丸屋正志 (@mati_san76)


参加する勉強会

12/19 (火)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第79回 コンなご勉強会 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 今回も先月に引き続き、Express の紹介を行います。concrete5 で簡単にデータベースを構築できる Expresss オブジェクト。可能性が大きく広がります。 ヘアーサロンのスタイリスト勤務表から製品データベースまで様々な情報を整理することが出来ます。 ページ以外のデータを取り扱い、アソシエーションという関係を持たつぇることが出来る Express 。色々なメニューを用意して、参加者のレベルや質問を元に話し合いを進めていきます。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/pg/basecamp758/events/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります 主な内容 concrete5 最新情報 Express の説明 質問・要望を受付 質問・要望を元に勉強会を進行 ※ ワークショップを行うかどうかは決めていません。 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 concrete5 CMS に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 企業・団体の Web 担当者で HTML&CSSの知識が有る方 趣味で Web サイトを運営している方 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 パソコン (必須かも) おそらく、デモデータを使ってワークショップを行います。 おそらく、開催日当日に concrete5 の専用デモデータをお送りし、通常のインストールとは違う方法で教材用 concrete5 サイトをインストールしていただきます。 モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年12月19日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。( 2017年4月からは15時となります。 ) 2017年4月から: Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方は 1600 円となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

12/20 (水)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 今年のre:Inventでも沢山のサービスがリリースされました。 今回は忘年会も兼ねてre:Inventに行った(つもりの)方が、自分自身が気になるサービスについて 熱く語ります。 忘年会も兼ねているので会場では飲み物(アルコール有)と軽食を準備します。 ※スポンサー様よりご提供頂きます!!  ・ 来栖川電算 (http://kurusugawa.jp/) また、20:00頃には各地で併催されているJAWS-UGとインターネットと繋いで乾杯もする予定です。 JAWS-UG名古屋として、今年最後のイベントとなります。 わいわいがやがや盛り上がりましょう!! 【スケジュール】 18:30 受付開始 19:00 LT開始 20:00 各地を結んで乾杯 21:00 後片付け、退室 ※続きは近くのHUBにて開催を予定しております。 【注意事項】 飲み物、軽食の準備がありますので、直前のキャンセル・無断欠席はやめてください。 買い出しと片づけがあるのでお手伝い頂けると幸いです。 【参加のルール/マナー】 イベントに参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 JAWS-UGはNo sell, No Jobです。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 https://jaws-ug.jp/for-participant/


過去の勉強会

12/7 (木)

1f71846c9188badb9095852d9867f815 Hack U
対象者 参加対象者を学生の方、または若手のエンジニアに限定させていただきます。 我こそは若手エンジニアという方、奮ってご参加ください。 追記(11/13 学生優先ということで、学生枠を10枠に増枠させて頂きました。 キャンセル待ちの方へ 追記2(12/1 好評のため、おかわり講演を検討しております。乞うご期待!! 今回のテーマ 今回のテーマは、【Google Home】です! 発売されたばかりのGoogle Home向けのアプリをActions on GoogleとDialogflowを使って作ってみましょう! https://developers.google.com/actions/ https://dialogflow.com/ ワークショップについて まずActions on GoogleとDialogflowの使い方、Google Home向けのアプリの作り方を説明します。 その後のハンズオンで実際に動くGoogle Home向けのアプリを作ります。 ハンズオンでは、Yahoo! JAPANの現役エンジニアたちがサポートするので、 スキルに自信がない方も安心してご参加ください! 開催概要 日時 2017年12月7日(木)17:30受付開始、18:00開始、21:00終了予定 タイムスケジュール 時間 内容 17:30〜18:00 会場受付 18:00〜21:00 Google Home ハンズオン 会場 ヤフー名古屋オフィス アクセス ヤフー株式会社 名古屋オフィス (愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー) 地下鉄「名古屋」駅 徒歩4分 JR各線「名古屋」駅 徒歩7分 名鉄「名古屋」駅 徒歩9分 近鉄「名古屋」駅 徒歩9分 持ち物 ノートPC(WindowsあるいはMac)/ 充電ケーブル(会場に電源タップの用意はございます) 事前準備 Googleアカウントをご用意ください。 注意事項 当日のイベント内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 イベントレポート作成のため、お写真や動画を撮らせていただくことがございますのであらかじめご了承ください。 イベントはやむを得ず中止させていただく場合がございます。 Twitter, [email protected] ヤフーでは今後もイベントを行う予定です。 イベント情報は以下のアカウントで随時配信しますので、ぜひフォローしてください! https://twitter.com/hackujp https://page.line.me/hacku

12/6 (水)

C7675b4c9df185dd6af93b8b6b15009c Power BI 勉強会
データを集計分析したい?それならPower BI と Excel で!
名古屋 開催の Power BI セミナー参加者募集お知らせです。 こんなときは Power BI と Excel を活用しましょう。 定期的なデータの集計やレポート業務が面倒だなと感じる。 最新の集計されたレポートをいろんなデバイスでも確認したい。 大量のデータをだれがどう扱うのか、専門の技術者が必要なのかわからない。 たくさんの種類のデータソースをうまく組み合わせたい。 顧客や上司を説得するプレゼンテーションにデータを用意したい。 このセミナーについて お伝えしたいこと Microsoft Power BI Microsoft Power BI の対話型データ視覚化 BI ツール Microsoft社が提供するビジネスインテリジェンス(BI)ツールのスイートです。得られたビジネスデータを分析し仕事に役立てたいときに用いられることが多いのですが、特に、どのような結果なのか(Hindsight)、どのようなことが起きているのか(Insight)をすぐさま可視化(ダッシュボード/レポート)しメンバーへの共有を容易にすることができます。 お仕事で多く使用されている Microsoft Office / Office 365との連携がとても便利なのです。 Power BI の 概要 と 機能 Power BI Desktop の役割と機能 Microsoft Office Excel お仕事でも多く使われている Office アプリケーションのひとつですが、Excel 2016 でもっと多彩で便利な集計分析機能があるのをご存知ですか? VBA を使うことなく Excel だけでもとても簡単に複雑なデータ処理ができるようになっています。また、Power BI と組み合わせるともっと便利に使えるのです。 データの取得と変換 (Power Query) ピボットテーブル / Power Pivot 前回は、11/13 に開催しました。 概ね同じ内容となりますが、 環境の準備やデータの整理、レポートの発行まで 必要な手順と便利な機能の使い方 など、実践的な内容を追加していく予定です。 参加お申込み connpass へのユーザ登録が必要になりますので、まだ登録がお済でない場合はご登録後お申込みください。 入館者リストの作成およびお名前/お勤め先の確認のため、入場受付時にお名刺を1枚ご提出頂きます。あらかじめご用意をお願い致します。 日時 / 会場 2017/11/13 14:00 ~ 17:00 (受付:13:30~14:00) 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 セミナールーム 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー21F 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 ご協力ありがとうございます 特別協賛 日本マイクロソフト株式会社 協力 一般社団法人 実践ワークシート協会 Power BI 勉強会について 普段はユーザーコミュニティの勉強会を週末などに開催していています。東京での開催ばかりでしたが、今回は名古屋をはじめとする中京地域の皆さんにむけて平日セミナーをお知らせすることができました。お仕事モードはもちろんですが、ぜひともお気軽にお越しください。 Power BI を使い始めるには Power BI Desktop を使い始めるには - Qiita Excel で Power Query を使い始めるには - Qiita

065d9c3a04fcc72e941b60c63551da0e NGK2017B
昼の部(LT大会)の参加募集ページです。 イベントの詳細については NGK2017Bトップページをご覧ください。 LTタイムテーブル 全日のタイムテーブルはこちらを御覧ください。 発表順は当日発表者の希望を考慮し、11/25(土)に決定いたします。 →発表者の希望を考慮した上で、こちらのコードで生成しました。 時間 発表者 タイトル 13:00- 開場 14:00-14:10 オープニング LT#1 14:10-14:40 kazuki_kachi プロトコル的な話 ysk-tngc Mobile Act の紹介 terurou Vue.jsをHaxeで yoshihiro503 yusuke_kokubo 名古屋に住みながら毎週京都や東京や福岡に通う生活 休憩 14:40-14:55 LT#2 14:55-15:25 youku_s ElmでWebサービスを作るふわっとしたお話 y_taka_23 LiquidHaskell で普通の型システムの上を行け tinymouse_jp Ryuichirou 僕が小規模なコミュニティを運営し続けるときに考えたこと eitoball 休憩 15:25-15:45 LT#3 15:45-16:15 youhei_yamaguchi 毎朝体操杯 in NGK2017B maeda_ (欠員) niwasawa コードを1行も書かずに iOS アプリをリリースできるのか? totomo1217 ヤフー名古屋オフィスの紹介 休憩 16:15-16:40 LT#4 16:40-17:10 kawaji_scratch AWS最大のイベント re:Invent2017を参加せずに語る sqm8 ぜったい当たる宝くじの買い方 kaizen_nagoya bleis-tift PCさえあればいい。 sh-ogawa 受託、SES、WEBと経験したので 振返って比較してみた 休憩 17:10-17:30 LT#5 17:30-18:00 MasakiOhta 藤井智康 キミは小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか! Kuxumarin いんたーんしっぷゆるふわ所感 mzp Inside InputMethod katzueno 2020年小学校英語 & プログラミング必修化記念。GitHub で使える英会話講座 休憩 18:00-18:20 LT#5 18:20-18:50 aua2008 mituhiromatuura GR-PEACH & TOPPERS/ASP で電子工作 noob Haskell × Elm × Kotlin で Android アプリ作った話 smogami STRANGER TYPINGS garriguejej 名大プログラミングコンテストの宣伝 18:50-19:05 クロージング、告知等 19:05-19:25 夜の部会場へ移動(Googleマップ) 一般LT枠希望の方へ 10年目の節目を迎える今回は、IT系コミュニティで交流し、名古屋のIT系コミュニティを盛り上げたい という初心に立ち返り、より様々な方の発表が聞けることを目指しています。 これまで発表してくださった熱心な方々の多くが、.netや関数型プログラミングなどの比較的近しいコミュニティに所属していることもあってか、発表者や参加者がややかたよってきました。ですが、NGK2016Bではモバイル、IoT、クラウド、機械学習など、名古屋の多様なITコミュニティの方が発表してくださいました。 そこで、これまで以上に幅広い発表が聞けるように、LT枠は早い者勝ちではなく 抽選 とします。できるだけバラエティに富むように、近い内容(例:あるプログラミング言語の紹介が2人かさなった、など)のLTはどちらかのみ残すなど、抽選に一部かたよりをつける場合がございます。恣意的な選別は行わず、できるだけLT枠を増やす方向で検討しています。 スポンサーLT枠希望の方へ 例年どおり、求人案内や製品紹介などが可能なスポンサーLT枠は別途もうけておりますので、ご希望の方は管理者までお問い合わせください。

12/1 (金)

55651c61f6cae09eb5fb2f6adc812381 DEEP LEARNING LAB
概要 Deep Learning Labとは、Chainerを提供するPreferred Networksと、Azure クラウドを提供するMicrosoft による、深層学習に関する「最新技術をビジネスで活用している事例」や「最新の技術動向」を共有することで、深層学習技術者の裾野を広げ、実社会での利用拡大を図ることを目的としたコミュニティです。トヨタ自動車より約105億円の追加投資を受けたPreferred Networks の丸山先生のご講演、実際のChainer/Azureを使った製造業のお客様の深層学習取り組み紹介、主に製造業向けの深層学習・AIソリューションご紹介、マイクロソフトのオファリングのご紹介、といったアジェンダを予定しております。 日時:12/1 (金) 9:30‐12:20 場所:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE 名古屋3F 参加対象者 深層学習・AI 活用を検討されているユーザー企業の皆様 (今回は製造業向けがメインでございますが、ソリューションにご興味あればどなたでもご参加ください) 参加することで得られるもの ●深層学習が製造業にもたらす影響、最先端の事例 ●実際に使えるAIソリューション、その費用感、効果 ●各社からのオファリング、社内エンジニア教育プログラム タイムテーブル 時間 セッションテーマ 登壇者 9:00 受付・開場 9:30 開演 9:30-9:40 オープニング 日本マイクロソフト株式会社 9:40-10:10 実用化が進む深層学習の今 - 深層学習はインダストリアル IoT に何をもたらすのか?- 株式会社Preferred Networks 最高戦略責任者 丸山 宏 10:10-10:40 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 深層学習利活用のご紹介 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社倉又 淳 齋藤 進 10:40-11:00 満足度100% ディープラーニングハンズオンで始める AI 人材育成 株式会社キカガク 代表取締役社長 吉崎 亮介 11:00-11:10 休憩 11:10-11:30 深層学習の導入で抱える課題とユースケース実例 株式会社Ridge-i 代表取締役社長 柳原 尚史 11:30-11:50 ドキュメント自動入力AIプラットフォーム ディープシグマDPAについて 株式会社シグマクシス AI & アナリティックス マネージャー新井克人 11:50-12:10 人工知能による生産性向上の事例ご紹介 株式会社ALBERT 執行役員 データ分析部 部長 シニアアナリスト 安達 章浩 12:10-12:30 Microsoft の AI ソリューションアップデート&オファリングのご紹介 日本マイクロソフト株式会社 事業開発 マネージャー(深層学習) 廣野 淳平

11/27 (月)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 今回はクックパッド株式会社様のご協力によりイベントを開催することになりました! 当日は、愛知県半田市生まれ、豊田高専→名古屋大学卒で現在はクックパットで執行役CTOをされている成田さんにご登壇いただきます。 東海圏の学生とお話できることをとても楽しみにされています。 ※学生限定のイベントです。既に卒業された方は申し訳ありません。 イベント内容 エンジニアの働き方について クックパッドCTO成田さんのキャリアについて クックパッドのエンジニアと技術について についてクックパッド株式会社執行役CTOの成田さんに登壇していただきます。 そのあとは、クックパッドの社員さん(愛知県田原市出身の新卒採用担当)や参加学生同士で楽しく交流しましょう! ▼こんな学生さんに向いています▼ Web業界でエンジニアとして働くことに興味がある エンジニアのキャリアパスはどんなものがあるのか知りたい 愛知出身のエンジニアがどんな活躍をしているのか聞いてみたい クックパッドCTOと話をしてみたい クックパッドに興味がある 登壇者 執行役CTO 成田一生 酢と山車とごんぎつねの街半田市で生まれ育ち、豊田高専→名古屋大学→同大学院を経て2008年にヤフー株式会社に新卒入社し、Yahoo! メールのバックエンド開発を担当。その後、2010年にクックパッドへ入社。サーバサイドのパフォーマンス改善や画像配信を担当するインフラエンジニアとして経験を積み、現在はCTOとしてエンジニア全体の責任者を務める。東京にも寿がきやが来てほしい。 Twitter: @mirakui GitHub: @mirakui タイムテーブル 時間 内容 18:30 受付開始 18:45 発表 19:30 懇親会 20:30 完全撤収 会場 会場:LIB SPACE 住所:名古屋市中区栄3丁目7番22号 栄928ビル 4階A号 アクセス:地下鉄東山線・栄駅から徒歩4分 地下鉄名城線・矢場町駅から徒歩7分 地下鉄鶴舞線・伏見駅から徒歩14分 備考 Wi-Fi: あり 電源: あり(人数分はありませんので、譲り合ってご利用ください) 持ち物 特に必要ありません。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ クックパッド株式会社について 日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を運営している会社です。1998年3月にサービス開始し、現在投稿レシピ数は270万品以上、月間約6000万人にご利用いただいています。 クックパッド株式会社 会社概要

11/23 (木)

