kumino4 (@kumino4)


参加する勉強会

1/29 (金)

6ec50ec2b5442b75fbd148cc398fbc08 Tier IV/ティアフォー
自動運転を実現するWeb技術を説明します!
イベント概要 自動運転スタートアップ『Tier IV(ティアフォー)』のテックミートアップです。Tier IVでは公道での自動運転を実現するため、Webと自動運転を融合し、自動運転のバックエンドシステムとしてデータ基盤やCI/CD、ログトレースを独自に開発し、安全な運転を目指しています。 本イベントではTier IVの自動運転Webシステム『Web.Auto』の開発で取り組んでいる活用や工夫、苦労話を紹介します。 可能な限りGoogle meet枠でご参加ください! ※ハッシュタグ #tieriv_meetup 申込方法 connpassからお申し込みください。 対象者 自動運転が好きな人! これから自動運転を好きになる予定の人 むしろ自動運転から好かれている人 登壇者 加藤真平(創業者兼CTO) 1982年生まれ。2008年、慶應義塾大学で博士(工学)の学位を取得後、カーネギーメロン大学とカリフォルニア大学にて研究員を務める。2012年に帰国し、名古屋大学の准教授に着任。2015年に自動運転ソフトウェア「Autoware」をオープンソースソフトウェアとして公開。 2015年12月1日にティアフォーを創業。2016年、東京大学の准教授に着任。2018年に国際業界団体「The Autoware Foundation」を設立、代表理事に就任。 関谷英爾 Autowareのデータ収集・MLOps開発を経て、現在はDirector of Engineeringとして自動運転車両の「運行管理システム」や「シミュレーターを用いたCI/CDパイプライン」など、クラウドシステムが関わるサービス全体の設計・開発マネジメントを担当しています。 Makoto Tokunaga Webのバックエンドエンジニアをしてます。 画像認識/数理最適化の研究 → ERPパッケージ会社を経て、現在はTier IVで自動運転システムのCI/CD基盤の開発を行っています。 3104matsu 自動運転が普及していくためのデータ基盤を開発しています。 sawadashota ティアフォーで自動運転のためのWeb基盤を開発しています。 コンテンツとタイムスケジュール 2021年1月29日(金) 19:00~21:00 時間 内容 登壇者 19:00-19:05 開始 澁井(司会) 19:05-19:20 イントロダクション、Tier IVおよびWeb.Autoの事業紹介 加藤CTO 19:20-19:40 自動運転の会社でなぜデータ基盤が必要なのか?そこで今やっていること 3104matsu 19:40-20:00 AWS X-Rayを使ったマイクロサービスのトレーサビリティ向上 sawadashota 20:00-20:10 休憩 - 20:10-20:30 自動運転システムのCI/CDとは? Webシステムとの違いってなんだ Makoto Tokunaga 20:30-20:45 Q&A 澁井(司会) 20:45-20:50 エンディング 関谷 会場 オンライン開催となります。 YouTube Live URL: 後日案内します ツールは、前半の各セッションはGoogle Meetを使用します。YouTube Liveでの閲覧も可能です。 詳細はconnpass経由で別途ご連絡させていただきます。 申し訳ありませんが、交流会は中止とさせていただきます。 後半の交流会は、Google Meetブレイクアウトセッションで行います。 主催企業 株式会社Tier IV(ティアフォー) 世界初の自動運転のオープンソースソフトウェアであるAutowareの開発を主導し、ラストマイルのドライバーレスモビリティやロジスティクスのアプリケーションを初めとした様々な環境に適用可能な自動運転ソフトウェアを開発するディープテックスタートアップです。 https://tier4.jp/ リンク集 株式会社Tier IV Web.Auto Tier IV Tech Blog Tier IV Twitter Tier IV Facebook Tier IV Youtube Tier IV LinkedIn Tier IV Instagram The Autoware Foundation 注意事項 本ミートアップは、参加者と情報を共有するための場です。 講演内容やタイムスケジュールは変更となる可能性がございます。 当日のイベント内容は後日任意の媒体にて公開させていただくことがあります。 イベントレポート作成のため、お写真を撮らせていただくことがございますので予めご了承ください。 イベントは、止むを得ず中止させていただく場合がございます。 その際は、本サイトからのメッセージよりご連絡させていただきますのでご確認をお願いいたします。


過去の勉強会

12/12 (土)

