Hidekazu Ishikawa (@kurudrive)


参加する勉強会



過去の勉強会

10/7 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
2018年10月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に134以上の道場があります (2018年4月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. 台風25号の進路がそれているため開催予定です 10/6 (土) 朝8時現在の天気予報では、台風25号の進路がだいぶ離れることになっているので、開催予定となります。 万が一の場合は、当日の朝6時頃までに開催の有無を決定し、Connpass、LINE、Twitter、Facebook で連絡します。詳しくはこちら「たいふう・さいがい・きんきゅうの時」。 「和室」で開催します 10月の CoderDojo Owari は、同生涯学習センター内の和室での開催となります。当日は場所を間違えないようにお願いします。 CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2018年10月7日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 和室 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/93287/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

9/2 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
2018年9月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に138以上の道場があります (2018年5月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2018年9月2日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室3・4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/92808/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

9/1 (土)

A5cd55e4965b5546e348d0d3173990d7 YATのblog
YATのblog交流会
クリエイティブな事をしてる人たち、集まりませんか? デザイナー、デベロッパー、イラストレーター、映像クリエイター、ディレクター、ライター、ブロガー、etc。 プロ・アマ問わず集まって飲んだり食べたりしましょう! 明確なルールは特に設けません。参加したい方ぜひご参加ください。 交流会ですので、あの人に会いたいという目的でも全然大丈夫! 途中からの参加も大丈夫です。 よろしくお願いします! ライトニングトークとは? タイトルに有るライトニングトークとは、ショートプレゼンテーションのことで、今回1セッションにつき5分です。自己紹介でもいいですしご自身のプロダクトやメディアの紹介でも構いません。単純に私はこれが好き!とか、こういうことがやりたいと思っています!みたいなものなど、どんなものでもいいです。 紹介したいものが有る!自己紹介したい!発表したい!聞いてほしいことがある!という方、是非お申し込みください! 食事について 18:00からの会合ですので、ドリンクとお食事を提供いたします。大変恐縮ですが、持ち込みはNGといたします。 タイムテーブル 時間 タイトル 17:30 開場 18:00 オープニング 18:10 コミュニケーション 18:30 ライトニングトーク&コミュニケーション 22:00 閉会 会場について cafe Salut(カフェ サリュー) アクセス 愛知県名古屋市中区栄3-23-20 地下鉄名城線「矢場町」駅より徒歩5分程度 主催者情報 主催者:YAT 運営サイト:YATのblog twitter: @yat8823jp 大阪でフリーランスのWebデザイナー&デベロッパーをやっています。 サイトの設計やデザイン、コーディングやサーバーの事など、Webサイト制作に関することをなんでも書いているブログを運営しています。

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
お知らせ WordBench名古屋は2018年9月23日をもって、Aichi WordPress Meetupに名称が変更となります。 つきましては、9月1日開催のWordBench名古屋(Aichi WordPress Meetup)より、申し込みシステムを変更する運びとなりました。 新システムついては下記URLよりアクセスください。 Aichi WordPress Meetup https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/ 9月1日のイベント募集ページ https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/events/253701598/ 今回の内容 今回の内容については、WordBench Nagoya The Finalと題して、各自で作業をする「もくもく会」を開催いたします。 登壇者の話を聴くようなスタイルではなく、同じ時間に同じ場所でひたすら作業をしたり、分からないところを質問してみたり、という作業会です。 もくもく作業するだけでなく、お互いの悩みを解決したり、交流を深められる場にして頂けたらと思います。 各自、ノートパソコンやタブレット端末などをご持参ください。 ●こんな方におススメ! ・WordPressに興味がある方 ・WordPressコミュニティに興味のある方 ●どんなことをするの?? 参加者それぞれが、 ・新しいWordPressのサイトを作る ・ブログの記事を書く ・デザインやCSSを触ってみる ・サイトのカスタマイズをする など、WordPressに関することをして頂きます。 タイムテーブル 時間 内容 13:50 開場 13:50〜14:00 受付 14:00~14:10 全体挨拶、WordBench Nagoyaの案内 14:10~16:50 もくもく会 16:50〜17:00 片付け、原状復帰 17:30〜19:30 懇親会(希望者は当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 パソコンやタブレット端末 名刺(任意) 参加費 会場の利用料金として一般…1,000円、学生…600円 会場:ベースキャンプ名古屋 アクセス:名古屋駅から徒歩5分(ユニモール10番出口を出てauのビルを北に100m・グランクレール西側) 住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5F お申し込み お申し込みについては、下記URLよりお願い致します。 Aichi WordPress Meetup https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/ 9月1日のイベント募集ページ https://www.meetup.com/ja-JP/Aichi-WordPress-Meetup/events/253701598/ 以上

8/26 (日)

3e245a14de34587bf7cab47fc8af1dd0 CoderDojo名古屋
夏休みイベント第2弾 第67回CoderDojo名古屋
マイコンボードmicro:bit(マイクロビット)をプログラミングでして動く車や段ボールギターを作ろう ※この活動は子ども夢基金の助成金で運営されます。 低学年向けは段ボールとmicro:bitを組み合わせたギター作りに決定しました!(8/22) マイコンボードmicro:bit(マイクロビット)をプログラミングでしておもちゃを作るワークショップです。 普段のCoderDojo名古屋と違い、今回はパソコンの中の世界を飛び出しておもちゃをプログラミングしてみよう! micro:bit(マイクロビット)というマイコンボードをプログラムして、モーターやセンサーを制御します。 基調講演 『ロボットとコンピューターの未来』 中京大学加納教授(人間共生ロボティックス) 前回『ゲームで使われる人工知能』というテーマで大好評だった中京大学加納先生が講演を行ってくれます。 ロボットやコンピューター技術の進歩が目覚ましい中で、子どもたちの将来どのような未来が予想されるのか、子どもたちにどのような学びが必要なのか身近な例や仕事などを例に 最新の研究を踏まえて子供にも分かりやすく保護者の方にも興味深い、楽しい内容になっています。ぜひご参加ください。 コース 1)プログラムで迷路を解く車を作ろう(中~高学年向き) 3)パソコンを借りて参加したい方(迷路を解く車) micro:bit、モーター、タイヤを組み立ててプログラムで動く車を作ります。会場に大きな迷路を用意するので、 作った車が迷路のゴールにたどり着けるようにプログラミングしてみよう。うまくゴールまでたどり着けるかな? 小学校中学年以上を対象に考えています。 車の本体にするお菓子の箱(ビスコ、ポッキー、クッキーの箱)をご用意ください。 パソコンがない方はメンターのパソコンを貸し出します。 2)段ボールギターを作ろう(低学年向き) 4)パソコンを借りて参加したい方(段ボールギター) 段ボールでギターを作って、micro:bitをプログラムしてギターの角度で音が鳴るおもちゃを作るワークショップです。 未就学児、低学年でも楽しめる簡単な電子工作です。 飾り付け用の折り紙やマスキングテープ、モールなどお好きなものと、音を鳴らすためのイヤホンやスピーカー(イヤホンジャック接続)をお持ちください。 用意できない方はメンターの私物を貸し出します。 パソコンがない方はメンターのパソコンを貸し出します。 日時・スケジュール 8/26(日) 10:00~16:30 9:45-10:00 開場・受付 10:00-10:20 開会。開会のあいさつ。オリエンテーション。 10:20-11:20 基調講演 ロボットやコンピューターの未来(後半20分は質疑応答、フリートーク) 11:20-11:30 休憩 11:30-11:40 安全上の諸注意 11:40-12:40 ワークショップ開始「プログラムで迷路を解く車を作ろう」「段ボールギターをつくろう」 12:40-13:40 昼休み 13:40-16:15 ワークショップ午後 16:15-16:30 閉会のあいさつ。閉会 お昼休み 12:40~13:40 前後で各自とってください。原則会議室外でお願いします。1階入り口左、交流サロンなどでも飲食が可能です。 【材料費について】 材料費は無料。【持ち物】を参考に各自ご持参ください。 電子部品はCoderDojo名古屋の備品を貸し出します。 【持ち物】 ※必要に応じて、出来る範囲でご持参ください。 □飲み物(必須。時間も長いので多めにご用意ください) □お弁当(地下にレストランもあります) □ノートパソコン □作品持ち帰り用の袋 □筆記用具(鉛筆・消しゴム) □ハサミ □カッター(高学年のみ) □木工ボンド(速乾がおすすめ) □【段ボールギター対象】ギターの飾りつけ(折り紙、かわいいマスキングテープ、モール、色鉛筆、色ペンなどお好みで) □【段ボールギター対象】イヤホンorスピーカー(イヤホンジャック接続)※用意できない場合はメンターの私物を貸し出します □【迷路を解く車】車の本体にするお菓子の箱(ビスコ、ポッキー、クッキーの箱、固めの箱がよいです)、飾り付けグッズ □ゴミ袋等(ゴミの持ち帰りにご協力下さい。 ※ページトップの写真もご参考にしてください。 低学年ニンジャ 長時間のため低学年の子は途中参加途中退席OKです。ただし、工作のあとに電子部品を組み込むので、電子部品を組み込む時間が足りなくなるかもしれません。 今後のCoderDojo名古屋で続きを作ったり改造したりするのもいいですね(^-^) 電子部品 マイコンボードmicro:bit とは 英国放送協会(BBC)が開発した子供でも遊べるマイコンボード。Scratchのようなブロックを組み合わせて簡単にプログラムができます。しかも、LED(ライト)や、方位センサー、光センサー、温度センサー、無線通信機能、多くの機能が詰め込まれて、2,160円! とりあえず、なら乾電池ボックス、USBケーブルがついたスターターキットが2480円から手に入ります。 micro:bit(マイクロビット) スターターキット【MICROBIT-SET】 お持ち帰り micro:bitや電子部品は一時的に貸し出すものになります。 ※希望者は夏休みの自由研究で発表したり家で改造したりしたい子への貸し出しを行います。お帰りの際に貸出簿に記録をします。 CoderDojo名古屋での部品の販売はしておりません。販売サイトのご紹介はご相談ください。 ノートパソコンの持参 マイコンボードmicro:bitのプログラムにパソコンが必要です。若干名、パソコンの貸し出しができます。 次回にも 今後のCoderDojo名古屋で続きを作ったり改造したりすることもできます。 全体説明 なお、毎回 あいちNPO交流プラザ(ウィルあいち内2F)で行なってます。 お願い1 出来れば開始時間の【10~15分前】にお集まりいただけるとスムーズに運営できてありがたいです。 やむを得ない事情による場合もあると思いますので、事前に遅れて参加する旨や、キャンセルの旨を教えて頂けると幸いです。 お願い2 1. CoderDojoはボランティアで行っております。活動にご賛同いただけましたら活動費として一口500円程度の寄附を頂けると幸いです。※寄付は任意です。 2. ノートパソコンの持参をお願いします。事故防止の観点から、極力当日までにバッテリーを満充電にして、当日はコード不要にしてきてください。小さいお子さんが歩く際に電源コードで転んでしまったり、パソコンを破損してしまう恐れがあります。※バッテリー容量が少ない場合はこの限りではありません。※なるべく多くの子供たちに体験する機会を提供したいと考えています。ノートパソコンをお持ちではないが興味がある方は一度ご相談ください(対応できない場合もあります)。 3. ネットワーク環境はボランティアスタッフの私物で用意しますが、通信容量や接続数に限りがあります。可能でしたら、WiMAXなどの無線ルーター、スマートフォンのテザリング等をご用意ください。 よくある質問 兄弟姉妹で異なる参加枠に申し込みたい場合は、残り定員数が少ない方の枠に申し込んでいただき、申し込み時のアンケートの「その他」欄にその旨をご記載頂ければと思います。 CoderDojo名古屋の詳細・記録などは下記をご覧ください。 http://coderdojo-nagoya.hateblo.jp/ 【参考】迷路を解く車用電子部品一覧 電子部品はCoderDojo名古屋から貸し出しを行います。夏休みの自由研究や家に帰ってからの改造のために一定期間の貸出を行いますが、 ご自身で購入されたい方のために、参考までに部品の一覧を記します。 【MICROBIT-SET】micro:bit(マイクロビット) スターターキット ¥2,356 https://www.marutsu.co.jp/pc/i/839896/ micro:bit用エッジコネクタピッチ変換基板 ¥ 831 https://www.switch-science.com/catalog/3181/ 電池ケース 単3×4 スイッチ・カバー付 KIT-UM34SK ¥ 444 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001TRVXKY/ref=ox_sc_mini_detail?ie=UTF8&psc=1&smid=AXPGZSBW04POH 商品名:HiLetgo 2個セット スマートかーロボットプラスチックタイヤホイールDC 3-6Vギアモーターと付属 ロボット65*27MM ¥ 660 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01HTC5C86/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1 Rasbee L9110S 直流電機 2チャンネル ドライバー H橋電機ドライブモジュール 1個 [並行輸入品] https://www.amazon.co.jp/Rasbee-L9110S-2チャンネル-ドライバー-H橋電機ドライブモジュール/dp/B01KV228L0/ref=pd_sbs_328_11?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B01KV228L0&pd_rd_r=dcca7af7-a2f3-11e8-891c-4b4ffb0a7bc7&pd_rd_w=ScFr7&pd_rd_wg=SoXiO&pf_rd_i=desktop-dp-sims&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=cda7018a-662b-401f-9c16-bd4ec317039e&pf_rd_r=Z1052E2TR9Z0MEVRGP7Z&pf_rd_s=desktop-dp-sims&pf_rd_t=40701&psc=1&refRID=Z1052E2TR9Z0MEVRGP7Z ブレッドボード BB-801 ¥200 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05294/ 単3電池 4本 【お知らせ】活動報告移転 ホームページ・活動報告のサイトを移転しました http://coderdojo-nagoya.hateblo.jp/ 【お知らせ】CoderDojo日進スタート CoderDojo天白で活躍されていたメンター寺島さんが日進市にぎわい交流館で6月からCoderDojo日進をスタートします。よかったら遊びに行ってください(^o^)       申込ページはこちら

