テツジん (@iwiz_sophy)


参加する勉強会



過去の勉強会

8/10 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

5e66922a46759eeffe59c329ef8d3155 PowerApps + Flow アプリ作成研究所 in 名古屋
PowerApps、Flow、PowerPlatformを用いた即興かんたんアプリ開発を研究しよう!
アプリは現場利用者がすぐに作れる時代に! 誰でも手軽にアプリケーションを作れるMicrosoft PowerAppsと、様々なアプリケーションやサービスを繋いで連携できるMicrosoft Flowをメインに、かんたん高速にアプリケーション開発を実現する手法の研究やノウハウの共有を目指す勉強会です。 アプリ開発はもちろんのこと、PowerAppsを用いたプロトタイピングやFlowを利用した業務ワークフロー開発、その他のサービスを組み合わせた多機能アプリなど、ユーザー視点の実用ノウハウを中心に研究をしていきましょう。 第三回は、第二回に引き続きさまざまなケースでの開発実例の紹介やTIPS紹介などを行ってまいります。 技術者向けの勉強会というよりは、ユーザー向けに技術者が使い方や機能を紹介したり手ほどきすることを目的としています。 (もちろん技術者さんの参加も大歓迎です。) Microsoft PowerAppsとは? ビジネスを表わすアプリケーション 必要なビジネス アプリを容易に構築できます。既に利用しているアプリの拡張やカスタマイズも簡単です。 https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/ Microsoft Flowとは? 生産性の向上 お気に入りのアプリとサービスの間に、通知の取得、ファイルの同期、データの収集などを自動化するワークフローを作成します https://flow.microsoft.com/ja-jp/ メインセッション ※現在調整中です。決定都度アップしてまいります。 テーマ 時間 登壇者 所属 開場・受付 12:45 ~ 12:59 受付係 開会の儀・連絡 13:00 ~ 13:15 皆で参加する PowerApps のテンプレ Hack 大会 (登壇者増の場合、時間調整) 13:15 〜 15:05 吉川直邦 株式会社富士通エフサス 休憩 15:05 〜 15:20 LT & おやつタイム 15:20 ~ 15:50頃 LT有志 オヤツスポンサー 業務改善のプラットフォームとしてPowerAppsは最善か 16:25 ~ 16:55 榊原 伸也 オモシロインク合同会社 PowerApps 初心者の館 17:00 ~ 17:40 山田 晃央 株式会社アイシーソフト 閉会の儀 17:45 ~ 17:50 ※上記は予定となります。当日までに変更の可能性があります。 LT(15:20~15:50) テーマ 時間 登壇者 所属 - LT登壇者さんを募集しております! 参加申し込みの際のアンケートにてお申し込みください! 諸注意 会場に来客者様向けWiFiはございません。各自ご準備ください。 入館の下記諸注意がございます。ご確認とご協力をお願いいたします。 名古屋ゲートタワーオフィス塔の 16F から入館となります。 1.ゲートタワーの15Fまでおあがりいただき、エスカレーターで16Fまでおあがりください。 会場のセキュリティの都合上、運営スタッフによる誘導が必須となります。遅れておみえになる方は、コメント欄に書き込みをお願いいたします。 16F と 31F で受付番号を確認させていただきます。 入退館管理のため、お名刺を1枚頂戴いたします。 懇親会 研究会終了後、近場の会場で懇親会を開催します。 通例で予算は¥3000~¥3500程度となります。研究会の会場ではできない話、しましょう。 (参加の意思表示を申込時のアンケートでご回答ください) オヤツスポンサー オモシロインク合同会社 https://www.omoshiroinc.com/

8/5 (月)

