杉浦正実 (@masamirock)


参加する勉強会



過去の勉強会

7/13 (土)

9650 normal 1551697433 icon contents.nagoya
contents.nagoya 2019 が開催される「名古屋国際センタービル」の最上階にある中華料理レストラン「東天紅」で懇親会を開催いたします。 日程 2019年7月13日(土)18:30 - 20:30 会場 東天紅 名古屋国際センタービル店名古屋市中村区那古野1丁目1−47−1 名古屋国際センタービル 25F 費用 5,000円(税込) キャンセルに関する注意事項 当日キャンセルは受け付けておりません。お気をつけください。 予定の都合が悪くなった場合は、前日 17:00までに運営元へご連絡ください。 前日までにご連絡いただいた場合のみ、キャンセルに対する返金対応を行います。

9650 normal 1551697433 icon contents.nagoya
セッションへの参加登録について 現在、セッション内容については調整中ですが、各セッションの席数は限られていますので早めのご登録をおすすめいたします。 複数のセッション選択について 事前登録は 1セッションのみの選択していただいていますが、事前登録者の人数によってはいくつかのセッションを当日の受付にて追加登録が可能です。 ただし、先着順になりますのでお早めにご来場ください。 キャンセル待ちになっている場合 当日までステータスがキャンセル待ちだった場合、セッションを選択していない状態になります。当日席も用意しておりますので、事前登録では他のセッションを選択し、早めにご来場いただいて事前登録できなかったセッションの当日席を確保することも可能です。 懇親会について 懇親会は参加登録とは別にこちらの「懇親会申し込みページ」から申し込みをお願いします。ご参加される方は必ず事前に申し込みをお願いいたします。 懇親会の締め切り:2019年7月10日(水)18時まで イベント内容 contents.nagoya では、Web業界で活躍されている方を登壇者に迎えたセッションや、CMSなどのコンテンツに関わるプロダクトを開発している様々な企業がブース出展します。各ブースでは、その企業が運営しているサービスについての説明を聞くことができます。参加費は無料で、出入り自由なのでお好きな時間にお越しください。 より詳しい情報は、contents.nagoya 公式サイト からご確認ください。 ※イベント詳細については随時更新しています。 contents.nagoya 概要 日時: 2019年7月13日(土) 10:00 - 17:30 会場: 名古屋国際センタービル 3F、4F、5F(受付4F) 参加費: 無料 対象: Web/IT系、コンテンツ制作に携わる方々 ※ご来場の際はまず4Fにて受付をお願いします。 セッション内容 .session-list { list-style: none; padding-left: 0; } .session-list .session-item { margin-bottom: 20px; } .session-head { display: flex; } .session-image { height: 80px; width: 80px; background-position: center; background-repeat: no-repeat; background-size: cover; } .session-contents { flex: 1; margin: 10px; word-break: break-all; } .session-image { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } .session-contents p { margin: 0; } .session-contents h3 { margin-top: 0; margin-bottom: 10px; } .session-p { margin: 0; word-break: break-all; } アセットが鍵をにぎる、新しいネット広告の活かし方 寳 洋平 さん(アユダンテ株式会社 チーフSEMコンサルタント) ネット広告は「キーワードを選んで出すもの」だと思っていませんか? 今、ネット広告の代表選手であるGoogle広告では、最適な広告を出すために、コンテンツや商品情報データベースといった「アセット」を使うようになっています。 目を向けるべきは「アセット」なんです。 でも大多数のサイトでは意識が向いておらず、アセットが不足してしまっているケースがほとんどです。 アセットの限界を突破することで、ビジネスを成長させたい。 このセッションでは、ネット広告運用に長く携わってきたスペシャリストが、広告を活用してサイトのアセットを増やす方法について、みなさまに共有します。 動画をサイトに活用!「ウェブ動画プロトタイピング」のすすめ 上野 勝之 さん(コンクリートファイブジャパン株式会社 取締役 CCO) 動画をウェブマーケティングに導入したい、ウェブサイト制作者、企業などのウェブ担当者向けに考案した「ウェブ動画プロトタイピング」を提案します。