mzp (@mzp)


参加する勉強会

10/25 (水)

概要 Martin-Loefの型理論とか勉強しましょう。 第2回は Cohen et al., Cubical Type Theory: a constructive interpretation of the univalence axiom https://arxiv.org/abs/1611.02108 を参考にcubical type theoryをやります。以下の実装も触る予定です。 https://github.com/mortberg/cubicaltt 計画 第一回 intensional / extensional type theory 第二回 cubical type theory 第三回 observational type theory

11/15 (水)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は「6.3.3 負債の継承」から読みます どの程度進むか見通せていません 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います おもしろそうな問があれば解いていきます 道草先の要望をぜひください。お願いします。 事前準備 事前に読み進め、疑問点・不明点を持ってきてくれると嬉しいです。 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです)。 タイムスケジュール 18:45ころ 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は食事禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート よんたの演習回答


過去の勉強会

10/10 (火)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は6章から読みます どの程度進むか見通せていません 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います おもしろそうな問があれば解いていきます 道草先の要望をぜひください。お願いします。 事前準備 事前に読み進め、疑問点・不明点を持ってきてくれると嬉しいです。 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです)。 タイムスケジュール 18:45ころ 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は食事禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート よんたの演習回答

10/5 (木)

概要 Martin-Loefの型理論とか勉強しましょう。 第一回は Hofmann, "Extensional concepts in intensional type theory" http://www.lfcs.inf.ed.ac.uk/reports/95/ECS-LFCS-95-327/ を参考にしつつ、intensional / extensional type theoryのコア部分をやります。 動く実装があればそれも試すかも 計画 第一回 intensional / extensional type theory 第二回 observational type theory 第三回 cubical type theory

9/8 (金)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は25章から読みます どの程度進むか見通せていません 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います おもしろそうな問があれば解いていきます 道草先の要望をぜひください。お願いします。 事前準備 事前に読み進め、疑問点・不明点を持ってきてくれると嬉しいです。 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです)。 タイムスケジュール 18:45ころ 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は食事禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート よんたの演習回答

8/11 (金)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
2017年8月7日 応募者多数のため、本イベントの申込受付を終了させていただきました。 Misoca社への転職にご興味がある方は、別途個別にお時間設けさせていただきますので、 下記フォームよりお申し込みください。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSce2Cn-d-XUi9NqEyFRX3eZNd10OIiRzllXdAqFC_znN0Y2yw/viewform ーーーーー Misocaへの転職に興味がある方向けの個別の会社説明イベントです。 気軽な気持ちでご参加ください。 (10:00~19:00 のうち 1時間程度の時間をお選びください) 代表の豊吉や執行役員の奥村と、リモートワーク・アジャイル開発など、Misocaの文化について聞きに来てみませんか? 応募フォーム ※本ページよりお申し込みいただいてもお申し込み完了にはなりませんのでご注意ください。 応募は下記フォームよりお願いいたします。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSce2Cn-d-XUi9NqEyFRX3eZNd10OIiRzllXdAqFC_znN0Y2yw/viewform 対象 ・転職を考えている ・名古屋で働きたい ・転職はまだ考えていないがMisocaに興味がある Misocaメンバーと面識のある方、以前ご応募いただいたことのある方は、別の日時を設定させていただきますので、お手数ですが採用ページ( https://recruit.misoca.jp/ )よりお申し込みください。 今募集している職種 エンジニア https://recruit.misoca.jp/engineer/ UI/UXデザイナー https://recruit.misoca.jp/uiux/ Webデザイナー https://recruit.misoca.jp/webdesigner/ 募集枠 8月11日(金・祝) 10:00〜10:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 11:00〜11:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 12:00〜12:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 13:00〜13:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 14:00〜14:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 15:00〜15:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 16:00〜16:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 17:00〜17:55(担当:豊吉・奥村) 8月11日(金・祝) 18:00〜18:55(担当:豊吉・奥村) 内容 オフィスに来ていただき、オフィスを見学していただいた後、お話しいたします。 ざっくばらんに聞いていただき、Misocaで働くことのイメージが具体的になれば嬉しいです。 ご案内 会場のオフィスビル2Fに到着しましたら、エレベーター正面の弥生・Misocaの受付スペースにお入りいただき、受付電話にてお呼びください。