50ecc5340fd1eb9259eb5cb48454998b なごあず(JAZUG 名古屋支部)
by #てらだよしおがんばれ
概要 いつもがんばるてらだよしおが上は北海道から下は沖縄まで日本各地を巡り、 愛と勇気をお届けする「Japan Tour in Summer: Java & k8s on Azure まつり」 本ページはこのイベントの名古屋会場の募集ページです。 スケジュール 名古屋ではナイトセッションとして、下記のコンテンツをお届けします! なお、スケジュールは調整中です。 随時更新いたしますのでよろしくお願いいたします。 時間 タイトル スピーカー 18:30~18:50 開場・受付 なごあずメンバー 19:00~19:50 セッション1:50分で Java と Kubernetes on Azure を一気にご紹介 寺田 佳央 19:55~20:45 セッション2:技術に対する愛が人生を大きく変える !! (エモい話:成長物語) 寺田 佳央 セッション1「50分で Java と Kubernetes on Azure を一気にご紹介」寺田 佳央 概要 Azure では、Java 言語を利用して様々なアプリケーションやサービスを構築する事ができます。 本セッションの前半では 「Java on Azure 2019 のいま」と題して、様々なアプリケーション開発方法やサービス、さらにはツール群などもダイジェストでご紹介します。 また、後半は、Azure Kubernetes Services の最新動向についてもご紹介します。 セッション2「技術に対する愛が人生を大きく変える !! (エモい話:成長物語)」寺田 佳央 概要 子供の頃、勉強が決してできる子ではなかった私は、家族に全く期待をされませんでした。 そのなかで幸運だったのは、日本でインターネット・ブームが始まった時に見たDuke (Java) との出会いでした。 Java が世の中に出てきた時、Java が未来を変えてくれるのではないか?と本気で思いましたし、エンジニアへと成長していく私の中には常に Java がありました。 そして...将来自分が Java エバンジェリストになるとは全く想像していませんでした。 夢に描いていたエバンジェリスト。 しかし、実際にやってみると様々なギャップがあり、この10年は決して順風満帆ではない多くの経験を積み重ねました。 このセッションでは、10年以上のエバンジェリスト・アドボケイトの経験を踏まえ、私の中で何が変わってきたのか、今の活動における幸せは一体何なのか、そして今後のチャレンジについてご紹介します。 セッションを通じ、エンジニアとして成長したい方、そして DevRel で活動したい、もしくはしていらっしゃる方に、私でもできる、やればできるという全てのエンジニアに勇気をお届けしたいと考えています。 トピック 9割の参加者を寝させた初めてのプレゼン 伝説の謝罪会見 #てらだよしおがんばれ が生まれた秘話 コミュニティ・メンバーが救ってくれた 仲間の大切さ(良い人との出会い) Java エバンジェリスト(会社)を辞めた時 悪の帝国は悪の帝国だった? エンジニアとしての成長 46歳エンジニアの新たなチャレンジ スピーカー紹介 寺田 佳央(マイクロソフト・コーポレーション シニア・クラウド・デベロッパー・アドボケイト) 2001年 サン・マイクロシステムズ株式会社に入社し GlassFish エバンジェリストとして活動。 2010年 オラクルのサン買収後、日本オラクル株式会社で Java エバンジェリストとして活動。Java の最新技術情報の提供や、Java コミュニティ活動の活性化を、日本 Java ユーザ・グループ(JJUG)と共に行ってきた。 2015年7月、日本マイクロソフト株式会社に移籍し、移籍後もなお Java エバンジェリストとして、マイクロソフト・プラットフォームにおける Java の利用促進・啓蒙活動を実施中。 2018年7月より、マイクロソフト・コーポレーションで日本人初のクラウド・デベロッパーアドボケイトとして活動を開始。 2016年7月、日本人で 2 人目となる Java Champion に就任。JJUG 幹事の一員でもある。 Blog: https://yoshio3.com GitHub: yoshioterada Facebook: yoshio.terada Twitter: @yoshioterada 注意点 本会実施後、有志による懇親会を考えております。 (詳細は当日決定) 参加いただくすべての方へのお願い 私たちは、勉強会に参加する全員をコミュニティメンバーと考えます。 すべてのコミュニティメンバーが悲しむことがないように、以下のような迷惑行為は禁止させていただきます。 参加者、スピーカー、スタッフ、各種スポンサーを含むすべてのコミュニティメンバーに対する、ハラスメント行為 人材紹介、転職、宗教、マルチ商法など、本勉強会とは関係のない勧誘や営業活動 迷惑行為を取られた方は、即刻退場いただくとともに、次回以降の勉強会への参加をお断りします。 また、セッション中の写真撮影は、シャッター音など周りの方へのご配慮をお願いいたします。 次回以降の勉強会のリクエストは大歓迎です。『こんなことを知りたい!』というご希望がありましたら、是非スタッフまでお知らせください。

7/13 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

6/8 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

5/17 (金)

Bdb36dacd19e6c0cd0cc99e21913c1cc MeetUp Sasashima
今回のテーマはデータ解析
イベントについて データ解析をテーマに関する意見交換をする場です。 申し込み多数のため、参加枠を増やしました。 イベントの対象者 データ解析に関して興味のある方。 データ利活用に興味のある方。 開催概要 【日程】 2019年5月17日(金) 19:00 ~ 21:00(18:30 受付開始予定) 【対象】 データ解析に関して興味のある方・データ利活用に興味のある方。 【場所】 中京テレビ放送株式会社 クリエイティブルーム(愛知県名古屋市中村区平池町4-60-11) 【主催】 MeetUp Sasashima運営委員会 【協力】 株式会社アイデアクラウド、中京テレビ放送株式会社 タイムテーブル 以下のタイムスケジュールは予定となりますので、変更されることがあります。 時刻 項目 スピーカーなど 18:30 受付スタート 19:00 主催者挨拶・会場諸注意 主催者より 19:05 アイスブレイク 19:20 ゲストスピーカートーク① 「視聴データを活用したテレビの未来」中京テレビ放送株式会社 山田様 19:40 ゲストスピーカートーク② 「画像認識技術のローカルサービスへの適用」ヤフー株式会社 検索プラットフォーム開発本部 西岡様 20:00 懇親会 20:55 集合写真撮影 21:00 イベント終了/撤収 注意点 当日は写真撮影をいたしますので、映り込みがNGの場合には事前にイベント運営側までお知らせください。 ライトニングトークの接続環境はHDMIのみとなりますので、別途変換コネクタが必要な場合にはお持ちください。 参加費用に関しては現金にてお願いいたします。

5/11 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

4/13 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
4月2日に公開された、Visual Studio 2019記念イベントです
Visual Studio 2019 Launch Event in NAGOYA 4月2日に公開された、Visual Studio 2019記念イベントです。みんなでわいわいやりましょう! 公式のローンチサイトはこちら ローンチは4月2日ですが、本イベントは4月13日開催です。 "Your ideas deserve great tools Join us on April 2 for the launch of Visual Studio 2019. Learn about how Visual Studio 2019 is more productive, modern, and innovative, participate in live Q&As, and be the first to take the latest version for a spin." 「あなたのアイデアは素晴らしいツールに値します。 4月2日にVisual Studio 2019の立ち上げに参加してください。VisualStudio 2019の生産性、現代性、そして革新性について学び、ライブQ&Aに参加して、スピンのために最新バージョンを入手してください。」 公式ローンチイベントでは、2019の新しい機能などの紹介をライブビデオ配信しました。本イベントでは、このセッションをかいつまんで紹介したり、使い方についてざっくばらんに話ができる場として開催する予定です。 Visual Studio 2019は、すでに誰でも入手可能になっています。 これまでどおり、Community Editionもあるので、無償で試したり、OSSへの貢献に使用することができます。 タイムスケジュール 全体(以下はざっくりとした内容です) 時刻 内容 13:00 開場 13:00~13:30 受付 13:30~13:40 オープニング 13:40~15:00 キーノート 解説 15:20~15:40 ファーストルック デモ 15:40~16:20 旧.NETプロジェクトを新しい形式に、そして.NET Coreにアップグレードする 16:30~17:00 Live shareで共同作業 17:00~17:30 C#8.0 null許容参照型 ライブデモ 17:40~18:20 (企画中) 18:20~18:40 ライトニングトーク 18:40~18:50 クロージング 18:50~19:00 (会場清掃) 19:00 閉場 ライトニングトーク ライトニングトークはVS2019の事なら大歓迎ですが、以前のVisual Studioの事でも、.NETの事でもOKです! 奮って登壇してください! 参加登録について 本イベントのエントリーには、本名と所属企業名が必要です(会場提供ポリシー)。ご入力いただいた情報は、出席者確認以外の用途に使用しません。また、この情報を事前集約するため、募集締め切りが4月10日に設定されているのでご注意ください。 参加費用について 皆様から徴収する参加費用は、会場設営にかかる費用に充てます。 残金が発生したときは、懇親会費への充当及び次回の会場利用費に積み立てします。 飲食について 会場内での飲食は可能ですが、ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 懇親会について (企画中) ビデオ撮影について 会期中、ビデオ撮影を行うかもしれません(企画中)が、撮影する場合は、プレゼンターと画面キャプチャのみで参加者側は撮影しません(但し、質疑応答がある場合に音声が録音される可能性はあります)。録画またはストリーミングかについては未定です。 会場提供について 日本マイクロソフト株式会社中部支店様 に会場をお借りしました。コミュニティへのご協力ありがとうございます。

