muketa (@muramura09)


参加する勉強会

10/31 (土)

3335f9bc78d86a4380c1321e6037c1e6 Laboratory Automation
2020年10月開催分です。オンラインでやります。
おしらせ [2020-10-19 19:20] 現地会場について記載しました。現地会場参加枠を設定しました。 [2020-10-13 09:00] 参加登録上限を100人→150人に変更しました。 [2020-10-02 23:02] 今回のショートトーク予定演者は以下の通りです。 ・おうちでできる!LADEC遠隔配信の舞台裏(伊藤健史/NAIST) ・微量化×自動化がもたらすメリット(松下政宏/SPT Labtech Japan株式会社) ・0から始めたオープントロン(杉山亜矢斗/名古屋大学) ・マイクロ流体チップの開発事例(鈴木宏明/中央大学) ・とりあえず始める3Dプリンター(野口大貴) ・ほか 開催概要 10/2-3にLADEC2020を開催しましたが、月末には月例勉強会も開催します。 基本的にはオンラインでの開催です。LADECではじめて参加した方もそうでない人も気軽にふるってご参加いただければと思います。 ・自動化の潮流をショートトークで知る ・すでに取り組んでいる人が月に1回情報交換する ・何かを作っている人たちが月に1回開発会議をする ・そういう人たちを横目で見ながら雰囲気を知る ・「自動化」をコアに集まって月に1回雑談をする などなどそれぞれお好みのスタンスでご参加いただければと思います。 以下、10月の概要です。 【目的】研究室の自動化についてできること・できないこと・したいことを議論する 【対象】研究者・開発者・学生 【日時】2020年10月31日 [土] 13:00-17:00 【場所】オンライン開催 【内容】トーク、ディスカッション、ほか ※これまでに開催されたトークの一覧はこちらです。 ※今回は都合がつかないけど次回は!という方、継続的に参加したい方は こちらのページの画面右上の「メンバーになる」ボタンから登録してください。開催案内がメールで届きます(connpassの自動送信機能)。 現地会場について 原則オンライン配信ですが、ネットワーキングや議論ができるように現地会場を用意することにしました。 現地会場はただ、空間があるだけ、です。勉強会自体には手元の端末から参加します。(おそらくこうなります) 今回の現地会場は神戸です。会場の住所やアクセスはこちら。 現地会場の参加希望の方は「神戸会場」に参加登録をしてください。 すでにオンライン参加枠を持っている人は「神戸会場」に枠変更をしてください。(枠変更のやり方はこちら) 現地会場の参加には以下のポリシーに同意いただくことを条件とします。 現地会場の参加ポリシー 感染拡大防止に関するガイドライン 下記10項目について同意・遵守をいただくことを申込・参加の条件とします。 違反された場合には参加の権利を取り消す可能性があります。 会場ではマスクの着用をお願いします。 接触確認アプリ「COCOA」の登録を必須とします。 会場入口に備え付けの消毒液(エタノール)にて、入場時に手の消毒をお願いします。 入場受付時には・事前に体温申告用のフォームのURLをお送りします。 当日、家で検温をお願いします。 上記フォームでは、氏名、メールアドレス、当日朝の体温をご記入いただき、また、以下のいずれにも該当しないことを確認します。該当事項がある場合には参加できません。  ・37.5度以上の発熱があった場合  ・味覚・嗅覚障害、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、咳、咽頭痛等の体調不良がある場合  ・新型コロナウイルス感染症の陽性者と濃厚接触がある場合  ・海外から入国し 14 日を経過していない場合  ・海外から入国し 14 日を経過していない者と濃厚接触がある場合 会場受付でフォームへの登録が済んでいるかを確認します。 感染防止のため、席の配置や収容人数に制限を設けます。 発表者は発表中にマスクの代わりに個々人専用のマウスシールドを着用することがあることをご了承ください。 感染状況など社会情勢の変化によりオフライン会場での開催が中止となる可能性があることをご了承ください。


過去の勉強会

8/29 (土)