8/5 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
2018年8月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に138以上の道場があります (2018年5月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2018年8月5日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室3・4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/87344/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日) おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

7/7 (土)

9650 normal 1522822395 icon contents.nagoya
本編の「contents.nagoya」では、WordBench Nagoya さんのイベントが中で開催され、この懇親会は IT飲み会 名古屋 さんと一緒に開催することになりました。 ですので、懇親会でもスクリーンを用意してライトニングトークや、30秒PR のようなことも行います。ライトニングトークの参加者を募集中です。 日程 2018年7月7日(土)18:30 - 20:30 会場 東天紅 名古屋国際センタービル店名古屋市中村区那古野1丁目1−47−1 名古屋国際センタービル 25F 費用 4,500円(税込) スケジュール 【18:30〜18:40】オープニング  主催よりご挨拶(contents. nagoya より山本、名古屋IT飲み会より北川) 【19:00〜19:15】30秒RP(10名程度)  希望者の方に30秒で自社・自分・製品の紹介を希望者の方にしていただく時間です。  30秒を過ぎると強制的に終了となるIT飲み会スタイルです。  希望者は、当日その場で募集します。 【19:45〜20:00】ライトニングトーク  事前にお申込みいただいた2.3名による5分間のライトニングトークです。 【20:20】エンディング

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
7月度のWBN名古屋は、いつもとは違って、contents.nagoyaというイベント内での開催となります。 そのため、お申し込み方法もDoorKeeperではなく、contents.nagoyaのサイトでの申し込みとなります。 申し込みは下記より行えますので、お間違えないように。 お申し込みは、こちら! https://contents.nagoya/ 1. 「実録 情熱と苦悩のテーマ・プラグインビジネス」 主な内容 汎用レスポンシブWordPressテーマBizVektorを発表して6年半、WordPress公式ディレクトリにテーマLightningを登録して3年、無料で配布しているテーマをどのようにお金に変えてきたのか? どこを見て改善し、マーケットを広げようとし、そして失敗してきたのかなどお話します。 スピーカー 石川栄和さん 2. Lightning Talk 大会 or アンカンファレンス 主な内容 セッションの間の時間を使ってLT(ライトニングトーク)か、アンカンファレンスを行いたいと思います。 現在調整中ですので、内容が決まり次第、アップデートしていきます。 スピーカー 井畑 テツヤさん、占部 紘(Toro Unit)さん、久野 晃司(Olein)さん、杉浦 正実さん、スズキヒデノリさん、野末 泰裕さん、長谷川 広武(ハム)さん 他 ライトニングトーク登壇者絶賛募集中です。 Twitter 、FBページ などからご連絡ください。 ※ 100%GPLチェックリスト への同意が必要です。 3. 「WordPressマネタイズトーク!〜コワーキングスペースや貸会議室の運営をWordPressで右肩上がりの売上にするヒミツ〜」- 主な内容 「WordPressマネタイズトーク!〜コワーキングスペース・貸会議室・シェアオフィス運営の中心でWordPressを使い、右肩上がりの売上を確保するヒミツ〜」というテーマで のトークセッションを予定しております。清水由規さんがインタビューアーになって星野邦敏さんへ色々と気になることをインタビューをしていきます。 スピーカー 星野邦敏さん、清水由規さん タイムテーブル 時間 内容 10:00 開場 10:00〜 受付(contents.nagoya での受付です。WordBench としては受付は不要です。) 10:30~11:15 「実録 情熱と苦悩のテーマ・プラグインビジネス」- 石川栄和さん 11:30~12:30 LT大会 or アンカンファレンス 12:30〜13:00 「WordPressマネタイズトーク!〜コワーキングスペースや貸会議室の運営をWordPressで右肩上がりの売上にするヒミツ〜」- 星野邦敏さん、清水由規さん ※時間は目安です。 持ち物 特になし。 会場:名古屋国際センタービル 4F / 5F 〒450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号 名古屋国際センター お申し込み 下記より、お申し込みいただけます。Doorkeeperは、今回、告知用です。申し込みは直接、contents.nagoya のサイトからお願いいたします。 https://contents.nagoya/ 最後に WordBench名古屋としてブース出展もしております。お時間のある方は、ブースにもぜひ、お立ち寄りください。また WordBench名古屋のトラック以外にも contents.nagoya では、様々なセッションやイベントが開催されます。WordBench名古屋が終わったら、他のセッションなども見ると勉強になると思いますので、ぜひ、ご参加いただければと思います。 以上