動画制作は、通常のウェブ制作よりも時間(費用)や期間がかかります。そんな時に手戻りが起こったら大変です。そんな時に使えるのがウェブ動画プロトタイピング!動画制作のステップを関係者全員が理解しながらよりよいウェブ動画の素材作りに活用できます。今からウェブ動画を始めたいと思っている方にも役立つ内容です。動画をウェブサイトの素材の一部として使いたいと思っている方に時間いっぱいノウハウを詰め込んで紹介します。 ウェブライダーの成功事例から考える、2019年からのSEOにおいて大切な思考 松尾 茂起 さん(株式会社ウェブライダー 代表取締役/株式会社Betters 代表取締役) 今、検索結果が大きく変わりつつあります。多くのクエリにて、その検索結果が1年前、数ヶ月前とは異なるといった現象が起きています。 常に上位表示されていたようなサイトが順位を落とす一方、新規サイトにもかかわらず、短期間で上位表示するケースも見られるようになりました。そんな中、ウェブライダーが手がける新規サイトも、たった2記事のコンテンツ量に関わらず、検索結果にて1位表示されています。 その理由は何なのか? SEOで成功するために今後求められる思考とは何なのか? 本セッションでは、ウェブライダーの成功事例をもとに、SEOの未来について語ります。 UI改善にキラリと役立つ! 効果的なウェブのインタラクションデザインの作り方 池田 泰延 さん(株式会社ICS 代表/筑波大学 非常勤講) スマートフォンが普及して約十年。良質なスマホアプリなどによって、デジタルコンテンツを体験するユーザーの目は肥えてきており、ウェブサイトもより良いユーザー体験を提供する必要性が高まってきました。ユーザー体験向上の手段のひとつとして、インタラクションデザインが挙げられます。ボタンタップ時やページ遷移時のインタラクションとして、気持ちのいい演出を実装することでウェブサイトの印象は大きく変わります。 しかし、制作のための手法はあまり知られていません。デザイナーはどうやってアニメーションを制作するのか、エンジニアはどのようなコードで実現するのか、困ったことのある方も多いのではないでしょうか。このセッションでは、デザインとHTMLコーディング、JavaScript開発のそれぞれの側面から、インタラクションデザインの作り方を解説します。 主に扱うツールや技術は、Adobe XD、Vue/React、アクセシビリティ(WAI-ARIA)ですが、それらのスキルを持ち合わせていない方にも役立つ内容でお話しします。 ウェブクリエイターのための著作権と契約のポイント 木村 剛大 さん(小林・弓削田法律事務所 弁護士) ウェブ制作では様々な権利が関係しますが、中心になるのは著作権でしょう。 普段、気になっていながらも著作権法のルールを意識的に確認したことがない方も多いのではないでしょうか。それも無理はありません。著作権法はなかなか白黒の線引きをすることができず、専門家でも難しい分野なのです。うっかり著作権侵害の素材を使用して納品してしまい、クライアントが権利者から訴えられてお金を払った場合、ウェブクリエイターはどの範囲で責任を負うのでしょうか。これは契約の内容によって結果が違ってきます。 このセッションでは、具体的な事例を紹介しながら、クリエイターの身を守るための著作権や契約のポイントをお話しさせていただきます。 制作現場で役立つ! Webフォントの基礎知識と最新トレンド【協賛セッション】 関口 浩之 さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社/Webフォント エバンジェリスト) 日本でWebフォントがスタートして8年が経ち、アクセシビリティやブランディング観点から、多くの企業がWebフォントを導入しています。FONTPLUS、TypeSquare、Adobe Fonts(Typekit)、Google Fontsなど各社サービスが充実し、Webフォントは日本語環境においても身近な存在になりました。 それらサービスを俯瞰して理解し、最近リニューアルした案件の中から優れたWebフォント事例をみながら、導入効果を一緒に学びましょう。 また、制作現場からよく耳にする「Webフォントを導入したら遅くなったけど改善方法ないですか?」「クライアントにうまく提案できずに困っているのですが良い提案方法ないですか?」「何百何千のフォントがあるけど書体はどれを選べばいいの?」などの疑問にもお答えします。 ブラウザ表現が、紙での表現に近づいてくる中、フォントやウェブタイポグラフィの知識は、デザイナーに限らず、エンジニア、ディレクターなど全ての人にとって必修科目になりつつあります。フォントを楽しく深く学んで、クライアントへの提案力を高めよう! iPadだけでここまでできる!打ち合わせ、プレゼン資料作成から制作ツールとしてのiPad活用術 五藤 晴菜さん(iPad Proクリエイター) iPadを持っているがイマイチ使いこなせていないなと感じている人や、PCレスにiPadだけで身軽に仕事をしたい人におすすめの活用方法をお話しします。 ・打ち合わせ時に便利なメモの取り方 ・プレゼン資料作りにおすすめの使い方 ・ラフスケッチ〜制作に便利なアプリ iPadだけで完結するワークスタイルを日々研究中です。 