mochan_tk (@mochan_tk)


参加する勉強会



過去の勉強会

1/16 (土)

Af0be5fcf33310e96c61b07552aac1d5 数学カフェ
数学カフェ初の Vtuber 講演です!
ここでは 講演の内容 講演者のご紹介 有料・無料の違い YouTube Live の楽しみ方 などについてご説明します! 実施概要 今回のテーマは、『実務に現れる数学 - 項目反応理論と「温度」について』です。 日時:1月16日(土) 13時から17時ごろ 1時間ごとに15分休憩をはさみます。 数学専攻の方で将来の職業選択にお悩み中の方 企業にいて更に数学の応用をされたい方 数学が実生活で役に立つ場面ってどんなものか気になる方 人間に関するデータから温度が登場するって何?という純粋な好奇心のある方 などなど、ぜひご参加くださいませ。 また、オンラインであることを生かし、Vtuber ならではの双方向なライブをお届けします! 講演本編は後日公開する予定ですが、内容は一部編集する可能性があります。 冒頭の数学カフェからのご挨拶と講演後の質疑応答は Zoom アイシアさんのご講演は YouTube Live にて行います。 いずれもスマートフォン・タブレット・PCのインターネットブラウザから特別なアプリを用いずに参加可能ですが 更に楽しむためのセッティングについて最後にまとめますので、ご確認くださいませ。 講演内容のご紹介 今回は、バーチャルデータサイエンティストである私アイシア=ソリッドが、 VR 空間からお話をお届けします! 最近、データ活用の流れの中で、数学的概念がビジネスの中に現れることがあります。 今回は、私のマスター(※)の携わる事業 wevox にて、項目反応理論を応用する際、統計力学的概念である「温度」が自然に立ち現れたことを題材とし、 (1) どの様に温度概念が現れてくるのか (2) 温度を用いることの実務的意義はなにか について解説します。 今回登場する数学は、正規分布の積分程度なので、大学1, 2年の数学が分かれば聴講可能です。 そのため、予習会は行いません。 数学的深淵を覗くというより、実学と数学の関わるいち場面の例をお届けすることを中心的な目的とします。 ※私アイシアは、株式会社アトラエのデータサイエンティストである杉山くん(マスター)に作成された AI です。 講師自己紹介 アイシア=ソリッド データサイエンス VTuber として、Youtube と Twitter を中心に活動しています! 主に、統計、機械学習、深層学習、数学の動画を upload しており、1.5万人もの方にチャンネル登録していただくに至りました! VR x 学術も色々盛り上がっているので、よかったら見てみてください! 杉山聡 アイシア=ソリッドの生みの親。 2017年に博士(数理科学)を取得。専門は数理物理。D論では、超弦理論の数学的定式化の1つである深谷圏の理論を応用し、有限次元代数の表現論での計算公式を創る。 2016年より株式会社アトラエに入社し現職。 2018年に、同社初のデータサイエンティストとなり、現在データサイエンティストチームを組織しエンゲージメント解析ツール wevox の開発に従事。 他には、 「社会に出る数理PhDの会(仮)」を立ち上げ、数理人材の社会での活躍支援や、大学院生へのキャリア教育を支援を実施 一般社団法人データサイエンティスト協会のスキル定義委員として、スキルチェックリストや100本ノック作成に携わる 慶應義塾大学 総合政策学部 島津明人研究室 上席所員として、ワーク・エンゲイジメント研究の支援 など。 VR おもしろリンク集 AIcia Solid Project - YouTube https://www.youtube.com/channel/UC2lJYodMaAfFeFQrGUwhlaQ 私の YouTube チャンネルだよ! VRアカデミア - 公式ホームページ https://sites.google.com/view/vr-academia/ VR x 学術で面白い発信をしている人たちの集まりだよ! Table of Nuclides VR | VRChatの世界(β) https://www.vrcw.net/world/detail/wrld_3b00c538-6a5f-4b01-b9fc-b2d5c58fed96 立体角図表の上を歩いて遊べる VR chat のワールドだよ! 原子核のエネルギーの谷に入ることで、直感的になんか色々分かるよ! 「げんしかくうらない」は必見! タイムテーブル(前後する場合があります) 開始時刻 内容 13:00 数学カフェのご紹介 13:10 講演1(ベイズ統計) 14:30 講演2(項目反応理論) 15:45 講演3(温度) 16:45 質疑応答 資料の配布と質疑応答へのご参加について 講演の視聴は無料でも可能ですが、ご希望される方には質疑応答への参加と実務面に関する詳しい資料を後日配布します。 