9650 normal 1522822395 icon contents.nagoya
セッションへの参加登録について 現在、事前登録については 1セッションのみの選択になっておりますが、事前登録者の人数によっていくつかのセッションを当日の受付で追加登録ができるようになります。 ただ席数に制限がありますので、早めにご来場ください。 キャンセル待ちで登録をされている方は、当日までキャンセル待ちだった場合には、セッションを選択していない状態の方と同じになります。できるだけ空いているセッションを選択し、早めに来場いただいて事前登録できなかったセッションの当日席を確保することをおすすめいたします。     懇親会について 懇親会は参加登録とは別にこちらの「懇親会申し込みページ」から申し込みをお願いします。懇親会の受付は2018年7月4日18時までとなります。参加したい方は必ず事前に申し込みをお願い致します。 イベント内容 contents.nagoya では、Web業界で活躍されている方を登壇者に迎えたセッションや、CMSなどのコンテンツに関わるプロダクトを開発している様々な企業がブース出展します。各ブースでは、その企業が運営しているサービスについての説明を聞くことができます。参加費は無料で、出入り自由なのでお好きな時間にお越しください。 タイムテーブルなどは、contents.nagoya サイトページ からご確認ください。 ※只今タイムテーブル調整中。近日更新予定! contents.nagoya 概要 日時: 2018年7月7日 10:00 - 17:30(受付 9:30〜) ※ 会場混雑回避のため9:30〜開場します。 会場: 名古屋国際センタービル 4F、5F 参加費: 無料 対象: Web/IT系、コンテンツ制作に携わる方々 セッション内容 .session-list { list-style: none; padding-left: 0; } .session-list .session-item { margin-bottom: 20px; } .session-head { display: flex; } .session-image { height: 80px; width: 80px; background-position: center; background-repeat: no-repeat; background-size: cover; } .session-contents { flex: 1; margin: 10px; word-break: break-all; } .session-image { margin-top: 10px; margin-bottom: 10px; } .session-contents p { margin: 0; } .session-contents h3 { margin-top: 0; margin-bottom: 10px; } .session-p { margin: 0; word-break: break-all; } 『いまCMSエンジニアに求められるもの』 藤田 拓 さん(株式会社ミツエーリンクス 取締役/言問株式会社 代表取締役) 僕がWeb開発/CMSに関わって14年もの歳月が経ち、開発環境はどんどん進化していき、知っておいた方がよいツールも増えてきました。特に昨今よく耳にするキーワードDevOpsはある程度の規模の案件をやる人にとって避けて通れない内容となってきていますし、その恩恵を享受した方がメリットも大きいでしょう。合わせて、クラウドの発展により、CMSの悩み事も外部サービス連携で解消されることが増えています。たとえば、キャッシュ機能を補完・拡張するCDNが安価に利用できたり、それどころかセキュリティ対応や画像・動画処理までやってくれます。また、CMS自体もようやくHeadless CMSに光があたり始め、ちょっと前から使われ始めているflat file cmsとも合わせて相変わらず群雄割拠ではありますが、その中でWordPressのシェアが圧倒的なところも意識せざるおえません。ということで、CMSを取り巻く技術・キーワードは相変わらずいっぱいあります。その中でも今のうちに取り組んでおいた方がいいものをお話ししたいと思います。 『ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計』 森田 哲生 さん(株式会社Rockaku) 2015年の発売以来、学生から、ブロガー、ライター、ウェブディレクターまで、幅広い読者から好評をいただいている書籍『書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室』。今回は、その“ライブ版”として「ユーザー体験によりそうコンテンツ制作の基礎設計」をテーマにした授業を行います。ユーザーがどのような気持ちでひとつのウェブサイト・コンテンツにたどり着くか…… “UXD思考”で表現の最適化を考える方法や、実際に発信されるコンテンツをユーザーのニーズに応えるものに変えていく情報収集と整理のメソッドなどを、実践型ワークショップを交えてレクチャーいたします。 『日本語Webフォント最新事情 2018』 関口 浩之 さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社/Webフォント エバンジェリスト) 当たり前のように使われはじめた「日本語Webフォント」。アクセシビリティやマシンリーダビリティ、UI/UX観点からも、サイトリニューアルの際にはWebフォント導入検討が必須事項になってきました。しかしながら、日本語Webフォントを体系的かつ俯瞰して学ぶ機会が今まで少なかったと思います。大手企業のコーポレートサイトやサービスサイトの実案件の事例を紹介しつつ、導入理由や導入効果などを解説します。 Web制作におけるデザインツールや制作フローが変化する中、タイポグラフィやフォントの知識を高めることは、デザイナーのみならずマークアップエンジニア、コーダー、ディレクター、マーケターなど、Webに関わるすべての人にとって重要です。フォントを楽しく学んで新たな武器を手に入れましょう。 『検索集客を意識し、訪問者の心を動かすWebライティング』 松尾 茂起 さん(株式会社ウェブライダー 代表取締役/株式会社Betters 代表取締役) 検索エンジンで上位表示をすれば、ひとつのサイトに年間数百万人もの人がやってくる、そんな時代が訪れています。ソーシャルメディア隆盛の昨今ですが、検索エンジンを使う人は減りません。この講座は、「ライティング(言葉の活用)」を軸として、検索エンジンからもユーザーからも評価されるWebコンテンツ作成のノウハウをお届けします。人の心を動かすのは、いつの時代も「言葉」です。 『写真が変わればコンバージョンが変わる! 〜 社内で撮影し、売り上げが380%上がった撮影手法 〜』 鍋坂 樹伸 さん(コマーシャルフォト サン・スタジオ/株式会社サン・サン取締役) みなさんは日々の写真撮影が楽しく、順調に進行できていますか?ウェブサイトで使われる写真はさまざまで、競合他社の写真を見てみると参考になるのと同時に、どう撮ったらよいものか考え込んでしまうときもあるでしょう。このセッションでは半年間かけてコンサルティングした、アパレル関連のサイトを例に伝わる写真はなにか?事前の準備期間にすべきこと、撮影時に使えるテクニックを解説します。2018年も中盤!このセッションを巻き返しのきっかけにして、コンバージョンをあげていきましょう!! 『活用できていないコンテンツの発掘方法と成果へのつなげ方』 古荘 貴司 さん(株式会社 Brassica) Webサイトは何のために作るのでしょう?多くの、というかほとんどの場合は突き詰めると「売上をアップするため」だと思います。また、企業の活動である以上コストはできるだけ削減したいものです。ただ作るだけではダメなのは当たり前、ただ問い合わせを増やすだけでもダメ。できるだけ少ないコストで効率よく「売上」につながるWebサイト運営(SNS等との連携を含む)をするためには、どういう風にコンテンツを集めて活用していくのが良いのでしょうか。今回の講座では、サイトオーナー社内のリソース活用に焦点をあてて、できるだけ事例を交えてお話をさせていただきます。 『売れるサイトのための最新SEO徹底解説 〜 検索者が求める情報と体験を設計する 〜』 住 太陽 さん(ドコドア株式会社 社外取締役/「SEO 検索エンジン最適化」サイト運営者) Google検索に人工知能システムRankBrainが導入されて以降、SEOのルールは大きく変わりました。Googleが検索意図を読み取る能力が大きく向上したためです。とりわけ直接的に購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリといいます)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。本セミナーでは平易な解説でRankBrainを理解するとともに、Web制作者が取り組むべき現在のSEOについて整理します。また、検索者が求める情報および体験をいかに設計し実装するかにフォーカスしながら、サイトの目的や性質に応じた構成や集客経路について詳しく解説、今後を見据えた最も効果的な戦略をお伝えします。 補足資料:購買につながるキーワード(トランザクショナルクエリ)においては、2016年以前のSEOの常識の大半は無意味なものになっています。 『SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方』 角田 綾佳 さん(spicagraph) 図解、グラフィックレコーディング、「わかりやすさ」としてイラストが取り入れられる機会も増えました。絵を描くのは昔から苦手、という意識を持つ方でも「それに見える」「きれいに見える」コツを知れば、図形の組み合わせでもイラストは作れます。イラストの持つ力と、SNSやWebサイトと相性のいいイラストや表現、わたしのTwitter発信で反応がよかったイラストや漫画の傾向などをご紹介します。 補足資料:SNSでもWebサイトでも、目を惹くイラストのつくり方 -ざっくりシナリオ- 『売上につながるブログ連動のメルマガとマーケティングオートメーション』 海老原 雅人 さん(ゾーホージャパン株式会社 ZOHO事業部 パートナー営業・ユーザーコミュニティ運営 /農学博士・中小企業診断士) 売上を上げるためには、入って来るお客様を増やす、離れていくお客様を減らす、ということに尽きると思います。本セッションではせっかく入ってきてくれたお客様を離さないで、ファンになってもらうため/次のお客様を呼び寄せるため、持っているコンテンツを最大限に活かして、待ちから攻めの営業を展開する。そのためのマルチチャネルでの情報発信と、売上に繋げる展開を見込むためのマーケティングオートメーションの解説をし、簡単/安価で有効に実現する手法をご披露いたします。 contents.nagoya とは 企業や製品のウェブサイトにおいて「コンテンツ」の重要度は昨今ますます大きくなっています。有益・魅力的なコンテンツとは、テキストや写真といった要素、構成や更新といった運用面など、多様な内容が連携することによってかたち作られていると言えます。 contents.nagoya(コンテンツ ドット ナゴヤ)は、よりよいウェブサイトのために「コンテンツ」にクローズアップしたイベントです。ライティング、写真・イラストレーションからコンテンツマネージメントシステム、運用、サーバーまで、幅広い視点でコンテンツをよりよくするためのヒントを見つけられる場を目指します。 主催の有限会社アップルップルは、2007年よりWeb系セミナーイベント「WCAN」を10年継続して開催してきました。WCANは名古屋を中心としたエリアでWeb制作に携わるみなさまのコミュニティとしても受け入れられており、Web制作者・Web担当者の交流の場としても機能しています。2018年、新しいイベントとして開催する「contents.nagoya」は、コンテンツとコンテンツを管理するシステム(CMS)に関わるみなさまのスキルアップ支援や交流に大きく寄与するものと期待されます。 協賛 /* 全体 */ #contentsNagoya-sponser { margin-bottom:50px; } #contentsNagoya-sponser p { display: flex; justify-content: center; align-items: center; flex-wrap: wrap; } #contentsNagoya-sponser a { display: block; text-align: center; } #contentsNagoya-sponser img { max-height: 113px; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; } /* ゴールド協賛 */ #contentsNagoya-sponser #gold a { width: 240px; } #contentsNagoya-sponser #gold img { width: 220px; } /* シルバー協賛 */ #contentsNagoya-sponser #silver a { width: 170px; } #contentsNagoya-sponser #silver img { width: 150px; } /* ブロンズ協賛 */ #contentsNagoya-sponser #bronze a { width: 100px; } #contentsNagoya-sponser #bronze img { width: 80px; } WCAN通年協賛 事前登録者への抽選でのプレゼント 事前登録者の方には抽選NOの書いた物をお渡しし、当選者の NO を 12:30 頃にオープンセッションの辺りに掲示します。 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− x 2 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— x 2 書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 x 2 Web制作と運営のための 写真撮影&ディレクション教本 ~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~ x 2 クリエイターが知っておくべき「権利」の本 (仮) x 2 いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 x 3 小さなお店&会社の WordPress超入門 ―初めてでも安心! 思いどおりのホームページを作ろう! x 3 できる WordPress WordPress x 3 現場でかならず使われているWordPressデザインのメソッド アップデート版 x 3 アンケート回収時にくじ引き! Oculus Go dji Tello Amazon Echo Dot x 2 baserCMS オリジナルTシャツ S×1枚、XL×1枚 べっしー モバイルバッテリー x 2 べっしー ボールペン x 30 far and mer 野菜セット プレゼント協賛 株式会社Brassica 株式会社コミュニティコム baserCMS