0ce9c83f0c923192c8c801dba88bb677 コンピュータビジョン勉強会@関東
ECCV2020読み会
目的: 2020年の8月23日~28日にかけて開催されたコンピュータビジョンのトップカンファレンスの一つである 「European Conference on Computer Vision (ECCV) 2020」の論文読み会です。 今回、新型コロナウイルス対策として、関東、関西、名古屋のコンピュータビジョン勉強会合同で、オンラインにて開催いたします。 ECCV2020で発表される論文はこちらからダウンロードできます。 https://www.ecva.net/papers.php 発表者: 今回参加申込みは 発表枠 聴講枠 の2つがあります。既にchouseisanで発表希望してくれている方も、発表者枠で参加登録して下さい。 発表者の方で発表の内容が決まりましたら、メーリングリストでご連絡いただくか、@kantocv、@nagoyacv、@kansaicvまでご連絡ください。 発表順は仮です。 時間 発表者 論文タイトル 13:00 - 13:25 Opening+各勉強会の紹介 13:25 - 13:50 tomoaki_teshima Flow-edge Guided Video Completion 13:50 - 14:15 Kenji DeepSFM: Structure From Motion Via Deep Bundle Adjustment 14:15 - 14:40 s_aiueo32 Adaptive Text Recognition through Visual Matching 14:40 - 15:00 休憩 15:00 - 15:25 daigo_hirooka RAFT: Recurrent All Pairs Field Transforms for Optical Flow 15:25 - 15:50 pacifinapacific Chained-Tracker: Chaining Paired Attentive Regression Results for End-to-End Joint Multiple-Object Detection and Tracking 15:50 - 16:15 neka_nat Domain-invariant Stereo Matching Networks 16:15 - 16:35 休憩 16:35 - 17:00 tomoyukun MotionSqueeze: Neural Motion Feature Learning for Video Understanding 17:00 - 17:25 godel Learning to Exploit Multiple Vision Modalities 17:25 - 17:50 losnuevetoros End-to-End Object Detection with Transformers 17:50 - 18:00 Closing 配信: 配信はZoomを使用して行う予定です。 各々アプリのダウンロード等準備をお願い致します。 配信のためのURLは、前日の夕方にconnpassのメッセージ機能で登録者に事前にお送りいたします。 配信はYoutube Liveでも行います。配信URLはconnpassのメッセージ機能および「諸連絡」に記載した各twitterアカウントより行いますので、フォローお願い致します。 質疑応答 質疑応答は、Slackを使用して行います。 参加URLは前日の夕方にconnpassのメッセージ機能でZoomのURLと一緒にお送りしますので、必ずご確認をお願い致します。 勉強会のサイト: コンピュータビジョン勉強会@関東 http://sites.google.com/site/cvsaisentan/ 名古屋CV・PRML勉強会 https://nagoyacv.connpass.com/ 関西CV・PRML勉強会 https://sites.google.com/site/kansaicvprml/ 諸連絡: リアルタイムでの情報発信は以下のTwitterアカウントを使用いたしますのでフォローお願い致します。 コンピュータビジョン勉強会@関東 http://twitter.com/kantocv 名古屋CV・PRML勉強会 http://twitter.com/nagoyacv 関西CV・PRML勉強会 https://twitter.com/kansaicv

10/9 (金)