開催概要 毎年恒例!名古屋開催のプロ生勉強会です!2010年から続いて8回目です! 興味があれば誰でも参加 OK、IT・開発系でテーマいろいろの IT 勉強会です。 東京開催では、半分ぐらいが初めて参加される方です。お気軽のご参加ください。 当日は、YouTube Live での配信も予定しています。会場へ参加できない人はオンラインから参加お願いします! プログラミング生放送について マスコットアプリ文化祭2017 を開催中です! 作品の応募をお待ちしております。 プログラミング生放送(プロ生)は、IT 勉強会を開催している IT・開発系のコミュニティです。 プログラミング生放送 過去に行った勉強会 今年も「プロ生ちゃん Advent Calendar 2017」開催します。準備お願いします! タイムテーブル(予定) 時間 担当/発表者 内容 12:30〜 プロ生 受付開始 13:00〜 プロ生 オープニング 13:10〜 荒テック (Sora Arakawa)さん セッション発表枠1 14:10〜 くぅ@あああああ‏さん影白さん ショートセッション発表枠 15:10〜 イキリ大学生(GPA 2.03 )さん セッション発表枠2 16:10〜 まぐろさんチームさん セッション発表枠3 17:00〜 - LT発表枠 17:30〜18:00 プロ生 クロージング&会場完全撤収 18:30〜 希望者 懇親会 セッション感想のアンケート セッション/ショートセッション情報 「当日のお楽しみ」by 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(50min) 「Azure WebAppsあたりについてお話します 」 by イキリ大学生(GPA 2.03 )@soiya1919 さん (50min) 「ApolloLakeとSHA拡張命令(仮)」by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん(40min) 「準備中」by 影白‏ @KageShiron さん(30min) 「一般公開されたVisual Studio App Center を実際に使ってみて感じたこと」by くぅ@あああああ‏ @Fumiya_Kumeさん(20min) 「MvvmCross(予定)」 by jz5(未確定) LT 大会 ライトニングトーク大会参加者を募集中です。 「ArduboyでLTタイマー(仮)」 by まぐろさんチーム‏ @MagurosanTeam さん 荒テック (Sora Arakawa) @arkw0 さん(未確定) 参加費・参加資格 無料 興味があれば、誰でも参加できます 未成年の方は保護者の許可を得て参加してください 会場案内 日本陶磁器センター 3階 大会議室 地下鉄桜通線「高岳駅」2番出口より徒歩約6分 地下鉄東山線「新栄町駅」 1番出口より徒歩約6分 持ち込んだゴミはお持ち帰りください。 懇親会 懇親会は別途 参加登録が必要です 懇親会費: 4,000円を予定(学生はそれ以下の予定) 申し込みはこちらからお願いします。 → https://atnd.org/events/92253 ※ 懇親会は禁煙です

11/21 (火)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第78回 コンなご勉強会 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 今回は concrete5 Ver.8 から搭載されているリレーショナルデータベースの Express Object を紹介します。 ヘアーサロンのスタイリスト勤務表から製品データベースまで様々な情報を整理することが出来ます。 ページ以外のデータを取り扱い、アソシエーションという関係を持たつぇることが出来る Express 。色々なメニューを用意して、参加者のレベルや質問を元に話し合いを進めていきます。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/pg/basecamp758/events/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります 主な内容 concrete5 最新情報 Express の説明 質問・要望を受付 質問・要望を元に勉強会を進行 ※ ワークショップを行うかどうかは決めていません。 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 concrete5 CMS に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 MS Access, Filemaker, Kintone などを使っている人 簡単な業務系システムを自作している人 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 パソコン (あれば) モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年11月21日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。 Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方はフルデイ料金 (1600 円)となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

11/19 (日)

人工知能の基本と、ビジネスシーンでの活用事例を
国内のビジネスシーンでの活用事例と、具体的な導入に関する課題解決や種類・導入方法などをお話ししていきます。 もっと身近にAI情報を。ということで、名古屋エリアで人工知能に関するセミナーを実施いたします。 ぜひお気軽に申し込みくださいませ。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 主催 :人工知能・WebプロモーションのN2i inc. 人工知能の受託開発のご相談は下記問い合わせフォームまで 当日は名刺をお持ちください https://n2i.jp/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11/13 (月)

C7675b4c9df185dd6af93b8b6b15009c Power BI 勉強会
データを集計分析したい?それならPower BI と Excel で!
こんなときは Power BI と Excel を活用しましょう。 定期的なデータの集計やレポート業務が面倒だなと感じる。 最新の集計されたレポートをいろんなデバイスでも確認したい。 大量のデータをだれがどう扱うのか、専門の技術者が必要なのかわからない。 たくさんの種類のデータソースをうまく組み合わせたい。 顧客や上司を説得するプレゼンテーションにデータを用意したい。 このセミナーについて お伝えしたいこと Microsoft Power BI Microsoft Power BI の対話型データ視覚化 BI ツール Microsoft社が提供するビジネスインテリジェンス(BI)ツールのスイートです。得られたビジネスデータを分析し仕事に役立てたいときに用いられることが多いのですが、特に、どのような結果なのか(Hindsight)、どのようなことが起きているのか(Insight)をすぐさま可視化(ダッシュボード/レポート)しメンバーへの共有を容易にすることができます。 お仕事で多く使用されている Microsoft Office / Office 365との連携がとても便利なのです。 Power BI の 概要 と 機能 Power BI Desktop の役割と機能 Microsoft Office Excel お仕事でも多く使われている Office アプリケーションのひとつですが、Excel 2016 でもっと多彩で便利な集計分析機能があるのをご存知ですか? VBA を使うことなく Excel だけでもとても簡単に複雑なデータ処理ができるようになっています。また、Power BI と組み合わせるともっと便利に使えるのです。 データの取得と変換 (Power Query) ピボットテーブル / Power Pivot 参加お申込み connpass へのユーザ登録が必要になりますので、まだ登録がお済でない場合はご登録後お申込みください。 入館者リストの作成およびお名前/お勤め先の確認のため、入場受付時にお名刺を1枚ご提出頂きます。あらかじめご用意をお願い致します。 日時 / 会場 2017/11/13 14:00 ~ 17:00 (受付:13:30~14:00) 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 セミナールーム 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー21F 日本マイクロソフト株式会社 中部支店 ご協力ありがとうございます 特別協賛 日本マイクロソフト株式会社 協力 一般社団法人 実践ワークシート協会 Power BI 勉強会について 普段はユーザーコミュニティの勉強会を週末などに開催していています。東京での開催ばかりでしたが、今回は名古屋をはじめとする中京地域の皆さんにむけて平日セミナーをお知らせすることができました。お仕事モードはもちろんですが、ぜひともお気軽にお越しください。 Power BI を使い始めるには Power BI Desktop を使い始めるには - Qiita Excel で Power Query を使い始めるには - Qiita

11/12 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
11月開催は、DojoCon 開催のため、第2週の和室で開催!
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では70カ国・1,200の道場、日本では全国に90以上の道場があります (2017年7月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 11月は DojoCon 2017 のため第2週 & 和室で開催 11月4日に大阪で DojoCon 2017 が開催されます。 http://dojocon2017.coderdojo.jp/ そのために、第2週日曜に移動して開催します。 また、予約の関係で、会議室ではなく、和室での開催となります。いつもと場所が違います。ご確認下さい。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2017年11月12日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 和室 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/63503/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

11/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. WordFes Nagoya 2017 感想戦&反省会 10月28日に開催されたWordFes Nagoya 2017についての感想戦&反省会を行います。 スタッフだった方はもちろん、スタッフでなかった方もリアルな参加者の声も聞きたいので、ぜひ参加して感想や意見を聞かせてください。 話し合う内容 WordFes Nagoya 2017の開催結果の確認(参加人数や予算執行結果など) 参加された方のリアルな感想や意見をお聞きします スタッフとして関わった方の感想や意見、反省点、今後に活かしたい点をお聞きします 次回のFes(Camp?)に向けての話合いができたら、なおよいかも こんな方におススメ! WordFes Nagoya 2017に参加した人 WordFes Nagoya 2017のスタッフだった人 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 3. アンカンファレンス WordFes Nagoya 2017 感想&反省会が終わり、余った時間はアンカンファレンスにしたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:30 WordFes Nagoya 2017感想&反省会 15:30~15:40 休憩 15:40~16:00 ネクストタイム 16:00~17:00 アンカンファレンス 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 今回はネットによる配信はありません。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年11月11日(土) WordFes Nagoya 2017 感想&反省会 2017年12月16日(土) 開発者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 運営者向け 2018年02月10日(土) 初心者向け 2018年03月10日(土) 制作者向け 2018年04月07日(土) 開発者向け

10/17 (火)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第77回 コンなご勉強会 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 マーケティングオートメーションツール「Mautic」と concrete5 CMS との連携について、ゆるくお話をする予定です。MAツールにどう連携していくべきかなどを話し合います。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/pg/basecamp758/events/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります 主な内容 Mautic を導入することで気をつけること concrete5 を Mautic 導入を前提で設計に気をつけること concrete5 で使えるアドオンやテクニック 相談コーナー:自分の concrete5 サイトに Mautic をどう導入する? ※ ワークショップは行いません。 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 concrete5 CMS に興味がある人 Mautic (マーケティングオートメーション) に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 企業・団体の Web 担当者で HTML&CSSの知識が有る方 趣味で Web サイトを運営している方 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 特に無し (パソコンが有ると、メモや自分の環境の相談に使えるかも。) モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年10月17日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。( 2017年4月からは15時となります。 ) 2017年4月から: Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方は 1600 円となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

9/30 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
2017 OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します
こちらは第2サテライト会場の募集ページです。 2017 OWASP World Tour Tokyo が東京で開催されます OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します。 第2サテライト会場用の募集ページです。 東京で開催されるイベントはこちら 2017 OWASP World Tour Tokyo OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP World Tourとは アプリケーションセキュリティのアプローチには、あらゆる側面が含まれています。その問題の解決には、人、プロセス、および技術の視点で取り組むことが必要です。こうしたコンセプトを推進する一環として、OWASPは、SDLC全体にセキュリティを組み込むことを希望する開発者のための基本的なAppSecトレーニングを提供します。 2017年において、このトレーニングは東京、テルアビブ、ボストンでそれぞれ開催されます。 OWASPの2017年の戦略目標にしたがって、それぞれのトレーニングイベントは各都市500名以上の開発関係者を対象とし、Call For Trainersのプロセスを経てOWASPが採用したプロフェッショナルによって以下のとおりトレーニングが提供されます。東京での開催においては、日本各地のサテライト会場とともに、できるだけ多くの方がこのイベントをきっかけにアプリケーション・セキュリティの扉を開いていただけるようにしたいと考えています。 トレーニング内容 このトレーニングイベントの目的は、以下のようなアプリケーションセキュリティに関するトピックの概観を提供することです。(以下の項目をすべて網羅することよりも実践的であることを求めます。また、ここに記載のないトピックを排除することもしません) アプリケーションセキュリティに関連する一般的なセキュリティ原則を理解します。 最小権限 多層防御 アタックサーフィス(攻撃面)の削減 フェール/クローズ セキュア セキュアなデフォルトの使用 潜在的な危険とその制限 アプリケーションセキュリティ固有のトピックを扱います。 入力の検証とエンコーディング SQLi(インジェクション)を防ぐためのクエリのパラメータ化 認証と認可 機密データ、TLSおよび暗号化の保護 セッション管理 ロギング、監査、侵入検知 エラー処理と例外管理 アプリケーションインベントリ/保有資産を知る クライアント側のJavaScriptの誤用、データ漏洩、HTML5 OWASPプロジェクトが、どのように役立つかを考慮します。 OWASPトップ10 プロアクティブコントロール OWASPチートシートシリーズ OWASP ASVS OWASP OpenSAMM OWASPトップ10 OWASP ZAP OWASP Dependency Check OWASP AppSensor OWASP ESAPI - 入力値の検証とエンコーディング 会場 テレピアビル 5階会議室 http://www.telepia.jp/access/index.html#topics 「栄」 駅 徒歩7分 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源容量および配線の都合上参加者全員に電源を提供する事はできませんので、譲り合ってご利用ください。 また、電源タップも全員使用できる数の提供できません。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 主催 OWT Tokyo 2017実行委員会:owt2017 [at] owaspjapan [dot] org OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
2017 OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します
好評につき第2サテライト会場を開設しました。 第2サテライト会場はこちらから 参加希望の方は、第2サテライト会場の申し込みページから申込みをお願いします。 第2サテライト会場は以下のページです。 2017 OWASP World Tour Tokyo / Nagoya Satellite #2 2017 OWASP World Tour Tokyo が東京で開催されます OWASP World Tour Tokyoのサテライト会場として名古屋で開催します。 東京で開催されるイベントはこちら 2017 OWASP World Tour Tokyo OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 OWASP World Tourとは アプリケーションセキュリティのアプローチには、あらゆる側面が含まれています。その問題の解決には、人、プロセス、および技術の視点で取り組むことが必要です。こうしたコンセプトを推進する一環として、OWASPは、SDLC全体にセキュリティを組み込むことを希望する開発者のための基本的なAppSecトレーニングを提供します。 2017年において、このトレーニングは東京、テルアビブ、ボストンでそれぞれ開催されます。 OWASPの2017年の戦略目標にしたがって、それぞれのトレーニングイベントは各都市500名以上の開発関係者を対象とし、Call For Trainersのプロセスを経てOWASPが採用したプロフェッショナルによって以下のとおりトレーニングが提供されます。東京での開催においては、日本各地のサテライト会場とともに、できるだけ多くの方がこのイベントをきっかけにアプリケーション・セキュリティの扉を開いていただけるようにしたいと考えています。 トレーニング内容 このトレーニングイベントの目的は、以下のようなアプリケーションセキュリティに関するトピックの概観を提供することです。(以下の項目をすべて網羅することよりも実践的であることを求めます。また、ここに記載のないトピックを排除することもしません) アプリケーションセキュリティに関連する一般的なセキュリティ原則を理解します。 最小権限 多層防御 アタックサーフィス(攻撃面)の削減 フェール/クローズ セキュア セキュアなデフォルトの使用 潜在的な危険とその制限 アプリケーションセキュリティ固有のトピックを扱います。 入力の検証とエンコーディング SQLi(インジェクション)を防ぐためのクエリのパラメータ化 認証と認可 機密データ、TLSおよび暗号化の保護 セッション管理 ロギング、監査、侵入検知 エラー処理と例外管理 アプリケーションインベントリ/保有資産を知る クライアント側のJavaScriptの誤用、データ漏洩、HTML5 OWASPプロジェクトが、どのように役立つかを考慮します。 OWASPトップ10 プロアクティブコントロール OWASPチートシートシリーズ OWASP ASVS OWASP OpenSAMM OWASPトップ10 OWASP ZAP OWASP Dependency Check OWASP AppSensor OWASP ESAPI - 入力値の検証とエンコーディング 会場 愛知大学名古屋キャンパス(笹島)  講義棟7階、L701教室 JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋」駅下車、徒歩約10分。 あおなみ線「ささしまライブ」駅下車。 近鉄「米野」駅下車、徒歩約5分。 講義棟の入口は1階、キャンパスモール(大屋根)側の1ヶ所のみとなっていますのでご注意ください。 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 主催 OWT Tokyo 2017実行委員会:owt2017 [at] owaspjapan [dot] org OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/

9/27 (水)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
AWS Cloud Roadshow 2017名古屋が2017年9月27日(水)にキャスルプラザで行われます。 AWS Cloud Roadshow 2017 名古屋本編申込みページ http://roadshow.awseventsjapan.com/nagoya/index.html JAWS-UG名古屋も、18:30からナイトイベント(JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 名古屋)として枠を用意して、LTやAWSビンゴなど企画を用意しています。 ナイトイベントは本編不参加の方も名刺持参で参加できますので、ぜひ途中からでもご参加ください。 色々な企画で盛り上がったあとに、AWSのSAさんやUGの参加者でいろいろクラウドで困ったことや最近取り入れている技術など意見交換できたらなと思い懇親会を用意しました。 初めての方もご気軽に参加ください。

9/26 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
【概要】 AWS Greengrassを体験するハンズオンです。 ご自身で持ち込んだRaspberry PiをIoTデバイスに見立てて、Greengrassの基本設定から、Greengrass Coreへのデプロイ動作確認をまなびます。 AWSマネージメントコンソールの操作やRaspberry Piの設定がご自身できない場合は、時間内にハンズオンを終わらせることは難しい內容となっています。 【参加条件】 Raspberry Pi 3(電源含め)を持ち込める(1台) 事前にこちらで指定したイメージをRaspberry Piで利用するSDカードへ書き込める(後日、参加者へURLをアナウンスします) Raspberry PiでWi-Fiの設定をご自身で行える AWS Management ConsoleでAWS IoTやLambdaの基本的な操作が出来る(ご自身のアカウントでハンズオンを行います) ターミナル等を利用してコマンドの実行ができる 【スケジュール】 18:30 受付 19:00 会場、ハンズオンのご案内 19:02 ハンズオン 20:50 クロージング 20:55 後片付け、退室 当日は、JAWS-UG IoT専門支部で開催されるAWS Greengrass Handsonのリモート会場になります。ハンズオン内容の質問など名古屋会場で即答できない場合がありますのでご了承下さい。 もくもく&和気あいあいとハンズオンを行っていきたいと思います。 【注意事項】 会場からは電源及び、Wi-Fi環境のみのご提供となります 当日、Raspberry Pi、Raspberry Piの電源、SDカードの事前書き込みを忘れた場合は、定員に含まれていてもハンズオンに参加することができません 参加者ご本人のAWSアカウントが必要となります。 基本的にはハンズオン資料を見ながらのハンズオンとなります。ターミナルやAWSマネージメントコンソールを利用しますので、これらが利用できるPCの持参をお願いします。 ハンズオンを通してAWSのサービスを利用するため、利用料がかかる場合があります。(https://aws.amazon.com/jp/greengrass/pricing/)