5/12 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. 「WordPressのローカル開発環境構築」 WordPressのテーマ制作・編集やプラグイン制作等で必須になってくるローカル環境構築。 今まではXAMPPやMAMP等を使って構築することが多かったのですが、 VirtualBoxやVagrantやDockerなどが使えるようになり、WordPressのローカル環境構築も楽になってきました。 まず、簡単にですが、ローカル開発環境の構築に関して、用語や仕組みについてお話します。 そして、WordPressの開発に特化した開発環境の構築「Local by Flywheel」を例に挙げて、 テーマ制作やプラグイン開発を行いたい方に向けて、ワンクリックでインストール・開発環境の作成と 実際の管理画面を説明します。 主な内容 WordPressの開発に特化したローカル開発環境の構築について 「Local by Flywheel」のインストールや設定方法の説明と実際の動作画面や管理画面について こんな方におススメ! WordPressの開発環境を作りたい方・迷っている方 WordPressのテーマ制作・プラグイン開発を手軽に行いたい方 ローカル開発環境と本番サーバでの環境を合わせたい方 スピーカー 山尾 雅也 さん 三重県桑名市育ち&在住 WordPressに関わったのはVer.2.1から。でも長期間、間が空いているため、再度勉強中 WordBench 名古屋 WordBench 三重 運営スタッフ WordFes Nagoya 2016・2017 スタッフ (2017 広報担当) マークアップエンジニアやSEOマーケティング担当を経験し、サーバ構築も行うんですが、デザインだけは今だに難航中。 天然で方向音痴。カーナビのGPSも狂わせるほどで「9999km先、右です」とナビから言われた時は運転中吹きましたw 2. エディタについて議論する会 あなたはどんなエディタを使っていますか? コーディングやテーマ制作・プラグイン開発などで日々活用しているエディタですが、意外と他人の使っているエディタについて知る機会はありません。 各人の利用しているエディタを紹介していただくことで、新しい発見や気づきをもたらすセッションになればと考えています。 既に以下のエディタの紹介をしてくださる方が名乗りをあげてくれています。 Visual Studio Code PhpStorm Vim Dreamweaver メモ帳 Coda 当日飛び入り参加も大歓迎です。 ぜひみなさんの使っているエディタについて熱く語ってください。 司会・進行 小野 隆士さん WordBench Nagoya モデレーター WordBeach Nagoya 2011・2012 実行委員長 WordFes Nagoya 2013・2016・2017 副実行委員長 3. アンカンファレンス アンカンファレンスを開催しますので、お互いに気になるところや、制作で困っていることなどを共有していきましょう。 ※アンカンファレンスとは  参加者自身がテーマや問題提起をし、そのテーマについて自分たちで話し合うスタイルのカンファレンスです。 タイムテーブル 時間 内容 13:50 開場 13:50~14:00 受付 14:00~14:45 WordPressのローカル開発環境構築について 14:45~14:55 休憩 14:55〜15:40 エディタについて議論する会 15:40〜15:50 休憩 15:50~16:40 アンカンファレンス 16:40~16:50 ネクストタイム 16:50~17:00 会場後片付け、原状復帰 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ、会場内でWi-Fiが使えます) 会場費として1人様500円を頂いております。学生の方は無料ですので学生証などをご持参ください。 会場 会場:ミナミ栄ビル 1F会議室 アクセス:地下鉄各線 伏見駅6番出口より徒歩6分 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区栄1-22-16 ミナミ栄ビル1F 地図:GoogleMap 13:50頃にお越し頂くと、スムーズに会場へ入ることができます。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ※伏見駅から会場までの道順を写真で紹介してるので、初めて来場する方はご利用ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 今後のスケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年06月09日(土) 未定

4/14 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. 「制作者目線でのSEOの話、サイトのレスポンスアップをSEOにつなげる」 スピーカー:大藪拓也さん Googleをはじめとした検索エンジンのアルゴリズムは日々進化しています。 ユーザーが何を求めているのか、ということが重視され、役立つ良質なコンテンツを提供することが重要になってきました。 その他にも、モバイル対応のコンテンツ、ページの読み込み速度が速いコンテンツも同様に評価されるようになっています。 2018年3月27日には、Googleから「モバイル ファースト インデックス」の発表がされ、ますますサイトコンテンツ作りは重要になっていくことが予想されます。 そのような中で、今回注目するのは「ページの読み込み速度」です。 サイト制作者目線でページ読み込み速度のSEO対策をするとしたら。 当日は、デモサイトを立ち上げ、レスポンス向上のためにどんな対策をするのか説明します。 GoogleのPageSpeed Insightsを使用しスコア計測を、レスポンス向上対策前/対策後で測定し、実際にどれくらい変化があったのかを実感してください。 主な内容 SEOとページの読み込み速度 レスポンス対策の重要性と、改善提案 対策前後でのスコア計測、比較 こんな方におススメ! WordPressの表示速度に不満がある方 表示速度改善についての提案方法を知りたい方 SEOに興味がある方 スピーカーについて 大藪拓也さん 株式会社MAWSデザイン 代表 https://mawsdesign.com/ 2000年頃にホームページに興味を持ちそれから趣味でホームページの制作と集客の経験を積む。2013年にWordPressと出会いその可能性に魅せられ、WordPressに特化したサイト制作で独立。2016年にマーケティングオートメーション「Mautic」に出会い、WordPressと連携させマーケティングオートメーションの経験を積む。SEO対策を始めWebマーケティングのノウハウを活かして、会社やビジネスで利益を上げる為のホームページ制作をモットーにデザインを行う。 WordPressを使ったWebサイト作成及びWebマーケティング マーケティングオートメーションの導入・サポート ホームページ制作歴15年、WordPress歴5年 WordFesNagoya2017 セッションスピーカー【MAの概要とWordPressとの連携について】 2017年8月度WordBench Nagoya スピーカー【基本に戻ろう WordPress 運用】 2. 作例紹介とアンカンファレンス 制作者さんが集まる会なので、ご自身が作られたテーマやプラグインの紹介や、参考になるウェブサイトの紹介、便利ツールの紹介の場を設けます。なお内容については100%GPL準拠にてお願いいたします。 当日、その場の立候補制になる予定です。プロジェクターは「HDMI端子」「VGA端子」がご利用いただけます。 その後、アンカンファレンスを開催しますので、お互いに気になるところや、制作で困っていることなどを共有していきましょう。 ※アンカンファレンスとは  参加者自身がテーマや問題提起をし、そのテーマについて自分たちで話し合うスタイルのカンファレンスです。 3.ネクストタイム 2018年5月12日(土)開催のWordBench の内容を決めます。 次回は開発者回を予定しています。 タイムテーブル 時間 内容 13:50 開場 13:50~14:00 受付 14:00~14:50 制作者目線でのSEOの話(前半) 14:50~15:10 休憩 15:10~16:40 作例紹介とアンカンファレンス 16:40~16:50 ネクストタイム 16:50~17:00 会場後片付け、原状復帰 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ、会場内でWi-Fiが使えます) 会場費として1人様500円を頂いております。学生の方は無料ですので学生証などをご持参ください。 会場 会場:ミナミ栄ビル 1F会議室 アクセス:地下鉄各線 伏見駅6番出口より徒歩6分 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区栄1-22-16 ミナミ栄ビル1F 地図:GoogleMap 13:50頃にお越し頂くと、スムーズに会場へ入ることができます。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ※伏見駅から会場までの道順を写真で紹介してるので、初めて来場する方はご利用ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 今後のスケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年05月12日(土) 開発者向け 2018年06月09日(土) 運営者向け

3/10 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. みんなに知っておいてほしい WordPress のライセンス(100%GPL)の話 WordPress は100%GPLというライセンスの考え方を採用してます。また、WordPressコミュニティも100%GPLという考え方を尊重し推奨しています。 今回、おすすめのプラグインやテーマを発表するにあたり、100%GPL という考え方をみなさんにも知って頂きたく、解説して頂きます。 話す内容 WordPress のライセンス(100%GPL)の概要紹介 こんな方におススメ! WordPressのサイト初心者、運営者 WordPressのテーマやプラグインを配布・販売したい方 WordPressのライセンスについて知りたい方 セッションスピーカー 柴田 昂太朗 さん 2017年から屋号Headsでデザイン制作、ホームページ制作、オウンドメディア運営を中心に活動しているフリーランスの方です。 2.グループディスカッション 1グループ、4〜6人に分かれて、おすすめ、お気に入りのプラグイン&テーマを紹介し合い、 各グループ、他の参加者のみなさんに紹介して頂きます。 また、100%GPLに準じているかの確認も行います。 ※事前におすすめプラグイン、テーマなど調べて(もちろん定番のものでもOK)参加するとワイワイ盛り上がります! 3.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 4.告知 Masatoshi Nishimura さん ikuko kanada さん 司会 WordBench Nagoya (野末、野崎) タイムテーブル 時間 内容 14:00~14:10 趣旨説明・諸注意 14:10~14:40 GPLに関してのセッション / 質疑・応答タイム 14:40~15:20 【おすすめプラグイン】 グループディスカッション 15:20~15:30 休憩 15:30~16:10 【おすすめプラグイン】発表会(各グループ) 16:10~16:30 【おすすめテーマ】 グループディスカッション(発表者は募集) 16:30~16:50 ネクストタイム / 告知 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 今回も会場がいつもと違う場所です! 会場:オフィスパーク伏見 オフィスパーク伏見 8F 住所: 〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル 8階 地図:イラスト 地図:GoogleMap くれぐれもお間違えのないよう、あらかじめ場所をご確認の上、ご来場ください。 会議室は8Fとなります。 ご入室は開始10分前から可能となります。 なお、開始時間の10分より早い入室や、終了時刻の15分を超えてしまいますと、 延長料が発生しますので、ご理解をよろしくお願いします。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 会場および館内は禁煙です。喫煙場所はありません。 ネット生配信 今回の会場はネット回線がないため、生配信は予定しておりません。後日録画を YouTube チャンネルにアップします。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年04月14日(土) 制作者向け 2018年05月12日(土) 開発者向け

2/10 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
※今回はいつもと会場が違いますのでご注意を! 1. 備えあれば憂い無し!Gutenbergについて知ろう! WordPress 5.0 で搭載予定として開発が進められている、これまでと概念がまったく違う新しいエディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」 まだ 5.0 の配信日すら決まっていませんが、今回の勉強会ではGutenbergを先取りし、5.0からどんなことが可能になるのか、どんなことに注意しなければならないのかお話いたします。 話す内容 Gutenberg の概要紹介 Gutenberg でできるこんなことあんなこと 5.0 更新時の影響・注意点 Gutenberg をカスタマイズする こんな方におススメ! WordPressのサイト運営者 Gutenbergに不安を感じている方 *懇親会に参加したい方 スピーカー 石原 隆志 さん 出身は熊本県天草市。火の国熊本をこよなく愛する愛知県名古屋市在住のエンジニア。 GrowGroup株式会社で働きながら、バックエンドからフロントエンド、ディレクション的なことまで、浅く広く従事しています。 2.ディスカッション Gutenbergを使って、こんなことができるのか、できないのか、みんなで一緒に考えます。 3.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 司会 WordBench Nagoya (浅井、熊上) タイムテーブル 時間 内容 14:00~14:10 会場準備 14:10~15:40 セッション 15:40~15:50 休憩 15:50~16:30 ディスカッション 16:30~16:50 ネクストタイム 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 今回は会場がいつもと違う場所です! 会場:ハロー貸会議室名古屋伏見 2F 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-8-24 オフィスオオモリ2F 地図:イラスト(PDF) 地図:GoogleMap くれぐれもお間違えのないよう、あらかじめ場所をご確認の上、ご来場ください。 会議室は2Fとなります。 ご入室は開始10分前から可能となります。 なお、開始時間の10分より早い入室や、終了時刻の15分を超えてしまいますと、 延長料が発生しますので、ご理解をよろしくお願いします。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 会場および館内は禁煙です。喫煙場所はありません。 ネット生配信 今回の会場はネット回線がないため、生配信は予定しておりません。後日録画を YouTube チャンネルにアップします。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月14日(土) 運営者向け