3335f9bc78d86a4380c1321e6037c1e6 Laboratory Automation
2020年8月開催分です。オンラインでやります。
おしらせ [2020-08-17 19:12] 参加登録上限を 50人→よしなに 変更しました。 [2020-08-16 20:00] 今回のショートトーク予定演者は以下の通りです。 ・再現性ある細胞培養のための基本と観察(古江美保/㈱ニコン) ・普通の生物系ラボで普通の細胞培養を自動化したい(谷口純一/理研BDR) ・FAにおける自動化取組とLAへの展開(野見山和明/㈱アステクノス) ・メタボローム解析の自動化に向けた挑戦(蓮沼誠久/神戸大学) ・ほか 開催概要 先月の勉強会では、ショートトークとして  ・ディープラーニングによる細胞画像の分類と特徴量抽出(高尾大輔/東京大学)  ・創薬研究の自動化はどうあるべきか?ー合成化学の観点からー(布施新一郎/名古屋大学)  ・ほんやくコンニャク食べて論文を読もう(岩崎修登/東京大学) の講演をいただき、いつも通り多くの活発な議論が展開されました。 その後、  ・論文抄読会 - A mobile robotic chemist (Burger et al., Nature, 2020)(神田元紀(理研BDR)/野口大貴/布施新一郎(名古屋大)/梅野真(梅馨堂合同会社)/都築拓(Epistra㈱)) が開催され、各分野の専門家による解説をもとに他では展開できないような議論が巻き起こりました。 8月も基本的にはオンラインでの開催です。統計情報的には、毎回初参加の方が20-30%を占めています。オンライン開催は実地よりも手軽に参加できますので、迷っている方もぜひこの機会にご参加いただければと思います。 ・自動化の潮流をショートトークで知る ・すでに取り組んでいる人が月に1回情報交換する ・何かを作っている人たちが月に1回開発会議をする ・そういう人たちを横目で見ながら雰囲気を知る ・「自動化」をコアに集まって月に1回雑談をする などなどそれぞれお好みのスタンスでご参加いただければと思います。 以下、8月の概要です。 【目的】研究室の自動化についてできること・できないこと・したいことを議論する 【対象】研究者・開発者・学生 【日時】2020年8月29日 [土] 13:00-17:00 【場所】オンライン開催 【内容】トーク、ディスカッション、ほか ※これまでに開催されたトークの一覧はこちらです。 ※今回は都合がつかないけど次回は!という方、継続的に参加したい方は こちらのページの画面右上の「メンバーになる」ボタンから登録してください。開催案内がメールで届きます(connpassの自動送信機能)。

8/19 (水)

81dea5efbfcaa1023ddf5b0685951129 Japan Power Apps User Group
愛知県 - あーちゃんさんのお悩み相談
イベント内容 2020年8月から始まった新シリーズ「突撃!隣のPower Platform!」は、一般募集したいろんな皆さんのお悩みを元に、100%全力でPower Platform(Power Apps、Power Automate、Power Virtual Agents、Power BI)を使って1時間で解決する(解決を試みる)お節介な勉強会です。 この回の内容 記念すべき第1回は あーちゃん@昭和企業でRPAさん(@aachan5550さん)のお悩みを取り上げます。 お悩みの概要:休暇申請をどうにかしたい 私の会社ではまだまだ紙業務が多く、デジタル化したいと思っています。不在連絡は付箋で承認フローを回していたりしていたりとまだまだ昭和な企業で全然進みません。本当は他にも色々ありますが、取り急ぎ休暇申請をどうするべきか教えて下さい! イベント情報 日時:2020年8月19日(水) 19:00 - 20:00 YouTube ライブ配信: https://youtu.be/qCUCfJrjoSc 参加費:無料 お悩み絶賛募集中 皆さんも相談してみませんか? 是非こちらからご応募ください!  注意点 本イベントはあくまでもコミュニティイベントです。 登壇者による発表内容は登壇者・ゲストが所属する企業や団体の公式見解ではありません。 一時的に音声/画質の品質が低下したり、接続が切断されてしまう可能性があります。予めご了承ください。

7/1 (水)