4/6 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

3/9 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

3/2 (土)

5e66922a46759eeffe59c329ef8d3155 PowerApps + Flow アプリ作成研究所 in 名古屋
PowerApps と Flowを用いた即興かんたんアプリ開発を研究しよう!
アプリは現場利用者がすぐに作れる時代に! 誰でも手軽にアプリケーションを作れるMicrosoft PowerAppsと、様々なアプリケーションやサービスを繋いで連携できるMicrosoft Flowをメインに、かんたん高速にアプリケーション開発を実現する手法の研究やノウハウの共有を目指す勉強会です。 アプリ開発はもちろんのこと、PowerAppsを用いたプロトタイピングやFlowを利用した業務ワークフロー開発、その他のサービスを組み合わせた多機能アプリなど、ユーザー視点の実用ノウハウを中心に研究をしていきましょう。 第二回は、さまざまなケースでの開発実例の紹介やTIPS紹介などを行ってまいります。 技術者向けの勉強会というよりは、ユーザー向けに技術者が使い方や機能を紹介したり手ほどきすることを目的としています。 (もちろん技術者さんの参加も大歓迎です。) Microsoft PowerAppsとは? ビジネスを表わすアプリケーション 必要なビジネス アプリを容易に構築できます。既に利用しているアプリの拡張やカスタマイズも簡単です。 https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/ Microsoft Flowとは? 生産性の向上 お気に入りのアプリとサービスの間に、通知の取得、ファイルの同期、データの収集などを自動化するワークフローを作成します https://flow.microsoft.com/ja-jp/ メインセッション テーマ 時間 登壇者 所属 開場・受付 12:45 ~ 12:59 受付係 開会の儀 13:00 ~ 13:05 PowerAppsを使ってリソースの持ち出し管理をしよう 13:10 ~ 13:50 吉川直邦 株式会社富士通エフサス 元技術者が所属するユーザー企業の現在地 13:55 ~ 14:35 野々山 衛 株式会社ジーノット PowerAppsとFlow、初めてさんんはどこから手をつける? 14:40 ~ 15:20 小室 陽子 トヨタコネクティッド株式会社 LT & おやつタイム 15:20 ~ 15:50 LT有志 オヤツスポンサー 個人商店にもおすすめ!!PowerAppsでスマートレジを作ろう! 15:50 ~ 16:20 中村亮太 株式会社ソントレーゾ アプリの民主化に立ちはだかる委任の警告の壁 16:25 ~ 16:55 榊原 伸也 オモシロインク合同会社 やまだ流 PowerAppsでやるべきか否かの指針?(※個人的見解) 17:00 ~ 17:40 山田 晃央 株式会社アイシーソフト | 閉会の儀 | 17:45 ~ 17:50 | | | ※上記は予定となります。当日までに変更の可能性があります。 LT(15:20~15:50) テーマ 時間 登壇者 所属 - LT登壇者さんを募集しております! 参加申し込みの際のアンケートにてお申し込みください! 懇親会 研究会終了後、近場の会場で懇親会を開催します。 通例で予算は¥3000~¥3500程度となります。 研究会の会場ではできない話、しましょう。 (参加の意思表示を申込時のアンケートでご回答ください) オヤツスポンサー オモシロインク合同会社 https://www.omoshiroinc.com/

2/23 (土)

D8bdb68c21e450253e0cfe92657ca3f8 ALGYAN(あるじゃん)主催 公式イベント!
ハードウェアI/OからAzure IoT Hubまでを網羅した短時間集中セミナー
開催概要 Azure Sphereデバイスのアプリケーションをゼロから作成し、ハードウェアI/Oやライブラリの利用、Azure IoT Hubへメッセージ送信するまでの短時間集中型ハンズオンセミナーです。 本セミナーに参加することで、Azure Sphereデバイスの基本的な開発方法を得ることができます。 イベント名:第1回 Azure Sphere ハンズオンセミナー 日時:2月23日(土) 14:00-17:00(13:30 受付開始) 場所:日立ソリューションズ 中部事業所(名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー 28F) タイムスケジュール 時刻 内容 講師 13:30-14:00 受付開始 - 14:00-17:00 ハンズオンセミナー Takashi Matsuoka 14:00- Lab#1 The Blink Sample 14:30- Lab#2 Create Digital I/O App from the Blank App 15:00- Lab#3 To use Static Library 15:30- Lab#4 The Azure IoT Hub Sample 16:00- Lab#5 Create Telemetry App from the Blank App 17:00-17:30 片付け - 前提知識 C言語によるプログラミング。(コーディングはコピペで進めることができますが、多少知っていないと読めません。) Visual Studioの基本的な操作。(解説しません。) Gitの基本的な操作。(知らなくても進めることができますが、知っていたほうが良いです。) Azure IoT Hub。(知らなくても進めることができますが、知っていたほうが良いです。) 事前準備 開発ボード持参の方 Windows 10 1803以降のノートパソコンを用意 Visual Studio 2017 15.9.4以降をインストール Azure Sphere SDK Preview for Visual Studio 18.1119.02をインストール Git for Windowsをインストール Device Explorerをインストール デバイスのOSをアップグレード(azsphere device recover) デバイスをクレーム(azsphere device claim) サイドローディングとデバッグを有効化(azsphere device prep-debug) [有効なAzureサブスクリプションを用意](Azure IoT Hubを作成、使用するため) 開発ボード貸出の方 Windows 10 1803以降のノートパソコンを用意 Visual Studio 2017 15.9.4以降をインストール Azure Sphere SDK Preview for Visual Studio 18.1119.02をインストール Git for Windowsをインストール Device Explorerをインストール [有効なAzureサブスクリプションを用意](Azure IoT Hubを作成、使用するため) セミナー会場への行き方 名古屋ルーセントタワーの1階エントランスから、中層用 or 高層用エレベータで28階に上がってください。 28階の「日立ソリューションズ Room J」と書かれた壁(フロアの東側)があるので、その左側の扉から中に入ってください。 ※ 当日は地下1階からエレベータに乗ることができません。1階からお越しください。 主催・後援 主催 ALGYAN名古屋支部 後援 株式会社日立ソリューションズ アヴネット株式会社 Seeed株式会社 ALGYAN Center CLR