意外と知らないiPadの基本操作や、おすすめのアプリ紹介、実際の使い方デモを交えて、iPadを最強の制作ツールにする方法をまとめます。 デザイナーでもできるEC-CUBEカスタマイズ【協賛セッション】 樋本 直巳 さん(株式会社イーシーキューブ デザイナー) EC構築パッケージ「EC-CUBE」は、優れたカスタマイズ性で人気がある反面、非エンジニアやデザイナー/コーダーにとっては敷居の高い印象があります。 このセッションでは、実際のデザインカスタマイズ例を踏まえ、どの範囲であればデザイナーでもカスタイズできるのかご紹介いたします。 ■こんな人におすすめ ・今までネットショップ案件を避けていた方 ・ブログ系CMSをカスタマイズしていた方 ・レンタルカートASPなどを利用していた方 ・HTML・CSSはわかるけどphpはちょっと…という方 ■EC-CUBEについて EC-CUBEは「日本発オープンソース」のEC構築システムとして、2006年に公開以降、日本国内だけでも35,000店舗以上の構築実績を持ち、全国の開発者や数百社のEC関連企業がEC-CUBE経済圏を構成しビジネスを行っています。 Canvaのデザイン共有で、作業からの脱却!【協賛セッション】 神森 勉 さん(株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ) デザイン業務で発生する単純な文字や色の変更やサイズ展開などの作業を、クライアントやデザイナーではないチームメンバーでもできたらいいなと思いませんか?バナーやブログアイキャッチ、さらにはチラシやカードなどの紙媒体まで、Web上でデザインができるCanvaというサービスを利用して業務を効率化させるための方法を探ります。 デザイナーがCanvaで作成したデザインを共有すれば、特別なアプリケーションを持っていなくても誰でも簡単に編集することができます。 例えば、クライアントとデザインを共有すれば更新作業をクライアント側で行えるようになり、他の業務に注力できるようになります。 社内チームで共有すれば、デザイナー以外のメンバーがそのまま修正できるようになり、お互いに修正依頼を受ける時間と手間の節約につながります。 案件によって適切な作業方法を採用して、業務の効率をアップさせましょう。 CMS + kintoneでできる、コンテンツ超活用【協賛セッション】 たにぐち まことさん(株式会社エイチツーオー・スペース代表取締役/ともすた合同会社代表) CMSでサイトを構築するとき、こんなことで困ったことはありませんか? ・問い合わせの内容などをデータベースにして経営に活かしたい ・蓄積したデータを、誰でも検索できるようにしたい ・店頭在庫とネット上の在庫情報を一致させたい こんな時、困るのが安全性と利便性です。個人情報を安全に管理するには、どんなサーバー構成にするのか、管理画面で管理するのか、Excelなどで蓄積されたデータはどのように投入するのか。 そんなことを考えて、開発を諦めるなんてことも多いかもしれません。しかし、kintoneを利用すれば、APIとの連携で簡単に組み込むことができます。また、国内では最高レベルの安全性を保ったサイボウズの基盤(サイボウズ.com)に保管されるため、安心して個人情報や機密情報を入力することができます。 本セッションでは、そんな kintoneの魅力と、CMSとの連携方法について紹介します。 contents.nagoya とは 企業や製品のウェブサイトにおいて「コンテンツ」の重要度は昨今ますます大きくなっています。有益・魅力的なコンテンツとは、テキストや写真といった要素、構成や更新といった運用面など、多様な内容が連携することによってかたち作られていると言えます。 contents.nagoya(コンテンツ ドット ナゴヤ)は、よりよいウェブサイトのために「コンテンツ」にクローズアップしたイベントです。ライティング、写真・イラストレーションからコンテンツマネージメントシステム、運用、サーバーまで、幅広い視点でコンテンツをよりよくするためのヒントを見つけられる場を目指します。 本イベントの主催について 主催の有限会社アップルップルは、2007年よりWeb系セミナーイベント「WCAN」を10年以上継続して開催してきました。WCANは名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わるみなさまのコミュニティとしても受け入れられており、Web制作者・Web担当者の交流の場としても機能しています。今回開催する「contents.nagoya」は、コンテンツとコンテンツを管理するシステム(CMS)に関わるみなさまのスキルアップ支援や交流に大きく寄与するイベントとなるよう取り組んでまいります。 