97f6d3e3ebd7597c92f55d519bb6148f U-NEXT コーポレート
グローバルで活躍するクリエイターたちが、“英語で話す”トークイベント
※10/7(水) 7度目の増枠行いました!100→130→160→200→250→280→300→320名 ※10/9(金)タイムテーブルを一部修正いたしました。 English follows Japanese. 今回初の開催となる「How Might We Work #01」は、グローバルで活躍するクリエイターたちによるオンライントークイベントです。このイベントの特徴は“日本語でのトークが禁止”であること。 他国の言語を使って人前で話すことはハードルが高く感じられがちですが、まずは知っている単語や文法を積極的に使ってみたり、実践の場を増やしたりと、畏まらず気軽に発信することが成長の第一歩だと私たちは考えます。 「How Might We Work」の取り組みを通して、様々な国の言語で「デザイン」や「テクノロジー」について話す機会を増やすことで、国内外で活躍するクリエイターが増えればと願っています。 カジュアルなトークイベントですので、少しでも興味のある方は気軽に参加いただけると嬉しいです。 英語が話せてどう変わった?クリエイターたちのキャリア 第1回目のテーマは「英語が話せてどう変わった?クリエイターたちのキャリア」です。 今回ゲストでお招きした方々は日本で生まれ育ち、何かをきっかけに英語力を身につけ、グローバルで活躍出来るようになった皆さんです。 英語力を得たことで、どのようなキャリアを積み上げることができたのか。どのようなチャンスを掴んだのか。行動したきっかけや学習方法、英語を所得したことによる活躍、今後の目標など、 詳しくお伺いしたいと思います。   ▼こんな方におすすめです 英語が話せる / 話せるようになりたいクリエイター グローバルで活躍したいクリエイター 英語で発信したり、英語で情報収集をしたりする機会を増やしたいクリエイター 配信場所 https://youtu.be/GU0gwEskSzA ※配信時間までは、非公開設定となっています。 スピーカー(4名) 灰色ハイジ (Namika) さん All Turtles / Senior Designer サンフランシスコ在住。新潟県生まれ。スタートアップスタジオAll Turtlesのシニアデザイナーとして、デジタルプロダクトや、ブランドのデザインに従事。大学在学中から多くのウェブサイトのデザインを手がけ、プランナーとしても多様な広告のデジタル施策の企画に携わる。渡米後はフリーランスとしてブランディングやパッケージデザインなどへ領域を広げながら、現地のデザイナー養成所Tradecraftを経て現職。著書に『デザイナーの英語帳』(ビー・エヌ・エヌ新社)がある。   最所 あさみ さん Retail Futurist / noteプロデューサー 大手百貨店入社後、ベンチャー企業を経て2017年独立。ニューリテールにまつわるコンサルティングや執筆、コミュニティマネジメント、イベントプロデュースを行う。またnote有料マガジンを通して独自の考察や海外事例の紹介、小売や店舗を軸にしたコミュニティ運営を行う。2019年7月よりnoteプロデューサーに就任。ブランドや店舗オーナーがnoteを通して発信し、顧客とコミュニケーションをとる活動全般を支援する。 鈴木智大 さん All Turtles / Senior Designer 静岡県生まれ。大学を中退後に独学でデザインを学び、DTPや新聞社での経験を経て、2011年からスタートアップに関わり始める。Nanameue、STANDARDの立ち上げ期からのメンバーとして数々のアプリやWebサービスのデザインを手がける。2017年にフリーランスになったことを機に英語の勉強を開始し、2018年3月からアメリカに本社を持つAll Turtlesの東京オフィスに参画。日本とアメリカの共同プロジェクトでのデジタルプロダクトのデザインに従事。 小野壮彦 さん SO GOOD GROUP 代表パートナー 大分生まれ。愛知育ち。早稲田大学在学時にモントリオールへ留学。27歳でネットベンチャーを起業。楽天への事業売却後は、イタリア留学を経て、Jリーグ・クラブ、ヴィッセル神戸の取締役に就任。クラブの企画運営全般の責任者を担う。05、06シーズンは強化・育成部門に転じ、チーム編成、選手契約等全般に従事。以降は、事業経営とアドバイザリー業務を往復するキャリアへ。2019年SO GOOD GROUP設立。   モデレーター ボウザス 裕子 株式会社U-NEXT CX本部 Product Design室 / Product Designer 日本でグラフィックデザイナーとしての経験を積んだのち語学習得のため渡豪。シドニーにあるデザイン事務所でWebデザイナーとしてのキャリアをスタートする。その後Webプログラミングを独学で習得しフリーランスのUIデザイナー、Webデベロッパーとしてオーストラリア、フランスを拠点に活動。世界中のクライアントやエンジニアとオンラインで仕事を共にする。現在はU-NEXTでプロダクトデザイナーとして多国籍のチームで日々英語、日本語を交えながら業務に当たっている。 タイムテーブル 2020/10/9(金) 19:30-22:00 19:25 開場 19:30 挨拶 / イベント概要説明 19:35 - 19:53 講演①灰色 ハイジ (Namika) さん 19:53 - 20:13 講演②鈴木 智大 さん 20:13 - 20:44 講演③小野 壮彦 さん 20:44 - 20:50 休憩 20:50 - 21:42 パネルディスカッション 21:42 - 21:54 講演④最所 あさみ さん 22:00 イベント終了 参加いただくみなさまへお願い 今回、登壇者とリアルタイムでコミュニケーションは取れません。イベントの感想やコメントがあれば、Twitterでハッシュタグ #HMWW をつけて投稿いただけますと幸いです。 パネルディスカッションでは、申し込みの際に入力いただいた質問の中から回答いたします。登壇者に何か聞きたいことがある方は、申し込みの際に入力お願いします。 当日は、好きな飲み物や食べ物を手元に準備し、視聴いただけますと幸いです。 画面をキャプチャしてのSNSの投稿は問題ございません。動画撮影は禁止とさせていただきます。 その他 何かお困り事などありましたら、当イベントページの「イベントへのお問い合わせ」からご連絡ください。 運営 株式会社U-NEXT U-NEXTは、動画のサブスクリプションサービスと電子書籍を提供しています。 組織には、国外出身のクリエイターが多く在籍し、日本語以外の言語でコミュニケーションをとり、仕事をすることが多くあります。 A "speak in English" talk event by creators that are successful around the world. "How Might We Work #01", which will be held for the first time, is an online talk event by creators who are successful around the world. The unique aspect of this event is that "speaking in Japanese is prohibited". Speaking in front of others using a different language seems difficult, but we believe that the first step in improving is to speak out freely without fear, such as by actively using the words or grammar that you know and creating more opportunities for practice. We hope that through the efforts of "How Might We Work", there will be more opportunities to talk about "design" and "technology" using various languages, and the number of creators who are active in Japan and overseas will increase. This is a casual talk event, so even if you are just slightly interested, please feel free to join us.  How has being able to speak English made a difference? The careers of creators The theme for the first event is "How has being able to speak English made a difference? The careers of creators" The guests invited are those who were born and raised in Japan, acquired English proficiency through various circumstances, and were able to become successful around the world. What kinds of careers were they able to build by learning English? What kind of opportunities did they seize? We would like to ask in detail about the reasons for their actions, their learning methods, successes resulting from learning English, and future goals. ▼ This is recommended for the following people: Creators who can speak/want to be able to speak English Creators who want to be successful