0021789031dff1ce7a2d421ee0dc5c69 IoT縛りの勉強会! IoTLT
micro:bit、M5Stack、obniz、Pepper、Scratchなどなど?
日本最大のIoTコミュニティIoTLTのスピンオフ! ビジュアルプログラミングIoTLT! ビジュアルプログラミングツール x IoT な LT会、2020年2月に第1回目を開催してから今回で3回目になります! 今回は参加者だけでなく、発表者も運営スタッフもオンライン参加となる形で行います。 ビジュアルプログラミングに関する様々な話題を持ちよって、共有しましょう! LT希望者はFBコメントください! FBグループがございますので、発表希望者の方はこちらの投稿にコメントをください! 会場 : YoutubeのIoTLTチャンネルで配信します。 チャンネル登録お願いします! https://youtube.com/c/IoTLT タイムテーブル(敬称略) LTは一人5分程度です。発表テーブル随時更新予定です。 時間 内容 発表者 19:30 イベント開始・オープニング 19:40 LTスタート(3〜7分 × 5〜7件程度) 20:30 クロージング 20:40 イベント終了 予定中LT(随時更新) 登壇者名 タイトル スポンサーLT(IoTLT放送部) HTML5アプリ開発ツールMonacaで「ぷよぷよプログラミング」を試してみた。 小野寺修 @SAMonodera toioで分数タイマー そーたメイ WiFiプログラミング「つくるっち」紹介 いのうえみのる@henjin01_fab Simulinkを用いたtoioラジコン 河野@nanbuwks (秘密結社) Ardublock の話と Rust の話 豊田 陽介 ( @youtoy ) Voiceflowをあらためて紹介してみる 田中正吾 ( @1ft-seabass ) 作った登壇リアクションシステムをベースにNode-REDダッシュボード機能をゆるく紹介 参加費 無料 主催 豊田 陽介(ビジュアルプログラミング交流会) 田中 正吾 菅原のびすけ(dotstudio株式会社 / プロトタイピング専門スクール「プロトアウトスタジオ」) 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

9/7 (土)

「AI x 愛知」愛知県で行うAI関係の勉強会です
イベント概要 愛知県の製造業の異なる会社で働く、AI・機械学習に興味を持つメンバー3人中心に「愛知県で会社を越えてAIに興味ある人、AIを使っている人と繋がれるイベントを開催してみたい!」という思いから始まったイベントです。今回が初回となります。 主に初心者〜中級者の方向けを想定していますが、基本的にカジュアルな敷居を設けないイベントにしたいので、AIに興味があるけど、何から初めて良いか分からない方、AIガチ勢の方の参加ももちろん歓迎いたします。当方含めて初心者の方もいますので、ガチ勢の方は是非おおらかな目で見ていただけましたら幸いです。 参加者の募集に関して 誰でもご参加ください。社会人でも学生の方でも参加ももちろんOKです。会場に余裕があるので、募集枠は一杯になったらまだ増枠する予定です。 会場一杯になりました。満員御礼ありがとうございます。まだ当日まで日もあるためキャンセルもあると思うので、希望者は早めに登録下さい。また、参加できなくなった方は、他の希望者のため、何卒すみやかなキャンセル処理にご協力お願いいたします。 LT枠も3枠募集しております。AI関係であればどのような内容でも構いません(カジュアルな内容でもガチな内容でもOKです)。ぜひ気軽にご応募下さい。 LT枠の抽選で漏れても、イベントに参加は可能ですので、安心して申し込み下さい(もしダメな場合はコメント等で連絡下さい)。 LT枠も締め切ります スケジュール 12:30 開場 人数多めなので、受付の関係上、早めにお越しいただけると助かります 受付は 14:00で締め切ります 13:30 〜 13:35 開会の挨拶(からあげ)・会場案内(ヤフー名古屋) 13:35 〜 13:55 「About Edge Computing "あらゆるものが考える"世界を作るのに必要な技術」(ほけきよ) 13:55 〜 14:15 「挫折しないためのAI学習法」(からあげ) 14:15 〜 14:45 「技術力で世界と戦う 機械学習コンペティション『Kaggle』の魅力」(u++) 14:45 〜 15:00 休憩 15:00 〜 15:10 会場スポンサーLT(10分) 「カーナビプロダクトにおける機械学習事例」(masayuki5160) 15:10 〜 15:50 一般参加LT(各5分) 「タイトル未定」(HELLO CYBERNETICS) 「ベイズ学習に入門した話」(なつお) 「エッジAIの事例を簡単に試せる!Edge TPUとAI初心者」(ミソジ) 「人工知能の国際会議IJCAIの紹介」(神) 「AIを活用して作るWebサービス開発について」(2z) 15:50 〜 16:00 特別ゲスト講演(10分) 「ディープラーニングおじさんの話」(やまさん) 16:00 〜 17:00 懇親会 17:00 閉会・片付け 17:30 完全撤収 ※ 発表者敬称略 注意事項 イベントに関して 参加費500円を徴収しますが、懇親会の飲み物・お菓子代、イベント運営に必要な諸経費に使われるもので、営利目的のイベントではありません 申し込みの際は、アンケートに氏名・所属の記入をお願いしておりますが、これは会場提供下さるヤフー名古屋様の万一のための危機管理のために使用するものです。その他の目的に使用することは御座いません。 機材に関して 発表資料のPCはご持参お願いいたします(難しい場合は事前に運営まで連絡下さい) インターフェースは HDMI, DVI, VGA など揃っています(ケーブルは会場にあります) iPad用のケーブルもあります 会場について 受付にて記名と引き換えに名札をお渡しします。50Fフロア内では身につけていただけますようお願いします。 飲食は自由です。 会場内に自販機があります。最寄りは15Fのコンビニがあります。 50Fフロアには喫煙スペースはありません。15Fの喫煙所をご利用ください 受付は 14:00で締め切ります