申し込み時のアンケートでお知らせくださいませ。 参加の途中で枠を切り替えることも可能です。その際は主催までお声掛けくださいませ。 特に、数学を応用する際には様々な実務に特有の困難が発生します。数学専攻の方で将来の職業選択にお悩み中の方、企業にいて更に数学の応用をされたい方など、ぜひご参加くださいませ。 資料に関するご質問がありましたら mathcafe.japan@gmail.com までご連絡ください。mathcafe.japan@gmail.com にメールを送る 更に楽しむための事前のセッティング Youtube LIVE について アイシアさんのご講演は YouTube Live を用いて行います。 視聴者の方は『チャット(コメント)』機能を用いて質問をすることができます。 画面にコメントが流れたりしてとても楽しいですので、ぜひご参加くださいね。 コメントをするためには事前に Youtube のアカウントを作成する必要があります。 まだアカウントを作られていない方でコメントをしたい方は以下の手順で作成してください。 https://support.google.com/youtube/answer/161805?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja チャットの投稿の仕方は講演前に簡単にご説明しますが、以下のリンク先にも記載されています。 https://support.google.com/youtube/answer/2524549?hl=ja 文字だとわかりにくい方は、こちらの動画がおすすめです。 名前を出したくない、といった細かい希望にも答えてくれます。 https://www.youtube.com/watch?v=HdxA0rZ39d8 ぜひ沢山コメントを投稿して、会を盛り上げてくださいね! Zoomについて 休憩時間中に Zoom で歓談タイムを設ける予定ですが、 Zoom で顔出しをするのはちょっと気が引ける…という方に 2Dのバーチャルキャラクターデビューする方法をご案内します。 この機会に体験してみてはいかがでしょうか? ①携帯のアプリを用いて参加する方法 REALITY というアプリ + CamTwist で iPhone の画面を Zoom に共有 ②自分で描いたキャラクターで参加する方法 Adobe Character Animator + CamTwist でパソコンの画面を Zoom に共有 ※Adobe Character Animator など必要なAdobeのソフトは7日間の無料トライアル期間があります。 方法の解説は以下の記事が一番分かりやすかったです。 https://jittodesign.org/vtuber-16854/ ②の場合、 Photoshop を使ってオリジナルのキャラクターを作成します。 (Adobe Character Animator にもいくつかキャラクターが用意されており 自分で描かなくても試してみることが出来ます。) ■キャラクター画像ファイルの構成と Adobe character Animator への読み込み方法など ■iPad/Photoshop を使ったキャラクターの描き方の参考動画 以上、数学カフェからのプラスαのご提案でした。 お知らせ 1/6 13:13 皆様早速のお申し込みありがとうございます。 有料枠でのお申込者にconnpassでエラーが発生していました。 原因と数学カフェの対処について下記に記載いたします。 エラーの状況 PayPalのアカウントを作成して日が浅いため 実際に振り込まれるのに遅延が発生しております。 遅延の理由は、PayPalのサイト記載の通り 『・お客さまはPayPalの新しい売り手であるか、実績のある売り手であるが新しいアカウントを開設されました。』 に該当します。 そのため、connpassの方で支払い完了と認識されず、有料枠へのお申込みにエラーが発生し、申込み出来なくなっておりました。 数学カフェの対処 PayPalの利用・connpass経由の資料申込みを停止します。 申し込み枠を1つに統一し、申込時のアンケートで資料の要不要をお尋ねし、 ご希望される方に個別にご対応致します。 有料イベントにて上記のようなトラブルが発生し申し込まれた皆様にご不安な思いをさせてしまい 大変申し訳ございません。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 お知らせ終わり 数学カフェとは 数学カフェは2015年3月より、誰もが最先端の数学に触れられる機会を提供しております。 過去の活動実績については以下を御覧ください。 数学カフェの活動実績

11/21 (土)

E79a824686a38865e66b1b8d9e06f174 VS Code Meetup
VS Code 5 周年イベント!!
