本となるロールモデルが身近にいない タイムスケジュール 19:10 開場  19:30 相談会開始  21:30 相談会終了  21:30 (希望者のみ)食事しつつ座談会/近場で 場所 フェンリル名古屋支社 〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉 1-21-27 泉ファーストスクエア4F  ※ご厚意でお借りすることができました。ありがとうございます > フェンリルさま 金額 200円(お茶とお菓子(飴))代として) 最小決行人数 1人 ファシリテーター かとうひろし 妻の批判はアドバイスをモットーとする 認定スクラムマスター(CSM)。 2年後によりよい開発体験を促すひとをめざして修行中。 Management3.0ワークショップセミナーを受講し実際に開発業務にも適用しています。 Twitter: @warumonogakari Qiita:https://qiita.com/warumonogakari Slideshare:https://www.slideshare.net/warumonogakari/ Management3.0ブログ: feedback wrapとは…?

3/15 (金)

1aa54cc756acd622a04d16bab9e09599 実践Scala入門読書会in名古屋
WebAPIを開発しながらまなんでいきます。
実践Scala入門を読んで、モブプログラミングでWebAPIをつくってみよう! 実践Scala入門 をみんなで読んでつかってみようという読書会です。 みんなでモブプログラミングをしながら、WebAPIを開発します。 毎回GitHubで共有しながらすすめていきます。 コードを普段かかないよーっていう人でも大丈夫です。やさしくまわりの人がサポートしあいながらすすめます。 今回の範囲 1章 Scalaひとめぐり、6章 Scalaプロジェクトのビルド 2章 Scalaの基礎 : ←対象範囲 3章 Option/Either/Tryによるエラー処理 4章 コレクション 5章 並行プログラミング 7章 ユニットテスト 8章 知っておきたい応用的な構文、9章 よりよいコーディングを目指して は適宜よみながらすすめていきます。 すすめかた 18:45 - 開場 19:00 - 19:05 自己紹介 19:05 - 19:10 環境構築 19:10 - 20:00 よみながらモブプログラミング 20:00 - 20:10 休憩 20:10 - 20:50 よみながらモブプログラミング 20:50 - 21:00 コード共有 21:00 - 21:10 撤収 対象者 Scalaわかってみたいという気持ちがあればOKです! Scala全然わからない => OK Scalaわかる => OK 書籍について意見を交わしたい => OK 初心者に対してマウンティングしたい => NG 書籍紹介引用 本書は、Scalaの言語仕様、そしてエコシステムを解説するScala入門書の決定版です。 基本的な構文からはじまり、Scalaに特徴的なOption、Eitherといった型によるNull安全なプログラミング、 for式などの強力な機能を伴うコレクション操作、Futureを使った並行プログラミングなどの 各種言語機能を学べるほか、Scalaでは事実上の標準となっているビルドシステムsbtの使い方や テストといった現場での開発に必須の知識も身につく、Scalaプログラマ必携の一冊です。

2/12 (火)

87679caf6bf95c06709a3941c272e927 ふりかえり実践会
概要 カイゼンを行うなかで、とても重要なのが「ふりかえり」です。 働くなかで、日々のふりかえりや、アジャイル/スクラムチームのなかでのふりかえり、また、節目ごとに皆で行うふりかえりなど、様々な場面でふりかえりを行うことがある方も多いと思います。 このワークショップでは、チームで行う短期間でのふりかえり/レトロスペクティブについて、効果的なふりかえりの進め方をワークショップ形式で学びます。 様々なアクティビティを通して、ふりかえりの楽しさを知っていただければ幸いです。 ・普段のふりかえりがうまくいっていない ・いいアイデアが出てこない ・ふりかえりがマンネリ化している といったお悩みを抱えている方にオススメです。 学べること ふりかえりの目的 ふりかえりの事前準備(場作り) ふりかえりの流れ ふりかえりの各種アクティビティ タイムスケジュール 18:30 開場 19:00 ワークショップスタート 21:30 ワークショップ終了 21:30 (希望者のみ)食事しつつ座談会/近場で 最少決行人数 3人 場所 マネジメントソリューションズ 名古屋市中村区名駅南1-24-20 名古屋三井ビルディング新館7F 入口にて入館のための紙を記入いただきます。 ★会場提供ありがとうございます★ ファシリテーター 森一樹 Facebook: https://www.facebook.com/kazuki.mori.12 Twitter: @viva_tweet_x Qiita:https://qiita.com/viva_tweet_x Speakerdeck:https://speakerdeck.com/viva_tweet_x チームファシリテーター。ふりかえりの伝道師。 チームに関すること(チームビルディング/ふりかえり/カンバン/ファシリテーションetc)を社内外に推進しています。 個人・企業向けにチームに関する相談やワークショップも実施しております。お気軽にご相談ください。 技術書典5にて「ふりかえり読本」を発行しています。

2/8 (金)

1aa54cc756acd622a04d16bab9e09599 実践Scala入門読書会in名古屋
WebAPIを開発しながらまなんでいきます。
実践Scala入門を読んで、モブプログラミングでWebAPIをつくってみよう! 実践Scala入門 をみんなで読んでつかってみようという読書会です。 みんなでモブプログラミングをしながら、WebAPIを開発します。 毎回GitHubで共有しながらすすめていきます。 コードを普段かかないよーっていう人でも大丈夫です。やさしくまわりの人がサポートしあいながらすすめます。 今回の範囲 1章 Scalaひとめぐり、6章 Scalaプロジェクトのビルド 2章 Scalaの基礎 : ←対象範囲 3章 Option/Either/Tryによるエラー処理 4章 コレクション 5章 並行プログラミング 7章 ユニットテスト 8章 知っておきたい応用的な構文、9章 よりよいコーディングを目指して は適宜よみながらすすめていきます。 すすめかた 18:45 - 開場 19:00 - 19:05 自己紹介 19:05 - 19:10 環境構築 19:10 - 20:00 よみながらモブプログラミング 20:00 - 20:10 休憩 20:10 - 20:50 よみながらモブプログラミング 20:50 - 21:00 コード共有 21:00 - 21:10 撤収 対象者 Scalaわかってみたいという気持ちがあればOKです! Scala全然わからない => OK Scalaわかる => OK 書籍について意見を交わしたい => OK 初心者に対してマウンティングしたい => NG 書籍紹介引用 本書は、Scalaの言語仕様、そしてエコシステムを解説するScala入門書の決定版です。 基本的な構文からはじまり、Scalaに特徴的なOption、Eitherといった型によるNull安全なプログラミング、 for式などの強力な機能を伴うコレクション操作、Futureを使った並行プログラミングなどの 各種言語機能を学べるほか、Scalaでは事実上の標準となっているビルドシステムsbtの使い方や テストといった現場での開発に必須の知識も身につく、Scalaプログラマ必携の一冊です。