協賛 /* 全体 */ #contentsNagoya-sponser { margin-bottom:50px; } #contentsNagoya-sponser h2 { color: #333; line-height: 1.4; margin: 25px 0 10px 0; font-size: 16px; padding-bottom: 5px; border-bottom: 1px solid #e3e5ec; } #contentsNagoya-sponser p { display: flex; justify-content: flex-start; align-items: center; flex-wrap: wrap; } #contentsNagoya-sponser a { display: block; text-align: center; } #contentsNagoya-sponser img { max-height: 113px; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; } /* ゴールド協賛 */ #contentsNagoya-sponser #gold a { width: 240px; } #contentsNagoya-sponser #gold img { width: 220px; } /* シルバー協賛 */ #contentsNagoya-sponser #silver a { width: 170px; } #contentsNagoya-sponser #silver2 a { width: 143px; } #contentsNagoya-sponser #silver img { width: 150px; } /* ブロンズ協賛 */ #contentsNagoya-sponser #bronze a { width: 100px; } #contentsNagoya-sponser #bronze img { width: 80px; } 現在contents.nagoya 2019に協賛していただける企業・団体を募集しております。詳しくは contents.nagoya 2019 協賛について | WCAN をご覧ください。 ゴールド協賛 シルバー協賛 ブロンズ協賛 プレゼント協賛 現在募集中です。 WCAN通年協賛

7/7 (土)

9650 normal 1522822395 icon contents.nagoya
セッションへの参加登録について 現在、事前登録については 1セッションのみの選択になっておりますが、事前登録者の人数によっていくつかのセッションを当日の受付で追加登録ができるようになります。 ただ席数に制限がありますので、早めにご来場ください。 キャンセル待ちで登録をされている方は、当日までキャンセル待ちだった場合には、セッションを選択していない状態の方と同じになります。できるだけ空いているセッションを選択し、早めに来場いただいて事前登録できなかったセッションの当日席を確保することをおすすめいたします。     懇親会について 懇親会は参加登録とは別にこちらの「懇親会申し込みページ」から申し込みをお願いします。懇親会の受付は2018年7月4日18時までとなります。参加したい方は必ず事前に申し込みをお願い致します。 イベント内容 contents.nagoya では、Web業界で活躍されている方を登壇者に迎えたセッションや、CMSなどのコンテンツに関わるプロダクトを開発している様々な企業がブース出展します。各ブースでは、その企業が運営しているサービスについての説明を聞くことができます。参加費は無料で、出入り自由なのでお好きな時間にお越しください。 タイムテーブルなどは、contents.nagoya サイトページ からご確認ください。 ※只今タイムテーブル調整中。近日更新予定! contents.nagoya 概要 日時: 2018年7月7日 10:00 - 17:30(受付 9:30〜) ※ 会場混雑回避のため9:30〜開場します。 会場: 名古屋国際センタービル 4F、5F 参加費: 無料 対象: Web/IT系、コンテンツ制作に携わる方々 セッション内容 .session-list { list-style: none; padding-left: 0; } .session-list .session-item { margin-bottom: 20px; } .session-head { display: flex; } .session-image { height: 80px; width: 80px; background-position: center; background-repeat: no-repeat; background-size: cover; } .session-contents { flex: 1; margin: 10px; word-break: break-all; } .session-image { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } .session-contents p { margin: 0; } .session-contents h3 { margin-top: 0; margin-bottom: 10px; } .session-p { margin: 0; word-break: break-all; } 『いまCMSエンジニアに求められるもの』 藤田 拓 さん(株式会社ミツエーリンクス 取締役/言問株式会社 代表取締役) 僕がWeb開発/CMSに関わって14年もの歳月が経ち、開発環境はどんどん進化していき、知っておいた方がよいツールも増えてきました。