※新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、本イベントは「オンライン参加のみ」といたします。 ★セッション登壇(CfP)募集中★ 1次申し込み(2020/08/31 締め切り)は受け付け終了しました。 2次申し込み(2020/09/23 締め切り)は受け付け終了しました。 選考結果につきましては、別途、VS Code Meetup の Slack にてご本人へご連絡させていただきます。 イベント概要 VS Code 5周年イベント です! Visual Studio Code がリリースされてからもうすぐ 5 周年になるのを記念して、VS Code Meetup 主催のデジタルイベントを開催いたします!!! Visual Studio Code に興味がある方、Visual Studio Code を愛している方、我こそはと Visual Studio Code について語りたい方など、みんなで集まって 5 周年をお祝いしよう!!! 【日時・開催場所】 日時: 2020年11月21日(土)10:00 〜 17:00 開催場所: オンライン 【参加方法】 当日は、オンライン配信での開催を予定しています。 参加URLなど、詳細は調整中のため、別途、進展があり次第更新いたします。 【LT枠について】 1 人 5 分の持ち時間で、VS Code に関する内容であれば OK です! 参加申し込み時に、アンケートを用意していますので、回答をお願いいたします。 アンケートへの回答がない場合、運営側で登録をキャンセルさせていただく可能性があります。予めご了承ください。 【タイムテーブル】 ※タイムテーブルは変更となる可能性があります。 ※セッショントラックに加えて、ハンズオントラックも予定しています。 ※ハンズオントラックについては、別途申し込みが必要です。こちらイベントページから参加登録をお願いします。 時間 Track 1 - Sessions Track 1 - Speaker Track 2 - Hands-On 10:00 〜 10:30 オープニング 職業「戸倉彩」 10:30 〜 10:40 休憩 - - 10:40 〜 11:10 【初級 / Beginners】はじめての VS Code and Codespaces Nori Suzuki Part1. Hello VS Code! 高機能テキストエディタとしての VS Code の基本を体験しよう 11:10 〜 11:20 休憩 - 〃 11:20 〜 11:50 【初級 / Beginners】AI/MLエンジニアに伝えたい令和時代のVS Code使いこなし術! もっちゃん / mochan_tk 〃 11:50 〜 13:00 昼休憩 Lunch Time - - 13:00 〜 13:30 【初級 / Beginners】アプリ開発&チーム管理で役立った拡張機能など makky12 Part2. GitHub Codespaces x LINE x GCP ハンズオン 新時代のモダン Web アプリ開発体験 13:30 〜 13:40 休憩 - - 13:40 〜 14:10 【初級 / Beginners】Fortran が拓く世界、VS Code が架ける橋 degawa 〃 14:10 〜 14:20 休憩 - 〃 14:20 〜 14:50 【初級 / Beginners】Visual Studio Code 拡張機能の活用 ~ 適切に組み合わせてマイクロサービスアプリ開発の全プロセスを一つのツールで管理してみよう! Shotaro Suzuki 〃 14:50 〜 15:00 休憩 - 〃 15:00 〜 15:30 【中級 / Intermediate】Remote Development with Podman Shion Tanaka / 田中司恩 〃 15:30 〜 15:40 休憩 - - 15:40 〜 16:10 【上級 / Advanced】最強の Dev Container を考える Atsushi Morimoto(@74th) - 16:10 〜 16:20 休憩 - - 16:20 〜 16:50 ライトニングトーク (LT) - - EmacsおじさんのVS Code挑戦記 nakayoshix - VS CodeがSQL クライアントになる ~ DBにVS Codeで接続する まっぴぃ お気に入り拡張機能について shiro-kujira この日のために拡張機能を開発してみた(仮) Colloid お勧めされたので REST Client を使ってみた 放浪軍師 16:50 〜 17:00 クロージング VS Code Meetup Organizer - 【セッション概要】 はじめての VS Code and Codespaces 今さら聞けないVS Code超入門! Microsoft Igniteの公式セッション「Visual Studio Code」を日本語で日本のコミュニティ向けにアレンジしてお届けします。