9/24 (日)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
Misocaでの開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 登壇希望もこちらのFBで! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 15:00 開場 15:30 オープニング 15:40 LT:会場スポンサーLT 株式会社misoca LT: 音のなるIoTデバイス まぐろさんチーム (@MagurosanTeam) LT: ソーシャルリモコン(仮) @ueponx LT: 太陽光発電を監視したい! ぶぁぶぁくん(@buabuakun) LT: 名古屋駅裏にLoRaがやってきた ytsuboi LT: くぅ LT: IoTのサイバセキュリティ対策 @kaizen_nagoya(nmiri) LT: クラウドファンディングの話とか わみ 16:30 交流会 17:30 締め 17:45 完全撤収 IoTに興味のある、ハードウェア/Webエンジニアの方を中心にどなたでもご参加できます! LT発表を希望の方はFacebookページの投稿にコメントをください。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 参加費 • 本編 無料 • 交流会 100円程度 主催 わみ NefryやSofmoなどのハードウエアをつくってます。 http://nefry.studio/ くぅ - kudu C# と Xamarin が好きな大学生。最近は、MSPになったらしい。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technorigies

9/22 (金)

1f2a99da55b17a431038e98523fc656e NKC-UG 名古屋
我が子自慢LTしたい会
夏休みの間に又は在学期間中に作成をした作品を紹介!! 作品や技術の共有を目的としたLT自慢大会です. Webアプリやネイティブアプリ、ハードウェアなどITに関する作成した作品を自由に発表してください.(ゲームとかでも可) また、発表せず聴講するだけでもOKです. 発表は以下の4項目から時間をお選びください. 5分 10分 20分 30分 一般参加 会場・日時 学校法人 電波学園 名古屋工学院専門学校 131教室をお借りして開催します。 学校法人 電波学園 名古屋工学院専門学校 について タイムライン 時間 内容 スピーカー 15:30 参加者入場 まるちゃん 16:00 OP まるちゃん 16:10 わくわくLT 発表の方 18:20 ED まるちゃん 18:30 終了 時間は予告なしに変更される可能性があります. 応募人数によって時間が変わる可能性がアリます. 発表者の方へ LTのテーマは作成した作品の紹介です. 利用した技術などは問いませんが、使った技術のの紹介もお願いします. 会場のプロジェクターはVGA,HDMIに対応しています。学校支給以外の機器を使う場合は変換アダプターなど持参又は まるちゃんの変換器をご使用ください. ■こちらのイベントにも是非参加してね! なごやで Xamarin 開発者と Xamarin 勉強会 ■MSPのグループ Microsoft Student Partners Japan、是非、こちらのグループに参加してあげてください. ※夏休み明けのため、動きがよくわかっていない為、余儀なく変更があります.ご了承ください. このイベントはMicrosoft Student Partnersが主催します。

9/20 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 大阪開催の雲勉を名古屋でも中継します。 TV会議システムにはZoomを利用しますので、クリアな画像でお送りできます。 IT業界の人から見たLINEってどんな感じに捉えているでしょうか? LINEのPFのサービスは非常に多岐に渡り、国内でのユーザー数やDAUの凄まじい数値は 他のメッセージツールの追従を許していません。 現実とIT業界の方の認識が大きく違うのがLINEかと思っています。 そんなLINEのお話と、LINEのbotについてのお話を実案件を通じてお話できればと思います! おねがい 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もいらっしゃりますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影ねがいます。 キャンセルに関してのルールキャンセル欄を参照。 参加対象者 botに興味のある開発者 対象となる技術 特になし 参考資料 なし。公開予定もなし 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、 キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理願います。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、 次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理お願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報 比企宏之 cloudpack大阪のセクションリーダー。 開発・構築・運用・営業・採用・雑務まで幅広くこなすオールラウンダー 2014年3月まで、オープンシステム系開発(〜1996)・モバイル端末開発(〜2011)・エンタープライズ開発(〜2014)を 自身がリーダーやPMで参画したプロジェクトは全て黒字にするも、アウトソーシング開発の業界構造自体に問題を感じ cloudpackにJOINし大阪オフィスの立ち上げを行う。 またコミュニティ運営も、過去はJAWS-UGの関西全域の立ち上げ・現在はイノベーションエッグ・関西オープンIoTグループと 1000人以上のコミュニティを5年間で3回立ち上げた経歴を持つ BLOG:雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは

9/11 (月)

41f306d465399e879b19385c42d3058b GCPUG Nagoya
イベント概要 GCPUG 名古屋支部の勉強会です。 今回はCloud Dataflowを使った事例やCloud IoTについてお話を伺います セッション内容 Cloud Dataflowについて 大日コンサルタント株式会社 石黒 靖規さん Cloud IoTについて グーグル合同会社 Google Cloud ソリューション・アーキテクト 八木橋 徹平さん Lightning Talk (5min * 6) 募集中 タイムテーブル 時間 内容 18:30 - 19:00 開場 19:00 - 19:05 開始の挨拶 19:05 - 19:35 セッション1 19:40 - 20:10 セッション2 20:15 - 20:45 LT 20:45 - 21:00 締め・撤収 その他 懇親会 希望者で懇親会を行う予定です 写真について イベントの風景や集合写真を撮影しますので、あらかじめご了承ください。 撮影した写真はGCPUGのイベントレポートに使用します。 撮影がNGな方は事前にご連絡をお願いします。

9/9 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. WordPress 設置後にしておきたい設定 (スピーカー:山尾) 今月の WordBench Nagoya は、初心者向けです。 主にWordPress 設置後の初期設定と管理画面の使い方を、実際にインストールからの実演を行いながら説明していきます。 話す内容 WordPress 設置後の初期設定 WordPress の公開設定方法 パーマリンクの説明 よくつかわれるプラグインの設置・設定 Akismet Contact Form 7 その他のよく使われそうなプラグイン(未定) 投稿・固定ページの使い分け 質疑応答・フリータイム (なお、項目ごとに質疑応答の時間を少し設ける予定です。) こんな方におススメ! WordPressのインストール未経験の方 WordPressのインストールをしたものの、初期設定について困っている方 プラグインの選定に迷っている方 スピーカー 山尾 雅也 WordPressを使ったWebサイト制作・運用 Web関連の仕事について11年 そのうち、WordPressをメインで行なっていたのは6年 社内インフラ関係やサーバ設置も兼任 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 司会 WordBench Nagoya (稲葉、堀口) 3. WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会を行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 実行委員会に参加されない方はアンカンファレンスを開催します。 (アンカンファレンスとは、スピーカーの話を聞くセッションではなく、参加者がそれぞれテーマを出し合って話し合い、参加者全員で作り上げるカンファレンスです。) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:30 セッション 15:30~15:40 休憩 15:40~15:50 ネクストタイム 15:50~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 今回は会場がいつもと違う場所です! 会場:ハロー貸会議室名古屋伏見 2F 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-8-24 オフィスオオモリ2F 地図:イラスト(PDF) 地図:GoogleMap くれぐれもお間違えのないよう、あらかじめ場所をご確認の上、ご来場ください。 会議室は2Fとなります。 ご入室は開始10分前から可能となります。 なお、開始時間の10分より早い入室や、終了時刻の15分を超えてしまいますと、 延長料が発生しますので、ご理解をよろしくお願いします。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 会場および館内は禁煙です。喫煙場所はありません。 ネット生配信 YouTube Live による生放送は予定をしておりますが都合で中止になることもあります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと配信を行っております。生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

9/2 (土)

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
これは懇親会(夜)の募集ページです。勉強会(昼)の募集ページはこちら 懇親会の申し込みページです OWASP Nagoya Local Chapter Meeting 1stの終了後、名古屋駅近辺の居酒屋で懇親会を開催します。 講演者、参加者との交流を深めるため、ぜひご参加ください! OWASP Nagoya Local Chapter Meeting 1stはこちらから申し込みください。 https://connpass.com/event/59813/ 学生(社会人学生は除く)の方は1000円キャッシュバックします! 申し込み時のアンケートで「学生です」を選択してください。 会場 月の雫 名駅南店 参加費 4000円(学生は1000円キャッシュバック!) キャンセルについて 募集締め切り(8/31 18:00)以降のキャンセルは、参加費を頂きます 参加申し込みをされた方でやむを得ず参加できなくなった場合は、8/31 18:00までにキャンセル手続きをお願いします。

67bfef72f413200df049f8ded1785730 OWASP Nagoya
OWASP Nagoya 始動!
これは勉強会(昼)の募集ページです。懇親会(夜)の募集ページはこちら OWASPが名古屋にやってくる! Open Web Application Security Project(OWASP) の名古屋チャプターがこの夏、誕生! 第1回のLocal Chapter Meetingは、OWASP Japan Chapter代表の岡田良太郎氏と「徳丸本」でおなじみの徳丸浩氏にお越しいただき「ここからはじめるアプリケーションセキュリティ」についてご講演いただきます。 OWASPとは OWASP Foundation - Open Web Application Security Project は、Webシステムをはじめとするアプリケーションソフトウェアのセキュリティについての情報共有と、セキュアなソフトウェア開発を促進するための普及・啓発を行うオープンコミュニティです。 OWASP Nagoya は東海地区におけるOWASPのローカルチャプターとして活動をしております。 会場 愛知大学名古屋キャンパス(笹島)  講義棟8階、L802教室 JR、名鉄、地下鉄、近鉄「名古屋」駅下車、徒歩約10分。 あおなみ線「ささしまライブ」駅下車。 近鉄「米野」駅下車、徒歩約5分。 講義棟の1FにOWASPストラップを付けたスタッフがいます。場所や教室までの行き方に関しては、スタッフにお申し出ください。 タイムテーブル 時間 内容 発表者 13:00 開場 13:30 - 13:35 OWASP Nagoya運営からの説明 OWASP Nagoya Chapter 坂梨 13:35 - 13:50 はじめてのOWASP Nagoya〜OWASP Nagoyaのめざすもの〜 OWASP Nagoya Chapter 坂梨 14:00 - 15:00 IoT時代到来-アプリケーションセキュリティを実現する3つの視点とシフトレフト OWASP Japan Chapter 岡田良太郎氏 15:00 - 15:15 休憩 15:20 - 16:20 ウェブアプリケーションセキュリティ超入門 OWASP Japanアドバイザリーボード 徳丸浩氏 16:30 - 16:40 今後の活動について OWASP Nagoya Chapter 村井 17:00 解散 ご講演者プロフィール 岡田良太郎氏 株式会社アスタリスク・リサーチ エグゼクティブ・ディレクター OWASP Japan Chapter Leader 日本のセキュリティ・イニシアチブのひとり。”シフトレフト"というコンセプトを合言葉に、ハッキングと防御の関係、また攻撃に強いシステムづくりのあり方に関わり、企業・大学・政府機関でアドバイザやインストラクタを務める。また、コミュニティ活動として、「WASForum Hardening Project(ワスフォーラム・ハーデニングプロジェクト)」のオーガナイザー、「OWASP(オワスプ) Japan」リーダー、また日本カレー大学教授としても知られる。 Twitter: @okdt Facebook: riotaro.okada 徳丸浩氏 1985年京セラ株式会社に入社後、ソフトウェアの開発、企画に従事。1999年に携帯電話向け認証課金基盤の方式設計を担当したことをきっかけにWebアプリケーションのセキュリティに興味を持つ。2004年同分野を事業化。2008年独立して、Webアプリケーションセキュリティを専門分野とするHASHコンサルティング株式会社(現EGセキュアソリューションズ株式会社)を設立。 脆弱性診断やコンサルティング業務のかたわら、ブログや勉強会などを通じてセキュリティの啓蒙活動をおこなっている。著書に、「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践(ソフトバンククリエイティブ)」がある。 EGセキュアソリューションズ株式会社代表、京セラコミュニケーションシステム株式会社技術顧問、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員。技術士(情報工学部門)。 お願い 会場に参加者用のWi-Fi環境がありません。各自でモバイル回線等をご用意ください。 また、テザリングで使用される方はWi-Fi混線を避けるため可能な限り有線での接続をお願いいたします。 電源に限りがあります。電源タップを持参するなど周りの方とシェアしてください。 懇親会について 当日夜、懇親会を開催します。 懇親会参加希望の方は、こちらからお申し込みください。 https://connpass.com/event/61993/ 主催 OWASP Nagoya Chapter OWASP Nagoya 各ページ 公式ページ https://www.owasp.org/index.php/Nagoya Facebook https://www.facebook.com/owaspnagoya/ Twitter https://twitter.com/owaspnagoya/

8/30 (水)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
JAWS-UG名古屋 Alexa and AI global meetup   JAWS-UG KOBE さん開催のAlexa and AWS AI Global meetupを名古屋でも中継します! 今回は、Global、Alexa, AI をテーマに全編英語でのセッションになります。 複数支部同時開催となります。セッション、スピーカーなどの情報は下のページをご覧ください。 https://jaws-ug.jp/alexa-global-meetup/ 内容(変更になる場合があります) セッション1 Wordpress with Alexa セッション2 Wordpress Plugin with AWS Rekognition セッション3 Designing Skills for Echo Show (what is display template) スピーカー Tomoharu Ito ( JAWS-UG KOBE ) Takeshita Kazuto( JAWS-UG KOBE mt8 ) Jun Ichikawa( IoT Dedicated Branch) and more.... 特記事項、注意点 全編英語での発表になります。 開場時間(19:00)より前には開いてませんのでご了承ください。 喫煙は決められた場所でお願いします。 勉強会内容は予告なく変更することがあります。 予定の変更があってキャンセルされる方は早めにキャンセル処理もしくは連絡をお願い致します。 参加支部 Alexa Days に続き、複数支部同時開催、オンラインで各支部を繋ぎます。 イベントページおよび参加支部は随時このページおよび、各支部のページで公開をしていきます。 現在の参加支部 神戸支部 大阪支部 浜松支部 名古屋支部 KRUG IoT専門支部 CLI専門支部

8/22 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会   先月に引き続き、初心者向けハンズオンを開催します。 今回はAWS CLI(コマンド ライン インターフェース) を使って、EC2やS3を操作してみましょう。 環境作成自動化に興味がある方におすすめです。 UbuntuがWindowsアプリストアが登場しましたので、 Windows上で動作するUbuntuで説明したいと思っております。 事前準備 AWS アカウント AWSアカウント作成については6月勉強会を参考にご自分で用意してきてください。 https://docs.google.com/document/d/1Y6ETV1rFEUK_rl1fXtIPWVJJtH-yBfBtH_rPqKKURns/edit?usp=sharing AWS CLIのインストール CLIインストールについては以下の手順を実施してください。 MAC http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/installing.html Windows on bash 及び Windows on Ubuntuの手順(Windows 10) https://docs.google.com/document/d/1y9ApEgqKLaRW7XU68g2PIZq7RqrMUw6uLlyARmYozpE/edit?usp=sharing EC2(Windows 7他の場合) Amazon Linuxのインスタンスを利用してください。 ※AWS Tools for Windows PowerShell は今回の勉強会では扱いません。 懇親会のご案内 会場近くの、HUBで懇親会を行います。 予約はせず、キャッシュオンデリバリーとなります。 こんな方に良いかもしれません。 WIndowsこそ至高と思われるエンジニア エンジニア・インフラ担当者 やっぱり黒い画面が好き 堅苦しくなく、ゆるく、和気あいあいとすすめていきます。 ハンズオン持ち物 PC (Windows か Mac のノートパソコンで無線LAN付き) ※会場では無線 LAN が提供されますが、念のため、可能であれば USB or ケーブル接続ができるモバイルインターネット端末を持参ください。(無線 WiFi 型は、より電波が混信するので、可能であれば使用を控えていただけるようお願いします。)   スケジュール 時間 内容 スピーカー 19:00~20:50 AWS CLIハンズオン 内木 (UG名古屋メンバー) 20:50~21:00 終了あいさつ&記念撮影 森(UG名古屋メンバー) AWS CLIハンズオン内容 詳しいスライドなどは作らず、参加者の皆さんのレベルに合わせて丁寧にワークショップとしてすすめる予定です。 ハンズオン:AWS CLI概要 ハンズオン:EC2インスタンスを立ててみよう(インスタンス作成→AMIバックアップ→復旧) ハンズオン:S3サイトを作ってみよう ハンズオン:Lambdaを動かしてみよう(時間があれば) Q&A