8/10 (木)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は2.2章から4章くらいまでを読みます どの程度進むか見通せていません おそらく3章くらいで時間になるかも? 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います おもしろそうな問があれば解いていきます 道草先の要望をぜひください。お願いします。 事前準備 3.2「二項ヒープ」から事前に読み、疑問点・不明点を持ってきてください 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです) タイムスケジュール 18:45ころ 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート よんたの演習回答

7/27 (木)

量子論理やりましょう。続き物ではなく単発イベントの予定です。 概要 量子論理に関する物理的文脈はさておき,数学的側面に焦点を当てたお話をします. 量子論理では,Hilbert空間の閉部分空間が命題を表現すると考えます. 2次元以上のHilbert空間の閉部分空間全体に包含関係で順序を入れると,分配律を満たさない束になります. これを量子論理と呼ぶことにします. 量子論理における命題に真理値を割り当てる関数は,二値の束準同型写像として与えられます. また,二値の束準同型写像はprime filterと呼ばれるものと対応します. 今回のお話では,束や準同型写像,filterなどの定義を確認してから,分配律と二値の束準同型写像,prime filter間の関係について概観します. そして,量子論理上には二値の束準同型写像が存在しないことを,prime filterを経由して証明します. 参考文献 ・Quantum Logic in Algebraic Approach http://www.springer.com/in/book/9780792349037

7/13 (木)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第11回は[1]のIV.3あたり、encodingをやります。 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.5.8 - IV.5.20 第一不完全性 IV.3 pp.313-317 構文のencoding IV.5.32 第二不完全性 III章 III pp.273- 有限主義 II章 II.18.12 PAとの関係 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346 [3] http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320110960

7/10 (月)

No image 108x72 g SML名古屋
純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 純粋関数型データ構造 電子書籍版 内容 今回は2.2章から4章くらいまでを読みます どの程度進むか見通せていません おそらく3章くらいで時間になるかも? 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 あれこれ試行錯誤中 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます よんたが節ごとのまとめを展開いたします 各節ごとに、疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います 事前準備 2.2章から4章を事前に読み、疑問点・不明点を持ってきてください 各自、課題をトライしてみてください(解けなくてもよいです) タイムスケジュール 18:30 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 事前準備した心(対象章を読む、課題を解く) 注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート

6/27 (火)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第10回は[1]のIV.5.20と、IV.5.8の証明を読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.5.8 - IV.5.20 第一不完全性 IV.3 pp.313-317 構文のencoding IV.5.32 第二不完全性 III章 III pp.273- 有限主義 II章 II.18.12 PAとの関係 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346 [3] http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320110960

6/20 (火)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 📚今回の範囲(予定) 文字列 WebAssemblyで何か吐いてみる 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

6/19 (月)

純粋関数型データ構造とは
概要 Chris Okasaki氏の「Purely Functional Data Structures」の訳書である、 「純粋関数型データ構造」が発売されました。 自分も過去に読みましたが、そろそろ復習したい気持ちになってまいりました。 そこで、読書会を名古屋でも行おうと思います。 内容 純粋関数型データ構造を輪読します。 電子書籍版もあります。 参加者の疑問点などを議論しながら優しく進めましょう。 進め方 名古屋の読書会らしく、1節ぐらいごとに交代で読みます 疑問点・質問があれば適宜議論して道草を食います タイムスケジュール 18:30 開場 19:00 開始 20:00 5分休憩 21:00 終了 持ち物 純粋関数型データ構造が読める環境 注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 会場への行き方は https://teachme.jp/contents/178310 を参考にしてください 当日、場所がわからない等ありましたら @keita44_f4 または @mzp までご連絡ください 参考 『純粋関数型データ構造』のためだけの超いい加減な Standard ML 入門 SMLチートシート