特に昨今よく耳にするキーワードDevOpsはある程度の規模の案件をやる人にとって避けて通れない内容となってきていますし、その恩恵を享受した方がメリットも大きいでしょう。合わせて、クラウドの発展により、CMSの悩み事も外部サービス連携で解消されることが増えています。たとえば、キャッシュ機能を補完・拡張するCDNが安価に利用できたり、それどころかセキュリティ対応や画像・動画処理までやってくれます。また、CMS自体もようやくHeadless CMSに光があたり始め、ちょっと前から使われ始めているflat file cmsとも合わせて相変わらず群雄割拠ではありますが、その中でWordPressのシェアが圧倒的なところも意識せざるおえません。ということで、CMSを取り巻く技術・キーワードは相変わらずいっぱいあります。その中でも今のうちに取り組んでおいた方がいいものをお話ししたいと思います。 『ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計』 森田 哲生 さん(株式会社Rockaku) 2015年の発売以来、学生から、ブロガー、ライター、ウェブディレクターまで、幅広い読者から好評をいただいている書籍『書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室』。今回は、その“ライブ版”として「ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計」をテーマにした授業を行います。ユーザーがどのような気持ちでひとつのウェブサイト・コンテンツにたどり着くか…… “UXD思考”で表現の最適化を考える方法や、実際に発信されるコンテンツをユーザーのニーズに応えるものに変えていく情報収集と整理のメソッドなどを、実践型ワークショップを交えてレクチャーいたします。 『日本語Webフォント最新事情 2018』 関口 浩之 さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社/Webフォント エバンジェリスト) 当たり前のように使われはじめた「日本語Webフォント」。アクセシビリティやマシンリーダビリティ、UI/UX観点からも、サイトリニューアルの際にはWebフォント導入検討が必須事項になってきました。しかしながら、日本語Webフォントを体系的かつ俯瞰して学ぶ機会が今まで少なかったと思います。大手企業のコーポレートサイトやサービスサイトの実案件の事例を紹介しつつ、導入理由や導入効果などを解説します。 Web制作におけるデザインツールや制作フローが変化する中、タイポグラフィやフォントの知識を高めることは、デザイナーのみならずマークアップエンジニア、コーダー、ディレクター、マーケターなど、Webに関わるすべての人にとって重要です。フォントを楽しく学んで新たな武器を手に入れましょう。 『検索集客を意識し、訪問者の心を動かすWebライティング』 松尾 茂起 さん(株式会社ウェブライダー 代表取締役/株式会社Betters 代表取締役) 検索エンジンで上位表示をすれば、ひとつのサイトに年間数百万人もの人がやってくる、そんな時代が訪れています。ソーシャルメディア隆盛の昨今ですが、検索エンジンを使う人は減りません。この講座は、「ライティング(言葉の活用)」を軸として、検索エンジンからもユーザーからも評価されるWebコンテンツ作成のノウハウをお届けします。人の心を動かすのは、いつの時代も「言葉」です。 『写真が変わればコンバージョンが変わる! 〜 社内で撮影し、売り上げが380%上がった撮影手法 〜』 鍋坂 樹伸 さん(コマーシャルフォト サン・スタジオ/株式会社サン・サン取締役) みなさんは日々の写真撮影が楽しく、順調に進行できていますか?ウェブサイトで使われる写真はさまざまで、競合他社の写真を見てみると参考になるのと同時に、どう撮ったらよいものか考え込んでしまうときもあるでしょう。このセッションでは半年間かけてコンサルティングした、アパレル関連のサイトを例に伝わる写真はなにか?事前の準備期間にすべきこと、撮影時に使えるテクニックを解説します。2018年も中盤!このセッションを巻き返しのきっかけにして、コンバージョンをあげていきましょう!! 『活用できていないコンテンツの発掘方法と成果へのつなげ方』 古荘 貴司 さん(株式会社 Brassica) Webサイトは何のために作るのでしょう?多くの、というかほとんどの場合は突き詰めると「売上をアップするため」だと思います。また、企業の活動である以上コストはできるだけ削減したいものです。ただ作るだけではダメなのは当たり前、ただ問い合わせを増やすだけでもダメ。できるだけ少ないコストで効率よく「売上」につながるWebサイト運営(SNS等との連携を含む)をするためには、どういう風にコンテンツを集めて活用していくのが良いのでしょうか。今回の講座では、サイトオーナー社内のリソース活用に焦点をあてて、できるだけ事例を交えてお話をさせていただきます。 『売れるサイトのための最新SEO徹底解説 〜 検索者が求める情報と体験を設計する 〜』 住 太陽 さん(ドコドア株式会社 社外取締役/「SEO 検索エンジン最適化」サイト運営者) Google検索に人工知能システムRankBrainが導入されて以降、SEOのルールは大きく変わりました。