VS CodeとVS Codeをクラウド上で使えるCodespaces(※Visual Studio CodespacesはGitHub Codespacesに統合されました)について、これから使い始める方にピッタリの入門コンテンツです。 Level / 難易度: Beginner / 初級 想定する主な聴講者: 開発者・インフラエンジニア・アーキテクト他 Nori Suzuki Microsoft Blog: https://communityfirst.dev/ Twitter: @szkn27 Facebook: szkn27 IT系出版社にて技術書の編集やWebサイトの運営、テックカンファレンスの企画などを経て、畑違いの外資系企業に飛び込む。 "コミュニティファースト"をスローガンに、エンジニアが世界を変える活動をお手伝いしている。 機械学習エンジニア的 VS Code使いこなし術! VS Codeは機械学習エンジニアには関係無いと思っていませんか?実はそんなことはありません。本セッションではVS Codeがいかに機械学習エンジニアにとって強力なツールかをお伝えしたいと思います。 Level / 難易度(初級、中級、上級): Beginner / 初級 想定する主な聴講者: 機械学習エンジニア、Pythonエンジニア 河本貴史(通称:もっちゃん) Twitter: @mochan_tk Facebook: takashi.kawamoto.777 とある機械学習エンジニア。クラウドの機械学習系サービスが好きでAzure, GCP, AWSの三大クラウドをマルチにいじって遊んでいる。最近はフルリモートで家事・育児が捗りすぎています。Azure Machine Learning 好き。 アプリ開発&チーム管理で役立った拡張機能など 私がサーバーレスアプリ開発を行う上で役立った拡張機能やその他モジュールなどについての発表になります。(サーバーレス開発でなくても有用な拡張機能・ツールだと思います。) Level / 難易度: Beginner / 初級 想定する主な聴講者: 初心者・初学者の方、VS Codeで開発に携わっている方 Makky12 フリーランス Blog: https://makky12.hatenablog.com/ Twitter: @makky12 Facebook: makkey12 GitHub: smt7174 愛知県在住のフリーエンジニア。AWS&Serverless Frameworkでのサーバーレスアプリのアーキテクチャ構築・設計・開発に深く携わっております。現在は主にサーバーレスアーキテクチャについて勉強中です。 Fortranが拓く世界,VSCodeが架ける橋 本発表では、科学技術計算向けのプログラミング言語であるFortranが目指している世界を紹介し、その世界に至る過程で生じている問題にどのように立ち向かおうとしているか、そこでVSCodeがどのような役割を果たしているかを紹介します。 Fortranは、世界最古の高級言語であるFORTRANを祖先に持つプログラミング言語であり、スーパーコンピュータ等の大型計算機で高性能な計算を達成するために用いられています。Fortranは学習の容易さと高速な動作を両立しており、情報工学を専門としない研究者や技術者に愛用されています。 一方で、Fortranに対して多くの問題が指摘されています。例えば、互換性維持のために記述が非常に冗長になること、開発環境が他言語と比較して貧弱であること、いわゆるレガシーコードが多く存在していること、大型計算機でプログラムを実行できるようになるまでの難易度が高いこと等が挙げられます。これらの問題に直面したユーザが、コード固有の問題を言語の問題として捉え、Fortranを非難する事態も生じています。 上述の問題に対して、VSCodeのコードスニペット機能や充実したエクステンションを活用することで、利便性の改善と開発環境の整備を行った事例について報告し、なぜVSCodeなのか、何をVSCodeに期待しているかについてお話しします。