1/12 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎月第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 18:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 18:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。ビル入口は、ビルの西側のCAFE de CRIE右脇にあります。エレベーターで4Fに上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

12/22 (土)

432c798de26f5eab91131b619de4a109 NGK2018B
昼の部(LT大会)の参加募集ページです。 夜の部(大忘年会・懇親会)のお申込みは→ https://ngk2018b.connpass.com/event/105836/ イベントの詳細については NGK2018Bトップページをご覧ください。 タイムテーブル / LT発表タイトル 全日のタイムテーブルはこちらを御覧ください。 発表順は当日発表者の希望を考慮し、近日中に決定いたします。 セッション 発表者 タイトル OP 13:45-13:55 1. 13:55-14:30 terurou (デンキヤギ) Computation Exressions for Haxe antimon2 JuliaTokai始めました 77web 最近のPHP事情とNagoya.phpへのお誘い girigiribauer 沖縄のバスがつらすぎて自分でバスアプリ作った話 KageShiron (未定) IsuyaKuga (未定) 休憩 14:30-14:40 2. 14:40-15:15 堤 浩一朗 (ヤフー) Yahoo!地図の災害時の取り組みについて (仮) take_the_next (未定) Ryuichirou 僕が小規模なコミュニティを続けられなくなったときに考えたこと sqm8 YouTube生配信の機材紹介 Kuxumarin (未定) tss_ontap DNS 第1フラグメント便乗攻撃(当日飛び入り) 休憩 15:15-15:30 3. 15:30-16:10 yugapanda プログラマのための作曲入門 kotashan 病気がちでもみんなと美味しく食べたい! niwasawa 時短勤務で LeSS Huge スクラムマスターしたときの話(仮) aritaku03 もしも突然セキュリティ担当になったら takashiski 最近のキーボードの話 youhei_yamaguchi (来栖川電算) 毎朝体操杯 in NGK2018B aua2008 ??? 休憩 16:10-16:30 4. 16:30-17:05 福岡 久長 (シェルパ) 一人開発・運営で工夫していること yuji38kwmt IE/Edgeへの恨みつらみ kawaji_scratch 2018年発表の気になるAWSサービス!! A_Wilhelm お城Python hirokundayon DNSブロッキングで余計な広告を表示させないようにしよう weblog_tech (未定) 休憩 17:05-17:15 5. 17:15-17:55 新田知稔 (スマテン) バンコクIT事情 Dominion525 (未定) amay077 ハムスター検出器を1日で作ってみた miura (未定) ysugimoto LuaでWebAssemblyを書く話 j_levia (未定) (欠員) (欠員) 休憩 17:55-18:05 6. 18:05-18:40 KazuoAsano マルチプラットフォームQtと、コミュニティ 日本 Qt ユーザー会 の紹介 katzueno CoderDojo: 子ども向けコミュニティ運営のチャレンジ (仮) sh-ogawa 今年はある種の当たり年だった!という一年振り返り nori2takanori SORACOM LTE-M Buttonで子供に帰宅時刻を通知させる仕組みを作った話 kazuki_kachi (未定) dabits 平成のエンジニアを駆け抜けた総括(仮) ED 18:40-19:00 1人最大30秒程度のイベント・コミュニティ告知タイムを設けます。事前登録不要です。 会場利用上の注意 10時開場です。イベント開始までの間は会場をご自由に利用いただけます(もくもく会等を行っていただいても結構です)。 飲食可です。 会場にドリンク自販機があります(4F, 5F) 会場にゴミ箱はありますが、人数が多いため、持ち帰りを前提で考えてください。 ネット回線ありません。人数が多いのでモバイル回線がひっ迫する可能性あります。 電源ありますが、コンセント数は限られます。実行委員で電源タップは用意しないので、参加者間でシェアしてください。 全館禁煙です。建物外に喫煙所があります。 スポンサーLT枠希望の方へ 例年どおり、求人案内や製品紹介などが可能なスポンサーLT枠は別途もうけております。 NGK2018Bトップページにあるスポンサー募集要綱をご覧いただき、お問い合わせください。 おかげさまで、予定のスポンサーLT枠がいっぱいになりましたので、募集を締め切りました。

12/20 (木)