8/19 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやでも Xamarin
なごやでもXamarin の勉強会が開催されます! 今回は、なんと!講師として、Xamarin 社で Xamarin を開発し、現在 日本マイクロソフト で働いている Atsushi Enomoto さん、 日本マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストの 千代田まどかさん(ちょまどさん(@chomado))にも来ていただきます! 開催概要 Xamarin にすでに触れたことのある方向けに、 Xamarin の最新技術ってどうなってるの? Xamarin の周辺技術にはどんなのがあるの? Xamarin を支えてる技術は? といった疑問にお答えする勉強会です。 タイムスケジュール 時間 タイトル スピーカー 13:00 参加者入場 13:15 OP まるちゃん 13:30 私は Xamarin が好きだ ちょまどさん 14:20 休憩 14:30 AIをアプリに取り込む! くぅ 15:20 休憩 15:30 Embeddinator-4000から学ぶXamarinの基礎 えのさん 16:20 休憩 16:30 わくわくLT まるちゃん 16:50 懇親会 17:20 ED まるちゃん 17:30 終了 Gitter Gitter は、公開されてるLineみたいなものです。 Twitter アカウント or Github アカウントがあれば利用できます。 ここで、質問すると登壇者の方に後で答えてもらえるかも!? https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 ※ この勉強会は、 MSP と JXUG が共催している勉強会です。 会場について 日本Microsoft 中部支店のセミナールームをお借りして開催いたします。 住所 愛知県名古屋市西区牛島町 6-1 名古屋ルーセントタワー 21F 会場では、 Wifi, 電源が使えます。 Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク http://mspjp.net/

8/18 (金)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第75回 コンなご勉強会「夏休みの自由研究」 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 初心者向け、そして中上級者の人も初心に戻って concrete5 Ver 8 のインストールから基本操作を学びませんか? 内容調整中です。 8月はお盆休みの関係で、8/18 (金) に開催します。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/pg/basecamp758/events/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります 主な内容 内容調整中です。 夏休みの自由研究と称して、みなさんの素朴な疑問を受け付けます。 concrete5 サイト制作において、役立つ小ネタなどを紹介します。 ※ ワークショップを行うかどうかは決めていません。 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 concrete5 CMS に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 企業・団体の Web 担当者で HTML&CSSの知識が有る方 趣味で Web サイトを運営している方 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 パソコン (必須かも) おそらく、デモデータを使ってワークショップを行います。 おそらく、開催日当日に concrete5 の専用デモデータをお送りし、通常のインストールとは違う方法で教材用 concrete5 サイトをインストールしていただきます。 Cloud9 アカウント (もしかして今回は使わないかもしれません) Cloud9の無料アカウントを取得してください 今回の勉強会では、Cloud9 というサービスを使ってリアルタイムに concrete5 のコードを解説します。そのために、Cloud9 のサービスにこちらからユーザー登録をお願いいたします。 ユーザー登録方法がわからなかった方は、当日サポートしますので、できれば勉強会開催時間、15分前ぐらいまでに会場にお越しいただけると幸いです。 最近のユーザー新規登録にはクレジットカード情報の入力が必須になっています。 モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年8月15日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。( 2017年4月からは15時となります。 ) 2017年4月から: Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方は 1600 円となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

8/5 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. 基本に戻ろう WordPress 運用 (スピーカー:大藪さん) 今月の WordPress は、運用者編。日頃自分の WordPress サイトを管理・運用している方向けに、どうやって自分のサイトを更新・管理をしていくのかを話し合います。 話す内容 セキュリティ対策 (ID & Pass の管理、バージョンアップ) バックアップ コンテンツ作成 (タイトル・本文のコツ) 集客全般(SEM、SEO) お役立ちツールの紹介 質疑応答・フリータイム こんな方におススメ! 自分で WordPress サイトを持っていて運用方法に迷っている セキュリティ WordPressのインストール経験がある スピーカー 株式会社MAWSデザイン 大藪 拓也 https://mawsdesign.com/ WordPressを使ったWebサイト作成及びWebマーケティング マーケティングオートメーションの導入・サポート ホームページ制作歴:15年 WordPress歴5年 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 スピーカー WordBench Nagoya (小野、山尾) 3. WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会を行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 実行委員会に参加されない方はアンカンファレンスを開催します。 (アンカンファレンスとは、スピーカーの話を聞くセッションではなく、参加者がそれぞれテーマを出し合って話し合い、参加者全員で作り上げるカンファレンスです。) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~16:00 セッション 16:00~16:10 休憩 16:10~16:20 ネクストタイム 16:20~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 YouTube Live による生放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年09月09日(土) 初心者向け 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

7/29 (土)

Dedd9910332149230da44ceb063171a6 PyCon JP
Python Boot Campの第11回は愛知で開催です! Python Boot Campも全国を旅して11回目を迎えました。 11回目は前回の香川県からうどんでつながり、味噌煮込うどんの名古屋でPythonの初心者向けチュートリアル講座を開催します。 この地域ではPython東海や機械学習勉強会が開催されていますが、初心者がいちからPythonを学べる機会というのはそう多くありません。Python Boot CampをきっかけにPythonをはじめたり、理解を深めてはいかがでしょうか Python Boot Campとは PyCon JPではこれまでも年に1回東京で開催されるPyCon JPイベントでPythonを学べるチュートリアル講座を開催してきました。 今回は、以下のような人たちにPythonを知ってもらえる機会を提供できたらという思いで、Python Boot Camp(略してPyCamp)を企画しました。 遠方に住んでいるためPyCon JPのチュートリアルに参加できずにいた方 Pythonを使っている人が周りにいなくてなかなか始められなかった方 PyCon JPサイトに掲載の企画詳細 イベント参加対象者 チュートリアル参加者: プログラミングはできる・したことがあるけれど、Pythonは初めての方。学生割引を希望の方は、証明できるもの(学生証など)を持ってきてください。 TA(アシスタント): Python経験者でイベントの際、講師と一緒に参加者のサポートをしていただける方。 現地スタッフ: PyCon JPスタッフや講師と一緒にイベントの運営を手伝っていただける方。 日時・会場場所 日時 7月29日(土) 13:00 - 17:00(12:30から開場、受付開始) 会場 MYCAFE CLASSIC 住所: 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1-17-13 名興ビルディング3F URL: https://mycafe.jp/branch/mycafe-classic 最寄駅 地下鉄伏見駅(10番出口)から錦通りを名古屋方面に歩いて5分ほどです Google Maps チュートリアルテキストと事前準備のお願い Python Boot Campテキストを利用してチュートリアルを行います。 当日までに下記準備をした上で会場までお越しください。 特にPython環境のインストールなどは事前に済ませておくことで、当日はイベントをより楽しむことができると思います。 事前準備 Pythonのインストール 懇親会 懇親会申し込みはこちら 参加しての感想や、Pythonの勉強方法など、色々感じたことをお酒をいれつつ、かたりあいましょう。 ぜひ、懇親会にもご参加ください。懇親会は、別途申し込みが必要となります。よろしくお願いします。 運営 Python Boot Campイベントは一般社団法人PyCon JPが運営しています。 ご意見・お問い合わせは[email protected]までお願いします。 講師 鈴木たかのり (@takanory) 一般社団法人PyCon JP 理事 / 株式会社ビープラウド 所属 部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、2014年から2016年に座長をつとめる。 他の主な活動はPython ボルダリング部(#kabepy)部長、Python mini Hack-a-thon(#pyhack) 主催など。 共著書に『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア養成読本(2015 技術評論社刊)』『Pythonライブラリ厳選レシピ(2015 技術評論社刊)』などがある。 趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

7/24 (月)

No image 108x72 g JPSPS 名古屋分科勉強会
ますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕
〜名古屋・東海のSharePoint/Office365をもっと盛り上げたい︕〜 おかげさまを持ちまして先日無事第六回を終え、このたび(予定通り)第七回を開催することになりました。 SharePoint/Office365はますますMicrosoft社のクラウドファーストの号令のもと進化してきており、 当勉強会の意義も高まるばかりです。 昨今はMizrosoftの他のCloud関連のサービスとの連携も強化され、これからますます盛り上がるSharePoint/Office365(とAzure)を、楽しく勉強しましょう︕ 第七回もいつものように、各登壇者による濃密なセッションをベースにお送りします。 登壇内容は以下に紹介しているもの以外は現在検討中でございます。 追って更新しますので、当ページのチェックよろしくお願いします。 【メインセッション】 Takeshi Kagata(Microsoft MVP)   「データソースとしての SharePoint Online」   ~ Power BI SharePoint風味 ~   ・さまざまなデータソースからデータを取得し、さまざまなデバイスに表示できるダッシュボードやレポートを表示し、さまざなな立場のひとに"気付き"を共有するのが Power BI です。   ・SharePoint Online にフォーカスした Power BI の機能や役割を紹介します 秋本省吾(日本マイクロソフト)   「SharePoint Online / OneDrive for Business によるマルウェア対策」 山田 晃央(株式会社アイシーソフト)   「スタッフの悲哀はOffice365で解消するのか」 松岡 由香里(株式会社エイペクス)   「SharePoint Onlineをコマンドで操作しよう!」 【LT】 くぅ   「Microsoft Forms を運用してみた」 黒宮 浩介   「Groups と Teams利用の事例紹介」 (敬称略) LT枠まだまだ余裕ありますので、ちょっと話したい!聞いてみたい!教えてほしい! ことがある方は、適宜LTお申し込みください。 LT希望(あるいは予定だが未定)の方は、参加申し込み時に一言コメントいただけると幸いです。 (当日いきなりもOK!) 資料無くてもOK! 時間無制限でもライトニングならOK! *関連勉強会告知OK! LTって、なんかすごいこと話さなければいけないような・・・ と思ってる方、そんなことはありません。 ・こんなことを試してみたけど、結局わからなかった!教えてPLZ! のようなネタでも大歓迎です! JPSPS名古屋分科会は、参加者の皆様が主役のコミュニティの場です。 是非積極的に参加してください。 それではみなさまにお会いできるのを楽しみにしております! ※参加費(¥1,500)には会場でのフリードリンク、フリースナック+主催者からのフードサービスが含まれております。

7/22 (土)

B11b3eb82f141bd85e7c8508b69236e1 なごやかスタディ
ハンズオンセミナー・機械学習とPythonプログラミング入門 最近、機械学習やAIといったキーワードを耳にすることが多くありますが、 機械学習やPythonでどんなことをするのかご存知でしょうか。 当セミナーでは、いまさら聞けない機械学習とPythonプログラミングの入門ということで、 ハンズオンでより理解を深めて頂きます。 Pythonの概要と具体的で便利な使い方を体感していただきます。 また、根本となる「人工知能」にまつわる考え方や用語、トレンドな技術を紹介いたします。 基礎講義終了後に、実際に流行りの技術としてPythonとAIフレームワークを用いて、 その利用方法を実践的に学んで頂きます。 ■第一部 Python入門  ・Python2・Python3の違い  ・学習すべきこと  ・今現在、どういうお仕事があるのか  ・簡単なツールを作成しよう ■第二部 人口知能の概念とは  ・人工知能とは?  ・キーワードの整理  ・機械学習の種類  ・機会学習を実装する方法 ■第三部 実際に体験しよう  ・AIフレームワークの導入  ・簡単な利用例  ・実践プラクティス

7/14 (金)

1f2a99da55b17a431038e98523fc656e NKC-UG 名古屋
NKC生の皆さんアンケートに答えていただけるとうれしいです. 以下のどれかでお答えいただけると幸いです. アンケートリンク ショートURLリンク先 https://goo.gl/forms/gNxi9biCi2UNSCq63 今後の開催時に参考になります. 認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 ■ Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の顔やその表情を数値化し、結果を JSON 形式で取得することができます。 本勉強会は、 「Microsoft Student Partners」 と 「NKC-UG」が共催して開催します。 Microsoft Student Partners 名古屋キャンパス担当 技術インフルエンサー 丸屋 正志(まるちゃん)が登壇・ハンズオンの講師をします. ■ この勉強会に参加して得られるもの Cognitive Services とはどのようなものか知れる ハンズオンを通して、Cognitive Service を使用したコードをかけれるようになる 人工知能の力を自分のアプリケーションに取り込める ■ ハンズオンをする上で必要になるもの Visual Studio Code のインストールされた PC Visual Studio Code は ここ からダウンロードできます。 Microsoft アカウント ■ 勉強会に参加する上であるといいもの WEB API を使用した経験・C# or JavaScript を使ったアプリケーション開発の経験 Microsoft Azure のアカウント ""Cognitive Services"" のアカウント ■ タイムライン 時間 内容 スピーカー 15:30 参加者入場 まるちゃん 16:00 OP まるちゃん 16:20 Cognitive Services のお話 16:40 Cognitive Services ハンズオン まるちゃん 17:55 わくわくLT 18:20 ED まるちゃん 18:30 終了 時間は予告なしに変更される可能性があります. ■ 会場について 学校法人 電波学園 名古屋工学院専門学校 131教室をお借りして開催します。 学校法人 電波学園 名古屋工学院専門学校 について ■ LT 募集 勉強会の最後に LT をしていただける方を募集しています。 Cognitive Service や Microsoft Azure に関することなどまた様々な分野、楽しい話題なら何でも大歓迎です!もちろん、苦労話も大歓迎です!まずはやってみる事をオススメします. ※ LT とは、5分間でするプレゼンテーションです。登壇とは違い、気軽に参加できます。 Linux の脆弱性等 僕の作ったこのアプリを見てくれ などなど ■参加枠について 追加可能 ■こちらのイベントにも是非参加してね! なごやで Xamarin 開発者と Xamarin 勉強会 ■MSPのグループ Microsoft Student Partners Japan、是非、こちらのグループに参加してあげてください.

7/11 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
JAWS-UG名古屋 AWS勉強会 Lambda & API Gateway 初心者向けハンズオン https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/61791 の懇親会受付用 Doorkeeper です。 勉強会に参加する人限定でお申込みをお願い致します。 参加者が多くなりましたので、前日までに予約を確定する必要が出てまいりました。 お値段は、一人 3500〜4000円になる予定です。当日払いです。 懇親会予約会場 魚河岸本舗 ぴち天 本店 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-17 https://r.gnavi.co.jp/n056305/ ※勉強会会場のMISOCAさんから徒歩3分くらいです。勉強会終了後みんなで歩いて移動します。 詳細は、勉強会当日にご案内いたします。 参加人数を確定させるため、前日17時までの参加表明をお願い致します。 お断り 当日キャンセルはご遠慮ください。 こちらの Doorkeeper の申込人数で、 前日 7/10 (月) 17時 に予約を確定します。

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会   先月に引き続き、初心者向けハンズオンを開催します。 今回はAWS LambdaとAPI Gatewayをみんなで触ってみましょう。 前回S3に静的ホスティングをしたので、そのサイトにEC2を使用せずに、問い合わせフォームを用意するようなハンズオンを予定しています。 サーバーサイドの処理をEC2を使用せずにLambdaを使用することのメリットや使い方を理解したい方におすすめです。 (ちょっと詰め込みすぎているかもしれないので、内容は若干変更する場合があります) 事前準備(前回勉強会資料) AWSアカウント作成、S3の静的サイトホスティング部分については、前回勉強会資料を参考にご自分で用意してきてください。 https://docs.google.com/document/d/1Y6ETV1rFEUK_rl1fXtIPWVJJtH-yBfBtH_rPqKKURns/edit?usp=sharing 懇親会のご案内 会場近くの、魚河岸本舗 ぴち天 本店で懇親会を行います。 懇親会の出欠を別の Dookeeper で受付させていただきます。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/61792 こんな方に良いかもしれません。 AWS をやってみようと思っていたけど、なかなか始められなかった人 サーバレスアーキテクチャに興味がある人 エンジニア・インフラ担当者 堅苦しくなく、ゆるく、和気あいあいとすすめていきます。 ハンズオン持ち物 PC (Windows か Mac のノートパソコンで無線LAN付き) AWS登録済みアカウント AWS アカウント作成の流れ を参考に AWS アカウントを事前に作成ください アカウント開設には、クレジットカードと携帯電話が必要です。 無料枠内でのワークショップですが、既に無料枠のインスタンスをお使いの方は料金がかかってしまう場合がございます。 AWSマネジメントコンソールを使用してハンズオンを行うので、特にツールを事前にいれておく必要はありません。 ※会場では無線 LAN が提供されますが、念のため、可能であれば USB or ケーブル接続ができるモバイルインターネット端末を持参ください。(無線 WiFi 型は、より電波が混信するので、可能であれば使用を控えていただけるようお願いします。)   スケジュール 時間 内容 スピーカー 19:00~20:50 Lambda+API Gatewayハンズオン 筒井 (UG名古屋メンバー) 20:50~21:00 次回予告&記念撮影 内木(UG名古屋メンバー) Lambda+API Gatewayハンズオン内容 詳しいスライドなどは作らず、参加者の皆さんのレベルに合わせて丁寧にワークショップとしてすすめる予定です。 ハンズオン:Lambda概要 ハンズオン:Lambda関数を作ってみよう ハンズオン:API Gateway概要 ハンズオン:API Gatewayをさわってみよう ハンズオン:S3の静的サイトに問い合わせフォームを作ってみよう Q&A 場所 株式会社Misoca様 セミナールーム 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 Misoca本社への行き方 ※株式会社Misoca様に勉強会会場をご提供いただいております。ありがとうございます。 ※勉強会に関する、Misoca様へのお問合わせはご遠慮ください。 終了後は懇親会を予定しています。

