multilayer (@multilayer)


参加する勉強会



過去の勉強会

10/29 (木)

06868654c2447b7bba3bc2c513845198 名古屋で働くITエンジニアの皆さん大集合!
第8回しゃちほこオラクル倶楽部 Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます! ~おもしろクラウド案件や導入事例(初公開)も~ 今回は東京発OCIjpコミュニティー運営チームの株式会社フルエナジー松本昭史様にご協力頂き、初のジョイント企画を開催させて頂きます! 松本様からは「Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます!」というタイトルで語って頂きます。 フルエナジー様は、2015年11月に初めてOracle Cloud(US)の利用を開始し 、2017年4月から再販パートナーとして50社以上にOracle Cloudの導入支援をしてきた会社で、 講師の松本様はそのクラウドビジネスの責任者になります。 Zoomやtiktok、富岳など話題豊富なOracle Cloudですが、一人のエンジニアの人生を変えたクラウド、 という少し変わった切り口の話もあるようです。東京リージョンがオープンして1年半ですが面白いクラウド案件、 儲かりそうなクラウド案件、エンジニアがハッピーになれるクラウド案件など、盛り沢山の導入事例を用意してくださいました。 最近、政府からゼロトラストというキーワードを発信されました。 この日、松本様は、「日本でもOracle Cloudが求められている」と確信したそうです。 自社でもお客様案件でも常にセキュリティを考えて、Web Appliction Firewall、シングルサインオン、2要素認証、暗号化、閉域網、UTM、IDS、Vaultなど積極提案・導入を推進していらっしゃいます。 オンプレミスでは、高コストになってしまう製品・サービスでも、クラウドでは非常にリーズナブルに利用できますので、実案件でどのように活用されているかも語って頂きます。 皆様、奮ってご参加ください! お込みはコチラ⇒https://eventreg.oracle.com/profile/web/index.cfm?PKwebID=0x764181abcd タイムスケジュール 時間 内容 発表者 14:00-14:05 ご挨拶 日本オラクル(株) 14:05-14:50 Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます!(下記アジェンダをご覧ください。) 株式会社フルエナジー  松本様 14:50-14:58 Q& 株式会社フルエナジー  松本様 【アジェンダ(14:05-14:50)】 会社紹介と自己紹介 導入事例(初公開もの) Oracle Cloudの良いところ・未熟なところ 面白いクラウド案件(1,2件) パートナーとの協業サービス Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たもの ocijpユーザグループについて *内容に変更が入る可能性がございます事ご了承ください。 <セミナー参加におすすめな人> ・OracleCloudを検討されるユーザ様 ・提案されるベンダー様 参加方法 お申込みはコチラ https://eventreg.oracle.com/profile/web/index.cfm?PKwebID=0x764181abcd 本セミナーはWeb上で開催されるZoomのセミナーとなっております。 参加される方には追ってZoomのURLをご連絡いたします。 ※お申込みの際、社用のアドレスを必ずご記載ください 【こんな方におすすめ】 ◆クラウドやOracleDBに興味がある方 ◆IT企業に就職予定の学生の方、IT企業に転職予定のIT未経験者 ◆これから稼げるITスキルを身に付けたい方、資格を取りたい方 ◆オンプレミスしか経験がないエンジニア ◆OCIを知らないクラウドエンジニア ◆最新のトレンドに興味があるエンジニア ◆イベント運営に興味がある方は、運営スラックにjoinしてください! https://gyu.to/ziwO414 皆様のご参加心よりお待ちしております!!

10/27 (火)

