Kuma (@minikuma17)


参加する勉強会



過去の勉強会

8/23 (金)

2434de8d3ac6a7e7435ae0b2695f953c RPACommunity
名古屋でも熱く盛り上がりましょう!RPAベンダーさんも呼びます!
業界初の完全なユーザー主体のRPAコミュニティ「RPA Community」が主催するRPA勉強会&LT会です!名古屋開催大好評につきvol.2開催!! 豪華!RPAツールベンダー各社セミナーもあります! まず最初に一言 RPAユーザー同士で情報や悩みを共有しながらRPAを学び、各々が目指す業務改善・働き方改革の実現に繋げましょう! すでにRPAに取り組んでいる方、これから学ぼうとしている方、ちょっと興味がある方、どんな方でも大歓迎です。 RPAに関するネタ、悩みや、言いたい事を、狭くはRPAですが広くは自動化 < 業務改善 < 働き方改革に繋がるテーマでLT(※)を楽しみましょう! ※ LTとは「Lightning Talk(s)」の頭文字を取ったもので5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。 お知らせ!! RPAの概要が掴めるセミナー内容も予定しています! 詳細は追って更新いたしますが、タイムテーブルをご参照ください。 参加メリット ユーザー主体イベントならでは。営業トークも宣伝トークもありません。RPAに関する情報を得ながら、拡くは業務改善・働き方改革に至る様々な情報を参加者同士で楽しく交換し合えるイベントです 参考 東京第2回実施/リアルタイムアンケート結果 参考 名古屋前回ツイートまとめ 参考 東京第4回web記事 参考 東京第3回web記事 開催前後の交流のためのFBグループもあります! RPACommunity Facebookグループ 是非ご参加下さい! LT立候補者募集!(抽選) こちらにコメントお願い致します。 会場はCODE BASE NAGOYA! アクセス ◆場所  会場 CODE BASE NAGOYA  住所 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル6F ◆最寄  地下鉄東山線「新栄町駅」2番出口より徒歩1分 入館方法 直接6F階までいらしてください。 19:00を過ぎると正面玄関が閉鎖となりますので、裏口よりご入館ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表タイトル 18:00 開場(受付開始) WelcomeアルコールとWelcome駄菓子で交流 18:30 オープニング: Mitz アンケート説明&コミュニティ趣旨説明 名古屋支部説明: あーちゃん 名古屋初開催と今後の展開について説明 【スポンサーLT】CODE BASE NAGOYA(コードベースナゴヤ)/株式会社プロトコーポレーション 深見様 RPAセミナー:坂巻元基さん/NTTアドバンステクノロジ(WinActor) WinActor ver6 新機能いろいろ AI-OCRセミナー:幸田 桃香さん/AI inside (DX Suite) AI-OCRの"?"を解消 休憩 【スポンサーLT】Mitz feat RPABANK RちゃんのRPAニュース 松田紘和さん RPAと経理業務の標準化について 北川朋美さん/株式会社プラス・アルファ IT初学者によるRPA開発について 宮野雄司さん/パーソルテクノロジースタッフ株式会社 東京・名古屋2都市で開催!UiPathわちゃわちゃ会から見えたこと 清水ひろさん/中産連 いにしえの業務改善とRPAの出会い RPAセミナー:藤根さん/UiPath スマホからUiPathのロボットを動かしてみる クロージング: 総括・集合写真撮影 20:00 懇親会(任意) 21:00 完全撤収 参加費 500円 参加方法 本イベントページ上記の”このイベントに申し込む”ボタンよりおすすみください。 受付 受付にてconnpassの参加画面をお見せください。 Codebase名古屋の利用者登録があります。 利用登録後、身分証明確認がありますので、名刺、免許証等をお持ちください。 主催 名古屋主催 あーちゃん RPAをきっかけにITツール全般に目覚めた古き良き昭和企業の会社員。 「RPAやITツールを社内外に普及させる面白さ&苦しみを共有し、前に進むチカラを分け合いたい」 RPA・ITコミュニティはそんな場だと感じています。 仲間がいるって思えるだけで、人は強くなれる! 東京本体主催 チャラ電Mitz / web記事 仕事とは関係なく個人的にRPA推進に精進中。IoT界隈ではチャラい見た目でちょっとだけ有名?らしい。 「コミュニティ運営芸人」と呼ばれ10以上のコミュニティを主催・運営し、各種イベントの司会から雑用まで何でもこなしてます。 このイベントに申し込まれたりご興味のある方はお気軽に友達申請どうぞ。 補佐 あやや コミュニティマネージャーとして、IoTやRPAやIT女子部の運営に携わりながら常に勉強中!女性が楽しく学べる場を築いていきたい! 協力 RPABANK 諸注意 イベント内容は一部変更になる可能性がございます。 イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。 お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。 当イベントでは全ての参加者がこのイベントを楽しめるよう、RPACommunity運営グループの管理のもと開催しています。そのため、以下のような行動を取られた方は退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。  ■他の参加者やLT登壇者に対しての迷惑行為と見られる言動や行動  ■人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本イベントとは関係のない勧誘