1/27 (土)

9288 normal 1494475381 logo square Frontend Nagoya
対象 Web フロントエンド技術に関わるエンジニア、デザイナー、etc... タイムテーブル 時間 行動 14:30 - 15:00 受付 15:00 - 15:05 オープニング 15:05 - 15:25 セッション1 15:25 - 15:45 セッション2 15:45 - 16:05 小休憩(+ あればライトニングトーク2枠) 16:25 - 16:40 セッション3 16:40 - 17:00 セッション4 17:00 - 17:20 小休憩(+ あればライトニングトーク2枠) 17:20 - 18:10 セッション5 18:10 - 18:30 セッション6 ※ タイムスケジュールは当日のライトニングトークの数により、時間が前後する可能性があります。 現在お申し込みいただいてるライトニングトークの内容 「Chrome DevToolsで遊ぼう\(^O^)/」(武藤桂子さん) 「デザイン通りのコーディング!~消耗しないまちがい探し~」(小林明日香さん) 「WebサービスのUIをちょっぴりリッチにする小技」(今井 理紗子さん) 「EFOのセオリーを詰め込みまくったメールフォームを共同開発した話(仮)」(野村圭さん) ※ライトニングトーク、満員になりました!みなさんご応募ありがとうございました! セッション セッション1:「エンジニアがUIデザインにちょっとだけ貢献する」 みなさんは普段、デザインカンプをそのままコーディングしていますか? デザインカンプの罠としては、気をつけていてもビジュアルデザインが先行してしまい、実際に体験してから問題に気づくことがよくあります。 エンジニアはウェブサイトの最初のユーザーになりやすいので、そういった問題によく気づく人もいるのではないでしょうか。 ビジュアル以外のデザインをするには多くの状況・端末・ブラウザを想定するために多くの経験や体験が必要となってきますが、これはエンジニアでも気づけることだと思います。 もっと周りの人に「体験する大切さ」を共有したいと思ったことがきっかけで、このセッションをお話ししたいと思います。 森田 かすみ (もりた かすみ)@KasumiMorita 有限会社アップルップル マークアップエンジニア 専門学校では絵本専攻を卒業し、新卒でWeb制作会社に入社。現在の業務では受託案件を行いつつ、a-blog cmsの開発に携わる。よくa-blog cms の勉強会全国ツアー開催のため、各地を飛び回っている。 ストレス発散はかっぱのイラストを描くこと。 セッション2:「デザイナーでもおさえておきたいJavaScriptのあれこれ」 JavaScriptの知識の中でもjQueryはデザイナーでもおさえておきたい知識です。しかし、最近はそれ以外にもおさえておきたいJavaScriptのあれこれがたくさんでてきています。その中でもjQueryを使う場合と使わない場合の違いや、今ならどう構成したほうがいいのかなどを、ソースコードの例などもいれながら、簡易な一部をお話します。 長谷川 広武(´°ム°`)@h2ham Facebook https://www.facebook.com/h2ham Twitter https://twitter.com/h2ham 所属 : 株式会社HAMWORKS 代表取締役 兼 フロントエンドエンジニア SaCSS主催(Sapporo.css) 主催 2016年2月に株式会社HAMWORKSを設立し、代表取締役に就任。HTML & CSS & JavaScriptのコーディングや、CMSを利用したWebサイト構築などを得意としている。また、2009年より札幌でWebデザイナー向けの勉強会「SaCSS」の主催・運営を行い、ほぼ毎月セミナーや勉強会を開催している。 ここ数年で名古屋でも登壇の機会をいただき2017年にスタートした「Frontend Nagoya #0 」にも登壇をしている。 セッション3:「UIの改善とJavaScript」 私はよく弊社のOSSとしてJavaScriptライブラリを配布しているのですが、ほとんどのJavaScriptはフロントで使用されるユーザーの操作感を向上させる目的のために作られています。 そういったJavaScriptを書く上で私が普段気をつけていることや自分なりのこだわりをご紹介します。 今回はあまりプログラムの話はしません! 堀悟大(ほり ごだい) アップルップル フロントエンドエンジニア。2014年高知大学理学部卒業。学生時代にHTML5のCanvas要素を使ってゲームを作っていたことでWeb全般に興味をもつ。アップルップル入社後は JavaScriptを使った、a-blog cmsのUI改善や、JavaScriptのOSS活動を行う。趣味はギター。この前ライブをやりました! 所属:有限会社アップルップル Nagoya.js主催 セッション4:「HTML・CMSから考えるコンポーネント化について」 CMS(様々なCMS)に組み込むためには、HTMLからCMSの独自タグなど置き換えてCMS化を行います。弊社ではプレビュー用のHTMLを作成した後にCMS化を行っています。 HTMLを作る際にどのような部分をコンポーネントしておきCMS化すれば良いか。静的HTMLジェネレータ(Nunjucks)とMovable Typeのテンプレートを交えながら説明致します。 関口 勇樹 (せきぐち ゆうき)@redamoon 2016年9月から株式会社HAMWORKSでフロントエンドエンジニアとして入社。 主な業務は、HTML・CSS・JavaScript・CMS構築・サーバ環境構築・進行管理などを行う。 セッション5:「BackstopJS + CircleCI + Docker で、HTML/CSSの自動テストをした話。(WordPressのテーマ編)」 HTML/CSS をメンテナンス・開発する上で、見た目が壊れてしまうというのはよくある話ですが、なかなか検出が難しい問題です。 WordPress テーマ Vanilla を開発し続ける上で、そのビジュアル部分のテストを自動化した方法とそのメリットについてお話出来ればと思います。 Toro_Unit (占部 紘)@toro_unit 長野県松本市在住のフロントエンドエンジニア。WordPress テーマ・プラグイン開発者。WordBench長野など、WordPress コミュニティを中心に活動中。ビールと日本酒が好き。 セッション6:「HTML 5.2 での変更点をまるっと解説!」 2017年12月14日にW3C勧告として公開された「HTML 5.2」では、意外と多くの箇所で仕様が変更されています。HTML 5.2の仕様書の「Changes」のページにも掲載されていない細かい点も含めて、変更点をひととおり解説していきます。 大藤 幹(おおふじ みき)@ofujimiki 1級ウェブデザイン技能士。著書は『詳解HTML5.1&HTML4.01&XHTML1.0辞典』、『よくわかるHTML5+CSS3の教科書』、『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集』など。2015年3月より名古屋在住。 懇親会について 当日はセッション終了後に懇親会を予定しております。

1/13 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. WordPressテーマ開発再入門2018 〜つかってみようカスタマイザー〜 スピーカー:Toro_Unit(占部 紘)さん WordPress 3.4で追加され、4.9 で大きく進化したテーマカスタマイズ API の使い方を中心に、テーマ開発についてお話いただきます。 なお、今回の勉強会は参加者にテーマ制作についての一定の知識や経験があることを前提でお話をしていただきます。 テーマ制作の入門編的な内容ではありませんので、その点をあらかじめ、ご承知おきください。 主な内容 テーマ開発の最新事情 テーマカスタマイズ API の使い方 テーマカスタマイザーの使い方等についてのディスカッション こんな方におススメ! WordPress のテーマ制作者 Toro_Unit さんのセッションを聴きたい方 懇親会に参加したい方 スピーカー Toro_Unit(占部 紘)さん 長野県松本市在住。フロントエンドエンジニア、プラグイン・テーマ開発者。 札幌のHAMWORKSでリモートワーク中。 テーマ「Vanilla」、プラグイン「Custom Post Type Permalinks」等を開発。 たぶん日本で一番パーマリンクに頭を抱えている人。 WordBench長野モデレーター、WordCamp Kyoto 2017実行委員。 2. ディスカッション テーマ開発やカスタマイザーの使い方等についてのディスカッション。 3. WordBench 大阪&京都 遠征報告 WordBench 大阪&京都に参加された方による報告。 4.ネクストタイム 次回 WordBench の内容を決めます。 進行 WordBench Nagoya (小田島) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:00 セッション 15:00~15:15 休憩 15:15~16:00 ディスカッション 16:00~16:05 小休憩 16:05~16:35 WordBench 大阪&京都 遠征報告 16:35~16:50 ネクストタイム 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場 会場:[ミナミ栄ビル 1F会議室] 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区栄1-22-16 ミナミ栄ビル1F 地図:GoogleMap 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ※伏見駅から会場までの道順を写真で紹介してるので、初めて来場する方はご利用ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年02月10日(土) 運営者向け 2018年03月10日(土) 初心者向け 2018年04月14日(土) 制作者向け 2018年05月12日(土) 運営者向け

12/16 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. Lightning の限界に挑戦ー管理画面だけでサイトをカスタマイズ (スピーカー2名:中川 伸也さん、Lightning テーマ開発者の石川 栄和さん) WordPress 初心者だけど Lightning なら設置もカスタマイズも簡単!?本当にそうなのかを検証してみました。スピーカーの中川さんにチャレンジして貰い、その結果を参加者のみなさまにお伝えいたします。WordPress 初心者というところで、難しい事が多々あると思うのですが、そこで特別ゲストが登場して、難問を颯爽と解決していく「予定」となっております。 話す内容 WordPress に馴染みがあまりない人が Lightning で設置、カスタマイズした感想 設置やカスタマイズする中で、出てきた疑問や気になった事を発表 Lightning 開発者の石川さんが登場し、疑問や気になったことに答えます ! こんな方におススメ! WordPress のインストール未経験の方 WordPress のインストールのみでカスタマイズしたい人 Lightning が好きな人 忘年会に出たい人 スピーカー 中川 伸也さん (名古屋市内印刷会社勤務) 石川 栄和さん (株式会社ベクトル 代表取締役) 2.ネクストタイム 次回 WordBench の内容を決めます。 3.ビギナーズ企画紹介 WordBench のスピンオフ企画で、初心者を対象にした勉強会を始めます。その紹介になります。 司会 WordBench Nagoya (堀口) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:30 セッション 15:30~15:40 休憩 15:40~16:15 セッション 16:15~16:30 ネクストタイム 16:30~16:50 ビギナーズ企画紹介 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 忘年会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 ※忘年会のみ出席したい方は、スタッフまで連絡するか、Facebookページ まで連絡ください。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場 会場:[ミナミ栄ビル 1F会議室] 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区栄1-22-16 ミナミ栄ビル1F 地図:GoogleMap 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ※伏見駅から会場までの道順を写真で紹介してるので、初めて来場する方はご利用ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2018年01月13日(土) 開発者向け 2018年02月10日(土) 運営者向け 2018年03月10日(土) 初心者向け 2018年04月14日(土) 制作者向け 2018年05月12日(土) 運営者向け