7/9 (日)

A133f2ca8685309e783bbf375f3d4b65 Wings of Engineers
英語が苦手な日本人技術者のために 「気軽に英語を使う場」 を提供します
技術者向け英語ワークショップとは・・・ 「多読」と「1分間メモ書き」を用いた,英語の苦手な技術者のための「一日完結型」ワークショップです 普段なかなか気軽に英語を使う機会が少ない日本人技術者に,気軽に英語を使う場を提供します 丁寧にオリエンテーションしますので,多読が初めての方や英語が苦手な方でも参加が可能です 2-3回参加すると,喋ることにかなり慣れてきます(月一開催予定) 色んな職種のエンジニアが参加しているので,交流の幅が広がります 株式会社Misoca様のご協力により,名古屋市内での開催ができることになりました!御礼申し上げます. ■Misoca様人材募集ページ " rel="nofollow">https://www.wantedly.com/projects/28443 概要 日時: 2017/7/ 9(日) オリエンテーション:13:00 - 13:45 ワークショップ:14:00 - 17:00 懇親会(任意参加):17:30- (ワークショップ終了後,希望者にて懇親会を開催します.参加有無は当日確認します.) ※ 初めての方はオリエンテーション(13:00~)から参加してください.2回目以降の方は14:00~で構いません 定員:22名 参加費:¥1,000 (ワークショップで読む書籍代はこの中に含まれています) 場所:株式会社Misoca 内 セミナールーム「木曽川」 (JR/地下鉄/名鉄「名古屋」駅より徒歩5分) 参加資格 技術者であること (年齢・性別・業種・職種・国籍は問いません) 持ち物 筆記用具 A4用紙(20枚ほど,裏紙でOK) タイマー(スマフォでOK) ←※タイマーは重要なので,忘れないでください 時間割 下記,やり方のコツを説明しながら一緒にやっていきます. 前半(約1.5h):作成(インプット) 読む本のタイトルを決める 全体の時間配分のプランニング 作成スタート (リーディング(約30分)+メモ書き(約15分)) 後半(約2h):発表(アウトプット) メモ書きを参考に発表(約5-10分/一人当り) 質疑応答(約3分/一人当り) 最後に振返り 「多読」 と 「メモ書き」 とは・・・ このワークショップは「多読」(※1)と「1分間メモ書き」(※2)を用いた入力と出力をセットにした一日完結型となっています. ※1 多読とは,電気通信大学の酒井先生が提唱された英語のインプット法です. くわしくはこちらを参照(外部リンク) ※2 「メモ書き」とは,元マッキンゼー社の赤羽雄二氏が「ゼロ秒思考」の中で提案している情報整理法の一つです.  くわしくはこちらを参照(外部リンク) 運営者よりメッセージ 技術者の皆さんへ 「ひとりで英語の勉強をしていませんか・・?」 「英語が苦手な理系の人が気軽に英語を使う場があれば」 「仕事や家庭の両立で忙しいので集中してやりたい・・・」という思いから生まれた作成(インプット)と発表(アウトプット)をセットにした一日完結型の技術者向け英語ワークショップです.皆で集まって一緒にやっていきますので,気さくにどんどん発言して楽しんでください.英語のレベルは問いません.自分のレベルとモチベーションにあった本を選んで,各自のレベルでやっていただきます. 一緒にモチベーションを向上できる仲間がほしいと思われている方,ぜひわたしたちと一緒にやりましょう! 多くの技術者の方の参加をお待ちしています. 詳細はホームページをご覧ください https://wings-of-engineers.jimdo.com/

7/8 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1.意外とカンタン!プラグイン超入門 (スピーカー:小田島 倫也さん) プラグインと言えば、普段WordPressを使っている人なら必ずと言っていいほどお世話になっている機能だと思います。しかし、実際にプラグインを自分で作っている人は少ないのではないしょうか。 「難しそう」「プログラマーじゃないと作れない」・・・。など非プログラマーにとってはハードルが高い印象があります。 しかし、実は「プラグインを作る」こと自体はそんなに難しいことではありません。 今回は、プラグインとはどういうものか。どういう場面で使うのか。などについて解説しながら 簡単な機能のプラグインを実際に作ってみて、WordPress上で有効化させるところをライブデモします。 あとはプラグインを使う時や探す時の注意点や勘所、公式に登録する場合の流れなども紹介します。 ※今回はワークショップではなくセミナー形式を予定しておりますが、ご持参のPCで一緒に操作してみてもらっても構いません。 こんな方におススメ! * WordPressのインストール経験がある * テーマを作ったことがある * 既存テーマをカスタムしたことがある * テーマのfunctions.phpでカスタムを書いている * プラグイン作ってみたいけどよく分からない スピーカー 小田島 倫也 主に WordPress のカスタマイズをしているフリーランサー。 フリーランス暦約6年。 2.WordCamp Kyoto 2017 レポート+ネクストタイム 2017年6月24日・25日に行われたWordCamp Kyoto 2017 に参加したメンバーから参加レポートをしてもらいます。その後、次回WordBenchの内容を決めます。 スピーカー Katz、小野、稲葉、野末、山尾 (の予定) 3.WordFes Nagoya 2017 実行委員会 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会の立ち上げを行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:40 プラグイン超入門 15:40~15:50 休憩 15:50~16:20 WordCamp Kyoto 2017 参加者レポート+ネクストタイム 16:20~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年08月05日(土) 運営者向け 2017年09月09日(土) 初心者向け 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

7/2 (日)

C0a692bf3e8aa66150559ea1a042a31d 機械学習 名古屋
☆★☆★☆★ 東建コーポレーション(株)様に会場を無償提供頂きました。 ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★   参加費無料です。どなたでもお気軽にご参加下さい。   ☆★☆★☆★ 今回は、東建コーポレーション(株)様がスポンサーとなって、会場を無償提供頂きました。 収容人数400人の東建ホールにて勉強会を開催します! いつもは、ハンズオン形式で実際のコーディングを行っていますが、立派なホールということで、今回は、発表をメインに行います。 日曜日ということで、お休みの方も多いと思いますが、必ず良い話しが聞けますので、ぜひ、ご参加下さい。 申し込み方法 1・conpass上からの申し込み このページの「このイベントに申し込む」より登録してください。 2・それ以外 「友人・会社の同僚を数人まとめて」という場合は、このページ内にある「イベントへのお問い合わせ」よりお問い合わせください。 会場や会費について 会場:東建ホール 住所:名古屋市中区丸の内二丁目1番33号 東建本社丸の内ビル3F・4F http://www.token-hall.com 受付を3Fで行います。3Fまでお上りください。 会費:無料 お気軽にご参加ください。 ※受付時に、名刺を頂ければと思います。(任意) 発表について 発表者の募集は締切・確定とさせていただきました。 タイムテーブル 時間 タイトル 発表者 13:00-13:10 機械学習名古屋についての説明 三輪 13:10-13:45 Googe Cloud Platform を使ったAIの活用 牧野 13:45-14:10 Julia の紹介(仮) 後藤 14:10-14:20 休憩 14:20-14:50 分析屋を商売にしてみた〜実ビジネスに機械学習を適用するのは正直しんどい〜 伊藤 14:50-15:20 AIで飯を食う 田中 15:20-15:30 休憩 15:30-16:00 賢いAIへの道 ~データ収集&アノテーション~ 来栖川電算 16:00-16:15 東建から求人採用・外部委託についての説明 東建コーポレーション 16:15-16:20 懇親会の説明 三輪 懇親会について 東建コーポレーション様も参加する懇親会を行います。 東建コーポレーション様のITの取り組みを、いろいろお話できます。 こちらも合わせて、ご参加下さい。 https://machine-learning.connpass.com/event/59237/ よりお申し込みいただけます。

6/28 (水)

5881 normal 1445355958 5881 normal 1439387661 png TwilioJP-UG
Twilio SIGNAL報告会2017 in 大阪のリモート開催となります(接続はzoomを利用し、資料や音声は 綺麗にシェアされます) 「Twilio for KDDI Web Communications」の小出さん、高橋さんをお招きして、2017年5月、サンフランシスコで開催された、Twilioのデベロッパーカンファレンス「SIGNAL」で発表された新機能をハンズオンデモを交えてご紹介していただきます。 Twilioの紹介から、サーバーレス、音声認識、Wireless、PROXY等々の最新情報まで、Twilio情報盛りだくさんのイベントです。 初心者から既に活用の開発者、また、開発者でなくともTwilioに興味がある方なら誰でも参加可能です。奮ってご参加下さい。 □Twilio for KDDI Web Communications https://twilio.kddi-web.com/ □Twilio presents SIGNAL.2017 https://www.twilio.com/signal [内容] 19:30~ Twilioのご紹介と今回のSIGNALイベントの報告 20:30~ 新機能を中心にTwilioの技術セッション 〇イベント終了次第、希望者を募って、懇親会も開催します! 登壇者の紹介 Twilio for KDDI Web Communications Twilio事業部 責任者 小出 範幸 米国Twilio社へ直接交渉に出向いて日本へ同社サービスを持ち込んだ張本人。便利で快適な「スマートコミュニケーション」を広げる活動を推進している。メーカー、IT、コールセンター、ビッグデータ、新規事業開発など、幅広い分野での経験を活かして2010年より現職。2008年に筑波大学大学院にてMBA(経営学修士)取得。 【登壇内容】 ■ SIGNAL2017総括 電話・SMS・ビデオ・チャットといった様々なコミュニケーションチャネルやプラットフォームとの接続を容易に実現するクラウドコミュニケーションAPIサービス「Twilio」が目指すコミュニケーションの未来と、今後の方向性を含めたSIGNAL2017の総括。 Twilio for KDDI Web Communications Twilio事業部 エヴァンジェリスト 高橋 克己 2001年より大手通信事業者の法人サービスの教育に携わり、企業における電話のしくみや重要性を研究。2016年よりTwilio事業部にジョインし、Twilioを使ったスマートコミュニケーションの普及活動を行っている。 【登壇内容】 ■ SIGNALで発表された新機能のご紹介 SIGNAL2017では、幾つもの魅力的な機能が発表されました。今回はその中でも「Twilio PROXY」「Functions」「Wireless」「Call Insights」など、代表的なものをご紹介します。また、4月に発表された「Programmable FAX」についてもご紹介します。ぜひご期待ください。 ※イベント内容は随時更新します。 ※19時30分開始なので19時30分までに会議室にお越しください。

6/24 (土)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
なごや で Cognitive Services を習得しよう!
認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 ■ Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の顔やその表情を数値化し、結果を JSON 形式で取得することができます。 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト 大森 彩子氏に登壇・ハンズオンの講師をしていただきます。 本勉強会は、 「Microsoft Student Partners」 と 中部圏の .NET コミュニティ、「CenterCLR」が共催して開催します。 ■ この勉強会に参加して得られるもの Cognitive Services とはどのようなものか知れる ハンズオンを通して、Cognitive Service を使用したコードをかけれるようになる 人工知能の力を自分のアプリケーションに取り込める ■ ハンズオンをする上で必要になるもの Visual Studio 2017 / Visual Studio Code のインストールされた PC Microsoft アカウント ■ 勉強会に参加する上であるといいもの WEB API を使用した経験・C# or JavaScript を使ったアプリケーション開発の経験 Microsoft Azure のアカウント Cognitive Services のアカウント Visual Studio 2017 はここからダウンロードできます。 Visual Studio Code は ここ からダウンロードできます。 ■ タイムライン 時間 内容 スピーカー 13:00 参加者入場 まるちゃん 13:15 OP まるちゃん 13:30 Cognitive Services & Bot Framework について 大森さん 14:20 休憩 14:30 ハッカソンに出てみたお話 ともき、くぅ、影白 15:20 休憩 15:30 Cognitive Services を使いこなす考えかた 加藤さん 16:20 休憩 16:30 Cognitive Services ハンズオン 大森さん 17:20 わくわくLT 17:35 ED まるちゃん 17:35 終了 ■ 会場について 株式会社 Misoca 様の会議室をお借りして開催します。 請求書作成サービス「Misoca」 について ■ LT 募集 勉強会の最後に LT をしていただける方を募集しています。 Cognitive Service や Microsoft Azure に関することなど、楽しい話題なら何でも大歓迎です!もちろん、苦労話も大歓迎です! ※ LT とは、5分間でするプレゼンテーションです。登壇とは違い、気軽に参加できます。t

6/20 (火)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第73回 コンなご勉強会「常時 SSL サイト化講座」 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 サイトのSSL化が段々と必須になってきた今、SSL 証明書を詳しく知らない人向けに、SSL についての基本講座をゆるく開催します。資料はちょっとだけ用意しますが、参加者の皆さんとお話しながら開催する予定です。 concrete5 を使っていなくても役に立つ講座です。 コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/events/791317031025317/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会は毎月第3火曜日夜開催です。 主な内容 そもそも SSL の基本 レンタルサーバーで SSL 無料 SSL 証明書とは SSL 対応していないレンタルサーバーでも SSL 接続ができる方法 concrete5 での SSL 接続で気をつけたいこと 部分 SSL 化 全 SSL 化 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 concrete5 CMS に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 企業・団体の Web 担当者で HTML&CSSの知識が有る方 趣味で Web サイトを運営している方 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 特に何もありませんが、パソコンなどがあると良いかも (発表中のサイトをご覧頂く等) モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年6月20日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。( 2017年4月からは15時となります。 ) 2017年4月から: Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方は 1600 円となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

6/17 (土)

C9d379a73fa278df5fae314abd0d227a JXUG
なごやか に、Xamarin を勉強していきましょう!
今回のイベントについて 今回のイベントは MSP と JXUG が共同で主催する勉強会で、Xamarin が Microsoft に買収され無料化してから1周年の記念勉強会も兼ねております。 この勉強会はタイトルにもある通り Xamarin に触れたことがない学生さんでも理解出来るような内容となっておりますので、 Xamarin が気になってるけど触ったことが無いという学生さんも大歓迎です!! また、今 Xamarin を勉強していたり、 Xamarin で何か作っているという方は是非 LT 枠へのご参加もお待ちしております! タイムスケジュール 時間 発表者 内容 09:00 - 09:45 スタッフ集合 09:45 - 10:00 開場(参加者入場開始) 10:00 - 10:10 オープニング 10:10 - 11:00 あめいさん Xamarin.Forms.GoogleMaps について 11:00 - 11:05 休憩 11:05 - 11:55 伊勢さん Xamarin アプリとプッシュ通知(仮) 11:55 - 12:40 昼休憩 12:40 - 13:30 田淵さん Xamarin 最新情報 2017.6 13:30 - 13:35 休憩 13:35 - 14:25 くぅさん(MSP) Xamarin with UnitTest, UITest 14:25 - 14:30 休憩 14:30 - 15:20 akinobu_yamamotoさん iPhoneアプリ(Xamarin.iOS)で ロボット「Robi」を動かしてみた。 15:20 - 15:30 休憩+プレゼント 15:30 - 15:50 LT 15:50 - 16:00 クロージング Microsoft Student Partnersについて マイクロソフトの技術で開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、 学生の Microsoft Fun! を増やす活動を行っています。 ▼リンク https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx LT 可知 usamik26 影白 Gitter https://gitter.im/jxug/Xamarin-Study-Meetup アンチハラスメントポリシー JXUG では、アンチハラスメントポリシーを掲げています。参加されるすべての方は、以下のページのポリシーを順守いただきますよう、お願いいたします。 JXUG : コミュニティポリシー 登壇者の方はできるだけ事前のスライドチェックを受けてください。ポリシーに抵触するような行為があった場合には、コミュニティ側から発表の中止などを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。 健全な運営にご協力をお願いいたします。 任意のカンパのお願い 現在 JXUG では、任意で一口 500円のカンパを募集しております。イベント中の軽食代、登壇者/スタッフの懇親会での割引や、遠方から来られた方へのお車代、有料会場の費用などに使用いたします。 (ブログ枠は、イベントレポートを書いて、開催後にイベントページへブログ記事のURL をコメントする枠です。)

6/16 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 6 回です! この 5 〜 6 月にかけてはモバイルプラットフォーマーの開発者向けイベントが目白押しですね! そこで今回の Mobile Act では、これらのイベントをテーマにして最新のモバイルアプリ開発動向を皆で勉強して、今年のアプリ開発のモチベーションをあげましょう! LT してくださる方は、イベントで公開された内容をテーマに NDA の範囲内での発表をお願いいたします。LT 枠での参加登録の際にどのイベントをテーマにするかをコメントいただけると助かります。 Google I/O 2017 (May 17-19, California) Microsoft Build 2017 (May 10-12, Washington) Microsoft de:code 2017 (May 23-24, Tokyo) Apple WWDC 2017 (June 5-9, California) などなど 懇親会ももちろん開催します!楽しく交流しましょう〜。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 LT 発表 (6名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 くぅ - kuxu de:code ha_yshr WWDC ysk-tngc WWDC temoki WWDC ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します! 開催履歴 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 第 5 回 [connpass]