6/7 (金)

C7675b4c9df185dd6af93b8b6b15009c Power BI 勉強会
炎のチョークトーク
えーと、名古屋場所です。名古屋でお初です。 Power BI と Modern Excel をみんなで勉強するユーザコミュニティ勉強会です。 企画概要 今回の企画は、普段の業務などで Power Query をよく利用している方を対象に、「こういうことをしたいのだけれど,どうしたらいいのか」とか「Power Query で何ができて何ができないのか」とかいったことなど、一つ上の Power Query の使い方を知って、今後の Power BI / Modern Excel ライフを充実させてみませんか、という内容です。 「虎の穴」は,ただ登壇者の話を聞くだけのセミナー形式の勉強会ではなく,参加者が自ら発表や議論を行うことで,新たな気付きを得て,スキルアップにつなげていこうという,自主練習的な勉強会です。 参加枠について 一緒に虎の穴に入る方 ユーザー・開発者問わず,Power Query を実業務で利用しており,さらなるレベルアップをお考えの方。 後半のディスカッションのネタになりそうな「解決したい課題」があれば,ぜひ用意してきてください。 <重要!>今回は通常の勉強会よりレベルは高いです。少なくとも空のクエリから Power Query を書ける程度(自称)でないと,ついていけないとお考え下さい。(一から Power Query を書けるようになりたいというチャレンジャーは、もちろん参加OKです) この勉強会について 日時 2019/6/7 入場開始時間 は 18:30 です 受付時に入館者名簿を作成しますので、お名前/会社名などをお知らせいただきます。 受付時間以降の入場はお約束ができません。時間に余裕をもってお越しください。 受付スタッフ含め運営メンバーすべてもこの勉強会の参加者です。なので、皆さんのご協力も必要なのです。 会場 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 このイベント/勉強会についてのお問い合わせ先は、イベントへの問い合わせ 内容 Microsoft Power BI Microsoft社が提供するビジネスインテリジェンス(BI)ツールのスイートです。得られたビジネスデータを分析し仕事に役立てたいときに用いられることが多いのですが、特に どのような結果なのか(Hindsight) どのようなことが起きているのか(Insight) をすぐさま可視化(ダッシュボード/レポート)しメンバーへの共有を容易にすることができます。 お仕事で多く使用されている Microsoft Office / Office 365との連携がとても便利なのです。 Microsoft Office Excel お仕事でも多く使われている Office アプリケーションのひとつですが、Excel 2016/2019 でもっと多彩で便利な集計分析機能があるのをご存知ですか? VBA を使うことなく Excel だけでもとても簡単に複雑なデータ処理ができるようになっています。また、Power BI と組み合わせるともっと便利に使えるのです。 予定している内容 # Time Title Speaker 1 19:00~ チョークトーク(炎) ミスターX 適宜 休憩 2 ~21:00頃 Power Query Discussion みんな ご協力ありがとうございます 一般社団法人 実践ワークシート協会