Googleが検索意図を読み取る能力が大きく向上したためです。とりわけ直接的に購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリといいます)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。本セミナーでは平易な解説でRankBrainを理解するとともに、Web制作者が取り組むべき現在のSEOについて整理します。また、検索者が求める情報および体験をいかに設計し実装するかにフォーカスしながら、サイトの目的や性質に応じた構成や集客経路について詳しく解説、今後を見据えた最も効果的な戦略をお伝えします。 補足資料:購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリ)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。 『SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方』 角田 綾佳 さん(spicagraph) 図解、グラフィックレコーディング、「わかりやすさ」としてイラストが取り入れられる機会も増えました。絵を描くのは昔から苦手、という意識を持つ方でも「それに見える」「きれいに見える」コツを知れば、図形の組み合わせでもイラストは作れます。イラストの持つ力と、SNSやWebサイトと相性のいいイラストや表現、わたしのTwitter発信で反応がよかったイラストや漫画の傾向などをご紹介します。 補足資料:SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方 -ざっくりシナリオ- 『売上につながるブログ連動のメルマガとマーケティングオートメーション』 海老原 雅人 さん(ゾーホージャパン株式会社 ZOHO事業部 パートナー営業・ユーザーコミュニティ運営 /農学博士・中小企業診断士) 売上を上げるためには、入って来るお客様を増やす、離れていくお客様を減らす、ということに尽きると思います。本セッションではせっかく入ってきてくれたお客様を離さないで、ファンになってもらうため/次のお客様を呼び寄せるため、持っているコンテンツを最大限に活かして、待ちから攻めの営業を展開する。そのためのマルチチャネルでの情報発信と、売上に繋げる展開を見込むためのマーケティングオートメーションの解説をし、簡単/安価で有効に実現する手法をご披露いたします。 contents.nagoya とは 企業や製品のウェブサイトにおいて「コンテンツ」の重要度は昨今ますます大きくなっています。有益・魅力的なコンテンツとは、テキストや写真といった要素、構成や更新といった運用面など、多様な内容が連携することによってかたち作られていると言えます。 contents.nagoya(コンテンツ ドット ナゴヤ)は、よりよいウェブサイトのために「コンテンツ」にクローズアップしたイベントです。ライティング、写真・イラストレーションからコンテンツマネージメントシステム、運用、サーバーまで、幅広い視点でコンテンツをよりよくするためのヒントを見つけられる場を目指します。 主催の有限会社アップルップルは、2007年よりWeb系セミナーイベント「WCAN」を10年継続して開催してきました。WCANは名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わるみなさまのコミュニティとしても受け入れられており、Web制作者・Web担当者の交流の場としても機能しています。2018年、新しいイベントとして開催する「contents.nagoya」は、コンテンツとコンテンツを管理するシステム(CMS)に関わるみなさまのスキルアップ支援や交流に大きく寄与するものと期待されます。 協賛 /* 全体 */ #contentsNagoya-sponser { margin-bottom:50px; } #contentsNagoya-sponser p { display: flex; justify-content: center; align-items: center; flex-wrap: wrap; } #contentsNagoya-sponser a { display: block; text-align: center; } #contentsNagoya-sponser img { max-height: 113px; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; } /* ゴールド協賛 */ #contentsNagoya-sponser #gold a { width: 240px; } #contentsNagoya-sponser #gold img { width: 220px; } /* シルバー協賛 */ #contentsNagoya-sponser #silver a { width: 170px; } #contentsNagoya-sponser #silver img { width: 150px; } /* ブロンズ協賛 */ #contentsNagoya-sponser #bronze a { width: 100px; } #contentsNagoya-sponser #bronze img { width: 80px; } WCAN通年協賛 事前登録者への抽選でのプレゼント 事前登録者の方には抽選NOの書いた物をお渡しし、当選者の NO を 12:30 頃にオープンセッションの辺りに掲示します。 