Cloud Developer大忘年会 Powered by Microsoft
緊急開催! Connect(); Japan 2018 名古屋サテライト開催~Cloud Developer大忘年会 Powered by Microsoft ~ 「Connect(); 2018」をコピーして日本の皆様にお届けする一夜限りのオンサイトイベント!日本マイクロソフトの著名なDevelopersが解説!!! 日本時間の12月5 日 (木) 0時より、ラスベガスで開催された米国Microsoft主催のイベント「Connect(); 2018」での発表を受け、一夜限りのオンサイトイベント「Connect(); Japan 2018」が東京で開催されます。 当イベントは、名古屋からConnect(); Japan 2018の会場へ繋ぎ、発表の様子を視聴しながら名古屋でも盛り上がろう!という企画です。 当日はKubernetesやDevOps、AI、serverless、IoT、Visual Studio、.NET Core 3 等のアップデートをご紹介する予定です。 開発者の皆さん、名古屋でも盛り上がりましょう! Connect(); 2018 日本サイト <開催概要> 日時:12月20日(木)19:00-22:30 (18:30 受付開始) 場所:日立ソリューションズ 中部事業所 名古屋市西区牛島町6-1(名古屋ルーセントタワー 28F) ご対象者:Cloud環境を用いた開発にご興味のある方 スケジュール: Time Event Speaker 18:30 開場 19:05-19:35 Visual Studio Madoka Chiyoda/Special Guest 19:35-20:05 .NET Akira Inoue/Special Guest 20:05-20:15 休憩 20:15-20:45 IoT Hiroshi Ota/Special Guest in Osaka 20:45-20:50 特別表彰 20:50-21:20 AI Daiyu Hatakeyama/Special Guest 21:20-21:30 休憩 21:30-22:00 Kubernetes+Java Yoshio Terada/Kyohei Moriyama 22:00-22:30 DevOps Tsuyoshi Ushio/Special Guest 22:35 終了 ・詳細スケジュールは、確定次第、反映予定です。 ・ご参加される皆様向けにイベントに関するアンケートを実施いたします。 ・上記の内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

12/8 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 今後について 一ヶ月に一度のペースで、定期的に開催する予定です。毎週第二土曜日を予定しています。 参加費用 500円です(クリエイトベース金山さんの作業室費です。カウンター受付でお支払いください) 当日の流れ 13:00 今日やること・教えてほしいことを情報共有 16:30 今日やったこと・教えてほしいことを情報共有 16:50 後片付け 質問やディスカッションは、上記時間に限らず自由にどうぞ。 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ。 懇親会など 会終了後は懇親会を開くかもしれません。場所・費用などは未定です。 会場 クリエイトベース金山です。地下鉄名城線・JR・名鉄「金山」駅を下車して徒歩数分なのでアクセスしやすいです。入口はビルの西側の中央付近にあります。4Fにエレベーターで上って、受付カウンターで「Center CLRに来ました」と言えばわかります。参加費用を支払い後、部屋に誘導します。 電源・WiFiが使えます。会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 施設について Try!開発に参加される方は、追加料金1000円で当日に限り、クリエイトベース金山さんの設備を利用できます(機材代や消耗品購入には別途費用が必要です)。 クリエイトベース金山さんは、モノづくりするクリエイターを応援しています。3Dプリンタ、レーザー加工機、ダイレクトUVプリンタ、刺しゅう機などの機材を自由に使用することができ、電源と無線LANが完備されたスペースを好きなときに利用していただけます。

9/29 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
互助な感じでみんなで気楽に開発しよう
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 Try!開発とは? もくもく会のように、みんなで集まって気楽に開発をやります。但し、ちょっとだけルールが違います。 もくもく会とは? もくもく会とは、みんなで1箇所に集まって、それぞれの参加者が趣味(又は仕事)で取り組んでいる開発の課題を、それぞれで取り組む場です。課題は、ソフトウェア・ハードウェア開発に絡むものなら何でも構いません。Center CLRがMicrosoft系の技術勉強会を主催する事が多いため、暗にその方面に偏っている可能性はありますが、限定はしません。 違いは? 参加者は、自分が得意だったり手伝ったり出来るスキルを表明して下さい。当日、参加者同士でトラブルを解決したり、技術交換など、互助が出来れば良いと思います。 スキルの表明は以下にフォームがあるので、入力してください。一つは必ず入力する必要があります。例えば「Unity」とか「はんだ付け」とか「C#」のような感じです。 表明するスキルが「凄く出来なければならない」とか「完全に理解している」というように構える必要はありません。互助の場だということを念頭に置いておけばOKです! スキル表明フォーム Google Formを用意してあります。参加者は入力をお願いします。 参加者のスキル一覧はこちら 参加費用 無料です。但し、カンパして頂けるのであれば歓迎します \(^o^)/ (一口500円) 発表やLTは出来る? 時間内であれば自由にどうぞ(プロジェクターもあります) 会場 名古屋市北生涯学習センターです。地下鉄名城線「黒川」駅を下車して徒歩数分です。周辺にはコンビニなどはあります。 電源はありますが、WiFiなどのネットワークはありません。 飲食は出来ますが、ゴミは各自で処分して下さい。 会場のテーブル片付けなど、クロージングは協力をお願いします。 その他 懇親会を予定しています。場所・費用などは未定ですが、居酒屋を使う予定です。

9/27 (木)