11/25 (日)

C7675b4c9df185dd6af93b8b6b15009c Power BI 勉強会
Power Platform WORKSHOP
Power BI 勉強会@名古屋支部 #3 です。 お待たせいたしました。Power BI と Excel をみんなで勉強するユーザコミュニティ 「Power BI 勉強会@名古屋支部 第3回」 の募集です。 今回は、Power BI だけにとどまらず Microsoft Power Platform のくくりで 「Power BI」 「PowerApps」 「Microsoft Flow」 を利用すると”業務でこんなコトが便利になるよ!”というノリのワークショップをする予定です。 東京 本会の募集ではありません。名古屋の募集です。ご注意ください。 対象 Microsoft Power Platform に興味があり、ご自身のビジネス・業務にどう生かせるか考えたいという方。 見聞きはするけれど、触ったことがない・まだよく分からないという方もご参加いただけますが、できるだけ予習して来ていただいた方が、得るものがあると思います。 セッション情報 (※詳細は確定次第反映します/敬称略) # Time Title Speaker 1 12:30 ~ 12:40 オープニング 2 12:40 ~ 13:10 ローテクPowerApps & Flow 活用案 小室 陽子 3 13:15 ~ 14:05 Power BI/PowerApps/Dynamics事例 田中 進 4 14:15 ~ 14:45 Power BI&PowerApps連携ネタ? 山田 晃央 5 14:45 ~ 15:30 LT+休憩 募集 6 15:30 ~ 16:00 Power BI データフロー かがた 7 16:00 ~ 16:45 Q&A 雑談 8 16:45 ~ 17:00 クロージング 日時 / 会場 トヨタコネクティッド株式会社 会議室 愛知県名古屋市中区錦一丁目11番11号 名古屋インターシティ 地下鉄東山線 伏見駅 10番出口直結 [入場受付] 12:00~12:30 B1Fビル入口にお越しください。 受付時に入館者名簿を作成しますので、お名前/会社名などをお知らせいただきます。 受付時間以降はドアにロックが掛かっていますので、入場はお約束ができません。時間に余裕をもってお越しください。 受付スタッフ含め運営メンバーすべてがこの勉強会の参加者です。皆さんのご協力をお願いいたします。 勉強会からのお報せとお願い PC持ち込み可です。電源も用意いただけますが数に限りがあります。譲り合ってご利用ください。 Wi-Fiも提供いただける予定です。 (会場Wi-Fiの品質が保証できないため、可能な方はご自分でご用意いただいた方が安心です。) なお、会場のWi-Fiを利用する予定で、かつ勉強会中にPower BI Desktopを利用したい方は、事前にご自宅などでインストールをしてからご参加願います。既にインストールされている方は、念のため前日にUpdateが無いかご確認ください。会場のネットワーク混雑を緩和するためです。ご協力をお願いします。 Power BI Desktop を使い始めるには 懇親会について 勉強会終了後の懇親会は現状ノープランです。 ご協力ありがとうございます トヨタコネクティッド株式会社 一般社団法人 実践ワークシート協会 オモシロインク 株式会社アイシーソフト Japan Power BI User Group その他 ※記載内容は協賛各位、運営の都合により変更になる場合があります。その際はご容赦ください。 ※記載の団体、氏名などは敬称を省略させていただいております。