No image 108x72 g Project Tsurugi
有志で集まった、「Postgres互換のRDBをOSSスクラッチで作り上げるプロジェクト」の経過報告会です。 NEDOの公的資金が入っているので納税者(含む間接税)であれば参加資格ありです。 Project Tsurugi 概要 -NEDO委託事業案件 -メニーコア・大規模メモリー等の次世代ハードウエアアーキテクチャへの対応を主眼 -「外側」はPostgresで、エンジン自体をごっそり作り変える SILO以降、DBの基本アーキテクチャは様変わりの一辺倒です。にもかかわらず商用DBは重装備・身重でいまだに対応が(のぞくSAP-HANA)できていません(そう見えます)。他方OSSは巨大になりすぎて同様にレイムダック状態。ということで、有志で「えっちらおっちらスクラッチ/OSSで作りますかね~」というところに、NEDOの公的資金が入って、いろいろ開発が上げ潮です。 個人的には「まだできてもいないのに宣伝とか、ただのpaperwareじゃねーか」とは思うのですが、いかんせん公的な資金も入っており、審査員の方からも「ちゃんと普及とか考えてますか?」と言われている以上、経過報告はちゃんとさせていただきます。・・・まぁ、実際次世代とかどんな感じですか、という話からターゲットアプリケーションまで一通り情報開示になるので、見るだけ見ておいても損にはならないと思います。 (なお、念のために申し添えておきますが、Project Tsurugi自体はNEDOの資金とは別に存在するもので、NEDOとは関係なく活動している事業主体もあります。ご承知おきください) ※10/15 参加枠を200名→300名に拡大しました。 アジェンダ 以下、当日のアジェンダです。 【日時】 2020年10月27日(火)13:00-15:00 【プログラム】 13:00-13:10 プロジェクト全体状況(ノーチラス・テクノロジーズ) 《研究開発状況の紹介》 13:10-13:20 全体アーキテクチャ(NEC) 13:20-13:30 アプリケーション:天文データの分析(国立天文台) 13:30-13:40 データ分析技術(大阪大学) 13:40-13:50 アプリケーション:災害対応(パスコ) 13:50-14:00 空間情報処理技術(名古屋大学) 14:00-14:10 アプリケーション:バッチ処理(ノーチラス・テクノロジーズ) 14:10-14:20 HTAP(Hybrid transaction/analytical processing)技術(東京工業大学) 14:20-14:30 トランザクション処理技術(慶應義塾大学) 14:30-14:40 SQL処理の実装(ノーチラス・テクノロジーズ) 14:40-14:50 不揮発性メモリの活用(NEC) 14:50-15:00 質疑など   【会場】 オンラインで開催します。 ご参加される方には、イベント開催前にパスワードをお知らせします。 【後援】OSSコンソーシアム

8/24 (月)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Night
Oracle Database Technology Night
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://go.oracle.com/LP=97484 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」 もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 アジェンダ 津島博士のOracle Database In-Memory (DBIM) の基礎 と 最新情報 DBIMベース・レベルによりDBIMの効果を確認しやすくなりましたので、簡単に利用するためのDBIM基礎とDBIMベース・レベルを含めた最新情報を紹介します。 タイムスケジュール 時間 内容 Memo 18:30-18:45 (接続開始) 18:45-18:50 オープニング 18:50-20:30 津島博士のOracle Database In-Memory (DBIM) の基礎 と 最新情報 Q&A含みます 20:30 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料ダウンロードはこちらよりお願いします。 Oracle Database Technology Night 資料ダウンロード : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。

8/4 (火)

内製化におけるSIerとの向き合い方
イベント概要 昨今のビジネス環境変化の激しさが増す中、情報システム/IT部門には、事業部門のニーズを正しく把握し、高品質な対応が求められるだけでなく、競争力を高める為、ビジネススピードに追随するべく迅速な開発や対応力が求められております。 このような背景からも社内システムやIT部門に対する期待もより高まっており、ユーザー企業が主体となってシステム構築の「内製化」を進める必要に迫られています。   しかしながら、いざ取り組むとなると通常の業務やタスクを抱えながら、どこから手を付けて、どのように内製化をリードしていけば良いか見えないといった課題を抱える企業も少なくありません。 そこで本セミナーでは、「内製化」を無理なく実現する為のノウハウを共有させていただきます。 開催形式 オンライン(YouTubeLive) タイムテーブル ※予定/予告なく順番の入れ替えやタイトルの変更が発生する場合がございます Time What Who(敬称略) 15:00-15:10 全体挨拶 ARアドバンストテクノロジ株式会社 山岡択哉 15:10-15:50 【ゲスト講演】これだけは押さえたい内製化の勘所と陰に潜む落とし穴 株式会社レクター取締役 一般社団法人日本CTO協会理事 広木大地 15:55-16:25 内製化におけるSIerとの付き合い方 ARアドバンストテクノロジ株式会社 中野康雄 16:25-16:30 最後に ARアドバンストテクノロジ株式会社 山岡択哉 ゲスト講演スピーカー紹介 広木大地(ひろき・だいち)氏 株式会社レクター取締役/一般社団法人日本CTO協会 理事 1983年生まれ。筑波大学大学院を卒業後、2008年に新卒第1期として株式会社ミクシィに入社。同社のアーキテクトとして、技術戦略から組織構築などに携わる。同社メディア開発部長、開発部部長、サービス本部長執行役員を務めた後、2015年退社。現在は、株式会社レクターを創業し、技術と経営をつなぐ技術組織のアドバイザリーとして、多数の会社の経営支援を行っている。著書『エンジニアリング組織論への招待~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』が第6回ブクログ大賞・ビジネス書部門大賞、翔泳社ITエンジニアに読んでほしい技術書大賞2019・技術書大賞受賞。一般社団法人日本CTO協会理事。 Twitter:https://twitter.com/hiroki_daichi 主催 ARアドバンストテクノロジ株式会社 Biz&Tech&Creative 三位一体型でサービス企画、UIデザイン、アプリ開発からクラウド基盤や音声基盤の構築、BIやAI-OCR、RPAなどのソリューション導入、自然言語AI技術を活用した社会実装、各種保守運用までをワンストップで提供するITコンサルティングとクラウドインテグレーションを行っています。渋谷、大阪、名古屋の国内3拠点体制で、AIチャットボットなど自社サービスも展開しています。 DX対応度診断サービス 一般社団法人日本CTO協会が策定したDX Criteriaを活用しDX対応状況を診断いたします。 個人情報の取扱い同意について 弊社はお客様の個人情報をお預かりすることになりますが、そのお預かりした個人情報の取扱について、下記のように定め、保護に努めております。 1.利用目的 弊社から情報提供を行うため 2.第三者への提供 弊社は法律で定められている場合を除いて、お客様の個人情報を当該本人の同意を得ず第三者に提供することはありません。 3.個人情報の取扱い業務の委託 弊社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。 4.個人情報提供の任意性 お客様が弊社に対して個人情報を提供することは任意です。ただし、個人情報を提供されない場合には、弊社からの返信やサービスの提供ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 5.個人情報の開示請求について お客様には、貴殿の個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除および利用又は提供の拒否権を要求する権利があります。詳細につきましては弊社窓口までご連絡いただくか「個人情報の取り扱いについて」をご確認ください。 本セミナーにお申し込み頂いた方は、上記にご同意いただけたとみなします。 個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先 ARアドバンストテクノロジ株式会社 情報セキュリティ委員会 TEL:03-6450-6080 E-mail:ari-security@ari-jp.com