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− x 2 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— x 2 書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 x 2 Web制作と運営のための 写真撮影&ディレクション教本 ~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~ x 2 クリエイターが知っておくべき「権利」の本 (仮) x 2 いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 x 3 小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう! x 3 できる WordPress WordPress x 3 現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド アップデート版 x 3 アンケート回収時にくじ引き! Oculus Go dji Tello Amazon Echo Dot x 2 baserCMS オリジナルTシャツ S×1枚、XL×1枚 べっしー モバイルバッテリー x 2 べっしー ボールペン x 30 far and mer 野菜セット プレゼント協賛 株式会社Brassica 株式会社コミュニティコム baserCMS

5/15 (月)

1995 normal 1380975297 251035 156371434432231 4785187 n 名古屋ギークバー
WellHashアンベール会 トビラシステムズ株式会社が開発した位置情報共有型SNSサービスの発表会を行います。 前半はサービスの紹介を行い、後半は技術的な話題にも触れたいと思います。 位置情報系サービスの開発や、位置情報の利活用に興味のある方、生ハム原木を肴に語らいましょう:D WellHashについて WellHashは井戸端会議でお喋りをするように、地図上の「イド」にメッセージを投稿できるサービスです。 また、「曖昧な」位置情報を付加して現在の場所にメッセージを投稿することも出来ます。 Twitterアカウントと連携することで、曖昧な位置情報が紐付いたメッセージをTwitterに投稿することもできます。 詳しくは当日会場で! トビラシステムズ株式会社について トビラシステムズは名古屋に本社を置き、電話番号に関する日本一のデータを元に迷惑電話対策ツール「トビラフォン」や電話番号名前解決ツールなどを提供するをベンチャー企業です。 http://tobila.com/ ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリア向けにも、同じ迷惑電話データベースを元にしたアプリを提供しています。 今回は社内の技術力向上も兼ねたチャレンジ案件として新規サービスを立ち上げました。 特別企画:生ハム原木削り放題 今回は特別企画として、生ハムの原木があります。 なので、実質的におなじみ生ハムナイトとなっています。 また、大皿料理も準備されてますので、美味しいお酒と料理でわいわいと WellHash のリリースをお祝いしましょう。 特別企画:チャージ無料(先着30名) さらに! 先着30名の方は通常1500円の入場料が無料になっています。 ですので、入場時はDoorkeeprのQRコードをご提示頂ますようお願い致します。 また、名刺かそれに準じる名前がわかるものをご準備ください(まったく持ち合わせがない場合はご相談下さい)。 名古屋ギークバーについて 毎週月曜日 19:00-23:00 名古屋・新栄のピアノバー「PIANO BAR club Adriana」さんをお借りして開催しています。 入場料:1500円(本件イベントは先着30名無料です。 ソフトドリンク、スナック類は無料です。 アルコール、フード類は有料(キャッシュオンデリバリ)です。 電源、Wi-Fiは完備しています。 店内禁煙にしました。お手数ですが入り口の灰皿がある辺りでお願いします。

4/8 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