11/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. WordFes Nagoya 2017 感想戦&反省会 10月28日に開催されたWordFes Nagoya 2017についての感想戦&反省会を行います。 スタッフだった方はもちろん、スタッフでなかった方もリアルな参加者の声も聞きたいので、ぜひ参加して感想や意見を聞かせてください。 話し合う内容 WordFes Nagoya 2017の開催結果の確認(参加人数や予算執行結果など) 参加された方のリアルな感想や意見をお聞きします スタッフとして関わった方の感想や意見、反省点、今後に活かしたい点をお聞きします 次回のFes(Camp?)に向けての話合いができたら、なおよいかも こんな方におススメ! WordFes Nagoya 2017に参加した人 WordFes Nagoya 2017のスタッフだった人 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 3. アンカンファレンス WordFes Nagoya 2017 感想&反省会が終わり、余った時間はアンカンファレンスにしたいと思います。 タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:30 WordFes Nagoya 2017感想&反省会 15:30~15:40 休憩 15:40~16:00 ネクストタイム 16:00~17:00 アンカンファレンス 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 今回はネットによる配信はありません。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年11月11日(土) WordFes Nagoya 2017 感想&反省会 2017年12月16日(土) 開発者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 運営者向け 2018年02月10日(土) 初心者向け 2018年03月10日(土) 制作者向け 2018年04月07日(土) 開発者向け

10/14 (土)

46ea26fb4267c585350073bf959d4ebd Vektor,Inc. Web Solutions
テーマやプラグインの開発でPHPUnitテストを行ってますか? 気になっているけどまたやった事がない 少しはテストしてるけど他の人がどんな感じでテストしてるのか知りたい テストバリバリしてるぜ!教えてやるぜ! という人が集まってまったりテストに取り組んでみたいと思います。 日時 2017年10月14日(土) 14:15〜16:30頃 会場 名古屋市中区栄一丁目22番16号 ミナミ栄ビル 302号室 株式会社ベクトル 名古屋オフィス 参加対象・事前準備 テーマ・プラグインのプログラムを改変するなど多少なりともPHPを触った事がある人 自由に触れるローカルの開発環境(VCCW推奨)を準備の上ご参加ください。 推奨環境はMacです。Windowsだとよくわからないのでイマイチサポートできません。予めご了承願います。 タイムテーブル 内容 発表者 14:00 - 開場 14:30 - 15:00 ベクトルにおけるPHPUnitテストのやり方例 石川栄和 15:00 - 16:30 もくもく会&発表者募集

10/1 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
10月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では70カ国・1,200の道場、日本では全国に90以上の道場があります (2017年7月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2017年10月1日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/61486/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

9/30 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
Global WordPress Translation Day in Nagoya Japan 9月30日は世界各地でWordPressを翻訳する日です 世界中のより多くの人々と WordPress を楽しむために。 i18n (国際化) & L10n (地域化)を世界中で24時間まるっと一日みんなで翻訳作業をしたり、多言語化に関わるノウハウを共有したりしようという日です。 日本からは、東京、名古屋、大阪、福岡、男木島でオフラインイベントを開催します。 自分がいつも使っている/自分が作ったプラグインやテーマを翻訳したい。 翻訳の仕方を知りたい。 いつも利用している WordPress に何かしらの貢献がしたい! WordPressコアやプラグインやテーマがどのように日本語化されているのか知りたい!etc.. という方々、お気軽にご参加ください! 「英語が苦手・・・」 大丈夫!!いざとなれば翻訳ツールを駆使すればいいのです! 大事なことは、「翻訳する」ことではなく、「翻訳に触れる」ことなのです! 開催日時 9月30日(土) 10:30 ~ 18:00(受付開始10時~) 10時より前に来ても会場には誰も居ませんのでご注意ください。 まったりやっておりますので、来れる時間にお気軽にご来場ください。 会場 ベースキャンプ名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅3-18-5 モンマートビル5F https://basecamp-nagoya.jp/ 参加費(会場利用料) 1,000円(税込) 途中参加・途中退場であっても上記参加費がかかります。 何卒ご了承ください。 ご用意頂きたいもの ・パソコン ・WordPress.org アカウント/Slackアカウントも事前に作成頂けるとスムーズですが、当日作成も可能ですので、必須ではありません。 関連リンク 以下もざっと目を通していただくとよろしいかと。 Global WordPress Translation Day の3回目があります http://wordbench.org/2017/09/19/global-wordpress-translation-day3/ Global WordPress Translation Day #3 https://wptranslationday.org/ WordPress の翻訳 https://wpdocs.osdn.jp/WordPress_%E3%81%AE%E7%BF%BB%E8%A8%B3 Introduction to Translating WordPress in Japanese (WordPress 日本語翻訳の基礎) https://speakerdeck.com/naokomc/introduction-to-translating-wordpress-in-japanese-wordpress-ri-ben-yu-fan-yi-falseji-chu

9/10 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
プログラミングの秋!
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では70カ国・1,200の道場、日本では全国に90以上の道場があります (2017年7月時点)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. ご注意 6月から変わって、時間が午後から午前になります。7月から代わって第1日曜日開催です。同じ場所ですが、会議室2から、会議室4に変更しました。 CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2017年9月10日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/58844/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

9/9 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. WordPress 設置後にしておきたい設定 (スピーカー:山尾) 今月の WordBench Nagoya は、初心者向けです。 主にWordPress 設置後の初期設定と管理画面の使い方を、実際にインストールからの実演を行いながら説明していきます。 話す内容 WordPress 設置後の初期設定 WordPress の公開設定方法 パーマリンクの説明 よくつかわれるプラグインの設置・設定 Akismet Contact Form 7 その他のよく使われそうなプラグイン(未定) 投稿・固定ページの使い分け 質疑応答・フリータイム (なお、項目ごとに質疑応答の時間を少し設ける予定です。) こんな方におススメ! WordPressのインストール未経験の方 WordPressのインストールをしたものの、初期設定について困っている方 プラグインの選定に迷っている方 スピーカー 山尾 雅也 WordPressを使ったWebサイト制作・運用 Web関連の仕事について11年 そのうち、WordPressをメインで行なっていたのは6年 社内インフラ関係やサーバ設置も兼任 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 司会 WordBench Nagoya (稲葉、堀口) 3. WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会を行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 実行委員会に参加されない方はアンカンファレンスを開催します。 (アンカンファレンスとは、スピーカーの話を聞くセッションではなく、参加者がそれぞれテーマを出し合って話し合い、参加者全員で作り上げるカンファレンスです。) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:30 セッション 15:30~15:40 休憩 15:40~15:50 ネクストタイム 15:50~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 16:50~17:00 会場片付け後、撤収となります 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 今回は会場がいつもと違う場所です! 会場:ハロー貸会議室名古屋伏見 2F 住所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-8-24 オフィスオオモリ2F 地図:イラスト(PDF) 地図:GoogleMap くれぐれもお間違えのないよう、あらかじめ場所をご確認の上、ご来場ください。 会議室は2Fとなります。 ご入室は開始10分前から可能となります。 なお、開始時間の10分より早い入室や、終了時刻の15分を超えてしまいますと、 延長料が発生しますので、ご理解をよろしくお願いします。 会場内の飲食は可能ですが、必ずゴミはお持ち帰りください。 会場および館内は禁煙です。喫煙場所はありません。 ネット生配信 YouTube Live による生放送は予定をしておりますが都合で中止になることもあります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと配信を行っております。生配信をしなかった場合は、後日 YouTube での録画公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

8/5 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1. 基本に戻ろう WordPress 運用 (スピーカー:大藪さん) 今月の WordPress は、運用者編。日頃自分の WordPress サイトを管理・運用している方向けに、どうやって自分のサイトを更新・管理をしていくのかを話し合います。 話す内容 セキュリティ対策 (ID & Pass の管理、バージョンアップ) バックアップ コンテンツ作成 (タイトル・本文のコツ) 集客全般(SEM、SEO) お役立ちツールの紹介 質疑応答・フリータイム こんな方におススメ! 自分で WordPress サイトを持っていて運用方法に迷っている セキュリティ WordPressのインストール経験がある スピーカー 株式会社MAWSデザイン 大藪 拓也 https://mawsdesign.com/ WordPressを使ったWebサイト作成及びWebマーケティング マーケティングオートメーションの導入・サポート ホームページ制作歴:15年 WordPress歴5年 2.ネクストタイム 次回WordBenchの内容を決めます。 スピーカー WordBench Nagoya (小野、山尾) 3. WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会を行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 実行委員会に参加されない方はアンカンファレンスを開催します。 (アンカンファレンスとは、スピーカーの話を聞くセッションではなく、参加者がそれぞれテーマを出し合って話し合い、参加者全員で作り上げるカンファレンスです。) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~16:00 セッション 16:00~16:10 休憩 16:10~16:20 ネクストタイム 16:20~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 or アンカンファレンス 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 YouTube Live による生放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya 初めて参加される方へ WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 2017年3月度に「WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ 」という内容で勉強会を行いましたので、 よろしければ一度ご覧ください。 振り返り記事 動画 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年09月09日(土) 初心者向け 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

7/9 (日)