7/15 (月)

1f35adff100107f73125a2a24a49ed04 IBM見習い隊
「オリジナル分類機」を作ろう
内容について 第2回目の今回はWatson Visual Recognitionを使って画像認識の基礎とスマホで使える画像認識分類器を作っていきます。Watsonは簡単に導入することができ、手軽に人工知能アプリを作成することができます。ディープ・ラーニングを使用して画像に写った物体・情景・顔など様々なものを分析・認識するVisual Recognitionを使用します。プログラミング未経験者でも自信の無い方でも楽しんでいただけます。機械学習や画像認識に興味がある方もしくはWatsonに興味がある方でしたらどなたでも参加して頂けます。今回は、IBM Championの石井さんをお招きします。 ご参加お待ちしております! 予定 時間 内容 17:30 開場、入場開始 18:00~19:15 「画像認識とは」「Watson Visual Recognitionでできること」 19:15~19:30 休憩 19:30~21:00 オリジナル分類器をつくろう(ハンズオン) ※予定は多少変更する可能性があります。 ※終了後、有志で懇親会を予定しております。 持ち物 ※必須 Wi-Fiが使えるノートパソコン(Wi-Fiは会場で使えます) 事前準備 ※必須 IBM Cloudアカウント作成は以下のURLからお願いします: https://ibm.biz/Bdzyhd 取得方法のガイドはこちら(動画): https://youtu.be/Krn1jQ4iy_s?t=44 (動画は https://ibm.biz/BdzB7N にアクセス後の部分から開始するようになっています。 アカウント作成のURLは動画のものではなく https://ibm.biz/BdzB7N からお願いいたします)

6/30 (日)

まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できる
プログラミングは初めてだけど、Pythonから始めてみたいという方のために、無料のハンズオン開発講座をご用意いたしました。 Pythonが注目されている理由とは? 「少ないコード量で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある言語で、広い分野で使われています。なかでもPythonは、ディープラーニングのライブラリーが圧倒的に豊富で、「人工知能(AI)をやるならPython」と言われるほどです。 参考)Pythonのライブラリー事例 ・tensorflow:ディープラーニングのフレームワーク ・keras:ディープラーニングのフレームワーク ・jupyter:Webブラウザ常で操作できるPythonカーネル ・h5py:h5形式で保存 ・Flask:Webアプリのフレームワーク ・scikit-lean 機械学習ライブラリ ・matplotlib:グラフライブラリー ・OpenCV-python:画像処理ライブラリー 世界的に見ても、PythonはJavaやPHPを抜き、1位の人気を博しているプログラミング言語なのです。 また、Pythonは教育用のプログラミング言語としても有能で、最初に学ぶ言語としては最適との評価も高いプログラミング言語です。とういうのも、誰が書いても同じようなコードになるため、他の人が書いたコードを元に勉強するのが簡単だというわけです。 PythonはGoogleやNASAの内部でも利用されており、現在でもGoogleの求人情報にはPythonエンジニアの求人が存在します。 これからプログラミングを勉強するなら、Pythonしかありえないといっても過言ではありません。 インストール不要ですぐに始められるのがPython iPhoneアプリを開発したいなら、Xcodeをダウンロードしなければなりません。 PHPでWEBサイトを作りたいなら、サーバーにPHPファイルをあげたり、mySQLでデータベースを構築しなくてはなりません。 このように何か開発したい時に必要最低限の環境構築が大変なのがプログラミング習得の難しさで、今まで多くの人々が挫折してきました。 しかし、Pythonを学びはじめるときに必要なのは、ネットにつながったPCだけでOKなのです。 今回の講座でご用意いただくものは、PCとメアドだけ GitHubというプログラムソース管理・共有ツールで、サンプルソースを共有いたします。 申し込み後にGitHubにご招待いたしますので、あらかじめGitHubの登録をお済ませください。 https://github.com/ 開発は、グーグル社が提供するColaboratoryにアクセスした画面で行います。 ローカル環境のエディターでプログラムコードを書いたあと、そのソースをコピーして、ここでビルドするというやり方です。(今の時点で何を言っているかわからない方も、それでOKです!!) https://colab.research.google.com/notebooks/welcome.ipynb エディターはメモ帳でもなんでも構いませんが、Visual Studio Codeがオススメです。 https://code.visualstudio.com/ 入門講座のアジェンダとゴール設定(本講座の狙い) 非常にシンプルなサンプルコードを少しずつバージョンアップしながら、「じゃんけんゲーム」を作り上げていきます。 バージョンアップごとに課題が用意されていて、各参加者のスピードにあわせて解いていただきます。 もしつまづいても、スタッフが手取り足取りサポートする「ハンズオン形式」の講座となります。 <本講座で得られること> ・Pythonの基礎的な文法の理解 ・ソースコードを読めるようになる ・自分でゼロからコードを書けるようになる もっとも効率的なスキル習得「TechGYM方式」とは? 「TechGYM方式」とは、基礎知識なしでも、座学なしでプログラミングに専念できるように設計されたプログラミングのカリキュラムメソッドです。 優れたエンジニアの多くは、職業訓練学校や研修スクールで学ぶような学び方をしません。 作りたいものを作っていたら、自然に習得できているのです。そして、優れた指導者(メンターや師匠)との出会いがエンジニアとしてのプロフェッショナル性を高めます。 この自発性とプロフェッショナル性を兼ね備えたのが「TechGYM方式」です。 授業を聞いたりテキストを読むことで失う時間を、純粋にプログラミング時間に向けることで、習得効率は飛躍的に向上し、モチベーションも維持できます。 その時点で知らなくていい知識や概念を可能な限り削ぎ落とし、知るべきタイミングが訪れた時にはすでに課題を通じて覚えているようなスキル習得の自動化を図ります。 講座で用いるサンプルソースや課題は、最も効率よく学べるように細部に渡って設計されています。 まるで魔法にかかったようにプログラミンスキルが習得できるのが「TechGYM方式」の醍醐味です。 百聞は一見に如かず。実際に講座に参加して「魔法体験」をしてみてください。 【4月1日】Pythonスクール「テックジム赤坂見附校」本格開校 4月1日より、テックジム赤坂見附校が本格オープンします。 月額2万円で、参加し放題のサービスとなります。 他にもテックジム赤坂見附校の特徴は、 ・平日夜の毎晩開催 ・トレーナーは現役のエンジニア ・女性と学生の月会費は50%割引 ・会員の同伴参加は無料 ・ピザナイトを月1で開催(無料) ・キャリア相談 などの会員特典のほか、 早期入会特典として有料体験会が全部無料、入会金が無料となっております。 詳細はこちら http://techgym.jp/?p=22

6/28 (金)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
IoTLTオンラインと接続してやります!
名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになっていますが、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 基本的には、今回は同じ時間に東京で行われている「IoTLT オンライン vol2 - 赤坂TBSより配信」とオンラインで結んでのイベントとなります。予定としては名古屋のLTも東京に飛ばしたいと考えています。(LTの内容は一般公開されますので、ご注意ください) https://iotlt.connpass.com/event/131844/ 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。3件程度を想定しています。 時間 内容 発表者 19:00 開場 19:30 オープニング 19:40 オンライン接続 東京側との接続をいたします LT枠① @KokiMiura 「LINE Thingsで遊んでみた(仮)」 22:00 解散