5e66922a46759eeffe59c329ef8d3155 PowerApps + Flow アプリ作成研究所 in 名古屋
PowerApps と Flowを用いた即興かんたんアプリ開発を研究しよう!
はじめに 誰でも手軽にアプリケーションを作れるMicrosoft PowerAppsと、様々なアプリケーションやサービスを繋いで連携できるMicrosoft Flowをメインに、かんたん高速にアプリケーション作成を実現する手法の研究やノウハウの共有を目指す勉強会です。 急遽中部MSさんをお借りできることとなりましたので、短時間ではありますがPowerApps + Flowについて勉強したいと思います。ご都合つく方はぜひご参加ください! アプリ作成はもちろんのこと、PowerAppsを用いたプロトタイピングやFlowを利用した業務ワークフロー開発、その他のサービスを組み合わせた多機能アプリなど、ユーザー視点の実用ノウハウを中心に研究をしていきましょう。 今回は第一回前の準備会ということで、概要や簡単な機能紹介、利用のポイントや事例などを中心に研究いたします。 名古屋研究会では技術者向けの勉強会というよりは、ユーザー向けに技術者が使い方や機能を紹介したりしたいと考えています。 (もちろん技術者さんの参加も大歓迎です。) Microsoft PowerAppsとは? ビジネスを表わすアプリケーション 必要なビジネス アプリを容易に構築できます。既に利用しているアプリの拡張やカスタマイズも簡単です。 https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/ Microsoft Flowとは? 生産性の向上 お気に入りのアプリとサービスの間に、通知の取得、ファイルの同期、データの収集などを自動化するワークフローを作成します https://flow.microsoft.com/ja-jp/ メインセッション テーマ 時間 登壇者 所属 開会の儀 19:00 ~ 19:05 榊原 伸也 オモシロインク合同会社 PowerAppsとMicrosoft Flowでプライベートでも効率アップ 19:10 ~ 19:50 吉田 大貴 日本マイクロソフト PowerAppsを使う意義とは? 20:00 ~ 20:25 榊原 伸也 オモシロインク合同会社 MS黒帯さんと愉快な仲間たちで質疑応答 20:30 ~ 20:55 山田 晃央 & 黒宮浩介 株式会社アイシーソフト & アーティサン株式会社 質疑応答タイム 最後のセッションで、QAなどにお答えします。 PCもスマホも「Sli.do」へアクセス! “Enter event code” に “XXXXX”(コードは会場で公開!) を入力し JOIN !! 質問があれば、その場で入力 匿名でも可 記名でも可 同様の質問があれば「いいね!」をクリック 支援したい(回答が聞きたい)質問にも「いいね!」 → 最終的に「いいね!」数が多いモノから対応します

8/11 (土)

Ff66d5304ea2b6c953c47ecb47562c7c Center CLR
Center CLRとは Center CLRは、2014年10月設立した、中部圏の開発者による.NET, C#, F#, ASP.NET, IoT, Microsoft Azureなどマイクロソフト系技術の知見を共有して各自のレベルアップを目指す技術者コミュニティです。 協力 アイレット株式会社 : 会場提供 Seeed株式会社 : プレゼント提供 タイムスケジュール(予定) 時刻 時間[分] 内容 登壇者 12:30 30 開場、受付開始 13:00 5 オープニング 13:05 15 スポンサープレゼン アイレット 13:20 15 スポンサープレゼン Seeed 13:35 30 HoloLensを使った授業の開発・実践結果 植田達郎 14:05 30 シークレットセッション Kouji Matsui 14:35 30 クイズの時間 Kazuki.Kachi 15:05 10 休憩 15:15 30 5分プレゼン x3 15:45 30 あれから1年。ユーザから見たWannaCry祭り 加藤 哲司(テツジん) 16:15 30 Azure Cosmos DB Bulk Executor Library ことはじめ hsakoh 16:45 15 プレゼント抽選発表 17:00 閉場 シークレットセッション (Kouji Matsui) テーマはありますが、今回は、来て頂いた方だけで共有します。ディスカッション形式です。 注意事項 当日は大名古屋ビルヂングのオフィス棟はセキュリティキーを持っていないと自動ドアが開きません。 12:30から13:00の間、大名古屋ビルヂング1Fのオフィス入口(☆印の箇所)にイベントスタッフがいるので、声をかけて自動ドアを開けてもらってください。 13:00以降の入場は不可です。遅れないようにご注意ください。 登壇希望の方へ 内容は「CLR」に限らず、マイクロソフト系技術であれば何でもOKです。

7/7 (土)

7c3fd174055ec2345c9482652c21d6df SORACOM UG
第3回目は技術・事例盛りだくさんの登壇祭りです!!
SORACOM User Group 東海 #3 IoTプラットフォームSORACOMでは、SIMを利用することで、さまざまなモノに、リーズナブルに、だれでも、いつでも、どこでもモバイルデータ通信を組み込むことができるようになりました。 SORACOM User Group 東海として3回目のイベントとなる今回は、SORACOMに関する技術・事例盛りだくさんの登壇祭りとなります。 ぜひご参加ください!! 途中、香川県で行われているUG四国とリモートでつないで現地からのレポートもあります! タイムスケジュール(予定) 時刻 時間 内容 登壇者 12:00~13:00 30min 会場オープン ー 13:00~13:10 10min オープニング SORACOM-UG東海 高野さん 13:10~14:00 50min SORACOM最新アップデート 松井さん(SORACOM) 14:00~14:20 20min WioLTE/Wio3G 知っトク情報2本立て 松岡さん(Seeed) 14:20~14:30 10min 休憩 ー 14:30~14:50 20min サーバレスでIoTやってハマったこと JAWS-UG名古屋 筒井さん 14:50~15:10 20min SORACOM BeamでAzure Logic Apps連携 SORACOM-UG信州 沖さん 15:10~15:30 20min BeamでセキュアなIoT 河本さん(Iret) 15:30~15:40 10min 休憩 ー 15:40~16:00 20min 農業とIoTで何ができるか 沖さん(IT工房Z) 16:00~16:20 20min Watson IoTのご紹介 菅さん(IBM) 16:20~16:40 20min オリーブの島から愛をこめて SORACOM-UG関西 辻さん(KYOSO) 16:40~16:50 10min 休憩 ー 16:50~17:50 60min LT大会 6名予定(篠さん(KYOSO),渡邉さん,熊崎さん) 17:50~18:00 10min クロージング SORACOM-UG東海 高野さん 18:00~18:15 15min 撤収 ー ※イベント終了後、近くのHUBで懇親会を行いたいと思います。キャッシュオンなので軽く一杯でも全然構いませんのでこちらもぜひご参加ください。 参加対象者 SORACOM/IoTに興味がある方(エンジニア、セールス、企画、マーケティング等)誰でも参加可能です。 担当分野(ハードウェア、ソフトウェア、クラウド等)は問いません。 持ち物 特になし 注意事項 ビルセキュリティーの関係で入室は12:00-13:00の間にお願いします。退室は自由です。 もし遅れる場合はメールにてご連絡をお願い致します。※詳しくは再度メールにてご連絡致します。 ご協力 株式会社ソラコム アイレット株式会社