6/14 (水)

No image 108x72 g なごやか新卒
勉強会ってどうやって見分けるんですか>< ソフトウェア開発のための勉強会はたくさんありますが、良い勉強会を見つける方法はあまり共有されていません。 この勉強会では、良い勉強会を見分けるためにやっていることの工夫を共有し、新卒者に知の高速道路を用意することを目標にします。 本勉強会では発表者を募集しています。10min発表枠からご登録いただき、コメントにてタイトルをおしえてください。 発表枠 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 未定 ディスカッション「勉強会の探し方」 タイムテーブル 1900 - 1910 オープニング 1910 - 1920 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 1920 - 1930 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 1930 - 1940 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 1940 - 1950 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 1950 - 2000 未定 2010 - 2100 ディスカッション「勉強会の探し方」 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「新卒のための良い勉強会の見分け方」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map

6/13 (火)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会   しばらく開催していなかった初心者向けの勉強会を開催します。 AWS アカウントの基本的な説明と、S3 の基礎、EC2 インスタンスの立ち上げワークショップなどを開催します。 手軽にサーバーを立ち上げることが出来る AWS の魅力を紹介します。 (ちょっと詰め込みすぎているかもしれないので、内容は若干変更する場合があります) 懇親会のご案内 参加人数が多くなったので、懇親会の出欠を別の Dookeeper で受付させていただきます。 6/12 (月) 17時までに受付いたします。 https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/61695 こんな方に良いかもしれません。 AWS をやってみようと思っていたけど、なかなか始められなかった人 SSH (黒い画面) に恐怖感がない人 オンプレや VPS を使ってきて、まだクラウドに踏み込めていない人 エンジニア・インフラ担当者 初心に戻りたい人 堅苦しくなく、ゆるく、和気あいあいとすすめていきます。 ハンズオン持ち物 PC (Windows か Mac のノートパソコンで無線LAN付き) Cyberduck をインストールできる方はインストールしてください。会社PCのセキュティなどで出来なければ無理をなさらないでください。10分ほどの簡単なハンズオンのみで使用します。 SSH クライアントソフト (Windows は Bash on Ubuntu on Windows , Mac は 標準のターミナルや iTerm2 など) PuTTy で秘密鍵を ppk 形式でお使いの方は pem を ppk に変換していただく作業が必要です。 Putty を使われる場合、当日はこちらの作業ををしていただくことになりますが、ハンズオンではカバーしません。 AWS登録済みアカウント AWS アカウント作成の流れ を参考に AWS アカウントを事前に作成ください アカウント作成が必要な方は、18:30 頃に来場ください。アカウント開設には、クレジットカードと携帯電話が必要です。 無料枠内でのワークショップですが、既に無料枠のインスタンスをお使いの方は料金がかかってしまう場合がございます。 もしも料金がかかったとしても、インスタンスをきちっと止めれば、数ドル以内の出費になります。 ※会場では無線 LAN が提供されますが、念のため、持ってこれる方は、USB or ケーブル接続ができるモバイルインターネットをお持ちの方は持参ください。(無線 WiFi 型は、より電波が混信するので、可能であれば使用を控えていただけるようお願いします。)   スケジュール 時間 内容 スピーカー 18:30~19:00 開場 (AWS アカウント作成 補習) JAWS UG 名古屋 19:00~19:05 開始あいさつ  会場説明 筒井 (UG名古屋メンバー) 19:05~20:50 AWS 基礎講座 Katz (UG名古屋メンバー) 20:50~21:00 終了あいさつ&記念撮影 森(UG名古屋メンバー) AWS 基礎講座内容 詳しいスライドなどは作らず、参加者の皆さんのレベルに合わせて丁寧にワークショップとしてすすめる予定です。 AWS の基本 ざっくり、AWS 利用に当たっての心構え ざっくり、料金の考え方 AWS マネージコンソールの画面を説明 ハンズオン:IAM アカウントの作成 ハンズオン:S3 の基礎 Bucket の作成 Cyberduck でFTPの様にアクセスしよう ハンズオン:EC2 を立ち上げよう t2.micro でインスタンスを立ち上げよう 【時間があれば】 デモ: Ansible でサーバー立ち上げ デモ:Routes53 でドメイン管理 デモ:【時間があれば】CloudFormation の紹介 CloudFormation で簡単に EC2 インスタンスを建てよう きちんとインスタンスを終了しよう Q&A 場所 株式会社Misoca様 セミナールーム 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目35番22号 メビウス名古屋ビル2階 Misoca本社への行き方 ※株式会社Misoca様は勉強会会場をご提供いただいております。ありがとうございます。 ※勉強会に関する、Misoca様へのお問合わせはご遠慮ください。 終了後は懇親会を予定しています。

6/10 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
静的HTMLファイルをWordPressのテーマにするワークショップ (スピーカー:山尾 雅也さん) 既存の静的サイトのデザインのままWordPressを組み込む場合や、デザイナーが作ってくれたHTML+CSSのデザインをWordPressのテーマにするには、どうしたらいいのかについて、実際にやってみようというワークショップです。 いろいろ本を読んだけど、実際にやってみようとすると、思わぬところで躓いたりします。今回は少人数のグループにわかれて実際にWordPressのテーマを作るところまで行いますので、わからないところをその場で詳しい人に聞きながら進めることができます。 既存のテーマを直すだけのレベルから、自由にデザインしWordPress化できるようなステップアップの場になればと思います。 WordPressを組み込む静的サイトはこちらで準備します。 今回のワークショップは以下のようなスキルをお持ちの方を対象に考えています。 * HTMLとCSSについては基本を理解している * WordPressのインストール経験がある * 既存のテーマを修正して使ったことがある スピーカー 山尾 雅也 WordFes Nagoya 2015の参加をきっかけにWordPress関連のイベントに参加。 昨年からWordBenchに参加して、WordFes Nagoya 2016ではスタッフとして参加。 持ち物 今回はワークショップで実際にコーディング作業も行いますので、ノートPCに、普段お使いのエディタなどを入れておいていただけるとよいかと思います。 またXAMMPやMAMPでローカルにWebサーバを建てられる方は建てておいていただけると助かります。全員分ではありませんが、実際に触っていただけるWordPressを組み込み済みのWebサーバも複数用意しますので、FTPクライアントソフトなども、事前にご用意いただけると助かります。 * お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) * ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) * 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 全体の説明部分はネット配信を行う予定です(録画配信)。後半のワークショップは配信を行いません。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

5/31 (水)

41f306d465399e879b19385c42d3058b GCPUG Nagoya
イベント概要 GCPUG 名古屋支部の勉強会です。 セッション内容 セッション1 GCPでWebサイトを公開する GCPUG Nagoya 三浦 智 GCE、GCS、GAEを使ってサイトを公開する話をします セッション2 Cloud Spannerについて グーグル合同会社 Google Cloud ソリューション・アーキテクト 八木橋 徹平さん セッション3 Lightning Talk GCPでこんなことやってみたなどお話していただける方を募集中 タイムテーブル 時間 内容 18:30 - 19:00 開場 19:00 - 19:05 開始の挨拶 19:05 - 19:35 セッション1 19:40 - 20:10 セッション2 20:15 - 20:45 セッション3 20:45 - 21:00 締め・撤収 その他 懇親会 希望者で懇親会を行う予定です 写真について イベントの風景や集合写真を撮影しますので、あらかじめご了承ください。 撮影した写真はGCPUGのイベントレポートに使用します。 撮影がNGな方は事前にご連絡をお願いします。

5/20 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
WordPress大質問大会(休憩含めて120分) 今年の1月にも大質問大会を行いました。その後4ヶ月過ぎ新しい方も増えてきたので、再び大質問大会を行いたいと思います。 今回は、事前に質問を下記にて受け付けますので、ぜひ聞きたい質問のある方はぜひ事前に投稿してから、ご参加いただけると充実した質問大会になりますよ! ▶質問受付フォーム https://goo.gl/forms/yx3xs3M9xPKCH0ki2 WordFes Nagoya 2017実行委員会キックオフ(休憩含めて60分) 今年のWordFes Nagoya 2017の実行委員会を発足させます。 実は今年は開催時期の再検討も含めて検討することになりそうです。また今年のテーマについても提案を行います。 実行委員になるかならないかは別にして、どんな風にFesが実現していくのかを知るだけでもよいので、ぜひご参加ください。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 今回、ネット生配信は予定しておりません。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

5/17 (水)

9288 normal 1494475381 logo square Frontend Nagoya
今回は豪華なことに、遠方から来られた方々にお話ししていただきます!北海道からは株式会社HAMWORKS 長谷川 広武さん、東京からは株式会社サイバーエージェント / 株式会社Abema TV 大泉 明日香さんにお越しいただきます。 対象 Web フロントエンド技術に関わるエンジニア、デザイナー、etc... タイムテーブル 時間 行動 19:30 - 19:35 オープニング 19:35 - 19:55 ライトニングトーク1〜4 19:55 - 20:00 小休憩 20:00 - 20:30 セッション1 20:30 - 21:00 セッション2 ※ タイムスケジュールは当日のライトニングトークの数により、時間が前後する可能性があります。 セッション セッション1:「静的サイトジェネレータ活用のすすめ」 株式会社HAMWORKS 長谷川 広武さん セッション2:「Webの利用しやすさについてのお話」 株式会社サイバーエージェント / 株式会社Abema TV 大泉 明日香さん ライトニングトーク1:「ES2015の便利な機能、構文」 有限会社アップルップル 堀 悟大さん ライトニングトーク2:「コーディングガイドライン策定のメリット」 武藤 桂子さん ライトニングトーク3:「5分でわかった気になる Fluent Design System」 株式会社サイバーエージェント 佐藤 歩さん 持ち物 ノートパソコン(※ 必要な方のみ。会場に貸し出し用のパソコンもあります。) 懇親会について 当日はセッション終了後に懇親会を予定しております。

5/16 (火)

2985 normal 1398776739 concrete5ngo logo rectangle.640px コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ)
第72回 コンなご勉強会「会員サイト・権限・ワークフロー講座」 concrete5 名古屋ユーザーグループ「コンなご」が定期的に開催している、concrete5 の使用方法などを勉強する勉強会、いわいるコン活(concrete5 の活動)です。 初心者向け、そして中上級者の人も初心に戻って concrete5 Ver 8 のインストールから基本操作を学びませんか? 今回は、concrete5 の目玉の機能の一つである、会員・権限・ワークフローを解説します。 料金体系が来月 (2017年4月) から変更になりました。詳しくは下記「参加費」をご覧ください。 コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります。 ※朝10時より、「Mauticの日」を同時開催。オープンソースのマーケティングオートメーションツールを自習する日も同時開催します。 https://www.facebook.com/pg/basecamp758/events/ コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) の定期勉強会が2017年は、週末開催から、毎月第3火曜日夜開催になります 主な内容 権限について ワークフローについて 会員サイトケーススタディ紹介 ※ ワークショップを行うかどうかは決めていません。 下の写真は第33回勉強会の様子です。 対象 会員サイトを作りたいと思っている方 複数人でサイトの運営をしたいと思っている方 団体・業界団体サイトを運営していて会員向けにサイトを作りたいと思っている方 客さんに会員限定エリアを提供し、追加資料やデータをダウンロードしたいと思っている方 concrete5 CMS に興味がある人 新しい CMS にチャレンジしてみたい方 Web 制作者 企業・団体の Web 担当者で HTML&CSSの知識が有る方 趣味で Web サイトを運営している方 HTML、CSS はなんとなくしかわからないかも 持ち物&準備 パソコン (もしかしたら必要ないかも) おそらく、デモデータを使ってワークショップを行います。 おそらく、開催日当日に concrete5 の専用デモデータをお送りし、通常のインストールとは違う方法で教材用 concrete5 サイトをインストールしていただきます。 Cloud9 アカウント (おそらく今回は使わないかもしれません) Cloud9の無料アカウントを取得してください 今回の勉強会では、Cloud9 というサービスを使ってリアルタイムに concrete5 のコードを解説します。そのために、Cloud9 のサービスにこちらからユーザー登録をお願いいたします。 ユーザー登録方法がわからなかった方は、当日サポートしますので、できれば勉強会開催時間、15分前ぐらいまでに会場にお越しいただけると幸いです。 最近のユーザー新規登録にはクレジットカード情報の入力が必須になっています。 モデレーター Katz Ueno (@katzueno) コンクリートファイブジャパン株式会社所属。アメリカに映画留学と仕事で8年滞在した後帰国。2009年に concrete5 日本ユーザーグループを立ち上げた日本の創始者。名古屋の多言語に強い DTP & ウェブ制作会社エスケイワードを経て2014年より現職。concrete5 はもとより、映像、多言語サイト、SNS マーケティングに長ける。TOEIC は990点しかとったことがない。 日時: 2017年5月16日 (火) 19:00~21:00 場所: ベースキャンプ名古屋様のスペースをお借りして開催します! ベースキャンプ名古屋 http://basecamp-nagoya.jp/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 TEL : 052-485-8544 名古屋駅から徒歩5分 (ユニモール10番出口を出て北へ100m) http://basecamp-nagoya.jp/access.html 参加費: 1,000円 (通常のコワーキング利用料。受付にてお支払いください) 参加される方は、10時からベースキャンプをご利用いただけます。( 2017年4月からは15時となります。 ) 2017年4月から: Mautic の日を15時以前から参加されていて、本勉強会参加希望の方は 1600 円となります ベースキャンプ名古屋平日会員は参加費(会場代)は不要です。 定員 : 12人 参加資格 concrete5に興味がある方、またはホームページ作成に興味のある方!(初心者の方・PHP読める方大歓迎) ブログなどを書いている方で、自分のホームページを持ってみたい! 実際に触ったことはないけれど、concrete5ってどんなものなんだろう・・・ といった方でも参加OKです。 初心者向けの内容です!全く何も知らなくても大丈夫ですので、初めての方もお気軽にどうぞ!! ※ DoorKeeper で参加表明をした時点で参加確定です。事前確認メールなどは送ることはありません。会場に直接お越しください。 ※ DoorKeeper では、コンなご (concrete5 名古屋ユーザーグループ) のコミュニティがあります。コミュニティ登録して頂けると、今後のイベント情報をお送りします。是非とも ここから参加登録してくだされば幸いです。 concrete5って何? concrete5(コンクリート・ファイブ)とは、ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無償で利用できるオープンソースのソフトウェアです。市販ホームページ作成ソフトの利便さと、サーバー上でコンテンツを管理するCMSの利点を併せ持っています。 concrete5は2008年にオープンソース化され、2009年から日本語版が提供されている新しいソフトです。 concrete5日本語公式サイト http://concrete5-japan.org/ 「コンなご」は何をする会なの? 「concrete5 名古屋ユーザーグループ」の愛称(略称)です。2011年より名古屋を中心に concrete5 に関する勉強会やイベントを定期的に企画・運営しています。concrete5 初心者も大歓迎です。 DoorKeeper コミュニティにメンバー登録していただくと、今後の勉強会・イベントの告知を行っていきます。是非ともメンバー登録をお願いします。 「コン活」って何? 「concrete5 の活動」略して「コン活」です! concrete5をお使いの方からの質問に参加者同士で解決策を教えあったり、便利な使い方や拡張機能の情報などをシェアすることが目的です。また、concrete5日本語プロジェクトの活動内容についてもご報告します。 もちろん、concrete5には興味があるけど使ったことがない、という方のご参加も歓迎です!

4/21 (金)

680fa1d5928a79b58196e4e45fe24f69 MobileAct
フェンリル名古屋が開催するモバイルアプリ開発関連の情報共有や参加者同士の交流を目的とした勉強会です!
開催概要 フェンリル名古屋メンバーが開催するモバイルアプリ開発勉強会 Mobile Act NAGOYA の第 5 回です! 第 1 回 [connpass] [開催の様子] 第 2 回 [connpass] 第 3 回 [connpass] 第 4 回 [connpass] 今回はフェンリル東京支社のエンジニアから少し長めの発表をいたします。その後、LT 3〜4 枠という形式にしたいと思います。 懇親会ももちろん開催します!楽しく交流しましょう〜。 持ち物 名刺などの自己紹介ができるものをご用意いただけると、懇親会等での交流のきっかけになると思います。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階 アクセス 19:00 より受付を開始します。 それ以前の入場は出来ませんのでご了承下さい。 タイムテーブル 時間 内容 19:00 受付開始 19:30 挨拶 19:35 フェンリル発表 20:00 LT 発表 (3~4名) 20:20 休憩&予備時間 20:30 懇親会開始 21:30 終了 発表 発表者 : iseebi テーマ : アプリのビルドでコマンドを活用する LT 発表内容(予定) 発表者 発表内容 くぅ - kuxu amazon Android App Storeはいいぞ Takuya DroidKaigiから見る最新のAndroid技術動向 龍一郎 Cognitive Bot & Linguistic Bot pancake Tokyo Nomad ※ 上記は参加登録順となります。発表順は当日くじ引きで決めます。 懇親会 軽食(ピザやお菓子)とドリンク(ビールや烏龍茶など)をご用意します!