6/9 (金)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第9回は[1]のIV.5.20のあたりを読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.5.8 - IV.5.20 第一不完全性 IV.3 pp.313-317 構文のencoding IV.5.32 第二不完全性 III章 III pp.273- 有限主義 II章 II.18.12 PAとの関係 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

5/23 (火)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第8回は[1]のIV.5.18のあたりを読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.5.8 - IV.5.20 第一不完全性 IV.3 pp.313-317 構文のencoding IV.5.32 第二不完全性 III章 III pp.273- 有限主義 II章 II.18.12 PAとの関係 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

5/17 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

5/11 (木)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第7回は[1]のIV.5.9、第一不完全性定理のあたりを読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

4/26 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
RustとWebAssemblyについて勉強します。 Rust 1.14でWebAssemblyがサポートされたことにより、RustおよびWebAssemblyへの期待感が高まっています(ボクの中で)。 ので、みなさまと一緒にイチから学んでいきたいと考えています。 ✅進め方 (案) 適当に話しながら決めていきたい。今はこんなことをやろうと思っている。 Rustの環境を構築する プログラミング言語Rust を読む WebAssemblyで遊ぶ 💼持ち物 Rustが実行できる環境 プログラミング言語Rust が読める環境 📅タイムテーブル 18:45 開場 19:00 開始 21:00 終了 ⚠️注意事項 会場は飲食禁止ですのでご注意ください 当日、場所がわからない等ありましたら @mzpまでご連絡ください (業務連絡) Misoca社員の方も本ページから申し込んでください

4/20 (木)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第6回は[1]の IV.3.11のあたりを読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

3/29 (水)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第5回は[1]の IV.3.9, IV.3.11のあたりを読みます. 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

3/15 (水)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
Misoca 技術フェローの @kakutani が名古屋に来ます。 定期的に来てもらってはいるのですが、せっかくなので名古屋のみんなでかくたにさんを囲んでわいわい話せるとたのしいな、ということで、Meetup を企画してみました。 今回はちょっと諸事情で開始時間が遅いのですが、自由解散形式なので終電等には各自で配慮してください。 内容について @kakutani を囲んでおいしいご飯を食べよう! という感じなので、当日の雰囲気ですべてが決まります。 ので参加者の人で積極的に話題を挙げていただけるとうれしいです。 初めての人は大歓迎ですので、人見知りのひとも勇気をだしてぜひご参加ください♪ また、大雑把にはご飯を食べる会なので、すこしぐらい時間が遅れてもぜんぜんだいじょうぶです。 会場について 名古屋駅前の居酒屋的なところで行う想定をしています。すごく大雑把にいうと飲み会ですね。 会費については参加者で割る感じの実費になりますので、4000-5000円くらいかなあという見込みです。 会場住所には便宜上Misocaの住所が設定されていますが、決まり次第直行の予定ですのでご注意ください。 前回はY.MARKET BREWINGさんに10人くらいで行きました。クラフトビールおいしかったです。 対象者 @kakutani に興味のある人 Misoca に興味のある人 アジャイル開発やRubyに興味のある人 その他わいわいしたい人 @kakutani について 角谷信太郎(かくたにしんたろう) アジャイルなRubyist。人が人のためにソフトウェアをつくるというエクストリームプログラミングの理念を実現するために自分がやれることをやっている。 株式会社永和システムマネジメントフェロー。一般社団法人日本Rubyの会理事。日本最大級のRuby単独カンファレンスRubyKaigiの運営にも携わる。 『アジャイルサムライ』(オーム社)、『Rubyのしくみ』(オーム社)、『なるほどUnixプロセス』(達人出版会)、『アジャイルな見積りと計画づくり』(マイナビ)など多数の訳書監訳書がある。 日本Rubyの会理事 角谷信太郎氏 技術フェロー就任のお知らせ 〜 顧客の声を随時サービスに反映するアジャイル開発を強化 〜 | Misocaプレスルーム Misoca について 「事業者間の取引を最適化する」をミッションに、2011年11月から運営されているクラウドの見積・納品・請求サービスです。 当初より1通からオンラインで郵送できるという点がフリーランスや中小企業を中心に好評を得ており、2017年2月の時点で180,000以上の事業者が登録しております。 「Misoca」は、個人事業主・中小企業の事務作業を大幅に効率化し、社会全体がより生産的な活動に向かうことができるようなインフラ・プラットフォームとしての役割を目指していきます。 また、Misocaは創業者の2人がRubyエンジニアで、長年開催していた名古屋での技術系コミュニティに関わるメンバーを中心に構成されています。 チームの大半がエンジニアであり、テクノロジとエンジニアリングを尊重している会社です。 URL:https://www.misoca.jp/ その他 当日ご参加できないが、Misocaにご興味があるかたは、会社見学やランチを行っておますので、お気軽にお問い合わせください。 セカイのスループットを上げたい!技術でビジネスを革新したい開発者を募集! - 株式会社Misocaのインターンシップ - Wantedly Misocaが島根進出!自社サービスを開発したいRubyistを大募集! - 株式会社Misocaの求人 - Wantedly