6/10 (日)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
Windows10 April Update 2018記念の技術勉強 皆のWindows10話募集!
概要 「Windows 10 1803 リリース記念 MS技術勉強会 @日本マイクロソフト株式会社中部支店」 を開催します! 「Microsoft Student Partners」が主催する技術活用や布教、学習・勉強会イベントです。 発表内容等のSNSへの共有などは発表者の指示に従って下さい。 気軽にご参加、お待ちしております。 ただ、聞くだけでなく、LT発表枠も準備しています、 発表内容の技術レベルは問いません。 Windows 10 1803 (April Update 2018) リリース記念のWindows 10関連技術勉強会です。 皆さんのWindows10話も(発表)お待ちしております。 (Azure ML、API関係、Microsoft 365, タイムライン機能、UWPアプリ等) 勿論、その他MS技術関係の発表も大歓迎です。 (「〇〇を使って××やってみた」等) スケジュール キャンセルは 早め にお願いします。 当日キャンセル や キャンセルのない不参加 は、なるべくおやめ下さい 当日に繰り上がりになっても参加できない方が多いので、キャンセルは早めでお願いします。 開催日時 2018年06月10日(日曜日) 13:00-16:00(予定) 13時ごろ開場 受付後、順次セミナールームへの案内となります。 connpassの受付票を事前に表示しておいて下さい。 13時30分 から 16時頃までで、「Windows 10 1803 リリース記念 Windows 10関連勉強会」 を開催します。 会場 日本マイクロソフト株式会社中部支店 様 愛知県名古屋市西区牛島町6−1 名古屋ルーセントタワー 21F 日本マイクロソフト株式会社中部支店内(予定) 会場注意 会場ビルでは、当日の関係者以外も多数おられるためお気遣いいただきますようお願い申し上げます。 会場内では飲み物は可ですが、ゴミはご自身でお持ち帰りいただくようお願い申し上げます。 今の所、電源の提供は予定していません。 入館ができない等の問題があった場合は、イベント管理者( @hiww )に何かしらのSNS経由で連絡をください。迎えに上がります。 内容 Windows 10 1803 リリース記念 Windows 10関連勉強会 時刻 タイトル 時間 登壇者 13:00 開場 30[min] 運営 13:30 はじめに 20[min] 運営 13:50 「Windows10とOffice365やPoweShell等」 30[min] @hiww 休憩 10[min] 14:30 「WSL?」 30[min] @KageShiron 休憩 20[min] 15:20 「Azureで機械学習やってみた」 30[min] @ykm_kn 15:50 終わりに 10[min] @hiww 撤収 各位 ※登壇希望者の方は参加登録後、必ず運営にご連絡下さい! LT枠の時間は申し込みの様子をみながら随時調節します。 開始時間や終了時刻等は多少変動する事もあります。御了承下さい。 連絡、相談等は、hiww(@hiww) の各種SNSのDMで宜しくお願い致します。 mail: hiww[at]mail[dot]harekaze[dot]com その他 持ち物 会場でのWiFiの提供の有無は確認中です。 また、必要な人は、以下を持参ください。 ノートパソコン プロジェクターの接続端子も確認中です。アダプタ等は各自持参して下さい。 参加費 無料 日本Microsoft様の会場提供による https://www.microsoft.com/ja-jp ハッシュタグ #mspjp 「Microsoft Student Partners」について MSPとはマイクロソフトで技術者や開発者へのテクノロジの啓蒙活動をするデベロッパーエバンジェリズム統括本部が運営するグローバル学生コミュニティ(学生団体)です。 マイクロソフトのオフィスがある世界 100 か国以上で、7,000 人を超える学生が MSP として活動しており、日本には約30名が在籍しています。 マイクロソフトの技術 -Windows, Micorosoft Azure, Visual Studio, Kinect, C#, .NET, Office, Skype, Edge, Minecraft などで開発することのおもしろさ、楽しさを学生に伝え、学生の Microsoft Fun! を増やすことをミッションとして活動しています。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/microsoftstudentpartners.aspx

6/9 (土)

Doorkeeper group normal Japan SharePoint Group
当日は 12:30 から受付開始予定です! Japan SharePoint Group 勉強会 28 回目 SharePoint の勉強会を開催します。 IT Pro、開発者、サイト管理者等のご参加を想定しています。 参加費用は 500 円です。 (会場提供の SCSK グループ様、スピーカーは無料です。) セッション タイトル スピーカー オープニング 山﨑 淳朗 SharePoint モダンサイトのモダン体験 太田 浩史(株式会社内田洋行) SharePoint API Eco Map でSharePoint の外部連携可能先を俯瞰的にちぇ~っく 疋田 圭介(CData Software Japan 合同会社) LT PowerAppsとFLOWはInfoPathとDesigner WFの後継になり得るか? 黒宮 浩介(アーティサン株式会社) 対決!WebDav vs OneDrive for Business ~Chromeもあるよ~ 山崎 啓太(株式会社アイシーソフト) sharepointをclaim認証に変換しようぜ! 山﨑 淳朗(PiecePoint株式会社) 夢ある未来に向けてITの出来ること 古宮 浩行(SCSK 株式会社) クロージング LT タイトル スピーカー SharePointをいろいろ繋げてみよう! 榊原 伸也(オモシロインク合同会社) SKE26(ポータルサイトあるある選抜総選挙!) 宇留 野彩子(株式会社ソノリテ) JPSPS 本会でも Notes のことをしゃべる 長澤 久紀(株式会社サードアイ)

10/22 (日)