8f2cf3f3fecbfa9bbff9acbf318d0871 CoderDojo Owari
7月開催
はじめに CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では70カ国・1,200の道場、日本では全国に70以上の道場があります (2017年1月)。 子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。 Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question. ご注意 4月、5月から変わって、時間が午後から午前になります。同じ場所ですが、会議室2から、会議室4に変更しました。 CoderDojo Owari とは CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。 活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。 https://CoderDojoOwari.org ※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。 CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。 Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。 Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。 概要 項目 内容 日付 2017年7月9日 (日) 時間 10:00〜12:00 (開場 9:45) 費用 無料 場所 岩倉市生涯学習センター 会議室4 (Webサイト] 住所 〒482-0043 愛知県岩倉市本町神明西20 (Google Map) アクセス 名鉄犬山線 岩倉駅 徒歩2分。 駐車場 隣接する立体駐車場 (サクランド岩倉) の利用者は2時間まで無料。その後は30分100円(終日利用は800円) 駐輪場 120円 50台(岩倉市生涯学習センター自転車駐車場 専用スペース) 利用者は入場から4時間まで無料の自転車駐車場サービス券を事務室でお渡し スケジュール 時間 内容 9:45 開場 & 受付開始 10:00 スタート 10:00 初めての学生さんはオリエンテーション。2回目以降の Ninja (生徒) さんは、プロジェクトにとりかかってもらいます 11:30 発表 12:00 終わり & 片付け 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます 参加方法 Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojoowari.org」の2ドメイン) お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。 CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。 Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。 ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。 申込先 申込は Connpass で行っています https://coderdojoowari.connpass.com/event/54813/ 必要な持物 無線LAN につなぐことができるノートパソコン 最近3〜5年以内に発売された、Windows や Mac パソコン iPad などのタブレット、スマートホンだけでは参加できません。 古すぎるパソコンでは学習できない場合がございます。 Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。 当日はパソコンの貸出は行っていません。 (寄付や支援していただけるスポンサーは募集しています) 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙) 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください おことわり ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、同伴者の氏名の記入をお願いします。 CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。 もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。 スポンサーや寄付のお願い CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円) 団体・法人: 1口1万円/年 団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。 寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。 無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。 サポート会員・メンターの募集 CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。 種類 やってもらいたいこと メンター Ninja (生徒) のサポート サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐 メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。 サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。 CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。 子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。 メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。 メンターとは Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。 Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。 メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。 メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。 今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。 サポーターとは サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。 サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。 詳しくは、お問合わせください。 お問い合わせ先 https://coderdojoowari.org/contact

7/8 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
1.意外とカンタン!プラグイン超入門 (スピーカー:小田島 倫也さん) プラグインと言えば、普段WordPressを使っている人なら必ずと言っていいほどお世話になっている機能だと思います。しかし、実際にプラグインを自分で作っている人は少ないのではないしょうか。 「難しそう」「プログラマーじゃないと作れない」・・・。など非プログラマーにとってはハードルが高い印象があります。 しかし、実は「プラグインを作る」こと自体はそんなに難しいことではありません。 今回は、プラグインとはどういうものか。どういう場面で使うのか。などについて解説しながら 簡単な機能のプラグインを実際に作ってみて、WordPress上で有効化させるところをライブデモします。 あとはプラグインを使う時や探す時の注意点や勘所、公式に登録する場合の流れなども紹介します。 ※今回はワークショップではなくセミナー形式を予定しておりますが、ご持参のPCで一緒に操作してみてもらっても構いません。 こんな方におススメ! * WordPressのインストール経験がある * テーマを作ったことがある * 既存テーマをカスタムしたことがある * テーマのfunctions.phpでカスタムを書いている * プラグイン作ってみたいけどよく分からない スピーカー 小田島 倫也 主に WordPress のカスタマイズをしているフリーランサー。 フリーランス暦約6年。 2.WordCamp Kyoto 2017 レポート+ネクストタイム 2017年6月24日・25日に行われたWordCamp Kyoto 2017 に参加したメンバーから参加レポートをしてもらいます。その後、次回WordBenchの内容を決めます。 スピーカー Katz、小野、稲葉、野末、山尾 (の予定) 3.WordFes Nagoya 2017 実行委員会 2017年10月28日(土)に開催が決定されました「WordFes Nagoya 2017」の実行委員会の立ち上げを行います。 初めての方もお気軽に参加ください。見てるだけでも大丈夫です(笑) 司会 稲葉 智宏(実行委員長) タイムテーブル 時間 内容 14:00~15:40 プラグイン超入門 15:40~15:50 休憩 15:50~16:20 WordCamp Kyoto 2017 参加者レポート+ネクストタイム 16:20~16:50 WordFes Nagoya 2017 実行委員会 17:30~19:30 懇親会(希望者のみ、当日点呼します) ※時間は目安です。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。 今後の予定について 年間スケジュールは以下の通りとなっております。 ※日程や内容は変更になる場合もあります。 日程 内容 2017年08月05日(土) 運営者向け 2017年09月09日(土) 初心者向け 2017年10月14日(土) 制作者向け 2017年10月28日(土) WordFes Nagoya 2017 2017年11月11日(土) 開発者向け 2017年12月16日(土) 運営者向け&忘年会 2018年01月13日(土) 初心者向け 2018年02月10日(土) 制作者向け 2018年03月10日(土) 開発者向け 2018年04月07日(土) 運営者向け

6/10 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
静的HTMLファイルをWordPressのテーマにするワークショップ (スピーカー:山尾 雅也さん) 既存の静的サイトのデザインのままWordPressを組み込む場合や、デザイナーが作ってくれたHTML+CSSのデザインをWordPressのテーマにするには、どうしたらいいのかについて、実際にやってみようというワークショップです。 いろいろ本を読んだけど、実際にやってみようとすると、思わぬところで躓いたりします。今回は少人数のグループにわかれて実際にWordPressのテーマを作るところまで行いますので、わからないところをその場で詳しい人に聞きながら進めることができます。 既存のテーマを直すだけのレベルから、自由にデザインしWordPress化できるようなステップアップの場になればと思います。 WordPressを組み込む静的サイトはこちらで準備します。 今回のワークショップは以下のようなスキルをお持ちの方を対象に考えています。 * HTMLとCSSについては基本を理解している * WordPressのインストール経験がある * 既存のテーマを修正して使ったことがある スピーカー 山尾 雅也 WordFes Nagoya 2015の参加をきっかけにWordPress関連のイベントに参加。 昨年からWordBenchに参加して、WordFes Nagoya 2016ではスタッフとして参加。 持ち物 今回はワークショップで実際にコーディング作業も行いますので、ノートPCに、普段お使いのエディタなどを入れておいていただけるとよいかと思います。 またXAMMPやMAMPでローカルにWebサーバを建てられる方は建てておいていただけると助かります。全員分ではありませんが、実際に触っていただけるWordPressを組み込み済みのWebサーバも複数用意しますので、FTPクライアントソフトなども、事前にご用意いただけると助かります。 * お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) * ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) * 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 全体の説明部分はネット配信を行う予定です(録画配信)。後半のワークショップは配信を行いません。 協力 配信チャンネルはこちら https://www.youtube.com/WordBenchNagoya ネット配信は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。機材を忘れると生配信をせずに、後日 YouTube 公開になる場合があります。 過去の勉強会動画アーカイブ @ YouTube https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

5/28 (日)

No image 108x72 g CoderDojo大治
2017/5/28(日) 大治町立公民館
第9回 CoderDojo大治 を開催します。 下記注意事項をお読みの上、お申込ください 対象: 小学生、中学生(親御さん同伴でお願いします) 日時: 2017/5/28(日) 午後1:30-4:30 場所: 大治町立公民館 2F和室(1) 持参: ノートPC(WinXP,Vista,7,8,10) <注意事項> 1. 参加されるお子さんが2名以上いる場合は、お子さんの名前を全てご記入ください。 友達と一緒に来るとしても、家族別に登録をお願いします。 2. 不公平となってしまうので、PCは貸し出ししません。 PC持参でお願いします。 3. 活動報告・記録用に写真を取らせて頂きます。 この写真はCoderDojo大治のFBページ等、 CoderDojo大治用のwebページのみで公開します。 基本的に子供達のみですが、親御さんも写ってしまう可能性もあります。 撮影に支障のある方が見えましたら、事前通知をお願いします。 4. 事情により親御さん同伴できない場合はご相談ください。 お子さんの年齢と、そのときの人員の状況で判断させて頂きます。 その際、緊急連絡先を伺います。 <前回から引き続き参加される方へ> 午後1:30 からの参加となります。 前回同様、自分の作品を作ってもらい、最後に発表してもらう予定です。 ※ 自分で作品を作られる方は、遅れて参加しても構いません。 <初めて参加される方へ> 午後3:00 からの参加となります。 (午後1:30-3:00は、テーマ学習となり、初めての人は対象外です) Scratchを触ったことのある方は、その旨お伝えください。 習熟レベルとそのときの状況によって参加時間を判断させて頂きます。 CoderDojo大治 の活動自体に関しては、本グループの説明: http://coderdojo-oharu.connpass.com/ および下記FaceBookページをご参照ください。 https://www.facebook.com/CoderDojo大治-558366577697188/

5/20 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
WordPress大質問大会(休憩含めて120分) 今年の1月にも大質問大会を行いました。その後4ヶ月過ぎ新しい方も増えてきたので、再び大質問大会を行いたいと思います。 今回は、事前に質問を下記にて受け付けますので、ぜひ聞きたい質問のある方はぜひ事前に投稿してから、ご参加いただけると充実した質問大会になりますよ! ▶質問受付フォーム https://goo.gl/forms/yx3xs3M9xPKCH0ki2 WordFes Nagoya 2017実行委員会キックオフ(休憩含めて60分) 今年のWordFes Nagoya 2017の実行委員会を発足させます。 実は今年は開催時期の再検討も含めて検討することになりそうです。また今年のテーマについても提案を行います。 実行委員になるかならないかは別にして、どんな風にFesが実現していくのかを知るだけでもよいので、ぜひご参加ください。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 会場までの道案内 地下鉄伏見駅から会場までの道順を、写真で説明してあります。 道案内フォトアルバム 道案内電子ブック ネット生配信 今回、ネット生配信は予定しておりません。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 また、こちらの Doorkeeper の WordBench Nagoya コミュニティ参加をしていただくと、次回の勉強会開催時にメールでお知らせします。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

5/17 (水)

9288 normal 1494475381 logo square Frontend Nagoya
今回は豪華なことに、遠方から来られた方々にお話ししていただきます!北海道からは株式会社HAMWORKS 長谷川 広武さん、東京からは株式会社サイバーエージェント / 株式会社Abema TV 大泉 明日香さんにお越しいただきます。 対象 Web フロントエンド技術に関わるエンジニア、デザイナー、etc... タイムテーブル 時間 行動 19:30 - 19:35 オープニング 19:35 - 19:55 ライトニングトーク1〜4 19:55 - 20:00 小休憩 20:00 - 20:30 セッション1 20:30 - 21:00 セッション2 ※ タイムスケジュールは当日のライトニングトークの数により、時間が前後する可能性があります。 セッション セッション1:「静的サイトジェネレータ活用のすすめ」 株式会社HAMWORKS 長谷川 広武さん セッション2:「Webの利用しやすさについてのお話」 株式会社サイバーエージェント / 株式会社Abema TV 大泉 明日香さん ライトニングトーク1:「ES2015の便利な機能、構文」 有限会社アップルップル 堀 悟大さん ライトニングトーク2:「コーディングガイドライン策定のメリット」 武藤 桂子さん ライトニングトーク3:「5分でわかった気になる Fluent Design System」 株式会社サイバーエージェント 佐藤 歩さん 持ち物 ノートパソコン(※ 必要な方のみ。会場に貸し出し用のパソコンもあります。) 懇親会について 当日はセッション終了後に懇親会を予定しております。