globally Creators who want to increase opportunities to give out and get information in English Streaming location The details will be posted here later. For those who registered, the streaming URL will be sent in a message. Timetable 2020/10/9(FRI) 19:30-22:00 7:25 p.m. Opening 7:30 p.m. Greetings/Explanation of event outline 7:35 p.m. - 7:53 p.m. Lecture ①Haiiro Haiji (Namika) 7:53 p.m. - 8:13 p.m. Lecture ②Tomohiro Suzuki 8:13 p.m. - 8:44 p.m. Lecture ③Tak Ono 8:44 p.m. - 8:50 p.m. Break 8:50 p.m. - 9:42 p.m. Panel discussion 9:42 p.m. - 9:54 p.m. Lecture ④Asami Saisho 10:00 p.m. End Speakers Haiiro Haiji (Namika) All Turtles / Senior Designer Lives in San Francisco. Born in Niigata prefecture. Engaged in digital product and brand design as a senior designer at startup studio All Turtles. She has designed many websites since she was a university student, and as a planner, She is involved in planning various digital advertising measures. After moving to the United States, while expanding her field to branding and package design as a freelancer, She worked at Tradecraft, a local designer school, before assuming her current position. She is the author of "The Designer's English Notebook" (BNN, Inc.).   Asami Saisho Retail Futurist/note Producer After joining a major department store, she worked for a venture-backed company and became independent in 2017. She provides consulting and writing related to new retail, and carries out community management and event production. In addition, through the note paid magazine, she shares her own observations and introduces overseas examples, conducting community management centered on retail and stores. She became a note producer in July 2019. She provides support for all activities involving brands and store owners communicating with customers through note. Tak Ono SO GOOD GROUP / Founder Born in Oita, raised in Aichi. Studied abroad in Montreal while attending Waseda University. Started an online venture business at the age of 27. After selling the business to Rakuten, he studied abroad in Italy, after which he became the director of the J-League club, Vissel Kobe. He was responsible for the overall planning and operation of the club. In the 2005 and 2006 seasons, he moved to the strengthening and training department and engaged in the overall team formation and player contracts. After that, he transitioned to a career going back and forth between business management and advisory work. Established the SO GOOD GROUP in 2019. Tomohiro Suzuki All Turtles / Senior Designer Born in Shizuoka prefecture. After dropping out of college, he taught himself design, gained experience in DTP and newspapers, and started working in startups from 2011. As a member of Nanameue and STANDARD since their launch, he has designed numerous apps and web services. After becoming a freelancer in 2017, he started studying English and in March 2018 he joined the Tokyo office of All Turtles, which has its headquarters in the United States. He is engaged in designing digital products in a joint project between Japan and the United States.   Moderator Bouzas Hiroko (U-NEXT CX Headquarters Product Design Room/Product Designer) After gaining experience as a graphic designer in Japan, she moved to Australia to study language. She started her career as a web designer at a design office in Sydney. After that, she learned web programming on her own and worked as a freelance UI designer and web developer based in Australia and France. She works online with clients and engineers around the world. She currently works as a product designer at U-NEXT in a multinational team, using both English and Japanese daily. Requests to participants At this event, you will not be able to communicate with the speakers in real time. If you have any thoughts or comments about the event, please post them on Twitter with the hashtag #HMWW. On the day of the event, it would be great if you could prepare your favorite foods and drinks to enjoy while viewing. In the panel discussion, we will be answering questions from those entered at the time of application. If you have any questions to ask the speakers, please enter them when you apply. Please feel free to post screenshots on social media. Video recording is prohibited. Other If you have any problems, please contact us through "Inquiries about the event" on this event page. Organizer U-NEXT U-NEXT offers a video/book subscription service. Many creators from overseas belong to this organization, and they often communicate and work in languages other than Japanese.