4/13 (木)

8597 normal 1466583274 %e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89%e2%98%85%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3 クラウド★ラボ
はじめてのクラウド勉強会~@伏見~ 昨年から開催し、毎回ご好評をいただいている初めてのクラウド勉強会を開催します! 勉強会では「クラウドってなに?」「クラウドでどんなことができるの?」というクラウドの基礎の基礎を最新の活用事例を織り交ぜながら座学形式で解説します。また、ハンズオン形式でMicrosoftが提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」の基本的な操作方法や提供サービスを解説します。 「これまでクラウドに触れる機会がなかったけどこれから習得してさらにスキルアップしたい!」というエンジニアの皆さまや、「会社でクラウドを使おうとしている、あるいは取引先からクラウドを導入したいと要望があるが、そもそもクラウドについてよくわからない…」というビジネスパーソンの皆さままで、今さら聞けないクラウドの基本がわかる必見のセミナーです!クラウドを極めて今よりももっともっと活躍するはじめの一歩を踏み出してみませんか?皆さまのご参加を心よりお待ちしています! 開催概要 はじめてのクラウド勉強会 ~クラウド初級編~ 主催:株式会社FIXER 日時:2017年4月13日(木)19:00~21:00(開場 18:30) 会場:株式会社FIXER 名古屋事業所(〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-2-23 アーク白川公園ビルディング6階) 参加費:無料 持ち物:ノートパソコン 会場設備:電源、無線LAN有 最小催行人数:5人参加登録があれば開催 タイムテーブル 時間 内容 18:30~ 開場 19:00~ ・クラウドについての基礎知識・さわって覚える!Microsoft Azureハンズオン・座学で覚える!Azure 基本サービスの解説 ・さらに覚える!Azure 勉強方法のご紹介 21:00 終了 Microsoft Azureアカウントの事前取得のお願い 本勉強会では、Microsoft Azureを実際に使用していただきながら演習を行うため、事前にAzureのアカウント(サブスクリプション)を取得していただく必要がございます。 Azureを初めて利用する場合は、Azure無料評価版のアカウント(サブスクリプション)を開設してください。無料評価版で約2万円分の利用が可能なため、その範囲内で演習することができます。 ▼下記URLより無償評価版をご登録ください https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/free-trial/ 株式会社FIXERについて Microsoft Azureのフルマネージドサービス「cloud.config(クラウドコンフィグ)」をはじめとするクラウドソリューションを提供するCloud Service Vendorです。Azureの導入実績、及び普及活動が高く評価され、2013年、2014年に「Microsoft Azureパートナーアワード(Cloud Service Vendor)」最優秀賞を受賞。また、2015 年7 月に発表された、米国Microsoft が選出するパートナープログラム「Cloud Solution Provider Program( 以下、CSP)」においては、全世界から先駆けて発表されたパートナーの1 社に選ばれ、Azure に対応したサービスを提供する国内初のCSP に認定されました。また、2013年に発足したMicrosoft Azureのパートナーコンソーシアム「一般社団法人Azure Council Experts」の代表理事を務め、Microsoft Azureの普及ならびに技術者の育成、ノウハウの共有などで有機的コラボレーションを展開。Microsoft Azure市場の拡大を牽引しています。 新しいコミュニケーションの創造をめざして FIXERは、2015年に三重県津市に、2016年に名古屋に新たな拠点を開設しました。この新しい拠点を中心に、中部で活躍する皆さまの輪と輪をつなぐコミュニティ「クラウド★ラボ」をスタートしました。クラウドはもちろんのこと、最先端のテクノロジーや今話題のキーワードを元に、様々なテーマでの勉強会・セミナーを開催してまいります。 お問い合わせ 事務局:株式会社FIXER 庄田・佐藤 連絡先:[email protected] / 059-273-6830 URL:http://fixer.co.jp ■名古屋事業所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-2-23 アーク白川公園ビルディング TEL : 052-684-4970 FAX : 052-684-4980 ■FIXERクラウドセンター 〒514-0131 三重県津市あのつ台4-6-1 あのつピア TEL : 059-273-6830 FAX : 059-273-6829 ■東京本社 〒108-0023 東京都港区芝浦4-4-44 横河ビル TEL : 03-3455-7755 FAX : 03-3455-7500

4/8 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
クラウドでWordPressしてみよう 共有レンタルサーバを使うWeb 制作者、サイト運営者は多いとは思いますが、より自由度が高い専用サーバ、VPSサーバ、クラウドサーバなども気になるところです。「難しそう」「どういう違いがあるのか知りたい」と思ったことはありませんか? そこで普段、共用サーバーを使っているWeb 制作者、サイト運営者が専用・VPS・クラウドサーバを使う際に知っておくべき入門セミナーと、500円/月から始められるクラウドVPSである「Amazon LightSail」で実際にサーバやWordPressを構築するまでのデモンストレーションを行います。 なお任意ではありますが「Amazon LightSail」のアカウントを事前に取得しておいていただくと、デモンストレーションを見ながら同じ手順を踏むことでサーバ環境を立ち上げることが可能になります。この機会に、「Amazon LightSail」でサーバを構築してしまいたい方、実際にサーバを構築するのを自分で体験されたい方は、ぜひ事前にアカウントを取得しておいてください。ちなみに登録後一ヶ月は無料です。 https://amazonlightsail.com/ 後半は、参加者の皆さんが普段どういう風にWordPressを使っているのか、活用されているのかなどの事例を紹介しあう懇談会を開催しようと思います(この懇談会はUstreamでの配信はありません)。 「専用・VPS・クラウドサーバを使う時に知っておきたいこと」(30分) (スピーカー:Katz Ueno) なぜ専用サーバーやクラウドを使うのか。セキュリティ・負荷・運用・保守のリスク マネージド専用サーバー・VPS・専用サーバー・クラウドの違い 知っておきたいクラウドのこと AWS を使う前に知っておきたいこと。 「AWSでWordPressしてみよう」(60分) (スピーカー:横井公紀) 「Amazon LightSail」は500円から始められるクラウドVPSです。この機会にクラウドサーバにチャレンジしてみませんか? 興味があっても、なかなか踏み出せないクラウドサーバ... 「Amazon LightSail」がリリースされたことで、手軽にクラウドサーバを使えるようになってきました。 実際に「Amazon LightSail」を利用してWordPressを立ち上げるまでを、わかりやすくデモします。 「私とWordPressについて語り合う懇談会」(75分) 他の人がどのようにWordPressを使っているのかを知る機会というのは、実は少ないのではないでしょうか? 参加者の皆さんが、普段どのようにWordPressを使っておられるか、どんな工夫をされているのかなどを紹介し合う懇談会を行います。 意外な活用法や、いろんなヒントやアイディアを得られるよいチャンスとなるのではないかと思います。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 セッション3の「私とWordPressについて語り合う懇談会」はUstreamでの配信はしません。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

3/29 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 大阪でキャンセル待ちが出るほど大人気の勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるように リモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな画像でお送りできます。 1月25日に開催した内容の再演+αを行います。 IoTな時代、デバイス側のバックエンドはクラウドが必須になりつつありますが、 クラウドってレンタルサーバーや自社でオンプレミスでやるのとどう違うの? セキュリティが不安なんですがって感想も多く、 特にデバイス側のエンジニアやメーカーの人にとっては文字通り雲の中?って感じになってしまっています。 他の勉強会やイベントでは、クラウドで最先端の話やマニアックな話になっていたり、 WEB系エンジニアを対象にしているので言葉のプロトコルが違うので 行きづらいって方がいらっしゃりますので、 今回はあえてデバイスエンジニア向けの勉強会を開催します。 対象者はIoTでどうやったらビジネスになるの?って話ではなく、IoTを実現するために、 クラウドをどう使うの?って方向けとなりますので、よろしくお願いします。 またデバイスをセキュアにつなぐ為のSORACOMなどのサービスの紹介も少しします。 質問コーナーもありますので、是非今話題になっている事を講師に質問してください。 おねがい 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もいらっしゃりますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影ねがいます。 参加対象者 IoTで使われるクラウドについて理解したい方 対象となる技術 クラウドの基本 SORACOM 参考資料 なし。公開予定もなし 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、 キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理願います。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、 次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理お願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報 比企宏之 cloudpack大阪のセクションリーダー。 開発・構築・運用・営業・採用・雑務まで幅広くこなすオールラウンダー 2014年3月まで、オープンシステム系開発(〜1996)・モバイル端末開発(〜2011)・エンタープライズ開発(〜2014)を 自身がリーダーやPMで参画したプロジェクトは全て黒字にするも、アウトソーシング開発の業界構造自体に問題を感じ cloudpackにJOINし大阪オフィスの立ち上げを行う。 またコミュニティ運営も、過去はJAWS-UGの関西全域の立ち上げ・現在はイノベーションエッグ・関西オープンIoTグループと 1000人以上のコミュニティを5年間で3回立ち上げた経歴を持つ BLOG:雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは

3/25 (土)

5885b75f6275ea46adf5950c39a47cd8 OthloTech
概要 はじめに OthloTechでは、東海圏の学生エンジニア/デザイナーが集まり、情報の共有や学生同士の繋がりを広げるために月1回のペースで勉強会「OthloEvent」を開催しています。 学生であれば大学・専門学校・高校は問いません。どなたでも参加いただけます。 ※学生限定のイベントです。社会人の方は申し訳ありません。 イベント内容 年度締めLT大会 LT(ライトニングトーク)とは 5分間程度の短い時間で行われる発表を連続して続けていく形式のプレゼンテーション。「Lightning Talk(s)」の頭文字を取って「LT」と略される。 ライトニングトークとは - はてなキーワード LTのテーマ・何をLTすればいいの? ITに関することであれば大丈夫。エンジニアリングやデザイン、その他面白い話をぜひ! 発表枠は5分ですが、短くても全然OKです。 学生だけですので、気軽にゆるふわな会にしましょう。 LT内容(一例) 最近気になってる話題 今まで自分が作った作品紹介(苦労したこだわりどころなど) 新しく挑戦してみた技術の話 自分はこうやってデザインをしています などなど。今回は年度締めLTなので、今年度の振り返りや成果発表、来年度への意気込みや挑戦してみたい技術でもOK! 以前にはこんなタイトルのLTもありました。 Webデザインの配色について Mac標準プレビュー.appを使い倒す Sketchは学割で買いましょう 個人的にAWSの素晴らしさを紹介 タイムテーブル 入退室は自由となっております。都合の悪い方は途中退出していただいても問題ありません。 イベント当日はOthloTechがお酒と軽食を用意いたします。またお菓子やお酒の持ち込みも大歓迎! 時間 内容 17:45 開場 18:00 開会のあいさつ 18:10 LT(第1部) 18:45 休憩 18:50 LT(第2部) 19:25 休憩 19:30 LT(第3部) 20:10 LT終了・投票 20:30 結果発表 + 表彰 会場は9時まで確保しているので、20:30以降は自由参加です。 更にもう1時間延長もあるかも!? 発表者 決まり次第順次更新してきます。発表者順は更新のたびにランダムで決定されます。 最終更新:2017/3/24/22:48 氏名 LTタイトル 山根丈亮 最先端の機械学習 いっちゃん D言語ではじめるメディアプログラミング にーさん エンジニアの常識 渡辺稜太 大学5年間を振り返って yufuinn C++17でもっと強くなるC++ オトモレ ストリートコンピューティングのすヽめ(仮) ライダー 一貫したデザインを創るために意識すべきこと 影白@KageShiron Webセキュリティ入門(仮) みつの 機械学習は魔法じゃない ちーず npm trendsであーそぼ! 森 UnityCollabrate及びUnity最強説 Katsuaki_TAKAGI GPGPUの実験環境構築はAzureを使えば割と秒! @iyuto_ ヨーロッパ旅行で見つけた各国のIT事情 会場 会場:AOI CAFE IZUMI 住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1-22-30 アクセス:地下鉄東山線 栄駅 徒歩8分 地下鉄名城・名港線 久屋大通駅 徒歩3分 地下鉄桜通線 久屋大通駅 徒歩3分 URL:http://aoicafe-izumi.com/access.html その他 Wi-Fiあり 電源は限られておりますので、譲り合ってご利用ください。 OthloTechについて 私たちは、名古屋でクリエイティブな学生のコミュニティを作るために「OthloTech」を結成しました。専門技術を持った学生が集まり、勉強会や交流会を通して学校では学べない知識を共有しましょう。学生同士の横の繋がりを広げて、新しいサービスが生まれるきっかけを作りたいと思っています。 ▼OthloTechのHP・SNS OthloTechホームページ Facebookページ Twitterアカウント @OthloTech ▼8/6,7に学生ハッカソンを開催しました http://hack.othlo.tech Facebookアルバム Togetterまとめ

B3d2cf5225ca3ce746f9bdbca43c9be6 CMS Fun Nagoya
今、話題のPulse CMSについて、開発チーム直々の解説&ワークショップを行ないます。
小規模サイトやランディングページなど、限られたページの一部分だけを書き換えて運用するような場合にはデータベース不要のCMS(フラット・ファイル・CMS=FFCMS)の方が適している場合もあります。 第5回では、話題のデータベース不要のCMS「Pulse CMS」を特集します。 開発チームが直接紹介してくれるだけでなく、実際にPulse CMSを触れるワークショップも開催します。 ダッシュボードを備えた静的サイトCMSであるPulse CMSには以下のような特徴があります。 あっという間に作れる。 HTMLテンプレートを使うだけ。 シンプル。 サーバーにアップロードするだけ。 スケーラブルなシステム。 Amazon EC2上でも稼働できる。 安全なダウンタイム。 互換性のあるキャッシュとCDN。 バックアップ。 自動でバックアップして移動も簡単。 安全。 アップデートの必要なし、SSL導入済み。 バージョン管理を導入。 Github でリポジトリをお預かり。 ●Pulse CMS公式日本語サイト https://www.pulsecms.com/ja/ 勉強会概要 日時:3月25日(土)13:30~17:00(懇親会 18:00頃)※開始時間は変更になる可能性があります。 場所:ベースキャンプ名古屋 参加費:ベースキャンプホリデー会員以外はドロップイン1,000円 懇親会: 場所は未定ですが当日参加者を募り開催する予定です (予算 3,000〜4,000) 主催:CMS FUN Nagoya、Pulse CMSチーム (今回はPulse CMSチームとの共催になります) テーマ:データベース不要のCMS「Pulse CMS」特集 タイムスケジュール ※開始時間は変更になる可能性があります。 時間 セッション 13:30 開会あいさつ・諸連絡 13:35 各種CMSに関するLT大会 14:00 休憩 14:10 Pulse CMSの概要 14:40 休憩 14:50 Pulse CMS体験ワークショップ 16:50 閉会あいさつ・諸連絡 17:00 閉会

3/15 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるようにリモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな映像でお送りできます。 雲勉の今回のテーマは、「Storage Gateway」です。 Storage Gateway… オンプレミスのデータをAWSへバックアップするストレージサービスの1つです。 オンプレミス上のファイルサーバ(ストレージ)とAWSストレージを連携することで、バックアップにAmazon S3やAmazon Glacierを使用することができます。 これまではブロックストレージのスナップショットとして保存されていたためユーザーはS3をマネージメントコンソールから見ても中のデータを確認することができませんでした。 しかしAWS re:Invent 2016で新しい機能【ファイルゲートウェイ】が追加され、NFSでS3を利用し、S3オブジェクトとしてデータを保存することが可能になりました。 今回はこのファイルゲートウェイを中心に、利用ケースや構築方法などをお話しいたします。 お願い 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もおられますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影をお願いします。 キャンセルに関してのルールはキャンセル欄を参照ください。 参加対象者 AWS Storage Gatewayがきになる方 インフラエンジニアの方 対象となる技術 ・AWS Storage Gateway 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理をお願いします。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理をお願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報 加藤俊行 担当:構築担当 前職ではオンプレのインフラエンジニアとして設計・構築に携わる 元VMwareのスペシャリストだったが、クラウドサービスのスピード感にオンプレサービスの限界を感じ、 2016年10月にcloudpackにjoin その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは 雲勉 & cloudpack名古屋イベント 開催予定 開催日 時刻 タイトル 03/29(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:デバイス系開発者向け】re:IoTな時代に今更聴きづらいクラウド基礎入門勉強