Ab4cefba6c5b76cfbe6d3ac365ef6ffd Mashup名古屋
日本システム開発殿のご行為により再増員も検討ができるようになりました イベントの概要 「Unityに興味があるけど、…」で止まっている 興味はあるけど何から手を付けていいかわからない 難し過ぎて進まない そんな悩みを持つ人集まれ!当イベントはUnityの基礎(基本?)を学ぶイベントです。 Unityの基本操作からアセットの利用方法を学べます。 この機会を利用して、ぜひUnityの世界を楽しんでください! ハンズオンに参加するために必要なもの Unity(最新)がインストールされているPC Unityのユーザ登録も行っておいてください。 開催概要 【日 程】 2017年10月22日(日)13:00 ~ 17:00(12:30 開場) 【対 象】 Unityの初心者 【場 所】 名古屋第二埼玉ビル(愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28)日本システム開発殿 8F会議室 【主 催】 Mashup名古屋 【後 援】 Mashup Awards運営事務局 タイムテーブル 予定 ※以下のスケジュールは現時点の予定のため、変更される場合がございます。 時間 内容 12:30~13:00 開場/受付 13:00~13:10 会場説明・はじめに 13:10~17:00 ハンズオン 最初の2時間ほどで、Unityの概要説明と簡単なアプリケーションをサンプルとして作成します。そのあとは自由にカスタマイズなどを行い、自分の作ってみたいアプリケーションの制作時間とする予定です。 ハンズオン後に懇親会を参加致します。懇親会は別途申し込みをお願い致します。現在は20名としていますが、若干の調整は可能です。 https://mashup-nagoya.connpass.com/event/69472/ 講師紹介 常名 隆司 様 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャー Unityでの開発に役立つアセットのマーケットプレイスであるアセットストアの日本担当。 Unityエンジニアからアセットの活用事例を聞き出したり、アセット制作者本人が気付いていないアセットのオススメポイントを探り出したりしながら、一人でも多くのUnityユーザーが素敵なアセットと出会えるためのお手伝いをしている。 個人活動でJapan XR HackathonやVR Game Jam in Japanのリージョナルオーガナイザーを務め、北米最大級のAR/MR/VRコミュニティであるSilicon Valley Virtual Realityの日本支部を立ち上げて日米双方のXR開発者コミュニティの橋渡しに明け暮れている。 当日のご注意 conpass発行の受付番号をご用意ください。 イベントの様子を記事として公開する可能性があるため撮影いたします。あらかじめご了承ください。 ハンズオンの続きはMashupAwardsのハッカソンで! ハンズオンに参加頂くと、、、「実際にこんなアプリを作ってみたいな〜」となると思います。 今回のハンズオンの続きを9月5日から開催のMashupAwardのハッカソンで作品の具現化してみてはどうでしょうか? 【ご注意】 増員にあたり日本システム開発殿の社員の方も参加されることになります。また参加人数が多くなることもあり、運営側のスタッフも増員致します。その点はご了承いただければと思います。

6/24 (土)

43fd650f9d5a7714b636f61c957c17a5 Microsoft Student Partners Japan
なごや で Cognitive Services を習得しよう!
認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 ■ Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の顔やその表情を数値化し、結果を JSON 形式で取得することができます。 日本マイクロソフト株式会社 デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト 大森 彩子氏に登壇・ハンズオンの講師をしていただきます。 本勉強会は、 「Microsoft Student Partners」 と 中部圏の .NET コミュニティ、「CenterCLR」が共催して開催します。 ■ この勉強会に参加して得られるもの Cognitive Services とはどのようなものか知れる ハンズオンを通して、Cognitive Service を使用したコードをかけれるようになる 人工知能の力を自分のアプリケーションに取り込める ■ ハンズオンをする上で必要になるもの Visual Studio 2017 / Visual Studio Code のインストールされた PC Microsoft アカウント ■ 勉強会に参加する上であるといいもの WEB API を使用した経験・C# or JavaScript を使ったアプリケーション開発の経験 Microsoft Azure のアカウント Cognitive Services のアカウント Visual Studio 2017 はここからダウンロードできます。 Visual Studio Code は ここ からダウンロードできます。 ■ タイムライン 時間 内容 スピーカー 13:00 参加者入場 まるちゃん 13:15 OP まるちゃん 13:30 Cognitive Services & Bot Framework について 大森さん 14:20 休憩 14:30 ハッカソンに出てみたお話 ともき、くぅ、影白 15:20 休憩 15:30 Cognitive Services を使いこなす考えかた 加藤さん 16:20 休憩 16:30 Cognitive Services ハンズオン 大森さん 17:20 わくわくLT 17:35 ED まるちゃん 17:35 終了 ■ 会場について 株式会社 Misoca 様の会議室をお借りして開催します。 請求書作成サービス「Misoca」 について ■ LT 募集 勉強会の最後に LT をしていただける方を募集しています。 Cognitive Service や Microsoft Azure に関することなど、楽しい話題なら何でも大歓迎です!もちろん、苦労話も大歓迎です! ※ LT とは、5分間でするプレゼンテーションです。登壇とは違い、気軽に参加できます。t

6/14 (水)

No image 108x72 g なごやか新卒
勉強会ってどうやって見分けるんですか>< ソフトウェア開発のための勉強会はたくさんありますが、良い勉強会を見つける方法はあまり共有されていません。 この勉強会では、良い勉強会を見分けるためにやっていることの工夫を共有し、新卒者に知の高速道路を用意することを目標にします。 本勉強会では発表者を募集しています。10min発表枠からご登録いただき、コメントにてタイトルをおしえてください。 発表枠 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 未定 ディスカッション「勉強会の探し方」 タイムテーブル 1900 - 1910 オープニング 1910 - 1920 kyon_mm 「良い勉強会の見つけ方」 1920 - 1930 kyon_mm 「良い人脈の見つけ方」 1930 - 1940 まっちゃだいふく「名古屋でやってる勉強会の気をつけてること」 1940 - 1950 くぅ「勉強会を主宰してわかった N 個の知見」 1950 - 2000 未定 2010 - 2100 ディスカッション「勉強会の探し方」 会場への入り方 名古屋第一ビルの通用口から入ります。 通用口にはkyon_mmもしくは社員が「新卒のための良い勉強会の見分け方」の札をもって立っていますので、声をかけてください。 エレベータで4Fまであがり、左前方に進むとオンザロードの会議室に入れます。 Google Map