VSCodeのメインユーザ層にとってFortranは興味の対象ではないでしょうが、本発表で触れるFortran/FORTRANの栄枯盛衰は、自身が利用しているプログラミング言語との付き合い方を考え直す機会を提供します。" Level / 難易度: Beginner / 初級 想定する主な聴講者: Fortranを利用している人、製造業でプログラム開発をしている人、Fortranの実情を知らない人、プログラム開発方法論のブルーオーシャンを探している人 出川智啓 モダンFortran勉強会 「ウケるかな?」という単純な理由でFortranによるオブジェクト指向プログラミングを始める。以来、数値シミュレーションプログラムの効率的な学習・開発方法に興味を持つ。 Visual Studio Code 拡張機能の活用 ~ 適切に組み合わせてマイクロサービスアプリ開発の全プロセスを一つのツールで管理してみよう! Visual Studio Code を単に高機能なコードエディタと呼ぶ人もいますが、拡張機能を適切に組み合わせて使うことで、アプリの UI デザイン・開発・テストから運用・監視まで、アプリケーションライフサイクル全般にわたり活用できます。このセッションでは、マイクロサービスのサンプルアプリを例に、この全てのフェーズにおいて Visual Studio Code を活用してアプリを管理する方法をご紹介します。 Level / 難易度: Beginner / 初級 想定する主な聴講者: 開発者・インフラエンジニア・アーキテクト他 Shotaro Suzuki Elastic Twitter: @shosuz Facebook: shosuz Elastic Technical Product Marketing Manager/Evangelist。 2003年マイクロソフト入社。公共営業部門の担当アーキテクトとして .NET の技術啓発活動に従事。 2006年開発者向けマーケティング部門に異動、テクニカルエバンジェリストとして iOS/Android や Microsoft Azure の開発者向け技術啓発活動を10年にわたり担当。日本マイクロソフト退社後は、Dell、Accenture 等を経て、2019年4月より内閣官房政府 CIO 補佐官に就任。クラウドバイデフォルトの観点から最先端IT国家宣言の実現に向けた新しい政府システムの企画・開発・設計を指導する。 政府 CIO 補佐官と兼務でクラウドベンチャーでエバンジェリストを努めた後、2020年6月からは Elastic で技術啓発活動と、17年にわたり一貫して開発者向け技術啓発活動に携わる。 Remote Development with Podman PodmanはDocker互換かつOSSのコンテナーエンジンです。RHEL8/CentOS8からはDockerがサポートされなくなりPodmanが標準のコンテナーエンジンとなりました。新しいコンテナーエンジンでありDockerに無い特徴も備えていることからPodmanの注目度が上がってきています。今後さらにPodmanを利用したコンテナーの実行、開発も増えていくと思われます。そこで本セッションではDockerではなくPodmanを使ったVS Code上の開発方法を解説します。VS CodeにおけるPodmanのサポートはまだ始まったばかりでまだ発展途上です。本セッションに参加することで「VS Code + Podmanを利用したコンテナー上の開発手法」「Remote Development + Podmanの最新動向」を知ることができます。なお、本セッションはVS Code Meetup #6でのLT内で少し紹介したPodmanとRemote-Containersを利用する方法をより具体的に紹介する内容となります。 Level / 難易度: Medium / 中級 想定する主な聴講者: RHEL8/CentOS8利用開発者、その他OSでのPodman利用開発者。Remote-Containersを使ってコンテナー上の開発を行いたい人。 田中司恩 レッドハット株式会社 Blog: https://tnk4on.hatenablog.com Twitter: @tnk4on Facebook: tnk4on 音とテクノロジーが重なる領域が好物のデジタルクリエイター。本業ではソリューションアーキテクトとしてOSSの製品や技術に携わる。最近はMeetupでのライブ配信担当や自身のライブ配信に関するノウハウを情報発信中。 最強の Dev Container を考える Level / 難易度(初級、中級、上級): Advanced / 上級 想定する主な聴講者: Dockerコンテナとしてデプロイするアプリの開発者 昨今のアプリケーションはDockerコンテナで運用されることが多いです。 