クラウドでWordPressしてみよう 共有レンタルサーバを使うWeb 制作者、サイト運営者は多いとは思いますが、より自由度が高い専用サーバ、VPSサーバ、クラウドサーバなども気になるところです。「難しそう」「どういう違いがあるのか知りたい」と思ったことはありませんか? そこで普段、共用サーバーを使っているWeb 制作者、サイト運営者が専用・VPS・クラウドサーバを使う際に知っておくべき入門セミナーと、500円/月から始められるクラウドVPSである「Amazon LightSail」で実際にサーバやWordPressを構築するまでのデモンストレーションを行います。 なお任意ではありますが「Amazon LightSail」のアカウントを事前に取得しておいていただくと、デモンストレーションを見ながら同じ手順を踏むことでサーバ環境を立ち上げることが可能になります。この機会に、「Amazon LightSail」でサーバを構築してしまいたい方、実際にサーバを構築するのを自分で体験されたい方は、ぜひ事前にアカウントを取得しておいてください。ちなみに登録後一ヶ月は無料です。 https://amazonlightsail.com/ 後半は、参加者の皆さんが普段どういう風にWordPressを使っているのか、活用されているのかなどの事例を紹介しあう懇談会を開催しようと思います(この懇談会はUstreamでの配信はありません)。 「専用・VPS・クラウドサーバを使う時に知っておきたいこと」(30分) (スピーカー:Katz Ueno) なぜ専用サーバーやクラウドを使うのか。セキュリティ・負荷・運用・保守のリスク マネージド専用サーバー・VPS・専用サーバー・クラウドの違い 知っておきたいクラウドのこと AWS を使う前に知っておきたいこと。 「AWSでWordPressしてみよう」(60分) (スピーカー:横井公紀) 「Amazon LightSail」は500円から始められるクラウドVPSです。この機会にクラウドサーバにチャレンジしてみませんか? 興味があっても、なかなか踏み出せないクラウドサーバ... 「Amazon LightSail」がリリースされたことで、手軽にクラウドサーバを使えるようになってきました。 実際に「Amazon LightSail」を利用してWordPressを立ち上げるまでを、わかりやすくデモします。 「私とWordPressについて語り合う懇談会」(75分) 他の人がどのようにWordPressを使っているのかを知る機会というのは、実は少ないのではないでしょうか? 参加者の皆さんが、普段どのようにWordPressを使っておられるか、どんな工夫をされているのかなどを紹介し合う懇談会を行います。 意外な活用法や、いろんなヒントやアイディアを得られるよいチャンスとなるのではないかと思います。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 セッション3の「私とWordPressについて語り合う懇談会」はUstreamでの配信はしません。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

2/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
これからのサイト構築のお話 ~テーマTwentySeventeenとマーケティング~ 今回は、これからのウェブサイト構築や運用を考える上で、押さえておきたいトピックスを2つ取り上げます。 ひとつはWordPress4.7と同時にリリースされたデフォルトテーマの「TwentySeventeen」。4.7から実装された新しい機能を紹介します。 もうひとつはマーケティングについて。特にMA(マーケティングオートメーション)と呼ばれる考え方や仕組み、実装の方法の入門編です。 これからのウェブサイトの制作や構築、運用を考えていく上で、とても大切なトピックになると思うので、この機会にぜひ一緒に学びましょう。 WordPressテーマ TwentySeventeenとマーケティングのお話 WordPress4.7と同時にリリースされた新しいデフォルトテーマである「TwentySeventeen」は、デフォルトテーマとしては初めて本格的なビジネスサイト向けのテーマになっています。スターターコンテンツの提供、編集ショートカット、カスタムCSS機能など、4.7の新しい機能をふんだんに取り込んだテーマとなっています。 今後のWordPressによるサイト構築を考える上で押さえておきたいポイント満載です。 名古屋では(たぶん)初めて「TwentySeventeen」を詳細に解説します。あわせてマーケティングの必要性についての基本的な部分についてもお話できればと思います。 スピーカー 稲葉 智宏さん マーケティングとMA(マーケティングオートメーション)のお話 マーケティングオートメーション(略してMA)を導入することで、当てずっぽうに行っていた営業活動を、論理的かつ合理的に行えるようになります。 今回の勉強会では、マーケティングオートメーションの基本とマーケティングオートメーションツール「Mautic」の紹介、Mauticをどのように WordPress サイトに組み込むかなど、マーケティングオートメーションの基礎・導入についてを実際の画面を見ながらお話します。 会社の営業マンが少なくて困っている。ウェブサイトからの問い合わせをしっかりと成約に結びつけたい。という方、ぜひご参加下さい。 スピーカー 小野 隆士さん 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。