kjmtgm (@kjmtgm)


参加する勉強会



過去の勉強会

4/13 (火)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Online
Oracle Database Technology Night
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://go.oracle.com/LP=108307 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」 もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 アジェンダ Automatic Workload Repository(AWR)の分析 Oracle Databaseの分析に使用するAWRですが、まだ使いこなせていない方も多いと思います。 今回のTech NightではAWRの分析方法をサンプルAWRレポートを使用して解析していきます。 まだ使用したことのない方のために、最初にAWRの概要として簡単な分析方法やバージョンの違いなどについても説明します。 タイムスケジュール 時間 内容 18:35-18:45 (接続開始) 18:45 - オープニング 18:50 - Automatic Workload Repository(AWR)の概要 19:20 - サンプルAWRレポート1を使用した分析 19:50 - 休憩 20:00 - サンプルAWRレポート2を使用した分析 20:30 - Q&A - 20:40 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 ★途中、休憩を挟みます。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/ 2020年5月開催分までのOracle Database Technology Night 資料ダウンロードはこちら : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。

2/25 (木)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Online
Oracle Database Technology Night
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://go.oracle.com/LP=106040 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」 もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 アジェンダ Automatic Workload Repository(AWR)の分析 Oracle Databaseの分析に使用するAWRですが、まだ使いこなせていない方も多いと思います。 今回のTech NightではAWRの分析方法をサンプルAWRレポートを使用して解析していきます。 まだ使用したことのない方のために、最初にAWRの概要として簡単な分析方法やバージョンの違いなどについても説明します。 タイムスケジュール 時間 内容 18:30-18:45 (接続開始) 18:45 - オープニング 18:50 - Automatic Workload Repository(AWR)の概要 19:20 - サンプルAWRレポート1を使用した分析 19:50 - 休憩 20:00 - サンプルAWRレポート2を使用した分析 20:30 - Q&A - 20:40 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 ★途中、休憩を挟みます。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/ 2020年5月開催分までのOracle Database Technology Night 資料ダウンロードはこちら : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。

10/29 (木)

06868654c2447b7bba3bc2c513845198 名古屋で働くITエンジニアの皆さん大集合!
第8回しゃちほこオラクル倶楽部 Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます! ~おもしろクラウド案件や導入事例(初公開)も~ 今回は東京発OCIjpコミュニティー運営チームの株式会社フルエナジー松本昭史様にご協力頂き、初のジョイント企画を開催させて頂きます! 松本様からは「Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます!」というタイトルで語って頂きます。 フルエナジー様は、2015年11月に初めてOracle Cloud(US)の利用を開始し 、2017年4月から再販パートナーとして50社以上にOracle Cloudの導入支援をしてきた会社で、 講師の松本様はそのクラウドビジネスの責任者になります。 Zoomやtiktok、富岳など話題豊富なOracle Cloudですが、一人のエンジニアの人生を変えたクラウド、 という少し変わった切り口の話もあるようです。東京リージョンがオープンして1年半ですが面白いクラウド案件、 儲かりそうなクラウド案件、エンジニアがハッピーになれるクラウド案件など、盛り沢山の導入事例を用意してくださいました。 最近、政府からゼロトラストというキーワードを発信されました。 この日、松本様は、「日本でもOracle Cloudが求められている」と確信したそうです。 自社でもお客様案件でも常にセキュリティを考えて、Web Appliction Firewall、シングルサインオン、2要素認証、暗号化、閉域網、UTM、IDS、Vaultなど積極提案・導入を推進していらっしゃいます。 オンプレミスでは、高コストになってしまう製品・サービスでも、クラウドでは非常にリーズナブルに利用できますので、実案件でどのように活用されているかも語って頂きます。 皆様、奮ってご参加ください! お込みはコチラ⇒https://eventreg.oracle.com/profile/web/index.cfm?PKwebID=0x764181abcd タイムスケジュール 時間 内容 発表者 14:00-14:05 ご挨拶 日本オラクル(株) 14:05-14:50 Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たものを惜しみなく伝えます!(下記アジェンダをご覧ください。) 株式会社フルエナジー  松本様 14:50-14:58 Q& 株式会社フルエナジー  松本様 【アジェンダ(14:05-14:50)】 会社紹介と自己紹介 導入事例(初公開もの) Oracle Cloudの良いところ・未熟なところ 面白いクラウド案件(1,2件) パートナーとの協業サービス Oracle DBAからクラウドアーキテクトへの転身で得たもの ocijpユーザグループについて *内容に変更が入る可能性がございます事ご了承ください。 <セミナー参加におすすめな人> ・OracleCloudを検討されるユーザ様 ・提案されるベンダー様 参加方法 お申込みはコチラ https://eventreg.oracle.com/profile/web/index.cfm?PKwebID=0x764181abcd 本セミナーはWeb上で開催されるZoomのセミナーとなっております。 参加される方には追ってZoomのURLをご連絡いたします。 ※お申込みの際、社用のアドレスを必ずご記載ください 【こんな方におすすめ】 ◆クラウドやOracleDBに興味がある方 ◆IT企業に就職予定の学生の方、IT企業に転職予定のIT未経験者 ◆これから稼げるITスキルを身に付けたい方、資格を取りたい方 ◆オンプレミスしか経験がないエンジニア ◆OCIを知らないクラウドエンジニア ◆最新のトレンドに興味があるエンジニア ◆イベント運営に興味がある方は、運営スラックにjoinしてください! https://gyu.to/ziwO414 皆様のご参加心よりお待ちしております!!

8/24 (月)

32dabe43e27218ade53f578f6eef6701 Oracle Code Night
Oracle Database Technology Night
本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。 Oracle Database Technology Night って? オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。 申し込み方法 こちらより、お申し込みをお願いします。 URL:https://go.oracle.com/LP=97484 本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、 「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします! *お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」 もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。 参加方法 当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。 こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。 そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。 アジェンダ 津島博士のOracle Database In-Memory (DBIM) の基礎 と 最新情報 DBIMベース・レベルによりDBIMの効果を確認しやすくなりましたので、簡単に利用するためのDBIM基礎とDBIMベース・レベルを含めた最新情報を紹介します。 タイムスケジュール 時間 内容 Memo 18:30-18:45 (接続開始) 18:45-18:50 オープニング 18:50-20:30 津島博士のOracle Database In-Memory (DBIM) の基礎 と 最新情報 Q&A含みます 20:30 終了 ★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。 過去開催分 資料ダウンロード Oracle Database Technology Night 過去開催分資料ダウンロードはこちらよりお願いします。 Oracle Database Technology Night 資料ダウンロード : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/ お願い 下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html その他 Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。 弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。