VS Codeのリモートコンテナ機能は、開発環境をもDev Containerと呼ばれるDockerコンテナの中に収めて、ローカルと同様の操作性で開発が進められるようにする先進的な機能です。 発表者は、VS Codeに留まらずDev Containerを使った開発方法が近い未来の当たり前の開発環境になるのではないかと考えています。 そんなDev Containerの構築方法に絞って、以下の様なトピックをお話します。 Dev Containerを今すぐ作って開発を始める方法 リモートコンテナ機能を使うことの利点はなにか Dev Containerにはどんなことが設定できるか Dev Containerの中には何を入れるべきか 本番アプリコンテナに近いDev Containerを作るにはどのような方法があるか チームでDev Containerを運用する方法について 本講演では以下については、話しません。 Docker環境の構築方法や、Dockerの使い方 リモートコンテナ機能の一般的な使い方(簡単には説明します) Visual Studio Codespaces Atsushi Morimoto (@74th) 株式会社Mobility Technologies AI技術開発部 Twitter: @74th Facebook: atsushi.morimoto.142 サーバサイドエンジニア。単著『Visual Studio Code実践ガイド』発売中。 【主催】 VS Code Meetup 【諸注意】 登壇の内容やタイムスケジュールは変更となる場合がございます。 当日は写真・動画を撮影し、後にイベントレポート等、メディアで公開させて頂く事がございます。 採用・営業等の目的での参加は禁止致します。 【CfP でご応募いただく内容に関して】 CfP につきましては、Visual Studio Code に関わるもの であれば、その内容を問いません。 運営側での検討のため、入力内容に「Level / 難易度(初級、中級、上級)」を設けてありますが、難易度によって CfP が通りやすい/通りにくい といった制約は設けておりませんので、予めご了承ください。 【CfP 相談会】 「CfP って何?」「CfP ってどう申し込みすればいいの?」「こんなネタを考えているけどあり?なし?」 という方のために、VS Code Conference Japan スタッフとの相談会を開催します。 ~~ ~~興味ある方は是非、参加してみてください。(スタッフからのアドバイスももらえるかも?) * VS Code Conference Japan CfP相談会 (9/19) VS Code Meetup へようこそ! 【VS Code Meetup とは】 強力かつ軽量なオープンソースのコードエディター「Visual Studio Code」のミートアップです。 各回テーマを分けてセッションを開催します。最初は月1回開催でやっていきます! 今後は分科会や地方展開も検討しているので、興味あるかたは運営メンバーにお声がけください。 一緒にコミュニティを盛り上げていきましょう! 【はじめて申し込まれる方へ】 申込者への全体アナウンスは基本的にconnpassのメッセージ機能を使用しますのでチェックをお願いします。 Slack開設しました! Twitterでのハッシュタグ(#vscodejp)の他に、情報共有用のSlackワークスペースを作りました。こちらから参加してください。 【これまでの Meetup イベント】 2019年12月18日(水) VS Code Meetup #1 - 初回基礎編 2020年1月23日(木) VS Code Meetup #2 - Live Share編 2020年2月19日(水) VS Code Meetup #3 - Extensionを使う編 2020年4月7日(火) VS Code Meetup #4 - Extensionを使う編2 2020年6月3日(水) VS Code Meetup #5 - VS Codespacesハンズオン 2020年7月15日(水) VS Code Meetup #6 【行動規範】 Microsoft Open Source Code of Conduct 上記のCoCに加えMeetupでは、VS Codeに関係せず、飲食や勧誘などを主目的とした参加は固くお断りします。 その場でお声がけしご退場いただく、ブラックリストとして登録し以降のMeetupの参加を一切お断りする、 他のMeetup主催者とも情報を共有するなど、厳しく対応します。 また、無断キャンセルも極力控えていただくよう、皆さんのご協力をお願いします!