3/10 (金)

1636 normal 1387262117 jawsug ver2 256px JAWS-UG名古屋
Japan AWS User Group (JAWS-UG) – 名古屋 勉強会 (JAWS DAYS 2017前夜祭)です。 本勉強会は翌日に東京で開催される JAWS DAYS 2017 公式WEB http://jawsdays2017.jaws-ug.jp 登録サイト https://jaws-days.doorkeeper.jp/events/55206 の各地で行われる前夜祭の一つとなります。 今年の名古屋の前夜祭はスパ併設のホテル会議室で行います。 オフィス街から離れ、非日常的な極上空間でお勉強と最高の癒しを。 ※ロードトリップの名古屋の集合場所となります。 登壇者募集のお知らせ 登壇者を大募集中です! 「AWSでこんな改善できたよ」 「JAWS-UGに参加するようになって友達いっぱいできたよ」 「AWS界隈でフラフラしてたら人生変わったよ」 ...etc ご応募くださる方は本イベントのお問い合わせページ、もしくはjawsugコアメンバー宛にご連絡下さい! スケジュール 時間 内容 スピーカー 19:00~19:10 開場 19:10~19:15 開始あいさつ  会場説明 森さん(UG名古屋コアメンバー) 19:15~19:30 AWSの監視ツールについてのお話(仮) 丸屋さん(UG名古屋コアメンバー) 19:30~20:00 AWS Polly & Rekognition & Alexa 20:00〜20:50 EC2とサーバーレス以外の選択肢 Elastic Beanstalk 辻 義一さん(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術本部 ソリューションアーキテクト) 20:50~20:55 AWS-HUB、Road Trip参加者様への説明 内木さん(UG名古屋コアメンバー) 20:55~21:00 終了あいさつ&記念撮影 内木さん(UG名古屋コアメンバー) ※登壇時間については、一部仮となっています。 AWS-HUB開催のお知らせ 勉強会後にホテル併設のスパ施設ユートピア宝にて懇親会を開催します。 RoadTripのバスが来るまで、AWSについて語り明かしましょう。 ユートピア宝 施設案内 ・温泉 ・食事 ・カラオケ ・麻雀(AWS麻雀開催予定) ・卓球 AWS-HUBからの参加も大歓迎です♪ スタッフがJAWS-UG名古屋の卓上フラッグ(サメのロゴ)を持っていますので、近づいてきてください。 JAWS-DAYSに参加する方は、ロードトリップ(大阪発、名古屋経由、東京行きのバスツアー)参加者も 下記URLにて募集していますので、是非ご参加ください。 https://jaws-days.doorkeeper.jp/events/56375 ※ロードトリップのみの参加者は、23:45までに ワシントンプラザホテルホテル玄関前のロータリーにお集まりください。

3/8 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるようにリモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな映像でお送りできます。 今回のテーマはマネージドデプロイサービス「AWS CodeDeploy」です。 CodeDeployを使用するとアプリケーションのデプロイ作業を自動化することができます。 基本的な仕組みから、AutoScalingとの統合や最近追加されたBlue/Greenデプロイなど 便利な機能と注意点なども合わせて紹介します。 お願い 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もおられますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影をお願いします。 キャンセルに関してのルールはキャンセル欄を参照ください。 参加対象者 AWS CodeDeployに興味のある方 開発に携わる方 対象となる技術 ・AWS CodeDeploy 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理をお願いします。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理をお願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報 土持昌志 担当:構築担当 構築チーム所属。前職ではシステム開発に従事していたが インフラとして使っていたAWSに興味を持ちAWS専業のcloudpackにjoin。 その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは 雲勉 & cloudpack名古屋イベント 開催予定 開催日 時刻 タイトル 03/29(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:デバイス系開発者向け】re:IoTな時代に今更聴きづらいクラウド基礎入門勉強 03/15(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:インフラエンジニア向け】AWS Storage Gateway

3/7 (火)

4245529281bbabc0f5ab44784ae5fd88 HTML5NAGOYA
フロントエンドまわりと、それ以外のこともやるもくもく会です。終わった後もぐもぐもします。
もくもく会とは、自由に集まってもくもくと作業を行う会のことです。 フロントエンドもくもく会では、月1回程度のペースで各自集まって、もくもくできる場を用意していきたいと思います。 プロジェクタも会場に用意しますので、映したものに対して色々議論してもいいですし、 あるいは集中してもくもくと作業した成果を、最後の方で披露するために使っていただいても構いません。 もくもく会が終わった後は、懇親会でみんなでもぐもぐもします。 お気軽にご参加ください! ルール テーマはフロントエンドを中心にしつつも自由です。 何をもくもくしても良いです。 プロジェクタはあるので、つなげて勝手に喋り出すのは自由です。 可能であれば、自分の画面をプロジェクタに映せるような準備をしておくと良いです。(実際に映すかどうかは別にして) 懇親会 も基本行います。当日確認します。 その他、会場のルールに準じます。 ルールは極力少なくしたいので、公序良俗に反しない範囲での行動を各自お願いします。 持ち物 PC (or もくもくできる何か) 会場付近のおいしいお店情報 もくもく会で何をやるかを考えてくる 今後の日程 4/10 (月)フロントエンドもくもく会 #02 都合が合わないなどの理由で変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

3/1 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 大阪でキャンセル待ちが出るほど大人気の勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるように リモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな画像でお送りできます。 https://cloudpack.jp/whitepaper/serverless.html からダウンロードできる「cloudpackサーバーレス開発ホワイトペーパー」の 解説と記載されていないlambdaを運用する時に必要な補足と質問会です。 ホワイトペーパーにないサーバーレスな質問も大丈夫ですので、 気軽にご参加ください! おねがい 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もいらっしゃりますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影ねがいます。 参加対象者 IoTで使われるクラウドについて理解したい方 対象となる技術 クラウドの基本 SORACOM 参考資料 なし。公開予定もなし 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、 キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理願います。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、 次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理お願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報 比企宏之 cloudpack大阪のセクションリーダー。 開発・構築・運用・営業・採用・雑務まで幅広くこなすオールラウンダー 2014年3月まで、オープンシステム系開発(〜1996)・モバイル端末開発(〜2011)・エンタープライズ開発(〜2014)を 自身がリーダーやPMで参画したプロジェクトは全て黒字にするも、アウトソーシング開発の業界構造自体に問題を感じ cloudpackにJOINし大阪オフィスの立ち上げを行う。 またコミュニティ運営も、過去はJAWS-UGの関西全域の立ち上げ・現在はイノベーションエッグ・関西オープンIoTグループと 1000人以上のコミュニティを5年間で3回立ち上げた経歴を持つ BLOG:雑なA型によるクラウドとモバイルと運営と その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは 雲勉 & cloudpackイベント 開催予定(勉強会がオープンになればリンク先が有効になります) 開催日 時刻 タイトル 講師 03/29(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:デバイス系開発者向け】re:IoTな時代に今更聴きづらいクラウド基礎入門勉強 比企宏之

2/15 (水)

35affb773a5a9318e7d2e3934a7749a5 IoT縛りの勉強会! IoTLT
フィーバー柳橋での開催!
業界初?! 名古屋版 IoT縛りの勉強会/LT会です! IoTというワードがバズワードになりつつあります。 とはいえ、IoT領域には関連する幅広い知識や技術があります。 また、アイディアやインスピレーションも重要です。 この会は個々が持っている知識や開発していることの情報共有や発信の場になります。 名古屋で開催です! 開催前後の交流ためのFBグループもあります! 情報はこちらで流れてるので是非ご参加下さい! 登壇希望もこちらのFBで! https://www.facebook.com/groups/iotlt IoTLT名古屋専用のFBページつくりました。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 会場について 今回の会場はフィーバ柳橋となっております。 名古屋ゲーム制作部などクリエイターの方々があつまる面白い場所となっております。 行ってみたお話(Cre8さんのサイトへ移動します) 会場の場所が分かりにくいです。 こちらの動画などを参考にお越しください。 フィーバ柳橋への道 タイムテーブル LTは一人5分です。8件程度 時間 内容 発表者 18:30 開場 19:00 オープニング 19:05 会場説明 19:10 LT:MilkcocoaPushボタンをつくってみた わみ LT:GR-CITRUSとWA-MIKANで作る天気予報 武田さん LT:外出中に自宅の部屋の明るさをスマホで見られるようにした……のを手伝った Tiny Mouse LT:冷蔵庫IoTに挑戦 nishiokya LT:BuildrootとQtの紹介 nekomatu LT:名古屋勉強会らむだ」のデータを分析してみた! シュール LT:Windows 10 IoT Coreの影の働き者 .Net Native の紹介 くぅ@牛奶茶 19:50 交流会 20:30 締め 20:45 完全撤収 IoTに興味のある、ハードウェア/Webエンジニアの方を中心にどなたでもご参加できます! LT発表を希望の方はFacebookページの投稿にコメントをください。 https://www.facebook.com/groups/NGOIoTLT/ 参加費 会場費のカンパをお願いします。 本編 無料 交流会 100円程度 主催 わみ 愛知県でネットワークを勉強している学生。 Nefry(ねふりー)というフリスクサイズのIoTデバイスを作っている。 Nefry公式サイトはこちら @iyuto_ 情報系学生。インターンや個人でiOSアプリを開発。既製品ガジェットを使ったソフトウェア寄りのIoTハックが好き。 くぅ - kudu C# と Xamarin が好きな大学生。最近は、MSPになったらしい。

2/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
これからのサイト構築のお話 ~テーマTwentySeventeenとマーケティング~ 今回は、これからのウェブサイト構築や運用を考える上で、押さえておきたいトピックスを2つ取り上げます。 ひとつはWordPress4.7と同時にリリースされたデフォルトテーマの「TwentySeventeen」。4.7から実装された新しい機能を紹介します。 もうひとつはマーケティングについて。特にMA(マーケティングオートメーション)と呼ばれる考え方や仕組み、実装の方法の入門編です。 これからのウェブサイトの制作や構築、運用を考えていく上で、とても大切なトピックになると思うので、この機会にぜひ一緒に学びましょう。 WordPressテーマ TwentySeventeenとマーケティングのお話 WordPress4.7と同時にリリースされた新しいデフォルトテーマである「TwentySeventeen」は、デフォルトテーマとしては初めて本格的なビジネスサイト向けのテーマになっています。スターターコンテンツの提供、編集ショートカット、カスタムCSS機能など、4.7の新しい機能をふんだんに取り込んだテーマとなっています。 今後のWordPressによるサイト構築を考える上で押さえておきたいポイント満載です。 名古屋では(たぶん)初めて「TwentySeventeen」を詳細に解説します。あわせてマーケティングの必要性についての基本的な部分についてもお話できればと思います。 スピーカー 稲葉 智宏さん マーケティングとMA(マーケティングオートメーション)のお話 マーケティングオートメーション(略してMA)を導入することで、当てずっぽうに行っていた営業活動を、論理的かつ合理的に行えるようになります。 今回の勉強会では、マーケティングオートメーションの基本とマーケティングオートメーションツール「Mautic」の紹介、Mauticをどのように WordPress サイトに組み込むかなど、マーケティングオートメーションの基礎・導入についてを実際の画面を見ながらお話します。 会社の営業マンが少なくて困っている。ウェブサイトからの問い合わせをしっかりと成約に結びつけたい。という方、ぜひご参加下さい。 スピーカー 小野 隆士さん 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

2/8 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 大阪でキャンセル待ちが出るほど大人気の勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるように リモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな画像でお送りできます。 雲勉の今回のテーマは、「Amazon EC2 Systems Manager」です。 AWS re:Invent 2016で「EC2 Run Command」の強化版を含む新しい管理サービスとして発表されました。 複数台のサーバに対して、コマンドの実行やソフトウェアとOSの設定を追跡、更新、維持を人の手で管理していくことは、大変時間を取られる作業になります。 Amazon EC2 Systems Manager を使用した場合、どのような管理が行え、自動化できるかをデモを交えてお話していきます。 運用の自動化などにご興味がある方は、是非ご参加下さい。 お願い 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もおられますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影をお願いします。 キャンセルに関してのルールはキャンセル欄を参照ください。 参加対象者 AWS(EC2)を利用している方 コマンドなどで自動化を検討している方 インフラエンジニアの方 対象となる技術 ・Amazon EC2 Systems Manager 参考資料 ・オリジナル(今回用に作成・公開予定あり) 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理をお願いします。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理をお願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:15 0:15 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報(メイン) 稲葉喬之 担当:MSP開発チーム 前職では、携帯や車載系の組み込み系の開発を経験。 勉強会を通じてCloudの技術に興味を持ち、2016年10月にcloudpackへjoin。 MSP開発グループに所属し、日々新しい技術に挑戦できる環境で精進しています。 その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは 雲勉 & cloudpackイベント 開催予定 開催日 時刻 タイトル 03/29(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:デバイス系開発者向け】re:IoTな時代に今更聴きづらいクラウド基礎入門勉強 03/08(水) 19:30 テーマ作成中 03/01(水) 19:30 雲勉:名古屋【勉強会:開発者向け】サーバーレスホワイトペーパー解説&追加説明会 02/22(水) 19:30 テーマ作成中

2/1 (水)

8265 normal 1482385997 logoicon 雲勉(kumoben)
概要 大阪でキャンセル待ちが出るほど大人気の勉強会”雲勉”を名古屋でもご覧になれるようにリモート接続致します! TV会議システムは Zoom を利用しますので、クリアな画像でお送りできます。 AWSの一大イベントであるre:Invent2016にて発表されたAWS Step Functionsの勉強会です。 サービスは疎結合であるべきという概念から、AWSでは様々なマイクロサービスが用意されています。 そのマイクロサービスをワークフロー形式で簡単に繋ぐ手段としてStep Functionsが用意されました。 これまでは一つのLambdaの処理内で分岐をするかSNSやKinesisなどを組み合わせて複数のLambdaを 連携させる必要があり煩雑になりがちでしたが、 Step Functionは簡単な設定を書くことで直感的且つシンプルにLambdaを連携したサービスを作る事ができます。 今回は実際にどのように設定ができるのか、どう言った画面になるのか、 また、以前まであった連携処理と比較し、Step Functionsを使うことによって どのようにコンポーネントが変わってくるのかをお話いたします。 新しいサービスが追加されることで、今までの考え方にどのような変化が起きていくのか、 この勉強会を通じて感じていただけるのではないでしょうか。 おねがい 資料の写真撮影はOKですが、撮影音が気になる方もおられますので iPhone Microsoft Pix カメラ(無料) のようなカメラアプリソフトをインストールして撮影をお願いします。 キャンセルに関してのルールはキャンセル欄を参照ください。 参加対象者 ・アプリ開発者 ・lambdaなどサーバーレスの活用をされている方 対象となる技術 ・サービス名:AWS Step Functions 重要 エントリーされている方のキャンセルについて 本勉強会は弊社会議室での開催実施となり、場所の都合上定員数を限定していますが、 出来るだけ多くの方にご参加いただくために、キャンセルに関しては二日前までにキャンセル処理願います。 ※キャンセルの旨のご連絡は不要です。 当日キャンセル/ドタキャンに関しては申し訳ございませんが、 次回以降で優先順位を下げさせて対応させていただきます。 重要 キャンセル待ちでエントリーされている方について キャンセル待ちで登録された方は開催前日に登録状況を再度確認ください。 キャンセル待ちから外れている場合で、スケジュールの都合上、 これない場合はキャンセル待ちでも前日までにキャンセル処理お願いします。 重要 当日の会場について 20時を超えるとビル正面口が閉まりますので20時以降はご遠慮願います。 タイムテーブル 内容 開始 時間 受付 19:00 0:30 雲勉について 19:30 0:05 勉強会 19:35 0:30 休憩(質問コーナー) 20:05 0:10 勉強会 20:15 0:30 勉強会質疑応答 20:45 0:10 クロージング 20:55 0:05 撤収 21:00 0:05 講師情報(メイン) 青池利昭 グループリーダー:開発 cloudpack大阪で発足したMSP開発グループのリーダー。 24365でシステムを運用するMSPを陰ながら支えています。 過去勉強会登壇情報 勉強会名:Innovation EGG 第8回 『可視化・課題と支える技術』 勉強会名:JAWS-UG名古屋 AWS勉強会 第12回 勉強会名:Innovation EGG 第6回 『IoT 今と未来』 その他 社外の方向けのwifiアクセスポイントをご用意しておりますので、ご自身のPCを持ち込み 説明を聞きながらAWSのコンソール等を操作いただくことが可能です。 主催者情報 cloudpackとは iret株式会社とは 雲勉 & cloudpack名古屋イベント 開催予定 開催日 時刻 タイトル 講師 02/08(水) 19:30 準備中