4/8 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
クラウドでWordPressしてみよう 共有レンタルサーバを使うWeb 制作者、サイト運営者は多いとは思いますが、より自由度が高い専用サーバ、VPSサーバ、クラウドサーバなども気になるところです。「難しそう」「どういう違いがあるのか知りたい」と思ったことはありませんか? そこで普段、共用サーバーを使っているWeb 制作者、サイト運営者が専用・VPS・クラウドサーバを使う際に知っておくべき入門セミナーと、500円/月から始められるクラウドVPSである「Amazon LightSail」で実際にサーバやWordPressを構築するまでのデモンストレーションを行います。 なお任意ではありますが「Amazon LightSail」のアカウントを事前に取得しておいていただくと、デモンストレーションを見ながら同じ手順を踏むことでサーバ環境を立ち上げることが可能になります。この機会に、「Amazon LightSail」でサーバを構築してしまいたい方、実際にサーバを構築するのを自分で体験されたい方は、ぜひ事前にアカウントを取得しておいてください。ちなみに登録後一ヶ月は無料です。 https://amazonlightsail.com/ 後半は、参加者の皆さんが普段どういう風にWordPressを使っているのか、活用されているのかなどの事例を紹介しあう懇談会を開催しようと思います(この懇談会はUstreamでの配信はありません)。 「専用・VPS・クラウドサーバを使う時に知っておきたいこと」(30分) (スピーカー:Katz Ueno) なぜ専用サーバーやクラウドを使うのか。セキュリティ・負荷・運用・保守のリスク マネージド専用サーバー・VPS・専用サーバー・クラウドの違い 知っておきたいクラウドのこと AWS を使う前に知っておきたいこと。 「AWSでWordPressしてみよう」(60分) (スピーカー:横井公紀) 「Amazon LightSail」は500円から始められるクラウドVPSです。この機会にクラウドサーバにチャレンジしてみませんか? 興味があっても、なかなか踏み出せないクラウドサーバ... 「Amazon LightSail」がリリースされたことで、手軽にクラウドサーバを使えるようになってきました。 実際に「Amazon LightSail」を利用してWordPressを立ち上げるまでを、わかりやすくデモします。 「私とWordPressについて語り合う懇談会」(75分) 他の人がどのようにWordPressを使っているのかを知る機会というのは、実は少ないのではないでしょうか? 参加者の皆さんが、普段どのようにWordPressを使っておられるか、どんな工夫をされているのかなどを紹介し合う懇談会を行います。 意外な活用法や、いろんなヒントやアイディアを得られるよいチャンスとなるのではないかと思います。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 セッション3の「私とWordPressについて語り合う懇談会」はUstreamでの配信はしません。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

3/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
WordPressのコミュニティとイベントについて学ぶ WordBench名古屋では毎月の勉強会と、実行委員会を組織して年1回のカンファレンスイベントWordFes Nagoyaを開催しています。そろそろ今年のWordFesの準備を始めないといけない時期になってきました。 最近になってWordBenchに参加してきた人も増えてきましたので、今回はWordPressの地域コミュニティである「WordBench」と、WordCampなどに代表されるWordPressのイベントについて、その成り立ちやルールなどについて、改めて学び直すことにしました。 同時に名古屋でのイベントの成り立ちや特徴、過去のイベントの様子を振り返り、今年のWordFesへのイメージを出し合い膨らませられるような機会にしたいと思います。 今まで参加してきた人も、最近になって参加し始めた人、もっと言えば今回初めて参加する人も、みんなでWordPressのコミュニティとイベントについて学び、盛り上げていけるようにしてゆきましょう。 WordPressの地域コミュニティとイベントの運営ガイドラインについて WordPressユーザの地域コミュニティである「WordBench」、各地域コミュニティが開催する「WordCamp」や「WordFes」などは、それぞれ運営ガイドラインを持ち、それに沿って運営されています。それはオープンソースであるWordPressの商標やライセンスを守り発展させる上で重要な役割を果たしています。 運営のガイドラインは決して罰則のある厳格なルールではありません。むしろ理念に近いものです。このガイドラインを知ることはコミュニティやイベントに加わる上でとても有意義だと思います。ぜひこの機会に、地域コミュニティとイベントの運営ガイドラインについて学んでみましょう。 スピーカー 浅井豊彦さん(WordFes Nagoya2016 副実行委員長) 2011年のWordCamp Nagoyaの実行委員を務めて以来、WordBeach Nagoya、WordFes Nagoyaの実行委員を歴任。2014年のWordFes Nagoyaからは三年連続で副実行委員長。主な役割は協賛担当。 名古屋のWordPressイベントの歩み スピーカー 小野 隆士さん(WordBeach2011・2012実行委員長、WordFes Nagoya2016副実行委員長) 2011年のWordCamp Nagoyaの実行委員。2011年と2012年のWordBench Nagoyaでは実行委員長。2013年のWordFes Nagoyaでは副実行委員長。その後、しばらくWeb業界を離れるが2015年に復帰しWordFes Nagoya2016では副実行委員長。 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。

2/19 (日)

No image 108x72 g CoderDojo大治
2017/2/19(日) 大治町立公民館
第6回 CoderDojo大治 を開催します。 下記注意事項をお読みの上、お申込ください 対象: 小学生、中学生(親御さん同伴でお願いします) 日時: 2017/2/19(日) 午後1:30-4:30 場所: 大治町立公民館 2F和室(1) 持参: ノートPC(WinXP,Vista,7,8,10) <注意事項> 1. 参加されるお子さんが2名以上いる場合は、お子さんの名前を全てご記入ください。 友達と一緒に来るとしても、家族別に登録をお願いします。 2. 不公平となってしまうので、PCは貸し出ししません。 PC持参でお願いします。 3. 活動報告・記録用に写真を取らせて頂きます。 この写真はCoderDojo大治のFBページ等、 CoderDojo大治用のwebページのみで公開します。 基本的に子供達のみですが、親御さんも写ってしまう可能性もあります。 撮影に支障のある方が見えましたら、事前通知をお願いします。 4. 事情により親御さん同伴できない場合はご相談ください。 お子さんの年齢と、そのときの人員の状況で判断させて頂きます。 その際、緊急連絡先を伺います。 <前回から引き続き参加される方へ> 午後1:30 からの参加となります。 今回も、新しいテーマで作り方を覚えてもらった後 各自でアレンジして自分なりの作品を作ってもらう予定です。 <初めて参加される方へ> 午後3:00 からの参加となります。 (午後1:30-3:00は、テーマ学習となり、初めての人は対象外です) Scratchを触ったことのある方は、その旨お伝えください。 習熟レベルとそのときの状況によって参加時間を判断させて頂きます。 CoderDojo大治 の活動自体に関しては、本グループの説明: " rel="nofollow">http://coderdojo-oharu.connpass.com/ および下記FaceBookページをご参照ください。 https://www.facebook.com/CoderDojo大治-558366577697188/

2/11 (土)

3129 normal 1468300253 wbn WordBench Nagoya
これからのサイト構築のお話 ~テーマTwentySeventeenとマーケティング~ 今回は、これからのウェブサイト構築や運用を考える上で、押さえておきたいトピックスを2つ取り上げます。 ひとつはWordPress4.7と同時にリリースされたデフォルトテーマの「TwentySeventeen」。4.7から実装された新しい機能を紹介します。 もうひとつはマーケティングについて。特にMA(マーケティングオートメーション)と呼ばれる考え方や仕組み、実装の方法の入門編です。 これからのウェブサイトの制作や構築、運用を考えていく上で、とても大切なトピックになると思うので、この機会にぜひ一緒に学びましょう。 WordPressテーマ TwentySeventeenとマーケティングのお話 WordPress4.7と同時にリリースされた新しいデフォルトテーマである「TwentySeventeen」は、デフォルトテーマとしては初めて本格的なビジネスサイト向けのテーマになっています。スターターコンテンツの提供、編集ショートカット、カスタムCSS機能など、4.7の新しい機能をふんだんに取り込んだテーマとなっています。 今後のWordPressによるサイト構築を考える上で押さえておきたいポイント満載です。 名古屋では(たぶん)初めて「TwentySeventeen」を詳細に解説します。あわせてマーケティングの必要性についての基本的な部分についてもお話できればと思います。 スピーカー 稲葉 智宏さん マーケティングとMA(マーケティングオートメーション)のお話 マーケティングオートメーション(略してMA)を導入することで、当てずっぽうに行っていた営業活動を、論理的かつ合理的に行えるようになります。 今回の勉強会では、マーケティングオートメーションの基本とマーケティングオートメーションツール「Mautic」の紹介、Mauticをどのように WordPress サイトに組み込むかなど、マーケティングオートメーションの基礎・導入についてを実際の画面を見ながらお話します。 会社の営業マンが少なくて困っている。ウェブサイトからの問い合わせをしっかりと成約に結びつけたい。という方、ぜひご参加下さい。 スピーカー 小野 隆士さん 持ち物 お名刺(任意:参加回数が浅い方はお名刺交換の機会が多くございます) ノートパソコン(任意:お持ちになりたい方はぜひ) 会場費として1人500円を頂いておりますが、学生の方は無料としておりますので学生証などをご持参ください。 Ustream 生放送 Ustream 放送は予定はしますが、配信者の都合でドタキャンになってしまう可能性があります。あらかじめご了承ください。 協力 配信チャンネルはこちら Ustream放送は katzuenoさんのご協力のもと、配信を行っております。 いつもありがとうございます! 過去のUstreamアーカイブ https://www.youtube.com/WordBenchNagoya WordBenchとは? WordBenchとは、WordPressユーザーが集まる地域コミュニティです。 全国各地に存在し、各地域のユーザーが「WordPress コミュニティ運営イベントの原則」に則ってボランティアで運営しています。 WordBenchサイト WordPress コミュニティ運営イベントの原則 コミュニティ参加のお誘い WordBench Nagoyaのコミュニティにぜひご参加ください。 その他、Twitter(@wbNagoya)やFacebookページでも情報を発信しております。フォローやいいね!をぜひお願いいたします。