3/10 (金)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第4回は[1]の IV.1からIV.3のあたりを読みます. (II.18 弱い集合論 は後回し) 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346

2/12 (日)

1474 normal 1468219410 01 Misoca
全文検索エンジンGroongaとその関連プロダクトであるMroongaとPGroongaのイベントです! これらのプロダクトの開発者(@ktou)が名古屋にやってきます!気になることを開発者に直接聞けます。すでにこれらを使っているという人も使っていないけど全文検索に興味があるという人もぜひお越しください! タイムテーブル 時間 内容 9:45 開場 10:00 自己紹介 10:15 開発者(@ktou)がGroonga・Mroonga・PGroongaを紹介(随時質疑応答) 11:15 開発者(@ktou)がGroonga・Mroonga・PGroongaの最新情報を紹介(随時質疑応答) 12:00 終了(この後、開発者(@ktou)と一緒にお昼ご飯を食べに行く) 開場について 会場はMisocaオフィスとなります。オフィスまでの道順は株式会社Misocaオフィスへの行き方をご覧ください。

2/11 (土)

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 の懇親会です。 会議終了後、懇親会を予定しています。場所は、「Rilly Banquet」予算は4,000円です。 人数確定のために、予めお申し込みください。 当日参加の受付は原則として行わない予定です。

Doorkeeper group normal rubytokai
名古屋Ruby会議03 公式サイト 参加するには、チケットを購入する必要があります。 本編の登壇者の方は、チケットは必要ありません。但し、お弁当は有料になります。注文の方は別途、承ります。 チケットの払い戻しは受け付けていません。他人への譲渡などは、ご自身の責任で行って下さい。 お弁当代込みのチケットの締め切りは2月3日になります。ご注意下さい。

2/9 (木)

概要 HFと有限の世界を勉強しましょう。 第3回は[1]の pp.119- HF<ω ⊂ HF などを読みます。 予習不要 計画 I章 p.107 HFの定義 p.119 データ構造の例 II章 II.17 Δ0 II.17.21 Σ1, Π1 II.18 CST III章 III pp.273- 有限主義 IV章 IV pp.289- (ω| HF)上(Δ0|Δ1) IV.3.1 HFでの決定可能性, 計算可能性 IV.3 pp.313- 構文のencoding ... (この辺未定; [2]も参照しつつやる) IV.5.32 第二不完全性 教科書 [1] https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7176.html 参考書 [2] https://www.amazon.co.jp/Incompleteness-Land-Sets-Studies-Logic/dp/1904987346