6/19 (金)

24ff282b332b6d90d7059207ffe31337 JAWS-UG情シス支部
基調講演「AWSネットワーク系ワークショップ総ざらい」からの情シスにおけるネットワーク
LT枠は埋まりました!ありがとうございます!!!! 今回はリモート会議ツールを使用してのオンライン開催となります 概要 AWSを利用している or これから利用したい「社内システム担当」ならではの事について議論しましょう Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/jawsug.adm/ ※メンバーリクエストをする際に必ずアンケートへの回答をお願いします 今回のテーマ 今回は、「AWSアカウント管理について」です。 また、初めての試みとしてLT枠を募集します! 自社で利用しているAWSアカウント管理について、こんな風にしている、こういった所を工夫している、こうしたいんだけど悩んでいる、失敗談等、5〜15分程度でお話していただける人を募集します! スケジュール 時間 内容 19:00 - 19:10 自己紹介 19:10 - 19:30 「”AWSの薄い本 IAMのマニアックな話”を読んでAWSアカウントログインを整理してみた」やまさきさん 19:30 - 20:00 質問&ディスカッションタイム 20:00 - 20:15 LT枠発表「Control Towerを何も考えずに使ってこんがらがった話」三浦一樹さん 20:15 - 21:00 質問&ディスカッションタイム 21:00 〜 リモート飲み・今後の活動について ディスカッションについて 発表を聴いてその内容を踏まえ情シスにとってのAWSアカウント管理に関するフリーディスカッションを行います。 アンケートでは次回以降聞きたい、話したい内容を是非回答してください! 対象者 AWSを利用したサービスやシステムを利用するにあたり、社内でどのように利用するのか 利用促進・拡大をするには?といった社内SEとしての観点で議論したい人 自社内でAWSを実際に利用してみてわかったことなどの知見を共有したい人 社内システムやグループ内システム担当であればSIer、メーカー、システム子会社、ユーザ企業のいずれに所属されていても、ひとり情シスでも兼務情シスの方でも参加可能です。 一緒に考えて議論していきましょう。 [重要] 参加登録、キャンセルについて 今回はリモート会議ツールを使用してのオンライン開催となります。 オンライン開催とはいえ、あまりにも大人数だとディスカッションが成り立たなそうなので人数制限はさせていただきます。 少人数のイベントであり、なるべく多くの方にご参加いただくため、参加できなくなった場合のキャンセル処理はお早めにお願い致します。 キャンセルの方は18:30までにconnpassにキャンセル処理をお願いいたします。 どうしても18:30以降にキャンセルしたい場合には、connpassでご連絡をお願いいたします。こちらでキャンセル処理いたします。 会場について 今回はリモート会議ツールAmazon Chimeを使用してのオンライン開催となります。 Amazon Chimeを事前にアプリのダウンロードをされているとスムーズに参加できます。 ダウンロードはこちらから 参加URLは開始30分前にconnpassへ登録しているメールアドレス宛にご連絡します。 懇親会としてディスカッション終了後、そのままリモート飲み会になりますので、お飲み物や食べ物は各自でご用意ください。 遅れる場合 特に問題ありませんので当日にお送りするURLよりご参加ください。 ただし会議室への入室は運営メンバーによる手動対応の為、遅刻されますとかなりお待ち頂く場合があります。 運営メンバー(50音順) 岡崎賢吉、重田真志、谷山徳太郎、月島学、山﨑奈緒美